札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『初体験』カテゴリーの投稿一覧

IMAXレーザー初体験!~フォードVSフェラーリ

2020年1月10日(金)から上映となる、【フォードVSフェラーリ】の試写会に行ってきました!

01b53719a3c42cf88374619f62ca2b177c4943ea2b

上映会場は、ユナイテッド・シネマ札幌IMAXレーザースクリーン

011766c6f19492bd425c711dfe4ae4a9867f237f1d

ユナイテッド・シネマ札幌自体がリニューアルしてから行くのが初めてで、チケットカウンターの場所が変わってて色々ドキドキしてしまいました^0^;

劇場内の椅子も新品で、色々ワクワク♪

と、【フォードVSフェラーリ】については、前情報をあまり見ずに、ただレースの話しなんだなというくらいの感覚で行ったのです。

観終わって帰宅してから、速攻ル・マン24時間レースについて調べました^0^;

それくらいハマったわけです。

ル・マンについてはもちろん名称は知っていたし、昔マッチ(近藤真彦)が出場していたことも記憶にあります。

ただ、テレビでレース中継を見る父の姿を見た時、車がグルグル回るところを見て何が面白いのか分からないというのが正直な気持ちでした。

まぁ、時々クラッシュする車の映像は脳裏に焼き付いていますが。。。

映画を見ても、こんなキケンなことに命を削って挑むところとか、金銭感覚とか、男ってホントアホだよなぁとも思いました。

でも終盤に入るにつれて、だから男なんだなぁと、妙に納得したり(男にとってはモリーのような奥さんが理想なんだろうなとも・・・)

何よりレースのシーンの迫力に圧倒されまくり!!
どうやって撮影したの????

若干、心臓バクバクするシーンも多々ありまして、レーシングカーに乗っている感覚も体感出来ましたっ

まったくカーレースに興味のなかったワタシですらココまでハマるんだから、好きな人にはたまらない映画なんじゃないかと!!

 

実は今回、(ダンナの影響も手伝って)車好きな小3男子も連れて行ったのですが、さすがに話の内容はまだ早かったのか、ちょっと疲れていたようなのですが、レースのシーンや昔の車がずらりと並ぶシーンになるとガン見するわけです。

そして帰宅してからダンナに映画の説明をするのですが、案外しっかりと説明できているんですよね。
(そして、おおいに羨ましがるダンナ)

2時間越えての洋画鑑賞は少々きつかったようだけど、ストーリーは焼き付いたようです^^

 

フォードVSフェラーリ、見て損のない映画

そして確実に、IMAXシアターで見た方が楽しい映画!!

 

 

天下糖一プロジェクトで製糖工場見学へ♪

P1490902

こちらのブログでもアップ済みですが、【Sugar Seminar 2019】の一連のイベントに参加させていただき、先日は伊達市内にあります北海道糖業㈱道南製糖所にて行われました、工場見学へ行ってきました!

 

014bfcfae2fc28414d78b167fafa208614a38d7ad2

場所は伊達市

モクモクと煙が出ているところが工場です。

01bdac79b836b60bbe2b41b5f9ae5cfa18d40a299501bfa761f6c0ac86f557931741fab19fa530a351cb

入口に、こんな額縁が飾られていました。

あ!ほのぼの印の砂糖の会社なんですね!!小さいころからお世話になっている砂糖です^^

P1490903

こちらは、北海道糖業㈱になる前の模型

P1490907

明治にはすでに製糖所があったんですね!

ちなみに明治3年にクラーク博士がてん菜の栽培を指南し、明治13年に紋別の工場が稼働。

それから現在のサッポロビール博物館は、もともとは製糖工場として建てられたそうです(何回も行っているのに知らなかった^0^;)

011ab6888caa8b5804e7d0238329b5e1bd5e9d82da

現在の工場は、昭和34年から稼働しているそうです。

ちなみに北海道内には、3社・8工場があり、北海道糖業㈱はここ伊達の他、北見と本別にも工場がありまして、北海道内で作られる砂糖の3割(90万トン)を製造しているそうですよ!

ちなみに砂糖の作り方って、皆さん知っているものなのでしょうか?

01885113f467ed4bd1ea51854d49038a189eb9c4cc

ワタシ、全く知らなかったのです・・・

P1460024

よくよく考えたら、このカブのような、大根のようなてん菜(ビート)という作物が、何でサラサラの粉になるのか・・・今まで考えたことがなかったかも^0^;

ということで、子どものようにワクワク感を持ちつつ、工場内へ!

P1490889P1490890

“製糖課”って、口に出すとちょっと面白い・・・(正当化)

019e650f5b7f63ee1c5585d92d699a4fce41083e3f

入ってすぐに大きな機械だらだけ。しかも昭和の香りが漂う感じで、工場見学好きにはたまらない雰囲気

実際の香りは、何とも不思議なんです。

なぜか珍味のような香りもするし、少し甘い香りもするけど、穀物の香りもしたり。。

そして、ちょっと蒸し暑いです

 

P1490892

一番奥まで行くと、千切りにされたビートがベルトコンベアで運ばれていきます。

その前の過程である、土のついたビートを水だけでキレイにする、“ビートウォッシャー”も見られる予定だったのですが、雨のため見学できず・・

P1490894P1490895

特別に、千切りにしたビートを味見させてもらいました。

ちなみにこの状態を、コセットと言うそうです。

ほんのり甘い!このままサラダでも悪くはないかも

01e4d76042fecde6d768e5f0ff2efa9c8051224b6e

コセットを、約70℃の温水が入った巨大タンクに送り込んで1時間40分くらいかき混ぜるそうです。

そうすると温水の中に糖分が溶け込み“液糖”ができます。

01973c39170244d4af1a2076563e945c929b5d3551P1490896

液糖は最初はドロドロで、かなり濁った色。

これに石灰やCo2を入れて不純物やにおい吸着させ、機械でろ過をした後、煮詰めていくそうです。

010370bbc399adbc2a00a9875752273b2fea9ac44a

そうすると、どんどん透明になっていくわけです!

その液糖を真空状態で濃縮し、結晶化させて遠心分離機へ

P1490897

この辺りの行程は衛生面的に、近づけません。

工場内でも限られた人が全身を清潔にしたうえで入る場所

出来上がった砂糖は少し湿っているので、100~120℃の熱風が出る“ドライヤー”で乾かして、最後に冷風(クーラー)で乾燥させて出来上がり♪

ビートから砂糖になるまでは、焼く16時間かかるそうです!!

 

ということで、砂糖は漂白なんてしておりません。

じゃぁなんで透明な糖液が結晶になると白く見えるのかと言いますと、雪と同じで光が乱反射しているからなんですよ!

 

P1490899

こちら、全ての行程をチェックできるモニター室

工場はビートが収穫される10月~1月まで稼働するのですが、その間は24時間体制なんだそうです。

01693e5cf7ab4fa442b76763e4cbef37590071e14f

ちなみに稼働していない半年以上のはどうしているかと言うと、すべての部品をばらして洗浄やメンテナンスをしているんですって!!

考えただけで私には無理!!と思ってしまいました^0^;

 

P1490910P1490911

見学が終わってから、グラニュー糖を使用したマフィンをいただきました^^

P1490912

そして、上白糖を2kgもいただいてしまいました!

暫くはお砂糖に困ることは無さそうです^^

数回に渡って参加した、Sugar Seminar2019

砂糖に関して正しい情報を知ることが出来て本当に良かったです!

家族が美味しいと言って食べてくれる料理を作るためにも、砂糖をフル活用しま~す^^

 

おまけ

P1490901

モニター室のデスクにあった専門誌が気になりすぎる!!(笑)

 

 

 

 

 

親子で【NoMaps】を体験してみる

007-04_x480

10月16日(水)~20日(日)まで、札幌市内各所で行われていた、【NoMaps

タイミングが合いまして、息子といくつかのプログラムに参加してきました!

実のところ、NoMapsって何?と尋ねられると、うまく答えられないのが現状・・・

詳しくはコチラのページで解説はしておりますが、ざっくりまとめると『未来にむけての体験や交流の場』

よく聞くところで言うと、“AI”や“プログラミング”なんかもそのうちのひとつ

私はともかく、小学生の息子はまさにこれからその世界で生きていく世代なので、色々体験させてみたいなとは思っていたのです^^

P1480846P1480850

最初に立ち寄ったのは、『バーチャルカフェ

息子、初音ミクけっこう好きだし、楽しめるんじゃないかなと思って連れて行きました

P1480848

画面から話しかけてくるバーチャルメイドちゃん

初めての体験に、若干緊張気味

P1480851 P1480852

二人のメイドと撮影した写真を立体カメラに入れて鑑賞

P1480850P1480854

何でも話しかけてみな~と言っても、どうしていいか分からず戸惑っているので、ワタシが『ラグビー日本戦はどうなりますかね?』なんて話しかけてみると、すごく自然な回答をする。さらにかなりマニアックな回答もする!

す、すごい!!

完璧親の方がハマって楽しんじゃう系でした(笑)

最後にじゃんけん大会

息子が一回勝ったら、『3回勝負だから!』と大人げない言葉が飛び交ったり

結局勝負には勝てて、リボンナポリンをゲットし、じゃんけんに弱い息子、かなりご満悦な様子でした(笑)

P1480873

その後向かったのは、市民交流プラザの2階で行われた『アナログってなんだろう体験教室

0138822b6d17437511fe28f02e609bafef6607bf1c

私たち世代には、雑誌の付録なんかにもなっていた“ソノシート”に触れる体験です!!

これは貴重な機会^^

P1480860P1480869

まずは、デジタルとアナログの違いについて少々学びます

紙コップに向かって声を発すると、コップを持つ手に振動が伝わることを説明

これが“音”なのだと言うことを、理解したのかしなかったのかは何とも微妙でしたが、ソノシートには興味津々

回し方にコツがいるので、中々キレイに音が聞こえない

P1480863

とりあえずプレーヤーに載せて、音の確認

P1480872

最後にレコードジャケットを作って終了!

ということで、音は“山の音楽家”でした^^

P1480874

次の目的地へ向かう途中のチ・カ・ホでも、色んなイベントが開催されておりまして、ついつい寄り道

P1480879 P1480880 P1480881

こちらは顔認識システムを使用して、オススメの観光地を割り出す実験的プログラム

P1480878

なぜか2回やっても女の子に認識された息子

ワタシは実年齢より若く設定されて、少しご満悦(笑)

P1480882

そして最終目的地へ到着!

親子でプログラミング体験ワークショップ』に参加しました^^

P1480891

MESH”というプログラミングツールを使用して、『朝のしたくが楽しくなる商品を考えてみよう』というテーマのもと、制作する体験です^^

P1480896

この“MESH”というツールの存在を初めて知りまして・・・

こんなに楽しくてためになるものがあったのか!!と、親としては速攻プレゼントしたくなる商品

クリスマスにプロ野球チップス1箱欲しいと言っている息子に、勝手にプレゼントを変えたら怒られるだろうけど、使ってほしいアイテムです^^

P1480900P1480901

まずは、会場にある道具から何を作るかを考えつつセレクト

MESHを使用しつつ、アイデアを膨らませていく

P1480908

そうして作った商品が、『自動はみが機』

P1480904

その商品がどういうものなのか、自分の口で説明&解説するまでが、今回のプログラム

自宅ではユーチューバーの真似なんかをして動画撮影しているくせに、こういう場だと「緊張する~」と面倒くさくなる小学生ですが、いい経験になったのではないかと^^

01e9a6d2188b0a1c6159b4eb61cf26dd60d25fee7e

この手のワークショップに参加しちゃうと、どうしても私の方がホンキなっちゃうので、今回もついアイデア出しをしてしまいましたが、MESHが手に入ったら、もっと凄いの開発してもらわないと!!

019c7bde37c73fec00391247e321b648f763385f0d

ちなみにお土産が、けっこう豪華でした!

特にゆるキャラのぬいぐるみを密かに集めている息子は、ライオンくんに大喜び!

それにしても歯磨きセットにチロルチョコが入っていたのがシュール・・・(笑)

イオン北海道 北陸:信越フェア事前取材レポート!!

本日・9月20日(金)~22日(日)までの3日間、全道のイオンで開催される【北陸・信越フェア】

750_300[15619]

前回は、スマホアプリに登録したのちに読めるような形でしたが、今回よりこちらでも読めるようになりました^0^

※スマホアプリでも引き続き読めます

 

取材で北陸・信越に行ったのは8月末の週でした

新千歳空港から小松空港へ向い、福井・金沢・長野・新潟と、今回の移動距離も半端なかった~^0^;

そして、今回も色んな体験もさせていただきました!!

01f1e8c6ff0ca040c4fa6294a3c5bbb1d6e366d5b9

福井が恐竜王国だったことを初めて知り、金沢おでんのネタは北海道とは全然違うということを知り、

P1450679

01191f22e78eb77dde037bed112e597866494fb6f2

長野はとにかくいたるところにりんごの木があったし、コンビニに超手作りなおやきが売られていたり、

01c50f5b3fc8d11ed24dd17e001b15547a0c97ba61

※大きさがかなりバラバラだった(笑)

 

 

010943b1a1d06a9b976fbe191e08a13cc0b124aa9a

長野の居酒屋では、野沢菜の漬物の食べ比べにハマったり

P1450772

金沢のB級グルメをハシゴするがために、カレーはルーだけでオーダーしたら、明らかにハーフサイズより多かったり

P1450773

 

 

P1450905

新潟村上市の塩引き鮭は、北海道産の鮭だったことを知り、そして新巻き鮭とは全く違う製法で作っているこの鮭が、悔しいくらい美味しくて、目からうろこだったり・・・

P1450921

今回のフェアの商品も、前回同様、買いたい!!と思うものばかり♪

ということで、渾身のレポートを読破してから、お近くのイオン北海道へ向かってくださいね^0^

 

★金沢おでんレポートはこちら

★塩引き鮭のレポートはこちら

★長野のりんご“シナノドルチェ”のレポートはこちら

★福井の五月ヶ瀬煎餅のレポートはこちら

★DHC酒造のレポートはこちら

 

 

 

南小樽でサルディーニャに触れる~樽ラボ

先日、小樽にある【樽ラボ】さんにお誘いを受けて、サルディーニャのワインと料理を堪能してきました!

P1450303

クアルトモロ・ディ・サルデーニャ  Qメトド・クラシコ ブリュット

ヴェルメンティーノという、サルディーニャの代表的な白ブドウでシャンパンと同じ製法で造られた泡です

雨上がりでちょっと蒸し暑かった夕暮れに飲むのにピッタリな、繊細な泡と蜜感のある葡萄の味わい

一気飲みしたいところを、若干躊躇してみる(笑)

P1450305

久し振りに食べたヤギのチーズと、ミルキー感のあるスペインのチーズ

美味しくてとまらない~

P1450310

サフランとチーズたっぷりのリゾット

お米もサルディーニャのものとのことで、食感が違います。

イタリアとかのサフランって、色付けだけじゃなくて、しっかり味があるんですよね^^

P1450313

トレスリゾス ビオ エクストラバージン オリーブオイル

リゾットにもたっぷり使われているのですが、このオイルがゴクゴク飲みたいくらい美味しかった!!

最近大人気で、生産者にお願いして分けてもらっているそうです~

 

P1450306 P1450316

2本目はロゼだったのですが、このロゼの生産者のファミリーがつくっているというオリーブ(チーズの横にチラッと移っているヤツです)

このオリーブが、よく食べるのとは違う、イイ感じの苦みがあってハマってしまいました!

それでもって、ロゼに合わせるとやっぱり美味しさ倍増するのです^^

そのあとはお肉料理とさらに赤もいただきました^^

P1450319

サルディーニャもよく、豚肉を食べるそうです^^

付け合わせのイモやズッキーニも美味しかったなぁ~

と、お料理は樽ラボのご主人、Manolo氏が用意してくれました! !

女性陣、ずっと座りっぱなし(笑)

P1450322

あ、デザートの準備は奥様の朝子さんもしてくれてたかな^^

リモンチェッロのソースがかかったパンナコッタ、お腹いっぱいでもペロリと食べられる危険なスイーツ♪

そしてもっと危険なものが・・・

P1450324

まさに、大人のデザートです(笑)

個人的に、サフランのリキュールにハマりまくりました!!

P1450325

 

で、本当の〆がこちら・・・

P1450327

こちらはサルディーニャには全く関係ありませんが、Manolo氏が大好きとのことで、色々揃えているそうです^^

P1450328 P1450329

テンション上がりまくって、小樽なのに時間を忘れて飲んでしまいました^0^;

でも線路が近いので、電車の音が現実に引き戻してくれます(笑)

 

イタリアといっても、色んな町や造り手さんがいて、全然知らない土地もまだまだいっぱいあって、小規模で作っているから、全然表に出てこないアルコールや食品もいっぱいあるんだろうなぁ~と、初めてサルディーニャに触れて実感

いつか、サルディーニャに行ってみたいなぁ

でもしばらくは難しいだろうから、とりあえずまた南小樽に行きます(笑)

 

 

 

 

pageTop