札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『南区』タグの付いた投稿

佐藤洋菓子店のスイーツが、札幌競馬のUMAJO SPOTに登場します♪

気が付けば来週はお盆なんですね・・・

あまりにも夏が過ぎ去っていくのが早い気が・・・(汗)

そして札幌競馬も3週目のど真ん中!

この週末(8月11・12日)、UMAJO SPOTで限定販売されるのは、札幌市南区澄川の住宅街にあります【佐藤洋菓子店

P1270568

お子様が描いたイラストが目印、一つ一つ丁寧に焼き上げるクッキーで人気の佐藤洋菓子店が、UMAJOの為に特別に焼き上げてくれた、アイシングクッキー(400円)は80枚限定!
(さすがの可愛さ♪)

他、人気のバウムクーヘン(300円)や、さっとんべーる(200円)、マドレーヌ(200円)、リーフパイ(200円)など、すべて数量限定での販売なので、気になった方はお早めに♪

※UMAJO SPOTは、女性限定のエリアです

 

P1270584

実はワタシ、佐藤洋菓子店さんの存在は催事出店で知ったものですから、実店舗に行ったことがなかったのです^^;

まさに住宅街、知る人ぞ知るといった雰囲気

P1270570

店内もお世辞にも広いとは言えないスペース

P1270580

でも、気になるキュートなお菓子が色々揃っていました^^

P1270573

レモンチョコ味の黄柳ピエール・イチゴチョコ味の桃柳さん、ホワイトチョコレート味の白柳さん、キャラメル味の茶柳ブラウンJr.

ネーミングがすでに、気になり過ぎる(笑)

P1270578

コチラは店頭で販売していてた、アイシングクッキー

P1270579

 

気になったものをいくつか購入し、早速実食!

P1270590

夏のオススメ、レモンタルト

爽やかで優しい甘さ♪湿度の高い今日の気候にピッタリ!

じっくり味わう間もなく、あっという間に食べてしまった^0^;

 

P1270592

リーフパイとサブレ

コチラもペロリと。。。

この食べ進む感、余計なものを使っていないのが分かります!

 

この場所で11年続けていることは、たくさんの方に愛されているんだなぁと感じました^^

P1270585P1270587

それにしてもお嬢様の書いたイラスト、キュートすぎます^^

 

澄川までは行けないという方、11日(土)・12日(日)は札幌競馬場で、競馬を楽しんで佐藤洋菓子店のスイーツをGETしちゃってください^0^

 

 

札幌国際芸術祭2017~札幌芸術の森エリアで秋を感じる

これは10日くらい前に、札幌国際芸術祭の会場になっている、札幌芸術の森を訪れた時の画像

P1120423

森の中ということもあり、札幌中心部よりも一足先に秋が訪れているようです。

 

P1120430

そんな森の中を歩いて、まずは美術館へ

 

P1120443

美術館では、芸術祭のゲストディレクターである大友良英さんが、20代の時に多大な影響を受けたという、クリスチャン・マークレー氏の『ガラクタ』をテーマにした音や映像作品が展示されています。

P1120432

あ!これはモエレ沼公園にあった作品と同じです^^

大友さん曰く、モエレ沼公園と正反対の場所にある札幌芸術の森会場は、ゴミ集積場だったモエレ沼公園を『再生』させたイサム・ノグチの想いに“呼応”している場所とパンフレットに記載されていたのですが、中に入って作品を見ると、なるほど!って思えると思います。※会場内は撮影禁止のため、画像は無し

特に、道端に落ちていた吸い殻やゴミを、ひたすら撮影して再生している作品を見ると、そう思うかも。

ノイズ音の方は、私には理解できない作品もあったけど、だからこそアートって受け手次第だなって実感したり。。。

 

P1120434

と、入口手前の中庭にも展示作品があります。

鈴木昭男氏の“きいてる”という作品

 

P1120438P1120441

この、“足跡”にも“耳”にも見える円形の石の上に立って、聞こえてくる音を楽しむという作品

この作品は、有島武郎旧邸や、野外美術館にも点在しているのです^^

そこを見る前に、美術館の裏側の道を歩いて、札幌市立大学 芸術の森キャンパスのスカイウェイに展示している毛利悠子氏の《そよぎ またはエコー》を見学しに行くことに。

 

P1120444

この道は初めて歩きました。

結構な傾斜なんですが、爽やかな秋晴れの日だったこともあり、森林浴を存分に楽しみながら10分弱歩きました。

P1120447

 

P1120448

こちらが会場入り口。エレベーターで2階に上がると、スカイウェイが見えてきます。

P1120450

端々に取り付けられたスピーカーから、不思議な音が響いています。

P1120451

内部がむき出しになっているピアノ。自動演奏で音楽が奏でられています、奏でると言っても、決して心地の良いメロディではなく、少し恐怖心がわいてきてしまうような旋律

なんだか、理科室で見る人体模型のよう・・・

P1120453

明るいのに、肝試しをしている気分になってしまったのは私だけ?

街灯の上の部分

P1120454

道路じゃない場所でみると異様に大きく見えるものなんですね。

やっぱりどことなく恐怖

P1120467

 

P1120458P1120460

磁力で鳴り響く鈴・・・

昔読んだ怖い漫画の1シーンを思い出してしまった・・・

P1120461

この会場、いつもは17時までのようなんですが会期中のどこかで、特別に夜間開放してみてもらいたい!

かなり恐怖感が増すと思うんです!!
(怖いと言いながら見たいタイプ^^;)

 

先ほどの森の中の道を戻り、工芸館へやってきました

P1120479

こちらには∈Y∋ の《ドッカイドー/・海・》という作品が展示されています

P1120475

靴を脱いで入るのですが、実はこの中、超が付くほど真っ暗なんです!

明るいところからそのまま入ると、本当にしばらく何にも見えません!!

会場の広さも全く分からなくて、先ほどのスカイウェイとは違う恐怖を感じ、若干中腰になってしまいました^^;

が、5分くらいたったころから、突然蛍光塗料のような暗闇に光るモノが浮き出てきます。

一つ見えるともう一つ。。。

そして10分くらいしたくらいから突然視界が覚醒します!!!

これは・・・楽しすぎるっ!!

見えたとたん、はしゃいでしまう自分(笑)

平日だったので、他の見学客もあまりいなかったこともあり、とにかく歩き回りました。これは息子を連れて、もう一度見学したいかも!!

P1120470P1120471

と、出てから知ったのですが、目を慣らすためのサングラスがちゃんと用意されていました^^;
※ちゃんと確認しないで行動しちゃうタイプなのです・・・^0^;

 

ちょっと興奮気味に会場を後にして、有島武郎旧邸へ

P1120483

芸森には何度も来ているけど、ココをちゃんと見学したのって、もしかしたらなかったかも・・・

自分の自宅のすぐ近くにあったと思うと、急に親近感がわいてきます。。。

P1120486

それにしても美しい建物・・・

窓から見える景色がまた、素晴らしい!!

P1120487 P1120488

と、2階にさきほどの、鈴木昭男氏の作品がありました。確かにこの場所に立つと、森の音も姿も感じられて気持ちよかったデス^^

P1120489

もともとこの場所にあったわけではないのに、ものすごく自然に溶け込んでいるのが不思議・・・今までの歴史を見ると、取り壊される寸前だったようですが、無事に移築してくれてよかったなぁと思います^^

 

そして最後に野外美術館へ

こちらには10ヶ所に鈴木昭男氏が見つけた“聴く”ポイントがあります

P1120492P1120493

タイミングよく、ボランティアガイドの方がいらっしゃったので、初めてお願いしてみることに。

この作品、前はカワイイなぁという感想だけで終わっていたけど、“ウィンク”を返してくれる作品だったとは・・・

いきなりガイドさんのありがたみを感じてしまった(笑)

P1120499

野外美術館は広く、いろんなところから作品を眺めることが出来るけど、鈴木昭男氏のポイントから眺めると、何となく心地よさが違います^^

P1120528P1120529

 

それにしてもガイドさんの説明は、作品を見る楽しみを倍増させてくれました!

P1120502 P1120501

この作品は、ぐるりと回ってみると、形が全然違うんです!!

そんなこと、まったく気にしていなかった・・・

P1120503 P1120504

 

 

この場所、最初に来た時は宇宙へのメッセージ的な空間かな?なんて思っていたような気が・・・

P1120512

この一番大きな石の上に、全体の設計図が描かれているなんて、ちっとも知りませんでした!

P1120515P1120513

そして、北斗七星と北極星を表していたなんて・・・聞いてよかった^0^

 

P1120522

この作品は、下から見上げるのと上から見下ろすのとでは、全然印象が違うんです!

P1120524

そのことに気が付くと、素直に楽しい^^

 

P1120525

そして、それぞれの感想を述べながら見て回ると、そういう風にも見えるんだ!って、さらに世界が広がります。

 

P1120496P1120497

こちらの作品、よ~くみると、真ん中のシルバーの部分がどこにもくっついていないことが分かります。磁力で立っているんだそうです!!

 

P1120542

時間に余裕がなくて、駆け足で回ってしまいましたが、どの作品もものすごく自然に森に溶け込んでいるのが印象的でした。。

そして30年も経っているのに、それを感じさせない作品が多い

P1120543

P1120548

 

と、奥の白い作品は、札幌国際芸術祭の作品の一つなんですが、今までなかったものだからか、一瞬で違和感を感じました!

P1120533

それにしても不思議な作品でした^^;

P1120536P1120535

そうそう、右の黒い石像、何かわかります?

一度分かるとそうとしか見えないくらい、細かいところも浮き出て見えるから不思議!

 

P1120520

この時から10日も経ったので、さらに秋が進行しているんだろうなぁ~

10月1日までにもう一回行けるかな~。行きたいなぁ。。

 

P1120494 P1120552

P1120553

そうそう、入り口近くにあるこちらの作品、時間が経つとその形を変えていたことも、今回初めて知りました!!

ちょうど、動く瞬間も見れました^0^

そんなわけで、何度も行っている方にも、ボランティアガイドさんに一度案内してもらうことをお勧めしま~す!

 

札幌国際芸術祭2017、芸術の森エリアは、10月1日(日)の9:45~17:00まで開催中

屋内外・美術館鑑賞チケットは1100円(SIAFパスポートは道民&市民は1800円)

工芸館と有島武郎旧邸は鑑賞無料♪

 

10月19 日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~パティスリー ブリスブリス

10月19日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、南区川沿にある、パティスリー ブリスブリス

P1000759

先日、大丸札幌店のクリスマスケーキ発表会に行った時、一目惚れならぬ、“一口惚れ”をして、その一口がすごくほっとできる味わいだったので、改めてお店に取材に行くことにしたのです^^

P1000775

古い一軒家を改装した、五輪通り沿いにあるお店。向かいにえびすやがあります。

P1000758

中はとても明るくて、清潔感のある雰囲気^^

お店は昨年の11月にオープンしたので、もうすぐ1年になります。

オーナーパティシエの中本さんは、夕張出身ですが、15年間神戸の有名洋菓子店にいらっしゃったそうです。

P1000766 P1000787

入口側には焼き菓子やクッキーが並びます。

P1000770 P1000769 P1000774

ちょうど焼き立てのマドレーヌがあって試食用にいただいたので、帰りの車中で食したところ、車内が一瞬にして美味しい香りい包まれまして、なんともシアワセな気分で運転しておりました^^

パンもそうですが、美味しいものは香りから美味しいですよね!

ブリスブリスさんは、“ギフトとしてのスイーツ”をしっかり意識されているので、パッケージデザインがとても洗練されています。

P1000767

これって、結構重要なポイントなんですよね!!特にスイーツは見た目ってすっごく大事。(もちろん、味が第一ですが)

中本さんは神戸時代に、ブライダルギフトなども担当されていたので、その辺りのセンスもしっかりお持ちのようです。

P1000779

うん、ケーキもやはり、美しい!! ホントにケーキのショーケースって、眺めているだけでシアワセな気持ちになります^^ ケーキは受持20種類ほどあって、冬はもう少し種類が増えるようです。

 

P1000792 P1000781

自宅に持ち帰り、早速いくつか味わってみました。こちらは余市の果樹園の旬のフルーツを使用しているタルト。まさに今しか味わえない味。

先日の記憶が残っているので、最初から期待して食べましたが、期待以上の味わいに大満足!

フルーツがとにかくフレッシュで、その素材感を存分に生かしてくれている味わいです!!

P1000795 P1000796

栗とショコラのクリームパイと大豆のやさしい和風パフェ

どれを食べても、素材が生きているのが分かります^^ そして甘すぎないからいくつでも食べたくなってしまい、ある意味危険・・・^0^;

中本さんは、神戸時代も北海道の素材をたくさん使用していましたが、そのたびに、“素材はその土地で使用してこそ、活かされる”と思ったそうで、満を持しても札幌出店となったそうです。

なので、北海道で入らないもの以外はすべて道産。生産者との関わりも大切にし、果樹園などは自ら足を運んだそうです。そんな実直な思いが、地域の方にもジワジワと伝わっているようで、取材時も続々にお客様が。。。

地域的にご高齢の方も多いようですが、一度食べたらもう一度食べたくなる味のようでした^^

P1000762

その時いらしていたお客様や、電話注文で圧倒的に購入率が高かったのが、こちらの“KOBEメモリー”

オーダーを受けてからガナッシュをかけて完成させるので、1日限定20台。しかも本当に美味しく味わえるのは、2時間以内なんだそうです。

次回はKOBEメモリーにシフトを合わせて伺います!!

 

P1000791

こちらはケーキが入っていた箱

ちなみにBliss~ブリスとは、“至福、この上ない喜び”という意味なんだそうです。

その店名にふさわしいスイーツでした^^

それにしてもこの辺り、以前紹介したこちらも含めて、美味しいスイーツやベーカリーが集まる場所なんですね~

うらやましい!!

 

 

ヴェルジネ・バッカーノ&ジョルジオ カッパーナ

ヴェルジネ・バッカーノが閉店したとネット上の情報で知り、
あんなに美味しかったのにどうしちゃったのかなぁと思っていたら、
定山渓で移転オープンするという情報を、パンコーディネーターの森さんら情報を入手

別の取材もあったので、早速足を運んでみることに


場所は定山渓第一ホテル翠山亭倶楽部の向かい側

  
自ら設置したという、札幌軟石がとってもステキ

   
今年はゲリラ豪雨が多かったので、外壁の塗りが全然進まず、予定より遅れているようです

   
ちなみにこのレンガを釜内に再度積み上げるそうです(汗)
スタッフさんが黙々と磨いておりました^^;





多分、10月下旬より早めにはオープンできるよ~
って、かな~りマイペースは感じで語るオーナー(笑)

『夏は裏庭にハンモックでも設置して~って、構想はあるけど、
きっと忙しくてそれどころじゃないんだろうな~』
と、目をキラキラさせながら、今後のお店のことを
語ってくれました^^

パンが焼けたら飛んでいきます!!



そして今回、ソフトクリーム専門店
【ジョルジオ・カッパーナ】も併設されることになりまして、
まさに、行ったその日に試運転しておりまして、
練習台ということで、試食させていただきました!

もったりしすぎず、あっさりしすぎず、
ちょうど良いバランスのソフトクリーム

何より印象的だったのが、コーンがものすごく美味しくて、
ソフトクリームとの相性が抜群にイイんです!
どうやら、コーンを味わってもらいたいソフトクリームのようです

ソフトクリーム専門店は建物の向かって左側の窓になります^^




【ヴェルジネ・バッカーノ】 【ジョルジオ・カッパーナ】
札幌市南区定山渓温泉西2丁目45
011-598-5588
ソフトクリーム店の営業時間は10:00~16:00
月・第2&4火休※祝日は営業

ヴェルジネ・バッカーノのオープン日は要確認

藻岩山麓に沖縄発見!~もいわ太陽食堂

20130831-00.JPG蒲原みどりさんの作品制作のあと、
食事でもしていきますか!ということになり、
カフェブルーからすぐのところにあります、
もいわ太陽食堂というお店へ

この場所、なっつかし~~~!!
そっか、いつのまにか沖縄料理のお店になってたのね



20130831-01.JPG   20130831-03.JPG
カウンターにズラリと並ぶ泡盛たち!が、この日は車だったため、泣く泣くウーロン茶><
いきなり泡盛が進みそうなつまみ、ミミガー・・・

20130831-04.JPG   20130831-05.JPG





20130831-06.JPG   20130831-07.JPG

20130831-09.JPGとろっとろのお豆腐がクセになるサラダや
これまた飲めと言わんばかりの味わい、
豚肉の塩漬け・・・

ソーメンチャンプルーが唯一、
ウーロン茶にあったかも(笑)



20130831-10.JPG   20130831-11.JPG
胃に沁みわたるダシが魅力的なソーキそば スパムおにぎりもありました^^


20130831-12.JPG奥には個室もあって、
お子様連れも大歓迎ですよ!っておっしゃってました^^

スタッフさんが沖縄の方との事で、
本当に沖縄にいるかのような雰囲気♪

とにもかくにも、泡盛飲まないと
このお店を本当に楽しんだとは言えなさそうです^^;

pageTop