札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『接待』タグの付いた投稿

道産子もテンションが上がる【蟹のつめ】・6月23日(日)OPEN

稚内に親せきがいた道産子のワタシは、カニに対してはあまりありがたみを感じずに、年に数回当たり前のように食べていた時代がありました。

しかも、全部親に剥いてもらって・・・

その話しを本州から来た人に話すと、かなり冷めた目で見られたものです^^;

もちろん今は、カニは高級なものだという認識はありますし、北海道にいるからってそう簡単には食べられないモノになりました。。。

018f754d58d9838c77818210fc64eae56a159ba7ce

なので昨晩レセプションでお邪魔させていただきました【蟹のつめ】の蟹づくしコース には、道産子のワタシでも舞い上がってしまいました^0^;

場所は東急REIホテル・レストランプラザ札幌2F

入口には“蟹の爪”

010fd9ed54b9268ee6f34d8f1454d1836372666b2d

中には巨大な水槽、そしてスゴイ量の蟹!!

01936b8f185fa8a85adfc52b0adaea32d900a0688d01a725384795817d811b2c132f00df3b056d5c273d

思わず見入ってしまいました・・・^0^:

席数は全部で140

01535da4fcdd82f51e5830f723b0ff5042d432843f 0145b227a6174465b972ac4dd69909f440afc32d88

018ed7c775a10a346cf63c40242110be7b197d0ee8015ec36d3c948f1dc67b4613ce79ae502af31e47c4

メインのホール席はチェックできなかったのですが、大小さまざまな個室があり、少人数のグループから接待、宴会などなどどんなシチュエーションにも応対可能^^

 

で、お料理はと言いますと、カニだし、食べ放題コースもあるし、観光客向けのボリューム重視なお店かと、正直思っていたのですが・・・

P1420417

P1420418

そんな風に思ってしまって、大変失礼致しましたっ と、すぐ心の中で謝った次第です^^;

P1420421

今回は、通常8000円のコースをレセプション用にアレンジしたコースを堪能 (ちなみにコースは4500円~あり)

P1420424P1420422

ビールで乾杯したのち、かに塩辛をいただきました

くぅ。。燗酒2合はいける(今回はさすがにオーダーしませんでしたが^^;)

P1420425P1420428

思わず撮影したくなる、タラバガニの脚の大きさ!

毛ガニを黙々と剥く時間は、レセプションなのに、参加者一同無言になる(笑)

でもってほぐし終わった毛ガニに、かに酢をかけて食べると、頑張った甲斐があった~~と、オイシサが倍増

やっぱりカニは、大変だけど自分で剥いて食べるものなんですね(今さら・・・? ^0^;)

 

P1420429

刺身盛り合わせは鮮度の良さがにじみ出ているし、こちらにもカニ~

P1420430P1420432

P1420436P1420434

P1420437

しゃぶしゃぶは、蟹だけじゃなくエビも!!(写真はズワイだけど^^;)

P1420439

自家製のごまポン酢ダレは、すぐ水っぽくならないよう、濃い目になっているそうです^^

P1420441

揚げ物にも蟹!

P1420444

握りにも蟹!!

P1420442

もちろん、椀物も蟹!!!

いやぁ、3年分くらいカニ食べた気がします^0^;

P1420452

デザートは夕張メロンとシャインマスカット

 

今回はコース仕立てでしたが、食べ放題コースも6000円~10,000円まであります!

会員になると500円~1500円割引になり、小学生(7~12歳)は半額、そして小学生未満は無料だそうです!!

 

“蟹のつめ”

蟹は食べたらなくなるけど、爪は残る。~店・形・思いがいつまでも残るお店にしていきたい

そんな意味が込められているそうです。

今回はオープン前のレセプションということで、社長自ら全席を回ってご挨拶いただいたのですが、あの“赤から”の会社だったのですね!!

愛知・豊橋の会社が札幌で蟹のお店をオープンさせるなんて・・・と思いましたが、逆に本気度が伝わってきました!

道産子でも、一度は行ってみてもらいたいお店です^0^

 

北雪牛をとことん味わう~和牛料理 壹頭 (いっとう)

苫小牧・植苗の和牛を北海道で唯一食べさせてくれるお店があると教えられ、先日お邪魔した【和牛料理 壹頭

P1320882

入口に大きく“北雪牛”という暖簾が飾られていて、「あれ?北海道じゃなくて佐渡なの??」と、つい酒蔵を思い浮かべてしまうのん兵衛です^^;

P1320897

場所はF-45ビルの9階

P1320863P1320855

本日のおしながき

P1320862

おつまみ的にシャルキュトリー

P1320859

金目鯛の生姜煮・タチポン・イチボ葱塩串

かなり肉々しい内容と思いきや、アラフィフに嬉しい前菜でほっと一息(笑)

P1320861P1320860

刺身の盛り合わせも

P1320866

このあたりは当然のように日本酒をいただきました^^

 

P1320872

カブリの朴葉味噌焼き

こりゃまた、日本酒が進む味わい~

P1320871

でも、焼く前の本日の北雪牛を見せられたら、赤ワインしかありません(笑)

P1320877

P1320882

ランプ・ウワミスジ・ハラミ

何とも贅沢なワンプレート!!

正直、普段はホルモン系とか羊肉が多いので、こんな風に牛肉を堪能するのはいつ以来だろう~^0^;

P1320879P1320885

でも、野菜もけっこう多めなので、罪悪感が薄れます~

お食事はガーリックライスか蕎麦

もちろん、そばをセレクト!

 

P1320889

デザートが結構、ホンキな盛りっぷりでビックリ(;’∀’)

 

P1320896P1320892

今回はカウンターでいただきましたが、奥には個室もあります^^

 

と、次の日の朝、寝汗をかくほど燃焼していたことにビックリ^0^;

 

のん兵衛最強の味方!!さかなとお酒 うぉんたな‐魚の棚

2017年5月15日(月)にグランドオープンとなる、【さかなとお酒 うぉんたな‐魚の棚

プレオープン中の先日、一足先にお邪魔させていただきました^^

P1070883 P1070884

場所は狸小路5丁目

狸小路4丁目から信号を渡ってすぐ、1FがアバンティというBARのビルの8階です^^

このビルはワンフロア1店舗なので、エレベーターを開けるとすぐ、入口になります

P1070937 P1070888

入って右側が調理する姿を間近で楽しめる、お寿司屋さんのような白木のカウンター席

(営業終わりかけに盗み撮りしてしまったので、オーナーの松森さんもホール担当のスタッフのかたもお疲れモード全開のところ載せてしまいすみません^^;)

左の壁にはパッと見ただけで、目がハートになってしまった、おいしそうな日本酒がたっぷり入った冷蔵庫♪

そして奥が個室としても使えるテーブル席

ちなみに窓が床まであるので、高所恐怖症の方は若干のスリル感があるかも^0^;

 

そして今宵は、料理7品2500円の蕎麦会席と、店内すべての飲み物がOKの2500円飲み放題(2時間)コース=5000円(税込)で堪能させていただきました♪

P1070891 P1070892

ご一緒した方々はビールやハイボールを、私はもちろんスタートから日本酒です!燗酒にしようかと思ったのですが、美味しそうな夏酒が色々あったのでまずは冷で♪

米の旨味たっぷりの五十嵐!!これを1杯目にお勧めするなんて・・・今日は一段と気合を入れなければ!!と、勝手に戦闘モード(笑)

P1070897

先附は、アスパラとトマトのシャンパンジュレ

黒胡椒がのん兵衛の心をくすぐる、夏らしい小鉢^0^

P1070900

前菜は酒肴3点盛りで

自家製ホッケの塩辛とか、リードヴォーとか・・・(すでにうろ覚え^^;)

ちょっと、ちょっと!!

こんなの出てきちゃったら、さっそく日本酒お替りしちゃいますよっ><

でもって、ビールやハイボールだった方々も、さっそく日本酒に(笑)

P1070901

酒肴に合わせてセレクトいただいたのがこちら♪

爽やかな酸味が素晴らしく合いました!!

P1070903

お造りまでのん兵衛仕様~

メニューを見ると通常は3点盛りのようですが、今宵はスペシャル6点盛り!

春シャコや石鯛はもとより、ガリ寄せに感動!!

P1070905

そして、自宅では絶対使用しない器にもテンションが上がるのです^^

焼き魚で使用していた縞模様の器も、自分の料理じゃ間違いなく浮くよねぇ~なんて、オーバー40特有の女子トークでさらに盛り上がります(笑)

P1070910

初めて聞いた深海魚(名前は失念・・・) 脂ノリノリで皮までキレイに完食!

P1070906

でもって日本酒が、戦闘モードのワタシですら躊躇するほど次から次へとオススメがやって来て嬉しい悲鳴^0^;

P1070913

通常の蕎麦会席では強肴は肉料理ですが、今宵は厚岸の牡蠣料理

このソースの下に、小粒で旨味たっぷりの牡蠣が3つほどありました^^

 

P1070916

こちらは、単品メニューでもイチ押しと記載されている、もっちり和風カニクリームコロッケ トマト出汁

コロッケと聞いて想像するものとは全然違う、まさにうぉんたなのウリになりそうな1品!

P1070921

トマト出汁がまた、のん兵衛の味覚にバッチリハマる味わいなんです~

と、今宵は出なかったけど、メニューに載ってる串物!!

これは、確実に美味しいに決まっているやつですよね??

P1070929

そしてこちらが十割手打ち蕎麦!

十割でもこんなに上品なのど越しを楽しめるんですね・・・

っ蕎麦も素晴らしく感動したのですが、何よりそばつゆに感動・・・

北海道は甘めのつゆが多いのですが、飲んだ後の〆にもピッタリな辛口のつゆ!!

そして量が素晴らしくちょうどいい!!

P1070919

単品だと500円!

“美味しいものをちょっとずつ、いろいろ楽しんでもらいたい”

コチラのコンセプトがしっかり伝わる内容でした^0^

 

P1070933

ちなみに蕎麦は黒田くんが打ってます!

(名刺の肩書に“丞相”って書いてあって、思わずウィキってしまった^0^;)

そば職人としても素晴らしいですが日本酒の知識も素晴らしいので、迷った時は黒田君に聞くのが一番です^^

 

それにしても後半、燗酒タイムになってからの攻めもすごかったなぁ^0^;

P1070924 P1070934

私の好みが完全にばれてましたね(笑)

P1070936

こんなのもありますよ!ってどんどん出てくるので、さすがに次回、改めて!!と、写真だけ撮って飲むには至らず^^;

P1070940 P1070942

最後の最後まで、のん兵衛の心に寄り添っていて、ホタルイカの沖漬けが、さりげなく出てきたところに感動・・・

そして普段はあまり果実酒系を飲まない私が、美味しい!と思ったじゃばら酒!!

イイ〆となりました^0^

 

美味しいものを少しずつ、しかもお安い!!

のん兵衛の最強の味方ですっ

そして一番“使える!!”と思ったのが、11時のオープンから深夜までアイドルタイム無しの通し営業で、昼飲みも出来ちゃいます!!

蕎麦とアテと日本酒・・・

これぞ本当の居酒屋^0^

 

 

もし昼からご陽気になっているワタシを見かけたときは、温かい目で許してやってください^0^;

 

 

1/22の北海道新聞・夕刊 こたえて!リクエストは「大通駅かいわいでグラタン」~函館うにむらかみ 日本生命札幌ビル店

1月22日の北海道新聞夕刊・こたえて!リクエストは【大通駅かいわいでグラタン】が食べたい
というリクエストが届きましたので、さっそく調査してみました!

個人的に『グラタンを食べに行こう!』と店をセレクトしたことはなかったので、
改めてグラタンと言われると、ふと思い浮かばないものですよね^^;
一般的には町の洋食屋さん的なところの定番メニューな感じがしますが、
洋食屋さん的なお店って、意外と郊外型も多かったり・・・

そんな中、タイプの違う3軒のお店を発見しましたのでご紹介します^^


1軒目はチカホ直結のニッセイビルの地下にあります
函館うにむらかみ 日本生命札幌ビル店

函館のウニの加工会社の直営の飲食店
無添加のウニがランチでも味わえるとのことで
道内外のお客様でにぎわうお店です
存在は知ってはいたのですが、今回取材で初めて訪れました^^;


   20140122-20.JPG
おぉ~、落ち着きのあるしつらえです!
20140122-21.JPG   20140122-22.JPG
テーブル席・カウンター席のほか、タイプの違う個室が4つあり、中にはソファ席のタイプも!
これは子連れにも嬉しい造り^-^
天井が高いので、圧迫感が全然ありません!
20140122-23.JPG   20140122-24.JPG
ちなみに個室は最少2名から使用可能で、最大10名までOK
小上がりは最大18名までの宴会も可能だそうです



20140122-25.JPG
純粋な和食のお店なのですが、【自家製うに屋のうにグラタン】というメニューがあります
ウニとホワイトソースの濃厚な味わいが開店以来大人気の1品で、
特に女性のお客様に好評だそうです

中にはタラバガニやインカの目覚めなどの北海道らしい食材がたっぷり!
価格は998円。平日は夜のみのメニューですが、土日はランチタイムからオーダー可能です

ちなみにランチタイムはウニ料理に限らず、焼き魚定食など
和洋中の日替わりメニューが950円で楽しめます&ウニ刺しがついた週替わりランチは1150円


20140122-26.jpg夜は当日注文もOKの
ウニ尽くしコース5040円などが楽しめますよ!

無添加のウニは、今までウニが苦手だった方も
トリコになるほどの味わい^-^

私の知人でもその昔、北海道にきて
ウニが好きになったと言ってたことがあります

これぞ北海道の食の素晴らしさですよね!!

実は単品も豊富な、あみ焼き割烹 和牛いしざき

20131106-00.JPG  20131106-01.JPG
美女美活の取材で、あみ焼き割烹 和牛いしざきさんへ行ってきました
以前、こちらでグループ店を紹介したことがありますが、和牛いしざきさんは初潜入!!

いしざきグループで使用してる牛肉は、北海道江別市ので育てられた『えぞ但馬牛』

牛のほとんどは、小牛のうちに様々な肥育地に売られその土地の銘柄牛として販売されています
その中で、極僅かだけ江別市で肥育される幻の最高級黒毛和牛『えぞ但馬牛』を
契約牛舎で肥育しているのです
頭数が非常に少ないので、他で見かけることはほとんどないのです



20131106-02.JPG   20131106-03.JPG
20131106-04.JPGそんなこだわりの道産牛がいただける和牛いしざき
店内はすべて個室
いろいろなタイプの部屋がありました

これはじっくり楽しめそう~^^





20131106-08.JPG   20131106-07.JPG
まずはメニューを拝見  あ!肉の部位がイラストで説明されていてわかりやすい^^


20131106-12.JPGお通しは日替わりで3品盛り合わせで700円
これだけで飲めそう・・・(笑)

ちなみにお酒はワイン(約60種3000円~)に
日本酒、焼酎等々・・・一通り揃っておりました

どれも美味しそうなものばかり^^;

20131106-13.JPG    20131106-14.JPG







20131106-09.JPG   20131106-10.JPG
20131106-11.JPG早速、和牛いしざきさんの看板メニューでもある
レアステーキが登場!

ひゃぁぁぁぁぁぁ!!なんと美しいお肉っ><
まるで作り物のようですが、もちろんホンモノ

ウズラの卵が入った、このタレをつけていただくのですが
口の中に入れた瞬間に、融けます・・・
こんな食感、中々味わえません

早速2枚目突入~~  くぅぅ
タレに薬味を好みで入れるのですが、
そうすると、さっきとは違う味わいで楽しめるのです


聞いたところによると、こればかり7皿ぐらいオーダーして味わうお客様がいらっしゃるそうなんですが、
分かる気がします・・・

味を変えて食べたら間違いなく、飽きることは無いと思われます
恐ろしい世界です・・・^^;



そしてそして、こちらも看板メニューの焼しゃぶ(サーロイン)
こちらはお店の方が丁寧に焼き上げてくれます


20131106-15.JPG    20131106-16.JPG
20131106-17.JPG    20131106-18.JPG
20131106-19.JPG    20131106-20.JPG

20131106-21.JPGしゃぶしゃぶの肉なので
あっという間に完成!
ポン酢ダレ・しょうゆ・フランス&モンゴルのブレンド塩など
お好きな味付けでいただきます

うわぁぁ
レアステーキも良かったけど、こっちもスゴイ!
野菜のシャキシャキ感がいいアクセントになってます^^



20131106-22.JPG  20131106-23.JPG
かなりえぞ但馬牛にやられていたところに、さらにスゴイモノがやってきました
トロタン!!
希少な牛の希少なタンのさらに希少な部分
ちなみに1切れ1000円!!  だけど、食べて納得の価値
タン好きなら間違いなく、瞬殺な感じです^^;




さて、こちらは何だと思いますか??
20131106-24.JPG   20131106-25.JPG
20131106-26.JPG   20131106-27.JPG
なんと、ハンバーグ!! メニューを見て、真っ先に気になったのが
【包み焼きハンバーグ】でした ちなみにお値段800円
和牛いしざきさんに、そんなメニューがあるんだと、ちょっとビックリしたのです

火を入れるとパンパンに脹れあがり、それを破くと中には見るからにジューシーそうなハンバーグ!!
デミグラスソースをたっぷりかけて、いただきます^^

サスガです・・・ 今まで食べたハンバーグとは明らかに違います><



20131106-28.JPG
そしてそして、さらに驚いたのが牛丼!!お値段は900円
ぎゅ~~~っと味が染みこんだ牛肉と白滝
これはホントに驚きです


と、なんとなくコースの印象が強かった和牛いしざきさんですが、
こんな素敵な単品料理もイロイロ充実していたことを知りました

店長さんも、単品でも気軽に来て下さってOKですよ!って言ってました
なるほど、ちょっと遅い時間とかそんな使い方で利用できるんですね~
良いこと知れました!!

pageTop