札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『初体験』カテゴリーの投稿一覧

層雲峡温泉・氷瀑まつりの制作現場へ!!

少し遅いご挨拶となってしまいましたが、新年あけましておめでとうございます。

2018年も、どうぞよろしくお願い致します。

 

さて、2018年最初の投稿は、年末に日帰りで取材をしてきました、上川町・層雲峡温泉の河川敷で1月25日(木)から行われます、【氷瀑まつり】の制作現場レポです^0^

18de900c18e1b1e34148c2c6c9af9e5d1

今年で43回目となる、氷瀑まつり

北海道民なら一度は聞いたことのあるイベントかと思います。

ワタシも20年以上前に一度行ったことがありますが、あまりの寒さに一瞬で頬が凍傷のような症状になった記憶が・・・^0^;

ただ、その幻想的な美しさには心底感動しました^^

その時は、すごいなぁ~、キレイだなぁと思うだけで、どうやって作っているのかはあまり考えたこともなく。。

なので、今回の取材で初めて分かったことがたくさんありました!!

P1170098

今年は北海道命名150年ということで、テーマを“北海道”として、氷像を製作しているそうです。

上記がメインの“旧北海道庁”

P1170150

※制作現場に貼ってあった、全体像のイラスト

 

P1170103 P1170105

ヘルメットをかぶって、特別に制作中の氷像の中へ

ものすごく幻想的!まさに、アナ雪の世界!!

P1170104

氷瀑まつりの製作は、夏前には全体のデザインの構想、そして9月ごろから骨組みを立てているそうです。

P1170097

今回案内してくれた、層雲峡観光協会の中島さん。

この場所は国立公園ということもあり、許可を申請するのにも様々な手続きが必要で、ほぼ1年中氷瀑まつりにかかわっているんだとか。。

P1170101

製作は自然任せなので、気温が高かったり、風が強かったり、雪が降り積もったりすると、思うように進まないことも。。

P1170111 P1170112

まさに成形されている最中のつらら

風が強いとバナナのように湾曲することもあるんだとか!

P1170127

実はこのブルーの色合いは、まさに今が一番キレイなんだそうです!

というのも、イベントが始まってしまうと水かけはストップしてしまうので、徐々に透明度は失われてしまうわけです。

そして危険なつららはすべて排除してしまうので、このものすごい量のつららは、逆にこの時期だけの表情なのです!

P1170124

 

ちなみにこのホースから出ている霧状の水は、どこの水か考えたことってありますか?

P1170148

河川敷なので、当然のように川の水をくみ上げて使用しているのかと思いきや、わざわざ掘って地下水を使用してるそうです!

P1170109

というのも、やはりよりキレイな水の方がブルーの色合いも美しくなるようで、温泉でもあるこの地区は川の水をそのままかけてしまうと、どうしても濁った氷になってしまうそうです。

水も豊富で寒い場所だから、簡単に作れるのかと勝手に思い込んでおりましたが、ものすごく大変な作業の中で製作していることを知って、改めて43回も続けていることに感服致しました!!

 

ちなみに会場内には、アイスクライミングが出来る氷壁や、地元のお酒が飲める北の氷酒場、そして神社なども出現するそうです!

P1170110

P1170135

神社の内部から入口を写した図

氷なのに藁ぶきの屋根っぽい質感!!

 

P1170139

ここはチューブ滑りの会場になる予定

P1170144

この日は冬休み中の息子を連れて行ったのですが、特別に作業で使用するソリに載せてもらって、かなりご満悦な様子

 

P1170133 P1170120

札幌の中心部のマンション育ちな息子にしてみたら、こんな大きなつららを見ることなんて、そう多くはないのでかなり盛り上がっていました

本番が始まったら、もう一度連れてきてあげたいなぁ

 

 

一通り取材が終わったら、お腹がぐ~っと鳴りました^0^;

そういえば、お昼をまだ食べていませんでした!

ということで、層雲峡観光協会の中島さんにオススメしていただいたお店へ向かいました!

・・・つづく

 

 

 

人生初体験!楽楽回転火鍋は、やめられない・止まらないオイシサ♪

JR琴似駅から徒歩2分ほどのビルの2階に、たぶん北海道初の回転寿司ならぬ、“回転火鍋”のお店が出来たということで、先日リサーチに!

P1150653

あ、このビルはbar Diversionがあるビルじゃないですか!

そしてすでに存在感を表す、“楽楽回転火鍋”

P1150656

入口もかなりのインパクト!

この、可愛いとは言えないパンダのイラストが本場っぽさを醸し出していますっ!!

P1150658

?!?!?!?!?!?!

思わず見入ってしまう店内・・・最近あまり見ない蛍光灯の明かりがまた、アジア感たっぷりで、旅行に来ている気分になります

P1150659

カウンター席にもテーブル席にも回転レーンが備えられていて、そこには寿司桶のようなものの上に野菜や肉団子、そして麺などが回っています

P1150664P1150663

そしてすべてに串が刺さっています!!!!

P1150660P1150661P1150666

その種類が半端ないのです!気になって、一周するまで撮影しまくってました^0^;

P1150671P1150669

 

P1150674

楽楽回転火鍋のシステム

まずはコースをセレクトし、そして鍋の味もセレクト

P1150682

ちなみに鍋は一人ひとつなので、2人で行っても4人で行っても、それぞれ好きな味で食べられます!

辛いモノ好きなワタシは、旨辛をセレクトしました。

そしてこの日は単品で頼むことにしました。

P1150683P1150695

3人で行ったので、肉は牛・豚・ラムすべてオーダー

あとは回転台から好きな串をそれぞれの鍋に投入

P1150696

スパイスのいい香りが漂い始めております!

P1150699

シイタケに牛スジ

具材を入れていくと、スープのうまみも増してきます。

P1150691

正直、肉がなくても串だけでも十分楽しめるかも!!

まぁ、串にも肉団子とかウィンナーとか、肉系のものも結構あるので^^

P1150693

ちなみにこちらは辛くない、とんこつバージョン

なので、お子様も一緒に楽しめます^^

ちなみに途中から旨辛のスパイスを加えて味変することも可能です~

火鍋はもちろん、美味しかったのですが、驚いたのは一品料理!

P1150703

この日は餃子と手羽先しかオーダーしなかったけど、中華料理店で見かけるメニューがずらり!

そして、ちゃんと美味しい!!

P1150705

ちなみに、おつまみ付の食べ放題コースにすると、2品選べます^^

そして〆はやっぱり麺!!

P1150665 P1150672

P1150714

男性は麺、女性は春雨って感じかな^^

P1150718

湯気で白くなってしまった^0^;

この日は男性客率が高かったけど、野菜もたっぷりとれる火鍋は、女性にこそ、オススメかも!!

そして、女子向けのドリンクメニューも充実

P1150711 P1150709

この、キュウリとレモンのサウザーが、辛味をスッと流してくれる美味しさでした^0^

P1150724P1150720

ちなみにこのお一人様回転火鍋システムは中国では一般的らしく、スタッフも全員中国の方でした!(そして真ん中の可愛らしい女性がオーナー)

機材もすべて中国から輸入しているそうです(IHの機械もよく見ると中国語)

 

そして、最後に頂いた杏仁もホントに美味しかった~~~

琴似には頻繁にはいけないから、願わくば市内各区に、2号店・3号店を出店希望デス!!

 

【楽楽 回転火鍋】

札幌市西区琴似2‐1‐3‐5 玉田ビル2F
011-615-8887
10:30~23:00
年内は無休とのこと

 

反則技だらけな【でら】持ち込み変態酒会

ウワサに聞いてずっと気になっていた【でら】に、先日行く機会い恵まれました!

ウワサ以上にステキなお店だったのですが、今回は少々反則技がありすぎるので、通常営業とは違うことを先にお伝えいたします。。

が、こんな風に体験させていただいて、新たな発見があったことは事実なので、備忘録として記述。。

 

今回は、持ち込むアルコールを事前に伝え、それに合わせておつまみをお店で用意していただいた形です。

P1130647

数種類あった中で、初めの一杯にピッタリそうだった紀土のスパークリングで乾杯(ちなみにお店のビールはプレモル。お水が入っていたのは白州のグラス←いつになく水が美味しく感じてしまう、単純な性格^^;)

 

P1130650P1130652

最初に出てきたのは、舞茸のピューレがのった温泉卵

器カワイイ!スプーンがお茶目!! ←そこでお店への期待値がかなり上がる

上がった期待値を裏切らない、舞茸ピューレの美味しさに感動!!

P1130654 P1130655

そしてシュウマイ。また器がカワイイ♪

ここで、先日同じ銘柄の“雄町”を呑んだばかりだった私の目の前に、“山田錦”の醸し人九平次が現れる!!

常温で飲んだあと、燗酒に♪

え~~?! 雄町と全然違う! 個人的には断然、山田錦の燗酒のほうがスキ!!

それにしてもこんなにも違うのか・・・偶然という名の必然にテンションが上がる^^

 

P1130657

ココでお刺身登場

普通の概念だと、そのまま日本酒に合わせるけど、ここにいるメンバーはみんな変態なので、 シェリーを合わせる

ラス メダージャス マンサニージャ、そうなの?こんなに刺身に合うの??

醤油じゃなくて、ポン酢というところもポイントでした^^

 

P1130661P1130663

そしてあん肝~

これはやっぱり、燗酒でしょ!ということで、萩の露 特別純米「雨垂れ石を穿つ」を熱めの燗で♪美味しすぎる・・・いくらでも呑まさる><

 

P1130664P1130667

ココで自家製辣油が効いた、鶏ささ身が登場

これはヴェルモットが合うんじゃないか?と、一人の変態が言う。この辺りのアルコールには全く知識がないので、もちろん従う=余りの美味しさに感服・・・

カルパノ アンティーカ フォーミュラ、素晴らしいヴェルモットです!!

 

P1130669

磯の香りと旨みがものすごく濃かった牡蠣には日本酒はもちろん、ラフロイグを合わせました^0^

 

P1130671

なんとセンスの良い漬物・・・まさにのん兵衛のための漬物盛り合わせ!!

 

P1130672

酒のアテ的に小鉢が続きましたが、ココで嬉しいお鍋の登場!! もつ鍋ですっっ

なんと美しいもつ・・・

この鍋も燗酒同様、いくらでも食べらさる美味しさ><

P1130676

〆の雑炊がまた、ズルいほど美味しいのです・・・

 

P1130684P1130680

そして今回のメインイベント的なデザートが満を持しての登場!!

知る人ぞ知る、熟成ガトーショコラ創始者・宍戸氏の熟成クラフトガトーショコラ

こちらはアルコール同様、持ち込みです。

そして、ホンキで熟成されています・・・

宍戸さんのガトーショコラは以前、チョコレートな関係で味わっておりますが、それ以上の熟成でした。そしてここまで熟成すると、チーズのような風合いになることを初めて知りました・・・

合わせたアルコールはマルサラ酒、デ・バルトリ ブックラム ソーレダゴスト2012年(フライングして他の料理にも合わせて飲んでましたが) もちろん、ラフロイグとも合わせました^^

あまりにマニアック過ぎて、万人受けはしないかもしれませんが、またまた知らない世界を体験して、変態度数がアップしてしまった夜です。。。

 

こんな会を快く受けていただいた【でら】さんにも感謝だし、何より変態酒と宍戸さんのガトーショコラを用意してくれた飲み仲間に大感謝です><

 

【でら】さんは、ランチも営業しているみたいなので、改めて立ち寄らせていただきます!!

 

 

 

 

滝川満喫!誕生会 その2~たった3時間のイベント・たきかわ紙袋ランターンフェスティバル

こちらのブログから時間が経ってしまいましたが、2月20日(土)の夜、滝川の商店街で行われた、【第14回たきかわ紙袋ランターンフェスティバル】の思い出です^^

P1610649

P1610634  P1610633

14000個以上の紙袋のランターンが所狭しと並びんでおります! ものすごく手の込んだ作品や、子どもたちが一生懸命作ったと思われる可愛らしい作品まで、とにかくバラエティに富んでおります!

P1610640 P1610644

P1610661 P1610631

IMG_2438 P1610656

ついつい、立ち止まってじっくり見てしまいたくなるんです(笑)

IMG_2445 IMG_2450

それにしてもすごい数。。。作るのも大変ですが、一つ一つに火を灯すのも相当な人数の協力がないと出来ない技ですっ(もちろん後片付けも)

ちなみに中には雪を少し入れまして、そこのロウソクを立てている感じなのですが、中には紙袋に火がついてしまい、燃えてしまっているものも。。。

 

P1610639   P1610650

地面だけではなく、雪山の上に飾り付けていたりと、写真では中々伝わりにくいかもしれませんが、本当に多くの方の協力なしでは開催出来ないであろうイベントです! 来年はぜひ、リアルに見ていただきたいっ!!

 

P1610653 P1610655

 

ちなみに紙袋ランターンは、当日会場で制作することもできるんです^^

IMG_2434  IMG_2436

ちょうど車を停めることが出来た、まちづくりセンターみんくる会場でも行っていたので、子どもたちに体験させることに

でも、どうしてもデザイン的に気になってしまい、ついつい口と手を出してしまうワタシ。。。^^;

IMG_2471作ったものは、センターの外にすぐ飾ってくれるので、子どもたちも大喜び^-^

この日は天候には恵まれましたが、やはり小一時間も歩くと相当冷えますので、防寒対策必須です!(特に足元は大事!)

 

 

 

IMG_2469数ヵ所で、暖かいドリンクのサービスがあったり、地元飲食店の出店もありまして、お腹を満たすこともできます^^

会場中心部となる、滝川市指定文化財の石づくりの建造物《太郎吉蔵》内では音楽LIVEも行われていました^^

もっとゆっくり観たかったのですが、この日の主役である、息子の誕生会を行うため、若干急ぎ足で宿泊先であります、コテージへ向かいました。。。つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

ブルーベリーに癒された日~ブルーベリーさっぽろ

札幌東区にブルーベリーさっぽろという、ブルーベリー狩りが出来る観光農園があることを友人に聞きまして、息子や、夏休みに突入した姪っ子達と一緒に行ってきました^^

P1550220 P1550207

場所は中沼町、モエレ沼公園の近くになります。市内中心部からでも30分弱の場所に、8年も前からブルーベリー農園があったとは。。。東区には比較的明るい方なのに、全然知らなかったです><

 

P1550213 P1550210

他のブルーベリー農園の価格をあまり知らないのですが、かなりお得感のある入園料!さっそく苗木に近づいて見ると、美しく色づいたブルーベリーがタワワになっておりました^0^

 

 

P1550209 P1550202

なんだか、見ているだけで癒される可愛さっ!! 食べるのを忘れて見つめ、そしてカメラ構えまくり^^;

 

P1550198  P1550199

P1550205ブルーベリー狩り初体験のちびっ子たち(+親も)は、オーナーの宮本さんからどんなブルーベリーが食べ頃か指導いただき、さっそく自由に農園の中を歩き回ります^^

 

ブルーベリーって、木の高さが子どもの身長くらいなので、そのまま摘みとれるのでイイですね♪

無農薬なので、そのまま好きなだけ口に運べます

 

 

P1550214  P1550217

「これはもういいかな?こっちの方が甘いかな?」と、お気に入りのブルーベリーを見つけては食べ続ける子どもたち

もちろん親も食べまくり!!札幌産の生のブルーベリーが好きなだけ食べられるって、幸せすぎますっ

 

P1550206一緒に農園を切り盛りしている宮本さんのお母様が、ものすごく立派なブルーベリーを摘んできてくれました!!

これが甘いのなんのって。。。

普段、相当目を酷使しているワタシとしては、食べて目を癒し、そしてこの風景にも癒されて、ダブルでメンテナンスできました♪

今度は母を連れてきてあげようっと^-^

 

 

 

pageTop