札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『ワイナリー』タグの付いた投稿

今年も土砂降り!でも全制覇!!2018 La Fête des Vignerons à Yoichi(農園開放祭@余市)

昨年に続き、【2018 La Fête des Vignerons à Yoichi】通称ラフェトという、農園開放祭に参加してきました!

0159df478b2793af18382459ca85306c07d0e58d95

この写真はイベントの終わりくらいの時間帯で、だいぶイイ感じのお天気となっておりますが、実は前半は昨年に引き続きの土砂降り^0^;

いや、昨年より暴風雨だったかも・・・

それでも昨年の失敗を踏まえて挑んだ結果、全ブースを制覇することが出来て、2年目にしてようやく心底楽しめた状況です^0^

map1_000001

コチラは公式サイトに掲載されていた、イベントに参加したワイナリーやヴィンヤードの一覧

普段は立ち入ることのできない葡萄畑を開放し、その場所でワインを有料試飲(30mlで100円~300円)するイベントです。

お年は道内外から600人近くの方が余市・登地区に!!

昨年より周遊しやすくすべく、ワイナリーの場所が離れているところは、総合ブースに出店するなどして、無駄なく動けるようになっていました^^

昨年は札幌発着のツアーバスを利用したのですが、時間的にメリットを感じなかったので、今年は高速バスで向かいました。

ただしイベントスタートの時間に間に合わせるためには、7時台1便、8時台2便しかないので、ほぼ満席状態で始発の札幌駅バスターミナルを発車したので、途中からの乗車はほぼNG

ちなみにJRは増便したそうです。

私は8:05のバスで向かい、余市駅に到着後、シャトルバス(こちらは以外に空いていた)で総合受付となっている“寿の家”へ

そこで、グラスとマップを受け取り、循環バスに乗ろうかと思ったけど、時間がもったいないので、歩いてドメーヌタカヒコへ向かいました!

01d7a03fcd216e2711397ce108cb3d999b616c89b8

まずは白から(ちなみにこの色でも白ワインです!)

これから飲むぞ~!と、勢いをつけてくれた美味しさで、雨なんかちっとも気にならない!(笑)

0174f4aee91ac07d0be34d28ce5626077658c8b646

雨に濡れる葡萄畑を鑑賞しつつ、次の目的地・中井観光農園へ

01adfc4f741e22add3955c41bdb26f7ca577bee303 01b6375cfa850bcae80c1a3bd7d05bc1d393c50f11

中井さんの葡萄は色々なワイナリーで使用されているので、そのワインたちが一堂に集結!

こういうところが、ラフェトの醍醐味♪

まずは農楽蔵・道南限定のはがいくぶらんを♪

おつまみにはタカラのレタラというチーズを使用したニシンの切込み!美味しすぎて、あっという間に完飲

014cda67aff4d2ce3f5b23a943d8a4f52c08362c5d01bb04cf1105a9dfc4c8f90e48f25fe3e61e43f2d8

そうしてもう1杯!甕ケルナー!これもすごく好みです~~~

このサイズでこちらのお値段だと、簡単には手が出せませんが、300円で試飲できちゃうのがウレシイ!!

気分が良くなって食たところで、次へ!と思ったら、雨脚がかなり激しくなっている・・・

一瞬ためらうも、気持ち小ぶりになったところで、ドメーヌアツシスズキへ

01f0373feea47b9110a2834e85e0e1209228243b10013918f007978f706159d48c69784b85394fa97089

ここは建物が全くなく、テントだけのブースなので、お料理で出店していたケイハチロウさんもゴーシェさんも大変そうでした^0^;

0136eeb40f15db3b1fd4ed69e43cbb90aa7c8a4f00016a8f753e94cc1a627e1c8ef01950e5d9dee9cdcb

でも、さすがのクオリティ!!

おつまみが美味しすぎて、ココでも2杯!

大雨ではありますが、混みあう前に次へ向かいます!

 

012d04046b27b6c9cddde2878704cda388d1ceca8b01aac99969928fdb1f3e9840fa303b97f610947fee

次に向かったのは、藤沢農園

こちらでは、10Rワイナリーとココファームのワインが飲めました^^

普段は靴を脱いで上がらなくてはいけない場所なのに、段ボールを敷き詰めて応対してくれた藤沢さんのやさしさに感動・・・

ワインは造らないんですか?というどなたかの質問に、『ワインはプロに任せた方が旨いから。俺は美味しい葡萄だけを作るんだよ』という一言にも、なんか感動!!

がしかし、外は想像以上の暴風雨・・・

気合を入れて、総合ブースとなっていたキャメルファームへ

ここには、広い倉庫もあり、ライブ演奏も^^

012fb15c7a54914656ddde759cff43c8be9ce9bc4801fa2509f93fe46a4e0bc44de36845c1e82246e285

ワイナリー夢の森の夢ワインに、平川ワイナリーの梅ワイン

01917b54d8d50a8d9bf3f2e528b4ecdd8ca00ac6fc

NIKIHillsヴィレッジに、登醸造のセツナウタ&ツヴァイ

01e56ad6c553d4165e6238fa888a01fac869d0e88c01a208efece35b436396be058d0a630dcf06999662

そしてココは、おつまみも秀逸でした!

0117ac65b7028e7f08fa239e000abf6a2e0bbe090a012fc736ee26407e83c2c0a9a09ab482637a973979

あの、雲丹の蔵のプチうに丼や、チーズのこえのチーズセット

01d989fe038bcf791ceadac736e52b1522af556a60017d7fdfbb21d30b0873fc964a0fa44af9b8e83128

フィッシュアパートメントのサバ&ナスなどなど!!

テントの下にさえいれば、雨なんて気にすることなく楽しめました^^

01e1645ccb2001d5f60857424bb322e08f3c9310ef

その後、キャメルファームもいただきまして、ふと足元を見ると、雨は若干小降りになってきました^^

01216d82c70a11223b3bcfe3d330be11a8c7a5159a 014ade243136d45c78c7df32e54abd97109990fb62

三氣の辺でノラポンを飲んで、木村農園で北ののぼ&五十嵐の鰤の手巻き寿司をいただくことには青空が!!

012cd251ca59b619f4fabb97295ee26630c0292d8801c524ab4b1dba98032d4d206ae4dbf9628447b0f4

01084cc139f8677d307895b33641e69d20673a3acc01253c50012d678ea42df30888874c09af23dc9be2

しかし美味しい鰤のお寿司だったなぁ~(ちなみに五十嵐はフレンチです、念のため・笑)

木村農園ではまだまだ飲みたいワインがあったのですが、行列が出来ていたので1杯で諦め退散

017cf4dee0272d556e7ad5c4cceb0032d5e860f5db01cd849fd9cfda61c04bd07564b76c254c83679a0d

その後、少々登り坂の道を頑張って歩いて、リタファームへ

昨年の直売所とは違う、畑のあるでの振る舞いでした。すでに後半戦ということもあり、結構なワインが完売しておりましたが、先日のワイン会でも飲んだポワレと、樽デラをいただくことが出来ました^^

014ae59e7fcc6dedee8361b85b4d53024bbf018c78014ef13681644e4c84d89a552e5eaab5257815ca3b

そしておつまみは、ESTESTESTの豚串

1本でいろんな部位が刺さっている、福よし形態!豚肉はもちろん、この地区にある北島農場の麦豚♪

0105b8e87512791a2d57db4155434fbc9296cedf74

リタファームからモンガク谷ワイナリーまで、残り少ない体力を振り絞って歩きます。

雨が上がったので、ようやく景色を眺められる余裕も^^

019f8574bfcba0092c03df0a815fd2758465808302 01d7c90e21cf8e19d72b8897821e6bdfdcf9153952

無事、到着~~

本当は、モンガク谷を出発地点にすると下り坂なので、比較的楽と聞いていたのですが、早く飲みたいがために、完全に逆方向からのルートに^0^;

01f6cdc76fd25772125023174d2eaec4809eade784

でも、それはそれで、達成感は強く感じたかも^^

ちなみにこちらのグラスの中身はモンガク谷でサービスしていたハーブティー♪

 

ここで初めて循環バスに乗り込み、ドメーヌモンへ

018f395896555f478b27c7d3deda1e506f2b53e627 019f8c6491641bccf3d91966fcb403e2fcb5d9b801

モンシーというシードルをいただいた後、モンさんの上にある、カーヴデクラへ

かなり気温が上昇していたので、シードルもシュワシュワも最高に美味しく頂きました^0^

0190227b42af1c37ab9f82619430da19cc5bcc896701aef191f2529b6d1bb6e3b85fb1e31a8bba3d62eb

そしてヴァンランセッカでタカヒコのコハルをいただく

すでに来ていたポンチョが、からっからに乾くほどの日差し^0^;

014bc28b99aef93fbe7d0c34998d5339ac18d12b63015b276556beae345499f58651f84cf0f510b7b9b8

いよいよ最後の目的地!ヒロツヴィンヤードです!!

残念ながら、MEN-EIJIは麺が切れてしまったのですが、麺なしで提供してもらいました(笑)

01ba7695f14ba80853c685ed373f6fa64e68a62d7b01a7f74976fd53bf5ef354dd46a7483a2fd1f2c124

もちろんひき肉は、北島農園の麦豚!ここで、北島さんご本人も登場~

今日はたくさん麦豚、いただきました^0^

 

01307ad007eaf3763f99ab163e385bd3ee4aa5d99c

最初の雨が、嘘だったかのような風景・・・

01409eafabd0732598ea5826f17bfb8a6d5e3a9b1c

本来はこんな風に飲んで楽しむイベントなんです・・・^0^;

それにしてもこの天候でも、美味しいワインの為ならあきらめない!!という参加者の皆さまのワイン愛に感動しました!

そして、がっつり堪能できた自分にお疲れ様!!と、言いたい(笑)

来年こそは、スタート時から晴れてくれることを願って、今からスケジュール調整しておきま~す♪

 

 

★ ★ おまけ ★ ★

0112c7c8c8ead60b0578fa1843c165f7f9a63480d2

最後はヒロツヴィンヤードから一気に余市駅まで向い、余市ワイン&ラムレーズンのジェラードをいただきつつ、JRで小樽駅へ

0179b6d2105d9b3a8a6f1b43473adc57f168f05ebe01bb563bf0ae693a43b1474f609f9593ed710eef07

途中下車して向かったのは、酒処たかの

01f397bec9305cdf0f908b24846bdb439c48cdeacd01df580ac224baff618b03bc0a6a9ff0edac535c19

調子に乗って、日本酒2杯!!

016838bedf25d47225462b3c893272744d13aef65a01eb979356f8e3a6aa1d2a85bee61d9181459a9e64

このザンギ下にタルタルソースが隠れていた!

011c77422abea61d84a959134ccca362f0dc6df9ac01d579936c4133c3152ee9ad334e2eab8405f6bec5

たかので大人の〆そばを頼んだ割に、札幌まで向かう列車の中でも宴会(笑)

ワタシ、まだまだ体力あるかもっ!!と、おかしなテンションのまま、自宅へ戻りました^0^

 

後志、恐るべし!その1

1月中旬にのことになりますが、【しりべし食の魅力を生かした観光地づくり推進事業】のモニターツアーで、
1泊2日で後志をぐるっと回ってきました

後志地方は【小樽・仁木・余市・古平・積丹・岩内・寿都・共和・倶知安・京極・喜茂別・
蘭越・ニセコ・黒松内・赤井川・神恵内・泊・島牧・留寿都・真狩】の20市町村

後志ってどこからどこまで?って聞かれると、道民でも意外にわからないものですよね^^;
札幌に住んでいると、小樽やニセコなどは身近な方かも
そんな身近だからこそ見えていなかった、後志の可能性を探るモニターツアーとも言えます


札幌からジャンボタクシーでホテルノルド小樽へ
前乗りしていた東京の出版社関係の方々と合流。
『酒と肴』のイメージキャラクター・チロべしがお見送りしてくれました^^


   
まず向かったのは田中酒造・亀甲蔵。さすがに雪深い!
さらに積もりそうな雪が深々と降り続けております^^;

   
時期的にお米を蒸していたりと、まさに仕込みの真っ中~

以前こちらでも詳しく紹介済みですが、小樽の地酒の他に、
全道各地から依頼された地酒を製造もしているんですよ!
なのでタンクをよく見ると、地名が記載されてました
20140203-11.JPG   20140203-12.JPG


20140203-13.JPG   20140203-14.JPG
見学後はもちろん、試飲! まずは新酒から^^ 
午前中だったこともあり、どちらかというと、黒豆茶が人気だったかも(笑)

20140203-15.JPGそうそう、酒米ではなく、
食用・ゆめぴりかで作ったお酒がありました

ゆめぴりかだから甘み・とろみが
あるのかなお思いましたが、
甘みは皆無

超スッキリ系
やはり食用の米で作ると
こんな感じの仕上がりなんだと思いました




20140203-16.JPG
田中酒造の後に向かったのは車で10分くらいのところにあります、北の誉・酒泉館
雪がどんどんひどくなってきました・・・^^;



20140203-17.JPG    20140203-18.JPG
昨年の9月にこちらのツアーでも立ち寄らせていただきましたが、
やはり酒蔵は冬に限ります!タイミングが合えば、まさに搾りたての酒が試飲できたりしますし^-^
20140203-19.JPG  20140203-20.JPG


20140203-21.JPG   20140203-22.JPG
もちろんこちらでも試飲!(笑)
田中酒造もそうですが、酒蔵でしか売っていない酒があるので、
まだツアーはスタートしたばかりだというのに私含め、みなさん購入しちゃうものですから、
荷物がどんどん増えていきます^^;


20140203-23.JPG   20140203-24.JPG
その後向かったのは北海道ワイン(株)
以前こんなツアーでも訪れてまが、もう何度も足を運んでいる、私の中ではお馴染みのワイナリー^^

と、以前にはなかった大型の機械がありました。これでさらに効率よく美味しい道産ワンが作れるそうです
見えないところでイロイロ炉心化しているんだなぁ~って思いました


20140203-25.JPGもちろんこちらでも試飲!!
ちなみにまだ午前中です^^;

なので、モニターツアー参加者の皆様も
若干、躊躇気味な感じも^^;

それにしても午前中ですでに酒2蔵、ワイナリー1つ
この時点で後志、恐るべし!って感じです




さすがに、冬の見学は冷えます。道産子の私がそう思うのですから、
東京の方にはツラかっただろうなぁ…
(でも、ちゃんとカイロを用意していてくれた配慮には感激でした)

見学している間も笑えないほど雪が降り続け、小一時間で足首くらいまで積もっている状況・・・
そんな中、ランチ会場であるノイシュロス小樽に向かうのですが・・・   つづく

女性限定バスツアー、募集開始しました!


先日こちらでもご案内させていただきましたが、
9月1日にパ酒ポートPresents
【オサナイミカと行く キレイになれちゃう酒巡りツアー】があります^^

パ酒ポート(定価500円)がもらえて、ワイン・ウィスキー・日本酒も試飲できて、
ランチはルスツリゾートでアンチエイジングランチを堪能!
さらに1本1000円のサーモンコラーゲンドリンクまで付いて、
お値段4980円♪♪

ハッキリ言って、お得すぎですっ(●^o^●)
40名様限定ですので、お早めにお申込み下さいね

お申込み・詳細はこちらをご覧ください

9月1日(日)、女性限定の日帰りツアーやります!!

先日、こちらでも紹介済みのパ酒ポート2013

みなさん、もう何個もスタンプGETしてますでしょうか?^^
実は忙しくてまだ集められていない・・・
実はパ酒ポート自体をまだ、入手できていない><
なんていう方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方のために、昨年もお得なツアーが実行されましたが、

今年は私、オサナイが考案したツアーも行うことになりました^0^
そのタイトルはと言いますと・・・

パ酒ポートPresents
【オサナイミカと行く キレイになれちゃう酒巡りツアー】


20130730-00.JPG
まさに本日打ち合わせを致しまして、タイトルと日程を決定したばかり(笑)

なので、詳細は改めてアップさせていただきますが、パ酒ポートが自動的にもらえて
一度にスタンプが3つたまる予定で、それでいて超が付くほどお得です!!

さらに今回は初の女性限定♪
お酒の初心者から、飲むのはもちろん、キレイというキーワードに興味津々!という女性陣に
確実に喜んでいただける内容にするつもりですので、9月1日は今から予定を空けておいて下さいね!!


募集要項など、詳細はもちろんこのブログでも告知いたしますが、
パ酒ポートのFaceBookページシービーツアーズさんのサイトもチェックしておいて下さいね!


皆様にお会いできること、楽しみにしております^-^

7月21日・パ酒ポート発売!


本日の北海道新聞朝刊にも掲載されておりましたが、
あす21日にものすごくお得な、その名もパ酒ポートが発売されます!!

北海道内23箇所の酒蔵・ワイナリー・ビール醸造所でスペシャルな特典が受けられる他、
宇佐美のスタンドで提示すると1L、5円引きになるスグレモノ

さらにスタンプを貯めて、素敵な商品をゲトできるチャンスも^0^
これで1冊350円は間違いなく損はございません!!

ちなみに明日21日の12:30から、地下歩行空間(大通西4丁目)で記念式典がありまして、
先着200名様に道産酒が振舞われるそうです!


年々面白く&美味しくなっているMADEinHOKKAIDOのお酒を
楽しみながら味わってみてくださいね!!




pageTop