札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『ホテル』タグの付いた投稿

札幌圏内で異国の雰囲気を堪能できる場所~【ログホテル メープルロッジ】Vol.1

セゾンカードプレゼンツ】で、北海道の魅力溢れる場所を紹介&入会特典プレゼント企画、第3弾は札幌から約1時間の場所にある、【ログホテル メープルロッジ

P1630636

場所は、岩見沢市毛陽町

古くからりんごの産地としても有名な場所なのですが、周辺の炭鉱が無くなってからはこの辺りの人口が衰退してしまい、(昔は万字線というJRの路線もあったのです)毛陽小学校が閉校。

その跡地を利用して建てたのが、メープルロッジと毛陽コロシアム!

P1630703

木々の奥が、毛陽コロシアム

P1630698

屋外にはセンターコートの他、4面のテニスコートもあり、テニスの合宿等も行われているそうです^^

P1630695

そしてその周辺にはりんごの木が!

P1630691

あれ?思っていたより木が小さいかも。。

実は一度、病気で全滅しかけてしまったようなのですが、再度植え直したそうなんです。

毛陽地区の歴史を絶やさないようにしようという姿勢が素晴らしい!

P1630705

ちなみにこちらがメープルの木

この木が周辺にたくさん生えていたので、メープルロッジという名称になったそうですよ^^

P1630637

その“ログホテル メープルロッジ”、オープン当初は、“スパ イン メープルロッジ”という名称だったのですが、3年ほど前にリニューアル

オサナイは、リニューアル前に一度立ち寄ったことがあったのですが、リニューアル後はお初!

そして最近、すごく良くなったという評判をよく聞いていたので、期待して足を運びました^^

P1630638

中に入ると、ものすごく開放的なロビーがあります

P1630658

暖炉もあるので、これから薪が入るとよりステキな空間になること間違いなし!

そして寒くなってから、よりこのホテルの良さを発揮するのではと思っているのが“サウナ”

P1630639

内風呂を経て外に出ると・・・

P1630641

奥の建物がサウナルーム

P1630646

それほど広いわけではありませんが、セルフで“ロウリュウ”という、サウナーの中では必須の、熱した石に水をかけて蒸気を発生させるスタイルのサウナが楽しめます^^

P1630648

この、小窓から見える風景もステキ♪

P1630644

さらに必須アイテムの水風呂が、“源泉かけ流し”というところも評価が良い要因の一つ^^

そしてそして・・・サウナ付きの客室も2つあるのです!

P1630713

P1630719

こちらは、スイートホワイトバーチ

この天窓が空間の広がりを演出していて、すごく心地が良いのです^^

ちなみに天窓は、スタンダードルームにもついています♪

 

P1630730

そしてこちらが、シルバーパイン

P1630735

こちらは客室ではなく、ホテル内にあるプライベートコテージです!

P1630737P1630738

この、シルバーパイン~樹齢200~300年と言われている立ち枯れの松を使用した部屋は、シルバーパインの香りからしてすでに癒しの空間!!

P1630736

2名+エキストラベッドで4名まで泊まれますが、2名で滞在されるご夫婦も多いそうです^^

P1630732

最低1週間は滞在したい空間でした^^

 

ということで宿泊しなくても楽しめる、ランチのご紹介にうつります♪ ・・・次へ

 

朝ご飯から〆の1杯まで、多種多様な使い方が出来る【LES BOIS~レ・ボア~】

018b187b8538ef6fb6506dd7f319c0b351bb001859

2020年8月1日(土)にグランドオープンした【ザ ノット札幌

昭和生まれの札幌市民なら、千秋庵の場所と伝えるとほとんどの方がすぐわかる場所

その2階にオープンした【LES BOIS~レ・ボア~】に先日お邪魔してきました^^

010651916d78c3458ea1854dba08f5a9bf0cb1810a01503930b138dabba2e1c659db53f3ed36d02d8c2e

セコマの横にある入口を抜けると、地下街直結の階段&2階レセプションとレストランへの階段、そしてエレベーターがあります。

01ea36edef3ef98f5e3f7ea0318d9464af35d6e734

2階へ上がると、1階とはうって変わっての鮮やかな色合いにビックリ!

急にワクワクしてきました(≧▽≦)

01df4b626077f8bf7512c380e902a48a9af0df0467

奥がレストランスペースになっているのですが、とにかく目を奪われる空間!!

014d394caebd582b4d3f2604b5dea47725951c54ee

ファニチャーも、いちいち気になる~~っ(いちいち座りたくなる~~・笑)

01bd32c67f4604b24029c3a8c0218cfe78e6e13711

P1610519

内装には、木・石・銅板を使用しているのですが、ぬくもりと無機質、それらが何ともうまく組み合わさって絶妙な心地よさに仕上がっている感じです^^

バブルのころを思い出しつつも、バブル時とはまた違うスタイル。アラフィフ的にハマる(笑)

0124ca1eb07cfbbd62cd9ac7765f2eb24e2cf1f53c

今回はこちらの南西角、路面電車が眺められる席で楽しむことに^^

P1610516

メニューもライトもいちいちオシャレ♪

P1610521

まずはシュワシュワでのどを潤します。グラスがエロイっ(≧▽≦)

P1610524

まずはグラスパフェを・・・

枝豆のムースと白ワインジュレ、スペルト小麦、合鴨のスモーク
南瓜のムースと土佐酢ジュレ、タスマニアサーモンのマリネとキヌア、香草のサラダ

P1610525P1610527

小振りなのに、思いのほかしっかり味わえます!

器も可愛くて、ますますワクワク♪

P1610537

本日の鮮魚のカルパッチョ、エディブルフラワーとプチ野菜、ビーツのヴィネグレット

スーパーフードを使用したお料理が色々ありました^^

P1610534

メニューに、“バーミキュラ”というページがあって、和エピスを添えたカレーがウリと聞いたので、有機野菜のカレーをオーダー
生山椒、花山椒、黒七味、一味、ブラックペッパーが添えられていてます

P1610530P1610528

そうなると、ロゼあたりが飲みたくなります~

P1610542 P1610546

“あるよ”と言わんばかりに、素敵なロゼがやってきました^0^

 

P1610552

酒呑みな二人はすでにお腹がいっぱいで、飲むことしか考えていなかったのですが、“当店はデザートがウリなのです”と言われ、素直にオーダー(笑)

(ちなみにパスタやメインディッシュも色々あります)

酒粕の風味に癒される抹茶のパフェ

P1610553P1610550

この升、よく見ると台形型なんです♪

でもって、酒呑みな二人は当然のようにデザートに合わせたワインを頼むわけです(笑)

あぁ、酒と食の好みが似ている人とご一緒すると、なんとも幸せな気分になります

 

P1610557

え?デザートもう一つオーダーするんですか??

ご一緒した方、まさかの甘党でした(笑)

でもこのピスタチオのリングシューがまた、素晴らしく美味しかったのです!!

これはもう、ウィスキーに行くしかないっと思ったのですが、いい時間だったので、2軒目で堪能することにしました(笑)

LES BOISは、6:30~23:30まで営業しておりまして、モーニング・ランチ・カフェ・ディナー・BARと、様々な使い方が出来るので、一度は除いてみる価値アリです!!(ランチタイムのアルコール率も結構高めとのこと^^)

 

そして今回、ホテルのお部屋も見学させていただきました♪

011ec92726da103145bc6f88c9b94495a833da9517

こちらが、ホテル一押しの角部屋。ちょうど、今回座った席の真上になります

この景色は、今まで札幌になかったホテルかも!

014e753292a4b958b00a392698b197ae47262a9faa011f66c47248a3df6b0d18689bf250418a6380f798

こちらも木と銅板などをうまく組み合わせて、居心地の良い空間となっていました^^

色々お安く泊まれる今、地元民が泊まって楽しむのもアリですよね♪

ちなみにこちらは1Fエントランス横、セコマのお隣にある空間

01d6341169e0208cefe745cfc84823ae19d5ca1103

都会の真ん中なのに、森があります!

そしてセコマも、THE KNOTの雰囲気に合わせて作られていました

千秋庵もまだ行けていないので、近々ゆっくりお邪魔してみようっと^^

 

札幌駅北口にオープンする【JR-EAST HOTEL METS SAPPORO】がステキでしたっ!

2月1日(金)にグランドオープンする、【JR-EAST HOTEL METS SAPPORO】の内覧会に先日行ってきました!

P1350456

個人的によく通る場所のため、建てているときから気になっていましたので、かなりワクワクした気持ちで挑みました♪

P1350398P1350301

フロントは2階なので、まずはエレベーターに乗ります

結構な高さを感じます

P1350393P1350379

正面に、セルフチェックインカウンター

P1350387

そしてロビー

広さとしては小さめなのかもしれませんが、天井が高いこともあり、すごく開放感あります!

何より、使用しているファニチャーがステキすぎっ!!

P1350391

このチェアーなんて座り心地良すぎて、取材中なのに独り占めしそうになりました^^;

P1350390 P1350389

一番奥にはこちらのソファ席とコーヒーメーカーがありました^^

 

さっそく2階に2つあります“スーペリアロフト”のお部屋を見学

P1350318P1350307

天井の高さをフルに生かした作りです!

こじんまりはしておりますが、圧迫感はなく、ベッドの上でも女性なら立ち上がれます!

P1350315P1350311

使用している家具の雰囲気のおかげか、すごく落ち着く~

このソファベッドも、ちゃんと座り心地が良いんです^^

P1350308 P1350309

ちなみにホテルメッツ札幌は、全てのお部屋が浴槽付きのセパレートタイプ!

なので、フロント横に置いてあるアメニティの入浴剤も充実しています♪

P1350303P1350384

P1350383P1350385

 

同じく2階にあります、スーペリアルーム(フローリングタイプ)

P1350321P1350320

P1350322 P1350325

こちらはロフトがない分、天井の高さをフルに感じることができて、かなり贅沢感があります~

P1350324

それにしても北欧調のインテリアが可愛すぎますっ

※ちなみにこの赤い椅子はイタリア製←かなり座りやすい!!

 

 

そして全206室のうち、1部屋のみの“プレミアムデラックスツインルーム”

P1350326

P1350331 P1350335

うわぁ~

なんかすごくイイっ!!

少しの間、ここで暮らしてみたい~~

P1350344

 

P1350337P1350340

ちなみにこちら、スピーカーなんです!!

Bluetoothで繋いで使用できるそうで・・・いやぁ、今どきのスピーカーってホントにすごいっ

でもって、この照明をファインダー越しに見て思わず“スーパームーンみたい”って呟いたら、ちょっとウケてしまったことはココだけの話(笑)

またまた座り心地によかったソファは、こんな感じでベッドになりまして、定員は4名

P1350338

靴を脱いで上がるタイプだし、お子様連れにもってこいのお部屋です♪

 

12階へ上がりまして、60室あるスーペリアツインを見学

P1350346

これまた、個人的にも大好きな色合い!

ぐっすり眠れそう~

P1350349

ちなみにこちらの枕、よくよく見ると、上下で色がうっすら違います。

西川リビング社と共同開発したという、快適な睡眠のための温度を保つ仕組みになっているそうです!

最近のホテルは特に“安眠”に力を入れていますよね^^

 

外には出られませんが、バルコニーがついていて、カーテンを開けると少し空間が広がる感がある、プレミアムツイン

P1350353

P1350354 P1350361

入るとすぐ、洗面台が見え、その奥にバルコニーのついている窓が望めるので、広く感じます。

洗面台のブラインドは閉めることも可能(しかも自動)

 

P1350359

やっぱり気持ちよく眠れそう!!

P1350356P1350358

カーテンが、“北欧の風”を感じるようなグラデーションになっていて、閉めても圧迫感がないんです^^

P1350375 P1350376

ちなみに部屋のカーペットは雪の結晶

廊下のカーペットは糸紬をイメージしているそうです^^

P1350378

さらに、エレベーターホールの壁面は白樺をイメージ

北欧には行ったことがないので説得力はないけど、まさに北欧調!

 

最後に朝食会場にもなる、1Fのsource72

P1350399P1350400

P1350402P1350425

いわゆるホテルの朝食ブッフェスタイルですが、連泊しても飽きの来ないよう、北海道ご当地グルメなどは少しずつメニューを入れ替えたりするそうです。

P1350423

P1350414P1350412

お米は北海道・富良野産ななつぼし

ちなみに黒いのはカレー!

P1350409P1350407

小樽にあるsourceのグループ店で人気の、海鮮ひつまぶしもありました^^

 

P1350447

色々ちょっとずつ試食

朝食ということで薄味にしているそうですが、翌日夜のメニューを試食し、同じお店なのに、こんなに変えているんだとものすごく納得!※その詳細も後ほどブログアップ予定

P1350443 P1350441

北見塩焼きそばや、いももちなんかもあります。黒いカレーは、ホントにカレーでした(笑)

P1350438P1350450

海鮮ひつまぶしの出汁がとっても美味しくて、また食べに来たくなる。。。

 

道南ドライブ!その2 惚れ直した函館&北海道の景色

函館取材ブログ・第3弾!!

※第1弾→  第2弾→

01bc75b54b63e11c9e02ab591b3de338cdfdc173d9P1210107

今回宿泊したホテルは、ラ・ジョリー元町

子連れだったので、出来るだけ快適に過ごせるお安めのホテルを・・・とネットで検索していて見つけたのですが、偶然にも【Steak+wineひげバル】まで徒歩3分くらいで行ける距離でした!

P1200988

なんと、ラウンジでアルコール(しかもおつまみ付き♪)も楽しめてしまうという、まさにワタシにピッタリのホテルでした(笑)
P1200986

もちろん、アルコール以外のドリンクも豊富に取り揃えてありますので、子どもも大喜び^^

P1200983P1200984

ゲームを貸し出していたり、本(絵本も!)もたくさん^^

P1210079

部屋も広めで、子どももストレスなく楽しんでいたようです^^
ちなみに大浴場もあるのですが、時間制で貸し切り利用なので、今回はタイミングが合わず、部屋のバスルームで済ませました。。

夜、今回の取材をご一緒した女性陣と、部屋飲みを楽しんだのですが、ワインは地元の酒屋さんで購入しました^^

P1210081 P1210087

購入した場所は、シエスタハコダテの地下にある酒ブティック越前谷さんのワインショップ

ちなみにキュートなBOXは、同じ空間にあったキングベークのラスク♪

01e4e9f06bcb26f760e33b8a1637302ee706ebc13a 016532de9aa6e95fc31529b0b20796cdf495b5aad6

噂には聞いていましたが、すごく素敵な空間でした!!

車じゃなかったら、ここで1杯ひっかけたかったなぁ~~~

0115c8a3eb11d91f5431a1e76c919245a836b64034

写真はないけど、1階には無印良品のカフェも♪

 

と、ラ・ジョリー元町のお話に戻ります~

P1210104P1210106

朝食がウリということも決め手だったのですが、その言葉に偽りなく、本当に大満足な品揃え&味、そして会場そのものが素晴らしく気持ちの良い空間でした!

P1210090

そこまでお腹は空いていなかったのですが、食べずにはいられなかった・・・

P1210093P1210092

クロワッサンは、朝食会場で焼き上げていて、程よいバターの香りがたまらなかった~

ホントはその場で焼いてくれるオムレツも食べたかったけど、エッグスラットが食べたくて諦める・・・

函館らしく海鮮丼コーナーもあって、刺身好きの息子も大喜び^^

P1210096

窓からは函館山の山頂も望めます。

朝食の満足度が高いと、一日気分よく過ごせます♪

 

01d1afaefb9cff00570066807703f96e33d98bc6e3

と、ホテルの向かいに五島軒の洋菓子店があったので、立ち寄ってみました

どこか懐かしさを感じる銀紙にのったエクレアやショートケーキ・・・しかもお値段もお安め!

P1210165P1210172

エクレアは道中であっという間に息子に食べられてしまいましたが、ピロシキとスティックアップルパイは次の日の朝、ゆっくり味わいました

P1210167

派手さはなくともちゃんとオイシイ、老舗の良さを生かした味わいでした^^

 

こちらもホテルから車ですぐのところにありました、地元スーパー・魚長

01a381a3b3574ab28c360481ce2e1adac5438a6270P1210173

知人に聞いて行ってみたのですが、海産物の品揃えが素晴らしすぎて、見学しているだけでも楽しかった~~

こんな立派なめかぶを売っているところ、初めて見たかも。。。

P1210178

自宅に戻ってからめかぶ丼にして食べましたが、もう既製品では満足できないかも・・・

 

帰り道はコチラでも記載した通り、【道の駅 なないろ・ななえ】に立ち寄りまして、お天気も良かったので、思い立って大沼公園にも立ち寄りました

P1210120

なんと!!

凍っている大沼公園、初めて見たかも!!!!

青空に凛々しくたたずむ駒ヶ岳と、氷の残る大沼・・・なんとも幻想的で、しばらく撮影タイムとなりました~

帰りは高速を使わず、のんびり国道を走っていたのですが、噴火湾の眺めがあまりに美しすぎて、安全に止められる場所を見つけては、車を降りて撮影

P1210140

残雪の山並みと青い海・・・ 素晴らしすぎる光景でした!!

ココで羊蹄山の美しさを再認識

P1210130

さらに先ほどの駒ヶ岳も!!

行きは発揮できなかった晴れオンナパワー、ここにあり(笑)

 

極めつけは、伊達あたりで遭遇できた、サンセット!!

P1210156

 

P1210157

 

P1210162

正直いうとものすごく寒かったのですが、この美しさを前にして中途半端では帰れない!と、完全に落ちるまで頑張りました^0^;

P1210163

北海道がまた、大好きになった取材旅行でした^^

 

朝食が豪華すぎっ! 釧路センチュリーキャッスルホテル

先日の、ミルク&ナチュラルチーズフェア2018事前取材の際に宿泊したホテルは、幣舞橋のたもとにある、釧路センチュリーキャッスルホテルでした。

ちょっと特徴のある建物ですよね!

P1170606

※寒くてちゃんと調整出来ず、ブレブレですみません^^;

釧路出身の建築家・毛綱 毅曠氏がデザインしたホテルだそうです。

ちなみに毛綱氏はホテルの橋を挟んで斜め向かいにあるフィッシャマンズワーフMOOや、釧路湿原展望台も設計されたそうです。

そういわれると、なるほど、どこも特徴ある建物だ!って思いました^^

P1170573

と、こちらはホテル最上階のバルコニーから写した画像

P1170570

白糠の取材が終わって、ギリギリ夕日の時間に間に合いまして、宿泊者なら自由に出入りできるバルコニーから撮影

雲がなければ、このあと空全体が真っ赤に染まるそうなんですが、残念ながらこの日はココどまりでした^^;

が、さすが夕日の街・釧路。美しかったです!!

と、最上階にはチャペルがあるのですが、バージンロードがプロジェクションマッピングなんです!

P1170576P1170579

すごい!! ロングベールだと、その上に花弁が写って、とっても素敵なんだそうです^^

 

P1170600

今回利用したのは、2015年12月にフルリニューアルした客室(贅沢にもツイン!!)

窓からも、幣舞橋が見えました^^

P1170604P1170603

なんとも仕事のしやすいデスク!!  そしてドルチェグストも無料で利用可能^^

ミネラルウォーターも1本サービスで置いてありました♪

P1170643

それにしても寝心地の良いベッドでした!!

次の日、鶴居からの浜中町と、冬道の長距離を運転しなくてはならなかったので、この寝心地の良さは本当にありがたかったです><

 

P1170590P1170591

実はフロントで枕も選べるのですが、この日は早い時間にすべて出払ってしまったそうです^^;

“王様の夢” ネーミングが気になりすぎる。。。

P1170588P1170592

そして入浴剤とシャンプーが選べるバーも♪

 

そして宿泊者が自由に利用できるラウンジ

P1170605

この左手奥にあります

P1170582

P1170584P1170585

ドリンクバーもあり、ゆっくり読書するのに心地の良い雰囲気♪

P1170586

ワタシは飲みに出てしまったのでありつけなかったのですが、20:30~22:00までは、なんと無料で夜食カレーが用意されているんです!!

しかも鹿肉カレー!!

たまたま、知人のサイトにその詳細がアップされていましたが、写真見たら食べなかったことを軽く後悔・・・^0^;

 

その分、朝食は存分に楽しみました!

札幌のセンチュリーロイヤルホテルも朝食で人気のホテルですが、釧路もかなり評判が良いようです^^

P1170595P1170596

レストラン名は札幌でもおなじみ、YUU YOO TERACE

洋食か和食か選べ、+ベジタブルビュッフェが付いてきます

P1170656

P1170652

野菜が高いので、ものすごく嬉しい!!

P1170651

P1170650

P1170649P1170648

浜中町デザインファームの美味しい牛乳とその牛乳を使ったプリンも♪

P1170646

おっと、朝シャン(スパークリングではありますが)も楽しめるの?!

あ、今日はこれから運転でした^0^;

 

と、こちらは洋食セット

P1170673

自家製シャルキュトリーのオープンサンドセット!!

これは朝からシュワシュワしたくなります(笑)

 

P1170660

他に、季節の野菜の蒸し焼きと、蝦夷鹿肉のポトフも!!

P1170661  P1170663

朝から体内が浄化されそうな理想のメニュー

 

そしてこちらは和食セット

P1170665

P1170666P1170667

ご飯は白米・玄米ご飯・発芽玄米薬膳粥からセレクト可能で、迷わずお粥!

P1170658P1170659

野菜と“はまなかほえいとん”の蒸籠蒸しに、ずっと温かいあさりタップリの味噌汁!!

昨晩飲んだこともあり、この日は和食に軍配が上がりました^0^;

 

出来れば最低2泊はしたいホテルです^^

 

 

 

 

pageTop