札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『仁木町』タグの付いた投稿

わざわざ行く価値のある場所~NIKI Hills Village

今回から【セゾンカードプレゼンツ】で、北海道の魅力溢れる場所を紹介&入会特典プレゼント企画がスタートしました!

01e1da6fee33a120147db865739338eb185fc85f26

記念すべき第1回目は、2019年7月に仁木町にグランドオープンした、【NIKI Hills Village

オサナイはグランドオープン前にも何度かお邪魔していますが、グランドオープン後にランチをいただくのは初めてです!
(過去のブログはこちら

かなり期待してお邪魔しましたが、その期待を裏切らない素晴らしいランチタイムを過ごすことが出来ました!!

01ca92fc83c11e95155e40728d5bfc2649bdd8aac3

この日はあいにくの曇り空だったのですが、その風景すら幻想的で、まるでフランスのような雰囲気(行ったことないけど・・・^0^;)

015d1fb6f7697991c22c8b532f3afbeafa5287eb50

ブドウの苗を植えたばかりの時から見ているので、大きくなったなぁと、親戚のおばちゃん感覚で目を細めて畑を眺めました^^

P1610053

本日のランチコース

ちなみにランチは5000円(税サ別)で、ニキヒルズのワインが1杯ついています

P1610060

こちらの“はつゆき”は、ショップでは販売していないものなので、レストランでしか味わうことができません

P1610066 P1610068

蒸し暑い夏のランチタイムに相応しい爽やかな味わいに、思わず一気飲みしそうになりました^0^;

ワインが飲めない方には、目の前の畑で採れたぶどうのジュース

見た目は白ワインなので、ちょっと気分が上がります^^

P1610072

羽幌産 南蛮海老 ナスタチウム 日下農園のオクラ

う。美しい!!!!!

思わず声に出てしまうほど、1皿目から感動

P1610074

甘海老の濃厚な旨みと爽やかなトマトやオクラの相性が抜群にイイ!

そしてこのオクラ、今まで食べたオクラって何だったんだろうと思うほど美味しかった~~

ちなみにナスタチウムは、シェフが自ら栽培しているそうです^^

“困難に打ち勝つ”という花言葉に、勇気づけられます

P1610078

積丹産マゾイ 安田農園の黒キャベツ バジル

なんと見事な厚さのマゾイ!!

P1610081

そしてこの泡の美味しさに感動!この泡だけで飲める!!

貝の出汁を使用した泡とのこと

ソースまで1滴も残したくなくて、パンでキレイにさらいました^0^;

P1610076

 

P1610083

余市産北島豚 赤葱 マリーゴールド

個人的にも大好きな、北島さんの豚肉!!

P1610085

とにかく柔らかくて、あっさりとしているのに、豚肉の甘みがギュッと詰まっていて、アラフィフに嬉しい豚肉です!!

P1610089

そして今回の感動その3?

ネギのパウダー!!

ネギってパウダーに出来るのですね!

そしてこんなにも味に深みを与えてくれるのですねっ(≧▽≦)

P1610092

山中牛乳 ハスカップ 梅 赤紫蘇

P1610096

ホワイトチョコレートの下には、こんなに鮮やかで、酸味が爽やか♪

ほんのり甘い、ミルクのくずもちが素晴らしく合う!

ご一緒した方々も放心状態なランチタイムでしたっ

 

P1610108

北海道の食材をふんだんに使った、素晴らしいお料理を用意してくれた、町田シェフ

34歳にして、この感動的なお料理を生み出すなんて・・・

ずっと、リゾートレストランで働いていたとのことですが、NikiHillsに来てくれてありがとう!!って気持ちになりました^^

そんな町田シェフのランチをペアで堪能できるチケットが、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード入会の特典としてもらえちゃいますよ!

詳しくはこちらをご確認下さい^^

 

P1610104

と、ランチコースには1杯分のワインはついてきますが、もちろんお替りも可能

お肉料理にはやっぱり赤ワイン、飲みたいですよね♪

 

014dee9f3330b002cccb2b2df9f86ce9c3d08beb24

ちなみにNikiHills villageには、レストランを利用しなくても楽しめる場所が色々あります^^

こちらは、有料試飲コーナー

P1610114

ブドウ畑を眺めながら飲むワインは最高の一言!

01b362fb5dc48ccfc686190f9a918fa2043353fd39

 

016942ce536233a53bc9742e887d69a2ae30615c05

1万平方メートルを超える、ナチュラルガーデンも心を癒してくれます^^

P1610121

要予約ですが、ワイナリー見学も可能です^^

P1610125

醸造中のワインの試飲も出来ます^^

P1610127

何より涼しくて、夏は最高に気持ちいいんです^^

P1610129

これからリリース予定のスパークリングワイン

P1610134

キラキラした澱が美しくて思わずパシャリ

P1610147

行くたびに少しずつ変化しているNikiHillsヴィレッジ、いつか泊まりで楽しんでみたいのです^^

P1240685

 

NIKI Hillsヴィレッジ初のメーカーズディナーへ

気が付けば1ヶ月も経っていましたが、11月2日(金)仁木町にありますNIKI Hillsヴィレッジで行われた、meli melo×KOYAMA WINES×NIKI Hillsヴィレッジ “一夜限りのスペシャルディナー” に参加してきました!

P1310399

というのも、こちらの模様を12月5日(水)に発売になりました、【WINE-WHAT!?】で紹介させていただくための“取材”というお仕事の一環です^^

45844-WINE-WHAT26_H1

ちなみに19ページに掲載されています♪

P1310315

ですが、今思い出してもウットリしてしまうほど、スペシャルな内容でした!

ちなみにNIKI Hillsヴィレッジは2019年7月にグランドオープンする予定なので、本当に一夜限りなディナーだったわけです。

 

NIKI HillsヴィレッジまではJRで向かいました。

01fb823ce833d38ef38ff666a77136ce23098d968e 01373adad6e89e99d5d44e23731178b4555116c27d

小樽で倶知安行き(一両編成!)へ乗り換えて晩秋の景色を眺めながらの電車旅

生まれた時から北海道に住んでいながら、仁木駅で降りたのは初めてでした^^;

送迎バスに乗り込んで、NIKI Hillsヴィレッジへ!

P1310246

6月にも取材に来たので、季節の移り変わりを実感します^^

P1310236

ディナーの前に、ただいま絶賛造成中のナチュラルガーデンを、ヘッドガーデナーである福森氏のガイド付きで見学させていただきました^^

NIKI Hillsヴィレッジは、たくさんの方にこの場所に集まってもらいたいとう思いから、ワインを飲まない方にも楽しんでいただけるような空間造りをコンセプトにしています^^

ちなみに福森氏の後ろにある砂利道が、駐車場からレストラン棟へ向かうメインストリートになるのですが、その脇にはリンゴの苗木が植えられました。

数年後には、仁木町の名産品でもあるリンゴのアーチでお出迎えしてくれるとのことです^^

P1310242

この石壁は、一つ一つ積み上げて造ったそうです!!

P1310247

この池は、駐車場からは見えないのですが、ここから眺めて初めて目に飛び込むような作りになっているそうです。

P1310248

池に映り込む仁木町の美しい空が、景色に一部になっていました^0^

P131023901aa5db62ae7b098fa3dfb605508893c9d694e99b6

晩秋ですので、ほとんどの花は枯れていましたが、この寒空の下でも元気な草花も^^

P1310251P1310253

こちらは“ハンカチの木”

ガーデンのシンボルツリーなんだそうです^^

 

P1310262

ガーデンの見学が終わったのち、レストラン&宿泊棟へ

P1310259

ちなみにまだまだ建設中な感じです

P1310263

そうそう、この壁の素材は、ワインのコルクを加工したものなんだそうです!!

P131026501e81787c4dc297737d11c7db332bda28fbe5c1f6f

少々冷えましたので、こちらでコーヒーブレイク

P1310271

窓から見える仁木町と葡萄畑、そして空に癒されまくり・・・

P1310269

P1310268

 

一休みしたところで、醸造所の見学へ

P1310283

醸造家である麿さんが案内してくれました^^

いい香り~~~♪

樽に詰められたケルナーが、コポコポと元気に発酵していました^^

P1310290

P1310282

樽熟成中の赤ワイン

P1310301 P1310303

数年前まで、まったくワインとは関係のない仕事をしていたとは思えない・・・

P1310279

ちなみに地下にはこのようなスペースもありまして、将来的にはココでもワインを楽しめるようにする予定なんだそうです^^

 

P1310310

気が付けば外は暮れ始めていました

P1310313

ディナーの準備も着々と・・・

P1310327

グラスの準備も着々と・・・お腹が鳴ってのどが渇き始めてきました^0^;

P1310331

最初に、今宵のディナーを用意してくれた、札幌のフレンチの名店・meli meloの佐藤シェフがあいさつしたのちに厨房へ

そして、ニュージーランドでワインづくりを行っている日本人醸造家の小山氏(KOYAMA WINES)も、本日のワインについて説明

P1310337

乾杯はKOYAMA WINESのリースリングスパークリング

P1310341

アミューズに、NIKI Hillsヴィレッジの葡萄で作ったコンフィチュールのタルト

酸味が食欲を掻き立てます!

P1310343P1310342

 

P1310347

ゆり根 ホッキ ハマグリ

見た目は非常にシンプルなのに、旨みの主張が半端ない!

そして一つ一つの素材の味も楽しめるのに、ちゃんと一つの味わいにまとまっている・・・

思わずうなってしまった・・・

P1310344P1310352

ワインは飲み干さなくとも、新しいグラスで次々出してくれるので、色々な組み合わせでペアリングを楽しめるのが、とても贅沢でした^^

そして、造り手がそれぞれのワインを説明してくれます^^

P1310353P1310355

 

P1310358

バターナッツカボチャ フォアグラ 青りんご

P1310359

ワタシはアレルギーでリンゴが食べられないので事前に抜いてもらいましたが、味のバランスはまったく問題なく、というかまさにワインのためのモンブラン!というの味わいに、一口でやられてしまいました・・・

P1310365

ホタテ 真だち 根セロリ

P1310367

どの素材も何度も食べているのに、今までで一番おいしい状態で味わったといっても過言ではないほど、素材の味わいが生きていました・・・

P1310360

同席された皆様から賞賛を受けていた、パンの横に添えられていたハーブバター

そういうところにも、妥協がない

P1310373

鮮魚 ホウズキ ハーブフラワー

う、美しい!!!!!そして美味しいっ

ホウズキのソースがワインとのペアリングを確実なものに仕上げてくれているような、とても存在感のあるソースでした

 

P1310383

白老牛 レッドキャベツ 赤ワイン

まさに、赤ワインのための1皿

P1310379

だんだんワインもきつくなってきたかなぁと、一瞬でも思った自分にツッコミを入れたほど、ワインがスルスルと進みました

 

P1310387

お口直しのシャーベットはNIKI Hillsのナイアガラを使用

甘い香りに癒されました~

 

P1310392

マロン ショコラ カシス

デザートもまた、ワインが進む味わいでした><

 

P1310351

ワインに寄り添った料理を提供したと佐藤シェフが語ってくれましたが、まさにその通りの1皿ばかりでした・・・

 

P1310402

今回いただいた10種類のワインたち

普段なかなか飲むことができないワインと、この日のために札幌から駆け付けた佐藤シェフの料理、

初めてのメーカーズディナーは、贅沢すぎるほどの最高の一夜となりました

 

グランドオープン後はどのような形態になるかまだ分かりませんが、次回は宿泊もして、朝もやの葡萄畑を眺めながらモーニングをいただいてみたいデス!!

 

pageTop