札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『ご褒美』カテゴリーの投稿一覧

つい、親目線で感無量になってしまった、【まるい珈琲マルシェ2019】

大丸でパンをメインに、コーヒーもちょこっとチェックしたその足で、丸井今井大通館へ!

014d74719eb8ff13b236cbc6a88c0f6b181aee1c91

なんと丸々日程がかぶっての開催となった、【まるい珈琲マルシェ2019

昨年より大通館に会場を移し、その時点でも大きなイベントになったなぁと思っていたのに、今年はさらに会場を広げ、出店数は30店舗!!

そして、平日の午前中なのに凄い人!!!!!

01edefe2831bed334bee81b7c8bac94055ba696276

初回から見ているワタシとしては、“大きいイベントになって・・・”と、感慨深い気持ちに・・・(T-T)

P1480214

これも、仕掛け人でもある丸美珈琲の後藤さんの働きがあってこそ!

 

あまりの人混みに、以前のようにゆっくりお話しするのもままならない感じになって履きましたが、1年ぶりに再会するコーヒーショップもあったりと、コーヒーを買わなくとも楽しめちゃうイベント!(もちろん買った方が喜ばれますが^^;)

P1480189

そして今年も全店試飲可能&試飲スタンプラリーも開催♪

P1480203

P1480197

そして会場内には、コーヒーにまつわる様々な大会の世界チャンピオンや受賞者が多数!

改めて考えたら、とんでもなく贅沢なイベントだと思うのです!!

P1480196

そうそう、日本国内で唯一コーヒー豆の栽培をしている沖縄からも初出店!

P1480195

収穫量はまだまだ少ないので、一般的に流通するにはもう少し時間がかかるとのことでしたが、そういうコーヒー文化に触れることも出来る!

P1480208P1480207

一年ぶりにお会いした、ボンタイン珈琲の加藤社長からは、『コーヒー豆の穫れる産地と、絶滅危惧種の動物がいる国はだいたい同じなんです。』という、ちょっと深堀したくなるお話を聞くことも出来ました。

詳しいことは、こちらこちらをご覧ください!

P1480210

でもって、ボンタイン珈琲で試飲したこちらのコーヒー、インパクトありました!!

インパクトと言えば、こちらも!

P1480202 P1480201

philocoffeaの粕谷さんのマニアックぶりは、個人的に好きです(笑)

ちなみに初日にしてお疲れの様子だったのですが、なんとボリビアからまっすぐ札幌入りされたそうで・・・^0^;

どうかラストまで倒れないよう、頑張ってください~~

P1480199

そんなマニアックな粕谷さんや、ボンタインの加藤さんを紹介してくれたのは、札幌のスタンダードコーヒーラボの大磯君

札幌チームはどうしたって、普段なかなか購入できない道外のお店よりインパクトが弱くなっちゃうので、色々サービスしてますよ!とのこと^^

 

ちなみに会場内にはカフェコーナーや、イートインスペースもちょこっとあります!

P1480211P1480212

そうそう、TSURU CAFEも11日(金)まで出店していて、ランチタイムにはバゲットサンドを購入される方が続々いらっしゃっていました!

その後は、カントスやボン・ヴィバンが出店予定だそうです!

P1480192

コーヒー以外にも、各店舗で販売しているコーヒースイーツがまた、見逃せないんですよね!

P1480188P1480206

あ、そういえば札幌三越ではあんこ博もやってるんだった(;’∀’)

 

今日は時間もなかったので、簡単なレポートになってしまいましたが、今までコーヒーにあんまり興味がなかった人ほど行ってほしいイベントです!

まさに、ワタシがその一人でして、今やすっかりコーヒーにハマっております^0^;

 

 

 

 

 

食べ比べ・飲み比べも楽しめる、BAKERY&COFFEE Festa~大丸札幌店

本日10月9日(水)から大丸札幌店7F催事場で始まりました、【BAKERY&COFFEE Festa~ベーカリーコーヒーフェスタ

P1480112

初開催で、さらに数量限定で話題のパンも多数並ぶので混雑が予想されたため、開店前の準備時間から潜入させていただき、取材開始!

皆様、ギリギリまで慌ただしく準備されておりました^0^;

 

注目は話題の“高級食パン”

P1480133

ベーカリー ワンカラット1ct角食や、高級食パン専門店 嵜本極美“ナチュラル”食パンノーザンホースパーク金時豆のパン・ド・ミ乃木坂な妻たちかぐやひめなど!

P1480148

P1480141

P1480125

こちらは各日10:00から会場で整理券を配布する形でして、初日は15分くらいで整理券の配布が終わっていたかと・・・^0^;

P1480129

が、時々14:00までに引き取りに来られない場合の“キャンセル”が出ることがあるので、タイミングが合えば、14時でも購入出来ることもあるかも!!

P1480128

こちらが、会場全体図

ベーカリーの他、5店のコーヒーショップも出店

そしてイートインスペースもあるので、お好みのパンとコーヒーでランチも楽しめちゃいます^^

P1480169

ランチにオススメなのが、京都・仕出し かわ瀬だし巻き玉子サンド

もしお友達と一緒なら、乃木坂な妻たち僕の衝動なたまごと、食べ比べるなんて言うのもオススメ!!

まったく、正反対の味わいなので楽しめると思います^^

P1480170

ちなみに乃木坂な妻たちは、フルーツサンドもありまして、果実倶楽部のフルーツサンドと食べ比べるなんて言うのもアリかも^^

P1480127

他にイートインでおススメなのは、小樽・フロマージュデニッシュ デニルタオ北海道コーンクリーム

P1480180

以前、こちらで紹介したことがありますが、コーンクリームは初めて!

甘くてしょっぱいのは間違いないです^^

そしてペンギンベーカリーカレーパンフォンデュ

P1480178

たっぷりチーズとカレー、これはアツアツで食べるべき^^

P1480175

こちらはぜひ、テイクアウトして軽くトーストしてから食べるとより美味しいという、順風堂のメロンパン

P1480159

特にいよかんは、温めるとフワッといよかんの香りが漂うそうです!

P1480153

こちらはお土産にもぴったりな、グランマーブル京都三色

P1480177

デニッシュだけどあっさり目なので、アラフィフには嬉しい^^

P1480156

他のも気になる!!

 

それにしてもパンって見ているだけでもワクワクします!

P1480166

こちらは宮城・KIKUCHIYA BAKERY

P1480164

スイカパンも気になるけど、個人的にはチョコバナナのパンが気になりすぎる!!

P1480163

 

P1480131

栗好きとしては、限定のマロンも気になるし・・・

P1480139

そして見つけるたびに目がいってしまう、定山渓ミリオーネかっぽんのパン(笑)

P1480142

 

それからパンのお供にピッタリの、川島旅館のバターも!

P1480136

そうそう、嵜本のジャムも販売してます!

P1480147

 

そして今回、個人的に一番印象に残ったのが、パッセージコーヒーの“エアロプレス”

P1480182 P1480183

P1480185 P1480186

空気圧で抽出したコーヒーをお湯で割るという方式は初めて知りました!

飲んだのはエクアドルのコーヒーだったのですが、酸味は感じるけどまろやかな味わいのコーヒーにハマってしまいました^0^

P1480135

そこで販売していたこのコーヒーカップも可愛かったなぁ~

ワイングラスと同じ原理で、香りを楽しむためのカップだそうですよ^^

P1480162

それにしてもコーヒーショップってどこもステキなデザインですよね~

P1480119

つい、グッズを購入したくなります^^

P1480124

それに合わせて、カフェスペースもしっかり映え系になっています^^

P1480117

ちなみに富良野の森の時計も出店♪

そして今回、コーヒーにピッタリなパンに出会いました^0^

P1480264

ことにサンドのティラミスサンド!

厚さ7cmcもあるのに、カカオの苦みが効いているのでペロリといけます!

そして間違いなくコーヒーに合う!!

というか、コーヒーが必須(笑)

 

P1480108

ちなみに週末にはこんなイベントも!!

ということで、この後丸井今井の催事事情で開催中のまるい珈琲マルシェ2019へ向かいます^0^   つづく

夏の終わりと秋の始まりのコース~RJ

私の中では、どちらかというとBAR使いが多いRJですが、先日「美味しいものをちょっとずつコース」でお願いしたら、期待以上に素敵なお料理ばかりで、飲み過ぎた夜の備忘録

P1470897

まずは、ファットリアビオのブッラータを3人で切り分けた1皿

ミルクがもったいないので、フォカッチャでぬぐいまくっていただく

P1470898

定番のJファームの甘いトマトとシャインマスカットも添えて

P1470900

真タチのフリット 銀杏の潰し焼き

もうタチの季節なんですねぇ・・・

と、銀杏の潰し焼きというものを初めて食べたのですが、これがまたたまらなくオイシイ!

ちょっと日本酒が欲しくなる(笑)

P1470901

宗谷産活タコと福岡産クエのカルパッチョ キャビア添え

見るからに鮮度の良い活タコ!そしてクエをカルパッチョで食べるのは多分生まれて初めて!!!

しばし無言になった一皿

P1470908

苫小牧さんホッキ貝、松茸の直火焼き

運ばれてきたときの香りが脳裏に焼き付いている・・・

そしてホッキがものすごく立派なサイズ!! また悶絶

P1470911

ウニのペペロンチーノ

夏の名残りを惜しむ一皿

このくらいのボリュームがまた、イイんです!!

P1470916

ニュージーランド産三つ葉放牧牧草牛のビステッカ 五四〇とポルチーニ添え

ちょっと暗くて分かりにくいので、もう一枚

P1470918

このお肉、ビックリするほど柔らかい!

そしてポルチーニ

P1470920

現物こんな感じ!!!!

もう、至福の一皿って感じでしたっ><

そして五四〇(倶知安の熟成じゃがいも)

私は何度か食べているので、そのおいしさは知っていますが、初めて食べた面々の感動する姿をみて、嬉しくなる^^

立派な栗も添えられていたのですが、やっぱり五四〇は最高に甘い!!

P1470923

巨峰のソルベが、怪しく美しかった・・・

 

P1470906 P1470912

そんなわけで、泡を1杯いただいた後、こちらの白と赤をいただき、2軒目に向かったのでした♪

 

 

感動と興奮で震えた、ミュージカル【レ・ミゼラブル】~札幌文化芸術劇場hitaru

昨日、9月10日(火)に札幌公演初日を迎えた、ミュージカル【レ・ミゼラブル

20181001094601-1

 

チケット先行発売が開始されて瞬く間に10公演が完売し、1公演追加、さらにパーシャル・ビュー席も追加して、約24000席が完売しているとのこと!

それを聞いて、北海道にここまでミュージカルファンがいたのか!と、正直思いました。。

ワタシは好きなモノ・コトが多すぎて(LIVE、映画、スポーツ観戦などなど。。。)ミュージカルの必要性はどちらかと言うと下だったもので^^;

012dfb78e4c95241d9cab0af4bef2840ec36e6a2b401b152f048351597b521d498819e1eca3056b4c165

それにしても客層が凄く幅広い!

先日の【白鳥の湖】の時は、バレエをやられている親子連れとか、なんとなく関係者っぽい方が多かったけど、若い男性から、ご夫婦まで、まさに老若男女問わず!!という雰囲気

01aec4a67634d6c1cd70e9de244225d4d8e631bd44

それでもって、熱心なファンが多いのが伝わってきました!

と、今回はメディア取材枠でパーシャル・ビュー席で鑑賞

P1460545

取材とはいえ、演劇鑑賞にはやっぱり軽いアルコールが必需品(笑)

札幌は秋晴れ(にしては少し気温高めだったけど)の空がものすごくキレイな夕暮れだったのですが、改めて札幌文化芸術劇場のホワイエは眺めがとても気持ちよく、シュワシュワがより美味しく飲めます^^

10分前に席に戻り、最後の音合わせをしているオケピを眺める

2階席より上に座ると、オケピがよく見えるので、そこも楽しい^^

そして見切れ席と言っても、全体を眺めるのにそれほどのストレスはありませんでした。

 

Les Mis 2019_RyunosukeEnjolras_FTE_0054

※写真提供/東宝演劇部

第一幕:1時間30分 25分休憩挟んでからの、第二幕:1時間10分

先ほども言いましたが、ミュージカルにそこまでの思い入れがなかったワタシでしたが、前半だけで既にハマってしまいました・・・

舞台ともバレエとも全く違う、圧倒的な熱量とスピード感

舞台装置も凄い勢いで入れ替わっていくのです!

何より、俳優たちの素晴らしい歌声に鳥肌立ちまくり(≧▽≦)

あまりにミュージカル俳優の知識がなかったので、休憩中にスマホで調べまくりました^0^;

 

第二幕になると、以前映画で観たシーンがどんどんよみがえってきて、感情移入しまくり!

本当はカーテンコールの撮影がOKだったので、終了後席を立って所定の場所まで移動する予定が、スタンディングオベーションの会場と俳優人たちの一体感に飲みこまれて、席を立てませんでした。。。

P1460549

でも、何度もカーテンコールをしてくれたので、最後の最後に撮影場所に滑り込みっ

それくらい、盛り上がりました!!

 

終了後、アンジョルラス役の小野田龍之介さんと、マリウス役の海宝直人さんが、合同インタビューに応じてくれました!

P1460557

お疲れだと思うのに、一つの質問に対して、ものすごくたくさんお話ししてくださりました!

なので、聞こうと思っていたことを先にお話ししてくれた状況(笑)

P1460555

ワタシが伺いたかったのは、“札幌文化芸術劇場hitaruという劇場は、他と比べてどんな印象でしたか?”だったのですが、

『演じる側も気持ちが良かったし、とにかく素晴らしい劇場だった、他の役者たちに自慢したいし、たくさんの役者さんたちにここで演じてみてもらいたい』と、べた褒め!!

観る側が気持ちの良い空間と言うのも大事だけど、演じられる方々が気持ちの良い空間であれば、より良い舞台が観られるはずなので、その点でもhitaruが札幌に出来てくれて本当に良かった!!と思いました。

そして、『歌・ダンス・お芝居・歌と、様々な要素を一度に楽しめる、ストレートなお芝居とはまた違う、感情がダイレクトに届くのがミュージカルの魅力!』と、おっしゃっていましたが、まさにその通り!と思いました^^

そして久し振りにきた北海道・札幌に対して、とにかく気持ちいい!!特に朝の散歩が!改めてハマりました!と、嬉しいお言葉いただきました^0^

美味しいものも、たくさん食べて帰りたいとおっしゃっていたので、関係者の皆様、オータムフェストにもお連れしてくださいね♪

 

レ・ミゼラブルは完売ですが、 来年の7月には【ミス・サイゴン】の上映が確定しているようです!

そしてこちらを見ると、2021年の公演も決まったようなので、ぜひまた札幌文化芸術劇場にも来てもらいたい!!

 

あの“つっこ飯”をコース仕立てで楽しめる、アラフィフの理想形~【八饗】

P1460260

食の宝石~いくら

そのいくらを、(たぶん)世界一提供する【はちきょう】に、ワンランク上のカウンター店が出来ました!

その名も【八饗~ハチキョウ

P1460163P1460162

海味はちきょう いくら御殿の奥にひっそりと、天井の低い洞窟のような入口があります。

P1460165

01ed5b3879623380b1b7844c62aed2e30d1698a05a

入口左側には水槽

P1460166

そして店内はカウンター12席のみのフルオープンキッチン

P1460273

小菅シェフの姿が、どこに座っても眺められます^^

 

P1460174

八饗は12,000円おまかせコース1本のみ

そして座席には、お品書き

ん?よく見ると、お品書きではなく“素材書き?!”

八饗では料理名はあえて書かず、今日使用する素材のみを記載し、お客様にあれこれ想像してもらうところから楽しんでいただこうという、コンセプトなんです^^

P1460178P1460171

と、その前にドリンクをオーダー

ビール各メーカー、ワイン、焼酎、ウィスキー、北海道物を中心に、そして幅広い価格帯で揃っていました^^

ワタシはすっかり定番となりつつある、芋ソーダで乾杯

グラスが手馴染みがよくて、より美味しく感じる^^

P1460185

最初にお出しいただいたのは、活毛ガニ&ムラサキウニ&いくらの一口手巻き寿司

P1460180 P1460182

いきなり、贅沢食材3つまとめてきちゃうんですね!!

P1460190

ウニは大好きだけど、たくさん入らないワタシとしては、いきなり理想形な1品が出てきて、すっかり心奪われました><

P1460195

次に登場したのは、羅臼の時しらず、そして“ジャガイモ540”を使用した、椀物

ほんのりと生姜の香る餡が、胃に沁みます~

P1460197

そしてやっぱり、540の存在感が凄い!

じゃがいもなのに、美味しい鮭よりも目立つ!

目立つけど、全体のバランスは良い!!

ちなみに540は、提携している飲食店でした味わえませんので、かなりプレミアモノ!

P1460198

“普段はあまりお見せしないのですが、せっかくの機会なので、今日は好きな牡蠣を選んでください”と、立派な仙鳳趾の牡蠣が登場!

P1460199

選んだ牡蠣はこんな感じでやってきました^0^

半分はライムで。そして半分は土佐酢のジュレとともに味わいます!

P1460203

牡蠣のサイズが大きいだけに、味変で楽しめるのはすごくうれしい!!

P1460206

お刺身3点盛り

ヒラメ・ボタン海老、活ツブ、もちろんすべて道産!

ツブはホタテからの予定変更だったのですが、ホタテより良い状態だったので、変更したそうです^^

P1460209

醤油とポン酢、お好みで。当然ながらワサビもちゃんと美味しい^^

でも、それ以上に美味しかったのが、“レモン塩” ←これだけで飲める(笑)

 

P1460213

そしてこちらが、メヌキ。上にはウニ!!

メヌキに塗っている味噌にもウニを練り込んでいるとう、ちょっと贅沢な魚料理

そして手前のソースはにんにく醤油。すこしずつ、色んな味わい方ができるのがウレシイ^^

P1460218

来た~っ!活鮑!!

鮑の下にある大根が透き通ってる~~~~~

しばし、無言の時間

 

P1460226

ここで箸休め的なお口直しの1皿

P1460222

ファットリアビオのリコッタチーズに、新篠津のフルーツトマト

P1460223

添えられていた梅ソースがまた美味しくて、岩塩と共に、色んな組み合わせでそれぞれを楽しみました^^

P1460228

そして、メインディッシュの富良野産黒毛和牛~藻塩・塩昆布・山椒だれ・特製卵黄醤油

1切ずつ、4種の味で楽しませてくれるという、これまた理想形の食べ方が!!

P1460231

そう、お肉はこれくらいの方が最後まで美味しく味わえます^0^

P1460239P1460242

そして、〆のご飯もの

お米が見えないくらいのキノコたちの上には秋刀魚!

P1460250P1460254

混ぜると湯気と共に喉が生るほど美味しそうな香りが漂います~~

普段はお腹がいっぱいでご飯モノまでたどり着けないのですが、これは1口でも食べておかないと!!

P1460258

お、美味しいです><

がしかし、1口では終われないのです・・・

ここで“つっこ飯”が登場します!

P1460259P1460261

はちきょうと同じく、あの威勢の良い掛け声が!

3回かけ放題!ですが、食べきれないので2回でストップ^^;

P1460265

 

↓ ちなみにこちらは3回かけたもの

P1460271

いやぁ、やっぱりオイシイです><

そしてそして、最後は出汁をかけていただきます!!

P1460281

いくらにお戦い出汁をかけたら白く固まっちゃうんじゃないかと思ったのですが、さらに美味しく味わうことができました!!

そんなわけで、少なめに盛ってもらいつつ、3杯味わった方が良いです!!

P1460284

デザートはプルーンソースがけのバニラアイスと、完熟プルーン

プルーンは大好物だけど、白樺花粉症なので躊躇したのですが、完熟と聞いて食べてみたら大丈夫でした^0^←感動の美味しさ!

そしてソースがプルーン特有の苦みも少しだけ残るオトナの味わいで、甘いバニラアイスとピッタリ♪

 

 ★量は食べられないけど、本当に美味しいものを少しずつ味わいたい

 ★肩ひじを張らず、だけど居心地の良い空間で味わいたい

 ★道外の人を喜ばせたいけど、自分もしっかり楽しみたい

 ★料理の説明はしっかり聞きたい

そんな欲求が見事に叶えられた1店でした!!

北海道の美味しいものを食べたい・食べさせたい!という方に自信を持ってお勧めできるお店です^0^
※事前予約をお勧めします

 

 

pageTop