札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『白石区』タグの付いた投稿

1月16日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~COFFEE STAND 28

1月16日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息でご紹介したのは、白石区栄通18丁目にある、【COFFEE STAND 28

P1340088P1340091

コープさっぽろルーシー店の裏手の仲通りに面した、こちらのビルの1Fになります。

中に入ると、この場所にこんな素敵なカフェがあったなんて!と、失礼ながらビックリ!

P1340100

入口すぐのソファ席の横に、目を引く焙煎機があります。(焙煎は2017年からスタート)

P1340086P1340085

お店の雰囲気に合わせて、黒く塗ってカスタマイズしたそうです^^

P1340081

こうして店内を眺めると、要所・要所にこだわりを感じます。

オーナーで、国際的なコーヒー鑑定士「CQI認定Qグレーダー」の資格を持つ山口江夏さんは、老舗コーヒー店で修業していた際、海外のカフェを特集した記事を見て『高い専門性』と『気取らないカッコよさ』に感銘を受け、自分の思い描いていた店を作ってくれる建築事務所を探します。

いい出会いがあり、それから物件を探していたところ、その事務所がリノベーションを手掛けることになったこのビルの1階が空いていることを教えてくれ、2013年にオープンする運びとなったそうですよ!

お店の取材をしていると、“縁”や“タイミング”ってホントに大事だし、運命的なものだよなぁと、感じることが多いです。

P1340080

それにしても、どこから撮影しても絵になるし、どこの席も居心地が良い!

P1340076

ちなみにこの右奥にも、隠れ小部屋のような席があります^^

 

P1340077P1340071

店内の壁にはスペシャリティコーヒーについて詳しく、だけど分かりやすい説明書きが^^

実はワタシもよく分かっていなかったので、思わず立ち止まって読み込んでしまいました(笑)

ドリップコーヒーは1杯Mサイズが410円、Lサイズが520円で、テイクアウトもOKです。

もちろん、豆の販売もしています^^

取材中も、豆だけ購入して帰っていくお客様(年齢層が幅広い!)が入れ替わりでやってきまして、ファンが多いんだなぁと言うことを実感

そしてこちらのお店のもう一つのウリが、自家製の焼き菓子です

P1340064P1340070

実はワタシ、COFFEE STAND 28のことを、昨年の11月に丸井今井で開催された“珈琲マルシェ”で初めて知ったのですが、その時コーヒー以上に記憶に残ったのが焼き菓子だったのです!!

その時に、コーヒーを美味しく飲んでいただくための焼き菓子を手作りで用意していると聞き、これは一度お店に行かなくては!と思ったわけです^^

P1340055

念願かなって、イートインでのコーヒー&スイーツ

この日頂いたのは、“リングのタルトタタン風マフィン”

たっぷり目のコーヒーとマフィン

それを眺めているだけでも美味しい(笑)

早速マフィンを一口

これは間違いなく、コーヒーが飲みたくなる味!!

コーヒーがないと、オイシサ半減です(断言!)

ちなみにこちらは気まぐれお菓子なので、いつもあるとは限りませんので、悪しからず。。

FBページで“今日の焼き菓子”も紹介しているようですので、チェックしてみてください^^

P1340068P1340066

と、こちらのチョコブラウニーが、ワタシが珈琲マルシェでドはまりしたお菓子!

テイクアウトも出来るので、知人の手土産にと、買い占めてしまいました^0^;

 

COFFEE STAND 28 は、平日はAM7:30から営業中

お店をオープンする際、朝から営業するのは必須だったそうです^^
(オープン当初は一人なのに、7:00から営業していたそうです!)

 

雰囲気も味も、そして山口さんの人柄もすべてが心地良く、ご近所の方が羨ましい~

 

 

 

東札幌にこんなお店があったなんて!!~BEER PUB23(ビアパブにーさん)

Tap Marché企画】で、またまたステキなお店を知ることが出来ました!!

場所は、地下鉄東西線・東札幌駅2番出口を出て、厚別方面へ向かい、信号を一つ渡った場所。

白石区東札幌2条3丁目

P1260506P1260508

そこにあるのが、“BEER PUB23”

青い壁面なので、すごく目立ちます^^

P1260510P1260509

ビアパブだけあって、かなりの種類の生ビールが飲めることが入り口の看板で伝わってきます!

しかも、この場所でAM3:00 まで営業しているとは!!(と、東札幌で飲む機会があまりないので、この辺の事情が分からず^^;)

店内に入ると、まさに海外のビアパブのような雰囲気!

P1260514

P1260513

P1260512

なんだか、テンションが上がります~~♪

まずはさっそく、今宵のタップ・マルシェを選びます^^

P1260515

P1260529

本日は、ブルックリンラガーと、東京IPA

やっぱりメニューの説明書きが、的を得ている!!と、本日も感心(笑)

そして、お食事をと・・・

P1260520 P1260519

P1260522 P1260523

うわぁ、どれもビールに合いそうで、気になるものばっかりデス!!

P1260521

と、沖縄料理もあるんですね~

店長曰く、沖縄料理はいわゆる家庭料理なので、昔から(ちなみにこちらのお店、19年もやっているそうで、食べログは昔の店名で掲載中)なんとなく置いていたのですが、そのうち“沖縄料理の店”という風に認識されてしまい、そのまま定番となっているそうです^0^

P1260531

ちょうど沖縄から届いたばかりとのことで、海ぶどうをいただきました

新鮮な海ブドウって、こんなに食感良いんですね~!ちょっとハマりました~

 

でもって、皿が大きすぎてどう撮ってよいのか、かなり悩んだ“牛ステーキサラダ 和風バルサミコソース”

P1260534

こういう料理のお肉って、失礼ながらあまり期待していないことが多いのですが、BEER PUB23の肉は、とても柔らかくて、食べ応えもあります!

P1260536

そしてソースの味がものすごくいい!!

食べ始めたら止まらなくなってしまって、しばし無言で食べていたほどです^0^;

 

P1260546

こちらは、湘南の風 シラスピッツア

P1260548

すご~い!!シラスたっぷり~~~

そしてこのシラスの塩味が、たまらなくビールが欲しくなる味わいなのです!

見た目以上に美味しかった^0^

 

P1260543

こちらは、ぜひとも食べてみてもらいたいという、新作の1皿 “スフレオムライス”

フワフワスフレの食感もさることながら、中のケチャップライスの味付けが驚くほど美味しかったんです!

今までオムライスにココまで感動したことはなかったかも・・・

BEER PUB23、このカジュアル感たっぷりの雰囲気で、出すお料理はどれも期待以上でした!!

 

P1260524

店内のビアサーバーを眺めていたら、キルケニーも飲んでみたくなっちゃいまして。タップ・マルシェではないけど飲んでみました^0^;

P1260552 P1260553

泡が上がるまでしばし待ちます

その時間から楽しめるものなんだなぁと、ビール党の気持ちが分かるようになりつつ今日この頃です(笑)

 

P1260526

ただ、こちらの冷蔵庫を見かけて、日本酒のラインナップもかなりイケておりまして、次回は日本酒を攻めたい!!と思ったのも事実・・・(笑)

 

 

6月27日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~トリヤコット

6月27日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、東札幌にあるトリヤコット

P1240843 P1230078

一度見たら忘れられないインパクト!

P1240841

こちらのお店、トマト麺で有名な『Vegie』のお隣にあるのですが、トリヤコットの店主・宮下さんはもともとvegieの店主でした。

焼き鳥が好きすぎて、vegieでも提供していたことがあったのですが、vegieを継承してくれる方が現れたので、このたび本腰を入れて焼き鳥のお店を出すことにしたそうです。

と言っても、ロゴをよく見ると、“とり焼き”になっています。

焼き鳥ではなく、とり焼き?

っていうか、とり焼きって何??

 

P1240787

料理の前に店内をご紹介

おおよそ焼き鳥(正しくはとり焼きですが)の雰囲気とはかけ離れた、パンケーキが出てきそうなカフェ風
※でもよく見ると、カセットコンロがセットされている

P1240793

カウンターのほか、テーブル席が2つと、10人ちょっとでいっぱいの小さなお店

こちらを宮下さんがお一人で切り盛りしているので、焼き鳥やさんにしてしまうと、色々と時間を取られることが多く、大好きな接客に時間をかけられなくなると悩んでいたところ、お客様に美味しい鶏肉を焼いてもらうシステムにしよう!!ということで、“とり焼き”のお店になったそうです^^

P1240796

そして美味しい鶏肉をより、美味しく味わってもらうために、桜島の溶岩石でできたプレートで焼いてもらうことに♪

 

P1230093

こちらが溶岩石のプレート

一度、厨房でしっかり火を入れたあと、カセットコンロの上に載せます

P1240817

そして、こんな風に鶏肉や野菜を載せて焼きます。

遠赤外線効果でじっくり火が通るので、外はパリッと焼き上がりつつも、柔らかくてジューシーな状態で味わうことが出来ます♪♪

 

P1240805

ちなみにこちらは、初めての方にもおすすめの“一通りセット”

鶏肉のいろんな部位と野菜、鶏ハムのせナムル+〆のつけそば

P1240831P1240824

タレはこのほかに、〆のつけそばにも使う鶏だしもあり、お好みで♪

辛みそが鶏肉に合いすぎる!

P1240828P1240820

ジュージュー焼けてくるうちに、これは水じゃぁもったいない・・・と思っていたら、『うち、神泡なんですよ!』ってものすごく美味しそうなビールが目の前に現れました!!

なんという、絶妙なタイミング~

さすが、接客がお好きなだけあります(笑)

 

そしてこちらが、〆のつけそば

P1240835

道産のそば粉と道産小麦の全粒粉をブレンドして作ってもらった特注麺!

と、思っていた以上にボリュームあります!

1800円セットは女性なら2名くらいで味わっても十分な量かも~

P1240840

ココにちょこんと載っているのは鰹節ではなく“鶏節”

要所要所に、こだわりが感じられました^^

特注麺はのど越しが良くて、肉を食べた後の〆にピッタリ!

鶏の油がいい塩梅でエッセンスになった、つけ出汁との相性も抜群!

 

ちなみにランチタイムは、こちらも鶏の出汁を生かした、お茶漬けを提供中

P1240799

こちらは宮下さんの奥様が、かっぽう着姿で一人で切り盛りしていて、ほっこりさせてくれる時間です^^

P1240798

仕組みはこんな感じ^^

P1240801

なんとも胃に染み渡る優しい鶏ダシ~~~~

思ったより、色々な干し野菜も入っていて、身体に優しいもの食べてる~~って感じます^0^

飲み過ぎた次の日のランチに最高です!!(笑)

 

お二人とも、自然に心地よい空間を作ってくれる雰囲気があって、ご近所だったらフラリと立ち寄りたいところ。

お子様が成長して、お二人でお店に立つことになったら、その時はさらに良いお店になるんだろうなぁ~と、長~く愛されるお店になることを確信しました^0^

 

2月1日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~BAKED MUFF(ベイクド マフ)

2月1日(水)北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したお店は、白石区菊水の南郷通と南7条米里線の交差点にあります、BAKED MUFF

アメリカンサイズなケーキやマフィン、焼き菓子などを販売している2016年4月にオープンしたスイーツ店です^^

なぜこちらのお店を知ることになったかと言いますと、先日、時々お邪魔しているワインバーに行った時、ワインにもピッタリなものすごく美味しいブラウニーを出していただきまして、そのブラウニーを作っているお店がこちらだったのです。

アルコールがお好きな方が作っていると聞いて、いてもたってもいられなくなり、取材させてもらいました^0^

P1030202

 

オープンしたのは10ヶ月前ですが、建物自体はかなり年期が入っております!

P1030226 P1030229

近くまで行かないとわからない小さな看板、そして何より、営業日が月の半分以下ということで、営業していることを知らない方もまだまだ多いかもしれません^^;

P1030233 P1030221

内側のドアもかなり昭和感が漂っております。。

そのドアを開けると店内は、なんとも温かみのある雰囲気!!

P1030224 P1030225

うわぁ!こんなストーブ、まだ現役で使えるんですね!!と、思わず声を上げてしまいました!

他にも気になるものだらけで、思わずバシャバシャ写真を撮ってしまいました^0^;

こちらの店舗、オーナーパティシエ北島亜佐美さんの旦那様が手掛けたそうですよ!!ちなみに旦那様は会社勤めのサラリーマンでして、あくまで趣味の域なんだそうです。

もともと集めていた流木も生かすことが出来てご満悦だったようですよ(笑)

P1030235 P1030222

入ってすぐのショーケースの中にあるのは、かなり食べごたえのありそうな“ニューヨークチーズケーキ”、そしてクリームチーズのフロスティングがのった、“キャロットケーキ”

P1030208

こちらは定番の商品で、人気の商品でもあるということで、持ち帰りまして自宅で食してみました!

ちなみに店内にベンチシートはありますが、ドリンクなどの提供は行っていないので、基本はテイクアウトになります

 

P1030238

さて、ニューヨークチーズケーキ、本当に食べごたえのあるサイズなんですが、甘さがかなり控えめで、程よい酸味があるのであっという間に完食してしまいました!!

名前はニューヨークですが、素材は北海道産♪

さすが、北海道の乳製品は素晴らしい!!と、思わせてくれるチーズケーキ♪

 

P1030239 P1030242

そしてこちらが有機のニンジンをたっぷり使用したキャロットケーキ

パッと見は全然ニンジンを使用しているようには見えませんが、割って見ると薄っすらオレンジ色で、食べると千切りのニンジンの食感も感じます!

ナッツも入っていて、こちらも食べ応えがあり、そして程よい甘さ^^

だけどニンジン臭さは全然ないので、ニンジンが苦手なお子様に、試しに食べさせてみて欲しいかも!!

朝食で食べたいケーキ♪

P1030211

その奥にはマフィンや焼き菓子が並びます

季節によって種類は変わりますが、だいたい20種類くらいのスイーツが揃うそうです^^

P1030212 P1030216

見た目はとってもシンプルで、決して派手さはないのに、見た目だけで美味しのが伝わってくるんです^^

マフィンはどうしても食べてみてもらいたいということで、サツマイモのマフィンと焼きりんごのマフィンをいただいてみました

P1030256

P1030264  P1030262

なんと!焼きリンゴもさつまいもも存在感アリアリな状態で入っているではありませんか!!

しかも焼きリンゴもさつまいもも、ものすご~く、美味しい~~~~^0^

実は今まで、マフィンというものにそれほど感動したことがなく、あまり自分から選ばないモノだったのですが、BAKED MUFFのマフィンを食べて、その考えが変わりました!!

そんな考えだった方に、是非とも味わってみて欲しいっ!

P1030215

ちなみにケーキは事前予約でホールでの注文も可能だそうです^^ また、お一人で営業されているので、作れる数に限りがあるため、完売の場合は早めにクローズすることも。。。

確実に購入したい場合は事前に連絡するのが良いかもです!

2月の営業日は 4(土)、5(日)、 7(火)、11(土)、12(日)、 14(火)、16(木)、18(土)、詳しくはFBページをチェックしてみて下さい^^

コンセプトは“毎日食べたいケーキ”

でも、毎日営業していないのが悩ましい。。。(笑)

 

1月4日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~スペインバルBONITA

1月4日(水)、北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したお店は、本郷通商店街の少し北の方にあります、スペインバルBONITA

P1020621

昨年の9月にオープンしたばかりなんですが、オーナー夫妻は以前こちらでご紹介した、ミートボンバーの川村夫妻が独立してオープンさせたお店なんです♪

なぜススキノのど真ん中からこの場所へ?と、まず聞いてしまったのですが、川村さんが幼少のころからこの辺りに住んでいたこともあり、ススキノもいいけど、地元で長く愛されるお店を作りたい・・・という思いがあり、この場所を選んだそうです。

 

P1020617

店内はテーブルとカウンター席、比較的ゆったり系。

 

川村さんはスペインで修業したこともある料理人で、パエリアとアヒージョは特に食べていただきたい自信作とのこと。

どちらも大好きな料理ですが、パエリアは大体2人前からなので、ある程度の人数がいないとオーダーしにくいんですよね^^

P1020600

川村さん、『うちは、1人前からオーダー可能なんですよ!』と、小さめのパエリア鍋を見せてくれまして、さっそく作ってくれました!

具だくさんのミックスパエリア、1人前800円!!なんと美味しそうな香り~~~(写真で香りを伝えられないのが残念でなりません><)

ちゃんとお米の芯も残っていて、本場のパエリア感をしっかり楽しめました!(一応、スペインは行ったことあるんです!)

 

そしてもう一つの自信作・アヒージョ

P1020596

BONITAのアヒージョは、肉系・魚系・野菜系と、お好みの具材をセレクトしてカスタマイズできるのがウリなんです^^

迷ったときはスペシャルアヒージョ1000円がおすすめです♪

アヒージョは具材そのものはもちろん、そのオイルがたまらなく美味しいんですよね~もちろん、パンも付いてきますよ!!

アルコールなしで試食するのが本当につらいほど美味しかったです^0^;

 

P1020612 P1020610

アルコールメニューは、お手頃価格のワインやスペインのビールなどが揃っています^-^

バルということで、お料理はおつまみからどっしり肉料理まで幅広くそろっているのようです!

 

スペイン産ハモンセラーノ

スペイン風オムレツ

レバーパテのキャラメリゼ

牛ランプのプランチャ

ちなみにパエリアはランチタイム(12~14時)でも週替わりで楽しめまして、スープ&サラダ付きで800円。他、パスタセットと、ステーキセット(1300円)もあります^^

そして夜までクローズタイム無しで営業中なので、昼下がりの宴会なのにも応対可能!

15名くらいから貸し切りもOKなので、すでにご近所の奥様達に活用されているそうですよ^0^

 

P1020613

こちらが川村夫妻

と、真ん中にはもうすぐ1歳になるちっちゃな看板娘ちゃん^^

ミートボンバーでお会いした時も素敵なお二人だなぁと思っていたけど、愛娘が出来てますますほのぼの感が増していました!!

 

美味しい料理とあったかい雰囲気、そして可愛らしい笑顔に癒されまくりな取材でした^-^

決して利便性の良い場所ではないけれど、(駐車場は有り)また3人の顔が見たくて行きたくなる、そんなお店です。

 

 

pageTop