札幌100マイル

札幌100マイル編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

2017年12月 の投稿一覧

2017年新店探訪収めは【羊と中華 ヤンボウ】

気が付けば2017年、最後の日となってしまいました。。

引きこもって原稿作成(詳細は後日)していた時期もあったので、12月はネタが少なめでしたが、先日ススキノ飲み&新店探訪収めでお邪魔した、【羊と中華 ヤンボウ】で締めたいと思います!

010a03a57ee6143e082fbbe5b1961a8b4ef010a4dd  01372774e91659af59f8c40c7d1f4eedb1103e35d7

場所は中央区南4西1、M’s仲町などがある仲通り、“食べごとや ござる”の2階になります。

階段に招き猫、そして“羊と中華 ヤンボウ”の小さな看板

あれ?ココの上って“またたび餃子”だよね?

P1160996

ドアを開けると、厨房を囲んだカウンター、手前にも向かい合わせで座れるカウンタータイプの席

そしてその奥には、“またたび餃子”の入り口が!

なんと、またたび餃子に行く通路も、“羊と中華 ヤンボウ”の一部でした

と、“羊と中華 ヤンボウ”は、オガグループの新店になります^^(なので、このビルに入っているすべてのお店がグループ店)

 

まずは最初の1杯をオーダーします

P1160997 P1170017

さすが、ドリンクメニューからして気になるモノばかり!

流行りのレモンサワーもこんなラインナップ!

P1160999 P1170001

ということで、ワタシは辛いレモンサワーを^^

唐辛子がインスタ映えします(笑)

辛味はそれほどきついわけではなく、風味としていい塩梅♪

ちなみに横は塩レモンサワー

オジサマは赤星の大瓶があると、必ずテンションが上がる気がします(笑)

P1170014P1170003

ちなみにこちらの徳利は古酒の燗酒ではありません

米焼酎+ジャスミン茶割のお燗なんです!

やるなぁ~

お通しは落花生。ちゃんと中華バージョンの味付け

P1170007

シュウマイは、スタンダードとドライトマトバージョンを

といっても羊肉がベースなので、いつものシュウマイとは一味違います!羊肉好きはかなりハマる味わい!

ちょっと羊が苦手な友人、ドライトマトバージョンはお気に召したようです^^

P1170011

 

P1170010

のん兵衛シリーズ!ラムのたたきにガツの葱塩!!

P1170008

と、もちろん羊肉以外のメニューもあります^^

P1170005

じゃがいもの冷菜

そして一同悶絶だったのが、真たちの老酒漬け!

P1170012

何とも言えないねっとり感にうっとり!!!!

この界隈にまた1軒、ふらりと行きたくなるお店が増えちゃったなぁ~^0^;

 

オープンして間もないのと年の瀬ということで、この日は当然のように満席でしたが、年が明けても予約を入れてから行くことをお勧めします!!

 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

2017年も【オサナイミカのつぶやき】を読んでいただきありがとうございました!!

2018年も多くの皆様に知ってもらえたら嬉しいと思う、“美味しいモノ・楽しいコト”をお伝えしていきたいです^^

良いお年をお迎えください。    オサナイミカ

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

 

 

12月27日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~COFFEE&WINE STANDARD COFFEE LAB.

12月27日(水)北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、12月16日(土)にオープンした、【COFFEE&WINE STANDARD COFFEE LAB.

P1160687

場所は、最近素敵な飲食店が続々オープンしている南3西7、しやみ靴店のお隣りです。

出来たばかりなはずなのに、すでにこの場所に馴染んでいる感があるんです!

 

P1160701

店内は、手前にハイスツールのテーブル席、奥にはローテーブルの席

 

P1160674

月~金 8:00~25:00(LO24:3)、土日は10:00~25:00まで営業してます。

STANDARD COFFEE LAB.は、以前こちらでも紹介済みで、その名の通りコーヒーを楽しむお店ですが、今回はコーヒーのほかに、17時以降はワインも楽しめるのです!

P1160707

ワインはシャンパン1種・白3種・赤3種で、銘柄は都度入れ替わる形ですが、価格はいつでも同じで、シャンパンは1300円、白赤は600円・1000円・1500円の3種類

そして、3種類が飲み比べできるテイスティングセットが白OR赤それぞれ1550円 ※価格はすべて外税

P1160715 P1160692

すごくシンプルで、分かりやすい

オーナーでバリスタの大磯悟さんは、自身がワイン好きなこともあり、今回ワインを扱うことになったのですが、日ごろからワインは敷居が高いという印象が強いと感じていたそうで、多くの人にワインの魅力を伝えられたら・・・と、“バリスタ目線”でセレクトしたワインを気軽に楽しんでもらえるお店を目指しているそうです。

P1160708

このテイスティングセットに敷いてある説明が本当にわかりやすくて、ワインをもう少し知りたいと思っている方にオススメです!

『コーヒーもワインもテロワール(土地の個性や風土)がその味わいに直結するので、とても重要なポイントになることろが同じなのです。』と、大磯さんは語ってくれました。

そう考えると、コーヒーショップがワインを扱うことはすごく自然な気がしました^^

カフェだからこそ気軽に飲めるワイン、まさに〆の1杯として利用できるお店です。

 

P1160668

メニューはドリンクだけでなく、軽食やケーキ、ジェラードも楽しめます。

ケーキとクロワッサンは、ボンヴィバンさんのもの。ケーキはSTANDARD COFFEE LAB.のために作ったオリジナルもあり。

P1160671

そしてこちらはふわもち邸さんのサンドウィッチ。

直営店以外での販売は、STANDARD COFFEE LAB.が初めてとのこと。

他、ワインのつまみにピッタリな、ハム&チーズの盛り合わせ&ふわもち邸のベーグル付き♪
(Sサイズ780円・Mサイズ1560円)

ちなみにチーズは、ニセコチーズ工房のゴーダ・ミモレットと、さらべつチーズ工房のスモーク・気まぐれブルーの全5種、そしてハムもサラミ2種・ハモンセラーノ・モルタデッラ(ハム&チーズ盛り合わせ)と、充実な内容!

 

P1160679

ちなみにコーヒーは400円~で、平日10時まではすべて100円引き!

そしてテイクアウトも100円引きだそうです^^

モーニング、ランチ、カフェタイム、0次会、〆と、時間帯によっていろんな使い方が出来きそうです♪

※12/31&1/1はお休みです

P1160689P1160703

ちなみにこのロゴ、コーヒーとワインの滴をイメージしているそうです^^

そして夏はこのドアがオープンにするそうなので、ますます素敵な雰囲気になりそうです♪

 

 

酔うに酔えない、語る日本酒の会Byア・トン・コテ

編集長ブログがちゃんと更新できず、“師走”ということをヒシヒシと感じております。。

月並みですが、1日が、1ヶ月が、そして1年が早すぎる~~!!

 

いつも時間に追われている身ではありますが、そんな時こそ自分と向き合える時間ってすごく大事だと思うのです。

そんな時、タイミングよくそういう時間を堪能できる飲み会がありました!

その時の備忘録・・・

 

テーマは『発想と孤独の間に潜むケダモノ』

P1150779

年に一、二回くらいの割合で、小林酒造の専務・小林精志さんがテーマ&メンバーを決め、小林酒造の酒を味わいつつ、じっくり語り合う会です。

語る会ということで、「言葉」を仕事にしている方々が集まります。

いつも必ず新しいメンバーが一人はいらっしゃいまして、今回はグラフィックデザイナーの岡田善敬さんが初参戦。

P1160665 P1150784

この、「オバケ!ホント?」のデザイン、札幌の方にはかなりなじみがあるのではないでしょうか?

私も、ビッセスイーツでオバケ!ホント?のスイーツ食べたことがあります^^

写真のネクタイは、実はペーパーで出来ていて、思い付いたことがメモ出来るネクタイなんです^0^

100点のクリアファイルは非売品のようですが、子どもの宿題を全部100点にしちゃう優れもの(笑)

そして岡田さんは、小林酒造のラベルデザインを手掛けているのです。

P1150773

ちなみにこちらのラベル、光に透かすと雪が舞っているようなデザインになっています!

デザインの仕事って、相手の言葉から要望をくみ取って、満足のいくデザインに起こしていくわけですが、言葉ってとらえ方ひとつで全然違う風にも伝わってしまうわけで、特にデザインとなると正解・不正解がないだけに、相性もかなり大事になってくると思うのです。

岡田さん、最初に小林酒造から依頼があったときは日本酒にそれほど興味があったわけではなかったようです。

最初の写真の一番左側のラベルなんて、流通にはかなり不向きなラベルで、普通はあまり思いつかないかも。。でもそれを採用してしまう小林酒造のセンスもすごいなと思ったり(笑)

そう考えると、相思相愛の関係なのかなって納得したのでした^^

 

と、今回の会場は、ア トン コテ のブラッスリースペースで、プルコアの久保田シェフのフレンチを堪能しました^^

P1150759

事前に趣旨を説明し、日本酒は持ち込ませていただきました。

フレンチではあるけれど、1皿・1皿が日本酒を意識した味付けで、マリアージュが素晴らしかった!!

P1150762

P1150765

食べる前は何か全然分からなかった1品。。。

なんと、サバと南瓜でした!

P1150767

P1150771

お魚の下には黒豆!

P1150777

アトンコテはブーランジェ。お皿の手前にある白いソースは、麦芽のソース!これがものすごく美味しかった~♪

さすが、久保田シェフ^0^

P1150782

ドルチェまで完璧でした^0^

奥のプルコアパで味わう時とはまた違って、肩ひじ張らずに楽しめつつも、しっかり美味しいフレンチ(しかも今回は日本酒で!!)が楽しめる、理想的な空間でした^^

 

ちなみに今回のテーマ、 『発想と孤独の間に潜むケダモノ』

~日常生活が無意識に近い発想の連続でつむがれているくせに、人生を彩る意識的な発想となると、そこに焦点が合わずに私達は苦しんでいます。

喩えるなら自分の中の住人『発想のケダモノ』がなかなか起きてくれない時に不意に寂しかったり、心が闇に覆われたり、そんな感覚に陥るのかも知れません。

では、どうしたら私達は『孤独の間に潜む発想のケダモノ』が、暴れすぎず、ちゃんと言うことを聞いてくれるようにムチを振ることができるのでしょうか?

もしかして人生の輝きとは『孤独のクオリティ』が大きく関与しているのでしょうか?
そして自分と発想のケダモノの良質な関係とは、いったい何なのでしょうか?

答えのないことに、8人が全力で言葉のアプローチをしてみる会~

 

こんなメールが事前に送られてくるわけです。

もうですね、 考えれば考えるほど同意見していいか分からなくなります。なので、いつも心の準備はするものの、後はその場の雰囲気で答えます。

というのも、その場にいる8人の意見を聞いていると、どんどん言葉が浮かんできちゃうのです!

これぞ、言葉を生業にしている人々の化学反応!!

そんなわけで毎回頭がフル回転して、飲んでも酔うに酔えない(笑)

今回の孤独についての見解は、本当に面白かったなぁ~

考えてみれば、学生時代は女子特有の仲間意識の中での生活に、どこか違和感を感じつつも、つるんでいた方が何かと楽という感覚、そして一人でいるのがなんだか恥ずかしい・・・と感じたりすることもあったけど、いつからか、一人の方が楽!今日は一人でいたい!!一人を楽しめるのってかっこいい!!と、孤独を楽しめるようなったら一人前と思うようにもなり、そして孤独とは何か。。。と語る自分がいる。

今回のメンバーは、やはり孤独って寂しいことではないと、自立した大人たちばかりだったので、このテーマで若い世代の子たちと対話してみたいなぁと、思ったのでした^^

 

P1150796

そして2次会へ・・・

この辺りに来ると、緊張の糸がほぐれて、最後は気持ちよ~くなっちゃうんです(笑)

アルコールがあるからこそ、語れることもある

今回もいい刺激がもらえました!!

 

12月13日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~Meat Stamp KENT,S

12月13日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、11月16日(木)にオープンした、Meat Stamp KENT,S です

P1150615

こちらの場所、以前一度ブログで紹介しておりますが、トワ エ モアというお店でした。

とても良いお店だっただけに、その後どんな雰囲気になったのかって、結構気になりますよね

P1150578

赤いチェアーは健在!

そして全体的にスッキリした感が!!

P1150610

以前の雰囲気を生かしつつ、とても居心地の良い空間になっていて、個人的に嬉しい気持ちになりました^^

P1150579

黒板メニューを見ますと、バラエティに富んだおつまみが記載されておりますが、店名からして、ウリは“肉”ということで、まずはイチ押しのメニューを用意してもらいました^^

 

P1150588

ケントスサラダ~厚切り自家製ベーコン 1580円

メニュー名を見るとサラダなんですが、思いっきりベーコンを楽しむ1皿です!ワタシ的にはちょっとパンチあるかも・・・と、まずは焼き立てのベーコンを頂いてみることに。

カトラリーがラギオールなので、すごく切れ味が良くて嬉しくなる^^

おっ!!かなり厚切りのベーコンなのに全然重くない!!そして塩加減が優しい!!

彩りも美しい野菜たちとのバランスもすごくイイッ

と、脂っこいお肉がだんだん食べられなくなっている年頃のワタシでもハマる味わいに、素直にビックリ

P1150616 P1150603

そしてもう一品のオススメ・しっとり鶏ハム700円

鶏ハムが美味しいのはもちろんなんですが、ニンジンのラぺが絶品!

もともとお肉はダイスキだけど、添えられているちょっとしたサイドディッシュが美味しいと、より満足度が高くなりますよね^^

と、お店に入って壁面を見た時からずっと気になっていたのですが、盛られている木皿がなんともフォトジェニック!!

実はこちら、オーナーの山口賢人さんの手作りだそうです!!

と、山口さんはこちらのお店には基本おりません。

タヌキスクエアに9月にオープンした、“Tanuki Grillee KENT,S”にいらっしゃいます。

Meat Stamp KENT,Sで腕を振るっているのは、店長・井川直人さん。

お二人は同級生とのことで、必然と言ってもいいような再会を果たし、こちらのお店が誕生することになったそうですよ!!

取材をしてそのお店の誕生秘話などを聞くと、いつもタイミングなんだなぁって思うのです^^

そしてもう一つ驚いたのは、井川さんがフルールド オリーブで4年ほどお世話になっていたということ!

なので、この時もいらっしゃったそうです~

なるほど!だから全体的に優しい味なんだなぁって、納得したのでした^^

 

P1150596

こちらは人数に合わせてボリュームを選べる、骨付き子羊の優しい火入れ 1580円~

ふと、どうしてお肉に特化することになったのですか?と聞いてみたら、“お肉が大好きだからです”と即答(笑)

好きなモノだからこそ、扱いも上手!そんな気がしました^^

 

P1150620

井川さんは甘い物もお好きだそうで、こんなものまで作っていました!

その名も〆パフェならぬ、“升パフェ”

手に取ると、どっしり重く、2,3人前はあるそうです!!

この時は試作段階とのことでしたが、Meat Stamp KENT,SのFacebookページを拝見すると、無事に本採用されたようですね^^

ワタシは上の酒かすアイスをいただいてみましたが、酒好きにはたまらないアイスクリームでした♪

ほかに、日本酒シャーベットやトマトシャーベットなども300円で提供しているようですよ^^

 

P1150581P1150580

まだオープンして1ヶ月に満たないお店なのでドリンク含め、メニューはどんどん進化するかもしれませんが、居心地の良さは既に根付いている感を受けました^^

P1150582

ちなみにノーチャージで深夜2:00(ラストオーダーは翌1:00)まで営業中なので、タクシー難民になったときも、フラリと立ち寄れてしまうお店です♪

年内は無休、1月1日のみお休みとのことで、年越し肉祭も可能とのことでした(笑)

 

 

 

北海道シードルコレクション2018in札幌、チケット売れ行き好調です!!

特認シードルアンバサダーでもあります、オサナイより、北海道シードルコレクション2018in札幌についてのお知らせです。

(アンバサダーについてはお恥ずかしくも名ばかりではありますが・・・)

23755399_810757449109057_4358127863313255143_n

昨年の11月12日(土)に北海道では初めての開催となった、【北海道シードルコレクション

第2回は2018年2月4日(日)に、クロスホテル札幌2F・ミートラウンジで開催されることが決まっているのですが、昨年より人数に制限があるため、チケットの残数が思いのほか少なくなっております!

気になっていた方は、お早めにチケットをお買い求めいただければと思います。

なお今回は2部制になっておりまして、1部では生産者の方々もお招きし、よりプロフェッショナルなセミナーとなっておりますので、酒販店・飲食店関係者の皆様もぜひ、ご覧いただければと思います。

参加申し込み方法など詳細は、こちらでご確認を!!

 

また、前日の2月3日(土)には、 【第6回シードルアンバサダー講義付き認定試験】 が、札幌で初めて開催されることになりました!

24796749_926391324179762_8439350839696012277_n

日本シードルマスター協会の主催で、世界各国のシードルやリンゴの文化を正しく理解し、情報提供をおこなえる人材を「シードルアンバサダー」として認定しています。

飲食店・酒販店等にお勤めの合格者の方には、「シードルアンバサダーがいるお店」ステッカー(12cm×12cm)も、合格証とともにいただけるそうです!

この機会にぜひ!!

 

 

 

 

 

札幌ら~めん共和国 季節限定「ら~めん冬の陣」2日間で8店舗全制覇!!~白の拉麺篇

札幌ら~めん共和国 季節限定「ら~めん冬の陣」 赤の拉麵レポートに続き、白の拉麵4店舗のレポートです!

00001291_00003952_00002500P1160522

もちろん今回も、北海道の大食い女王・アンジェラ佐藤さんのカメラマンとして参戦です♪

ら~めん共和国内にあるSL広場が、クリスマス仕様でした^^

 

 

P1160527

1軒目は【らーめん炙亭 ぼたん 濃厚鶏白湯 ホエー豚のチャーシュー4種のせ 980円】

らーめん炙亭ぼたんは、今年の4月にオープンしたNEW FACE(その時のレポートはこちら

十勝愛をたっぷり感じることのできる、ホエー豚のチャーシューが4種(豚ほぐし・煮込み・炙り・パイクー)も味わえます!!

見た目はちょっと脂っこいかな?と思ったのですが、やっぱり女性店長の作るラーメン、くどくない!!

そしてホエー豚の脂が本当に美味しいっ

P1160538P1160542

スープも麺も期待以上の美味しさで、昨日に続き、1軒目から完食してしまいそうに^^;

あと3軒あるので、ココは抑え気味で次へ!

 

P1160555

2軒目 【函館麺厨房 あじさい 海鮮あんかけ拉麺 980円】

運ばれてきた時から“どんだけ海鮮使ってダシとってるの??”というくらい海鮮の香りがものすごいっ!!

P1160567P1160579

あじさいの定番の塩をベース海鮮の旨み、そして思っていたよりサラッとしたあんかけが、食欲をそそるんです^^

さらに自家製の“蝦夷油胡麻”を投入すると、もう止まりません!!

ただ、あんかけは熱いのでやけどに注意です^0^;

 

P1160597

3軒目 【元祖あさひかわラーメン梅光軒 牛骨白味噌~やわらか国産牛スジ入り~ 880円】

牛スジがど~ん!! なんという存在感

甘辛の香りがまたまた食欲をそそって、3軒目ということをすっかり忘れてパクついてしまいました^0^;

牛骨ベースに白味噌って、どこか酒粕の風合いが出るんですね!

P1160605

かなり太麺!

こちらのスープ、牛骨ベースなのですが、普段の梅光軒では使用していないスープなんです

今回の冬の陣のためだけにスープを取り、麺と国産の牛スジを仕入れたそうです!

それでいて880円って、安すぎやしませんか?!と、思わず店長に聞いてしまいました^0^;

それにしてもこの牛スジ、美味しすぎる。。。別売りして欲しいっ~~

 

P1160645

そして冬の陣のラストを飾ったのが、【麵処 白樺山荘 極・塩白湯~にんにく仕立て~ 930円】

運ばれてきた瞬間、『なんだか斬新!白樺山荘っぽくない~』と思ったら、今回はかなり遊び心を入れたそうです^^

P1160647

麺は道産小麦を使用した、いつもより少し太めな麺

真ん中の味噌団子を溶かさないようにスープを堪能した後、少しずつ味噌団子を溶かすと、1杯で2種類の味を楽しめるようになっています!

にんにく仕立てと書いてあるので、かなりパンチがあるのかなと思ったのですが、絶妙なバランスと言いますか、にんにくがとんがりすぎていないところが個人的に良かったかも♪

そして角煮!

最後にこれまた重そうな角煮だなぁ思って食べたら、あれ?思っていたよりさっぱりしてる!

何でも塩麹を使用しているとのこと。

 

実は今回、赤の拉麵と白の拉麵なら、断然赤だよなぁと、食べる前は思っていたのですが、白の拉麵も予想を裏切る美味しさで、正直ビックリしました!!

そして、どこのお店も『冬の陣』の1杯に、かなり力を注いでいることを確信しました!!

 

P1160614 P1160657

とうことで、今回もアンジェラさんはご満悦のご様子でした^^

ちなみにどこのお店も、10分以内にはスープ含めて完食しておりました!(あんかけのスープだけは熱くて完飲しませんでしたが)

 

P1160660

最後にイイ絵が撮れました(笑)

 

札幌ら~めん共和国 【ら~めん冬の陣】は、2018年2月12日(月)まで!!

 

 

 

札幌ら~めん共和国 季節限定「ら~めん冬の陣」2日間で8店舗全制覇!!~赤の拉麺篇

12月7日(木)からスタートした、札幌ら~めん共和国 季節限定「ら~めん冬の陣」

実は7日(木)に赤の拉麺、8日(金)に白の拉麺すべて、制覇致しましたっ!!

00001291_00003952_00002500P1160275

と言っても、一人では到底無理^0^;

今回は、アンジェラ佐藤さんが8店舗の冬の陣スペシャルラーメンを、2日間で食す企画のカメラマンということで同席し、味わうことが出来たのです^^

アンジェラさんレポートも近日中にアップされると思いますが、私の個人的感想もココでアップさせていただきます!

 

まずは、【赤の拉麵】のレポートから♪

P1160279

1軒目 【らーめん吉山商店 焙煎辛みそパルメザンチーズonパクチー入れる? 1080円】

いきなりパンチのあるラーメンが登場しました!

パクチー好きにはたまらない、アジアンスパイスな風味が楽しめる1杯♪ちなみに苦手な場合はパクチーを抜くことも可能だそうです。

まぁ、こちらをオーダーする方は、逆にパクチー増し増しでお願いしたいところだと思いますが(笑)

P1160304

中太の麺が、吉山商店の焙煎ごまみそベースの辛みそをいい塩梅で絡ませます!

いい感じで辛いけど、パルメザンチーズがまろやかさを出し、さらにパクチーの味わいが食欲をそそる!!

確実に女性客を意識した揚げゴボウもポイント高し!!

これから3店舗あるのに、つい完食してしまいたくなる美味しさでした^0^

 

 

P1160330

2軒目 【札幌みその 辛味噌 炙り豚盛りラーメン 930円】

運ばれてきた瞬間、炙った豚肉の香りにまずヤラれます!!ラーメンなのに、豚丼を連想させるほどでした!!

真ん中にはど~んと生姜が^0^

まずはスープを一口

吉山商店とは全く正反対の、切れのある辛さに一瞬シャキーン!!としたほど。

だからこそ、豚肉の甘さが引き立ちます!

P1160340

麺は食べ応えをしっかり感じることが出来る、コシのある中太麺

そのままつまみとして食べたい美味しいシナチクに、個人的に大好物のキクラゲもたっぷり!!

ラーメン屋さんには大変失礼ながら、麺なしでビールに合わせて食べたい具材ばかり^0^

 

P1160365

3軒目 【初代 辛醤麺 800円】

今回唯一の汁なし麺

もともと辛そうですが、辛さの調節をするのは真ん中にある、“辛肉団子”

P1160383

まずはこの肉団子を崩すことなく麺を混ぜ混ぜして食す

前2軒がみそベースだったので、醤油になるとまた、新鮮!!

辛い物が好きなワタシとしては、ヒリヒリするほどの辛さではなく旨みもしっかり楽しめる辛さ♪

そして肉団子を少しずつ混ぜていくと、その“辛旨み”が増してさらに食欲増進

P1160366P1160397

とここで、+100円でオーダーできる温泉卵を投入

これがまた、ものすごく合う!!

そしてラーメンだけど焼きそばのような、そんな味わいも楽しめました^^

ちなみに麺の量が通常より多め(200g)だそうですが、お値段が800円♪ハッキリ言ってかなりお得感あります^0^

 

P1160417

1日目の最後に訪れたのが、【らーめん そら 台湾風味噌ラーメン 900円】

最後にこれまたパンチのありそうなのがやってきました!!

フライドガーリックと辛肉、クセになる辛さを醸し出してくれています~~

P1160437P1160435

だけど、麺が今回の4店舗の中では一番ツルッと食べやすい太さで、一度食べたら止まりません。

あれ?4軒目なのに、こんなに普通に食べられている自分にもビックリ(笑) もちろん、1,2口ずつですけどね^^;

それだけそれぞれの個性がしっかり楽しめるラーメンだったのです!それにしても甲乙つけがたいオイシサだったなぁ・・・なので、ぜひみなさんにも、食べてジャッジしてもらいたい!

ら~めん共和国でアンジェラさんにこうして食べていただいたのは この時以来ですが、今回は4店舗ずつということで、かなり余裕アリアリで、一般の方と変わりないような感覚で4杯ペロリ♪

P1160296 P1160386

P1160430 P1160460

本当に美味しかったようで、終始笑顔でした。

ちなみに撮影&試食で食べたラーメンもアンジェラさんがきれいに空にしてくれたので、実質は6杯分くらい食べていると思います。

それでも夜は、スナックアンジェラ忘年会という企画で、おむすびきゅうさんの特大おにぎりとか、味付けたまごとかガッツリ食べていたようですよ^0^;

 

さて、次は白の拉麺を制覇です!!  ・・・つづく

 

札幌ら~めん共和国 【ら~めん冬の陣】は、2018年2月12日(月)まで!!

 

 

 

 

シュトーレン食べ比べ&ハードサイダー&クラフトビールのペアリング!

昨日、丸井今井札幌本店大通館10Fのミチノイエで行われた、【4種のシュトーレンとハードサイダー&クラフトビールを楽しむ会

P1150959

偶然にも真正面が、札幌市役所ツリーでインスタ映え^0^

 

P1150953

そして眼下にはミュンヘンクリスマス市にホワイトイルミネーション&さっぽろテレビ塔★

P1150956

イベント前からテンション上がりまくりでした☆彡

P1150960

今回食べ比べたのは、パンコーディネーターの森まゆみさんセレクトのこちらの4種♪

小樽・忍路のエグヴィヴ

当麻町の廻りみち

喜茂別町のソーケシュ製パン×トモエコーヒー

札幌のア・トン・コテ

P1150961

それに合わせたのは、ビアセラーサッポロセレクトの、こちらの6種

ヘフェヴァイツェン

 スタウト

 フィガロ2014

 ウィンター アヴィ スパイス(ハードサイダー)

 トンプソンクリーク クリークサイド(ハードサイダー)

 リバイバル ハード アップル(ハードサイダー)

 

P1150975

ミチノイエのバンケットルームに30名が集まり、楽しみました^^

P1150965P1150966

今回のシュトーレンをセレクト&手配していただいた、パンコーディネーターの森まゆみさん

それぞれ特徴のあるシュトーレンをセレクトしてくれたので、すごく食べ比べ甲斐がありました!!

しっかり甘いケーキのようなシュトーレンもあれば、甘み控えめなパンに近いシュトーレンもあったり。。

どれもそれぞれに美味しくて、本来は少しずつ1ヶ月くらいかけて食べるものらしいのですが、自分で一つ買ったら、たぶんあっという間になくなるだろうなぁ・・・^-^;

そうそう、今回ミチノイエの方が、スライサーでかなり薄くカットしてくれたのもポイント高かったです!!

シュトーレンは断然、薄い方が美味しいと思います♪

P1150971

今回のイベント、実はワタシがいつかやりたいと思っていた企画でもあるのです。

というのも、初めてこの、“ウィンター アヴィ スパイス”というハードサイダーをのんだ時に、“シュトーレンの味がする!!”と思い、1人で買うには躊躇しがちなシュトーレンを何種類か食べ比べしつつ飲みたいと。。。1年以上前から温めていました。。

P1150992

その願いを実現できたのも、ビアセラーサッポロのファルコンこと森岡くん、そしてパンコーディネーターの森まゆみさん、会場とおつまみを用意してくれたミチノイエ、そしてそして、参加してくれた皆様のおかげ!!

本当に素晴らしい会だったと思います!!

 

P1150978

そして期待以上にすごかった、ミチノイエのお料理!

おつまみ程度と思っていたら、最後にこんなサプライズが!!!!!

他にもケールのサラダやシャルキュトリー盛り合わせ、タコのカルパッチョなどが出ましたが、どれもちゃんと美味しいところに感動ですっ

おかげで参加者の皆様も大いに盛り上がっていたような気がします^^

 

心もおなかも満たされた後、ホワイトイルミネーションを散策

P1160011

一足早いクリスマスを楽しんだ夜です♪

 

 

 

 

札幌全日空ホテルがANA CROWNE PLAZA SAPPOROへ、リブランドオープン!

札幌全日空ホテルが、2017年12月1日(金)にANAクラウンプラザホテル札幌にリブランドオープンしました。

P1150831

その記者会見とレセプションパーティーに参加してきました!

こちらは正面玄関の看板

P1150824

マイナスの気温の中、コートなしでのテープカット

多分、ものすごく寒かったとは思いますが、IHG・ANA・ホテルズグループジャパン合同会社 チーフエグゼクティブオフィサーのハンス・ハイリガーズ氏はじめ、皆様全く動じることなく、和やかな雰囲気での除幕式

ある意味、記憶に残った瞬間です(芯から冷えるのを久し振りに体感・・・)

P1150827

 

テープカット&除幕式の前には記者会見が行われました。

P1150810P1150812

 

ANAクラウンプラザは、世界的なホテル運営会社IHGとANAとの合同会社(IHG・ANA・ホテルズグループジャパン)が展開するホテルブランドで、国内では20軒、北海道では、千歳・釧路・稚内にあり、札幌は4番目となるそうです。

P1150814

北海道民からしてみると、なぜ北海道の中で札幌が4番目なのか?という素朴な疑問が生まれますが、1974年に開業し43年間“札幌全日空ホテル”として親しまれてきた老舗ホテルだけに、リブランドの時期はかなり検討されたそうです。

年々増加するインバウンドのお客様、2019年にはラグビーワールドカップ、その翌年には東京オリンピックも開催されるので、ホテルはまだまだ足りないそうです。

その流れの中での、グローバルブランドへのリブランドだったようです。

確かに、生まれも育ちもずっと札幌のワタシとしても、物心ついた時からそこにあった、札幌全日空ホテルが違う名前になるのは若干寂しさを覚えたりしましたが、これからのホテルの在り方、そして利用するお客様がより快適に過ごしていただけるよう取り組んでいるという想いなどをじっくり聞くことによって、寂しさより期待値が上がりました^^

 

P1150820

ちなみにANAクラウンプラザホテルは“快眠プログラム~Sleep Advantege~”という取り組みをしていて、お好みの枕とアロマをセレクトできるようになっているそうです^^

スリープアドバンテージ_千歳からレンタル

部屋にセットさせているお茶も、夜用のほうじ玄米茶、朝用の抹茶入ミント緑茶!そしてアイウォーマーもあって、ホテル選びに寝心地を重視するワタシとしては、かなり嬉しいサービスばかり♪

P1150848

そして今回のリブランドに合わせて、17~20階の65室が改装されました。

今回見学したのは、18階のプレミアムツイン

P1150841

42㎡ということで、かなり広い!!

P1150843

デスクが部屋の奥にありつつ窓側を向いているこの作り、すごく好き!!

仕事がはかどりそうですっ!!

P1150844 P1150846

当たり前のようにトイレバスは別で、バスルームも広かった~~

もちろん入浴剤もセットされております^^

 

P1150837

そうそう、今回ファーストチェックインのセレモニーがありまして、今“黄金の左手”で話題の、木田優夫・北海道日本ハムGM補佐が、大型のカードキーを受け取っていました!

P1150839

やっぱり身体もそして左手も大きい!!

写真の左手を撫でたら、なんだか良いことありそうな気分になってきました(笑)

 

その後、先に改装オープンしていた、オールデイダイニング メムで、レセプションパーティーが開かれました

MEM_ブッフェ台

実は改装してからまだ行けていなかったので、今回初めてお邪魔しました。

明るくて広くて、ワクワクする雰囲気!

(正直、以前のレストランがあまり記憶に残っていないので、比較が出来ないのですが・・^^;)

ちなみに“メム”はアイヌ語で“湧き出る泉”という意味があるそうで、シェフたちがライブキッチンで美味しさと感動をどんどん湧かせるレストランに!という思いも込められているそうです。

 

P1150866

P1150912 P1150915

この、小豆でかたどった北海道が物語るように、道産食材はもちろん、ワインやチーズも道産色強めです!

P1150860

 

今回のウェルカムドリンクは、三笠・タキザワワイナリーのシードルでした!

P1150855

 

他にも、札幌・藤野ワイナリー、洞爺・月浦ワイナリーもラインナップ♪

P1150888

MEM_ワインセラーP1150894

ワインセラーにこんなに道産ワインが並んでいるのって、あんまり見たことないかも・・・

 

P1150871

一昔前まで、ビュッフェのチーズコーナーに道産チーズが並んでいるのって見たことなかったなぁ。。

当たり前に北海道産のチーズが並ぶようになってきたことに感動を覚えます

 

それにしてもメムのお料理のラインナップは魅力的でした

P1150879

 

P1150872

P1150875P1150874

飾り寿司まで!!

P1150861

最近のビュッフェは、本当に見せ方が美しいですよね

なので、選ぶ時間がかなり楽しい♪

P1150887

 

P1150882

P1150884

P1150886

P1150857

IMG_3590 IMG_3591

もちろん全部は食べられないので、厳選に厳選を重ねて、ライブキッチンで焼いてくれた牛・羊・鶏肉と、ハンバーガーなどいただきましたが、どれもワインなしでは勿体なさすぎる美味しさでしたので、タキザワワイナリーのキャンベルアーリーも軽く頂きました♪

デザートは一人で食べたわけではありませんので、ご安心を(笑)

(クレームブリュレ、一口食べた後で失礼します^^;)

 

P1150891

奥にはこんな素敵な空間もあったので、改めて座ってゆっくり堪能したい!!

 

今回のレセプションパーティは、さすがグローバルホテル!!と言った演出も色々ありました^^

P1150908

乾杯のカクテルの仕上げを、ステージで来賓や関係者で行う!

P1150901

ハンスCEO、さすが様になってます!
決して、他の方が様になっていないと言っているわけではありません^0^;

P1150906

ホテルは非日常を楽しむ空間でもあるので、難い挨拶より、かなり印象に残りました^^

P1150876

今回のステージで初めて知った、“AJIGUL

美しいの女性お2人による尺八とピアノのユニット、かなりインパクトあります!

レディーガガを尺八で演奏するって、かっこよすぎる!!

 

そして、お祝いの花がまた、素晴らしかった~ P1150853

P1150852

P1150850

こんなカラフルなバラ、初めて見ました!!!!

 

1Fのカフェミナモ前に飾られていた、クリスマス仕様のディスプレイ

P1150802

P1150805

新幹線とSLがタイミングよく写る機会を待つのは、私だけじゃないはず・・・(笑)

P1150807

ほんのりカカオの香りが漂って、シアワセな気持ちにさせてくれました^^

 

 

 

人生初体験!楽楽回転火鍋は、やめられない・止まらないオイシサ♪

JR琴似駅から徒歩2分ほどのビルの2階に、たぶん北海道初の回転寿司ならぬ、“回転火鍋”のお店が出来たということで、先日リサーチに!

P1150653

あ、このビルはbar Diversionがあるビルじゃないですか!

そしてすでに存在感を表す、“楽楽回転火鍋”

P1150656

入口もかなりのインパクト!

この、可愛いとは言えないパンダのイラストが本場っぽさを醸し出していますっ!!

P1150658

?!?!?!?!?!?!

思わず見入ってしまう店内・・・最近あまり見ない蛍光灯の明かりがまた、アジア感たっぷりで、旅行に来ている気分になります

P1150659

カウンター席にもテーブル席にも回転レーンが備えられていて、そこには寿司桶のようなものの上に野菜や肉団子、そして麺などが回っています

P1150664P1150663

そしてすべてに串が刺さっています!!!!

P1150660P1150661P1150666

その種類が半端ないのです!気になって、一周するまで撮影しまくってました^0^;

P1150671P1150669

 

P1150674

楽楽回転火鍋のシステム

まずはコースをセレクトし、そして鍋の味もセレクト

P1150682

ちなみに鍋は一人ひとつなので、2人で行っても4人で行っても、それぞれ好きな味で食べられます!

辛いモノ好きなワタシは、旨辛をセレクトしました。

そしてこの日は単品で頼むことにしました。

P1150683P1150695

3人で行ったので、肉は牛・豚・ラムすべてオーダー

あとは回転台から好きな串をそれぞれの鍋に投入

P1150696

スパイスのいい香りが漂い始めております!

P1150699

シイタケに牛スジ

具材を入れていくと、スープのうまみも増してきます。

P1150691

正直、肉がなくても串だけでも十分楽しめるかも!!

まぁ、串にも肉団子とかウィンナーとか、肉系のものも結構あるので^^

P1150693

ちなみにこちらは辛くない、とんこつバージョン

なので、お子様も一緒に楽しめます^^

ちなみに途中から旨辛のスパイスを加えて味変することも可能です~

火鍋はもちろん、美味しかったのですが、驚いたのは一品料理!

P1150703

この日は餃子と手羽先しかオーダーしなかったけど、中華料理店で見かけるメニューがずらり!

そして、ちゃんと美味しい!!

P1150705

ちなみに、おつまみ付の食べ放題コースにすると、2品選べます^^

そして〆はやっぱり麺!!

P1150665 P1150672

P1150714

男性は麺、女性は春雨って感じかな^^

P1150718

湯気で白くなってしまった^0^;

この日は男性客率が高かったけど、野菜もたっぷりとれる火鍋は、女性にこそ、オススメかも!!

そして、女子向けのドリンクメニューも充実

P1150711 P1150709

この、キュウリとレモンのサウザーが、辛味をスッと流してくれる美味しさでした^0^

P1150724P1150720

ちなみにこのお一人様回転火鍋システムは中国では一般的らしく、スタッフも全員中国の方でした!(そして真ん中の可愛らしい女性がオーナー)

機材もすべて中国から輸入しているそうです(IHの機械もよく見ると中国語)

 

そして、最後に頂いた杏仁もホントに美味しかった~~~

琴似には頻繁にはいけないから、願わくば市内各区に、2号店・3号店を出店希望デス!!

 

【楽楽 回転火鍋】

札幌市西区琴似2‐1‐3‐5 玉田ビル2F
011-615-8887
10:30~23:00
年内は無休とのこと

 

pageTop