札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『ホテルレストラン』カテゴリーの投稿一覧

ビタミンを欲する夏に『フレッシュ!!夏野菜フェア』

先日センチュリーロイヤルホテルで、スキージャンパー葛西選手の奥様がレシピ考案し、調理長がアレンジしたという、ミネス幌(ポロ)~ネを、葛西選手が試食する会を取材してきました!

P1270187

左から、日本料理北乃路の熊谷調理長、葛西紀明選手、スカイレストランロンドの古川調理長

スキージャンプ界のレジェンド・中年の星、葛西選手

やはりいつも当然のように体重管理をされているようで、ご自宅では奥様が野菜たっぷりのスープを作って下さるそうです。

 

P1270173P1270177

ロンドと北乃路のミネス幌~ネを試食する葛西選手

ちなみに人参は絶対ハート型にしてくださいと、奥様からのお達しがあったそうで、毎日栄養と愛情たっぷりのお料理を食べていらっしゃることが伝わってきました~
(ハート型なんて、高校生の時以来、使ってないな・・・)

P1270184

どちらのスープもご自宅で味わうスープ同様、生姜も効いていて奥様のレシピが生かされていると、とても喜んでおりました^^

各レストランのスープは、ランチ・ディナーのコースの1皿として味わえるのですが、葛西選手は減量中とのことで、スープのみの試食で終了。

 

ワタシはせっかくなので、ロンドで夏野菜ランチを堪能してきました^0^

P1270190 P1270196

テーブルの上に、夏にオススメワインという札を見つけてしまい、我慢できずに1杯いただきました^^;

窓の外は抜けるような青空

この日も歩いているだけで汗ばむ厚さでしたので、冷房の効いたレストランで飲むシャブリは、期待以上に美味しく喉を通ります><

P1270197P1270199

北海道産飲むフルーツ酢とプティアミューズ

この日は夕張メロン酢、そしてウニクリームのディップ

一気にフルーツ酢を飲み干した途端、体力回復!というほど、身体に染み渡りました~

 

P1270207

夏野菜と海の幸のパワーサラダ サッポロスマイル海苔添え

一口食べた瞬間に、『私、野菜を欲していたんだ!!』って感じたほど、身体が喜んでるのが分かりました。

ドレッシングは別添えでありましたが、このまま食べてちょうどよく、海鮮も程よく入っているので、この1皿だけでも満足な感じ^^

P1270209

夏野菜と札幌ハム燻房のベーコン 北海道産チーズのキッシュロレーヌ風

キッシュとかタルトって、ボリュームがあり過ぎても食べ疲れるし、味が若干くどく感じてしまうことがあるのですが、このキッシュの生地と具のバランスが絶妙によくって、すごくテンションが上がった1皿でした!

 

P1270212

ミネス幌~ネ

ハートの人参が存在感あります(笑)

実はこのスープ、ジンギスカン風味なんです!ラム肉も入っているし、昆布を練りこんだ麺も入っているんです。

ちょっと斬新、だけどホントに栄養満点スープって感じです^0^

P1270217

でもってこちら、コーンオイルと生姜が別添えしてありまして、途中で“味変”しっ楽しむことが出来ます^^

個人的には生姜はたっぷり目の方がより美味しく味わえそう!と思って調理長に伝えたので、もしかしたらこの時より増えているかも~

 

P1270219

北海道産豚肉ロースのポワレと夏野菜のマリアージュ

夏バテには豚肉!!

そしてここでも、野菜の存在感が素晴らしく、個人的には豚肉より野菜に感動したほど(笑)

 

P1270224

フロマージュブラン サッポロスマイル

こちらにコーヒーと、パンも付いて3900円

 

改めて、スカイレストランロンドから眺める札幌の街と青空、この景色も含めて癒しの空間なんだなぁと感じた2時間(あまりにあっという間に時間が経っていてビックリ!!)

ちなみに1週するのは3時間

ランチは16:00まで営業中なので、時間を気にせず楽しめる時にオススメしたいランチです^^

 

ちなみに、10月9日(火)に葛西選手のトーク&ディナーショーがあるそうですよ!

title

通常価格は16000円だそうですが、45~64歳の中年割!(15000円)があるんです!!

なかなかお目にかかれない中年割・・・サスガです(笑)

 

 

 

 

 

おおば比呂司の世界を食で堪能する~ホテルオークラ札幌

先日、こちらのブログでもチラリと触れていた、“おおば比呂司”さんのこと。

201808_2_L

8月からホテルオークラ札幌で、そのおおば比呂司さんの想い出の味を食すフェアが始まりまして、オープニング試食会に先日足を運んできました。

P1270113

ご挨拶されているのは、おおば比呂司さんのご子息であります、大場伸之氏

お父様とのヨーロッパでの思い出など、とても優しい目で語っていらっしゃっていて、すごく仲の良いご家族だったんだなぁということが、伝わってきました。

ちなみにおおば比呂司さんは、晩年オランダ・アムステルダムに移住し、ホテルオークラアムステルダムに足を運んでいたそうです。

食べることが大好きで、食に関する多数の著書があり、没後30年を記念して、ホテルオークラ札幌の味で再現することに。

P1270123

なので、ところどころにこのような料理のイメージイラストがのっていました^^

P1270122

ちなみに再現したものはコチラ

おおばも描いたオランダ風コロッケ“ビターバレン”(コンチネンタル・サンデーブランチブッフェより)

01524dbfe0bdb08b32898e5bae0b0a43b81794d5b0

このイラスト、ホントに癒されます~~

そして再現したメニューたち

P1270115

にしんの白ワイン漬け マヨネーズマスタードソース
サツラクピュアブランと胡瓜の和え物を添えて(コンチネンタル)

P1270118

北海道産平牧三元豚の釜焼き叉焼(中国料理 桃花林)

 

P1270140P1270143

エル・テンスープは、新しくホテルオークラ札幌の総料理長就任した中井氏自らサーブ

グリーンピースがたっぷり入っていて美味しかった><

P1270144

豚バラ肉のトマト煮込み カスレ風(レストラン コンチネンタル)

カスレは何度か食べたことがありますが、このカスレ風、全体的に大豆の風味がしっかりのっていて、食べ応えはあるのに優しい味で個人的にハマる

皿の奥にあるのが、北海道産ズッキーニと甘長とうがらしの衣揚げ 豆鼓風味(中国料理 桃花林)

P1270126

これが思ったより辛味が効いていて、パンチありました!

辛いといえばこちら

P1270141

辛い麻婆茄子のあんかけ炒飯
思わずてんこ盛りにしたくなるくらいご飯がススム味だったなぁ~
そしてもう1品、北海道産豚肉ともやしのあんかけ焼きそば
どちらも中国料理 桃花林のメニューですが、安定の美味しさ♪
P1270132
そしてこちらが、「エビスプレミアムブラック」使用した胡桃とドライフルーツのパウンドケーキ
ラウンジプレシャスで味わえるのですが、1本丸ごと購入して、時間をかけてゆっくりくなる、もっちり&ねっとり感が何とも癖になる美味しさでしたっ
ちなみに、18時以降にラウンジプレシャスでスイーツをオーダーすると、ハッピーアワーで100円引きなんだそうです♪
詳細はコチラ
P1270133
そして思わず、赤ワインかブランデーお願いします!!と、言いたくなった、濃厚さが素晴らしすぎる
おおばも描いたチョコレートケーキ“ザッハトルテ”
コチラのメニューはサンデーブランチで登場するそうですが、出来ればBARでも出してほしい!!と、個人的なお願いをココで叫んでおきます^0^;
P1270151
ちなみに、地下1階ではおおば比呂司ギャラリーも開催中
P1270152
ホントに和む~!!
P1270153
P1270155
改めてみると、ホントに身近なところで使用されているのが分かります^^
おおば比呂司「味のある旅」は、ホテルオークラ札幌で8月31日(金)まで各レストランにて開催中

 

 

心と身体を洗濯しまくった2日間~ウェスティン ルスツリゾート Vol.2

Vol.1からの続きです。

メディア向けの見学会がスタート

まずは部屋を見学させてもらいました。

P1250253

廊下の奥にある窓からの風景が、絵画のよう・・・

P1250248

もちろん、部屋からの風景も^^

この時期は緑が濃くて深いデス!

ウェスティンを名乗るには、“ヘブンリーベッド”を使用するのが条件なんだそうですが、このベッドがとにかく寝心地抜群!

固すぎず、柔らかすぎずでちょうどいい塩梅^^

枕は5つもセットされていて、微妙に硬さなどが違うので、自分のお気に入りを見つけて使用する感じです

 

P1250250

部屋はすべてメゾネットタイプで、下に降りるとリビングルームがあります。

P1250252P1250294

このように、壁にベッドが隠れているタイプや、最初からベッドルームがあるタイプなど、最大7名まで宿泊できる部屋もあるので、親子3世代で使用することも出来ます^^

 

健康を謳っているホテルですので、館内はもちろん禁煙(喫煙所はあり)なんですが、まるで灰皿のようなものが、廊下などにあるんです。

P1250256P1250260

時々、“シュッ”と音がして、いい香りが・・・

ホテルのイメージフレグランスである、ホワイトティーの香りがココから出ているんです!

P1250259

ホワイトティーグッズはオフィシャルショップでもいくつか販売しているのですが、素敵だったのはスタッフの名刺入れに忍ばせてあったホワイトティーの香りがするカード!

名刺交換のさいに、フワッと香る感じなんです♪

 

そして24時間使用できるジムもウェスティンの標準装備

P1250257

なんと、トレーニングウェアとスニーカーを500円でレンタルしているんです!(しかもNewBalance)

 

各所で説明を受けるたびにウットリ♪

 

その後、ルスツリゾートの方へ移動して、ヘリコプター遊覧を体験!

P1250268

宿泊者限定で、利用できるそうです^^

ちなみに新千歳空港からルスツまでヘリで来ることも出来るそうです!!

P1250270

せっかくなので、助手席に乗っちゃいました^^

P1250273

あっという間に上昇!

P1250279

ちょうど晴れ間も出てきて、洞爺湖もチラッと見えました!

P1250282

羊蹄山が斜め!!!

宿泊しているホテルを上から見るなんて、なかなかない経験^^

P1250285

3分ですが、いつもより長く感じるほどの楽しいひと時でした!!

 

部屋でちょっとだけくつろいだら、あっという間に夕食の時間!

まだそんなにお腹が空いていない・・・(汗)

P1250296

会場はこちら、アトリウムの2階にある日本料理 風花

P1250297 P1250302

乾杯はシャンパン♪
(いつもよりはゆっくり飲まなくちゃ^^;)

ちょうどこの時期に届くという、フランスの自然派ワインがあるとのことで、いただきました^^

田舎の家庭で飲んでいるような、がぶ飲みワイン♪(でも、この日はがぶ飲みはやめておきました^0^;)

 

そして運ばれてきたのがこちら!

P1250306

道外から参加のメディア関係者が多かったので、まさに北海道を味わう1皿といった感じです!

もちろん、道産子の私も嬉しいです~~

P1250300 P1250303 P1250316

ほかにも、いくらや越冬ジャガイモなどなど・・・

改めて北海道って美味しいと思った晩ご飯^^

P1250310P1250313

留寿都産のアスパラはもうすぐ終わりだそうですが、グリーン&ホワイトでギリギリ味わえました

P1250319P1250322

さすがにご飯は入らなかったけど、漬物がやたら美味しかった~

ヤーコンのゼリーもしっかりいただきました^^

本当はゆっくり日本酒をちびちびやりながらいただきたかったのですが、取材ですから予定はみっちり詰まっております!

 

モノレールに乗って、再びルスツリゾート方面へ

P1250348

道民は、そう乗ることのないモノレール、前に来た時もテンション上がりましたが、やっぱり楽しい♪

そして毎晩開催している、プロジェクションマッピングを観覧

P1250332

こちら、冬に道庁赤れんが庁舎で投影していた北海道命名150年記念のプロジェクションマッピングをさらにパワーアップさせたものとのこと

P1250335

確かに、スケールが大きい!

P1250343

すごいのは、建物の中からも見学できること!

ようは裏側を見ている感じですが、これは他にはあまりない構図です!そして肌寒い夜はこちらでゆっくり見学することも出来るわけです^^

P1250339

しばし、見入ってしまいました・・・

プロジェクションマッピングも美しかったけど、この日は月&星空もキレイでした^^

 

再びモノレールに乗ってウェスティンへ

P1250350

日中も良かったけど、夜の雰囲気もステキです!

P1250325

ここで自家製カクテルを一日の終わりにいただきました

P1250351P1250357

P1250360 P1250362

選んだのは、ビーツとニンジンのカクテル&スイカのソルティードッグ

アルコールでも、身体にイイモノをいただけるなんて得した気分♪

と、あと3杯くらい飲みたいところでしたが、次の日は朝6:00集合!

ということで、グッと我慢して部屋へ戻りました~

 

P1250366P1250369

戻るとベッドの上に、メッセージとチョコレート、ラベンダーオイルがセットされていました。

快適に眠れるよう、様々な心配りがウレシイ^^

 

P1250293

ちなみにウェルカムスイーツ&ベジタブルもあったのですが、さすがに胃袋に余裕がなく・・・

朝いただくことにしました^^;

014343f53504353d34054d70c44c1643ac19c96bae

 

・・・つづく

 

 

 

心と身体を洗濯しまくった2日間~ウェスティン ルスツリゾート Vol.1

先日、ウェスティン ルスツリゾートで行われた、【SHIHOと過ごす1泊2日のWell-Beingな旅】に行ってきました!

無題

※写真は公式サイトより

P1250483

考えたら、ウェスティンになってから行ったの初めてかも!

010c6441483210d52c0c5a6ccca48c593cfce4e03f

まずはこちらのウェルカムドリンクを受け取りました♪

ココからすでに、体内浄化が始まった感じです^^

 

P1250365

こちらのレセプションカウンター、ウェスティンになってからロングカウンターではなく、アイランド型にしたそうです。

お客様との距離をより近くするためなんだとか。

そして後ろのモニュメントは、羊蹄山山麓を流れている尻別川をデザインしたものだそうです。

さらにさらに、スタッフの制服が白樺をイメージしたデザインとのこと!

なるほど~、素晴らしい一体感!!

 

さて、SHIHOさんを迎えてのスペシャルトークショーがスタートしました。

P1250182

SHIHOさんが入場するまで、カーテンが閉まっていたのですが、そのカーテンが上がり、一気に鮮やかなグリーンと白樺が目に飛び込んできたかと思いきや、さらに華やかなオーラ全開のSHIHOさんが!

この時期の北海道と言えばラベンダーということでセレクトされた装いだったそうです^^

P1250185

SHIHOさんは、ウェスティン・ウェルビーイング・アドボケートとして、SHIHOさんがお気に入りの食材を取り入れたランチを提案。

そして日常の中で、SHIHOさんが取り入れている、リフレッシュ方法や美容法などを聞きつつ、座ったまま出来るヨガをやってみたり^^

P1250187

その後、こちらのキッチンで【SHIHO x The Westin Rusutsu Resort  ルスツ野菜とひよこ豆のサンドイッチ】を実演調理

P1250171P1250189

なんと、美味しそうな野菜たち!!

P1250191

そして、キッチンに登場したのは、なんとウェスティンルスツリゾートの総支配人・宮崎敦氏!!

総支配人が自ら料理をされるなんて、かなりの衝撃!!

P1250205P1250201

しかも、めちゃめちゃ手際が良い!!

なんでも、もともと料理人だったとのことで、今も趣味で料理はされているようです。

会場の女性陣、かなり宮崎氏の料理姿にやられていました(笑)

P1250198P1250199

ひよこ豆のフムスの作り立てを食べて、あまりの美味しさに驚くSHIHOさん

P1250214

ちなみにこちらが、完成した一皿! 盛り付けのセンスもさすがです!!

サンドする野菜は季節によって変わりますが、10月14日(日)まで、オールデイダイニング アトリウムで楽しむことが出来ます!

もちろん、ランチのみの利用もOK♪ ※1800円(税込)

P1250240

オールデイダイニングは本当に気持ちの良い空間で、この場所でルスツの新鮮で美味しい野菜をたっぷり食べるだけで癒されること間違いなしです!!

P1250264

サンドウィッチのほかに、ルスツ近郊の食材にインスパイヤ―されてシェフが創作したシグネチャーメニュー(看板メニュー)があり、こちらも食しました♪(1泊したので翌日ですが^^;)

 

P1250476

羊蹄山麓野菜をたっぷり使ったグリーンスープカレー 1300円

野菜の甘さを引き立てるピリ辛なカレーは、まるで飲み物のように胃袋へ・・・(笑)

 

P1250468

エゾ鹿肉と牛肉のボロネーゼ 1600円

エゾ鹿料理がオンリストされているのはすごく嬉しい!!

鉄分豊富だから、女性にオススメなんです♪

それにしても、かなりのボリュームでした!

 

P1250478

札幌黄玉ねぎ麺とルスツポークのジャージャー麺 1300円

札幌黄のラーメンがウェスティンにあるなんて、こちらもすごく嬉しい♪

もっちり麺としっかり絡む餡、パスタに負けないくらい食べ応えありました~

麺料理もあるので、女性同士はもちろんですが、カップルやご夫婦できても満足度高めかと思います!

 

と、イベントのお話に戻りますが、調理実演が終わった後は、参加者全員でオリジナルサンドウィッチを作りました^^

P1250174

なんと美しく、美味しそうな野菜たち!!

P1250218

まずは、パンをセレクト

う~む。。どれも美味しそうで、既にここから選ぶのに時間がかかってしまいました^^;

 

P1250155

先ほど宮崎氏が作っていた、ひよこ豆のフムスの他、北海道らしく黒千石のフムスもあり、今回はそちらをパンにたっぷり塗りました^^

いやぁ、、、全部食べたい・・・

P1250159

でも、サンドするのには限界が・・・^^;

P1250162

P1250152

スプラウト系は挟んでおきたい!

P1250229

それにしても、ディスプレイがカワイイ~

ちなみにこの土も食べられるんです^^

P1250178P1250170

あまり悩んでも、他のお客様のご迷惑になるので、ピンときた野菜たちを皿に載せまして・・・

P1250231

サンドして無事、完成

P1250233

色味はそこまでよくありませんが、味は完璧!

やっぱり新鮮な野菜って甘い!

そしてセレクトしたパンが本当においしくて、実はそれほどお腹が空いていなかったのに、ペロリと完食してしまいました^0^;

周りを見渡すと、ほとんどの人がサンドするのをあきらめて、食べたい野菜をてんこ盛りしてました(笑)

 

P1250215

スムージーもこんなに可愛くディスプレイ♪

そして美味しかった~~~

 

たった2時間ですっかりウェスティンルスツリゾートに魅了されたわけですが、今回は1泊2日!

この後さらに、魅了されまくるのです!!   つづく

 

おまけ

P1250153P1250158

支配人も着用していたウェスティンルスツリゾートのエプロンは、全員にプレゼント!

ちなみにこのために作ったそうで・・・

生地がものすごくしっかりしているので、かなり活用させてもらってます!

そしてお隣のミントの入ったカップは白樺樹液でした!美味しかった~^^

 

 

のん兵衛必見!オトナ女子のご褒美旅~ニセコ・杢の抄

少し前になりますが、まだ雪が残る春のニセコへ行った時の備忘録

P1210908

その旅は、かれこれ20年以上の付き合いとなっている前職の先輩とのオンナ3人女子旅(話が尽きず、一番賑やかなパターン・笑)

一人は現在東京なので、帰札に合わせて時々集まっています。

そんな先輩のリクエストが、『羊蹄山が見たい』でした。

え?先輩の近くには富士山という日本一高い山があるじゃないですか!

先輩の話しによると、富士山とは違う美しさが羊蹄山にはあるようです^^

 

超絶晴れオンナな3人が集まりましたので、こうしてばっちり残雪をまとった羊蹄山も眺めることが出来ました^^

そんなわけでのニセコの旅となったわけですが、宿はオトナ女子旅に相応しい、鶴雅グループの【杢の抄

P1210892

先輩は鶴雅が大好きで、ニセコにあることを知らなかったようで、とても喜んでくれました^^

ワタシも気になってはいたものの、なかなか伺うことが出来なかったので、いいタイミングでお邪魔することが出来ました^^

P1210751

さすがのしつらえです

まずは3人揃って天井見上げます(笑)

P1210752

靴を脱いで上がり、まずはラウンジへ

P1210724

あ!ルスツのみそまんじゅう!!

これ、結構クセになるんですよ~^^

温かいおしぼりとお茶で旅の疲れを癒しつつ、館内の説明を聞きます。

今回は4名まで宿泊可能な温泉露天風呂付スイートに、3名で宿泊

P1210744

まずは隈なく撮影タイム!

 

P1210726

ステキ~!と顔がにやけっぱなし(笑)

P1210737

部屋内は禁煙ですが、露天風呂のデッキでは喫煙も可能

目の前に滝と、すぐ下に川があり、マイナスイオン効果抜群!(雪解けで少々水量が多くて、すごい音でしたが^^;)

P1210727P1210728

マッサージチェア&ナノケアスチーマー&加湿空気清浄機完備

P1210734P1210729P1210742

それにしても、小物がいちいちステキ

P1210746P1210733

カップやグラスもぬかりなし!

P1210748

作務衣に着替えて、さっそく先ほどのラウンジへ

P1210760

実は4月から、アルコールを含むほとんどのドリンクが、フリーで楽しめるようになったとのことで、さっそく食前酒?を楽しむことにしたのです^^

P1210757P1210759

白・赤2種類ずつ用意されてました^^

P1210771

まずは白を♪

P1210781

でもって、外にある足湯コーナーにグラスを持っていき、暮れゆくニセコの空を眺めながら冷え冷えのワインを飲んで楽しみました^^

P1210775

P1210778

なんと贅沢な時間・・・

日が暮れるとまだまだ寒い4月でしたが、足湯の効果は絶大です!

 

そうは言っても、さすがに冷えてきたので、再びラウンジへ

P1210764P1210787

暖炉の薪もイイ感じで燃えはじめ、焼きマシュマロのサービスも^^

P1210790

マシュマロも美味しかったのですが、個人的にはこの揚げ立てのポテトチップスが美味しすぎて、夕食前なのに止まらない状態に^^;

良い音質の音楽に耳を傾けつつ、ワインのお替わりを・・・(笑)

P1210768

P1210767P1210769

書籍も置いてあるので、読書を楽しむ方もいらっしゃいました^^

P1210791P1210770

と、気が付けば夕食の時間!!

ワインを飲み干し、夕食会場へ・・・

P1210793P1210794

長い廊下を進み、個室へ

P1210795

席に着くなり、アルコールメニューをチェック(笑)

P1210840 P1210842

これ全て、フリーで飲んじゃっていいんですか???

のん兵衛としては、かなりテンション上がっちゃいます^0^

P1210801

料理メニューからすると、やっぱり日本酒かな

まずは冷で。。

先付けは、浅利真丈 銀餡かけ

上品なダシの旨味と、食べ応えのある浅利にさっそく感動~

P1210803

春の前菜盛り合わせは、素敵ななが~い皿で登場!

厚岸産粒貝大船煮  合鴨サラダ仕立て  岩石焼き  越冬キャベツすりながし  ニセコ産ヤチブキ浸し

P1210807

いやぁ、日本酒が進みます!フリーだと思うと、より・・・(笑)

 

P1210815

お造里も彩り豊かに、長いお皿で素敵に盛られて登場

P1210812P1210813

醤油やお塩など、お好みで♪

 

P1210816P1210820

馬鈴薯のすり流しは、見た目はシンプルですが、中には帆立・海老・千枚芋・椎茸と、具がゴロゴロ入っていました

 

P1210822

そろそろ燗酒を・・・酒器もステキです^^

 

P1210825

焼き物は、寿都町産桜鱒の味噌幽庵焼き

こちらも日本酒が進む味♪

P1210827

ずわい蟹若竹煮

なんと美しく美味しいお出汁・・・

しばし悶絶

P1210829

道産黒毛和牛蒸し焼き 山椒ソース

お腹はいっぱいだけど、山椒ソースが食欲を増進させてくれました^^

P1210833

ニセコ産根百合土鍋御飯

これはどんなにお腹がいっぱいでも食べないと!!!!!!!

P1210837

普段なら絶対御飯ものまでたどりつけないけど、見た目とおいしい香りにつられてしまいました^0^;

 

P1210843

そしてデザートは、林檎のコンポート 北海道ミルクアイス

ボリューム的には相当、定量オーバーですが、上品な優しい味付けで最後まで美味しく頂くことが出来ました^^

 

フリードリンクですから、バーでも飲みますよ~~(笑)

P1210784

ラウンジの奥、こちらのカウンターに一人、座りました(先輩は温泉&エステへ)

P1210782

まずは、オリジナルカクテルを

P1210847P1210849

一部有料とは書いてありましたが、かなりの種類のウィスキーやカクテルが記載されていて、ワタシからするとほとんどのアルコールがOKでした!

P1210853P1210851

なので、調子に乗って、気になるウィスキーをストレートで^0^;

夕方にもいただいた、揚げたてのポテトチップスをつまみに♪

途中、先輩も合流し、さらにアルコールが進む

P1210858P1210856

確実に、宿泊代の半分がアルコールに相当していたと思われます^^;

そしてそして・・・お隣のお客様がオーダーして気になってしまった〆茶漬けをつい・・・

これがまた、美しいお出汁でして><

食べてよかった~~~!!

 

部屋に戻り、少し会話の続きを楽しんだのちに、部屋の露天に少し浸かる・・・

最高に気持ちの良い時間(泥酔者はキケンですので、お風呂には入らないでください^^;)

 

オイシイ食事にアルコール、そして寝心地の良いベッドのおかげで、素晴らしく目覚めの良い朝!

朝はホテルの大浴場と露天風呂に浸かり、朝ごはん♪

P1210860

会場は夕食の時と同じ部屋ですが、日差しが入るとまた、雰囲気が違います

 

P1210862

あんなに食べて飲んだのに、しっかりお腹が空いているのが素晴らしい!!(笑)

それだけ、リラックスしているということですよね^^

 

P1210863 P1210864 P1210865

P1210866 P1210867 P1210868

P1210874 P1210876 P1210877

白米が進むおかずばかり!!

P1210871P1210873

最強はコチラの一鍋

出汁が美味しすぎて、一滴残らず飲み干しました!!

何より、白米が美味しかったなぁ~

P1210880

確か、らんこし米

P1210882P1210883

炊きたての土鍋ご飯、アツアツのお味噌汁

この組み合わせは鉄板ですよね!!

P1210887P1210889

朝の〆フルーツ & コーヒー

 

出来れば四季折々に、そして2泊したい素晴らしい宿でした!!

杢の抄の皆さま、お世話になりました^0^

 

pageTop