札幌100マイル

札幌100マイル編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

2018年01月 の投稿一覧

ザワついていないところが、かなりイイ!!カフェ ミナモのホリデイスイーツブッフェ

先日の日曜日に初めて利用した、ANAクラウンプラザホテル札幌1F・カフェミナモのホリデイスイーツブッフェ

P1180022

今回のリニューアル時からスタートしたのかと思いきや、カフェミナモにリニューアルした3年くらい前からやっているそうで・・・

すみません、全く知りませんでした^^;

P1170961

14:00スタートなのですが、少し前にお邪魔して、写真を撮らせていただきました^^

P1170974

P1170968

P1170972

P1170977

P1170966

P1170973

P1170969

P1170975

P1170967

いやぁぁ、撮りながらどれから食べようか悩みまくりです!!

まずは、こっちから攻めて・・・と、綿密に計算中(笑)

P1170965

お!箸休め的にフルーツは必須!!

 

P1170981 P1170987

と、実はカウンター以外に、オーダーが入ってからパティシエが作ってくれるデザートプレートもあるんです!

P1170992 P1170983

さらにはフレッシュジュースも!! もちろん、コーヒー・紅茶、お茶などもあります

さすがホテルのフレッシュジュース、素直に美味しいです!!

フレッシュのオレンジスカッシュ、ブッフェでは珍しいかも。甘い物をたくさん食べるので、スキッとしてイイ感じでした^^

でもって、ビタミン不足なのか、ゴクゴク飲んじゃいました(笑)

 

P1170995

こちらはオーダースイーツプレート、ヨーグルトのスープと苺のスフレグラッセ

ヨーグルトの酸味が爽やかで、イチゴの酸味と相まってこちらもリセットスイーツ系♪

 

P1180005

マロンとカシスのモンブラン仕立て

モンブランの下にはアイスクリーム!

これは贅沢な1皿でした~~(個人的にはアルコールを合わせたい系)

 

P1170999

デザートプレートだけで満足しちゃいそうでしたが、気になるモノは食べておかないと!!

個人的に印象に残ったのは、ショコラバナーヌ 

これは間違いなくブランデーに合いますよ!!と、つい、脳内ペアリングが始まってしまいます^0^;

カタラーナも美味しい卵の味がしました~~

さすがホテルメイド、どれもハズレなし!

 

P1170984P1180012

嬉しかったのは、しょっぱい系のおつまみがあったこと

P1180011

これでまた、リセットできます!!(笑)

P1180019P1180013

リセットしたのちに、こちらもテーブルオーダーのミニパフェを・・・^0^

マロンアイスも濃厚でした~~

そうそう、フレッシュジュースのグレープフルーツソーダ、ピンクグレープフルーツを使っていて、見た目もキュート

そしてこの苦みが何ともイイ感じ!!

かなり食べて口の中が甘甘でしたが、このソーダのおかげでスッキリ♪

 

P1170989P1170990

ところでスイーツブッフェって、どうしても混雑している印象が強くて(スイーツが並んでいるカウンターも、うじゃうじゃ人がいるイメージ)、正直あまり得意ではなかったのですが、カフェミナモはブッフェということを忘れてしまう落ち着きのある雰囲気なんです。

お一人様用の窓際の席もあったりで、すごくユーザー目線な感じがしました。

実は座席数いっぱいに予約をとらないようにしていて、ゆっくり楽しんでいただいているそうです^^

14:00~17:00のお好きな時間(90分なので、ラストオーダーは15:30かな?)に事前に予約して、ゆっくりホテルメイドスイーツを堪能できますよ!

ちなみに次回は、1月21日(日)!!

 

P1170959P1170960

入口では、パンとスイーツも販売していまして、ブッフェで出ていたケーキも販売していました!

P1180024

P1180023

P1180028

なかなか斬新なスイーツも!!気になる~~~

 

P1180025

さっぽろスイーツのガトーたまねぎ、上の部分だけが試食できたのですが、これがまた、ビールや赤ワインに合いそうな味わいでして・・・(と、最後までアルコールネタ^^;)

 

P1180027

と、これだけで販売しているんですね!! これは、イイモノ見つけちゃいました^0^

 

 

1月17日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~イタリアンレストラン&ワインバーRJ

1月17日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、昨年11月末にKT3条ビルの地下にオープンした、【RJ】

P1170803

『料理人との距離を感じることなく、そしてお客様のペースで過ごしていただける空間を提供したい』と、オーナーシェフの大井さん。

P1160774P1170797

【RJ】は、苫小牧にある【レガーロ ダ Jファーム】 の姉妹店になります。

もともとジョージの城というミュージックパブがあった場所なのですが、改装で壁を剝がしたところ古いレンガが出てきたそうです。それがまた、すごくイイ雰囲気を醸し出しております^^

P1160761

ちなみにRJは、テーブル席が少し高めなんです。

『私が立って接客をしたとき、目線が同じくらいになるように設計してもらいました』と、大井さん。

ここでも距離を感じずに応対できるようにしているんですね^^

P1170808

早い時間はコースでゆっくり堪能する方が多いそうです。

コースは当日でもOKな5000円・7000円、前日までの予約で10000円のコースもあり。

 

そして遅い時間はワインバーとして、時間を忘れてまったりと楽しむ方が多いようです。

実はワタシも、実際に時間を忘れてまったり楽しんでしまった口です(笑)

 

P1160731

こちらは、高糖度で有名なJファームのトマトが添えられた前菜

P1160722P1160723

カウンターに座ったと同時に添えられた白バラ♪

トリュフの香り漂う濃厚ポタージュ

P1160727

こんなに食べ応えのある北寄、久し振りに頂きました!!

P1160739

魚介系メニュー、どれも味が濃厚で、ワインが進みます!

この日はいただきませんでしたが、もちろん肉料理もあり、ジャージー牛・白老牛・十勝ハーブ牛・江別 庵夢豚など、道産の厳選した食材を使用しています。(野菜や魚介も)

P1160742

ワガママ言って、一口盛で出していただいた、トマトパスタ

さすが高濃度トマト!この量でもかなりの存在感~

 

P1160747

深夜でもつい、オーダーできちゃうパリパリ系おつまみピッツア♪

アラカルトも基本、その日入荷したメニューで決まりますが、前菜700円~取り揃えています。

 

P1170815

こちらは入り口横にあるワインセラー

 

P1160737 P1160743

P1160749 P1160764

ついつい飲まさってしまう、ズルい居心地の良さでした^0^

 

一応、ラストオーダーは翌1:00となっておりますが、事前に電話を入れれば対応はしてくれるそうです。

また貸切でのコースランチなども、事前に相談いただければ可能だそうです。

 

【イタリアンレストラン&ワインバー RJ】

札幌市中央区南3条西2丁目KT3条ビルB1F
011-233-3780
18:00~LO翌1:00
日祝休
カウンター10席・テーブル24席(貸切は応相談)
禁煙
チャージ無料/サービス料10%

 

ミルク&ナチュラルチーズフェア2018・事前取材 その4 美味しかったモノいろいろ

 

事前取材、初日は白糠に向かったわけですが、ちょうどお昼時ということもあり、ランチはどこで食べようか悩んでいたところ、そういえば酪恵舎のチーズを使った料理が食べられるお店があったはず!と伺ったのは、【レストランはまなす

P1170496

オールしらぬか ミルフィーユ・セット

 

P1170497

酪恵舎のモッツアレラ・チーズを2つのハンバーグでサンド!
ちなみに下は馬木菜のエゾ鹿肉ハンバーグ、上は茶路めん羊牧場産ラム肉のハンバーグ

ポテトも野菜も白糠産♪♪

P1170494 P1170491

お皿が運ばれてきたとき、酪恵舎のモンヴィーゾ・チーズをたっぷりかけてくれます!

たまごたっぷりのスープも付いて1300円(税抜き)って安すぎる!!

P1170500

延びる白糠酪恵舎のモッツアレラチーズ!!

運ばれてきた時は、ちょっと量が多すぎたかも~~と、思ったけど気が付けばお皿が空っぽ!!

それくらいあっという間に完食しておりました^0^;

鹿肉と羊肉、味の違うハンバーグは甲乙つけがたいオイシサ!!

そして、モンヴィーゾともモッツアレラとも合うんです^^

01b69e2cbed90938a8a2a14d2f7a920899c63795c4 P1170489

ちなみにレストランはまなすは、ドライブインのような風貌(メニューもファミレスのような感じ)

正直、見た目とお料理のレベルの高さのギャップに驚きました!!

料理長にお話を伺いましたら、地下にワインセラーもあるそうです!

くぅぅ~、白糠に1泊してワイン会に参加したいデスっ

 

ちなみにミルフィーユバーグのほかに、モッツアレラがたっぷりかかったパスタや、チーズの盛り合わせ、イタリアンたこ焼きにイタリアン餃子などなど、酪恵舎のチーズがてんこ盛り!!

と、大満足なランチのあと、酪恵舎の取材に向かったのでした^0^

 

☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡

夜は、釧路の繁華街、末広町にあります、創作わしょく・わいん mosaique へ

P1170641P1170612

お正月明けの祝日だったこともあり、開いているお店が少ない中、酪恵舎のチーズを取り扱っているを予約してくれた釧路在住の飲み仲間に感謝!

P1170615

ということで、モッツアレラのお刺身!

感激の美味しさ~~~!!  刺身なので、わさび醤油が良く合います^^

さしみこんにゃくみたく、ゆず味噌で味わうのも◎

 

P1170621

釧路に来たからには牡蠣も食べておかないと!

P1170613

釧路に来たからには、タチも食べておかないと!!

とまぁ、食べたいモノだらけ~^0^;

P1170632

と、この季節に地物とのホウレンソウがあるということで、こちらもオーダー

肉厚で美味しいホウレンソウ!!

P1170619

もう、何を食べても美味しいので、気が付いたらスゴイ頼んでました^0^;

P1170623

P1170635

P1170636

燻製玉子焼きに、ワインに合うピクルスじゃなく漬物、そして銀杏!

P1170628 P1170631

P1170617P1170625

P1170627 P1170638

ワインもどんどんい開いてました^0^;

 

☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡

次の日のお昼は、移動であまり時間がなかったので、食肉工房よしやすの肉まんを購入!

014056a50358ea521942a38561bd1c04c0353190f601a976592f171a7c849538706df94872582aa1fd27

スタンダードなぶたまんにしようと思っていたのに、種類が増えていて悩みまくり!!

01e2f0c5c7097f2ecc70a564de5010d3d7b473e53a 0159032dffe9cb1a220ac67d32558938e991004f82

悩んだすえに、鹿肉を使っているという“まりもまん”に!

ちなみに皮には、くま笹を使っているので、ほんのりグリーン♪

結構しっかり目の味付けをした鹿肉なのに、皮の存在感もあって、食べ応え満点でした^0^

おかげで、予定より早めに浜中町に到着♪

(ただし、途中はものすごい濃霧で焦りましたが^0^;)

 

☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡

無事に1泊2日の取材を終え、19時発のJRで帰札

0143ee50a846d84aaa0633dbaf24ddaae2d08b5375

4時間の車中移動を楽しむために、酪楽館とおおともチーズ工房で購入したチーズや釧路ザンギをつまみに酒盛(笑)

やっぱり日本酒とチーズは合いますっ!!

(ホントは燗酒にしたかったところですが・笑)

 

 

 

ミルク&ナチュラルチーズフェア2018・事前取材 その3 浜中町 おおともチーズ工房

鶴居村を出て向かった先は、ルパン三世のふるさと~浜中町、おおともチーズ工房です!

P1170732

おおともチーズ工房さんには、2009年の秋に一度訪れたことがありまして、実に8年半ぶり!

その時は、チーズ作りもさせていただきました^^

その時のチーズ

P1170734

入口にはミルク&ナチュラルチーズフェア2018のポスターが^^

P1170780

入ってすぐにカフェコーナーがあり、その奥が直売所

P1170777P1170776

こちらでは、焼き立てのピザやソフトクリームが味わえます^^

おおともチーズ工房は、チーズを作り始めて19年目になりますが、最近はすっかりピザで有名だそうです

P1040033

※写真は昨年のミルク&ナチュラルチーズフェア札幌会場の画像

 

と、直売所でこれまで見かけたことのなかったものを発見!

P1170764

あれ?飲むヨーグルトってありましたっけ??

最近、新たに工場を作って、念願だった飲むヨーグルトが誕生したそうです!

P1170773

さっそく飲んでみました^^

ん!?これ、飲むヨーグルトですか??ほぼヨーグルトですよね??

というくらい、濃い!!

そして牛乳そのものの甘さが直に楽しめます!!(酸味は控えめ)

生クリームを添加しているようにも感じますが、生乳のみだそうです!

『裏の牧場で搾乳している自慢の美味しい生乳は、大手メーカーに卸して主に本州方面で販売しているのですが、少しでも地元の人に味わってもらいたいと思い、19年前にチーズ作りを始めました。ただ、チーズにするとほとんどの水分を廃棄しなくてはならないので、飲むヨーグルトにすることはずっと望んでいた形でした!』と、大友さん。

その想い、しっかり伝わってきました^^

P1170775

窓の外に広がる大友牧場

青々とした夏の景色とは違いますが、この広大な景色が、さらに美味しくさせてくれているきがしました^^

 

P1170766

ちなみに特売所で販売しているチーズは、地元還元価格ということで、少しお買い得になっています^^

P1170771

 

 

と、本日はカチョカバロの制作風景を8年半ぶりに見学

P1170741

 

P1170748

今はもう製造していないというこちらのマシーンでチーズを作っていきます。

 

P1170750

生乳を固めた、まるで豆腐のような “カード”

P1170752 P1170753

そのカードをこちらの投入口へ

P1170756

細かくカットされて出てきました。

 

P1170749

こちらにお湯を入れてかくはんすると、ドロッとしてきます。

それをさらに機械に通し、型に入れて出てきたところを受け取りまして、素早く紐に吊るします。

P1170736

P1170737

簡単にやっているように見えますが、この成型作業が慣れるまでは至難の業

ワタシがチャレンジした時は、ビヨ~ンと面長なカチョカバロになってしまいました^0^;

 

P1170760

いくつか括り付けたところで、熟成庫へ

P1170759 P1170740

どこの工房もそうですが、無駄な動きなく、すごく効率よく動いています^^

P1170770P1170763

ちなみに、最近にんきのプチボールモッツアレラは、オーダーメイドの型で製造しています。

 

P1170747

こちらはセミハード系のチーズの熟成庫

大きな扇風機が回っていて、手作り感満載!

 

ちょうど、夕方の搾乳タイムが始まるということで、裏手にある牛舎にもお邪魔してきました。

P1170792

大友さんお父様が経営していますが、現在4代目だそうです!

昔よりだいぶ減らしたと言っていましたが、現在66頭(母牛は43頭)の乳牛を飼育しているそうです。

P1170791

 

P1170784

お父様もだいぶ高齢ですので、最近は若い方にお手伝いに来てもらっているそうです。

P1170790

“ちょっと、なに見てんのよ”

ちなみに大友牧場の牧草は、霧多布から吹き付ける潮風で塩味を含んでいます。それが美味しい牛乳の要因となっています^^

 

おおともチーズ工房は、帯広会場・札幌会場ともに工房スタッフが直接販売しますので、ぜひ浜中町おおともチーズ工房のお話、聞いてみてくださいね!!

 

===================================

美味しい牛乳があるから、チーズを作って地域に還元する

今回訪れた3工房、どこも同じことをおっしゃっていました。

北海道の冬の取材は結構恐怖でしたが、(釧路から浜中町までは濃霧!)やっぱり、実際に見て聞けることはものすごく刺激になります。

そしてますます、北海道が好きになります!!

雪が融けたら、今回伺うことが出来なかったチーズ工房に、足を運びたいなぁ^^

 

201712151424157382

ミルク&ナチュラルチーズフェア2018は、1月18日(木)~23日(火)が帯広・藤丸百貨店、1月25(木)~30(火)が札幌・東急百貨店で開催!!

 

 

 

ミルク&ナチュラルチーズフェア2018・事前取材 その2 鶴居村振興公社「酪楽館」

ミルク&ナチュラルチーズフェア2018 事前取材2日目は鶴居村からスタート!

P1170725

釧路から車で約1時間、向かった先は、鶴居村振興公社「酪楽館」

ちょっとお天気が悪かったのでどんよりカラーですが、空気がキレイなことが実感できる場所でした^^

P1170722

鶴居村の美味しい牛乳で村の特産品を作ろうと、11年ほど前から製造しているチーズはセミハードタイプ

ALL JAPANナチュラルチーズコンテストで何度も金賞を獲っている“ゴールドラベル”や、シルバーラベル、リーレツルイ、ペッパーチーズ、ゴールドラベルをさらに熟成させた限定品、プレミアムゴールドラベルなどがあります^^

他に、アイスクリームや飲むヨーグルトも生産しています。

 

この日は午前中にお邪魔したので、生乳を凝固させ、“カード”にする作業を見学

P1170687

 

鶴居村の搾りたての生乳をこちらのタンクに入れて、天井のパイプを通ってお隣の部屋へ

P1170683P1170684

 

こちらのタンクに入れて、殺菌します

P1170686

殺菌した生乳に、塩化カルシウムとスターター(乳酸菌)を添加し、さらにレンネット(チーズ製造時に牛乳を固めるのに用いる酵素剤)を加え、30分程静置し、凝固させるそうです。

 

P1170691

この段階で、すでに30分経過した状態。

そこにナイフを入れて、崩していきます。

P1170693

ゆっくり・ゆっくりかき混ぜていきます。

 

P1170692

機械任せではなく、人の目・感触で状態を都度、確認

正直、かな~り地味な作業・・・

P1170695P1170698

酪楽館では週4日ほどチーズを作っているそうですが、この作業を日々行っているなんて、モノづくりって本当に忍耐の上で成り立っているなぁと思います・・・

と、この段階ではどんな味なんだろうと気になって質問したら、一口試食させていただくことが出来ました!

『甘い!!』

生乳の甘さがそのまま伝わってきました^0^

甘さを極限に抑えた、トロトロ杏仁豆腐のような感覚♪

もちろん、砂糖を添加しているわけではありません。

個人的にはこの状態で毎朝食べたいかも!!

 

しばらくかくはんし水分を抜くわけですが、400kgの生乳からは40kgのチーズが出来るそうです。

水分=ホエーは、残念ながら廃棄しているそうですが、栄養素のある水分なので、出来ることなら活用したいところ。。

P1170689P1170711

と、水分が抜けたところで、こちらのバットに流し込み成形

そして熟成庫へ

 

P1170705

チーズって円形が一般的って感覚だったので、正方形って珍しいかもと思ったら、こちらのスタッフが修行したのがベルギー地方で、正方形が多いようです。

 

P1170706

ちなみに酪楽館にも円形のチーズはあります。

それにしても熟成庫の中って快適!適度な湿度に、チーズのいい香り。。。ここで飲みたい(笑)

P1170715

熟成されたチーズは手作業でカットされていました!!

もちろんラベル貼りもすべて手作業。またまた地道な作業です。。

 

P1170716

と、見学が終了してからもう一度、先ほどの生乳を見に行きました。

だいぶ固まってきたようです。

P1170718

ここでもう一度試食。

う~ん、やっぱりこの状態で販売して欲しいっ(笑)

 

ちなみに酪楽館では、事前予約制ではありますが、どなたでもチーズ作りが体験できるのです^^

P1170720P1170721

自分で作ったチーズで飲む・・・悪くないなぁ(笑)

チーズ以外にも、アイスクリームや肉製品なども作れるそうです!

 

午後のチーズ成型の様子も見学したかったのですが、もう1軒取材する任務が残っておりましたので、残念ながら今回はココで終了!

 

ちなみに酪楽館は、ミルク&ナチュラルチーズフェア2018の札幌会場は、スタッフさんが販売するそうですので、気軽に質問してみてください^^
※帯広会場は委託販売

 

そういえば、鶴居村と言えば丹頂鶴だよなぁと思いだしたら、普通に裏のサンクチュアリにいました!!

P1170728

 

P1170729

いすぎて一瞬、思考回路が止まってしまいましたが、飛び立つ姿が美しかったです^0^

P1170730

 

 

さて、ワタシも次の目的に飛び立ちます~!
(といっても車ですが^0^;)                  ・・・つづく

 

 

ミルク&ナチュラルチーズフェア2018・事前取材 その1 チーズ工房 白糠酪恵舎

201712151424157382

個人的にも毎年楽しみにしている、ミルク&ナチュラルチーズフェア2018が、いよいよ1月18日(木)の帯広会場よりスタートします!!

その事前取材ということで、先日釧路方面に1泊2日で行ってまいりました!

P1170568P1170557

朝7:00発のスーパーおおぞらで釧路に向かい、そこからレンタカーで向かった先は、チーズ工房 白糠酪恵舎

以前は塘路湖のイベントへ向かう際、毎年のように立ち寄っていたのですが、高速道路も延び、そしてイベントもなくなってしまったので、ちょっと久し振りの来訪です!

※ちなみにこちらが初めて訪れた時のブログ

P1170555

今回は取材ということで、初めて工房の方へお邪魔させていただきました!!

 

P1170501

週3回製造されている、モッツァレッラチーズの製造工程をお邪魔にならないよう、見学させていただきました。

P1170559

ちなみにこちらは、売店にあった製造工程のイラスト

P1170541

私がお邪魔したのは13:00でしたので、すでに生乳が“カード”の状態になっておりました。

見た目はお豆腐のようです。

ちなみに生乳は、工房から約3キロほどの場所にある牧場まで、自分たちで受け取りに行っているそうです!絞ったままの状態を保つため、振動は出来るだけ与えず、工房でもポンプなどは使用せず、自然に流れるようにしているそうです。

P1170512P1170535

カードをこちらの機械に入れて水分を抜きつつ、細かく刻んだものをこちらの鍋へ

P1170517 P1170521

ココに熱湯を加え、代表であり、チーズ職人である井ノ口さんが練り上げていきます。

P1170538 P1170540

この練る工程で味わい・食感が決まるので、一番大事な作業ともいえます。

機械で作業しているところも多い中、酪恵舎は15年ほど前からずっと、井ノ口さんがこの作業を週3回行っているそうです!
(だから遠くへは足を運ぶことが出来ないそうです。。)

 

P1170534

練りあがった塊を成型機へ

P1170530 P1170543

この型に流し込まれて、皆さんが良く知っている“モッツァレッラ”になるのです。

ちなみに方はいくつかサイズがあって、注文に合わせてこの型を差し替えて作るそうです。

P1170516P1170525

冷水のプールで冷ましたのち、パッケージングへ

普通に手作業でしたが、だいた1週間に3000個ほど製造しているそうです!!地道な作業あってこその美味しい商品の完成に繋がっているのだと体感しちゃいました!!

 

P1170529

 

酪恵舎は、通常工房見学は受け付けておりません。

P1170545P1170550

見学させていただくだけでも貴重なのに、なんと出来立てのモッツァレッラを一口頂いちゃいました><

ものすごく伸びます!!

こんなに伸びるモッツァレッラ、初めてかも!!

 

その後、売店へ

P1170558

P1170563P1170564

白糠酪恵舎のチーズは、約20種

食べ方の提案までしてくれるので、チーズを食べたいけど、どう食べたらよいか分からないとお悩みの方も安心^^

P1170567

 

イタリアで学んだチーズ作り。

その基本は守りつつ、日本人が美味しいと思うチーズを作る。

そして、出来るだけ地元の人たちに味わってもらいたい。

そんな思いから、白糠町内をはじめ釧路・十勝方面などを含めると、約60ヶ所で取り扱いをしてるそうです!

 

『売れるための努力はしない。だけどいいモノを作る努力はする』

井ノ口さんがおっしゃってたこの言葉、すごく心に響きました!!

イイものはおのずと売れていくものですよね^^

 

チーズ工房 白糠酪恵舎は、帯広会場札幌会場とも、工房のスタッフが直接販売しますので、ぜひ会場でその想いを聞いてみてくださいね!

 

 

層雲峡温泉で見つけた美味しいモノと、大人も大はしゃぎなアイスパビリオン

コチラからの続きです!

P1170175

氷瀑まつりの取材のあと、上川の美味しいモノを食べたい!と思い、層雲峡観光協会の中島さんから教えていただいた、【ビアグリル キャニオン】へ

P1170155P1170158

層雲峡温泉街の仲通りの、黒岳温泉の入っている建物の1階にあります。

P1170162

層雲峡温泉でイタリアン

なんとなくイメージがなかったのですが、メニューを見ると地元の食材を積極的に使用していて、どれも気になってしまい、かなり迷ってしまいました^0^;

P1170152

P1170151

 

P1170165

こちらは層雲峡渓谷照焼ハンバーグ

かなり高さのあるハンバーグ!

ナイフを入れるとすごく柔らかくてジューシー!!

香ばしい玉ねぎの香りが食欲をそそりますっ

添えられているジャガイモも美味しくて大満足^0^

 

P1170171

エゾ鹿と愛別産舞茸のストロガノフ風

驚きのボリューム!

エゾ鹿がゴロゴロ入っていました~~

そのエゾ鹿が全く臭みがなくて美味しいのですっ

期待以上の1皿♪♪

P1170163

セットのパンプキンオニオンスープとサラダもちゃんと美味しいので、満足度は上がる一方です^0^

 

P1170169

渓谷味豚のラグーのスパゲッティ

これもまた、ボリュームがすごい!!

小1の息子がかなりお気に召したようで、ハンバーグも含めてすごい勢いで食べていました^0^;

時間があったら食後にひとっ風呂浴びていきたかったのですが、残念ながらその時間はなく、次の目的地へ・・・

 

P1170186

と、今、層雲峡にいるとSNSにアップしたところ、上川大雪酒造の上川町内でしか買えないお酒があるとの情報が入り、どこで入手できるか、またまた層雲峡観光協会の中島さんに相談

ちなみに写真の上川大雪酒造では現在は直売はしていないのですが、今年の秋までには直売所が出来る予定

 

P1170179

でもって、噂の“神川”は、地元のセブンイレブンで無事に購入することが出来ました!!

このセブンイレブン、国立公園内ということで、景観に配慮しているんです。

黒岳ロープウェイの近くにあるセイコーマートも、ここのセブンイレブンと同じ色合いなんです(なので、見落とします^^;)

 

そして、次の目的地に浮かう途中、このお酒を醸造されている、川端杜氏にもご挨拶することが出来ました!

P1170182

忙しいときに突然訪れたのに、記念撮影にお付き合いいただき、感謝です!!

ちなみに先日、神川 純米初しぼり生と飲み比べする機会に恵まれたのですが、まったく違うタイプだけどどちらもワタシ好みで幸せな飲み比べが出来ました^^

 

そして、今回の取材のもう一つの目的地はコチラ!

P1170242

氷の美術館・アイスパビリオンです!

真夏でも-41℃を体験できる、体験型美術館

コチラも大昔に来たことがあるけど、旭川紋別道が出来てからは通らなくなってしまったこともあり、すっかりご無沙汰しておりました。。

年の瀬でも観光バスが何台も止まっていて、インバウンドのお客様がたくさんいらっしゃってました!

アイスパビリオンに入る前に、ちょっとしたパフォーマンス

P1170195P1170204P1170197

半分外の空間なのですが、ちゃんと椅子をストーブで温めているおもてなしに、ちょっと驚く

その後、中へ

P1170203 P1170207

数年前にリニューアルしたそうで、昔とは雰囲気が違う

P1170205P1170220

最初に濡れたおしぼりを渡されるのですが、途中ですごい形のまま固まっていました!

そしてお約束のバナナで釘!

王道だけど、逆に子供には大ウケでした^0^

P1170213 P1170214

こちらはー41℃の部屋

ボタンを押すと一気に冷気が・・・

どちらかというと、真夏にやりたいかも^0^;

P1170215

ダイヤモンドダストやクリオネも見れます^^

P1170225P1170226

寒さに耐えられなくなった時は、ほっとステーションという休憩室もあり、安心

メガネの方には嬉しい気遣いもあり!

 

P1170229

最後にはあったかいお茶と、なぜかしるこサンド!

それにしてもお茶が美味しかった~~^0^

 

そして最後のお楽しみがこちら!

P1170232

“自称・日本一のそり遊び・スノースライダー”

P1170235

P1170236

 

何だろう、ものすごい急斜面ではないのに、すごくスピードを感じ、コースがコンパクトなだけに恐怖も感じます!

滑る前は、子供だましでしょ~と思っていたけど、つい“キャ~~~~”と、黄色い声をあげてしまい、これから入場する方々も興味津々でこちらを見ておりました(笑)

1月にはコースがもう少し長くなるようなので、氷瀑まつり本番時には、ぜひ立ち寄ってみてください^0^

ほかにも氷瀑まつり会場周辺で、様々な冬のアクティビティが楽しめるようですよ!

詳しくはこちらをチェック

 

 

層雲峡温泉・氷瀑まつりの制作現場へ!!

少し遅いご挨拶となってしまいましたが、新年あけましておめでとうございます。

2018年も、どうぞよろしくお願い致します。

 

さて、2018年最初の投稿は、年末に日帰りで取材をしてきました、上川町・層雲峡温泉の河川敷で1月25日(木)から行われます、【氷瀑まつり】の制作現場レポです^0^

18de900c18e1b1e34148c2c6c9af9e5d1

今年で43回目となる、氷瀑まつり

北海道民なら一度は聞いたことのあるイベントかと思います。

ワタシも20年以上前に一度行ったことがありますが、あまりの寒さに一瞬で頬が凍傷のような症状になった記憶が・・・^0^;

ただ、その幻想的な美しさには心底感動しました^^

その時は、すごいなぁ~、キレイだなぁと思うだけで、どうやって作っているのかはあまり考えたこともなく。。

なので、今回の取材で初めて分かったことがたくさんありました!!

P1170098

今年は北海道命名150年ということで、テーマを“北海道”として、氷像を製作しているそうです。

上記がメインの“旧北海道庁”

P1170150

※制作現場に貼ってあった、全体像のイラスト

 

P1170103 P1170105

ヘルメットをかぶって、特別に制作中の氷像の中へ

ものすごく幻想的!まさに、アナ雪の世界!!

P1170104

氷瀑まつりの製作は、夏前には全体のデザインの構想、そして9月ごろから骨組みを立てているそうです。

P1170097

今回案内してくれた、層雲峡観光協会の中島さん。

この場所は国立公園ということもあり、許可を申請するのにも様々な手続きが必要で、ほぼ1年中氷瀑まつりにかかわっているんだとか。。

P1170101

製作は自然任せなので、気温が高かったり、風が強かったり、雪が降り積もったりすると、思うように進まないことも。。

P1170111 P1170112

まさに成形されている最中のつらら

風が強いとバナナのように湾曲することもあるんだとか!

P1170127

実はこのブルーの色合いは、まさに今が一番キレイなんだそうです!

というのも、イベントが始まってしまうと水かけはストップしてしまうので、徐々に透明度は失われてしまうわけです。

そして危険なつららはすべて排除してしまうので、このものすごい量のつららは、逆にこの時期だけの表情なのです!

P1170124

 

ちなみにこのホースから出ている霧状の水は、どこの水か考えたことってありますか?

P1170148

河川敷なので、当然のように川の水をくみ上げて使用しているのかと思いきや、わざわざ掘って地下水を使用してるそうです!

P1170109

というのも、やはりよりキレイな水の方がブルーの色合いも美しくなるようで、温泉でもあるこの地区は川の水をそのままかけてしまうと、どうしても濁った氷になってしまうそうです。

水も豊富で寒い場所だから、簡単に作れるのかと勝手に思い込んでおりましたが、ものすごく大変な作業の中で製作していることを知って、改めて43回も続けていることに感服致しました!!

 

ちなみに会場内には、アイスクライミングが出来る氷壁や、地元のお酒が飲める北の氷酒場、そして神社なども出現するそうです!

P1170110

P1170135

神社の内部から入口を写した図

氷なのに藁ぶきの屋根っぽい質感!!

 

P1170139

ここはチューブ滑りの会場になる予定

P1170144

この日は冬休み中の息子を連れて行ったのですが、特別に作業で使用するソリに載せてもらって、かなりご満悦な様子

 

P1170133 P1170120

札幌の中心部のマンション育ちな息子にしてみたら、こんな大きなつららを見ることなんて、そう多くはないのでかなり盛り上がっていました

本番が始まったら、もう一度連れてきてあげたいなぁ

 

 

一通り取材が終わったら、お腹がぐ~っと鳴りました^0^;

そういえば、お昼をまだ食べていませんでした!

ということで、層雲峡観光協会の中島さんにオススメしていただいたお店へ向かいました!

・・・つづく

 

 

 

pageTop