札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『初体験』カテゴリーの投稿一覧

12月12日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~澄川麦酒醸造所/ビアパブ・ひらら

12月12日(水)の北海道新聞夕刊【ほっと一息】で紹介したのは、澄川麦酒醸造所/ビアパブ・ひらら

P1320815

地下鉄澄川駅からは徒歩3分くらいですが、住宅街の、しかも道路から奥まった建物にあるので、かなり目立ちません!

実は以前、まだ“ばぁる ひらら”だったころにこちらでも紹介しているのですが、2年前にこちらの物件を借りることになりました。

というのも、ビール好きが高じて、どうしても自分で作ってみたくなり、なんと醸造免許を取ってしまったのです!!

P1320811

こうしてみると、最近流行りのビアパブのようですが、実はこの壁の向こうでビールを醸造しているんです!!

P1310623

醸造する日を事前に伺いまして、ビール造りを見学させてもらいました!

あれ?思ったより普通の厨房・・・ラーメン屋さんみたい?

P1320739

『ラーメン屋という表現は間違っていないですよ、この寸胴もガスコンロもまさにラーメン店で使用しているものですから』と、オーナーブルワーの齋藤 泰洋氏

P1320700

 

P1320703

ちなみに麦芽を麦汁にする作業中でした

暫くの間、かくはんしなくてはいけないそうです。

P1320728P1320729

麦芽(ドイツ産)は冷蔵庫で保管されていました。色が濃いのはローストしてある麦芽

P1320733

少しつまませてもらいましたが、これがまた、美味しいのです!ビールのアテになると思う(笑)

 

さて、しばらくかくはんして麦汁が出来上がりました

P1320713 P1320725 P1320726

最初はかなり濁っています

ココで漬物をつけるときに使う落し蓋が登場!

なんと、これでろ過してます!!

「お金がないから、いかにお金をかけず、そして身近にあるものをどう使うかがポイントなんですよ」

いやぁ、、、感心しきり

 

P1320755 P1320736

ろ過した後、ビールの“苦み”の元、ホップを投入します

アメリカ・ドイツ・イギリス・チェコなどのホップを組み合わせているそうです

P1320762P1320764

だんだんビールらしくなってきました^^

この辺りで、ガサガサとビニール袋を出し始める齋藤さん

P1320765 P1320708

「ビールは漬物袋に入れて、この冷蔵庫で発酵させるんですよ」

え?また、漬物用品??

しかも、このホームセンターに売っていそうな置き型冷蔵庫が醸造タンクになるんですか???

P1320767P1320770P1320771

頭の中がクエスチョンマークだらけになり始めたころ、酵母を漬物袋の中に投入。ここで雑菌が入ってしまうと酵母が死んでしまうこともあるので、特に慎重に行っていました

 

その後、もう1種類の香りの高いホップを投入し、今回はゆずの皮と果汁も投入

P1320774 P1320776

P1320778P1320780

いやぁ、香りだけで癒されます~~

このぐつぐつ煮立った100℃近い液体を、少し冷ましてから漬物袋に入れるわけですが、手作りのホースがまた、すごかった!

P1320783

P1320743P1320779

ホースの中にはエアコンなどに使用されている銅管が入っていて、ここにビールを流し、ホースに流すわけです

P1320785P1320781

水はビールの熱を取ってお湯になるわけですが、これを洗いものに使用するという、無駄のない設計!!

P1320787 P1320789

ちなみにこの鉄板は寸胴の底に敷いているものですが、もちろん手作りです~

P1320791

こうして発酵タンクならぬ、漬物袋をセットした冷蔵庫にビールを入れていきます

P1320795  P1320796

齋藤さん曰く、この揉みこみも大事な作業なんだとか。。

しかし、どう見てもビールの仕込みに見えません(笑)

P1320748 P1320746

ちなみに冷蔵庫の中には、冷たくなり過ぎないようヒーターが付いています

これが、“亀ヒーター”とのこと!

液体にも強いし、よくぞ思いついたものです!!

こうして醸造タンクならぬ漬物袋+冷蔵庫にビールを貯蔵し、出来上がったものは銅管に医療用ポンプを繋げてくみ上げ、樽へ

業務用冷蔵庫に穴をあけ、壁の向こう側のタップにつながっているわけです^^

P1320742

実はこちらの設備、お手本になった醸造所があるのだそうです

島根にある石見麦酒

齋藤さんが師匠と慕っている石見麦酒の山口夫妻に出会い、これなら自分でもビールが造れるかも!と、想ったそうです^^

 

P1320714

2017年4月に醸造を始めて、11月30日の時点でNo,76 にまでなった澄川麦酒

大きな失敗は特になく、少量だからこそ様々な味わいにチャレンジしているそうで、本当に楽しんで取り組んでいるんだなと思いました^^

P1320804

ちなみにこちらは、専用グラス(450ml)

販売もしていますよ!

P1310631

個人的にはSサイズを一度にオーダーして、飲み比べるのがオススメ♪

これだと味の違いがよくわかるし、自分の好みの味が明確になります!

P1310626

ちなみに料理メニューは日替わりで、サクッとつまめるものから、お腹を満たしてくれるものまで揃っているので、いろんな使い方ができます^^(最後の1時間はビールだけの提供となります)

 

P1310634

女性一人でも気軽に入れるところもイイ感じ♪(深海晶になった気分で飲めます・笑)

 

P1320753

とりあえず試してみたい!という方にお勧めな、ハッピーアワーや、月一お客様感謝デーなんかもやってます^^

個人的には、中心部にサテライト店ができてくれることを期待しています!

 

 

NIKI Hillsヴィレッジ初のメーカーズディナーへ

気が付けば1ヶ月も経っていましたが、11月2日(金)仁木町にありますNIKI Hillsヴィレッジで行われた、meli melo×KOYAMA WINES×NIKI Hillsヴィレッジ “一夜限りのスペシャルディナー” に参加してきました!

P1310399

というのも、こちらの模様を12月5日(水)に発売になりました、【WINE-WHAT!?】で紹介させていただくための“取材”というお仕事の一環です^^

45844-WINE-WHAT26_H1

ちなみに19ページに掲載されています♪

P1310315

ですが、今思い出してもウットリしてしまうほど、スペシャルな内容でした!

ちなみにNIKI Hillsヴィレッジは2019年7月にグランドオープンする予定なので、本当に一夜限りなディナーだったわけです。

 

NIKI HillsヴィレッジまではJRで向かいました。

01fb823ce833d38ef38ff666a77136ce23098d968e 01373adad6e89e99d5d44e23731178b4555116c27d

小樽で倶知安行き(一両編成!)へ乗り換えて晩秋の景色を眺めながらの電車旅

生まれた時から北海道に住んでいながら、仁木駅で降りたのは初めてでした^^;

送迎バスに乗り込んで、NIKI Hillsヴィレッジへ!

P1310246

6月にも取材に来たので、季節の移り変わりを実感します^^

P1310236

ディナーの前に、ただいま絶賛造成中のナチュラルガーデンを、ヘッドガーデナーである福森氏のガイド付きで見学させていただきました^^

NIKI Hillsヴィレッジは、たくさんの方にこの場所に集まってもらいたいとう思いから、ワインを飲まない方にも楽しんでいただけるような空間造りをコンセプトにしています^^

ちなみに福森氏の後ろにある砂利道が、駐車場からレストラン棟へ向かうメインストリートになるのですが、その脇にはリンゴの苗木が植えられました。

数年後には、仁木町の名産品でもあるリンゴのアーチでお出迎えしてくれるとのことです^^

P1310242

この石壁は、一つ一つ積み上げて造ったそうです!!

P1310247

この池は、駐車場からは見えないのですが、ここから眺めて初めて目に飛び込むような作りになっているそうです。

P1310248

池に映り込む仁木町の美しい空が、景色に一部になっていました^0^

P131023901aa5db62ae7b098fa3dfb605508893c9d694e99b6

晩秋ですので、ほとんどの花は枯れていましたが、この寒空の下でも元気な草花も^^

P1310251P1310253

こちらは“ハンカチの木”

ガーデンのシンボルツリーなんだそうです^^

 

P1310262

ガーデンの見学が終わったのち、レストラン&宿泊棟へ

P1310259

ちなみにまだまだ建設中な感じです

P1310263

そうそう、この壁の素材は、ワインのコルクを加工したものなんだそうです!!

P131026501e81787c4dc297737d11c7db332bda28fbe5c1f6f

少々冷えましたので、こちらでコーヒーブレイク

P1310271

窓から見える仁木町と葡萄畑、そして空に癒されまくり・・・

P1310269

P1310268

 

一休みしたところで、醸造所の見学へ

P1310283

醸造家である麿さんが案内してくれました^^

いい香り~~~♪

樽に詰められたケルナーが、コポコポと元気に発酵していました^^

P1310290

P1310282

樽熟成中の赤ワイン

P1310301 P1310303

数年前まで、まったくワインとは関係のない仕事をしていたとは思えない・・・

P1310279

ちなみに地下にはこのようなスペースもありまして、将来的にはココでもワインを楽しめるようにする予定なんだそうです^^

 

P1310310

気が付けば外は暮れ始めていました

P1310313

ディナーの準備も着々と・・・

P1310327

グラスの準備も着々と・・・お腹が鳴ってのどが渇き始めてきました^0^;

P1310331

最初に、今宵のディナーを用意してくれた、札幌のフレンチの名店・meli meloの佐藤シェフがあいさつしたのちに厨房へ

そして、ニュージーランドでワインづくりを行っている日本人醸造家の小山氏(KOYAMA WINES)も、本日のワインについて説明

P1310337

乾杯はKOYAMA WINESのリースリングスパークリング

P1310341

アミューズに、NIKI Hillsヴィレッジの葡萄で作ったコンフィチュールのタルト

酸味が食欲を掻き立てます!

P1310343P1310342

 

P1310347

ゆり根 ホッキ ハマグリ

見た目は非常にシンプルなのに、旨みの主張が半端ない!

そして一つ一つの素材の味も楽しめるのに、ちゃんと一つの味わいにまとまっている・・・

思わずうなってしまった・・・

P1310344P1310352

ワインは飲み干さなくとも、新しいグラスで次々出してくれるので、色々な組み合わせでペアリングを楽しめるのが、とても贅沢でした^^

そして、造り手がそれぞれのワインを説明してくれます^^

P1310353P1310355

 

P1310358

バターナッツカボチャ フォアグラ 青りんご

P1310359

ワタシはアレルギーでリンゴが食べられないので事前に抜いてもらいましたが、味のバランスはまったく問題なく、というかまさにワインのためのモンブラン!というの味わいに、一口でやられてしまいました・・・

P1310365

ホタテ 真だち 根セロリ

P1310367

どの素材も何度も食べているのに、今までで一番おいしい状態で味わったといっても過言ではないほど、素材の味わいが生きていました・・・

P1310360

同席された皆様から賞賛を受けていた、パンの横に添えられていたハーブバター

そういうところにも、妥協がない

P1310373

鮮魚 ホウズキ ハーブフラワー

う、美しい!!!!!そして美味しいっ

ホウズキのソースがワインとのペアリングを確実なものに仕上げてくれているような、とても存在感のあるソースでした

 

P1310383

白老牛 レッドキャベツ 赤ワイン

まさに、赤ワインのための1皿

P1310379

だんだんワインもきつくなってきたかなぁと、一瞬でも思った自分にツッコミを入れたほど、ワインがスルスルと進みました

 

P1310387

お口直しのシャーベットはNIKI Hillsのナイアガラを使用

甘い香りに癒されました~

 

P1310392

マロン ショコラ カシス

デザートもまた、ワインが進む味わいでした><

 

P1310351

ワインに寄り添った料理を提供したと佐藤シェフが語ってくれましたが、まさにその通りの1皿ばかりでした・・・

 

P1310402

今回いただいた10種類のワインたち

普段なかなか飲むことができないワインと、この日のために札幌から駆け付けた佐藤シェフの料理、

初めてのメーカーズディナーは、贅沢すぎるほどの最高の一夜となりました

 

グランドオープン後はどのような形態になるかまだ分かりませんが、次回は宿泊もして、朝もやの葡萄畑を眺めながらモーニングをいただいてみたいデス!!

 

ヘルシーDoの可能性を探る勉強会 in ミチノイエ

何度かブログ内でも紹介してきた【ヘルシーDo

ヘルシーDo_a VIマニュアルol20108429_123530174925012_4368528812495669311_n

今まで美人ランチでも、ヘルシーDo認定商品のオリゴノールを使用したお料理をいただいておりますが、今回、食や美容&健康に意識の高い女性陣に集まっていただき、ヘルシーDoの可能性について意見交換をする会を開催しました。

 

会場は、丸井今井大通館10階にある【北海道ダイニング ミチノイエ】

まずは北海道庁の担当者から、ヘルシーDoについての説明

P1320545

その後、商品を開発&販売している、(株)アミノアップ(株)北海道バイオインダストリー日本清酒(株)の担当者から、商品について説明していただきました。

0108f24438436a51a8e75e46ecddb3508cc8eaa3cb  01735457b7fe49b0d676ac50dda1ad6a4f46e5ef7c

北海道認定の機能性食品は効能を記載できないので、何に効くかがいまいちわからないという方がほとんど。。

なので直接説明を聞けると一例とかもうかがうことができて、ワタシ含め、皆さまかなり真剣に聞き入ってました

頭の中に知識が詰まってきたころ、お腹がぐ~ぐ~なってきました^0^;

今回は事前にミチノイエの料理長にヘルシーDo認定商品を紹介し、気になった商品を使用したメニューを用意してもらいました!

まずは一皿目

P1320550

先付け【ヴィシソワーズ】

使用したのは、菊田食品のヘルシーDo‐Fu&井原水産の健康数の子

オリゴノール入りの豆腐は、普通の豆腐より食べ応えがあるので、スープにしても存在感がしっかりしていていい感じ!

そして、“コリッ”とアクセントになる数の子もイイ感じ♪

 

P1320553

前菜【サメカレイのカルパッチョ 冬野菜の甘麹マリネ】

日本清酒の甘こうじオリゴノールに、北海道バイオインダストリーの北海道のかぼちゃの種から搾ったオイル、そして岩田醸造の紅一点トマトの美養スープを使用

美養スープは粉末なのですが、こんな風にカルパッチョのソースにするとは、なかなか思いつきませんでした!

 

P1320554P1320558

【十勝若牛のチコリーしゃぶしゃぶの温製サラダ 北海道野菜と一人しゃぶしゃぶスタイル】

使用したのは、北海道バイオインダストリーのプレミアム北海道たまねぎドレッシングオリゴノールプラス

天心農場のチコリー(富良野産チコリー根焙煎粉末)

P1320560P1320557

チコリーをしゃぶしゃぶで使用するとは!!(ある意味、贅沢)

P1320565

野菜は、オリゴノール入りのドレッシングで食べるもよし、でもチコリーで温めてから食べるとより美味しくなったり♪

特に柿が甘くなるんですよ^0^

 

P1320567P1320569

【天然ブリのヨーグルトマリネ かずのこのベーニエ添え】

使用したのはは、フジッコのカスピ海ヨーグルトと井原水産の健康数の子

数の子のフライは、先日こちらにも記載いたしましたが、結構ハマります!

酒のアテにもピッタリです^^

それにしてもこのブリ!何とフワフワな食感!

個人的に大カップのヨーグルトは途中で食べ飽きてしまって困っていたので、これからは、料理に使うとします!!

P1320573

【どろ豚の甘麹マリネのローストポーク インカの目覚めのドゥフィノワ仕立て】

使用したのは、甘こうじオリゴノール

甘こうじって、こんなにもお肉が柔らかくなるんだ!!と、一同が驚く

インカの目覚めのほくあまさ加減にも、癒されまくり♪

 

P1320575P1320579

〆 【秋刀魚とマイタケご飯の釜めし チコリーの出汁茶漬け】

使用したのは、北海道きのこ生産総合研究所の北海道産まいたけ「華の舞」

このまいたけ、乾燥ものとは思えないほどプリップリでビックリしました!!

そして先ほどしゃぶしゃぶでも登場した、チコリー

半分はコチラの汁をかけてお茶漬けに♪

これがもう、ドはまりなオイシサ!

これなら普段から気軽に摂取できそう!

P1320582

デザート【栗甘露煮のパウンドケーキ】

使用したのは、北海道バイオインダストリーのリラックスメイド(青汁)

デザートまで用意いただけるとは・・・

そして、安眠効果もあるといわれているEATS(アスパラの茎の部分のエキス)入りの青汁を使用しているので、まさに〆にふさわしいパウンドケーキ♪

手土産用に販売してほしいくらい!

添えられていた、小豆クリームも美味しかったなぁ~♪

 

P1320563

期待以上のヘルシーDoフルコースに、手厳しい女性陣も大盛り上がりな夜となりました^^

モノによっては、入手しにくかったりする問題点も多々ありますが、日常の食事にこんな感じで取り入れて、病気知らずの元気な体で過ごせるなら良いなぁ~と思ったわけです^^

 

ちなにに次の日は化粧のノリがものすごく良かったです!!

 

ちなみに、12月10日(月)に、こんなイベントもありますよ!

181104194051-5bdeccb32d680

 

キャベツのシュークリームに悶絶!~札幌大球応援ランチ

大人の男性でも一人で持ち上げるのが大変な、【札幌大球~さっぽろたいきゅう】というキャベツを知ってますか?

たぶん昭和生まれの道産子なら、にしん漬けなどの漬物で一度はお世話になっていると思います。

今は生産量が少なくなってしまい、根強いファンの間で争奪戦になる希少なBIGキャベツ

title

その札幌大球をフルコースで味わえるランチを、数量限定で提供するというセンチュリーロイヤルホテル

しかも、デザートまでキャベツを使用しているとのことで、気になりすぎて足を運んでみました!

P1310058

23階のスカイレストラン ロンドでも提供していますが、今回は19階の日本料理 北乃路の“札幌大球応援ランチ”をいただきました♪

 

P1310031P1310034

温かいほうじ茶が運ばれてきたのちに、まずは秋のしつらえの茶わん蒸し

なんとこちらにも、札幌大球が!!

キャベツの入った茶わん蒸しは人生初かも・・・

繊維質がしっかりしているのでものすごく存在感がありますが、家庭で作るような茶わん蒸しと違って、だしの利いた上品な茶わん蒸しなので、見事に融合しているんです!

それにしてもキャベツって見た目以上に食べ応えがあり、茶わん蒸しだけで結構な満足感が^0^;

P1310036

札幌大球とサーモンのかき揚げ

ビックリするほど軽い食感!油っこさがまったくありません!!

サクサクと、スナック感覚で味わえます。こんぶ塩との相性が抜群です^^

P1310040

焼大球と鯖の塩焼き

見た目はかなり地味なんですが、この1皿で札幌大球の美味しさが伝わってみました!

同じく札幌の伝統野菜である札幌黄という玉ねぎも、火を入れると甘くなるのですが、札幌大球も火を入れた方が断然甘くなるそうで、その甘さがストレートに楽しめるわけです^0^

正直、鯖なしでキャベツのソテーだけでメインと言ってもいいくらい(笑)

こんなに食べられない~と思っていたのに、ムシャムシャ食べ続けてしまいました~

P1310043

札幌大球と季節野菜 道産豚肉肩ロースの豚丼 北乃路スタイル

もう、誰もが大好きな味!

一度食べたら止まらない、箸じゃなくてスプーンでがっつり口に運びたいヤツです!!

P1310047

豚の脂身、札幌大球の甘さはもちろんですが、ほかの野菜も美味しかった~

がしかし、ビックリするほどのボリュームで(この丼だけでも十分というほど)、一番気になっているデザートまでたどり着けないのではないかと心配になってきました・・・

 

P1310046

そしたらこちらの汁物、札幌大球と根菜いろいろ若鶏のもも肉の和風ポトフ仕立ても、驚きのボリューム!

ただ、美味しすぎてこちらも止まらない・・・

このスープ、毎日飲みたいっ!!

 

そしていよいよやってきました!!

P1310054

【札幌大球スペシャルシュー】

シュークリームの“シュー”はキャベツ!

ということで、このデザートを思いついたそうですが、真ん中の金粉の下にあるのはキャベツのコンフィチュール!

ゆずで味付けしているので、全体的にはゆず風味なのですが、シャキシャキ感がしっかりしているので、やっぱり存在感があります!!

コンフィチュールの甘さはかなり控えめ

ちょっと懐かしさを感じるカスタードと生クリームとの相性も抜群!

見た目も含め、個人的にパーフェクトなシュークリームでした^0^

ラウンジで、シューだけでも味わえるようにしてほしい!!と、懇願したのですが、やはり量産はできないようで・・・ちなみにデザートはスカイレストランロンドも共通です♪

 

【札幌大球応援ランチ】は、両店とも11月9日(金)までの予定ですが、食材が無くなり次第終了とのことなので、気になった方はお早めに!

そして北乃路はかなりのボリュームなので、もしお二人で行くなら、一人は【和・美人ランチ】をオーダーして、シェアして食べるのがオススメかも!!

 

 

 

 

層雲峡温泉・氷瀑まつりの制作現場へ!!

少し遅いご挨拶となってしまいましたが、新年あけましておめでとうございます。

2018年も、どうぞよろしくお願い致します。

 

さて、2018年最初の投稿は、年末に日帰りで取材をしてきました、上川町・層雲峡温泉の河川敷で1月25日(木)から行われます、【氷瀑まつり】の制作現場レポです^0^

18de900c18e1b1e34148c2c6c9af9e5d1

今年で43回目となる、氷瀑まつり

北海道民なら一度は聞いたことのあるイベントかと思います。

ワタシも20年以上前に一度行ったことがありますが、あまりの寒さに一瞬で頬が凍傷のような症状になった記憶が・・・^0^;

ただ、その幻想的な美しさには心底感動しました^^

その時は、すごいなぁ~、キレイだなぁと思うだけで、どうやって作っているのかはあまり考えたこともなく。。

なので、今回の取材で初めて分かったことがたくさんありました!!

P1170098

今年は北海道命名150年ということで、テーマを“北海道”として、氷像を製作しているそうです。

上記がメインの“旧北海道庁”

P1170150

※制作現場に貼ってあった、全体像のイラスト

 

P1170103 P1170105

ヘルメットをかぶって、特別に制作中の氷像の中へ

ものすごく幻想的!まさに、アナ雪の世界!!

P1170104

氷瀑まつりの製作は、夏前には全体のデザインの構想、そして9月ごろから骨組みを立てているそうです。

P1170097

今回案内してくれた、層雲峡観光協会の中島さん。

この場所は国立公園ということもあり、許可を申請するのにも様々な手続きが必要で、ほぼ1年中氷瀑まつりにかかわっているんだとか。。

P1170101

製作は自然任せなので、気温が高かったり、風が強かったり、雪が降り積もったりすると、思うように進まないことも。。

P1170111 P1170112

まさに成形されている最中のつらら

風が強いとバナナのように湾曲することもあるんだとか!

P1170127

実はこのブルーの色合いは、まさに今が一番キレイなんだそうです!

というのも、イベントが始まってしまうと水かけはストップしてしまうので、徐々に透明度は失われてしまうわけです。

そして危険なつららはすべて排除してしまうので、このものすごい量のつららは、逆にこの時期だけの表情なのです!

P1170124

 

ちなみにこのホースから出ている霧状の水は、どこの水か考えたことってありますか?

P1170148

河川敷なので、当然のように川の水をくみ上げて使用しているのかと思いきや、わざわざ掘って地下水を使用してるそうです!

P1170109

というのも、やはりよりキレイな水の方がブルーの色合いも美しくなるようで、温泉でもあるこの地区は川の水をそのままかけてしまうと、どうしても濁った氷になってしまうそうです。

水も豊富で寒い場所だから、簡単に作れるのかと勝手に思い込んでおりましたが、ものすごく大変な作業の中で製作していることを知って、改めて43回も続けていることに感服致しました!!

 

ちなみに会場内には、アイスクライミングが出来る氷壁や、地元のお酒が飲める北の氷酒場、そして神社なども出現するそうです!

P1170110

P1170135

神社の内部から入口を写した図

氷なのに藁ぶきの屋根っぽい質感!!

 

P1170139

ここはチューブ滑りの会場になる予定

P1170144

この日は冬休み中の息子を連れて行ったのですが、特別に作業で使用するソリに載せてもらって、かなりご満悦な様子

 

P1170133 P1170120

札幌の中心部のマンション育ちな息子にしてみたら、こんな大きなつららを見ることなんて、そう多くはないのでかなり盛り上がっていました

本番が始まったら、もう一度連れてきてあげたいなぁ

 

 

一通り取材が終わったら、お腹がぐ~っと鳴りました^0^;

そういえば、お昼をまだ食べていませんでした!

ということで、層雲峡観光協会の中島さんにオススメしていただいたお店へ向かいました!

・・・つづく

 

 

 

pageTop