札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『カフェ』カテゴリーの投稿一覧

次の70年に向かって~【もりもと本店】12月9日(月)リニューアルオープン!

019d7081dd45075037030d378e4138d74ecdfe9d8d

12月9日(月)にリニューアルオープンする、千歳の【もりもと本店】

先日お披露目会があり、参加してきました^^

今回はJRで行ったのですが、千歳駅から36号線に向かって歩いていくも、以前の店舗とまったくもって違うため、危うく通り過ぎるところでした^0^;

01f5a49eabd603b0580cf95abf058d36c347bc23a6

店内のコンセプトは“森”

015979d2ec52554e4edf6494f55c961096ae673aea

確かに、写真に撮ると白樺がそこに生えているような雰囲気!

P1510279

ちなみにこちらの材木も白樺なんだそうです

ここまで白樺を使用している店舗って、そんなに多くはないんじゃないかな?

P1510227

それにしても、洗練された空間になりました!!

もちろん取扱商品は以前と変わらず、和洋菓子からパンまで幅広く展開。

ベーカリーコーナーの奥には26席のカフェも併設されました

この日はレセプション仕様につき、椅子は設置されていなかったのですが、カンディハウスさんのだそうです!

 

P1510220

どこを見ても白樺のぬくもりを感じることが出来て、ここにいるだけでワクワクしちゃう♪

そして今回はリニューアルと70周年を記念して新製品も続々登場!

P1510235

一口サイズのいちご大福“ゆめ”

P1510238

もりもとバスクチーズ

P1510233

窯出しマドレーヌ

一日一回、窯出しの焼き立てを販売するそうですが、もちろん少し時間をおいても美味しく味わえます^^

レモン風味が紅茶に合いそう!

P1510231

ななまるシュー

バスクチーズやななまるシューは、もりもとと言えば!の“卵”にこだわり、とにかく卵感がすごい!

P1510281

千歳産「こくまろ」という赤玉の卵を使用しているので、まさにコクがあります!

地産地消だからこその生みたて3日以内の卵を使用しているとのことですが、その鮮度は食べたら伝わってきました^^

どれも満を持しての商品ばかりではあるのですが、社長がよりアツく語っていた商品がこちら

 

P1510247

もりもとのもう一つの顔を言っていい、“どら焼き”の究極バージョン“究”

P1510242

カフェでは焼きたての皮を、餡とバタークリームをお好みでサンドして味わえます!

P1510255

P1510257

このバタークリームはあの、雪鶴のバタークリーム!

P1510240

美味しいに決まってますっ!

そしてテイクアウト用の究もあります

P1510271

P1510273

こちらはバタークリームは入っていませんが、自慢の餡は超タップリ!

甘さは控えめで小豆感が存分に楽しめるタイプ♪

そして生地がすごいんです!

焼きたてより少し時間を置いた方がモッチリ感が出ていると思います!

どら焼きでいてどら焼きじゃない食感!!どっちも試してほしい~~~

P1510225

今回は、1月からカフェコーナーで味わえる予定の、十勝若牛カレーも試食。

そうです、人気のカレーパンのカレーです!!

P1510261

当たり前だけど、ごはんで食べても美味しい~~~♪

P1510259

そしてこちらも、1月からカフェで味わえる予定のイチゴのフレッシュジュースの試食

飲んだ瞬間、女子高生の笑顔が見えましたよ(笑)

P1510263

千歳バーガーや総菜パンも色々あって、間違いなく市民の憩いの場になるだろうなぁって感じました^^

P1510265P1510268

P1510282

そうそう、バス停が目の前にあるので、入口の風除室スペースにこんな掲示板もあるんですよ!

 

70年続いた千歳のお菓子屋さんは、今や札幌はもちろん催事などで全国に名前が知られるようになりました^^

だけどこうして、千歳に根付いたお店作りを忘れないという思いが素敵だなって思いました^^

P1510286

ちなみにこの時計塔は、様々な諸事情で一度なくなってしまったそうですが、今回のリニューアルで復活したそうです。

今までの70年・そしてこれからの70年・・・

何だかじ~んと来てしまいました^^

P1510229

その70年を記念して700個限定で作ったという、“時のバウムクーヘン”

厚さ7CM!(右側の商品)

P1510262

初日は朝から行列が出来そうですね^^;

P1510223

ちなみに催事で大好評の、贅沢生クリーム角食は、1日10本限定での販売だそうです!

 

12月4日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息~N.CREA

内観2

12月4日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、張碓町にあるイタリアン【N.CREA

013a38e20ddca99e6833a0458c77813b9825a31839

オーナーのお母さまの実家を改装し、今年の9月にオープンしました^^

012c93441c101c7e54fef34b57305f572e4339a0fe

国道5号線を小樽方面に車を走らせると、脇坂工務店の看板が見えてきまして、そこを海側に入るとまず、“N.CREA”と描かれたガレージが目に留まりまして、その奥に白壁の一軒家があります^^

01f10ce7f426cd35c414e0ea3da2f9048f63121d7b

庭にさりげなく置いてあったこちらのオブジェを見た瞬間から、どこか普通じゃない雰囲気を感じてはいたのですが、中へ入ると想像以上の空間でした!!

01b8170384d0f30458e860150b8584ab64a9cb1f1c

まず目に飛び込んでくるのがこちらのカウンター&厨房

P1500018P1500017

何ですか?!このギャラリーのような照明たちは!!

P1500004P1490988

店全体より、照明が気になって仕方がない(笑)

そうして改めて店内を見渡すと、どこもかしこも気になってしまい、色んな所からバシャバシャ撮影してしまいました^0^;

01037792578eb6f37a5bcc0aa9fdad7b2001841eec 01a520d4aadf9b0f810d7a165dd238e85dcb004527

01a520d4aadf9b0f810d7a165dd238e85dcb004527 01b2edbf46a14b7ba7ff5a5b38b01dff6054b0e88d

あ!2階もあるんですね!

お客様がいないうちに、2階にも上がらせていただきました^^

0126f488eca0ce63093f1b87272b2aa60c11d56457 0174c9d6e39fb383ffdee776805fd6c3a56e23477e

どこに座っても、会話が弾みそうです♪

01d54454447819b1c0646f386e20b23b07cc29adca 012d49d24386b8544b576933824571339e1b508161

てな感じで、ややしばらく撮影タイムとなりました(笑)

P1500006

気を取り直して、お料理のご紹介に移ります^0^;

まずは、ランチタイムで味わえるパスタorピッツアのセット

P1500015

サラダから既にテンションアップ!

実は裏庭で自家菜園をやっておりまして、お邪魔した11月上旬でも青々とした葉野菜やハーブが生っていました

012f1be17d2483287efe2f189f81d9ef14b00c924a 0191296834a824ccfaa28148dab1a58a4ea3be9cf0

01bf786b698ad497dcf210760e68312749238a0199

大きな栗の木もあって、ここで収穫した栗を使ったスイーツなども作っているそうですよ!

P1500046

冬はこうして室内にもミニガーデンが♪

 

P1500032

こちらはパスタ

“ワインの用意もありますが、いかがですか?”と、天(店?)からのささやきが・・・

車じゃなかったのでつい、ワインもいただいてしまいました^0^;

何を言っても言い訳ではありますが、美味しいイタリアンにはワインが必要だと思うのです(笑)

P1500028

こちらはピッツア

P1500019

ピッツアは店内の釜で焼き上げています^^

P1500023

P1500039

こちらは単品料理の一つ、“道産鶏と地場ハーブのオーブン焼き”

P1500042

鶏肉がパリッパリで美味しいのはもちろんなんですが、とにかく野菜が美味しい(≧▽≦)

やっぱりワインが必要です(笑)

P1500010

実は一部料理の監修を、ビストロポワルの早貸シェフが行っているので、あのコンソメスープも飲めちゃったりします!!
(店舗プロデュースも早貸シェフ!)

 

 

P1500048 P1500052

そして、食後のコーヒーにもこだわりが・・・(なにせ、サイフォンとエスプレッソマシーンどちらも完備)

こだわりはお店でご確認を^^

 

スイーツメニューも充実しているので、カフェ使いも出来るお店です^^

 

P1500037

これから冬になると、木の葉が落ちて見通しが良くなるので。海が見渡せるようになるようですよ!

 

 

 

 

本日オープンした【きのとやファーム店】は、創業者の想いの集大成!

本日、11月27日(水)に清田にオープンした、【きのとやファーム店

010095341fdc7dcbfc562577b8f12ab80a805d99ea

ミルクプラント(牧場から運ばれてくる生乳を殺菌処理し、加工や製造などを行う施設)やカフェを併設した大型店舗

P1500672

きのとや現在、新冠町に養鶏場を持ち、そして今年の一月から日高町の牧場も引き継ぎ、乳牛の飼育もおこなっているのです!(きのとやユートピアファーム

自社で提供しているお菓子の原料を、自分たちの手で作る

美味しくて、安全&安心なモノを作ることにはとてもシンプルで当たり前なコトではありますが、そう簡単にできることではありません!

きのとやの創業者である長沼会長は、以前農業に携わったことがあり、また農業に携わりたいという想いがあったそうです。

その思いが、今回の新店誕生となったそうです!

というお話を、店内でしているところについ、聞き耳を立ててしまいました^0^;

そんなわけで、先日行われたお披露目会に行ってきたときの様子をアップ!

0191f0995f144ebc7229a169fef32eafa6746573b8012c57b49c5cb15f5d074d39e29f5f85dcb59e59ec

店内はケーキのショーケースと焼き菓子販売コーナー、そしてカフェも併設

P1500640

ちなみにこちらは、新商品の焼き菓子

子どもの手のひらくらいあるサブレで、お祝いなんかに持っていくのにピッタリな焼き菓子^^

01291049076ddf5d0725fd4f2c77a4a7dc895282fc

カフェは、入口は狭いけど奥に広がっているタイプ

019f96a7bc0122dbdeea03cac9a6bd35476587aeb9

外側から見るとこんな感じで、テラス席もありました

01312b2fcee1b5bf19da93edc098ee9a1ff72ec12f

窓側の席に座ってみました^^

中庭が眺められて、かなり癒されます!

P1500645 P1500646

メニューはこんな感じ

卵とミルクがウリですから、卵かけご飯もあります!

卵かけご飯のセットもすご~く気になったのですが、今回はあえて写真のなかった大人のオムライスにしてみました

P1500652

ちなみに大人のオムライスはデミグラスソースで、辛口とのこと(普通のはケチャップ)

P1500650

具だくさんのミネストローネスープも付いてきます^^

P1500658

ライスはほんのりケチャップ系

デミグラスソース自体は甘めなのですが、中に入っている挽肉が、後からジワジワくる辛さでした

そして卵!

厚めに焼き上げた玉子は、かなりの存在感!そして味が濃い!!ちゃんと「卵です!」って主張してます^0^

チーズも入っているので、個人的にはひき肉の辛味をもう少し抑えて、とことん卵を楽しむのもありかと!!それくらい卵がオイシイ^^

 

P1500654

卵をとことん楽しむから、こちらのプリンもオススメ♪

硬すぎず、柔らかすぎない、食べなれた感じのプリン

でもやっぱり、卵の存在感がしっかりしています!!

今回はケーキセットでお願いし、コーヒーをオーダーおだーしたのですが、このコーヒーにまたよく合うんです^0^

P1500664

 

ちなみにケーキセットは、こちらのショーケースからセレクト可能

P1500659

そして、こちらのカフェに来たら一度は食べてみてもらいたい、焼きたてスフレ

P1500661

運ばれてきたとき、プルプル揺れていたのを確認してワクワクしちゃいました!

と、お隣りにあるマヨネーズのようなものは、カスタードクリーム!

真ん中をスプーンで崩して、お好みの量を投入して味わう感じです^^

P1500662

口に入れるとホロホロと溶けていく感じ!!

こういうのを、癒しのスイーツって言うんだろうなぁ~^^

暫くは混むかもしれませんが、雪が深々と降る寒い日に行っても、心があったかくなるようなカフェだと思います♪

 

 

 

10月23日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息~soko

10月23日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、9月にオープンした、【soko

P1480387

SAPPORO FLOWER】の店内にあります^^

P1480385

なので、ドアを開けると溢れんばかりの花たちが出迎えてくれます!

P1480384

癒される~~~^0^

P1480392

思わず、見入ってしまいました^0^;

P1480382

おひとりさまでも居心地の良い、カウンター風のテーブル席

P1480393

こちらが、店内の奥側から写した図

P1480391P1480390

奥にはソファ席などもあります^^

 

curry2

と、こちらのお店は、札幌場外市場にある「倉庫カリー」の2号店

P1480375

円山地区、そしてフラワーショップ内ということもあり、本店より女性客を意識したメニューになっていて、お皿にもこだわっています^^

ウリは5種類(マルゲリータ・クワトロフォルマッジョ・チーズキーマ・ゴルゴンゾーラ+今月のナン)のナン

1プレートメニューには、サラダもたっぷり♪

curry1

もちろん、ライスオンリーのメニューもあります。お米はインディカ米の『バスマティライス』

カリーは、シャバシャバチキン・ポークビンダル・ラムキーマ・海老と揚げナスからセレクト。

そんなわけで、何度行っても飽きることなく、むしろ食べれば食べるほどまた食べたくなるキケンなカリー!

 

実はドリンクメニューもちょっぴりこだわっていまして、見た目もキレイなエルダーフラワーティーもオススメ!

P1480379

こちらは“ほうじ茶イラテ”

スパイスがちょっとクセになり、そしてホッと一息つける美味しさでした♪

カリーを食べなくても、ドリンクだけでカフェとして利用する方もいらっしゃるようですよ^0^

 

 

 

10月10日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息~コーヒー屋さん 月祭

10月10日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、今年の6月にオープンした、【コーヒー屋さん 月祭(つきさい)】

P1470798

場所は、北区北13条西3丁目

スープカレーピカンティの並びと言うと、分かりやすいかな?

P1470799P1470796

コーヒー屋さんと言うより、お茶屋さんという感じの雰囲気ですが、黒板には『新鮮なコーヒー豆を売ってます。』と描かれています^^

豆を売るだけではなく、カフェとしても営業中です!

01bbf56485ece9d50a52a1e6102bb4930c19246fe3

店内はやっぱり少し。和風な感じです^^

P1470775

奥のカウンター席、何だかホントの月が輝いているみたい^^

P1470760

お店の一角には、焙煎機もあります。

P1470779

早速、コーヒーを淹れていただくことにしました^^

コーヒーを淹れているのが、オーナーの岡本さん

こちらのお店はその岡本さんが、お一人でやられています。

P1470783

こちらが本日の自家焙煎珈琲

P1470786

金平糖が付いてくるのが、なんだかほっこりします^^

学生時代からカフェを持ちたかったという岡本さん。森彦で修業したのち、縁のあったこの場所で開業することに。

『北国のコーヒーは少し濃い目の味と言うのが、私の認識なんです。』ということで、中深煎りな味わいになっています^^

ちなみにカフェラテは、逆に浅煎りなんだそう。

『せっかく自分のお店を持ったので、自分のやりたいことを形にしています』と、岡本さんは語ります。

P1470793

管理栄養士の資格も持つ岡本さんが作る、ずんだサンドも好評なんです^^

3つのサンドすべてに栗が入っていて、ボリューム感ありますが、口当たりは軽くて、コーヒーと一緒だっとあっという間に食べきれちゃいました!

『月祭はあくまでコーヒー屋なので、甘味もコーヒーと一緒に味わってもらいたいです。』とのこと。

なので、セットでの提供になります^^

P1470795

その際は、金平糖ではなく黒豆が付いてくるところもまた、ほっこりさせてくれます^^

今のところ夕方に多少混み合う時以外は、お客さんが重ならないところが魅力でもあるようで、学生さんからご高齢の方まで幅広年齢層の方がそれぞれのペースでコーヒータイムを堪能してくださるそうです^^

 

ちなみにコーヒーはテイクアウトも可能です。

 

P1470789 P1470769

個人的にお水が美味しいとより満足度が上がるのですが、月祭がまさにそんな感じ♪
(お水はセルフサービス)

P1470782P1470770

まさに『ほっと一息』入れたくなった時に、フラリと立ち寄ってもらいたいお店です^^

 

pageTop