札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『ご褒美』カテゴリーの投稿一覧

7月24日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息~モヤモヤベース

7月24日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、二条市場向かい・M’s二条横丁2Fにある、【MOYAMOYA BASE

P1430552P1430553

全国のクラフトビールとお蕎麦&スイーツが味わえるお店です^^

P1430517

クラフトビール好きの方なら、この場所はよくご存じかと思いますが、元々ビアバー ノースアイランドがあった場所です!

P1430548

P1430525 P1430515

MOYAMOYA BASEは、常時5,6種類のビールを取り扱っておりまして、樽がなくなり次第、切り替わる形です

P1430516

なので、この時の黒板メニューも、すでにない可能性が高いです。。

P1430509P1430510

ちなみに、今まで取り扱ったことのある醸造所は42ヶ所

このように、日本地図に記されています^^

 

P1430545P1430536

クラフトビール(スモール600円~、レギュラー800円~、写真はスモール)始め、アルコールそして、おつまみの提供は14時から。

天気の良い日はテラス席での立ち飲みも気持ちがイイです!!

ちなみにこちらのチーズはすべて道産チーズで、ビールに合うタイプのものをセレクトしているそうです^^

beer2 DSC_3809-774x1376[11077]

 

アルコールは14時からですが、ランチタイム(11:30~15:00)は、お蕎麦も提供しています^^

そば64308774_2857592297589200_6457828571892154368_n

かけ&ざるそば450円や、肉そば600円などなど!日替わりで、天ぷらも登場します。出汁は化学調味料無添加で、丁寧にとっているそうです^^

 

そしてもう一つのウリがスイーツ!

P1430531

道産の新鮮な牛乳で作ったジェラートを使用したパフェは600円~

ちなみに“おもいきりザクザクチョコレート”パフェは650円

名前に偽りなく、ザクザクのチョコレートがたっぷり入っていて、見た目以上に食べ応え満点でした!

白玉パフェ 67262043_413634099495729_6107896051321012224_n

ジェラートだけでもオーダー可能ですし、シフォンケーキと組み合わせて食べることも可能^^

通常の提供は15:00までですが、毎週金曜日は19時〜夜もスイーツとお蕎麦を提供するそうです♪※ラストオーダーは22:00

P1430528

ちなみにオーナーの秋田さんは、クラフトビール好きが高じて、脱サラしてモヤモヤベースを始めたそうです。

店名の由来は?と聞くと、『自分の好きな番組名を繋げてみました』と、少し恥ずかしそうに答えてくれました^0^

 

 

働く母の味方!~キムカツ北海道

昔の同僚から、『ミカさん、キムカツって知ってますか?』と聞かれ、『知らないです~』と即答

『ミルフィーユカツで有名なんですよね』と言われて、『あ!昔東京行ったときに食べたかも!!』と思い出す

P1430803

そのミルフィーユカツが、北海道で宅配を始めたんですと教えてくれて、早速【キムカツ北海道】をチェック

残念ながら我が家の配達地域外・・・

と、妹宅は配達可能地域!!

これは、今度遊びに行くとき注文してみよう!ということで、先日試してみました^0^

P1430790

時間通りに宅配いただきまして、さっそく袋から出すと紙製の容器。持つとまだ温かい

P1430792P1430793

蓋を開けると、こんな感じで蓋の後ろに箸とからしがセットされていました(もちろん、ビニールポケットになっていて、汚れないようになっています)

P1430791P1430788

今回は、プレーンとチーズのキムカツ膳をセレクト。

P1430808

見た目はそんなに違いありませんが、持ち上げるとチーズたっぷり入っていました

P1430806

※柔らかいので、崩れてしまう^0^;

P1430811

ソースは2種類あって選べますが、今回は特製ソースで

中濃ともウスターとも違う、フルーティでミルフィーユカツの味を殺さないソース

普段はソースをあまり使わない派なので、こうして食べてみると、特製ソースの存在価値がよく分かりました!

ミルフィーユカツはもちろん、白米もキャベツの千切り(&ドレッシング)も、きんぴらごぼうもちゃんと美味しい^^

 

P1430820

美味しいは、息子の食べっぷりをみるとよく分かります^^

『まだそんなにお腹減ってな~い』と、言っていた姪っ子も、息子の食べっぷりを見てとりあえず食べ始めると、そのあとは黙々と食べ続けていました(笑)

P1430823

妹も最近仕事を始めて、時々遅くなることもあって、夕食の用意をするのが大変なこともあるようで、『これは便利かも!』って喜んでいました^^

これから働く母たちが憂鬱になる『夏休み』もやってくるし、時々はこんな『手抜き』をしても罰は当たらないと思うのです^^

疲れてイライラごご飯の準備&後片付けをするよりは、一緒に美味しいご飯を食べて、今日あった出来事を会話する方がきっといい!

ちなみに、出前館経由で購入すれば事前決済もOKです!

早く、我が家方面にも出来ないかなぁ^0^

 

道産子もテンションが上がる【蟹のつめ】・6月23日(日)OPEN

稚内に親せきがいた道産子のワタシは、カニに対してはあまりありがたみを感じずに、年に数回当たり前のように食べていた時代がありました。

しかも、全部親に剥いてもらって・・・

その話しを本州から来た人に話すと、かなり冷めた目で見られたものです^^;

もちろん今は、カニは高級なものだという認識はありますし、北海道にいるからってそう簡単には食べられないモノになりました。。。

018f754d58d9838c77818210fc64eae56a159ba7ce

なので昨晩レセプションでお邪魔させていただきました【蟹のつめ】の蟹づくしコース には、道産子のワタシでも舞い上がってしまいました^0^;

場所は東急REIホテル・レストランプラザ札幌2F

入口には“蟹の爪”

010fd9ed54b9268ee6f34d8f1454d1836372666b2d

中には巨大な水槽、そしてスゴイ量の蟹!!

01936b8f185fa8a85adfc52b0adaea32d900a0688d01a725384795817d811b2c132f00df3b056d5c273d

思わず見入ってしまいました・・・^0^:

席数は全部で140

01535da4fcdd82f51e5830f723b0ff5042d432843f 0145b227a6174465b972ac4dd69909f440afc32d88

018ed7c775a10a346cf63c40242110be7b197d0ee8015ec36d3c948f1dc67b4613ce79ae502af31e47c4

メインのホール席はチェックできなかったのですが、大小さまざまな個室があり、少人数のグループから接待、宴会などなどどんなシチュエーションにも応対可能^^

 

で、お料理はと言いますと、カニだし、食べ放題コースもあるし、観光客向けのボリューム重視なお店かと、正直思っていたのですが・・・

P1420417

P1420418

そんな風に思ってしまって、大変失礼致しましたっ と、すぐ心の中で謝った次第です^^;

P1420421

今回は、通常8000円のコースをレセプション用にアレンジしたコースを堪能 (ちなみにコースは4500円~あり)

P1420424P1420422

ビールで乾杯したのち、かに塩辛をいただきました

くぅ。。燗酒2合はいける(今回はさすがにオーダーしませんでしたが^^;)

P1420425P1420428

思わず撮影したくなる、タラバガニの脚の大きさ!

毛ガニを黙々と剥く時間は、レセプションなのに、参加者一同無言になる(笑)

でもってほぐし終わった毛ガニに、かに酢をかけて食べると、頑張った甲斐があった~~と、オイシサが倍増

やっぱりカニは、大変だけど自分で剥いて食べるものなんですね(今さら・・・? ^0^;)

 

P1420429

刺身盛り合わせは鮮度の良さがにじみ出ているし、こちらにもカニ~

P1420430P1420432

P1420436P1420434

P1420437

しゃぶしゃぶは、蟹だけじゃなくエビも!!(写真はズワイだけど^^;)

P1420439

自家製のごまポン酢ダレは、すぐ水っぽくならないよう、濃い目になっているそうです^^

P1420441

揚げ物にも蟹!

P1420444

握りにも蟹!!

P1420442

もちろん、椀物も蟹!!!

いやぁ、3年分くらいカニ食べた気がします^0^;

P1420452

デザートは夕張メロンとシャインマスカット

 

今回はコース仕立てでしたが、食べ放題コースも6000円~10,000円まであります!

会員になると500円~1500円割引になり、小学生(7~12歳)は半額、そして小学生未満は無料だそうです!!

 

“蟹のつめ”

蟹は食べたらなくなるけど、爪は残る。~店・形・思いがいつまでも残るお店にしていきたい

そんな意味が込められているそうです。

今回はオープン前のレセプションということで、社長自ら全席を回ってご挨拶いただいたのですが、あの“赤から”の会社だったのですね!!

愛知・豊橋の会社が札幌で蟹のお店をオープンさせるなんて・・・と思いましたが、逆に本気度が伝わってきました!

道産子でも、一度は行ってみてもらいたいお店です^0^

 

こんなタイ知らなかった!!【サコンナコン県&ナコンパノム県を訪ねるメディアツアー】その6

少々間が空いてしまいましたが、こちらからの続きです

5月18日(土) タイ・イサーン地方取材3日目・夜の部

P1400937

今回の旅のメインともいえる、ヴィサカブーチャ(仏誕節)のお祭りの見学

P1400893

こちらを見学だけでなく参加するということで、朝から白い服を着ていました。

ちなみに上だけでもOKだそうです

仏誕節9

偶然、ミスサコンナコン(?)の女性がいらっしゃったので、記念撮影(同じ人間とは思えない体型から目が離せなかった・・・)

P1400889

続々と、山車?のようなトラックがやってきます

P1400890

各町のトラックなんだそうです

思わず、ねぶた祭りを思い出してしまいました^0^;

P1400898

P1400904

なかなかお目にかかれない光景!

P1400905

P1400907

日が沈んでいく光景、美しかった~><
(まだまだ暑くて、汗だくでしたが^^;)

P1400935

後ろを振り返ると、満月が!

このお祭りは、陰暦6月の満月の日に行うのです^^

P1400942

この広場に座り、しばし説法を聞くのですが、昼間のうちに温められた床が熱くて、体中が暑かった~

少々、トランス状態・・・^0^;

P1400918

こちらはろうそくを立てる行燈のようなもの

タイは生まれ曜日を意識する国なので、それぞれの色が用意されています

ワタシは日曜日生まれなので、赤色をセレクト

P1400946P1400950

この炎を消さないよう注意しつつ、最後に塔の周りを3周します

P1400953

と、ろうそくを立てる部分が不安定で、何度も倒れてしまい。少し燃えてしまいました^0^;

P1400951

メッチャ焦りました(;’∀’)

P1410003

最後にこちらの棚においてお祈りして、会場を後に・・・(それが正解なのかは不明)

トータル2時間近くいたのかな?

かなりの疲労感でようやく夕食タイム!

夕食

お店の名前は、“サバンガーレストラン”

P1410014

オシャレカフェのような内観

P1410012P1410013

P1410031

この日は禁酒日なので、普段は絶対頼まないようなスムージー系のドリンクをオーダーしてみました(笑)

ある意味、いつものアルコールより美味しく感じました><

P1410016

相変わらず野菜が多めなので、遅い時間でも罪悪感は低め

P1410017

P1410019

P1410023

P1410028

こちらのお店のお料理ももどこか、ベトナム風

P1410034

相変わらず、薬味とかソースが美味しい^^

お隣りのテーブルが誕生会だったようで、バースデーソングに合わせて手拍子したら、すごく喜んでくれました^^

 

P1400625

今回、サコンナコンでは2泊したのですが、泊ったのはマジェスティックという、中堅のホテル(広いけどちょいと古め、しかもドライヤーなどの部屋の設備がほとんどなし)

でも、すぐそこにコンビニや市場もあるので、利便性は良かったデス

最近のサコンナコンのホテル事情も知ってほしいということで、ほかのホテルも夕方見学もさせていただきました

P1400930P1400933

@SAKON HOTEL

マジェスティックに比べると、ずいぶん今風!

P1400927 P1400920

内観オシャレ!!

P1400926

聞くところによると、1部屋で3000円くらい!

P1400923

部屋数が多くないので、今回は残寝ながら満室だったのですが、田舎町と思いこんでいたので、こんな素敵なホテルがあるとは考えておらず、かなり驚きました

ということで濃厚な1日が終わり、明日は7:00集合で、ナコンパノムへ向かいます!

・・・つづく

 

こんなタイ知らなかった!!【サコンナコン県&ナコンパノム県を訪ねるメディアツアー】その1

1週間もブログアップできておりませんでしたが、5月16日(木)~21日(火)朝まで、タイに行っていました!

と言うのも、タイ国政府観光庁主催のメディアツアーからお声がけいただきまして、タイに何度か行ったことのある方にもまだあまり知られていない、イサーンと呼ばれるタイの東北地方を訪れる取材旅行に参加させていただいたのです。

ちなみにワタシに声をかけてくださったのは、FM northwaveで15年続いている人気番組【Sabaai Sabaai! Thailand】のディレクターでもあり、DJも務める城野康子さん

P1410227

↑ ビールを撮影したら、ポーズをとってくれるお茶目な城野さん
(ピントがビールですみません^0^;)

 

010c2c021ba618108cc0999f824c2469cb8a5f2dca01362773c66cf7e706f23a993ddb40869e51046cc5

こちらは、タイ国政府観光庁が発行しているガイドブックからの抜粋ですが、イサーン(東北)地方は、ラオスやカンボジアとの国境近くにあり、20県もあるそうです。

タイ全体の約3分の1ということで、結構な広さです!だけど、今まで情報はほとんどなかったかも。。

0129446662692931e0ad7d4dbbdaa004cfcc95c7c4016f13b05398cce31ee98aee6e21f322c2ddbf1a3a

タイ・バンコクスワンナプーム国際空港へは、新千歳空港から毎日直行便が飛んでいます!

今回は、10:30発のタイ国際航空で向かいました^^

01b86b536b7fef3689393682ca4e0fa9781d92d9c5 0169a7da0e1c8d1469a86765e1b4509eab7046433f

個人的に紫が大好きなワタシとしては、シートやブランケットを見ただけで、テンションが上がってきました^0^

と、いつもならここぞとばかりにアルコールをお願いするところですが、前日までバタバタして睡眠不足だったのと、タイの暑さについていけるかの不安から、大人しく炭酸水に(笑)

016a9de7f6400ff0fa9dd80d794d5a75cc704b1e92

015bbb00427420a3cf70e2887695029c7815b8283b

こちらは機内食(ちょいと炭水化物祭り^0^;)

バンコクまでは、約7時間のフライト。到着前の軽食はブリトー

01b6391cb915ffc1cdcb35f110faecd6f55cc1dd2e0186d36d32881151949d5fa8f155b7238f0d40b203

 

0153d01603981834b9a1a7908b191eef675e259256

日本とタイの時差は2時間

ということで、現地時間の15:30に到着!

01ac9cbf8a923e03e7cf2e8bcf1b51cb6403d1d4060149ff1f9b22a9d4fbc822f73c3cd610be366ab75a

早速、空港のセブンイレブンで水(約40円)を購入し、ワゴン車で移動

014233b152f2738c7b314c90b81d0a77f60b18742c

移動中に、今回ご一緒させていただいたタイ国政府観光庁・東京事務所副所長が、こんなおやつを分けてくださいました^^

昔懐かしい味!

0169360d5bc58cbdcffead6e569c25428c963b09a3P1400308

夕食まで少し時間があったので、ショッピングセンター・シロームコンプレックスへ

BTS(スカイトレイン)サラデーン駅と直結しているそうです

P1400310

お店の目の前に、気になるものが!!

ポテトフライらしいのですが、この後夕食を控えていたので、ここは我慢

 

P1400321 P1400327 P1400318

地下に行ったら、日本のレストランとか日本食がいっぱいでビックリ!

P1400328 P1400325 P1400329

 

P1400333

スーパーもチェックしないと!

P1400334

こういうフルーツを見ると、南国に来たんだなぁって実感します^^

P1400341

このセット、いかにもタイ!

P1400342

あ!見慣れたものが!!

P1400346

なんと、焼き芋!!

今、バンコクでは焼き芋が流行っているそうです^^

 

P1400343

さすが、しょうゆコーナーがすごい!

P1400345

もちろん、アルコールコーナーもチェック

P1400344

さすがにウィスキーは、安くはなかった・・・(笑)

 

そして本日の夕食会場へ・・・(夕方のラッシュは半端なかった^0^;)

P1400352

こちら、2018アジアのベストレストランに選ばれている、【ISSAYA SIAMESE CLUB

P1400354

もう、店に入る前から期待値Max!

P1400358

こちらはテラス席。ステキな雰囲気ですが、さすがに暑くてここではゆっくり食べられそうにありません^0^;

P1400359P1400362

ということで、店内へ

サスガの雰囲気!!

P1400364

今回のツアーは全部で7名、しかも全員女子!メディアツアーだけど、女子旅です(笑)

 

P1400366

飲んでも良いということだったので、遠慮なく・・・(笑)

デザインも可愛いプーケットのクラフトビール、初めて飲みました^^

 

P1400371

前菜からすでに心をわしづかみされてしまった・・・

P1400374

初日からカキ~(;’∀’) もちろん美味しくいただきましたよ♪

P1400375

タイ料理だけど、知ってるタイ料理とは全然違う~

P1400377

まだ前菜の段階ですが、これだけでビールが進む(笑)

P1400385 P1400387

少し濃い目の味付けのスペアリブのあとは、口直しのソルベ

 

P1400392

こちらはガイヤーン!炎のパフォーマンス付き!

ガイヤーンは何度も食べているけど、初めて食べる味!!

 

P1400390

さすが、エビがプリップリ!!

P1400398

お腹はいっぱいですが、黒米だとカレーも進む

P1400394P1400396

それから、ソースやパクチーのおかげで食が進むんです^0^;

P1400399P1400379

これぞ、タイマジック(笑)

 

P1400404

デザートはジャスミンライスのパンナコッタとアイスクリーム

こちらがまたボリューミーで、初日から満腹でスタートしたわけですが、この後がずっとすごかったわけで・・・(笑)

 

P1400400

お店は、時間がたつにつれてお客様が続々と・・・

地元民より、欧米系のお客様が多かったかも

P1400408

せっかくなので、2階席も見学させていただきました^^

P1400411

さらにステキ!!

P1400415P1400413

P1400417 P1400410

いろんな国の要素が入り混じっているのですが、それが違和感なく融合している感じがステキでした^^

さて、翌日は6:00の飛行機でサコンナコンに向かわなくてはいけないため、ホテルのチェックアウトは4:00!!

ということで、ドンムアン空港近くのホテルへ

0182fa946f6577839a3c76b44eecccce66a35b98e7

こんな素敵なお部屋なのに、6時間も入れないなんて><

 

ということで、明日から未知の世界・イサーン地方をめぐります!!   つづく

P1400406

そういえば、ISSAYA SIAMESE CLUBでお土産にもらったマシュマロ、ホテルの部屋に置いてきちゃったなぁ・・・^^;

pageTop