札幌100マイル

札幌100マイル編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『日本酒』カテゴリーの投稿一覧

層雲峡温泉で見つけた美味しいモノと、大人も大はしゃぎなアイスパビリオン

コチラからの続きです!

P1170175

氷瀑まつりの取材のあと、上川の美味しいモノを食べたい!と思い、層雲峡観光協会の中島さんから教えていただいた、【ビアグリル キャニオン】へ

P1170155P1170158

層雲峡温泉街の仲通りの、黒岳温泉の入っている建物の1階にあります。

P1170162

層雲峡温泉でイタリアン

なんとなくイメージがなかったのですが、メニューを見ると地元の食材を積極的に使用していて、どれも気になってしまい、かなり迷ってしまいました^0^;

P1170152

P1170151

 

P1170165

こちらは層雲峡渓谷照焼ハンバーグ

かなり高さのあるハンバーグ!

ナイフを入れるとすごく柔らかくてジューシー!!

香ばしい玉ねぎの香りが食欲をそそりますっ

添えられているジャガイモも美味しくて大満足^0^

 

P1170171

エゾ鹿と愛別産舞茸のストロガノフ風

驚きのボリューム!

エゾ鹿がゴロゴロ入っていました~~

そのエゾ鹿が全く臭みがなくて美味しいのですっ

期待以上の1皿♪♪

P1170163

セットのパンプキンオニオンスープとサラダもちゃんと美味しいので、満足度は上がる一方です^0^

 

P1170169

渓谷味豚のラグーのスパゲッティ

これもまた、ボリュームがすごい!!

小1の息子がかなりお気に召したようで、ハンバーグも含めてすごい勢いで食べていました^0^;

時間があったら食後にひとっ風呂浴びていきたかったのですが、残念ながらその時間はなく、次の目的地へ・・・

 

P1170186

と、今、層雲峡にいるとSNSにアップしたところ、上川大雪酒造の上川町内でしか買えないお酒があるとの情報が入り、どこで入手できるか、またまた層雲峡観光協会の中島さんに相談

ちなみに写真の上川大雪酒造では現在は直売はしていないのですが、今年の秋までには直売所が出来る予定

 

P1170179

でもって、噂の“神川”は、地元のセブンイレブンで無事に購入することが出来ました!!

このセブンイレブン、国立公園内ということで、景観に配慮しているんです。

黒岳ロープウェイの近くにあるセイコーマートも、ここのセブンイレブンと同じ色合いなんです(なので、見落とします^^;)

 

そして、次の目的地に浮かう途中、このお酒を醸造されている、川端杜氏にもご挨拶することが出来ました!

P1170182

忙しいときに突然訪れたのに、記念撮影にお付き合いいただき、感謝です!!

ちなみに先日、神川 純米初しぼり生と飲み比べする機会に恵まれたのですが、まったく違うタイプだけどどちらもワタシ好みで幸せな飲み比べが出来ました^^

 

そして、今回の取材のもう一つの目的地はコチラ!

P1170242

氷の美術館・アイスパビリオンです!

真夏でも-41℃を体験できる、体験型美術館

コチラも大昔に来たことがあるけど、旭川紋別道が出来てからは通らなくなってしまったこともあり、すっかりご無沙汰しておりました。。

年の瀬でも観光バスが何台も止まっていて、インバウンドのお客様がたくさんいらっしゃってました!

アイスパビリオンに入る前に、ちょっとしたパフォーマンス

P1170195P1170204P1170197

半分外の空間なのですが、ちゃんと椅子をストーブで温めているおもてなしに、ちょっと驚く

その後、中へ

P1170203 P1170207

数年前にリニューアルしたそうで、昔とは雰囲気が違う

P1170205P1170220

最初に濡れたおしぼりを渡されるのですが、途中ですごい形のまま固まっていました!

そしてお約束のバナナで釘!

王道だけど、逆に子供には大ウケでした^0^

P1170213 P1170214

こちらはー41℃の部屋

ボタンを押すと一気に冷気が・・・

どちらかというと、真夏にやりたいかも^0^;

P1170215

ダイヤモンドダストやクリオネも見れます^^

P1170225P1170226

寒さに耐えられなくなった時は、ほっとステーションという休憩室もあり、安心

メガネの方には嬉しい気遣いもあり!

 

P1170229

最後にはあったかいお茶と、なぜかしるこサンド!

それにしてもお茶が美味しかった~~^0^

 

そして最後のお楽しみがこちら!

P1170232

“自称・日本一のそり遊び・スノースライダー”

P1170235

P1170236

 

何だろう、ものすごい急斜面ではないのに、すごくスピードを感じ、コースがコンパクトなだけに恐怖も感じます!

滑る前は、子供だましでしょ~と思っていたけど、つい“キャ~~~~”と、黄色い声をあげてしまい、これから入場する方々も興味津々でこちらを見ておりました(笑)

1月にはコースがもう少し長くなるようなので、氷瀑まつり本番時には、ぜひ立ち寄ってみてください^0^

ほかにも氷瀑まつり会場周辺で、様々な冬のアクティビティが楽しめるようですよ!

詳しくはこちらをチェック

 

 

層雲峡温泉・氷瀑まつりの制作現場へ!!

少し遅いご挨拶となってしまいましたが、新年あけましておめでとうございます。

2018年も、どうぞよろしくお願い致します。

 

さて、2018年最初の投稿は、年末に日帰りで取材をしてきました、上川町・層雲峡温泉の河川敷で1月25日(木)から行われます、【氷瀑まつり】の制作現場レポです^0^

18de900c18e1b1e34148c2c6c9af9e5d1

今年で43回目となる、氷瀑まつり

北海道民なら一度は聞いたことのあるイベントかと思います。

ワタシも20年以上前に一度行ったことがありますが、あまりの寒さに一瞬で頬が凍傷のような症状になった記憶が・・・^0^;

ただ、その幻想的な美しさには心底感動しました^^

その時は、すごいなぁ~、キレイだなぁと思うだけで、どうやって作っているのかはあまり考えたこともなく。。

なので、今回の取材で初めて分かったことがたくさんありました!!

P1170098

今年は北海道命名150年ということで、テーマを“北海道”として、氷像を製作しているそうです。

上記がメインの“旧北海道庁”

P1170150

※制作現場に貼ってあった、全体像のイラスト

 

P1170103 P1170105

ヘルメットをかぶって、特別に制作中の氷像の中へ

ものすごく幻想的!まさに、アナ雪の世界!!

P1170104

氷瀑まつりの製作は、夏前には全体のデザインの構想、そして9月ごろから骨組みを立てているそうです。

P1170097

今回案内してくれた、層雲峡観光協会の中島さん。

この場所は国立公園ということもあり、許可を申請するのにも様々な手続きが必要で、ほぼ1年中氷瀑まつりにかかわっているんだとか。。

P1170101

製作は自然任せなので、気温が高かったり、風が強かったり、雪が降り積もったりすると、思うように進まないことも。。

P1170111 P1170112

まさに成形されている最中のつらら

風が強いとバナナのように湾曲することもあるんだとか!

P1170127

実はこのブルーの色合いは、まさに今が一番キレイなんだそうです!

というのも、イベントが始まってしまうと水かけはストップしてしまうので、徐々に透明度は失われてしまうわけです。

そして危険なつららはすべて排除してしまうので、このものすごい量のつららは、逆にこの時期だけの表情なのです!

P1170124

 

ちなみにこのホースから出ている霧状の水は、どこの水か考えたことってありますか?

P1170148

河川敷なので、当然のように川の水をくみ上げて使用しているのかと思いきや、わざわざ掘って地下水を使用してるそうです!

P1170109

というのも、やはりよりキレイな水の方がブルーの色合いも美しくなるようで、温泉でもあるこの地区は川の水をそのままかけてしまうと、どうしても濁った氷になってしまうそうです。

水も豊富で寒い場所だから、簡単に作れるのかと勝手に思い込んでおりましたが、ものすごく大変な作業の中で製作していることを知って、改めて43回も続けていることに感服致しました!!

 

ちなみに会場内には、アイスクライミングが出来る氷壁や、地元のお酒が飲める北の氷酒場、そして神社なども出現するそうです!

P1170110

P1170135

神社の内部から入口を写した図

氷なのに藁ぶきの屋根っぽい質感!!

 

P1170139

ここはチューブ滑りの会場になる予定

P1170144

この日は冬休み中の息子を連れて行ったのですが、特別に作業で使用するソリに載せてもらって、かなりご満悦な様子

 

P1170133 P1170120

札幌の中心部のマンション育ちな息子にしてみたら、こんな大きなつららを見ることなんて、そう多くはないのでかなり盛り上がっていました

本番が始まったら、もう一度連れてきてあげたいなぁ

 

 

一通り取材が終わったら、お腹がぐ~っと鳴りました^0^;

そういえば、お昼をまだ食べていませんでした!

ということで、層雲峡観光協会の中島さんにオススメしていただいたお店へ向かいました!

・・・つづく

 

 

 

2017年新店探訪収めは【羊と中華 ヤンボウ】

気が付けば2017年、最後の日となってしまいました。。

引きこもって原稿作成(詳細は後日)していた時期もあったので、12月はネタが少なめでしたが、先日ススキノ飲み&新店探訪収めでお邪魔した、【羊と中華 ヤンボウ】で締めたいと思います!

010a03a57ee6143e082fbbe5b1961a8b4ef010a4dd  01372774e91659af59f8c40c7d1f4eedb1103e35d7

場所は中央区南4西1、M’s仲町などがある仲通り、“食べごとや ござる”の2階になります。

階段に招き猫、そして“羊と中華 ヤンボウ”の小さな看板

あれ?ココの上って“またたび餃子”だよね?

P1160996

ドアを開けると、厨房を囲んだカウンター、手前にも向かい合わせで座れるカウンタータイプの席

そしてその奥には、“またたび餃子”の入り口が!

なんと、またたび餃子に行く通路も、“羊と中華 ヤンボウ”の一部でした

と、“羊と中華 ヤンボウ”は、オガグループの新店になります^^(なので、このビルに入っているすべてのお店がグループ店)

 

まずは最初の1杯をオーダーします

P1160997 P1170017

さすが、ドリンクメニューからして気になるモノばかり!

流行りのレモンサワーもこんなラインナップ!

P1160999 P1170001

ということで、ワタシは辛いレモンサワーを^^

唐辛子がインスタ映えします(笑)

辛味はそれほどきついわけではなく、風味としていい塩梅♪

ちなみに横は塩レモンサワー

オジサマは赤星の大瓶があると、必ずテンションが上がる気がします(笑)

P1170014P1170003

ちなみにこちらの徳利は古酒の燗酒ではありません

米焼酎+ジャスミン茶割のお燗なんです!

やるなぁ~

お通しは落花生。ちゃんと中華バージョンの味付け

P1170007

シュウマイは、スタンダードとドライトマトバージョンを

といっても羊肉がベースなので、いつものシュウマイとは一味違います!羊肉好きはかなりハマる味わい!

ちょっと羊が苦手な友人、ドライトマトバージョンはお気に召したようです^^

P1170011

 

P1170010

のん兵衛シリーズ!ラムのたたきにガツの葱塩!!

P1170008

と、もちろん羊肉以外のメニューもあります^^

P1170005

じゃがいもの冷菜

そして一同悶絶だったのが、真たちの老酒漬け!

P1170012

何とも言えないねっとり感にうっとり!!!!

この界隈にまた1軒、ふらりと行きたくなるお店が増えちゃったなぁ~^0^;

 

オープンして間もないのと年の瀬ということで、この日は当然のように満席でしたが、年が明けても予約を入れてから行くことをお勧めします!!

 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

2017年も【オサナイミカのつぶやき】を読んでいただきありがとうございました!!

2018年も多くの皆様に知ってもらえたら嬉しいと思う、“美味しいモノ・楽しいコト”をお伝えしていきたいです^^

良いお年をお迎えください。    オサナイミカ

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

 

 

酔うに酔えない、語る日本酒の会Byア・トン・コテ

編集長ブログがちゃんと更新できず、“師走”ということをヒシヒシと感じております。。

月並みですが、1日が、1ヶ月が、そして1年が早すぎる~~!!

 

いつも時間に追われている身ではありますが、そんな時こそ自分と向き合える時間ってすごく大事だと思うのです。

そんな時、タイミングよくそういう時間を堪能できる飲み会がありました!

その時の備忘録・・・

 

テーマは『発想と孤独の間に潜むケダモノ』

P1150779

年に一、二回くらいの割合で、小林酒造の専務・小林精志さんがテーマ&メンバーを決め、小林酒造の酒を味わいつつ、じっくり語り合う会です。

語る会ということで、「言葉」を仕事にしている方々が集まります。

いつも必ず新しいメンバーが一人はいらっしゃいまして、今回はグラフィックデザイナーの岡田善敬さんが初参戦。

P1160665 P1150784

この、「オバケ!ホント?」のデザイン、札幌の方にはかなりなじみがあるのではないでしょうか?

私も、ビッセスイーツでオバケ!ホント?のスイーツ食べたことがあります^^

写真のネクタイは、実はペーパーで出来ていて、思い付いたことがメモ出来るネクタイなんです^0^

100点のクリアファイルは非売品のようですが、子どもの宿題を全部100点にしちゃう優れもの(笑)

そして岡田さんは、小林酒造のラベルデザインを手掛けているのです。

P1150773

ちなみにこちらのラベル、光に透かすと雪が舞っているようなデザインになっています!

デザインの仕事って、相手の言葉から要望をくみ取って、満足のいくデザインに起こしていくわけですが、言葉ってとらえ方ひとつで全然違う風にも伝わってしまうわけで、特にデザインとなると正解・不正解がないだけに、相性もかなり大事になってくると思うのです。

岡田さん、最初に小林酒造から依頼があったときは日本酒にそれほど興味があったわけではなかったようです。

最初の写真の一番左側のラベルなんて、流通にはかなり不向きなラベルで、普通はあまり思いつかないかも。。でもそれを採用してしまう小林酒造のセンスもすごいなと思ったり(笑)

そう考えると、相思相愛の関係なのかなって納得したのでした^^

 

と、今回の会場は、ア トン コテ のブラッスリースペースで、プルコアの久保田シェフのフレンチを堪能しました^^

P1150759

事前に趣旨を説明し、日本酒は持ち込ませていただきました。

フレンチではあるけれど、1皿・1皿が日本酒を意識した味付けで、マリアージュが素晴らしかった!!

P1150762

P1150765

食べる前は何か全然分からなかった1品。。。

なんと、サバと南瓜でした!

P1150767

P1150771

お魚の下には黒豆!

P1150777

アトンコテはブーランジェ。お皿の手前にある白いソースは、麦芽のソース!これがものすごく美味しかった~♪

さすが、久保田シェフ^0^

P1150782

ドルチェまで完璧でした^0^

奥のプルコアパで味わう時とはまた違って、肩ひじ張らずに楽しめつつも、しっかり美味しいフレンチ(しかも今回は日本酒で!!)が楽しめる、理想的な空間でした^^

 

ちなみに今回のテーマ、 『発想と孤独の間に潜むケダモノ』

~日常生活が無意識に近い発想の連続でつむがれているくせに、人生を彩る意識的な発想となると、そこに焦点が合わずに私達は苦しんでいます。

喩えるなら自分の中の住人『発想のケダモノ』がなかなか起きてくれない時に不意に寂しかったり、心が闇に覆われたり、そんな感覚に陥るのかも知れません。

では、どうしたら私達は『孤独の間に潜む発想のケダモノ』が、暴れすぎず、ちゃんと言うことを聞いてくれるようにムチを振ることができるのでしょうか?

もしかして人生の輝きとは『孤独のクオリティ』が大きく関与しているのでしょうか?
そして自分と発想のケダモノの良質な関係とは、いったい何なのでしょうか?

答えのないことに、8人が全力で言葉のアプローチをしてみる会~

 

こんなメールが事前に送られてくるわけです。

もうですね、 考えれば考えるほど同意見していいか分からなくなります。なので、いつも心の準備はするものの、後はその場の雰囲気で答えます。

というのも、その場にいる8人の意見を聞いていると、どんどん言葉が浮かんできちゃうのです!

これぞ、言葉を生業にしている人々の化学反応!!

そんなわけで毎回頭がフル回転して、飲んでも酔うに酔えない(笑)

今回の孤独についての見解は、本当に面白かったなぁ~

考えてみれば、学生時代は女子特有の仲間意識の中での生活に、どこか違和感を感じつつも、つるんでいた方が何かと楽という感覚、そして一人でいるのがなんだか恥ずかしい・・・と感じたりすることもあったけど、いつからか、一人の方が楽!今日は一人でいたい!!一人を楽しめるのってかっこいい!!と、孤独を楽しめるようなったら一人前と思うようにもなり、そして孤独とは何か。。。と語る自分がいる。

今回のメンバーは、やはり孤独って寂しいことではないと、自立した大人たちばかりだったので、このテーマで若い世代の子たちと対話してみたいなぁと、思ったのでした^^

 

P1150796

そして2次会へ・・・

この辺りに来ると、緊張の糸がほぐれて、最後は気持ちよ~くなっちゃうんです(笑)

アルコールがあるからこそ、語れることもある

今回もいい刺激がもらえました!!

 

ゆめぴりかの握り~すし屋の根がみ

先日アップした、ゆめぴりかコンテスト2017の前日、【すし屋の根がみ】で懇親会が行われました。

P1150316

以前、取材でお邪魔させていただいた以来かも。。。

P1150317P1150319

10名越えだったので、個室でいただきました。

P1150322P1150325

初対面の方々ばかりなのに、最初の一杯から酒をオーダーしてしまい、ある意味インパクトを与えてしまいました^^;

が、やはり寿司には日本酒がイイ。

もちろん、道産酒(国稀)を選びました

菜の花のお浸しにツブ貝

P1150324

そしてお刺身盛り合わせ!

見るからに美味しそう~~

懇親会ってどうしても、一番最初に箸をつけることをためらいがちですが、こんなに美味しそうなお刺身を、乾燥してから食べるわけにいかない!!と、真っ先に箸をつけました^^;

いやぁ、サバ、とろける美味しさだったなぁ。。

北寄も今まで食べた中で一番美味しく感じました。何が違うと言われると説明できないのですが^^;

P1150327

あん肝にタチ!!

P1150330

日本酒を飲む仲間も増えて、十一州や二世古などをいただきました^^

P1150331

ここでクジラベーコンですか!

やっぱりもう、日本酒以外考えられませんっ^0^

皆さん酔いも回り始め、かなりの盛り上がりに・・・

P1150335

と、ここで握りの登場です!

何とししゃももあります~~

P1150338

お刺身同様、鮨も握りたてを食べなくては大将に失礼!と、他のメンバーにも声をかけ、盛り上がっている中でも箸を止めずにいただきました^^

 

P1150341P1150339

今回の会場がなぜ、すし屋の根がみさんだったのかと言いますと、シャリにゆめぴりかを使用しているお店だからなのです!

ゆめぴりかを寿司飯にするなんて、普通の人は多分あまりやらないんではないかと思います。

根上さん曰く、最初から使えないと思ってしまったらそれまで。どうしたら使えるかを試してみたら、美味しく出来たんです、とのこと。

確かに、ゆめぴりかの特徴であるモッチリ感が前面に出ず、パラッした食感が楽しめる握りでした!!

根上さんの北海道愛と探求心に、すっかり心奪われてしまいました

♪今度はゆっくり、カウンターでいただきたいな^^

 

 

 

pageTop