札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『テイクアウト』カテゴリーの投稿一覧

この場所だからこその感動~フェルム ラ・テール美瑛本店

P1860305

フェルム ラ・テール美瑛

最初にお店のコンセプト等をじっくり聞いたのがこの時

東京の洋菓子店なのに、誰よりも美瑛に対してのアツい想いがある会社だなぁ、いつか美瑛本店に行ってみなくては!!と、思い続けて2年、ようやく念願が叶いました!!

01f2f9727147666b27a8f7394ec728a429d8376578

しかもお天気にも恵まれて、道中の景色に感動しまくり!!

何度も車を停めて、景色を見入ってしまいました(≧▽≦)

01a851b7591be011fafc5e8c6b0443001849a066eb

美瑛らしい風景

この景色から少し行ったところに、フェルム ラ・テール美瑛本店があります。

01c926d1cf6529f298acb849ad47be03e71b283775

看板が見えてきました!

P1860302

お店に入る前から癒されまくりな景色

P1860304

真ん中はパンを焼く窯をイメージし、美瑛の景色に溶け込むようにと考えられたそうですが、どこか鳥のようにも見えてカワイイ^^

InkedP1860365_LI

店内に入ると、右手がお菓子とパンを販売してるショップ、そして左側がレストラン

平日だったのですがお客様がひっきりなしに来店されていて、人気ぶりが伝わってきました^^

P1860334

こちらがこの日のランチメニュー。どれも美味しそうですっ!
(メニューは季節によって変わりますので、こちらを参照下さい)

やっぱりパンがウリなんですね^^

P1860332

が、本日はあえてのリゾット!!

“アスパラと行者ニンニク”って、本当に今しか食べられないザ・北海道なリゾット(≧▽≦)

P1860340

本日のスープはカリフラワー

真ん中にはぺぽナッツ

P1860353

個人的にも大好きなカリフラワーのスープ、この風景を眺めながら食べるとさらにオイシイ(≧▽≦)

P1860343

野菜サラダのドレッシングがピリッと辛味が効いていて、シャキッとします^^

P1860344

こちらが美瑛町産ゆめぴりかのリゾット~アスパラと行者ニンニク~

道産子の私ですら、見た目からしてテンション上がります(≧▽≦)

P1860360

ちなみにアスパラは、美瑛町・太田農園さんのもの

P1860346

道産子なので、色んな農園のアスパラを食べておりますが、太田農園産のアスパラはとっても瑞々しくて、いくらでも食べてしまいそう!!

P1860351

リゾットの中にもアスパラがタップリ!!

チーズがたっぷり入った濃厚なリゾット・・・一口食べるたびに目をつむってその美味しさを加味してました(≧▽≦)

これはワインが欲しくなるところですが、この後も運転しなくてはなりませんので、今日のところはガマン

P1860339

ということで、今日はジャージー牛乳!!

こちらはファームズ千代田さんのもの

この時も書きましたが、ゴクゴク飲める上品系で、濃厚なリゾットの後にもピッタリ♪

P1860359

お腹はいっぱいでしたが、せっかくなので人気のプリンも♪

やっぱり美味しいものは、多少お腹がいっぱいでもペロっと完食です(笑)

P1860363

食後にショップをのぞいてみると、パンはほぼ完売!

なので、ランチ前にお取り置きしておくことをお勧めします(私はもちろん、お取り置きしておきました!そのパンはこちらで美味しく頂きました^^)

P1860307

お菓子の方をチェックしていると・・・

P1860322

美瑛本店限定の商品もいくつかありました^^

P1860314

こちらのマドレーヌは、自宅に戻ってから食べましたが、ジャージー牛乳との相性が抜群なマドレーヌ^^

P1860312

一度は絶滅しかけた赤麦を使用したクッキーも発見
※赤麦のお話しについてはこちらを参照ください

P1860317

お忙しい中、洋菓子のシェフ、バクサ裕子さんが挨拶してくださいました^^

この春、美瑛町に越してきたそうです

ちなみにドイツ人のご主人が、レストランのシェフをされています!

P1860316

美瑛町に根を張り、美瑛町の良さを全国の人に伝えていく、フェルム ラ・テール美瑛

足を運べて本当に良かった!!

P1860303

次はこちらの宿泊施設に泊まって、ディナーを堪能してみたいなぁ~
(ちなみに愛を積む人を観ながらブログ綴りました^^)

 

★6月9日(木)~19日(日)まで、5周年アニバーサリーフェアが開催されるようです!!

コンセプトは“私にとってのおにく”があるお店~meet meat studio

P1860517

5月10日(火)にオープンしたばかりの、【meet meat studio

最初に店名を聞いた時、ずいぶん肉肉しい名前だなと思ってたら、一つはmeetでした(笑)

ということで、色んな肉料理のお惣菜が購入できるデリカテッセンとなります!

P1860518

場所は中)南2東2大都ビルの南1条通り沿いで、お玉の音符が描かれている右側の扉のお店

(ちなみに左側は大友堀トーチ 。こちらも気になっていて、いつ行こうか計画中)

P1860523

店内は狭いながらも、とても目を惹くカラフルなショーケースが、ワクワクさせてくれます^^

P1860519

 

P1860540

盛り付け方の勉強にもなります!!

P1860531

肉料理がメインではありますが。同時にお野菜も摂れちゃうという、理想的なお惣菜!

P1860532

そして、ヴィーガン対応のお料理の用意もあるのです^^

P1860551

テイクアウトの容器はこんな感じの紙製

P1860555

もちろん、1つ1つそのままでもOKですが、手土産として持参するときはこんなBOXの用意もあります♪

P1860562

6個詰めてもらった一例

温めた方がより美味しく味わえる総菜には赤のシール、冷菜には緑のシールが貼られています^^

P1860553

 

P1860562

こうしてみるとすごくコンパクトですが、お皿に盛るとなかなかボリュームがありました~

P1860576

この内容で、だいたい4000円ちょっと(少しだけ野菜を足しました)

大人二人、軽くワインが1本空く盛り合わせ(笑)

選ぶお惣菜によっては3000円前後~になるそうです

P1860568

肉々しいけどくどくなく、色んなお肉料理だから食べ飽きもしない!

肉好きにとって、この上なく嬉しい盛り合わせ(≧▽≦)

どれもおいしそうで決められないという方は、スタッフさんにどんなシチュエーションで食べるのかを伝えて相談に乗ってもらうのも良いかもです^^

そしてmeet meat studioさんにはもう一つの看板メニューがあります!

P1860564

お弁当です!

お弁当と言っても、普通のお弁当とは若干違います

P1860580

とにかく、品数がすごいのです!!

P1860565

この中に、そんなに多くのお料理が入っているの??というくらい入っています!!

(食べ始めてからこれを全部大皿に並べてみればよかった~と、ちょっと後悔しました^0^;)

P1860581

こちらはスタンダード弁当

P1860566

ハイスタンダード弁当とは、ほぼ中身が違うので、2人でシェアして食べたら、すごい種類のおつまみが楽しめちゃいますね!

そして食べ終わるころに辿り着いた考えが、のん兵衛はご飯は握って明日の朝ご飯に残しておいて、おかずをアテに飲む!!

どのおかずも一口サイズなので、ピンチョスのように楽しめてしまうのです!

営業時間は20時までとのことなので、近隣で働く皆様、今日は手抜きしたいけどちゃんと美味しいものを食べたい(そして飲みたい~)という時に、かなり使えるお店かと!!

P1860527

今の時代だからこそのお店ですよね^^

これから、市内のあちこちに出来れくれたら嬉しいな♪

24時間無人販売の餃子店が東区本町に3月26日(土)OPEN!【北海道餃子研究所】

P1840135

3月26日(土)10:00にオープンする、【北海道餃子研究所

場所は東区本町、環状通沿い

スシロー並び、ブタキングの向かいと言うと分かりやすいでしょうか?

先月こちらのブログで同じようなお店を紹介したばかりだったので、あまりに気になってオープン前に取材させていただきました!

P1840137

『製造が追いついていなくて、まだ商品が半分くらいしか入っていないのですが・・・』とのことでしたが、公式Twitterをみるとさらに商品が陳列されていました^^

P1840141

当然のスタイルのように、支払いは料金箱に投入する、“餃子の雪松”方式

P1840139

料金も、30個で1000円(税込)

P1840143

保冷バッグ(保冷材は2個までサービス)も100円

たれも100円ですが、現在は準備中

なのでこちらも1000円札と100円玉を準備していかないと、おつりは出ません

FOHyOO6aIAEmyVZ 015316ed68349d1df06e31d3de21c22ccae54384be

試食品を頂きまして、早速食してみました

P1840160

大きすぎず、小さすぎずなサイズ感

聞くと、19~20gとのこと

まずはそのままいただきます

甘い!

最初に感じたのは、キャベツの甘さ

皮もほんのり甘く感じます

豚肉の旨味もいい塩梅^^

ニンニクがつん系ではなく、小さなお子様からご年配の方まで万人の方に美味しいと言っていただける味わいに仕上げたとのこと

確かにこれは、誰もが美味しいと思う味わい!

といって、物足りなさを感じるわけではなく、とにかくパクパク食べられちゃう感じなのです^^

P1840162

中をのぞいてみたら、キャベツのザクザク感がしっかり見えました!

キャベツも豚肉も道産にこだわっていますとのこと(一部季節によっては本州産のこともあり)

 

と、なぜパッケージにラーメンどんぶりの絵が描かれているのと思いませんか?

実は北海道餃子研究所は、西岡にある【札幌豚研究所】とミシュラン一つ星の和食店で修行した料理人がタッグを組んで製造した餃子とのこと

なので、使用している豚肉は同じものだそうです

FOhS_JeaMAIPn_X

食べ終わってからTwitter上でこちらの文言を発見したのですが、まさにその味わいでした!!

ちなみに今のところは1種類のみでの販売ですが、今後違う味わいの商品も出す予定とのこと^^

 

それにしても餃子って、これだけ色んな種類があるのに、どれもちゃんと個性がありますよね~

こうなると、冷凍餃子食べ比べ会なんかをしたくなってしまう性分です^^;

 

 

無人販売なうえに料金箱!令和のこの時代に誕生した【札幌みそぎょうざ】

P1830158

昨年、平岸に1号店がオープンした時から気になっていた、【札幌みそぎょうざ】

以前、こちらでも紹介したことのある、札幌市東区に本店がある【SAPPORO餃子製造所】が手掛けた“無人販売所”

先日、8店舗目となる麻生店がオープンしたと聞き、足を運んでみました

場所は、西5丁目(樽川通り)沿い・イオン麻生店並びのローソンが入っているビルの1階

かなり目立つので、チラリと店舗を見て行かれる方がほとんどでした

P1830159

入口はこちら

真正面に餃子のパックが並んでいる冷凍庫が見えます

P1830161

購入の仕方はこちらに記載されています

P1830162

え?!

冷凍庫は自由に開けられるうえに、代金はこの箱に入れるんですか????

これは田舎でよく見かける、野菜の無人販売と同じシステムじゃないですか?

人の多い札幌の街でこのシステムとは・・・

初めて購入しに来たと思われる奥様もかなり驚き、『持っていかれないのかしら?』と、心配しておりました^^;

担当者の方に話を聞いてみたところ、全くないとは言い切れないけど、やはり日本人は良心をお持ちの方が多いようです^^

P1830171

札幌みそぎょうざは、SAPPORO餃子製造所が製造してはおりますが、お店では食べられません

お店の餃子はかなり大きいのが特徴ですが、札幌みそぎょうざは一口サイズ

自宅にあるフライパンでも焼きやすいので安心

P1830178

札幌みそぎょうざは2種類

1パックに15個入っていて、2個セット=30個で税込1000円

P1830166

タレは別売りで、一つ100円

このまま食べても十分味はついているそうですが、酢がベースのタレなので、ドレッシングとしても使えるのでオススメとのこと^^

と、無人の料金箱システムなので、おつりが出ません

店内に両替機もないので、購入の際は1000円札と100円玉を用意していきましょう!

P1830172P1830173

保冷材は2個まで無料で使用できますが、保冷バッグは1つ100円なので、お持ちの方は持参するのがオススメ

 

P1830185

餃子は冷凍のまま、フライパンで蒸し焼きにして調理します

P1830194

最後に軽く焼き目をつけるとカリカリな食感を楽しめますが、スタンダードな札幌みそぎょうざは、個人的に焼き目がついていない、柔らかい状態でも美味しくいただけました!

みそといっても、白みそが隠し味程度に入っている感じなので、ものすごくみそを感じるわけではなく、旨味とコクがじんわり口に広がる感じです^^

一口サイズなので、一つ食べるともう一つ・・・という感じでパクパク食べられちゃいます!

でもって、ビールが進む!!(≧▽≦)

にんにく&生姜ぬきの鶏しその方は、焼酎や日本酒に合うタイプ!

こちらはさらにやめられない・止まらない状態でした^0^;

平均すると、一人15個くらいでお腹いっぱいになる感じかな?

P1830164

札幌みそぎょうざには、SAPPORO餃子製造所でも人気の、札幌タレざんぎも販売しています

P1830176

お店同様、一つが大きい!

パックから取り出した後、皿に並べてラップをかけずにレンチン

P1830179

その後、トースターで軽く焼くとカリカリ感が出て、より美味しく味わえます^^

P1830182

付属の甘ダレをかけて、オススメ通りマヨネーズも添えてみました

お店とおんなじ味~!!

久し振りにお店にもお邪魔したくなりました(豚汁がおいしいんですよね~^^)

 

札幌みそぎょうざは、SAPPORO餃子製造所の餃子をただ小さくしたわけではなく、このサイズのために皮の厚みも、野菜の切り方も、すべてこのためにレシピを作り替えたそうです

『スーパーには冷凍食品の餃子も販売されていますが、札幌みそぎょうざは冷凍食品とお店で味わう餃子の、ちょうど真ん中くらいの餃子を目指しました』とのこと

手軽に味わえて、いつもよりはちょっとリッチな味わいを堪能してもらえたらと思っているそうです^^

そして、“札幌発祥の新ソウルフード”とうたっているように、札幌の餃子と言えば“みそ味だよね”と言ってもらえるような存在を目指しているそうですよ!

そんなわけで、お店はまだまだ増やす予定とのことですので、ご近所に出来る日も近いかもです!

 

おまけ

P1830169

このディスプレイは、商品を入れている段ボール!!

段ボールなのに、ちゃんとオシャレなのがステキ(≧▽≦)

それから、店内に入ったら10秒くらい耳を澄ませてみてください

気になる存在のオリジナルのテーマソングが流れているんです♪

 

札幌みそぎょうざ麻生店は、現在のところは8:00~22:00までの営業ですが、平岸店などは24時間営業

コロナ禍で生まれた、非接触型の無人販売店

食品の冷凍自販機も含め、これからの時代のスタンダードになっていくのかなぁ

ワイン必須の『おうち~ズ』セット~ミルク&ナチュラルチーズフェア2022

MC2022_000001

1月13日(木)から帯広・藤丸百貨店でスタートした、【ミルク&ナチュラルチーズフェア2022

いよいよ1月20(木)から、札幌で開催!

場所は毎年お馴染みの、さっぽろ東急百貨店7階催事場

年月を重ねるごとに工房が増え、商品アイテムも大幅増!

毎年、取材するたびに散財してしまうオサナイです^0^;

実は今回、自宅で楽しんでもらえる『おうち~ズ』セットというのがありまして、企画に携わらせていただきました^^

P1810978

まずこちらは、【うぉんたな-DELI-】さんのミルク&ナチュラルチーズフェア限定・“9種のチーズ&ミルクオードブル”

全てのお料理にチーズや乳製品が使われています(≧▽≦)

オードブルの内容は・・・

*サーモンの昆布〆〜酒粕クリームチーズのムース〜

*ほうじ茶風味のコンフィ

*蓮根の揚げニョッキ〜ゴルゴンゾーラソース〜

*トマトのラザニア

*根セロリのグラタン

*ドライフルーツと胡桃のテリーヌ

*ズワイガニのリエット

*トマトとモッツァレラの白ワインゼリー寄せ

*干し柿とリコッタチーズのピンチョス

ひゃ~!!全部好きなヤツ(≧▽≦)

P1820004

プラケースのままでも美味しく味わえますが、大きめのお皿に並べてみると、こんな感じ♪

一気に食卓が華やかになりました^^

P1820008

自宅なので、当然のようにワイン用意しておきました!

今回のオードブルはどちらかというと、白か泡があう構成です^^

しかも食べるのも飲むのも、全然止められません(≧▽≦)

この一口サイズのおつまみって、ホントにキケン~~~

まさに、食べらさる・飲まさるセット!!

どれもおいしかったけど、ズワイガニのリエット、個人的に大好きかもっ

P1810994

今回のスペシャルオードブルを考案してくれた、うぉんたな-DELI- ERI’skitchenが、大好評のえりさん

うぉんたな‐DELI-には、元々家飲み酒肴セットというオードブルメニューがあって、ワタシも実際に自宅で堪能したことがあるのですが、こんな感じのセットをミルク&ナチュラルチーズフェアに合わせて作ってくれないだろうかと、相談

すると、どうせなら全部の料理にチーズや乳製品を使用してみよう!ということになり、今回のオードブルが完成したわけです

しかもワタシが、出来るだけ気軽に購入できる価格だと助かりますっ!!と、無理を言いまして、この内容で税込1425円!!!!

チーズや乳製品をこれだけ使ってこの価格。かなり頑張ってくださいました(≧▽≦)

今日は自宅でまったり飲みたい~という方に、絶対オススメですっ♪

 

そしてもう一つ

P1810972

北海道キッシュが全国の物産展や通販サイトで大好評の、【パークデリ】さんの“北海道チーズグラタンプレート”

写っているのは、パークデリのオーナー・田畑さん

多忙な合間を縫って、写真を撮らせていただきましたm(__)m

元々、乳製品はたっぷり使用しているお店ではありますが、ミルク&ナチュラルチーズフェア限定ということで、いつもより多めに使っております^^

P1810965

メインのグラタンは、十勝モッツアレラやひがしもこと乳酪館のチーズを使用

 

と、こちらもせっかくなのでお皿に移して頂くことに(画像はすべて2セット分)

P1810996

こちらは合鴨のコンフィ

合鴨は幌延産、そしてかかっているチーズはひがしもこと乳酪館のスモークゴーダ

合鴨柔らか~い!!

お肉自体は優しい味わいなので、スモークゴーダとの相性バッチリ!!

こりゃまたワイン(こちらは赤の方がオススメ!)必須のお料理です(≧▽≦)

P1810999

そして合鴨よりワイン必須だったのが、雲丹のキッシュ

十勝モッツアレラと日高乳業のマスカルポーネをた~っぷり使用していて、田畑さん曰くほぼチーズ!とのこと

確かに、キッシュってこんな感じだったっけ?というくらいチーズでした(笑)

そしてそして・・・雲丹の塩味がズルいほど効いています!

これをノンアルコールで食べろという方が酷です

フライドポテトは芽室産

田畑さんの一押しフライドポテト、ほぼ息子に食べられてしまいました^0^;

P1810995

こちらはうずらのピクルス(とオリーブ)

紫色はハスカップ漬けになっています(黄色はターメリック)

ハスカップはもちろん、北海道産

このこだわりの内容で、税込972円!

 

今回、14:00からの販売ということで、晩ご飯用のイメージで作ってもらったわけですが、ワタシがのん兵衛ということで、夜は炭水化物無しのつまみ系が理想!と伝えたところ、どちらもこんなにも飲まさるセットに仕上がっていて、感激しております(≧▽≦)

そうは言っても、パークデリさんの北海道チーズグラタンプレートは、グラタン&ポテトを小5男子も喜んで食べていたので、ファミリーで楽しめます^^

P1820002

 

そんなわけで、3人家族ならうぉんたな‐DELI-さん1パック、パークデリさん2パックを購入すると、かなり豪華で大満足な晩ご飯になりま~す^0^

どちらも14:00~の数量限定販売なので、気になった方はお早めにお買い求めくださいね^^

 

 

pageTop