札幌100マイル

札幌100マイル編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『ご褒美』カテゴリーの投稿一覧

フレンチとブーランジュリ、カフェ&ブラッスリーが融合した新店舗が、大通東3に誕生!!

P1070295

地下鉄バスセンター前駅5番出口から歩いて少しの場所に、4月27日(木)新たな名店が誕生します。

ひとつは、レストラン ル・プルコア・パ・・・

そしてもうひとつは、ブーランジュリ カフェ&ブラッスリー ア・トン・コテ

01ac06acc9a6c968a339675344d3f22a8c5904e0c7

札幌の美味しい物好きなら、こちらの写真を見ればお分かりかと思いますが、札幌市東区元町で18年フレンチを続けてきたシェフの久保田氏、そして札幌の中でも上位を競う名ブーランジェの竹内氏

この二人が、一日限りの夢の饗宴ではなく、共にこの場所で展開するお店なのです^^

P1070294  P1070297

向かって左側がア・トン・コテ。 そして右側の奥にはル・プルコア・パ・・・の入り口があります。

P1070283 P1070284

ル・プルコア・パ・・・はレストランウェディングも可能な、正統派フレンチレストランの佇まい

 

P1070282

 

シェフズカウンターを挟んで奥にあるのが、真っ赤なソファと壁が眩しい、ア・トン・コテのカフェスペース

P1070271 P1070272

そしてその奥にはブーランジュリ(パン屋さん)

P1070293

もちろん、コチラにも入り口がありまして、朝8:00から焼き立てパンを販売予定だそうです^^

 

 

そんな気になりすぎるお店に先日、一足先に足を運ばせていただきました!!P1070263

この日は見た目もキュートなフィンガーフードとパンを、ワインともに堪能させていただきました^0^

P1070269 P1070268

01d8b4d690b43e5361b91c059bab4a342984b2ad01

P1070273

P1070276

 

P1070280 P1070277

 

P1070292

噛みしめるたびに小麦の香りがじんわり広がる、素晴らしく美味しいバゲットたち。。

シャンパンが進みます~~~><

P1070287 P1070289

クリームパンに合わせて飲みたいと言ったら、レセプションでもちゃんとセレクトしてくれる鎌田ソムリエール

015b2130c52faa521c485cfa3a00a32ef08792509f

デザートに合わせて赤もチョイスしてくれて、最後の最後まで居座り続けて、堪能してしまいました。。。

それほど居心地の良い空間でした!!

 

ランチなどの内容は、まだ公式サイトが立ち上がっていないようなので詳細は不明ですが、

とりあえず、アドレスは下記に記載しておきますね^^

★ル・プルコア・パ・・・  http://www.le-pourquoipas.com/

★ア・トン・コテ  http://www.a-ton-cote.com/

 

DATE

■住所■

札幌市中央区大通東3-1-1トルチュビル1F

■電話

プルコアパ 011-215-0381

アトンコテ 011-215-1191

 

■営業時間■

プルコアパ 18:00~21:00(LO※コース)カウンターはラストオーダー22:00

土日祝は11:30~13:30(LO)のランチ営業あり

アトンコテ 8:00~19:00(パンがなくなり次第終了)

■定休日■

水曜日※カフェのランチは土日祝休み

 

 

 

 

大原美術館展Ⅱに魅せられた【憧れの巴里ランチ】に魅了された午後

センチュリーロイヤルホテル ・スカイレストランロンドにて、5月31日(水)まで開催中の、【憧れの巴里(パリ)ランチ

P1060628

こちらのランチは、北海道立近代美術館で4月22日(土)~6月11日(日)に開催される、“大原美術館展Ⅱ”とコラボしたランチということで、今回展示される予定の作品からインスパイアされた料理とデザートが楽しめるコースなのです^^

 

P1060637

北海道産飲むフルーツ酢とプティアミューズ

ロイヤルブルーのお皿にも映える、鮮やかな紫いものピューレとザクロ!!

一気に食欲全開モードにしてくれる飲む酢は、いちご♪

 

P1060639 P1060641

テーブルフラワーまでカラーコーディネートされていて、一気に目がトロ~ンとしてしまいましたっ

アミューズですでにトリコにさせられてしまい、この後の料理内容を見ると、水じゃ無理!!と、判断し、春のランチにピッタリなロゼワインをグラスでオーダー

P1060633  P1060635

ほんのり甘さも感じるロゼ、ランチタイムにピッタリでつい、クイクイと。。。

メインまで持つかなぁ^0^;

 

P1060642

北海道産桜鱒と海の幸のガトー 雲丹 イクラ サラダ添え お皿をキャンバスに
 ~児島虎次郎《朝顔》に見立てて

まさにお皿がキャンバス!!

あまりの美しさに、一瞬食べるのをためらってしまったほど。。

“ほしのゆめ” “にんじん” “梅” “アボカド” “シャドークイーン” のソースが白いお皿を彩ります^^

P1060646

パンフレットの作品を確認してからお料理を眺めると、よりワクワク感が高まります^^

 

P1060648 P1060649

美しいだけじゃなく素晴らしく美味しいっ

サクラマスとカニに隠れていたのは海老!!なんと贅沢なガト・・・

野菜も味が濃くて、ソースとの相性も抜群!どの素材の味も楽しめるのです^^

そして食べている途中でもアートを感じるのが楽しくて、つい写真に収めてしまいました^0^

ロゼを頼んで正解でした!

 

P1060653

クロックムッシュ エッフェル塔のピクルス添え

~佐伯祐三《パリ街景》をイメージして

パリ街景のくすんだ色合いを見事に再現した、クロックムッシュ!ちなみにほうれん草の色だそうです^^

エッフェル塔のピクルス、どうやって作ってるんですか??と突っ込みたくなる細かさ!

P1060654 P1060659

歯触りの良いパンの中には、イベリコのベーコンとベシャメルソース

見た目以上に食べやすく、味がしっかりしています^^ そしてこちらもロゼにピッタリ♪

 

P1060658

本日のスープ パリソワール風

う、美しすぎます。。。

P1060657 P1060662

パリの夕暮れをイメージしたきたあかりの冷製スープは、食べるスープといっても過言ではないほど、コンソメのジュレがたっぷり!

P1060664

本日の白身魚のボンヌ・ファム風

~藤田嗣治《舞踏会の前》のエッセンスのソース

回転するレストランロンド、こちらのお料理が運ばれてきたころ、ちょうど南西の窓に差し掛かり、春の日差しが料理を立体的に映し出してくれました!!

本日の魚はシマゾイ

玉葱をたっぷり使用し、ほんのり甘みを感じるアーモンドミルクの濃厚なソースとの相性が抜群!!

P1060672

と、かろうじて残っていたロゼも日差しを受けて美し~~~っ!!

 

P1060667 P1060674

作品の仮面をかたどったパイ♪

ちなみに目は竹炭・口はパプリカ。パイの下にポテサラが一口なのに存在感がすごい!

 

P1060676

ショコラフランボワーズ バーニュー

岸田劉生《童女舞姿》に見立てて

ある意味、今回のコラボランチのメインといってもおかしくない、素晴らしすぎるデザート

P1060682

この再現力、ホンキです!!

P1060679  P1060684

美しすぎるので、モデル並みに色んな角度から撮影してしまいました。。

そしてショコラとベリーのバランスが完璧!!

個人的に、この組み合わせのバランスって、どちらかに偏ってしまうものが多い気がするのですが、これは理想のバランスでしたっ

オーガニックコーヒーとの相性も抜群!

いつもは紅茶派の方も、この時だけは、コーヒーをオススメします!!

 

ちなみにショコラフランボワーズ バーニューは限定でテイクアウト用のサイズも販売しているようですよ^^

ph03

詳しくはこちらで♪

 

そして【憧れの巴里ランチ】コースは、鑑賞券(半券)提示で、5%割引になりますす^^※通常価格3780円(税込)→3591円(税込)

ランチを堪能して俄然、大原美術館展Ⅱが楽しみになりました!!

出来れば、鑑賞した後にもう一度堪能したいデス

P1060631

その時は、シュワシュワもいいなぁ~^0^

 

 

3月29日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~Bar Vespa SAPPORO

3月29日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”で紹介したのは、 Bar Vespa SAPPORO(バーベスパ サッポロ)

P1050517 P1040763

バーとしては珍しく、全国にお店があるんです。

もともと、40年ほど前に熊本でスタートし、その後福岡の中洲・東京の銀座・京都の祇園にお店が出来、1年8ヶ月前に札幌すすきのに5店舗目がオープンしたかたちです。

P1050480

カウンターに立つ、神吉英典(かんきえいすけ)さんは福岡出身。

師匠が始めたBar Vespa福岡店でバーテンダーとして働いたのち、熊本以外のお店の経営を引き継ぎ、各お店を定期的に回っているそうです。

神吉さんがいないときは、各店舗のバーテンダーが入れ替わる形でこの場に立ちます。

そんなしくみなので、出張などでベスパのある場所に訪れた際、安心して立ち寄れるというわけです^^

銀座や祇園なんかは初見では入りにくい雰囲気もあるので、1軒でも知っているお店があるとほっと出来ると思うのです!

それから各地方の情報が聞けたりするのが魅力的!!

福岡や京都などに旅行に行く前にベスパで情報収集すれば、いつも以上にディープに楽しめそう♪

 

とさっそく、ベスパに来たらぜひ飲んでもらいたいというカクテルを2つほど作っていただきました。

P1050487

ショートカクテルといえばやはり、マティーニは外せませんよね^^

神吉さんがマティーニを作る姿を見ていて改めて思いましたが、作っている姿からして作品ですよね。。

動作の一つ一つに魂がこもっているのが伝わってきました!!

そうしてグラスピッタリに注がれたマティーニ あまりの美しさに、いろんな角度から撮影してしまいました・・・

 

そしてもう一つが、アイリッシュコーヒー

P1050493

神吉さん曰く、誰よりも“極めた”1杯とのこと

というのも、バーテンダーはカクテルについては専門家ではあるけど、コーヒーについてはプロフェショナルではない。 それならコーヒーを極めれば、究極の1杯が作れるのではないか・・・と、銀座のカフェ・ド・ランブルで研究したそうです。

ちなみにこの赤いポットはランブルと同じだそうですよ^^

P1050502

アイリッシュコーヒーは数回飲んだことはありますが、どれもカップでの提供だったので、こんなグラスで出てくることにまず、ビックリ!

そして、炎が上がったことにもビックリ!!

またまた作る工程を、じ~っと見つめてしまいました

P1050504 P1050514

生クリームの真ん中にはオレンジピール

このオレンジピールの香りが期待値を上げてくれるのです^^

最初はクリームとコーヒー、そしてそのあとにウィスキーがス~ッと喉を通り、最後にザラメの甘みが・・・ 間違いなく、今まで飲んだアイリッシュコーヒーとは違うものでした。。。

“極めた”という神吉さんの言葉、その通りだと思います!

こちら1杯2000円と、決してお安くはない価格ですが、1杯に込められたこだわり、そして味わい・・・飲んでいただければ間違いなく納得のいくお値段かと思います。

と、ベスパはメインのカウンター7席(&テーブル4席)のほかに、隠し部屋のような個室のカウンター(5席)があるのですが、こちらがまた、モルト好きにたまらない光景なんです!!

P1040767

P1040766 P1040794

せっかくなら、メインのカウンター席の棚と違うラインナップにしようと考え、モルトを並べることにしたそうですが、モルト好きなワタシとしては、この棚を眺めながらモルトをいただくのは本当に至福の時♪

メインのカウンターで飲むのとはまた、違った雰囲気で楽しむことができます^^

P1040790 P1040796

フードはおつまみはじめ、パスタやドライカレーなんかもありました^^

P1040793

こちらはチョコレート盛り合わせ モルトを飲むと、美味しいチョコレートがチョコっと欲しくなるのです^0^

メニューをながめていると、“ドライ明太子”という文字を見つけました!!

もしやあの、1月に大丸札幌店の催事で、初めて食べてドはまりしたドライ明太子??

まさかBARのメニューにオンリストされているとは、さすが福岡にお店があるだけあります!!

そしてもう一つ、馬舌の燻製!! 次回行くときは絶対、食べてみたいっ

 

Bar Vespaは17:00~19:00まではノーチャージ(以降、1000円)

個室カウンターは予約も可能だそうです^^

 

そうそう、神吉さんに最初にお会いしたとき、口数の少なそうな硬派なバーテンダーさんなのかな~って勝手に思っていたのですが、お話しすると九州弁なこともあって、すごく肩の力を抜いて話せるんです♪

そんなところが“ホッ”と一息つけるBARだなぁって思ったのでした^^

 

フリーフローとフリーブル By札幌グランドホテル

先月からスタートした、“プレミアムフライデー”

『月末の金曜日に15時に仕事を切り上げるなんてあり得ない!!』という声が、ワタシの周りでも飛び交っておりましたが、そこに照準を合わせてスケジュールを組めば何とかなるかもっ!という考え方も、計画性のある日本人ならあるんじゃないかなぁと、プラス思考に考えてみたり・・・^^;

個人的には、楽しい計画をエサに頑張りたいタイプなので、様々な施設で企画しているプレミアムフライデースペシャルプランは大変魅力的でした^^

その中でも真っ先に目に留まったのが、【プレミアムフライデー限定 プレミアム・シャンパンフリーフロー

P1050037 P1050038

場所は、札幌グランドホテル本館1階のロビーラウンジ ミザール

打ち合せで訪れて、コーヒーを飲んだことは何度かありましたが、アルコールを飲んだことはなかったなぁ~

 

P1050042  P1050043

そのロビーラウンジ ミザールで、ローランペリエがフリーフロー(飲み放題)で5000円(税サ込)なんて、シャンパン好きにとってはかなりお得すぎる!!

普段、こだわりのない飲み放題プランはあまり好まないのですが、シャンパンなら話は別です(笑)

そんなわけで、先月の24日(金)に札幌グランドホテル行ってきたのです^0^

P1050044

フリーフローは15:00~17:00ということで外はまだ明るく、スーツ姿で打ち合せ中の男性の姿もチラホラ

P1050041

今回は北西側の角のテーブルに案内されたのですが、道庁の庭も見渡せて、屋内なのにすごく開放的な気持ちになれます^^

 

P1050050 P1050057

早速、ローランペリエがシャンパングラスで運ばれてきました♪

レーズン・イチゴ・マンゴーのドライフルーツも付いていています^^

撮影のためにボトルをお借りし、少し優越感に浸りながら乾杯!

 

P1050060

シャンパンのほか、キール・ロワイヤル、レオナルド、ミモザ、ホワイト・ミモザと、シャンパンベースのカクテルもフリーフローで楽しめます^^

ミモザがすごく美味しくて、『きっと、オレンジジュースも美味しいの使ってるからだよね~』なんて、話しで盛り上がる(笑)

 

3月のプレミアムフライデーは、3月31日(金)

月末そして年度末・・・さらに多忙な方が多い時期ではありますが、1年頑張ったご褒美にはピッタリかも!

 

と、もう少し遅い時間に、そしてシャンパン以外のアルコールも飲みたい方にお勧めなのが、別館1階のオールドサルーン1934フリーブルプランの、プレミアムフライデーバージョン

P1050401

P1050399

 

P1050414

フリーブルプランについては、こちらで詳しく書かせていただきましたが、普段でもかなりお得なんですが、プレミアムフライデーはさらにお得なんです!!

カクテルも飲み放題、美味しいおつまみ(おつまみの域は超えてましたが)もお替わり自由な、大人ののん兵衛のためのフリーブルプラン、こちらも要チェックですよ^0^

 

 

さっぽろテレビ塔でモエに萌え萌え★第68回さっぽろ雪まつり

第68回さっぽろ雪まつり、つどーむ会場は2月1日(水)から始まっていましたが、2月6日(月)から大通会場とすすきの会場もスタート!!

日中はプラスの気温で雪も降っておらず、見学に絶好のお天気ということで早速足を運んできました!

西1丁目会場から西11丁目まで、久し振りに隈なく回ったので、色々紹介したい画像はあるのですが、個人的に一番楽しみにしていた、アニバーサリースカイテラスを真っ先にご紹介!!

P1040541

普段は立ち入ることのできない、3階屋上

そこに雪まつり期間中のみ、スカイテラスが登場したのです!

【校了】A4チラシ0001 P1040550

しかもそこで、モエ エ シャンドンが飲めちゃうんです^0^

P1040524

まず1階のチケット売り場でチケットを購入

チケットは、シャンパンorホットワイン付き1500円、ソフトドリンク付き700円で販売中

そのチケットを持って、3階までエレベーターで上がります

ちなみに雪まつり時期は、展望台に上がるためのチケット売り場が非常に混んでおりまして、エレベーターの列と重なって見えるため、スカイテラスに行かれる方は、係の方に誘導していただくと、スムーズに上がることができます。

P1040543 P1040535

屋上に出ると、左側にこちらの入り口がありまして、その中でシャンパンをオーダーする形です

生チョコやナッツなどのおつまみもありました。

P1040538 P1040539

その建物の中には暖房もあり、ココで飲むこともできるので多少、雪が降っている時も安心です^^

が、悪天候の場合は中止することもあります。。

 

P1040533

今日は風もなく、テラスに上がってもあまり寒くなかったので、外に出てこの景色を眺めながら飲んでも美味しくいただけました^0^

この時点で、17時ちょっとすぎ

少し経つと、大倉山方面が暗くかすんで行きます

もっと暗くなるとまた、キラキラ感が増して美しい光景になるんだろうなぁ^^

P1040547

 

 

P1040545

と、テラスから真上を見上げた図

これがまた、美しい。。。

まさに、この期間しか見られない光景!!

気になった方はこの機会にぜひっ^^

 

P1040527

ちなみに1階にはこのようなブースがありまして、こちらでもモエを味わうことができます^^

それにしても、いちいちカッコいい・・・
スタッフの衣装なんて、全身白ですよ!!(イケメンじゃないと務まりません。。。^0^;)

P1040529

そして、YOSHIMI監修の食事も楽しめるようです

 

 

ちなみに3階テラスは子どもの入場料は無料(もちろん保護者同伴で)

P1040548

テラスから見える景色に大満足だったようで、ペンギンのポーズもノリノリでやってくれました(笑)

アニバーサリースカイテラスは2月12日(日)の11:00~21:00まで営業中※ただし11日・12日は16:00まで

 

pageTop