札幌100マイル

札幌100マイル編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

2017年04月 の投稿一覧

ジェラテリア ミルティーロのアニバーサリーフレーバーは必食!

以前コチラでもご紹介したことのある、2013年4月20日に千歳市で産声を上げた、ジェラテリア ミルティーロ

あっという間に4歳の誕生日を迎えたんですねぇ^^

P1070524

毎年数量限定で出しているアニバーサリーフレーバ―がありまして、個人的に千歳ワイナリーのケルナー2015を使用して作ったという、 【 さくら 白ワインとあまおうのグラニテ 】が非常に気になりまして、札幌PARCOのFOODIES MARKETへ♪

P1070516 P1070515

アニバーサリーフレーバーは他に、苺ショートケーキと、博多あまおうがあり、3つ並ぶと“春満開”って感じです^^

P1070525

最初はシングルで、さくら 白ワインとあまおうのグラニテのみでじっくり味わおうと思ったのですが、オーナーの加藤さんから、『良かったら、博多あまおうと一緒に味わってみませんか?』と、勧められまして、ダブルで味わってみることに^^

まずは、千歳ケルナー2015を使用したジェラートから。。

手作業で丁寧に刻んださくらの葉を使用してるので、ワインの風味よりまず、さくらの存在感を感じます。

アルコールの風味をあまり出し過ぎてしまうと、万人受けしないので売れない・・・

と、以前からスイーツ業界で聞くお話しなので、仕方ないかぁと、アルコール好き目線で感じてしまったのですが、オススメされた、博多あまおうを味わってからもう一度、さくら白ワイン~を味わうと、フワ~ッとケルナーが香るんです!

01cd26ed6e04a37a816f9a7fb137f0a2dba229fa1c_00001

ちなみに千歳ケルナー2015はどのようにして使われているのかと言いますと、ケルナーにイチゴを漬け込みまして、少し火にかけてアルコールを飛ばして、グラニテにして、ジェラートにバランスよく混ぜているそうです。

特別にグラニテの部分多めで盛ってもらい口に含んでみたところ、少しドライなワインの風味がちゃんとわかりました!

ちなみに着色料は一切使用していないのですが、結構イイ色出てます!

食べてみて、確かにこのドライ感が際立ちすぎると、マニアックなジェラートになってしまうかも。。

この絶妙なバランスを引き出すために、細かい調整をしているんだろうなぁと思うと、本当に頭が下がります・・・

にしても、ケルナーの使い方が贅沢すぎる気が・・・^^;

 

今回、久し振りにオーナーの加藤さんとお話しをして、こだわりの原料を本当に贅沢に使っているなぁと実感しました!

特に一緒に味わった、博多あまおう

この、まんまイチゴのジェラートを食べたら、他のイチゴのジェラートじゃぁ、物足りなくなるかも・・・

それくらい、濃くて混じりっ気ナシなんです^0^

だからこそ、アルコールと合わせたくなる^0^;

 

と、FOODIES MARKETが先日1周年を迎えて、スタンプラリーを実施中でした^^

P1070520

 

アニバーサリーフレーバ-は、千歳本店・新さっぽろサンピアザ店でも販売中♪

なくなり次第終了なので、気になった方はお早めに!!

 

今年もプレモルが1杯200円で楽しめます!「ザ・プレミアム・モルツ フェスティバル」

思えば昨年は、一桁の気温の中スタートした、「ザ・プレミアム・モルツ フェスティバル

今年はプレミアムフライデーだった28日(金)の15時にスタート!!

P1070587

場所は昨年同様、札幌駅南口広場

P1070542 P1070543

昨年に引き続き、札幌フェスティバル大使に任命された、ダイノジの大地さん

任命式では、サントリー酒類(株)北海道支店長の神田氏がタスキを贈呈

よく見ると、ネクタイがプレモルカラー!!

 

P1070552

乾杯は、醸造家の倉兼氏とともに^^

P1070557 P1070561

最初は少し硬さもあったお三方も、プレモルを口にしたとたん、いい笑顔になってましたよ^^

P1070583

初日のみではありましたが、醸造家セミナーも開催。

3月にリニューアルした、ザ・プレミアム・モルツいついて、アツくそして丁寧に語っていらっしゃいました^^

イチローさん“惚れた”というCMでも有名ではありますが、ザ・プレミアム・モルツは“香り・コク・香り”というコンセプトで、最初と最後に香りを堪能できるよう、リニューアルしたそうです!

 

P1070575

百聞は一見(一口)に如かず・・・ということで、早速いただいてみました!

昨年は、香るエールが好みだった印象が強いのですが、リニューアルしたプレモル、確かに香りもしっかり楽しめるのですが、ノドの引っ掛かりがなくて、スルスルと飲める感じです!

P1070586

今回は、美味しい水が採取できるということで建てた、群馬の工場より直送しているビールとのことなので、いつもよりスルスル飲んじゃうのでしょうか^0^;

でも、1杯200円(マスターズドリームのみ350円)という価格は、気軽にお替りできちゃうところがミソですよね^^

P1070568

今年も、ビールにピッタリのおつまみの販売もあります^^

P1070579 P1070584

そして今年も、テント内にはストーブが設置されておりますので、多少の寒さはしのげますよ!!

P1070570

ザ・プレミアム・モルツ フェスティバルは、5月6日(土)まで!!

 

 

 

 

 

 

 

 

昼飲みしたくなる空間!全天候型アウトドアカフェ ミールラウンジ 4月28日(金)オープン♪

サッポロファクトリー アトリウム館1Fに本日4月28日(金)にグランドオープンした、アウトドアカフェ ミールラウンジ

オープン前の試食会が先日行われまして、ワタシも参加させていただきました^^

P1070464

改めて見渡すと贅沢な空間ですよね~

雨や雪が降っても外で飲食しているような気分になれるのは、冬の長い北海道には嬉しいことです^^

P1070472

 

ドリンクはアウトドアな雰囲気をさらに盛り上げてくれる、世界の瓶ビールも充実!

P1070471

と、今回は(残念ながら)ソフトドリンク^^;

P1070485 P1070480

札幌市内ではまだ数少ない、アイスブリュードコーヒーも飲めます^^

隣りはフルーツ野菜Mix。ソフトドリンクは他に、フレッシュハーブを使用したホットハーブティーや、サンペレグリノなどもありました^^

まず運ばれてきた、太陽のカプレーゼサラダ

一つ一つの野菜がシャッキシャキで味が濃い~~!!

野菜は栗山町の提携農家さんから直接仕入れている野菜は、土作りからこだわっている低農薬野菜ということ。愛情たっぷりに育てられた野菜って、本当に美味しい♪

P1070484

10種類ほどあるパスタメニューの中から、“道産ソーセージと2色のパプリカのナポリタン”

パスタは乾麺と、+150円で生パスタもセレクト可能で、今回は乾麺を試食

味は、老若男女が美味しいと思う、優しくて甘~い味付けで、しかもゆっくり食べても最後まで美味しい^^

そしてメニュー名に納得ができる、存在感のあるソーセージとパプリカなんです!!

このソーセージをつまみながらビール飲みたいデス!(笑)

 

P1070496

ピッツァマルゲリータ

P1070478 P1070475

ピッツァの生地はイタリア産小麦と道産小麦の独自のブレンドし、店内のこちらで焼いています^^

 

P1070489

ミールラウンジはダッチオーブンやスキレット料理がウリで、こちらは“チキンとゴロゴロ野菜n熱々ダッチオーブン焼き”

2~3人前あるので、みんなでシェアして楽しめます^^

P1070498 P1070495

こちらのお料理が運ばれてきたとき、ちょうど西日が差し込んで、キャンプで食事を楽しんでいる感覚に^-^♪

 

P1070503

黒蜜グリーンティー

一晩漬け込んだバケットのフレンチト-ストのデザートが、期待以上に美味しかった!!

かなり満腹だったのに、ペロリと食べられちゃいました^0^

15:00~17:00のカフェタイムはドリンクとセットでお得に味わえるそうですよ^^

 

お子様用の食器や椅子、ヌードルカッターなども用意されているようなので、小さなお子様連れの方にもおススメです♪

 

 

P1070504 P1070506

こちらは、同じく本日28日(金)にアトリウムの地下1階にオープンする【和味茶屋こめまる】

P1070505 P1070512

お土産として、たぬきしょうがのおむすびと塩ザンギをいただきました^^

海苔の良い香りに、少しピリッとするショウガの味が癖になるんです♪

こちらもファミリーの多いサッポロファクトリーには嬉しいお店デス!

 

 

バターバトラーとワンコインハンドトリートメントBy大丸札幌店

オルセー美術館 至宝のリマスターアート展の取材の後、チラシで見て気になっていた地下1階のほっぺタウンSWEETS EVENTコーナーへ

P1070407

バターが主役と謳っているスイーツ、【バターバトラー

北海道初出店なんだそうです^0^

P1070412

すごく目に留まる色使い♪

P1070445 P1070442

バッグ・外箱・個包装のデザイン、そして形状まで、すべてカワイイ!!

P1070448

バターが主役というだけありまして、個包装を開けた瞬間のバターの香りが高い!

噛むとさらにバターの香りと味わいが広がりまして、まあに至福の時♪♪

1つ食べた小1の息子、個包装を開けた瞬間『食べる前からすでに美味しいね!』って、ある意味すごいコメント言ってました(笑)

P1070411 P1070413

フィナンシェの他のスイーツも気になります!!

5月2日(火)までの出店なので、気になった方はお忘れなく^0^

 

P1070418 P1070419

バターバトラーの裏には、日曜日のクッキーが出店中なのですが、

そこで先日こちらで紹介した、アニーザパクチーを発見!!

P1070415

コチラ、ホントに買いですよ~^0^

 

エスカレーター前のスペースでは、九条ねぎのえびせんべいが販売中

P1070421

ん?九条ねぎがある??

P1070422

なんと、くじ引きでした^0^

P1070424 P1070425

 

 

ところで明日、28日(金)はプレミアムフライデー♪

大丸札幌店にも様々なプレミアムフライデープランがありますが、先月から気になっていたのが、ハンドトリートメント&フット角質ケア

P1070403

3階にある、ネイルバーで実施しているようです。

P1070405 P1070401

試しに、ハンドトリートメントを体験。ローズの香りのクリームでマッサージ温ピ

01fdf6cf5caa38a136bc0d102fc6898ca67b806ebe P1070404

5分でも疲れが若干、緩和されます^^(ホントは30分くらいやってもらいたいけど。。。^0^;)

逆に5分なら、買い物の途中でサクッとよれるのがイイですよね^-^

角質ケアは奥の個室で。

そろそろ足もケアしておかないとだし、明日やってもらおうかな~^^

 

 

 

リマスターアートという世界に小躍りする~大丸札幌店 7Fホール

ココのところ、アートに触れております^^

もともと芸術鑑賞は好きな方ではあったのですが、子どもが小さい時は少し遠ざかっておりました。。

3月末に、国立新美術館で開催中の草間彌生さんの展覧会、そして現在、道立近代美術館で開催中の【大原美術館展Ⅱ】と、この1ヶ月は続いております^^

※大原美術館展Ⅱに関しては後日ブログアップ予定

P1070362

そして昨日、4月26日(水)~5月8日(月)まで、大丸札幌店7階ホールで開催されている【オルセー美術館 至宝のリマスターアート展】に早速お邪魔してきました!

P1070363 P1070428

リマスターアートって要は本物ではないということだろうけど、何なんだろう??と、少し疑問を抱きつつ会場へ

今回は、オルセー美術館リマスターアートプロジェクトのクリエイティブディレクター・久保田氏の解説付きで鑑賞することが出来たのですが、正直本物より身近に楽しめてイイじゃないですか!!と、この画期的な技術に心躍る気分で鑑賞!

上記の画像、アップで見るとより油絵っぽいと思うのですが、触ると平面なんです!(会場で実際に触れますよ!)

P1070427

そして美術展では絶対にあり得ない、全作品撮影OK&ブログやSNSアップOK!!※VTRは撮影不可

P1070369

さらに、ライトをあてたり近づいてルーペで見ることもOKなんです!

P1070370 P1070372

ちなみにライト付きルーペは会場で貸し出し(200円)もしております^^

作品自体は驚くほど精巧にレプリカされていて、通常の展示では気が付かなかった細かな技法や色遣いなども、じっくり鑑賞することが出来るんですよ^^

 

P1070373

そしてなにより、ライトがしっかり当たっている中で鑑賞できるので、明るい環境で鑑賞できるのです!!通常は、作品の劣化を防ぐために、最小限の明るさの中で鑑賞しなくてはいけないので、もともと暗めの作品は、細かい描写を見落としていることも多いと思うのです。

P1070374

この、ゴッホの“ローヌ川の星降る夜”な、右下に男女の人物像がありますが、原画はかなり暗いので、草原に溶け込んでしまっています。。

P1070375 P1070377

こんな風に、筆づかいなどもじっくり見れるので、作品の意図や構図がしっかり伝わってきます^^

さらに解説文がすごく分かりやすくて、突っ込んだところまで記載されているので、より面白いのです♪

 

こちらは、今回の会場の一番の見どころのスペース!

P1070386

P1070379

モネのルーアン大聖堂 連作

美しすぎる・・・

ちなみにこの作品を書くために目の前のアパートを借り、約2年かけて制作したというお話を聞いて、さらに見入ってしまいました。

 

P1070381

以前、直島の地中美術館にある、自然光で見るモネの部屋を鑑賞した時は曇り空だったので、くすんだ感じの状態で、それはそれで美しかったけど、ライトアップされたモネ、やっぱり美しいです・・・

 

P1070383

しかもこんなに間近で見れます!

しかし、どこから見ても油絵です・・・

P1070437

宮崎駿さんの“風立ちぬ”のポスターのオマージュとして知られる、日傘の女

P1070434 P1070435

左向きの方は、風が舞い上がる、ほんの一瞬の風景を鮮明にとらえた作品なんですとと、ライトを当てて説明してくれた久保田さん。こんな機会でなければ、全体像しか見ることがなかったので、絶対気が付かなかったなぁ・・・

 

P1070391  P1070392

そうそう、今回作品の横に“sign”と書かれたルーペのイラストがあるのですが、よくよく見ないと見逃しがちなサインがあるので、その辺りもチェックするとより、楽しめます^^

 

P1070396

ゴーキャンは、タヒチで作品を描いていたそうなんですが、リマスターしたことによって、 通常のカンバス地ではなく、コーヒー豆などを入れる麻袋のようなものに描いていたということが分かったそうですよ~

なるほど!だからこんなに独特な赤茶系の色合いなんですね^^

 

P1070399 P1070400

出口付近にあった、こちらの額、実はテレビです!

P1070431

現代の技術って本当に素晴らしい!!

 

通常の美術展とは違う目線・感覚で楽しめるので、小中学生くらいの子たちにも見てもらいたいかも!間違いなく、アートが身近になると思うのでうす^^

P1070438 P1070439

グッズコーナーには作品をイメージした紅茶や金平糖なんかも販売してました^^

このガチャガチャ、気になったけど、バッヂを付ける場所がないので、やめておきました^^;

 

と、この後、大丸札幌店内で気になるモノを色々見つけたのですが、続きは後程!!

 

 

4月26 日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~カフェ&スタジオ sun place(サン プレイス)

4月26日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、澄川駅から徒歩3分ほど、西岡方面に向かう坂のカーブ沿いに建つビルの1階奥にある、【カフェ&スタジオ sun place

P1070042  P1070044

1段下がったところの奥なので、近くまで行かないとお店の存在に気が付かないかも。。

(手前は不動産会社のエイブル)

P1070046

店内はすべてソファ席で、窓側の座席は一人掛け、奥にはカップルシートなど、その時のシーンに合わせられるようになっています。

P1070047

グリーンも多く、まさに“ホッ”としたい時に、ふらりと立ち寄りたい雰囲気です^-^

P1070055 P1070053

P1070054

 

15:00まではランチタイムということで、パスタや石焼きおじやなどが味わえるのですが・・・

P1070058

一番人気の“名物!!石焼ナポリタン”が、なんとワインコイン(500円)なんです!

P1070069

P1070079

アッツアツで甘く香ばしい、食欲をそそる香りが漂います^0^

ナポリタン、一時は全く食べなかったのに、このところスキ度が増している気がします!

一口食べたら止まらなくなる味だ~~~^0^;

それにしても500円とは思えない食べ応えです!

P1070097

+250円で、サラダとスープそしてドリンクを付けることも可能です^^

ちなみに普通のナポリタンは480円なんですよ^0^

 

P1070086

こちらはお店のオススメ、“石焼きおじや” サラダ・スープ・ドリンク付きで850円

味は2種類ありまして、今回はクリームチーズ明太

P1070090

1回目はスタッフさんが手早くかき混ぜてくれまして、まずはここで一口

軽く焼けた明太子とクリームチーズ・・・美味しいに決まってます!!

少し食べた後、セットのスープを入れまして、またまたかき混ぜます

P1070093 P1070095

グツグツグツ♪

見るからに美味しそうです^0^

色んない味を食べたい女子としては“味変”はものすごくポイント高いです!!

 

そしてもう一つ、地名の“澄川”が付いている、“澄川ミートカルボ” (セットで900円)

P1070104

クリームソ-スがすごい勢いでグツグツしてます!!

P1070105 P1070108

とミートソースとクリームソース、そして卵黄がいい具合に混ざったところでパクリ!

見た目より優しい味わいで、小学生くらいのお子様にも喜ばれそう^^

と、3つを1人で完食したわけではないのですが、3つとも味見させていただいちゃいました^0^

 

ランチタイムのメニューも安すぎると思うほどの満足感だったのですが、実はケーキセットがさらにお得すぎて驚きます!

P1070115

手作りのケーキは、江別にある町村農場の乳製品を使用しておりまして、かなり濃厚なんです~~^0^

P1070117  P1070120

そのケーキに、徳光珈琲にブレンドしてもらっているサンプレイスオリジナルブレンドのコーヒー(しかも量多め!)がついて、またまたワンコイン(500円)!!

間違いなく値付け間違ってると思います!!って、ホンキで言っちゃいましたよ^0^;

P1070125  P1070118

ケーキは日替わりですが、フロマージュはあったら絶対、オーダーした方がイイ1皿です♪

ちなみにコーヒーだけだと300円。Lサイズ(1.5倍)でも400円なんですよ!

ゆっくり読書やたっぷり女子トークしたい時にピッタリかも^-^

 

と、同じビルの2階と3階にはレンタルスペースがありまして、コチラで茶話会なんかも可能なんだそうです。

P1070060

P1070063 P1070066

それぞれ雰囲気が違います

P1070057

 

そして現在はラストオーダーが18:00となっておりますが、夏前には夜カフェの営業も予定しているそうですよ!

澄川駅周辺には飲み屋さんは多いけど、ノンアルコールでゆっくりできるお店が少ないので、アルコールを出さずにコーヒーやハーブティを飲みつつ、ゆっくりできる空間を提供したいという思いがあるそうです^^

P1070056

澄川の東側を盛り上げようと、こんなマップも配布中なので、お店に行ったらチェックしてみて下さいね^^

 

 

フレンチとブーランジュリ、カフェ&ブラッスリーが融合した新店舗が、大通東3に誕生!!

P1070295

地下鉄バスセンター前駅5番出口から歩いて少しの場所に、4月27日(木)新たな名店が誕生します。

ひとつは、レストラン ル・プルコア・パ・・・

そしてもうひとつは、ブーランジュリ カフェ&ブラッスリー ア・トン・コテ

01ac06acc9a6c968a339675344d3f22a8c5904e0c7

札幌の美味しい物好きなら、こちらの写真を見ればお分かりかと思いますが、札幌市東区元町で18年フレンチを続けてきたシェフの久保田氏、そして札幌の中でも上位を競う名ブーランジェの竹内氏

この二人が、一日限りの夢の饗宴ではなく、共にこの場所で展開するお店なのです^^

P1070294  P1070297

向かって左側がア・トン・コテ。 そして右側の奥にはル・プルコア・パ・・・の入り口があります。

P1070283 P1070284

ル・プルコア・パ・・・はレストランウェディングも可能な、正統派フレンチレストランの佇まい

 

P1070282

 

シェフズカウンターを挟んで奥にあるのが、真っ赤なソファと壁が眩しい、ア・トン・コテのカフェスペース

P1070271 P1070272

そしてその奥にはブーランジュリ(パン屋さん)

P1070293

もちろん、コチラにも入り口がありまして、朝8:00から焼き立てパンを販売予定だそうです^^

 

 

そんな気になりすぎるお店に先日、一足先に足を運ばせていただきました!!P1070263

この日は見た目もキュートなフィンガーフードとパンを、ワインともに堪能させていただきました^0^

P1070269 P1070268

01d8b4d690b43e5361b91c059bab4a342984b2ad01

P1070273

P1070276

 

P1070280 P1070277

 

P1070292

噛みしめるたびに小麦の香りがじんわり広がる、素晴らしく美味しいバゲットたち。。

シャンパンが進みます~~~><

P1070287 P1070289

クリームパンに合わせて飲みたいと言ったら、レセプションでもちゃんとセレクトしてくれる鎌田ソムリエール

015b2130c52faa521c485cfa3a00a32ef08792509f

デザートに合わせて赤もチョイスしてくれて、最後の最後まで居座り続けて、堪能してしまいました。。。

それほど居心地の良い空間でした!!

 

ランチなどの内容は、まだ公式サイトが立ち上がっていないようなので詳細は不明ですが、

とりあえず、アドレスは下記に記載しておきますね^^

★ル・プルコア・パ・・・  http://www.le-pourquoipas.com/

★ア・トン・コテ  http://www.a-ton-cote.com/

 

DATE

■住所■

札幌市中央区大通東3-1-1トルチュビル1F

■電話

プルコアパ 011-215-0381

アトンコテ 011-215-1191

 

■営業時間■

プルコアパ 18:00~21:00(LO※コース)カウンターはラストオーダー22:00

土日祝は11:30~13:30(LO)のランチ営業あり

アトンコテ 8:00~19:00(パンがなくなり次第終了)

■定休日■

水曜日※カフェのランチは土日祝休み

 

 

 

 

今年のモエレ沼芸術花火は9月9日(土)!!翌日の世界一たのしいゴミ拾いも是非♪

突然ですが、こう見えて結構打ち上げ花火好きです。

どちらかというとマニアよりでして、実際に会場には行ったことはないのですが、大曲の鑑評会なんかも、じっくりテレビで見てしまうタイプです。

そんな私が、涙をこらえきれずに鑑賞した花火が、今年6回目を迎えるモエレ沼芸術花火

018ecba2f8178c6cf896fc6493ac1af3b69d7eefbf

2014年と昨年の2回、足を運ばせていただきましたが、回を重ねるごとに感動度合いが増していると思います!!

そのモエレ沼芸術花火2017の記者発表が先日行われまして、私も足を運びました。

 

P1070224

登壇者は左から NPO法人モエレ沼芸術花火 事務局長 山口さん

モエレ沼芸術花火2017学生部 共同代表 本間さん

そして右が、NPO法人モエレ沼芸術花火 理事長であり、モエレ沼芸術花火2017実行委員会 実行委員長の糸川さん

ちなみに真ん中の本間さんが手に持っているのが、モエレ沼芸術花火の目玉でもあります、1尺玉の模型。その横が、4号玉で、札幌の一般的な花火大会でよく使用されている大きさなんです。

1尺玉は、170mの上空で、直径320mに開く花火なので、広い敷地を確保出来ないと打ち上げられません。

その1尺玉が昨年のモエレ沼芸術花火では40発も打ちあがりました^^

 

P1070219

記者発表の中で、昨年の様子をまとめたVTRが流れたのですが、私はこれを見ただけでウルウルしていたのでした^^;

公式サイトでも拝聴できますのでぜひ!!(アキオカマサコさんの歌もいいんですよ~~っ)

P1070222

今年の最大の見どころは、フィレンツェ近郊で1869年から続いている老舗の花火メーカーで、ヨーロッパ最高峰と言われている、イタリアSoldi社が、完全オリジナルプログラムで参戦すること!!

しかも日本初の試みです!!

以前、日本の花火職人と会議の花火職人の対決番組をテレビで見たことがありますが、海外の花火は円筒形といって、筒形の形状なので、日本の花火とは全然違う形や色で楽しむことが出来るのです。

どちらかというと派手めな感じで、華やかです。

日本の優美な花火とイタリアの花火の共演を、イサムノグチの遺作である、世界に誇るモエレ沼で見られるなんて、結構スゴいことだと思うのです!!

P1420172

 

P1680036

Soldi社の方は、昨年モエレ沼芸術花火を鑑賞済みで、後援の形状を生かした“芸術”花火にとても感動してくださったようで、参加できることをとても楽しみにしているようですよ^^

そうなんです。

参加されたことがある方はお分かりかとは思いますが、モエレ沼公園でしかできない、モエレ沼公園だからこそできる構成で、色々な花火大会を見たことがある方はなおさら、他で見るのとは違う感動を覚えてくれるはずなんです。

P1680026

実行委員長の糸川さん曰く、この花火大会は、モエレ沼公園で実施することに意味があり、花火大会とは違う、“芸術花火”という新しい世界を感じてもらいたいとのこと。

よく、何万発打ちあがるのがフューチャーされがちですが、“感動日本一”の花火を目指しているそうです。

※そうはいっても18000発くらいは打ちあがっているので、かなりの規模ではありますが。。

01d5217c0b1b3641bd96b3c6195657e6e98a284628

P1680025

ちなみに今年は、大型花火が打ちあがる時間が昨年より30分早まるそうなので、帰宅時間が以前に比べて少し早くなります!

そう、確かに9月は暗くなるのも夏より早いし、もう少し早めに上がればいいのになぁって思っていたのですが、近くに丘珠空港がある影響で、最終発着が完全に終わって、安全を確保してからでないと大型花火を打ち上げることが出来ないんだそうです。

その辺りの条件をクリアできて、打ち上げ時間を少し早めることが出来るようになり、小さなお子様や高齢の方にもより楽しんでいただけるよう、進化したのです^^

駐車場やシャトルバスなども、出来る範囲でより改善しているとのことですので、まだ足を運んだことのない方は今年こそ、足を運んでみて欲しいです^^

P1680054

1尺玉は、市内中心部からでも望むことは出来ますが、会場にいないと体感できないのが“音楽との共演”

ヒット曲から名曲まで、様々なジャンルの曲と合わせて打ちあがる花火・・・ちなみに昨年はミスチルの“HANABI”で、涙してしまった口です。。。

 

と、花火の打ち上げは19:25からですが、会場は16:00で、ステージイベントなども楽しめます^^

P1680014 016bca05d523fd74fc2e1e59ac6263f93600befb22

不思議なキャラクターが、会場を徘徊していたり。。。

01b411285f02678ad2315cd6666c78d49bfb33023d

暮れ行く景色に感動したり・・・

ちなみに9月なので、日が暮れるとかなり寒いです。。

浴衣で来ている女性も結構いましたが、個人的にはおしゃれより防寒を優先することをオススメします。

昨年は打ち上げ終了と同時に雨脚が強くなり、ずぶ濡れ状態の方も多かったので。。。^^;

 

そしてですね、花火終了の翌日に、もう一つ感動できることがあるのです!

01b1c70ef3665f63747c9ef10695b1d43a906e7c61

その名も、“世界一たのしいゴミ拾い”

打ち上げで必ず散乱してしまう、花火の燃えかすの“ガラ”

これをみんなで楽しく拾って、打ち上げ前よりも公園をきれいにしようという試み。

なんでも、花火を鑑賞していなくとも、ゴミ拾に参加する方もいらっしゃるそうですよ!

P1680097 ゴミ拾いたすく10

ゴミ袋やトング、軍手などは用意もあるので、手ぶらでもOKですが、ご自身で用意されている方も多かったです。お水やお茶の差し入れもあり(子どもにはジュースまで!)

012ede37b4121de5d4c014a06569ca103f1ddc4d17

宝探しゲームやクイズ大会なんかも用意されているので、ファミリーで楽しんでいる方も多かったです^^

P1680101

大好きなモエレ沼公園をきれいに出来るということで、気持ちも晴れやかだし、黙々と集中する行為が意外と楽しくて、おまけにものすごい晴天だったので、いい汗をかくことができて幸せでした!!

0141b2ceca5d569ad33461a499bbd0890f89abb4d5

0190f1efa497ee7a617c61a50edcea7f9e6252b364

何よりうれしいのは、参加者には次の年の入場券をプレゼントしていただけること!!

ということで、今年も9月9日(土)&10日(日)は、モエレ沼で感動を一杯もらってくる予定です^0^

すでに、プレミアムチケットの販売がスタートしておりますので、詳しくはこちらをご覧ください!

 

 

P1420153

P1420173

 

個人的に、このピンボケの花火の写真が好きだったりします^^

01ad2175d38034bf1d4602c205f99c4db023409bc3

P1420121

やっぱり、花火は芸術ですね^^

 

 

このソフトクリームは必食!!丸美珈琲STAND sitatte sapporo店

とある冊子の取材・執筆で、ここんとこバッタバタでブログの更新が滞っております…

そんな状況なので、伝えたいことがどんどんたまっております^0^;

 

と本日17日(月)、雪印パーラー札幌本店が移転オープンしましたね!

19日(水)まではパフェが半額とのことで、朝からずっと行列のようです。。

札幌市民としては、この機会に久しぶりに行きたい気もする。。。でも行列はつらいなぁ~

というか、言っている場合じゃない状況なのですが^^;

 

と、こちらのソフトクリームは、雪印パーラーとは関係がないのですが、美味しいソフトクリーム繋がりということで!

P1060759

先月のオープンの際に、こちらのブログでも紹介した、sitatte sapporo地下1階(チカホ直結)にあります、丸美珈琲STAND sitatte sapporo店

その際は売り切れていて食することが出来なかった、スペシャリティコーヒーソフトをようやく味わうことが出来ました^0^

期待はしていましたが、その期待以上のクオリティ!!

ベースの牛乳は浜中町の乳脂肪分4.0以上のもので、コーヒーは季節によって変わるそうです。

美味しいものと美味しいものが組み合わさったら、そりゃもう、美味しいに決まってますっ

ホンモノのコーヒーソフトクリームを食べた気がしました。。。

乳脂肪分は高いのに、コーヒーのおかげか後味が意外とさっぱり(でもコクはある!)していて、喉は乾かないタイプなのも◎

 

P1060764

ちなみにコーヒー好きのお客様は、本日のオススメコーヒー(350円)と、ソフトクリームのミニサイズ(各250円)のセットで購入するそうです!

写真はレギュラーサイズで380円。

コーンかカップをセレクト可能で、バニラ他、カフェラテソフトもあり^^

 

テイクアフト専門店ですが、座る場所がチョコチョコあるので、ゆっくり味わえます!

コーヒーが変わったらまた食べてみたいなぁ♪

 

4月12日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~トーキョーナマステアロイカリー

4月12日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、一度見たら忘れられない、インパクト大な1皿を提供している、【トーキョーナマステアロイカリー

P1050998

トーキョー~日本のルーカリー

ナマステ~インドカリー

アロイ~タイカリー

P1060046

この3種類を提供しているカレー店でして、1種類のみじっくりと、2種類をセレクトして食べ比べ、さらに3種類一度に食べることもできる、カレー好きにたまらないシステムのお店なのです^0^

ちなみに、それぞれのカレーにシェフ(しかもタイ人・ネパール人!)がいるんですよ!!

 

場所は最近オープンした、フコク生命越山ビ(sitatte sapporo)の裏手にある仲通り、プラザ北2条ビルの地下。

P1060059 P1060057

遠巻きに見ると、黄色いのぼりが目に飛び込んでくると思います^^

P1060055  P1060054

トーキョーナマステアロイカリーのキャラクター・ダニエルが道案内?してくれます^^

P1050986 P1050987

店内はカウンター席のみ

P1050982

P1050975

入り口奥から見た図

P1050970 P1050978

L字型のカウンターのこの奥の席、壁に囲まれていて、なんだか落ち着く空間です^^

食券を購入して、オーダーするシステム。

ここで組み合わせを決めるのですが、初めての方はやはり、3種類の“トーキョーナマステアロイカリー”980円をセレクトする方が多いそうです^^

P1060002

見事にライスで堰き止められています!!

それにしても斬新だなぁ。。。

2種類までは思いつくけど、3つの味をこんな風に盛るなんて、考え付きませんでした!

まずは1種類ずつ、少量のライスとともに味わう

どれもそれぞれに美味しくて満足度大!! しかも飲み物のように食べらさります^0^

P1060004 P1060005

混ぜて食べても美味しいんですよ!と教えてくれたので、堰き止めていたライスを少し崩してブレンド。

確かに!! 混ぜてもちゃんと美味しい~~

これは最後まで楽しく食べられます^0^

ちなみに食べ方はやはり、人それぞれらしく、最後まで混ぜずに食べる人は、ライスが“人”という感じになるそうです(笑)

P1060008 P1060011

テーブルには紫キャベツの酢漬けや人参のラぺなどがセットさせているので、お好みで^^

そして、ライスはナンにも変更可能(ナンの時はカレールーは堰き止められないので、別皿に入ってきます)

P1050993

タイ・インドカレーは月替わりカレーが登場するそうなので、色んな組み合わせが楽しめそうですね^^

 

と、カレー以外にもオススメしたいメニューがあるんです!!

P1050981

13:00~15:00に提供している、“ナンサンド”

P1060019

店内のタンドールで焼いている、モッチモチのナンに、食べ応えたっぷりの具材を載せた、ピッツア風サンド

こちらはベーコン・レタス・トマトのBLTにどっさりパクチー!

野菜一つ一つが美味しくて、野菜食べている感がすごい!!

P1060025

ボリュームありすぎてサンドするのがちょっと大変だけど、間違いなくお腹はいっぱいになります♪

 

 

P1060032

そしてナンサンドはスイーツ系メニューもあるんです!!

こちらは“生クリームとチョコバナナアーモンド”

P1060041 P1060013

ナンの中に甘さ控えめのチョコレートがたっぷり!!

これが、思っていた以上にハマる美味しさ!!

ちなみにバナナはカットした方が食べやすいかも~と、助言したので、今はスライスされているかもです^^

ホッと一息つけるチャイがついて680円♪

そして、ナンサンドもカレーもすべてテイクアウト可能なので、オフィスや近隣の公園などで食べることも可能です^^

 

と、入口から道案内してくれたダニエル君は店内の色んなところにいるんです^^

P1050991 P1050990

P1060015 P1060044

つい、目で追ってしまいます^^

 

そして気になるモノがもう一つ♪

P1050972

店内の壁に大きく描かれてるこの楽譜

よくよく聞くと、店内で流れている曲ではありませんか!!

通っているうちについ、口ずさんでしまいそう♪

 

トーキョーナマステアロイカリーは4月15日(土)に、本郷通商店街にもオープンとのことですので、ご近所の方はこちらもチェックしてみてくださいね^^

 

 

 

pageTop