札幌100マイル

札幌100マイル編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『カワイイものたち』カテゴリーの投稿一覧

バターバトラーとワンコインハンドトリートメントBy大丸札幌店

オルセー美術館 至宝のリマスターアート展の取材の後、チラシで見て気になっていた地下1階のほっぺタウンSWEETS EVENTコーナーへ

P1070407

バターが主役と謳っているスイーツ、【バターバトラー

北海道初出店なんだそうです^0^

P1070412

すごく目に留まる色使い♪

P1070445 P1070442

バッグ・外箱・個包装のデザイン、そして形状まで、すべてカワイイ!!

P1070448

バターが主役というだけありまして、個包装を開けた瞬間のバターの香りが高い!

噛むとさらにバターの香りと味わいが広がりまして、まあに至福の時♪♪

1つ食べた小1の息子、個包装を開けた瞬間『食べる前からすでに美味しいね!』って、ある意味すごいコメント言ってました(笑)

P1070411 P1070413

フィナンシェの他のスイーツも気になります!!

5月2日(火)までの出店なので、気になった方はお忘れなく^0^

 

P1070418 P1070419

バターバトラーの裏には、日曜日のクッキーが出店中なのですが、

そこで先日こちらで紹介した、アニーザパクチーを発見!!

P1070415

コチラ、ホントに買いですよ~^0^

 

エスカレーター前のスペースでは、九条ねぎのえびせんべいが販売中

P1070421

ん?九条ねぎがある??

P1070422

なんと、くじ引きでした^0^

P1070424 P1070425

 

 

ところで明日、28日(金)はプレミアムフライデー♪

大丸札幌店にも様々なプレミアムフライデープランがありますが、先月から気になっていたのが、ハンドトリートメント&フット角質ケア

P1070403

3階にある、ネイルバーで実施しているようです。

P1070405 P1070401

試しに、ハンドトリートメントを体験。ローズの香りのクリームでマッサージ温ピ

01fdf6cf5caa38a136bc0d102fc6898ca67b806ebe P1070404

5分でも疲れが若干、緩和されます^^(ホントは30分くらいやってもらいたいけど。。。^0^;)

逆に5分なら、買い物の途中でサクッとよれるのがイイですよね^-^

角質ケアは奥の個室で。

そろそろ足もケアしておかないとだし、明日やってもらおうかな~^^

 

 

 

10月19 日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~パティスリー ブリスブリス

10月19日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、南区川沿にある、パティスリー ブリスブリス

P1000759

先日、大丸札幌店のクリスマスケーキ発表会に行った時、一目惚れならぬ、“一口惚れ”をして、その一口がすごくほっとできる味わいだったので、改めてお店に取材に行くことにしたのです^^

P1000775

古い一軒家を改装した、五輪通り沿いにあるお店。向かいにえびすやがあります。

P1000758

中はとても明るくて、清潔感のある雰囲気^^

お店は昨年の11月にオープンしたので、もうすぐ1年になります。

オーナーパティシエの中本さんは、夕張出身ですが、15年間神戸の有名洋菓子店にいらっしゃったそうです。

P1000766 P1000787

入口側には焼き菓子やクッキーが並びます。

P1000770 P1000769 P1000774

ちょうど焼き立てのマドレーヌがあって試食用にいただいたので、帰りの車中で食したところ、車内が一瞬にして美味しい香りい包まれまして、なんともシアワセな気分で運転しておりました^^

パンもそうですが、美味しいものは香りから美味しいですよね!

ブリスブリスさんは、“ギフトとしてのスイーツ”をしっかり意識されているので、パッケージデザインがとても洗練されています。

P1000767

これって、結構重要なポイントなんですよね!!特にスイーツは見た目ってすっごく大事。(もちろん、味が第一ですが)

中本さんは神戸時代に、ブライダルギフトなども担当されていたので、その辺りのセンスもしっかりお持ちのようです。

P1000779

うん、ケーキもやはり、美しい!! ホントにケーキのショーケースって、眺めているだけでシアワセな気持ちになります^^ ケーキは受持20種類ほどあって、冬はもう少し種類が増えるようです。

 

P1000792 P1000781

自宅に持ち帰り、早速いくつか味わってみました。こちらは余市の果樹園の旬のフルーツを使用しているタルト。まさに今しか味わえない味。

先日の記憶が残っているので、最初から期待して食べましたが、期待以上の味わいに大満足!

フルーツがとにかくフレッシュで、その素材感を存分に生かしてくれている味わいです!!

P1000795 P1000796

栗とショコラのクリームパイと大豆のやさしい和風パフェ

どれを食べても、素材が生きているのが分かります^^ そして甘すぎないからいくつでも食べたくなってしまい、ある意味危険・・・^0^;

中本さんは、神戸時代も北海道の素材をたくさん使用していましたが、そのたびに、“素材はその土地で使用してこそ、活かされる”と思ったそうで、満を持しても札幌出店となったそうです。

なので、北海道で入らないもの以外はすべて道産。生産者との関わりも大切にし、果樹園などは自ら足を運んだそうです。そんな実直な思いが、地域の方にもジワジワと伝わっているようで、取材時も続々にお客様が。。。

地域的にご高齢の方も多いようですが、一度食べたらもう一度食べたくなる味のようでした^^

P1000762

その時いらしていたお客様や、電話注文で圧倒的に購入率が高かったのが、こちらの“KOBEメモリー”

オーダーを受けてからガナッシュをかけて完成させるので、1日限定20台。しかも本当に美味しく味わえるのは、2時間以内なんだそうです。

次回はKOBEメモリーにシフトを合わせて伺います!!

 

P1000791

こちらはケーキが入っていた箱

ちなみにBliss~ブリスとは、“至福、この上ない喜び”という意味なんだそうです。

その店名にふさわしいスイーツでした^^

それにしてもこの辺り、以前紹介したこちらも含めて、美味しいスイーツやベーカリーが集まる場所なんですね~

うらやましい!!

 

 

お土産にしたくなる珍味【Hotaru no hikari】

大丸札幌店ネタ続きになりますが、7階催事場とは別に、地下1階のほっぺタウンにも、見逃せないお店があるんです!!

P1000666

そのお店の名前は、【Hotaru no hikari】 なんと、珍味屋さんなんです!

P1000671

東京・虎ノ門にお店があるみたいなのですが、業界初・珍味のギフトショップと謳っているだけありまして、パッと見は全然珍味に見えません!!

が、よくよく見ると中身は珍味です

P1000668 P1000669 P1000670

もともと珍味問屋で、古き良き時代の日本の食文化をこれからも繋げていきたいと、ギフトにもなるような珍味を販売しようと、このようなデザインやキャッチコピーを、社長自らが考えたそうです!

そしてデザインだけでなく、味の方もこだわりぬいておりまして、同じ珍味でも、よりおいしい珍味を厳選して販売しているそうです^^

よく食べていたさきイカ(キラキラ もふもふ)なんかは、その違いがよく分かりました^0^

 

 

P1000683

珍味ギフトというだけあって、アイデアも素晴らしい。。

P1000682 14523299_1138421436248966_3303804214138630171_n

たとえばこちらは海外の方向けに、梅干しの珍味が富士山の描かれた桝の中に入っております!

 

もちろん自分用に購入したってOKです^^ 見た目がかわいいから、旅のお供にバッグに忍ばせて置いてもイイかもです^-^

P1000804

P1000809

早速自宅で晩酌・・・真ん中のハタハタ、ヤバいくらい燗酒が進みますっ

そして、銀杏がサックサクでやめられない・止まらない状態です^0^;

 

P1000677 P1000680

そうそう、Hotaru no hikariの向かいは酒売り場なんですが、今は京都の英勲がきておりまして、色々試飲もできるのですが、『このお酒なら、この珍味が合うと思いますよ~』と、マリアージュまで提案してくれました^0^;

P1000681

 

つい、長居してしまいました^^;

Hotaru no hikariの出店は、10月11日(火)まで!! ※常設希望

 

 

この場所にいるだけで心地イイ・・・いいモノいいコトマルシェVol.8 By大丸札幌店

P1000745

 “食篇”につづく、いいモノいいコトマルシェVol.8 こちらは、クラフト篇です!!

毎回、見ると全部ほしくなるほど素敵な商品が多くて、逆にあまり近づかないようにしてるほどです^^;

ここで紹介しているのはほんの一部ですが、個人的に気になったものをいくつかピックアップ^^

 

P1000726 P1000725

会場の奥の方に、ASAHIKAWA DESIGN WEEK的な空間を見つけました!

北海道の北にある森林の町・中川町のKIKORIというグループのようです。

P1000727

ハチミツもある!

P1000729

今回は非売品とのことですが、この白樺のライト、雰囲気ありすぎです!!

P1000728

そして このポスター、圧巻です!!久しぶりに中川町に行きたくなりました!!

P1000735

実は先月(だったかな?)東急百貨店で一度お見掛けして気になっていたCOASのアクセサリー

その時、Marzoのイヤリングをしていたのですが、『あ、それMarzoさんのですよね?』と聞かれ、小樽の作家さん同士なので繋がっているんですね~なんて、話が弾みました^^

P1000734 P1000733

う~ん、やっぱり好きだなぁ。。リングもブレスレットも欲しいなぁ・・・^0^;

 

 

そしてそして、今回、ワタシの琴線に触れまくったのが、UNGA↑(ウンガプラス) P1000737

【人々に富と幸福をもたらした北前船に、さながら七福神を乗せた宝船の姿を想い重ね、小樽を起点に起こる縁を大切に、「モノ創り」をしていきます。】

小樽に縁のあるクリエイターたちの作品を発信していくプロジェクトなんですが、そのセンスの良さにハマりまくりです!!

運河=運がプラス=運が上がる!!

海運=開運

いやぁ。。。小樽ってそのものがパワースポットじゃないですか!!

P1000738 P1000739

北前船をかたどった作品。昔使用していた和三盆の型にこの、北前船の型があったそうなんです!

なので、和三盆も販売していましたよ^^

P1000740

七福神キャンドル 恋愛成就とか、それぞれに意味があります^^

 

P1000744

超シンプルな帆布のバッグ

使えば使うほど持ち主になじみそう~

P1000743

こういうバッグをサラッとかっこよく使いこなしている人になりたい。。。

 

いいモノいいコトマルシェVol.8は、10月10日(月祝)まで、大丸札幌店7階催事で開催中!!

 

 

 

 

 

 

7月13日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~Caffé tino(カッフェ ティノ)

7月13日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息でご紹介したのは、ちょうど1ヶ月前の6月13日(水)にオープンしたばかりのお店、Caffé  tino(カッフェ ティノ)

P1650921 P1650919

場所は大通西15丁目、メインの通りから1本入った細い道に面した、参宮殿会館の1階です。

P1650924 P1650923

赤い窓枠とポストが際立つ、焦げ茶色の壁の建物なので、この細い道にさえ入ればすぐ、わかるかと思います^^

中に入ると、すごく不思議な造りで、ついキョロキョロしてしまいます^^;

P1650900  P1650902

なんだか建物を継ぎはぎしたかのようなカタチなのです。『実はこの場所は昔は外だったようで、ほら、ココが外壁になっているでしょ?』と、オーナーの佐藤さんが教えてくれました。た、確かに!!^0^;

P1650943 P1650941

客席はカウンターとテーブル。10人くらいでいっぱいになる、決して広くはない大きさですが、個人的には非常に落ち着く空間です^^

内装の雰囲気含め、要所要所にセンスが感じられます。

P1650944  P1650936

なんだか、撮影したくなる場所だらけ!

とにかく絵になります^^

と、さっそくお店の看板メニューとなる、パニーニ(500円)を用意していただくことに♪

P1650927

P1650929

ちなみにパニーニとは、何かをサンドしたパンのことを指すイタリア語なんだそうですが、単数形だとパニーノになんだそうです。

本日のパニーニという形で、この日は“チキンのハニーマスタードパニーニ(トマト・オニオン)”、“モッツアレラチーズとベーコンのパニーニ(ぷちトマト・バジル)” 、“フライドフィッシュとカマンベールのパニーニ(タルタル・キャベツ・スプラウト)”の3種類ありまして、全種類、少しずつ味わってみました^^

まず何より、パンが美味しい!!

表面はサクッとして、中はもっちり^^ 具材との相性も抜群♪ これは、ビールのおつまみにもなりそう!と、つい、アルコールを想像してしまう^^;

 

パンは、西区西町にある“パンドラボラトリー アッシュ”さんが、tinoのために焼いてくれたパンで、佐藤さんはそのパン屋さんで働いていて、そのころから、いつか自分でお店をやれたら。。。と思っていて現在に至るそうです^^

パニーニは14時まではランチセットとして、スープ・サラダ付で800円で味わうことも可能です^^

P1650910

パニーニも美味しかったのですが、個人的にハマったのが、コーヒークレープ(500円)!

クレープの生地にコーヒーが練り込まれていて、さらにバニラアイスにもコーヒーがかかっております。これはちょっとハマる味です!!

佐藤さんが「実はこんなものも作っているんです」と、持ってきたのが・・・

P1650917 P1650913

コーヒークレープの器のミニチュア!! 佐藤さんは皮製品の制作もやっていて、メニューやコースターなども全てお手製なんです!!

P1650914 P1650896

それ以外にも、様々な革の小物があって、店内で販売もしております^^

佐藤さんの作品以外にも、様々なハンドメイド雑貨が委託販売という形で展示されていて、カフェを利用しなくても自由に見ることが出来ます。

P1650904 P1650899

 

P1650935 P1650945

通常は17時までの営業なんですが、金曜日のみ23時まで営業しておりまして、ビールやワインもあるのでBAR感覚で利用することも可能なのです^^

取材した日はたまたま金曜日だったのですが、カウンターでビールを傾けて楽しんでいるお客様もいらっしゃいましたよ^^ その時はピッツア(800円)も提供するそうです。

また、ランチタイムは丼ぶりもあり、パニーニやドリンクはテイクアウトも可能なんだそうです。

P1650949分かりにくい場所だからこそ、たまたま通りかかったら目に留まった・・・と来店されるお客様もいらっしゃるようで、まさに“偶然見つけた隠れ家カフェ”

【Caffé tino】

札幌市中央区大通西15丁目3-26 参宮殿会館1階

011-312-9624

10:30~17:00 金のみ~23:00

月・第2・4日休

 

 

 

pageTop