札幌100マイル

RSS Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

by Sapporo100miles編集長 オサナイミカ

Sapporo100miles編集長 オサナイミカ
プロフィール

札幌生まれ・札幌育ち。Sapporo100milesスタート時より編集長して綴らせていただいた、オサナイミカの記録。お酒を愛してやまない性格ゆえ、飲食に関する情報は酒が中心(笑)
2011年2月にアラフォーで長男を出産。その後一度100マイルを離れ、フリーランスで育児の傍らアドバイザーやコメンテーター等のお仕事をさせていただいておりました。

2014年、サイトリニューアルに伴い、編集長として復帰。

これからも、大好きな札幌と北海道の食と観光の話題を中心に、自分が感じたままの言葉で綴らせていただきたいと思いますので、引き続きよろしくお願い致します!!

取材依頼等のご相談は、info@100miles.jpまで、お気軽にお問い合わせください。


投稿したブログ数:3730件

吉田秋生に号泣しました

最新作、『海街Diary1』~蝉時雨のやむ頃
久し振りののんびりした休日に
いいものに出会えて感無量

今思い出しただけでも、また涙が溢れてしまいます

お出かけじゃないけど、
どうしてもこのマンガの存在を知ってもらいたくて
Mixiにレビューした内容をそのままここにも記入します




1話目で号泣
2話目で笑い、
3話目でまた涙…

新聞等の評価である程度、期待して読んだのですが、
期待以上に素晴らしい作品
吉田秋生の実力を改めて確認いたしました

『子供であることを奪われた子供ほど
 悲しいものはありません』

この一言と、すずちゃんの号泣シーンの描写

マンガってホントに奥の深い世界です

読み終わったあと、すぐさまダンナに渡し、
感想を聞く

私が感動したフレーズで、彼も思いつくことがあったようです

今の世界の子どもの事情
特にインドの子どもたちの話とか…

子どもの世界はファンタジーでなきゃいけない

まったくその通りだと思う
子どものうちから辛い大人の世界を見せてはいけない

ただ、教えなくてはいけないことはあると思うけど

その辺のバランスが難しいのだろうけど


実はもう一つ涙したことがあって、
巨人の高橋投手の男泣きの一勝の記事
勝てて良かったね

日曜日は朝から涙もろくなっていた私です

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • スパム・迷惑コメント投稿防止のため、メールアドレスの入力が必須ですが、公開はされません。何卒ご協力のほどお願いいたします。
  • 投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。
pageTop