札幌100マイル

札幌100マイル編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『おでかけ』カテゴリーの投稿一覧

知られざる天塩の魅力 Vol.1

9月中旬に、ご縁があって天塩町へ伺う機会がありまして、知っているようで全く知らなかった天塩の魅力を知ることができました^^

残念ながら、あまりお天気には恵まれなかったのですが、天塩町に到着して最初にお邪魔したのは、9月8日(金)にカフェもオープンした、ウノファーム

P1120798

P1120774

P1120800

昨年の1月にその存在を知って、3月に大丸札幌店のいいモノいいコトマルシェで再会

IMG_1779-e1458198359415 P1120755

あれからパンナコッタ・ウーノは、ナチュラルローソンで販売されたりと、着実に全国的にメジャーになってきています^^

P1120760P1120763

やっぱり、ちゃんと作っている美味しいモノは、みんなに伝わるモノですよね^^

P1120758

と、カフェではかき氷やソフトクリーム、コーンシチューなどが味わえます。

P1120771

こちらがコーンシチュー(コーヒー・パン付きで1000円)

美味しい牛乳の味がストレートに伝わってきます!!

シアワセ~~~><

そのコーンシチューの魅力を引き立ててくれたのが、パン♪

店舗を持たない、天塩町のCASARECCIOのパンだそうで、宇野牧場の牛乳を使用しているそうです。

P1120754

パンも販売しているのですが、どんなパンが届くのかは、宇野さんにも分からないそうです。この日は、桃の入ったパンがあったのですが、これがまた素晴らしく美味しかった!!!

正直、天塩町でこんなに美味しいパンと出会えるとは思っていなかったので、かなり驚きました~

 

こちらはみるくかき氷P1120767

ソースは道産のハスカップ

ミルクをフワッフワに削り上げたかき氷、口どけ感がたまりませんっ!!

食べた瞬間、目がトロ~ンってしちゃいました^0^

 

P1120764

こちら、試作品のヨーグルト

やっぱり原料が良いと、何を作ってもスペシャルな美味しさになるんですね!!製品化が楽しみです^^

美味しさに癒された後、美味しい原料を提供してくれている牛たちを見に牧場へ・・・

P1120786

とにかく広い!!(青空だったら最高に気持ちいいだろうなと想像しつつ・・・)

遠くに牛たちがいたのですが、声をかけたらどんどん近づいてきてくれました^^

P1120788

P1120790

か、可愛すぎるっ!!!!!

P1120793

ホントに人懐っこいんです^^
毛並みもキレイで、この牧場でストレスなく過ごしているんだなぁというのが伝わってきました。

P1120796

宇野牧場の牛たちは、この広い牧場に放牧されて、自分の食べたい草を食べたいときに食べ、自由に過ごしているのですが、最新式の牛舎が間もなく稼働するということで、施設を見せていただきました。

P1120775

お、大きい!! ひ、広い!!!

P1120778

これは牛たちも快適に過ごせそう!!

P1120783

そしてこちらはまだ機会が入っていませんが、牛たちが自由に出入りして、搾乳できるスペース

P1120782

牛たちはよりストレスなく、そして人を雇わなくても作業できるこのシステムは、広大な北海道のこれからの未来に必要なシステムなんですと、宇野さんが語ってくれました。

若いのに(若いから)先のことを見据えた取り組み、頭が下がります。。

 

その後、少し北へ・・・

P1120802P1120803

日本海の海岸線沿いにはたくさんの風力発電がありますが、オトンルイ風力発電所はかなり近くまで行くことが出来まして、その迫力はホントに圧巻・・・(天気が良ければなぁ。。。^0^;)

 

P1120805

こちらは幌延町と豊富町にまたがるサロベツ湿原

4階分くらいの階段を上がったのちの景色

P1120809

天気が良ければ利尻富士も見えるそうです・・・(T^T)

お天気の良い日の、夕日が沈む写真を見せていただき、これはリベンジせねば!!と、新たな目標が誕生した瞬間(笑)

 

こちらはトナカイ観光牧場

P1120810

ホントは餌をあげる予定だったのですが、ちょうど餌の時間だったようで・・・^^;

やっぱりリベンジだわ(笑)

P1120815

 

この風景も、天気の良い日の画像を見せてもらって、ある意味怒りを覚えたほど美しかったので、やっぱりもう一度訪ねることにしますっ!!

P1120819

晴れ女のワタシでしたが、雨男2人に囲まれるとさすがに負けてしまったようです^0^;

 

その後、天塩町に戻り、美味しいトマトを生産している農家さんへ

P1120825

竹之内農園さんです。

このハウスの中で10種類ほどのトマトを生産しているそうです。

P1120821P1120822

もう終わりかけということで、割れているトマトが多いとはおっしゃっていましたが、見るからに美味しそうなトマトが鈴なり!!

いろんなトマトをもいでは食べ、もいでは食べ・・・

P1120826P1120827

美味しすぎて、やめられない・止まらない状態^0^;

糖度が高いから、食べすぎるとあれだよ~なんて言われましたが、そんなことは気にしていられないっ!!

P1120828P1120832

と、干しトマトになっていたものをいくつか集めだしました。

『これ、今夜の料理に使ってみよう!』 なんと!それはかなり楽しみっ^0^

 

トマトも素晴らしく美味しかったけど、このパクチーも本当に美味しかった!!

P1120843

とにかく味が濃いっ

苦手な方には、キツイ香りかもしれませんが、お好きな方にはこれくらい濃い方が嬉しいっ!!

P1120841

収穫は既に終わった後でしたが、美しい4種類のじゃがいもが^^

P1120833

美しいモノは美味しい・・・

と、この後は天塩のオイシイモノてんこ盛りの宴へ・・・^0^

 

札幌国際芸術祭2017~札幌芸術の森エリアで秋を感じる

これは10日くらい前に、札幌国際芸術祭の会場になっている、札幌芸術の森を訪れた時の画像

P1120423

森の中ということもあり、札幌中心部よりも一足先に秋が訪れているようです。

 

P1120430

そんな森の中を歩いて、まずは美術館へ

 

P1120443

美術館では、芸術祭のゲストディレクターである大友良英さんが、20代の時に多大な影響を受けたという、クリスチャン・マークレー氏の『ガラクタ』をテーマにした音や映像作品が展示されています。

P1120432

あ!これはモエレ沼公園にあった作品と同じです^^

大友さん曰く、モエレ沼公園と正反対の場所にある札幌芸術の森会場は、ゴミ集積場だったモエレ沼公園を『再生』させたイサム・ノグチの想いに“呼応”している場所とパンフレットに記載されていたのですが、中に入って作品を見ると、なるほど!って思えると思います。※会場内は撮影禁止のため、画像は無し

特に、道端に落ちていた吸い殻やゴミを、ひたすら撮影して再生している作品を見ると、そう思うかも。

ノイズ音の方は、私には理解できない作品もあったけど、だからこそアートって受け手次第だなって実感したり。。。

 

P1120434

と、入口手前の中庭にも展示作品があります。

鈴木昭男氏の“きいてる”という作品

 

P1120438P1120441

この、“足跡”にも“耳”にも見える円形の石の上に立って、聞こえてくる音を楽しむという作品

この作品は、有島武郎旧邸や、野外美術館にも点在しているのです^^

そこを見る前に、美術館の裏側の道を歩いて、札幌市立大学 芸術の森キャンパスのスカイウェイに展示している毛利悠子氏の《そよぎ またはエコー》を見学しに行くことに。

 

P1120444

この道は初めて歩きました。

結構な傾斜なんですが、爽やかな秋晴れの日だったこともあり、森林浴を存分に楽しみながら10分弱歩きました。

P1120447

 

P1120448

こちらが会場入り口。エレベーターで2階に上がると、スカイウェイが見えてきます。

P1120450

端々に取り付けられたスピーカーから、不思議な音が響いています。

P1120451

内部がむき出しになっているピアノ。自動演奏で音楽が奏でられています、奏でると言っても、決して心地の良いメロディではなく、少し恐怖心がわいてきてしまうような旋律

なんだか、理科室で見る人体模型のよう・・・

P1120453

明るいのに、肝試しをしている気分になってしまったのは私だけ?

街灯の上の部分

P1120454

道路じゃない場所でみると異様に大きく見えるものなんですね。

やっぱりどことなく恐怖

P1120467

 

P1120458P1120460

磁力で鳴り響く鈴・・・

昔読んだ怖い漫画の1シーンを思い出してしまった・・・

P1120461

この会場、いつもは17時までのようなんですが会期中のどこかで、特別に夜間開放してみてもらいたい!

かなり恐怖感が増すと思うんです!!
(怖いと言いながら見たいタイプ^^;)

 

先ほどの森の中の道を戻り、工芸館へやってきました

P1120479

こちらには∈Y∋ の《ドッカイドー/・海・》という作品が展示されています

P1120475

靴を脱いで入るのですが、実はこの中、超が付くほど真っ暗なんです!

明るいところからそのまま入ると、本当にしばらく何にも見えません!!

会場の広さも全く分からなくて、先ほどのスカイウェイとは違う恐怖を感じ、若干中腰になってしまいました^^;

が、5分くらいたったころから、突然蛍光塗料のような暗闇に光るモノが浮き出てきます。

一つ見えるともう一つ。。。

そして10分くらいしたくらいから突然視界が覚醒します!!!

これは・・・楽しすぎるっ!!

見えたとたん、はしゃいでしまう自分(笑)

平日だったので、他の見学客もあまりいなかったこともあり、とにかく歩き回りました。これは息子を連れて、もう一度見学したいかも!!

P1120470P1120471

と、出てから知ったのですが、目を慣らすためのサングラスがちゃんと用意されていました^^;
※ちゃんと確認しないで行動しちゃうタイプなのです・・・^0^;

 

ちょっと興奮気味に会場を後にして、有島武郎旧邸へ

P1120483

芸森には何度も来ているけど、ココをちゃんと見学したのって、もしかしたらなかったかも・・・

自分の自宅のすぐ近くにあったと思うと、急に親近感がわいてきます。。。

P1120486

それにしても美しい建物・・・

窓から見える景色がまた、素晴らしい!!

P1120487 P1120488

と、2階にさきほどの、鈴木昭男氏の作品がありました。確かにこの場所に立つと、森の音も姿も感じられて気持ちよかったデス^^

P1120489

もともとこの場所にあったわけではないのに、ものすごく自然に溶け込んでいるのが不思議・・・今までの歴史を見ると、取り壊される寸前だったようですが、無事に移築してくれてよかったなぁと思います^^

 

そして最後に野外美術館へ

こちらには10ヶ所に鈴木昭男氏が見つけた“聴く”ポイントがあります

P1120492P1120493

タイミングよく、ボランティアガイドの方がいらっしゃったので、初めてお願いしてみることに。

この作品、前はカワイイなぁという感想だけで終わっていたけど、“ウィンク”を返してくれる作品だったとは・・・

いきなりガイドさんのありがたみを感じてしまった(笑)

P1120499

野外美術館は広く、いろんなところから作品を眺めることが出来るけど、鈴木昭男氏のポイントから眺めると、何となく心地よさが違います^^

P1120528P1120529

 

それにしてもガイドさんの説明は、作品を見る楽しみを倍増させてくれました!

P1120502 P1120501

この作品は、ぐるりと回ってみると、形が全然違うんです!!

そんなこと、まったく気にしていなかった・・・

P1120503 P1120504

 

 

この場所、最初に来た時は宇宙へのメッセージ的な空間かな?なんて思っていたような気が・・・

P1120512

この一番大きな石の上に、全体の設計図が描かれているなんて、ちっとも知りませんでした!

P1120515P1120513

そして、北斗七星と北極星を表していたなんて・・・聞いてよかった^0^

 

P1120522

この作品は、下から見上げるのと上から見下ろすのとでは、全然印象が違うんです!

P1120524

そのことに気が付くと、素直に楽しい^^

 

P1120525

そして、それぞれの感想を述べながら見て回ると、そういう風にも見えるんだ!って、さらに世界が広がります。

 

P1120496P1120497

こちらの作品、よ~くみると、真ん中のシルバーの部分がどこにもくっついていないことが分かります。磁力で立っているんだそうです!!

 

P1120542

時間に余裕がなくて、駆け足で回ってしまいましたが、どの作品もものすごく自然に森に溶け込んでいるのが印象的でした。。

そして30年も経っているのに、それを感じさせない作品が多い

P1120543

P1120548

 

と、奥の白い作品は、札幌国際芸術祭の作品の一つなんですが、今までなかったものだからか、一瞬で違和感を感じました!

P1120533

それにしても不思議な作品でした^^;

P1120536P1120535

そうそう、右の黒い石像、何かわかります?

一度分かるとそうとしか見えないくらい、細かいところも浮き出て見えるから不思議!

 

P1120520

この時から10日も経ったので、さらに秋が進行しているんだろうなぁ~

10月1日までにもう一回行けるかな~。行きたいなぁ。。

 

P1120494 P1120552

P1120553

そうそう、入り口近くにあるこちらの作品、時間が経つとその形を変えていたことも、今回初めて知りました!!

ちょうど、動く瞬間も見れました^0^

そんなわけで、何度も行っている方にも、ボランティアガイドさんに一度案内してもらうことをお勧めしま~す!

 

札幌国際芸術祭2017、芸術の森エリアは、10月1日(日)の9:45~17:00まで開催中

屋内外・美術館鑑賞チケットは1100円(SIAFパスポートは道民&市民は1800円)

工芸館と有島武郎旧邸は鑑賞無料♪

 

さっぽろオータムフェスト2017 特別会場★創成川公園 狸二条広場

9月8日(金)にオータムフェスト2017がスタートしてから、あっという間に1週間が経ちました・・・

時々近くは通るのに、なかなか行けないのが現実ですね^^;

でも、気になっていた創成川公園 二条広場には行っておかないと!!
ということで、家族で足を運んできました^^

P1120916

個人的には西方面より東方面の方が導線がいいので、この会場があることはとてもありがたいのです♪
少しゆったり目なのも、子連れにはありがたい^^

P1120917

なんだか前より明るくて、スタイリッシュになった気がします

P1120920

P1120923

こちらは、予約優先で使用することが出来る東側の席

テーブル&椅子がしっかりしていて、外飲みじゃないみたい!

P1120924

そしてオーダーもテーブルで良いんです!!

飲むときはゆっくり座っていたいワタシとしては、かなりありがたい(笑)

P1120933 P1120955

ビームハイボールは300円ですが、メガビームハイボールはジョッキで500円なので、断然メガビームの方がオススメ!!

P1120927

 

P1120935

こちらは春から、オータムフェストのためにお願いしておいたという、厚岸の牡蠣

かなりのサイズ!そしてプリップリ!! 今まで数々の牡蠣を食べてきたワタシも素晴らしい!と思う牡蠣でした^0^

驚いたのが、今まで一度も牡蠣を食べたことのなかった小学生の息子が、「美味しそうだから食べてみようかな」と言って、ペロリと食べてしまったこと!!(さらに、もう1個食べたいと言ってきた・・・)

こんな極上サイズの牡蠣から知ってしまって、これからどうすればいいの^0^;

P1120937

こちらは週替わりスペシャルメニューのイベリコ豚のグリル

17(日)~23日(土祝)のスペシャルメニューなんですが、たまたまあった日だったようで、オススメされていただきました^^

P1120939

ちゃんとお皿なうえに、ナイフとフォークも付いてくるから、外飲みでもストレスなし!

こちらも息子が「ジューシーで美味しいね!」と、ドハマリ・・・違いの分かるオトコなのか???

 

P1120947

美味しいものを食べるとさらに食べたくなるのは、子どもも大人も同じのようで、カルボナーラもペロリと一人で食べてしまいました^0^;

 

でもって、大人はこちらを。。。

P1120966

フレンチおでん 大根キノコソース

結構大きめで300円!そしてちゃんと美味しい!!

と、こちらもやっぱり息子に半部くらい食べられちゃいました(笑)

P1120952

やっぱりちゃんとしたお皿に盛られていると、魅力がアップします~

 

P1120953

パテもある!

となるとワインが欲しい。。。

P1120942 P1120945

ボトルでも飲める、甲州&マスカット・ベーリーA

ちなみに+100円で光る氷を入れることが出来るそうなんですが、これが海外の観光客に受けているそうです。ワタシ的には懐かしさを感じたりして(笑)

P1120940

ちなみにジムビームのほか、知多のハイボールもありました^^

足元が多少ス~ス~する以外は、外ということを忘れてしまいそうになる空間。

だけど、ライトアップされたテレビ塔が望めたり、創成川のせせらぎを耳にすることも出来て、ちゃんと解放感も楽しめる会場でした^^

 

 

あれ?なんか見覚えのある顔が・・・

P1120959

アンジェラさん!

P1120957

やっぱりアンジェラさんは、メガビームハイボールですよね(笑)

 

さっぽろオータムフェストは9月30日(土)までの、10:00~20:30(ラストオーダー20:00)営業中♪

 

 

10回目のさっぽろオータムフェスト2017

9月8日(金)からスタートした、さっぽろオータムフェスト2017

週末はお天気も良かったので、かなりの賑わいだったのではと思います。

と、ワタシは初日の夕方に足を運んできました^^

P1120592

最初に向かったのは、11丁目会場

P1120583

【さっぽろアフタヌーンBar&Lounge】は、世界約30ヶ国のワインとシードル、そしておつまみがワンコイン(500円)で楽しめるのですが、

9月18日(月祝)&19日(火)の2日間、さっぽろアフタヌーンBar&Lounge シードルDay!”を開催するので、そちらの打ち合わせも兼ねて、立ち寄らせていただきました^0^

P1120572

通常時もフランス・ノルマンディ産、スペイン・アストゥリアス産、TAKIZAWA WINERYのシードルなどがオンリストされていますが、この2日間は

オレゴンのハードサイダー

イギリス・サマセットのシードル

長野のシードル

余市のシードル

と、10種類以上のシードルがワンコインで楽しめちゃいます!!

ワタシもカウンターに立つ予定ですので、気軽に遊びに来てくださいね^^

P1120585

さっぽろアフタヌーンBar&Loungeのお隣には、北海道ナチュラルチーズマーケットがあるのですが、今回見つけたNEW FACEに、一目惚れならぬ一味惚れなチーズが!

P1120587P1120586

ありがとう牧場の“オンネトー”というブルーチーズ

ブルー特有の匂いはそれほど感じないので、しっかりブルーチーズを食べたいという時は、もしかしたら物足りなさを感じるかもしれませんが、塩味と舌触りがすっごくちょうど良くて、ワインを飲みながらのアテとして、バランスが抜群でした♪

日本人好みの味わいかも^^

数量限定のおためし価格だったこともあり、残念ながらあっという間に完売してしまったようですが、どこかで見かけたら一度試してほしいかも^^

他にも長万部の川瀬チーズ工房のチーズや、今年のミルク&ナチュラルチーズフェアで初とううした、標茶町の長坂チーズ工房のチーズなどなど、北海道産チーズの世界もますます厚みを増しています^^

P1120588

P1120589

ワイン、チーズと言えばパン!

南側通路には、パンコーディネーター森まゆみさんオススメのパン販売コーナーもあります!

が夕方に行くと、ほとんど空っぽです^^;

早めに行くことをお勧めします!!

11丁目会場には他に、札幌を代表する17人のシェフが「道産野菜」をテーマ食材としたメニューが日替わりで楽しめるシェフズキッチンや、出来るだけプロジェクトWorld Food Parkなどなど、雰囲気はのどかだけど、内容はかなりアツくてんこ盛りで営業中♪

 

が、少々時間がなかったので、先へ急ぎます。。

野外フェスのような、おしゃれアウトドアな雰囲気の西10丁目会場・道内の市町村ブースでにぎわう8丁目会場 ・・・

と、とりあえず向かったのが、5丁目会場

P1120597P1120598

無類のラーメン好きな小1の息子の胃袋を満たすべく、ラーメンをオーダー

9月13日(水)までの限定出店、ふかがわらぁめん道場 極(きわみ)“ふかがわ黒(味噌)肉麺”

肉麺と書いてあるだけあって、ものすごく肉々しいです!

そしてあんかけ風な、細かく刻んだ野菜がたっぷり入ったスープ。なんだかすごく得した気分になれるラーメンでした^0^

ちなみにラーメンのみチケット制でALL700円

さて、息子の胃袋も満たされたので、次は私の胃袋を満たすべく、7丁目会場

P1120606  P1120613

毎年初日に各会場を回っている面々に強引に合流させていただき、この日のゲストワイナリーだった、オサワイナリーと月浦ワインをいただきました!

写真はないけど、サンマが1匹ド~ンとのっかっていた、魚貝の炭火焼き盛り合わせ的なものをアテに飲むオサワイナリーは、期待以上のペアリングでした^0^

美味しくて、楽しくて、あっという間になくなっちゃった(笑)

 

P1120593 P1120595

ちなみに7丁目会場にはこんなブースもありました!

これはまた、ゆっくり来てみよう~

 

P1120614

19時過ぎに7丁目会場を出て6丁目をのぞくとすごい人!!

ということで、こちらもまたゆっくり^^;

 

そして4丁目会場へ

P1120621

やはりこちらも大混雑!

P1120622

初日は夜になっても気温があまり下がらず、外飲みが気持ちよかったので、万が一の時のために持参していたレジャーシートを敷いて、セコマのシャンパンで締めの乾杯!

015aed8ff36c7e3294145305b27a20b74624af9ddb  01373418856106fa62ca935fe6ef055b9884b9c357

こうしていると、あっという間にラストオーダー(20:00)、そして閉店(20:30)

まだまだ気になるお店がたくさんあったので、30日(土)までに行かなくては!

 

と、締めの泡を飲んだはずなのに、なぜか熱燗^0^;

012b30b2e94051d11a6dbf15e4b7a61b134667b0f0P1120626

どうしても最後にラーメンが食べたいという淑女(?)がいたので、sitatte sapporoの篝へ

そんなわけでワタシの〆は、熱燗となりました(笑)

 

 

 

 

 

 

晩夏の小樽~余市ドライブ Jijiya・Babaya&エグ・ヴィヴ

先日ニトリ小樽芸術村の取材に行ったとき、用事もあったので余市まで足を延ばしてランチも堪能♪

 

P1120212P1120213

いくつか候補をアップしつつ、最終的にジジヤ・ババヤに決定~

イベントで何度かお邪魔したことはあったけど、ランチタイムにお邪魔したのは初めて^^

017d7cd41b308f4f48d3f4e631f062e38d3db05bea

ほとんどのお客様がオーダーしていた、ヘラガニのトマトクリームパスタ

P1120222

平日はサラダとコーヒー付きで880円という驚きの価格!

これは余市まで来る意味大アリ!!

一度食べたら止まらなくなって、いつもの倍以上のスピードで食べてしまいました^0^;

“殻も柔らかいので、脚も食べられますよ”と、おっしゃってくれたので、手が汚れるのも気にせず、キレイにいただきました^0^

P1120223

普段は迷わず辛いパスタを選ぶのですが、この日は何となく優しい気分(?)になりたくて、トマトクリームをセレクトしたのが大ハマリ^0^

 

P1120217P1120226

と、パスタが美味しいのはもちろん、自家製ドレッシングのかかったシャッキシャキのサラダとコーヒーも、とっても美味しいのがさらに満足度を高くしてくれるのです^-^

 

心もお腹も満たされた後、忍路に立ち寄りました

 

0152cbef2543a20d1acd4177d1cebe9bdac3f7018401d32110aa406ed1200986b4ab961963501431e5a9

パン好きな方になら、誰もが知っていると言っても過言ではない“エグ・ヴィヴ”さんへ

平日の14時過ぎなのに10名くらいのお客様

でも、ちょうどパンが焼き上がった時間で、選び放題!(とは言い過ぎか^0^;)

オイシイ香りが充満する店内にいるだけで、シアワセな気持ちになれます^^

 

そしてつい、海をバックに撮影しちゃいたくなります(笑)

012307a361e7e46acaeff85013dba9abe34469cb3c

帰りの車の中もオイシイ香りに包まれて、ず~っとシアワセモード♪

01dcc6be39e82fd4b1efff30421e3802fcc03410ce 01f3e57a75e05b7799b1f1c30f2c0349a9eaf71186 013b666545e70ee71aa2598e1736bbb1cd58237b20

エグ・ヴィブのパンは何度も食べていますが、どちらかというとハード系が多っかたので、今回はスイーツ系を中心に♪

画像を見て、改めて美味しかったなぁ~と、ニンマリしてしまう

 

 

忍路から札幌に向かう途中に立ち寄ったところがもう一つ。

 

0162e308b84abf2ac8fb03598d288d995c63286230

塩谷にある、オサワイナリーの自社葡萄畑

実は5月に苗植えのお手伝いをしたので、苗木の生育ぶりを見に立ち寄りました^^
(事前にワイナリーに電話をして、許可をもらっています)

 

01935d5dc54a0d81e006da241d738eb85ef34071af

3ヶ月半くらいですごく成長していました!

 

01b89fda719955d30866f843265c14efe659271b26 0100ec1f5f87a3007a1747c83a87708157e79c9105

※ネームプレートがわさわさ育った三つ葉に埋もれて見つけられなかったので、この苗かどうかは不明ですが(笑)

 

0113bbe298b19f61f4be7ff768d4e7fcb78864383d

ここもまた、立っているだけで幸せな気持ちにさせてくれる素晴らしい空間でした^^

 

3年後が楽しみです!!

 

 

 

pageTop