札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『スイーツ』タグの付いた投稿

ラブリーだけど、かなりマジメなパンケーキ♪【幸せのレシピ~なないろパンケーキ~】

根っからの酒飲みではありますが、甘いモノも結構スキです♪

ただ、並んでまではなかなか・・・^^;

でもって先日、ちょっと穴場でしかも、見た目に反して(?)マジメにしっかりオイシイパンケーキをいただきました~

P1370315

なんともカワイすぎて、アラフィフには照れる^0^;

P1370335P1370334

お店は、幸せのレシピスイート

看板にも書いてある通りパフェ専門店ということで、〆パフェで大人気のお店です^^

実は10:00~17:00(LO16:30)までは【幸せのレシピ~なないろパンケーキ~】として営業しているのです♪

P1370307

こちらはプレーンパンケーキ

3種類のパンケーキが並んでいます^^

P1370313

見るからにフワッフワ♪

早速頂いてみましたら、思っていた以上に甘さ控えめな大人のパンケーキ!

普段だったら、確実に残してしまうボリュームなのに、自分でもびっくりするくらいスルスルと手&口が動く!

P1370316

そしてこちらが看板メニューになります、【なないろパンケーキ~皿の上のワンダーランド】

ひゃ~!

コレは女子ならだれもが『かわい~っ』と、目をハートマークにして黄色い歓声をあげるヤツですね^0^

アラフィフでも思わず、声が出ちゃいましたもん(笑)

P1370318

お店のコンセプトが“アリス”ということで、お皿の上で表現されているのです^^

でもって、一つ一つが色々凝ってます!

チョコレートのスプーンの下には、懐かしさも覚えるバタークリーム(でも昔のとは全然違ってすごく美味しい!)

イラストをかたどっている粉はすべて味が違って、紫のは紫芋

P1370322

そして小さな器に入っているのが、ミルクティー味のシロップ

色んな味わいで食べられるので、ずっとワクワクしっぱなしでした^^

 

P1370326

そしてこちらが新作の、なないろパンケーキ ア・ラ・モード ~女王のお気に入り~

P1370327P1370332

パンケーキには生クリームという組み合わせが多い中、カスタードクリームが添えられていたところに、昭和生まれは食いつきました(笑)

さらに、濃厚なソフトクリームとピスタチオのアイスも!!

これだけでも大満足!と思っていたら、パンケーキなしでもオーダーは可能だそうです^^

でもやっぱり、パンケーキと一緒に食べた方がより楽しめるかも!

P1370294

P1370299

P1370305P1370292

と、お店の雰囲気含めて本当にラブリーで、どちらかというと見た目重視のいわゆる“映え”を狙ったパンケーキなのかと思ったら、小麦粉や乳製品などはほとんど北海道産

そして、どうしても焼くのに時間がかかって待たせてしまいがちなパンケーキですが、出来るだけ早く提供できるように工夫もしているそうです^^

仲通りということで、平日はそこまで並ばなくても食べられる可能性大^^

P1370320P1370321

 

 

いよいよ今週ラストです!!札幌競馬・UMAJO SPOT限定スイーツは【フォセットフィーユ】

気が付けば8月最終日。ビックリするくらい、あっという間に夏が終わってしまいました・・・

そして今週末で札幌競馬も終了です!

最終日の9月2日(日)は、フリーパスなので、まだ一度も行けていないともぜひ!!

ちなみに哀川翔さんのステージトークもあるようですよ^0^

レースが全て終わった後、芝コースに入れたり、ラストを飾る様々なイベント目白押し!

 

そして女性の皆さまは、馬場内ターフパークのUMAJO SPOTへ♪

P1280258P1280253

毎週完売している、UMAJO限定スイーツ、今週末は札幌市東区にある【フォセットフィーユ】の焼き菓子が登場♪

P1280273

マドレーヌとUMAJOクッキー2個のセット(2種類あり)が400円

今回も早い時間に売り切れる可能性大なので、お早めにお立ち寄りを♪

 

と、取材のために、超が付くほど久しぶりに【フォセットフィーユ】さんへお邪魔してきました^^

P1280265P1280269

場所は、北光線沿い・北に向かうと右手にやわらぎ斎場があり、その向かいになります。
(久しぶり過ぎて、ちょっと行き過ぎたワタシ・・・^^;)

駐車場は3台分あり。

 

P1280234

入口正面に焼き菓子と、生洋菓子が入ったショーケース

P1280248 P1280247

入口手前に2人座れる席が2ヶ所ありますので、ソフトクリームやパフェなどはココで味わうことが可能^^

P1280236

ショーケースの中の、カラフルなオムレットが目を引きます^^

シャインマスカットを購入して味わいましたが、生クリームのほかにカスタードクリームもバランスよく入っていて、さらに程よい酸味もあり、思っていた以上にペロリと完食♪

ちなみに9月8日(土)・9日(日)に、オムレットフェアがあるようですよ^0^

 

P1280239

それにしてもどれも美味しそう~

前に来た時より、格段にカラフルで映えるケーキが増えた気がします!!

P1280238

そしてシュークリームが充実の品揃え!

というのも、注文してからクリームを詰めるタイプもあるんです^^

P1280244 P1280243 P1280245

取材中も、こちらをまとめて購入お客様が立て続けに来ていました~

 

P1280241P1280276

人気商品ということで、購入してみた“えくぼのキャラマル”

P1280278

しっかりした歯ざわりが、個人的にスキかも!

ちょっと苦めのコーヒーと一緒に、3時のおやつに食べたい感じ^-^

 

P1280263

そして今年からモコモコ系になったというソフトクリーム

先週こちらで食べたソフトクリームとはまた全然違う、しゃっきり系の牛乳タイプ

食べた後、なんだかスッキリした気持ちになれたので、ドライブ途中にイイかもです!

P1280250P1280251

ソフトクリームが美味しかったので、ちょいとパフェが気になっております^0^

 

8月18・19日の札幌競馬・UMAJO限定スイーツは、恵庭ICHIE Flower&Sweets

お盆休みがずっと雨なんて、ものすごくテンションが下がってしまう晩夏となっておりますが、夏休み最後の土日はお天気も回復傾向とのことで、家族揃って札幌競馬場へ遊びに行くのはいかがでしょうか?

パパは競馬・子どもたちはターフパークで思いっきり身体を動かす!

そしてママはUMAJO SPOTでのんびりくつろぐ♪

そんな楽しみ方が出来るのが札幌競馬場!

ちなみに8月19日(日)は札幌記念(GⅡ)開催ですよ^0^

 

と、毎週変わるUMAJO限定スイーツは、恵庭にあります【ICHIE Flower&Sweets】のスイーツが登場!

P1270764

取材に行った日はあいにくの雨模様でしたが、素敵なガーデンのあるお花屋さん併設のスイーツショップ♪

 

P1270730

建物手前がフラワーショップで、奥にスイーツショップ&イートインコーナーがあります♪

P1270756P1270748

お盆期間ということもあって、夕方に行ったら、ケーキがほぼ完売状態でした^^;

が、焼き菓子も豊富なんです^^

P1270729P1270731

P1270735P1270736

P1270750P1270749

コンフィチュールや、アイシングクッキーもありまして、今回はコチラの商品をUMAJOバージョンで作っていただきました^^

 

P1270741

手前から時計回りに、

UMAJOアイシングクッキー(450円)

ニンジンとリンゴのジャムのうまいスコーン(550円)

UMAJO Loveプチ抹茶ケーク(500円)

 

P1270770

さっそくうまいスコーンとコンフィチュールをいただいてみました^^

このスコーン、バターの風味がフワッとしてこのままでも美味しい~

コンフィチュールはニンジンの臭みがなく、リンゴの果肉感と丁度よい感じ。使いきりサイズなのもGood!

P1270769P1270767

抹茶ケークもアイシングクッキーも、ウマ好きにはたまらない、キュートな仕上がり♪

UMAJO SPOTでしか購入できませんので(しかも数量限定)、お見逃しなく!!
※UMAJO SPOTは女性限定エリアです。

 

 

イートインで嬉しいサプライズ!!~パティスリー モルフォ

とある日の午後、お目当ては【ゆめちからテラス】だったのですが、低温続きで収穫が少ないとのことでアスパラも販売しておらず、夢パン工房もオープン前で、かなり消化不良のまま自宅に向かったところ、こちらのケーキ屋さんが目に留まりました

P1230947 P1230945

パティスリー モルフォ

聞いたところによりますと、オープンからすでに3年以上は経っているとのことでしたが、こちら方面はあまり来ることがなかったので、全然知りませんでした

P1230937P1230935

中に入ると、奥にカフェスペースが

ちょうど小腹も空いていたので、テイクアウトではなくイートインでいただくことにしました^^

P1230938 P1230939

どちらかというと地味目なケーキですが、なんとなくピンと来たので2つオーダー

P1230933

&コーヒーもオーダー

待つこと数分・・・

P1230930

え!!!あの地味目な2つのケーキがこんな素敵なプレートに?!

ただ単にお皿に載せて出てくると思っていたので、かなりの驚きと喜び^0^

嬉しくなって、思わずいろんな角度から撮影してしまいました^0^;

P1230921

これでコーヒー含めて842円って、お得すぎじゃぁありませんか???

P1230926

シュークリームも素晴らしくおいしかったけど、コチラのムラング シャンティーが印象的でした!

生クリームには全く甘みがないのですが、口の中でシュッと溶けるサクサクのメレンゲの甘さとのバランスがお見事でした!

そして、豆工房 小林珈琲店のコーヒーの味わいがケーキにピッタリ!!

P1230944

ドリップパックで販売もしていました^^

もうひとつ、地元のハチミツも販売していました^^

P1230936

 

思いがけず素敵なお店と出会えた時って、そのあとずっと気分がいいんですよね^^

そしたら、帰る途中でこんな素敵な景色にも出会えてさらに幸せ度が増しました!!

P1230952

P1230955

 

 

想いの詰まったシンプルな美味しさに感銘を受ける~椿サロンの北海道ほっとけーき

『無添加でぷるぷるのホットケーキを開発したんだよ』と、アトリエテンマの長谷川氏からお話を聞いたのは2月上旬

それからさらに試作を重ねて完成した、【北海道ほっとけーき】が、3月19日(月)に、椿サロン銀座店と、赤れんがテラス店でお披露目されました。

北海道ほっとけーきは2種

P1200603

【北海道ほっとけーき ボロネーゼ】

食事にもなる、しょっぱい系のホットケーキ♪

だけど、北海道てんさい糖蜜もついているので、半分はスイーツとしても楽しめるという、個人的にかなりうれしいパターン!!

それにしても、まるでショーウィンドウにある、食品サンプルのような完璧なフォルム

お好きなだけどうぞと言わんばかりの、理想的なバター

ナイフを入れて崩してしまうのが、申し訳ないと思うほどの存在感でした・・・

 

P1200606

今、“SNS映え”を狙ってド派手な盛り付けが多い中、かなりシンプルな見た目なわけですが、実は材料も超が付くほど、シンプルなのです。

材料:北海道産小麦・道産卵・ 有機コーンスターチ・道産ビート糖・塩のみ

ちなみに銀座店ではすでに、有機コーンスターチを道産の小麦でんぷんに変えて、このぷるふわ感を出すことに成功しているので、札幌でも近々ALL北海道食材で提供するそうです^^

 

P1200593

ちょうど、焼き上げているところを見せていただきました。

なんか、ものすごくカワイイ!!

と、こちらの鉄板は18枚焼けるので、2枚重ねなので一度に9セットが出来上がります。

焼き上がるのに25分くらいかかるそうなので、タイミングが合わないとかなり待つことにはなりそうですが、それだけ手間暇かけているのです。

シンプルなものほど、時間がかかる法則がココにありました。。

 

 

P1200598P1200612a

と、ほっとけーきが美味しいのはもちろんですが、サラダやボロネーゼのクオリティの高さにまたまた感動!

ドレッシングはもちろん自家製、ひき肉も当然、北海道産^^

 

P1200610

そしてこちらが、【北海道ほっとけーきプレミアム】

生クリーム・バター・あずき・てんさい糖蜜・・・もちろんすべて北海道産

P1200594P1200597

このバターとあずきの入っている入れ物、板が滑り落ちないような造りになっている優れものなのです!!

実はほっとけーきがのっている皿やカトラリー、コーヒーカップもすべて椿サロンオリジナル!

P1200588

オシャレすぎる・・・

コーヒーカップなんて手になじみすぎて、思わず握りしめてしまいました^^;

P1200591

オリジナルだからこその調和感が、心地良すぎました~

カトラリーなどは、販売もしておりましたよ♪

P1200581

ちなみに【北海道ほっとけーき】が味わえるカフェタイムは20:00(ラストオーダー19:30)までなので、少し遅い時間に行けば、BARの雰囲気を楽しみながら、味わうことができます^^

P1200622

P1200613

※20:00以降のBARタイムはチャージがかかりますが、カフェタイムはノーチャージ

 

P1200583

今回誕生した【北海道ほっとけーき】に対する思いや経緯を語ってくれた、アトリエテンマ代表の長谷川演氏

今回のネーミング、なぜパンケーキにしないのかと、大多数の方に反対されたそうです。

パンケーキとホットケーキの使い分けに関してはあいまいな部分もあるようなのですが、ホットケーキは家庭の味という認識があるらしく、“昔、家庭で食べた、お母さんの味”を思い出してホッとしてほしいという思いが込められているそうです^^

実はその昔、不二家でホットケーキを焼いていた経験もあるという、長谷川氏。

そして銀座店の出店から、赤れんが庁舎の目の前のこの場所に出店する経緯まで、すべてが運命だったようなエピソードを聞いて、ますます長谷川氏から目が離せなくなった夜でした^^

 

 

pageTop