札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『ホテル』タグの付いた投稿

札幌駅北口にオープンする【JR-EAST HOTEL METS SAPPORO】がステキでしたっ!

2月1日(金)にグランドオープンする、【JR-EAST HOTEL METS SAPPORO】の内覧会に先日行ってきました!

P1350456

個人的によく通る場所のため、建てているときから気になっていましたので、かなりワクワクした気持ちで挑みました♪

P1350398P1350301

フロントは2階なので、まずはエレベーターに乗ります

結構な高さを感じます

P1350393P1350379

正面に、セルフチェックインカウンター

P1350387

そしてロビー

広さとしては小さめなのかもしれませんが、天井が高いこともあり、すごく開放感あります!

何より、使用しているファニチャーがステキすぎっ!!

P1350391

このチェアーなんて座り心地良すぎて、取材中なのに独り占めしそうになりました^^;

P1350390 P1350389

一番奥にはこちらのソファ席とコーヒーメーカーがありました^^

 

さっそく2階に2つあります“スーペリアロフト”のお部屋を見学

P1350318P1350307

天井の高さをフルに生かした作りです!

こじんまりはしておりますが、圧迫感はなく、ベッドの上でも女性なら立ち上がれます!

P1350315P1350311

使用している家具の雰囲気のおかげか、すごく落ち着く~

このソファベッドも、ちゃんと座り心地が良いんです^^

P1350308 P1350309

ちなみにホテルメッツ札幌は、全てのお部屋が浴槽付きのセパレートタイプ!

なので、フロント横に置いてあるアメニティの入浴剤も充実しています♪

P1350303P1350384

P1350383P1350385

 

同じく2階にあります、スーペリアルーム(フローリングタイプ)

P1350321P1350320

P1350322 P1350325

こちらはロフトがない分、天井の高さをフルに感じることができて、かなり贅沢感があります~

P1350324

それにしても北欧調のインテリアが可愛すぎますっ

※ちなみにこの赤い椅子はイタリア製←かなり座りやすい!!

 

 

そして全206室のうち、1部屋のみの“プレミアムデラックスツインルーム”

P1350326

P1350331 P1350335

うわぁ~

なんかすごくイイっ!!

少しの間、ここで暮らしてみたい~~

P1350344

 

P1350337P1350340

ちなみにこちら、スピーカーなんです!!

Bluetoothで繋いで使用できるそうで・・・いやぁ、今どきのスピーカーってホントにすごいっ

でもって、この照明をファインダー越しに見て思わず“スーパームーンみたい”って呟いたら、ちょっとウケてしまったことはココだけの話(笑)

またまた座り心地によかったソファは、こんな感じでベッドになりまして、定員は4名

P1350338

靴を脱いで上がるタイプだし、お子様連れにもってこいのお部屋です♪

 

12階へ上がりまして、60室あるスーペリアツインを見学

P1350346

これまた、個人的にも大好きな色合い!

ぐっすり眠れそう~

P1350349

ちなみにこちらの枕、よくよく見ると、上下で色がうっすら違います。

西川リビング社と共同開発したという、快適な睡眠のための温度を保つ仕組みになっているそうです!

最近のホテルは特に“安眠”に力を入れていますよね^^

 

外には出られませんが、バルコニーがついていて、カーテンを開けると少し空間が広がる感がある、プレミアムツイン

P1350353

P1350354 P1350361

入るとすぐ、洗面台が見え、その奥にバルコニーのついている窓が望めるので、広く感じます。

洗面台のブラインドは閉めることも可能(しかも自動)

 

P1350359

やっぱり気持ちよく眠れそう!!

P1350356P1350358

カーテンが、“北欧の風”を感じるようなグラデーションになっていて、閉めても圧迫感がないんです^^

P1350375 P1350376

ちなみに部屋のカーペットは雪の結晶

廊下のカーペットは糸紬をイメージしているそうです^^

P1350378

さらに、エレベーターホールの壁面は白樺をイメージ

北欧には行ったことがないので説得力はないけど、まさに北欧調!

 

最後に朝食会場にもなる、1Fのsource72

P1350399P1350400

P1350402P1350425

いわゆるホテルの朝食ブッフェスタイルですが、連泊しても飽きの来ないよう、北海道ご当地グルメなどは少しずつメニューを入れ替えたりするそうです。

P1350423

P1350414P1350412

お米は北海道・富良野産ななつぼし

ちなみに黒いのはカレー!

P1350409P1350407

小樽にあるsourceのグループ店で人気の、海鮮ひつまぶしもありました^^

 

P1350447

色々ちょっとずつ試食

朝食ということで薄味にしているそうですが、翌日夜のメニューを試食し、同じお店なのに、こんなに変えているんだとものすごく納得!※その詳細も後ほどブログアップ予定

P1350443 P1350441

北見塩焼きそばや、いももちなんかもあります。黒いカレーは、ホントにカレーでした(笑)

P1350438P1350450

海鮮ひつまぶしの出汁がとっても美味しくて、また食べに来たくなる。。。

 

道南ドライブ!その2 惚れ直した函館&北海道の景色

函館取材ブログ・第3弾!!

※第1弾→  第2弾→

01bc75b54b63e11c9e02ab591b3de338cdfdc173d9P1210107

今回宿泊したホテルは、ラ・ジョリー元町

子連れだったので、出来るだけ快適に過ごせるお安めのホテルを・・・とネットで検索していて見つけたのですが、偶然にも【Steak+wineひげバル】まで徒歩3分くらいで行ける距離でした!

P1200988

なんと、ラウンジでアルコール(しかもおつまみ付き♪)も楽しめてしまうという、まさにワタシにピッタリのホテルでした(笑)
P1200986

もちろん、アルコール以外のドリンクも豊富に取り揃えてありますので、子どもも大喜び^^

P1200983P1200984

ゲームを貸し出していたり、本(絵本も!)もたくさん^^

P1210079

部屋も広めで、子どももストレスなく楽しんでいたようです^^
ちなみに大浴場もあるのですが、時間制で貸し切り利用なので、今回はタイミングが合わず、部屋のバスルームで済ませました。。

夜、今回の取材をご一緒した女性陣と、部屋飲みを楽しんだのですが、ワインは地元の酒屋さんで購入しました^^

P1210081 P1210087

購入した場所は、シエスタハコダテの地下にある酒ブティック越前谷さんのワインショップ

ちなみにキュートなBOXは、同じ空間にあったキングベークのラスク♪

01e4e9f06bcb26f760e33b8a1637302ee706ebc13a 016532de9aa6e95fc31529b0b20796cdf495b5aad6

噂には聞いていましたが、すごく素敵な空間でした!!

車じゃなかったら、ここで1杯ひっかけたかったなぁ~~~

0115c8a3eb11d91f5431a1e76c919245a836b64034

写真はないけど、1階には無印良品のカフェも♪

 

と、ラ・ジョリー元町のお話に戻ります~

P1210104P1210106

朝食がウリということも決め手だったのですが、その言葉に偽りなく、本当に大満足な品揃え&味、そして会場そのものが素晴らしく気持ちの良い空間でした!

P1210090

そこまでお腹は空いていなかったのですが、食べずにはいられなかった・・・

P1210093P1210092

クロワッサンは、朝食会場で焼き上げていて、程よいバターの香りがたまらなかった~

ホントはその場で焼いてくれるオムレツも食べたかったけど、エッグスラットが食べたくて諦める・・・

函館らしく海鮮丼コーナーもあって、刺身好きの息子も大喜び^^

P1210096

窓からは函館山の山頂も望めます。

朝食の満足度が高いと、一日気分よく過ごせます♪

 

01d1afaefb9cff00570066807703f96e33d98bc6e3

と、ホテルの向かいに五島軒の洋菓子店があったので、立ち寄ってみました

どこか懐かしさを感じる銀紙にのったエクレアやショートケーキ・・・しかもお値段もお安め!

P1210165P1210172

エクレアは道中であっという間に息子に食べられてしまいましたが、ピロシキとスティックアップルパイは次の日の朝、ゆっくり味わいました

P1210167

派手さはなくともちゃんとオイシイ、老舗の良さを生かした味わいでした^^

 

こちらもホテルから車ですぐのところにありました、地元スーパー・魚長

01a381a3b3574ab28c360481ce2e1adac5438a6270P1210173

知人に聞いて行ってみたのですが、海産物の品揃えが素晴らしすぎて、見学しているだけでも楽しかった~~

こんな立派なめかぶを売っているところ、初めて見たかも。。。

P1210178

自宅に戻ってからめかぶ丼にして食べましたが、もう既製品では満足できないかも・・・

 

帰り道はコチラでも記載した通り、【道の駅 なないろ・ななえ】に立ち寄りまして、お天気も良かったので、思い立って大沼公園にも立ち寄りました

P1210120

なんと!!

凍っている大沼公園、初めて見たかも!!!!

青空に凛々しくたたずむ駒ヶ岳と、氷の残る大沼・・・なんとも幻想的で、しばらく撮影タイムとなりました~

帰りは高速を使わず、のんびり国道を走っていたのですが、噴火湾の眺めがあまりに美しすぎて、安全に止められる場所を見つけては、車を降りて撮影

P1210140

残雪の山並みと青い海・・・ 素晴らしすぎる光景でした!!

ココで羊蹄山の美しさを再認識

P1210130

さらに先ほどの駒ヶ岳も!!

行きは発揮できなかった晴れオンナパワー、ここにあり(笑)

 

極めつけは、伊達あたりで遭遇できた、サンセット!!

P1210156

 

P1210157

 

P1210162

正直いうとものすごく寒かったのですが、この美しさを前にして中途半端では帰れない!と、完全に落ちるまで頑張りました^0^;

P1210163

北海道がまた、大好きになった取材旅行でした^^

 

朝食が豪華すぎっ! 釧路センチュリーキャッスルホテル

先日の、ミルク&ナチュラルチーズフェア2018事前取材の際に宿泊したホテルは、幣舞橋のたもとにある、釧路センチュリーキャッスルホテルでした。

ちょっと特徴のある建物ですよね!

P1170606

※寒くてちゃんと調整出来ず、ブレブレですみません^^;

釧路出身の建築家・毛綱 毅曠氏がデザインしたホテルだそうです。

ちなみに毛綱氏はホテルの橋を挟んで斜め向かいにあるフィッシャマンズワーフMOOや、釧路湿原展望台も設計されたそうです。

そういわれると、なるほど、どこも特徴ある建物だ!って思いました^^

P1170573

と、こちらはホテル最上階のバルコニーから写した画像

P1170570

白糠の取材が終わって、ギリギリ夕日の時間に間に合いまして、宿泊者なら自由に出入りできるバルコニーから撮影

雲がなければ、このあと空全体が真っ赤に染まるそうなんですが、残念ながらこの日はココどまりでした^^;

が、さすが夕日の街・釧路。美しかったです!!

と、最上階にはチャペルがあるのですが、バージンロードがプロジェクションマッピングなんです!

P1170576P1170579

すごい!! ロングベールだと、その上に花弁が写って、とっても素敵なんだそうです^^

 

P1170600

今回利用したのは、2015年12月にフルリニューアルした客室(贅沢にもツイン!!)

窓からも、幣舞橋が見えました^^

P1170604P1170603

なんとも仕事のしやすいデスク!!  そしてドルチェグストも無料で利用可能^^

ミネラルウォーターも1本サービスで置いてありました♪

P1170643

それにしても寝心地の良いベッドでした!!

次の日、鶴居からの浜中町と、冬道の長距離を運転しなくてはならなかったので、この寝心地の良さは本当にありがたかったです><

 

P1170590P1170591

実はフロントで枕も選べるのですが、この日は早い時間にすべて出払ってしまったそうです^^;

“王様の夢” ネーミングが気になりすぎる。。。

P1170588P1170592

そして入浴剤とシャンプーが選べるバーも♪

 

そして宿泊者が自由に利用できるラウンジ

P1170605

この左手奥にあります

P1170582

P1170584P1170585

ドリンクバーもあり、ゆっくり読書するのに心地の良い雰囲気♪

P1170586

ワタシは飲みに出てしまったのでありつけなかったのですが、20:30~22:00までは、なんと無料で夜食カレーが用意されているんです!!

しかも鹿肉カレー!!

たまたま、知人のサイトにその詳細がアップされていましたが、写真見たら食べなかったことを軽く後悔・・・^0^;

 

その分、朝食は存分に楽しみました!

札幌のセンチュリーロイヤルホテルも朝食で人気のホテルですが、釧路もかなり評判が良いようです^^

P1170595P1170596

レストラン名は札幌でもおなじみ、YUU YOO TERACE

洋食か和食か選べ、+ベジタブルビュッフェが付いてきます

P1170656

P1170652

野菜が高いので、ものすごく嬉しい!!

P1170651

P1170650

P1170649P1170648

浜中町デザインファームの美味しい牛乳とその牛乳を使ったプリンも♪

P1170646

おっと、朝シャン(スパークリングではありますが)も楽しめるの?!

あ、今日はこれから運転でした^0^;

 

と、こちらは洋食セット

P1170673

自家製シャルキュトリーのオープンサンドセット!!

これは朝からシュワシュワしたくなります(笑)

 

P1170660

他に、季節の野菜の蒸し焼きと、蝦夷鹿肉のポトフも!!

P1170661  P1170663

朝から体内が浄化されそうな理想のメニュー

 

そしてこちらは和食セット

P1170665

P1170666P1170667

ご飯は白米・玄米ご飯・発芽玄米薬膳粥からセレクト可能で、迷わずお粥!

P1170658P1170659

野菜と“はまなかほえいとん”の蒸籠蒸しに、ずっと温かいあさりタップリの味噌汁!!

昨晩飲んだこともあり、この日は和食に軍配が上がりました^0^;

 

出来れば最低2泊はしたいホテルです^^

 

 

 

 

札幌全日空ホテルがANA CROWNE PLAZA SAPPOROへ、リブランドオープン!

札幌全日空ホテルが、2017年12月1日(金)にANAクラウンプラザホテル札幌にリブランドオープンしました。

P1150831

その記者会見とレセプションパーティーに参加してきました!

こちらは正面玄関の看板

P1150824

マイナスの気温の中、コートなしでのテープカット

多分、ものすごく寒かったとは思いますが、IHG・ANA・ホテルズグループジャパン合同会社 チーフエグゼクティブオフィサーのハンス・ハイリガーズ氏はじめ、皆様全く動じることなく、和やかな雰囲気での除幕式

ある意味、記憶に残った瞬間です(芯から冷えるのを久し振りに体感・・・)

P1150827

 

テープカット&除幕式の前には記者会見が行われました。

P1150810P1150812

 

ANAクラウンプラザは、世界的なホテル運営会社IHGとANAとの合同会社(IHG・ANA・ホテルズグループジャパン)が展開するホテルブランドで、国内では20軒、北海道では、千歳・釧路・稚内にあり、札幌は4番目となるそうです。

P1150814

北海道民からしてみると、なぜ北海道の中で札幌が4番目なのか?という素朴な疑問が生まれますが、1974年に開業し43年間“札幌全日空ホテル”として親しまれてきた老舗ホテルだけに、リブランドの時期はかなり検討されたそうです。

年々増加するインバウンドのお客様、2019年にはラグビーワールドカップ、その翌年には東京オリンピックも開催されるので、ホテルはまだまだ足りないそうです。

その流れの中での、グローバルブランドへのリブランドだったようです。

確かに、生まれも育ちもずっと札幌のワタシとしても、物心ついた時からそこにあった、札幌全日空ホテルが違う名前になるのは若干寂しさを覚えたりしましたが、これからのホテルの在り方、そして利用するお客様がより快適に過ごしていただけるよう取り組んでいるという想いなどをじっくり聞くことによって、寂しさより期待値が上がりました^^

 

P1150820

ちなみにANAクラウンプラザホテルは“快眠プログラム~Sleep Advantege~”という取り組みをしていて、お好みの枕とアロマをセレクトできるようになっているそうです^^

スリープアドバンテージ_千歳からレンタル

部屋にセットさせているお茶も、夜用のほうじ玄米茶、朝用の抹茶入ミント緑茶!そしてアイウォーマーもあって、ホテル選びに寝心地を重視するワタシとしては、かなり嬉しいサービスばかり♪

P1150848

そして今回のリブランドに合わせて、17~20階の65室が改装されました。

今回見学したのは、18階のプレミアムツイン

P1150841

42㎡ということで、かなり広い!!

P1150843

デスクが部屋の奥にありつつ窓側を向いているこの作り、すごく好き!!

仕事がはかどりそうですっ!!

P1150844 P1150846

当たり前のようにトイレバスは別で、バスルームも広かった~~

もちろん入浴剤もセットされております^^

 

P1150837

そうそう、今回ファーストチェックインのセレモニーがありまして、今“黄金の左手”で話題の、木田優夫・北海道日本ハムGM補佐が、大型のカードキーを受け取っていました!

P1150839

やっぱり身体もそして左手も大きい!!

写真の左手を撫でたら、なんだか良いことありそうな気分になってきました(笑)

 

その後、先に改装オープンしていた、オールデイダイニング メムで、レセプションパーティーが開かれました

MEM_ブッフェ台

実は改装してからまだ行けていなかったので、今回初めてお邪魔しました。

明るくて広くて、ワクワクする雰囲気!

(正直、以前のレストランがあまり記憶に残っていないので、比較が出来ないのですが・・^^;)

ちなみに“メム”はアイヌ語で“湧き出る泉”という意味があるそうで、シェフたちがライブキッチンで美味しさと感動をどんどん湧かせるレストランに!という思いも込められているそうです。

 

P1150866

P1150912 P1150915

この、小豆でかたどった北海道が物語るように、道産食材はもちろん、ワインやチーズも道産色強めです!

P1150860

 

今回のウェルカムドリンクは、三笠・タキザワワイナリーのシードルでした!

P1150855

 

他にも、札幌・藤野ワイナリー、洞爺・月浦ワイナリーもラインナップ♪

P1150888

MEM_ワインセラーP1150894

ワインセラーにこんなに道産ワインが並んでいるのって、あんまり見たことないかも・・・

 

P1150871

一昔前まで、ビュッフェのチーズコーナーに道産チーズが並んでいるのって見たことなかったなぁ。。

当たり前に北海道産のチーズが並ぶようになってきたことに感動を覚えます

 

それにしてもメムのお料理のラインナップは魅力的でした

P1150879

 

P1150872

P1150875P1150874

飾り寿司まで!!

P1150861

最近のビュッフェは、本当に見せ方が美しいですよね

なので、選ぶ時間がかなり楽しい♪

P1150887

 

P1150882

P1150884

P1150886

P1150857

IMG_3590 IMG_3591

もちろん全部は食べられないので、厳選に厳選を重ねて、ライブキッチンで焼いてくれた牛・羊・鶏肉と、ハンバーガーなどいただきましたが、どれもワインなしでは勿体なさすぎる美味しさでしたので、タキザワワイナリーのキャンベルアーリーも軽く頂きました♪

デザートは一人で食べたわけではありませんので、ご安心を(笑)

(クレームブリュレ、一口食べた後で失礼します^^;)

 

P1150891

奥にはこんな素敵な空間もあったので、改めて座ってゆっくり堪能したい!!

 

今回のレセプションパーティは、さすがグローバルホテル!!と言った演出も色々ありました^^

P1150908

乾杯のカクテルの仕上げを、ステージで来賓や関係者で行う!

P1150901

ハンスCEO、さすが様になってます!
決して、他の方が様になっていないと言っているわけではありません^0^;

P1150906

ホテルは非日常を楽しむ空間でもあるので、難い挨拶より、かなり印象に残りました^^

P1150876

今回のステージで初めて知った、“AJIGUL

美しいの女性お2人による尺八とピアノのユニット、かなりインパクトあります!

レディーガガを尺八で演奏するって、かっこよすぎる!!

 

そして、お祝いの花がまた、素晴らしかった~ P1150853

P1150852

P1150850

こんなカラフルなバラ、初めて見ました!!!!

 

1Fのカフェミナモ前に飾られていた、クリスマス仕様のディスプレイ

P1150802

P1150805

新幹線とSLがタイミングよく写る機会を待つのは、私だけじゃないはず・・・(笑)

P1150807

ほんのりカカオの香りが漂って、シアワセな気持ちにさせてくれました^^

 

 

 

地元民でも泊まってみたい!菊水のNEW SPOT~HOTEL POTMUM×MORIHICO.STAY&COFFEE

6月13日(火)にグランドオープンする、HOTEL POTMUM×MORIHICO.STAY&COFFEE

P1090056

菊水駅からすぐの場所にある、元オフィスビルだった建物です。

P1090029

1Fに、モリヒコのカフェ

P1090033

もともと倉庫だったということで、天井がすごく高くて、ものすごく開放感のある空間!!

P1090003

本が2000冊置いてありまして、自由に読むことが可能

P1090013 P1090012

ホテルの宿泊者はもちろんですが、ホテル利用以外の方も利用可能^^

P1090031 P1090035

コチラのカウンターでオーダーしたのち、席で待ちます(トランプが目印)

P1090023

コーヒー以外にも、ニセコビールのクラフトビールやワインなどもあります。

P1090043

レセプションということで、カフェラテのほかにピッツアも一切れいただきました

P1090038 P1090053

フードメニューは、道産食材を使用したピッツアやおつまみ、スイーツなどが楽しめるようです^^

こちらはホテルのフロント

P1090021

まずは3階まで上がってみました。(エレベーターも業務用なところが個人的にツボでした!)

P1080971

廊下が広くて開放的!!

P1080972 P1080974

こちらはダブルルーム

P1080985

内装がちょっとずつ、違います

P1080975 P1080979

バスタブはありませんが、シャワールームがあります

P1080978 P1080982

ツインルームやトリプルルームもありました

窓が大きめなので、実際より広く感じるかもです^^

 

コチラは2階。ドミトリールームになりまして、共有スペースになります

P1080991

 

P1080999P1080989

カプセルホテルのような造りですが、木のぬくもりを感じることが出来て、安眠できそうなベッドルームでした^^

4人・6人部屋などもあり、友人同士やファミリーで貸切ることが出来るそうです。

小学生くらいのお子様が喜びそう^^

P1080996P1080995

パウダリールームやシャワールームは男女別の共有になります

P1080992P1080993

ふと床を見たら、工事現場のような雰囲気

今回のリノベーションで床をはがし、当時の現場の印と、今回の工事の印、そのまま生かした状況

P1090019 P1080994

他にもちょっとしたところのデザインが、すごくスキな雰囲気でした^^

 

冬も雰囲気よさそう~

P1090002

 

P1090030

今後、テラス席もできるとのこと。

夜の雰囲気もよさそうで、菊水がますます面白くなっていきそうな予感です^-^

 

 

 

 

 

pageTop