札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『カフェ』カテゴリーの投稿一覧

1月16日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~COFFEE STAND 28

1月16日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息でご紹介したのは、白石区栄通18丁目にある、【COFFEE STAND 28

P1340088P1340091

コープさっぽろルーシー店の裏手の仲通りに面した、こちらのビルの1Fになります。

中に入ると、この場所にこんな素敵なカフェがあったなんて!と、失礼ながらビックリ!

P1340100

入口すぐのソファ席の横に、目を引く焙煎機があります。(焙煎は2017年からスタート)

P1340086P1340085

お店の雰囲気に合わせて、黒く塗ってカスタマイズしたそうです^^

P1340081

こうして店内を眺めると、要所・要所にこだわりを感じます。

オーナーで、国際的なコーヒー鑑定士「CQI認定Qグレーダー」の資格を持つ山口江夏さんは、老舗コーヒー店で修業していた際、海外のカフェを特集した記事を見て『高い専門性』と『気取らないカッコよさ』に感銘を受け、自分の思い描いていた店を作ってくれる建築事務所を探します。

いい出会いがあり、それから物件を探していたところ、その事務所がリノベーションを手掛けることになったこのビルの1階が空いていることを教えてくれ、2013年にオープンする運びとなったそうですよ!

お店の取材をしていると、“縁”や“タイミング”ってホントに大事だし、運命的なものだよなぁと、感じることが多いです。

P1340080

それにしても、どこから撮影しても絵になるし、どこの席も居心地が良い!

P1340076

ちなみにこの右奥にも、隠れ小部屋のような席があります^^

 

P1340077P1340071

店内の壁にはスペシャリティコーヒーについて詳しく、だけど分かりやすい説明書きが^^

実はワタシもよく分かっていなかったので、思わず立ち止まって読み込んでしまいました(笑)

ドリップコーヒーは1杯Mサイズが410円、Lサイズが520円で、テイクアウトもOKです。

もちろん、豆の販売もしています^^

取材中も、豆だけ購入して帰っていくお客様(年齢層が幅広い!)が入れ替わりでやってきまして、ファンが多いんだなぁと言うことを実感

そしてこちらのお店のもう一つのウリが、自家製の焼き菓子です

P1340064P1340070

実はワタシ、COFFEE STAND 28のことを、昨年の11月に丸井今井で開催された“珈琲マルシェ”で初めて知ったのですが、その時コーヒー以上に記憶に残ったのが焼き菓子だったのです!!

その時に、コーヒーを美味しく飲んでいただくための焼き菓子を手作りで用意していると聞き、これは一度お店に行かなくては!と思ったわけです^^

P1340055

念願かなって、イートインでのコーヒー&スイーツ

この日頂いたのは、“リングのタルトタタン風マフィン”

たっぷり目のコーヒーとマフィン

それを眺めているだけでも美味しい(笑)

早速マフィンを一口

これは間違いなく、コーヒーが飲みたくなる味!!

コーヒーがないと、オイシサ半減です(断言!)

ちなみにこちらは気まぐれお菓子なので、いつもあるとは限りませんので、悪しからず。。

FBページで“今日の焼き菓子”も紹介しているようですので、チェックしてみてください^^

P1340068P1340066

と、こちらのチョコブラウニーが、ワタシが珈琲マルシェでドはまりしたお菓子!

テイクアウトも出来るので、知人の手土産にと、買い占めてしまいました^0^;

 

COFFEE STAND 28 は、平日はAM7:30から営業中

お店をオープンする際、朝から営業するのは必須だったそうです^^
(オープン当初は一人なのに、7:00から営業していたそうです!)

 

雰囲気も味も、そして山口さんの人柄もすべてが心地良く、ご近所の方が羨ましい~

 

 

 

12月26日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~MORIHICO.藝術劇場

12月26日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、札幌市民交流プラザの1Fにある、【MORIHICO.藝術劇場

P1310573

この看板の通り、ハンドドリップコーヒーと本を存分に楽しめるカフェ

P1310575P1310580

というのも、お隣にあります図書・情報館の本を持ち込んで、読むことが可能なのです^^

逆にMORIHICOのコーヒーをテイクアウトして、情報館に持参することも可能!

 

さてお店の中はと言いますと、札幌の芸術と文化のランドマークタワー内ということで、その施設にふさわしい雰囲気!

P1310600

まずは天井が高い!

その天井を素敵に演出する、ライト

P1310581

その日の気分で自分好みの場所を見つけてリラックスできるような、様々なテーブル席

P1310620

 

 

そして象徴的なカウンター!

P1310588

置いてある道具すら、計算されつくされているように溶け込んでいるのです^^

P1310607

この蛇口的なもの、何だろうと思っておりましたら、エスプレッソマシンでした!

P1310608

色々進化しているんですね~

ふと、カウンターの側面にサインを見つけました

P1310593

こちら、札幌文化芸術劇場hitaruのこけら落としで指揮者を務めた“アンドレア・バッティストーニ”氏のサインなんだそうです!

そのサインすら、デザインの一部になっていました~

 

P1310605

ちなみに撮影したこの日は、すべてのテーブルにマルメロが・・・

オーナーがこの香りをお客様にも楽しんでもらいたいと、置いていったそうです^^

本当に癒しの香りが漂ってました!

 

ちなみにコーヒーの他、ケーキや姉妹店・マリピエールの焼き菓子なども楽しめます

P1310584P1310585

 

48416763_289725668554948_4573355054513258496_n

オススメはフルーツサンド♪

P1310595

また平日は8:00から営業しているので、モーニングセットなどもあります

 

 

それにしても、一つ一つの小物なんかもが見逃せないものが多い

P1310594P1310603

古いドアをテーブルにしている席もあるんですよ♪

 

夜は22時まで営業しており、劇場で公演がない日などは比較的ゆったりとした時間が流れているそうなので、自宅に戻る前にリラックスしたいときなどにもオススメです♪

 

 

 

どさんこワイド179で紹介した、【きっちん Taft-B】

本日16時頃に、STV・どさんこワイド179の中継で紹介した、【きっちんTaft-B】の“和風おからバーグ定食”を改めてご紹介♪

P1330451

 

01658eb9e7df4ed9aea48425ff40b26088d542e78b 0151114a8ccf9cf472977d0a10e31b44c8d68cb1c9

場所は札幌市北区北10条西4丁目、ビジネスホテル・ノルテⅡの2階

私も初めて伺ったときは、“ココ大丈夫かなぁ”と不安になってしまうほどの入口^^;

P1330460

でも中の雰囲気は、明るくてナチュラルで、ホントにほっこり出来る空間です^^

カウンター席は窓際にもあり、おひとりさま利用がしやすいのと、11:00~19:00までの通し営業なので、ランチタイムをつい逃してしまった営業マンなんかにも嬉しいお店です♪

P1330456P1330457

店長が管理栄養士他、2名の栄養士がおりまして、メニューには栄養素やカロリーも記載されているんです^^

P1330458

 

P1330447

どれもハズレはありませんが、個人的には“和風おからバーグ定食”が一押し♪

P1330449P1330453

体が喜ぶ日替わりの小鉢が3つ

P1330450

ご飯は玄米OR白米をお好みで♪

大盛りも無料とのこと!さすが北大に近いお店です^^

P1330455

それにしてもこのおからバーグ、おから感はあまり感じず、ふわっふわで口どけのいい、鶏ひき肉のハンバーグのような肉感もしっかりあり、何より味付けがイイ!!

男性でも満足できる、しっかり目の味付けなんです~

13時過ぎは女性陣が多いですが、12~13時は男性の数の方が多い気がします!

ちなみにホテルの駐車場が2時間無料になるそうで~す~^^

 

個人的に野菜パフェが気になるので、次回はカフェ使いで行ってみたい♪

 

 

地下鉄直結&飲み放題が150分で、女子会に最適なパーティプラン★OMS札幌パルコ店

今年の10月にオープンした、【OMS札幌パルコ店

P1320959P1320963

P1320961

札幌パルコ=地下鉄駅直結ということで、これからの季節には嬉しい立地!

と、オムライスとパンケーキというと、カフェの印象が強くてあまり飲むという雰囲気ではないのかな?と思っていたのですが、実は女子に嬉しいプランがあるんですよと教えていただき、Sapporo100milesの読者にお声がけして、リアル女子会を開催!

a33750249d409d701a5283ba598a6d07

そう、飲み放題の時間が120分ではなく150分で3500円or4500円なんです♪

女子は飲んで話し出すと、とにかく止まりません(笑)

なので120分だと全然足りなくて、消化不良を起こします^0^;

さて、早速ドリンクをオーダーします

P1320975 P1320978

ハイボールにビールにワイン

女子は自由です(笑)

P1320976 P1320973

ちなみに今回のメニューはこんな感じだったのですが、私たち(のん兵衛)がかなりアツく要望(ワガママ?)をお伝えしたので、もう少しラインナップが増える可能性があるとのこと!

 

と、アルコールのことになるとつい、アツくなってしまいますが、お料理の方もご紹介します♪

P1320981

こちらはレバーペースト

トンデンファームさんの豚肉を使用しているそうです

 

P1320983

ちりめんじゃこキャベツ

ココでちりめんじゃこ?と思いましたが、YOSHIMI(OMSはYOSHIMIの姉妹店になります)の常連のお客様は、これを食べないと始まらない!というほど、定番人気メニューなんだそうです^^

ワタシとしても、バリバリイタリアンの中にもこの手のお料理が出てくると、正直ホッとします^0^;

P1320986

ポテトフライはパルメザンチーズとトリュフOILがかかっているので、のん兵衛仕様となっております

 

ところで今回、急遽半分(8名だったので4名分)は4500円コースのお料理も出していただくことになりました!

ちなみに4500円コースは、ちりめんキャベツとポテトフライが、下記の2品に替わります

P1320985

エビときのこのアヒージョ

P1320989

モッツアレラチーズと生ハムのトースト

ワインじゃんじゃん飲んじゃってください!っていう2品じゃないですか(笑)

ということで、ワイングラスがテーブルの上にどんどん増えていきました^^;

 

こちらは2コース共通のメニュー

P1320993

ローストビーフとスチーム野菜のSALDA

温野菜なところが嬉しい♪

そしてローストビーフが思っていた以上に柔らかくて好評!

 

3500円のメインディッシュ

P1320994P1320999

モッツアレラチーズソース グリルソーセージ・北海道産ジャガイモ

やはり、シャッターチャンスですよね!いかにも女子会っぽい光景・(笑)

そして4500円コースはチーズもUP!食材もグレードUP!

P1320991 P1330005

ラクレットチーズ 黒毛牛ステーキ・北海道産ジャガイモ

しかもラクレットチーズがスイス産!(←本場ですし、原価お高めですよ!!)

P1330006

でもって、遠慮を知らない女性陣、『あともうちょっとかけて~! 追いチーズお願いしま~す!!』と、声がワントーン高くなる(笑)

 

P1330010

こちらも2コース共通メニュー

黒毛牛のミートショートパスタ

こちらのミート、ハンバーグを砕いているので、肉の存在感があって、炭水化物というよりはアルコールのつまみ的に味わえました!!

 

そして女子会の必須アイテム!甘いモノは別腹、〆のデザート

P1330015

3500円コースは、YOSHIMI北海道牛乳ソフトクリーム

4500円コースはYOSHIMIスフレパンケーキ

P1330013

どっちも美味しいから、どちらも食べたい!!なので個人的にはスフレパンケーキにソフトクリームを添えてくれたらものすごくうれしい~※量はホントにちょっとでいいんですっ

と、またまたついついワガママを言ってしまった^^;

 

P1320970

今回は、入口付近のこちらの席を利用しましたが、パーティプランは2名からOKなので、シーンに合わせて利用できる席が色々ありますよ^^

 

P1320966 P1320969

まぁ、女子会の場合はトークに熱が入るので、ちょっと隔離された席の方がいいかもですね^^;

 

このプランは事前に予約すれば日中でも利用可能なので、ママ会にも利用できそうですね^^

と、もちろん男性陣の利用も可能です~

 

11月28日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~時計のない喫茶店

11月28日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”で紹介したのは、約1年前に北大通り沿い・北17条にオープンした、【時計のない喫茶店

P1320012

実は看板はつい最近ついたようなので、何屋だろう?と思っていた方もいらっしゃるかもしれません^^;

P1320014 P1320010

店の名の通り、“喫茶店”になります

P1310955

カウンター7席と、4席のテーブルが1つ、2席が2つのお店です

P1310962

こちらのメニュー表にも書いてあるように、とてもシンプルだけどすごくセンスの光る喫茶店

P1310970

さりげなく置いてあるオーディオセットまで、店内に溶け込んでいる感じ

P1310969P1310967

このスピーカー、好きです!!

と、お一人で店を切り盛りしている村上さんが、音楽や映画再好きとのことで、店内にもそのこだわりが溢れています^^

 

P1310961

コーヒー豆はこちらで焙煎しておりまして、取材した日のスペシャルコーヒーはこのようなラインナップでした

P1310963

それにしても、メニューの字体も雰囲気にあっているなぁ~

P1310980 P1310990

せっかっくなので、コーヒーを淹れていただきました

この、ドリッパーの台、すごく素敵!!

こういうところにもこだわりを感じます^^

P1310999

ケニアのカグモイニ

と、このコーヒーカップ、メチャメチャ好みなんですけどっ

P1320008

こんなにコーヒーカップがあるのに、どうしてワタシが好きなカップが分かったんだろう~

P1310979

コーヒー豆については、こんなカードまで用意されていて、最近コーヒー豆に興味を持ち始めているワタシにとっては、とても嬉しい^^

ちなみに来年から、250の農園と契約しているという、ノルウェーの豆会社と取引が始まるそうなので、札幌ではなかなか飲めないコーヒーが楽しめそうです^^

 

ドリンクは、アイリッシュコーヒーやカクテル、自然はワインなどのアルコールメニューもそろっていて、金土は24時まで楽しめます

46837050_543655192713625_6368520125745725440_n

 

そしてスイーツ、東区にある霜月堂さんのケーキを楽しめるそうです^^

46853175_2220298824920907_4956338263255154688_n

う~ん、やっぱりどれもこれもセンスがいいっ!

 

P1310975

火・水・木は、モーニングも営業中

 

その日の気分で、色々な使い方が出来そうな喫茶店

そして、時間を忘れて楽しみたい喫茶店♪

 

 

そうそう、村上さんは時計のない喫茶店を始める前は、札幌市内に数店舗ある老舗の喫茶店で働いていたそうで、
そののちに、こちらのお店を構えることになったのですが、よっぽどコーヒーが大好きで始めたのかと思いきや、『ゆったりした雰囲気の中で働けそうだから』というのが、最初のきっかけだったそうです!

ただ、実際に働いてみると全然そんなことはなかったらしく、特に今は小さな機械で焙煎をしているため、開店前や閉店後に3時間もかけて焙煎を行っているそうです^^;

まぁだけど、それでも辞めずに続けているということは、もうすっかり、コーヒーの世界にハマってしまったのでしょうか^^

 

 

 

pageTop