札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『江丹別』タグの付いた投稿

今、一番アツい北海道の町・江丹別!!

先日、久しぶりに遠出をしてきました^^

向かった先は、“江丹別”

江丹別の青いチーズのFBで、江丹別に素晴らしいレストランができたと、ブルーチーズドリーマーの伊勢君がアツく語っていたので、気になっていたのです。

01a93af0f42bdfe82cbe1fdee68898d96cf8c16ad7

お店の名前は、Chirai-チライー

8月11日(日)に、グランドオープンしたばかりの出来立てホヤホヤのレストランカフェ!

と、ディナーで行くなら当然、飲みたい

宿泊地はどうしよう・・・

そうだ!キャンプにしよう!!と、グーグルマップで見つけたのが、江丹別若者の郷グリーンパーク

01a1b3aeb0c84895e1527e8a3c3ef758dc580612cd

なんとキャンプ場は無料で利用できるうえに、ものすごく美しい!!

ギリギリで問い合わせたので、さすがに空いていなかったけど、コテージもあるんです^^

これは素晴らしいキャンプ地を見つけた~~と、友人一同、大盛り上がり♪♪

ただし近隣にコンビニやスーパーなどはないので、鷹栖で購入してから向かうことをオススメします

01a3b1d3fe45696778f771942e12039312e4d5dba8011fda2039d2c5c21f6acb96f5b56f96992bd59ac2

レストランまでは、ゆっくり目に歩いて15分ほど

下りなので、子どもでも楽々

蕎麦畑などの美しい風景に癒されながらなので、あっという間でした^^

0135ba3ed06d6e153f8c73201f7abdc9500175d2e7

 

017d2aeb7cb44207c8a68335767507cba28c808a0f 01985d2fa94a3db779c3389566a8cc235cf8c0b429

ちょうどイイ感じでお腹も空いてきて、期待度はMAXに!

013e79bd613789067df4e703b8de79ed5b121bcddd

店内は、一枚板の白樺のカウンターと、4人掛けのテーブル席が3つ

窓側はベンチシートになっています

子どもを入れて8名で行ったので、2つのテーブル席をくっつけた状態でのテーブルセッティングでした^^

P1450020P1450015

カトラリー置きも白樺♪

テーブルの上の照明もステキでした^^

 

レストランにはもちろん初めて行ったのですが、ブルーチーズドリーマーの伊勢くんを介して、事前にメールでやり取りをし、かしこまったコースではなく、“のん兵衛仕様”のコースにしていただきました(笑)

P1450022

最初に運ばれてきた、サーモンとタコのカルパッチョ

どちらもぶつ切り状態でものすごく食べ応えがあって、さらに下に隠れていたマッシュポテトもちゃんと美味しくて、まさに“のん兵衛仕様”な前菜に、すっかりご満悦^0^

そして自家製シャルキュトリーの盛り合わせで、イチコロ状態・・・

P1450029

こちらもお皿が、立派な白樺です!

P1450028

この日は、伊勢ファーム乳のみ豚の自家製ハムもあり、そのほか鴨や牛タンなどなど、一つ一つが全部オイシイ!!

正直、江丹別でココまでのシャルキュトリーを出すなんて!!と、かなり驚きました

P1450033

こちらはトリッパの煮込み

さすがはのん兵衛仕様(笑)

P1450039

焼いている時から甘い匂いに誘われまくっていた、スペアリブ

P1450042

そして魚介のトマトソースパスタ

P1450035

ちなみに子どもたちには、こちらのカルボナーラを用意してもらったのですが、これがまた飲まさる系で、ついつまんでしまいました(笑)

P1450044

せっかくだから、江丹別の青いチーズも食べたい!と言ったら、スライスして出していただきました^^

食べてビックリ!

ものすごくミルキー!!

江丹別の青いチーズは何度も食べておりますが、ココまでミルキーなのは初めてかも!

何でもこの時期だけの味わいだそうで、そんな江丹別の青いチーズに地元で出会えたことに感動~~

 

ちなみにワインは白3本・赤1本を6人で完飲

まだまだ飲めるメンバーですが、キャンプ場に戻ってからも飲む気満々だったので、今回はこの辺で(笑)

失礼ながらワインもそこまで期待はしていなかったのですが、ビックリするほどお安いのに、ちゃんと美味しいワインばかりで大満足!

 

P1450048

そして驚いたのが、江丹別の青いチーズを使用しているチーズケーキ

そのままチーズを食べるより、ブルーチーズを感じることのできる、チーズ好きにはたまらない大人スイーツ!!

これは、お土産で販売したら絶対売れると思う!と、一同アツく推す(笑)

P1450050

こちら、オーナーシェフの嵯城さんと、ブルーチーズドリーマーの伊勢君

ちなみに嵯城さんんは、旭川のホテルの結婚式の料理を担当していたそうです

その時から腕のいい料理人がいると評判で、ブルーチーズドリーマーの伊勢君の熱意もあり、江丹別にレストランを作ることになったそうです!

 

そのブルーチーズドリーマーの伊勢君は、仕事が終わってから顔を出してくれました^^

伊勢ファームに初めて訪れたのが、6年前

その前にランスさんで、こんなイベントにも参加していました

 

その時から、若いのにというか、若いからこそ、アツい思いを持った青年だなぁと思っていましたが、最近は若いからだけではない、さらなる情熱を感じるようになりました。

その思いが、今回(失礼ながら)何もない江丹別に、こんな素晴らしいレストランをオープンさせるまでになったのだと、改めて思いました。

0198c558e52e6429bc9c781aecdfae3426eea18dc4

そんな彼が今年出版した本

ここ数年、年に何度か会う機会があり、その際にも話を聞いてはいたのですが、改めて読むと、年下なのに尊敬する事ばかり

ポジティブシンキングという言葉だけではない、マイナスをプラスに変える行動力、今回同席した息子にも感じて欲しいなって、素直に思いました^^

 

ちなみにキャンプ場までの帰路は、嵯城さんにピストン輸送していただきました^0^;
(なにせ、タクシーが走っていないもので^^;)

“それくらいのことは地域をあげておもてなししますよ!” と伊勢君

今、彼が取り組んでいる“熱中小学校江丹別分校”も含めて、これからの江丹別から、目が離せません!!

 

 

翌日は、伊勢ファームの敷地内にあるカウ&カーフにも立ち寄り、久しぶりにソフトクリームも味わいました^^

01ee5f877d1bfb1fd1b335ef9db6ad1a3b094be105  01682aede3c921af36710248a576d476ae5ed60fb7

↑最近、中田翔キャップをかぶって色々な場所で写真を撮ることにハマっております(笑)

と、子どもたちは砂利で何やら怪しい行動を・・・

昨夜レストランで、伊勢君がチーズと江丹別の話しと同じくらいアツく語ったUFO&宇宙人話にすっかり魅了されてしまったようで、しばらくUFOのトリコになっていました(笑)

子どものハートもわしづかみにする伊勢君、やっぱりすごいわ(笑)

 

 

江丹別の青いチーズの真髄を知った日

春を感じないまま、夏到来な北海道・・・暑いのはウレシイのですが、身体は付いていくのが大変です^^;
と、昨日は最高気温予報が30度だった旭川・江丹別へ行ってきました



青空の下に優雅に寝そべる牛たち^^
今回の目的地はこちら、伊勢ファームさんです!!

以前にもこちらこちらのブログで紹介済みですが、今や全国区となりました、
江丹別の青いチーズを知る研修ツアーに参加しました^^


旭川鷹栖インターを降りて夜はさぞかし真っ暗になりそうな森の中の道を
(確か)30分くらい走らせたところにあります

  
と、まずは牛舎を拝見させていただきます
正直、美しいものではないですし、先日小林牧場を見学したことのある私からしてみると、
なんと質素&簡素な造り・・・と、ある意味驚きました

聞くところによると、美味しいチーズを作る為の牛乳は、
絞ったままの冷めていないミルクで作るのが理想なので、
搾ったミルクをパイプを通して集めてしまうと、
どうしても冷めてしまったり組織が壊れてしまうようなんです

なので、バケツにたまったミルクを手作業で運んでいるんだとか・・・
なんと、原始的っ!!!

ちなみに2階に干し草が置けるようになっているのですが、
時々重みで床が抜けそうになるんだとか・・・^^;




   20130610-08.JPG
牛舎には2頭だけ子牛がいました
離乳したばかりで青草を食べると下痢になるので、
ここでまず干し草を食べさせてならしてから放牧するんだそうです


20130610-09.JPG
と、放牧している牛さんたちに近づいてもいいとのことで、一同揃って、近づいてきます
え~?!こんな団体で驚いて暴れたりしないかなぁ・・・

20130610-10.JPG   20130610-11.JPG
すごい!一頭たりとも同じません。とにかく安心しきっているのが分かります
もちろん、大きな音を立てたりして驚かせてしまった時はビックリすることも有るそうですが、
基本はおとなしくて人懐っこい性格なんだそうです^^
なので、牛の角もそのまま

本来はこの角で体温調整もしているのでそのままにしておくのが一番なんだとか

20130610-12.JPG
それにしても美しい!!今までたくさんの牛を見て来たけど、こんなに美しいと思ったのは初めて!!

20130610-13.JPG
牛だけど美人という言葉がピッタリ
ストレスがないのがよく分かります
イコール、美味しいミルクが搾れるのも分かりました

伊勢ファームは完全無農薬で抗生物質等も使用していない牧草を与えているのですが、
それ以外の牧草は全然口にしてくれないんだとか・・・
牛たちもやっぱり、分かっているんですね


20130610-14.JPG  20130610-15.JPG
いやはや、ホントに人懐っこい^^

20130610-16.JPG  20130610-17.JPG
伊勢君の一番のお気に入りのジローちゃん、二人(?)ともいい顔してます^^


20130610-18.JPG   20130610-19.JPG
夏は30℃越えの日々が続く江丹別
さすがに牛たちも直射日光の下だとばててしまうので、自らこの木陰に移動して涼むそうです
この日もかなり暑かったけど、この中に来たとたん2度くらい温度が違うのが分かりましたよ!


ちなみに現在20頭ほどですが、放牧は1頭当たりの理想のスペースがあるので、
現在は余裕のある状況なのですが、急速に増やす予定はないそうです

伊勢ファームの牛の種類はジャージー、ホルスタイン、ブラウン・スイス
チーズ作りにはブラウン・スイスが向いているので、今後は少し増やしたいと言ってました^^

20130610-20.JPG   20130610-21.JPG
伊勢ファームの牛乳はどこにも卸していないので、飲むことができないので
ソフトクリームで味わいます!


20130610-22.JPG   20130610-23.JPG
ジャンボサイズ(300円)からミニサイズ(150円)まであるのがウレシイ^^
で、食べてみての感想は、濃厚なのにサッパリしている!
この味わいは、他では中々感じたことのない感覚!! 牛乳の個性がよく出ているのが分かりました^0^



20130610-24.JPG
チーズ工房はかなり狭いので、5,6人のグループに分かれて見学
そこで伊勢君のチーズ作りの想いを聞きました
(4回も同じこと言わせてすみません^^;)

20130610-25.JPG
これは成型したばかりのチーズなので、まだアオカビは発生していません
チーズはかなりぼこぼこと穴が空いておりますが、ここにアオカビが発生するのです

20130610-26.JPG
こちら、熟成中のチーズ  熟成は約2ヶ月かけて行います
チーズは原料の状態で完成度も大きく変わるので、
季節や牛の体調によって味の変わるミルクと毎日向き合って、チーズ作りに取り組んでいます

その話しは他の工房でも聞いたことはありましたが、改めてチーズ作りの奥深さを実感・・・

今でも十分オイシイ江丹別の青いチーズ
伊勢君の中ではこれからもっと熟成をかけたりして、進化させていきたいそうです
目が離せません!!


20130610-27.JPG  20130610-28.JPG
牛舎同様、簡素な工房
良い原料と情熱があれば、これだけの道具でも、オイシイチーズが作れちゃうんですね



20130610-29.JPGさて、チーズ工房見学の後は
楽しみにしていたBBQタイム!!

BBQに相応しいピーカンの中、
今回のツアーの主催者bar.nanoさん特製
モヒートで乾杯!!

この状況なので、味は勘弁して下さいと言ってましたが、
とんでもない!特別オイシかったですっ!!

20130610-30.JPG   20130610-31.JPG
もう一人の主催者、オイスター&ワインバー ランスさんが仕込んでくれた肉やサラダ!!
なんという贅沢><
20130610-32.JPG   20130610-33.JPG


20130610-34.JPGさらに贅沢の極みがこちら!!!!
江丹別の青いチーズをそのまま網に乗せ、
融けたところを肉や野菜にかけて
いただきましたっ><

チャンチャン焼きもあったのですが、
とにかく何にかけても反則技なほど
美味しかった・・・

究極の食べ方を知ってしまいました^^;



20130610-35.JPG
nanoの富田さん、ランスの吉島さん、そして伊勢君、素晴らしいツアーをありがとうです^^




おまけ

20130610-36.JPG    20130610-37.JPG
とにかく暑くてアイスクリーム日和だったこの日、伊勢ファーム到着前から砂川SAでジェラードを食べ、
伊勢ファームでソフトクリームを食べ、そして友人は最後にミルクジャム入りのアイスモナカも購入
私はさすがにモナカまでたどり着けなかった・・・^^;




20130610-38.JPG    20130610-39.JPG
伊勢ファームのもう一つの見所!重機マニアにはたまらないコレクション
今度は息子も連れてきてあげよう(笑)

道産ワインと道産チーズの底ヂカラ

先日、またまた北海道の底ヂカラを実感できたイベントに参加


20120309-09.jpg
以前にも紹介したことがある、江丹別・伊勢ファームの青いチーズ(ブルーチーズ)

  
ランスさんで、生産者の伊勢君のお話を聞きながらの試食会

伊勢君のお話を改めて聞いて、この江丹別の青いチーズへの想いがいかに深いかという事を再認識

ここにそれを全部説明するとかなり長くなりそうなので、
ぜひ、FaceBookページをご覧ください!


20120309-12.jpgこちらは一般小売りはしていない白いチーズ
今回、お土産にいただきました

将来的には青いチーズに特化していくつもりなので
このチーズも味わえなくなるかも・・・







そしてもう一つはワインショップフジヰさんで行われた
ドメーヌ・タカヒコ山崎ワイナリーTAKIZAWA WINEの試飲会♪

今回は生産者のお3方も来店し、
自らワインを注いで下さいました


  
先日発売されたロゼはすでに完売という、タカヒコさんのワイン
これから発売になる、ケルナーやピノ・ノワール、パストゥグランも試飲

どれもポテンシャルが高くで本当に驚きました
ケルナーは香りも高くて果実味もしっかり!
ピノは道産でも、ここまで出来るんだ…と、素直に感動



山崎さんと滝沢さんのワインは
バレルサンプル(瓶詰前のタンクや樽から抜き取ったワイン)
を試飲

まだ完成品ではないので、これから味が変わるのですが、
この段階でしっかりした酸味などを感じられるという事は
これから先が確実に期待できます!!

ちなみに山崎さんはケルナーとツヴァイゲルトレーベ
滝沢さんはソービニョンブラン

ツヴァイがガメイっぽい雰囲気が出ていて
今までのツヴァイとは一味変わった味わい
う~ん、いろいろ進化しているのですね




チーズもワインも本当に、年々美味しくなっているのを実感します
これからの北海道がものすごく楽しみだし、この事実をたくさんの人に知って欲しいと思います




  
そうそう、今回ワイン以外にも面白いものを発見!
左はすでに製品化されている、ピノのジャム
ジャムというよりソース的な感じで、ヨーグルトにかけて食べたいジャム

そして右はワイン造りで使用した葡萄の搾りかすを煮詰めたジャム
これがものすごく濃厚で、酸味のあるチョコレートのような味わい!
まだ製品化はされていないようなのですが、現在製品化中とのこと^^
楽しみです!!

pageTop