札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『澄川』タグの付いた投稿

12月12日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~澄川麦酒醸造所/ビアパブ・ひらら

12月12日(水)の北海道新聞夕刊【ほっと一息】で紹介したのは、澄川麦酒醸造所/ビアパブ・ひらら

P1320815

地下鉄澄川駅からは徒歩3分くらいですが、住宅街の、しかも道路から奥まった建物にあるので、かなり目立ちません!

実は以前、まだ“ばぁる ひらら”だったころにこちらでも紹介しているのですが、2年前にこちらの物件を借りることになりました。

というのも、ビール好きが高じて、どうしても自分で作ってみたくなり、なんと醸造免許を取ってしまったのです!!

P1320811

こうしてみると、最近流行りのビアパブのようですが、実はこの壁の向こうでビールを醸造しているんです!!

P1310623

醸造する日を事前に伺いまして、ビール造りを見学させてもらいました!

あれ?思ったより普通の厨房・・・ラーメン屋さんみたい?

P1320739

『ラーメン屋という表現は間違っていないですよ、この寸胴もガスコンロもまさにラーメン店で使用しているものですから』と、オーナーブルワーの齋藤 泰洋氏

P1320700

 

P1320703

ちなみに麦芽を麦汁にする作業中でした

暫くの間、かくはんしなくてはいけないそうです。

P1320728P1320729

麦芽(ドイツ産)は冷蔵庫で保管されていました。色が濃いのはローストしてある麦芽

P1320733

少しつまませてもらいましたが、これがまた、美味しいのです!ビールのアテになると思う(笑)

 

さて、しばらくかくはんして麦汁が出来上がりました

P1320713 P1320725 P1320726

最初はかなり濁っています

ココで漬物をつけるときに使う落し蓋が登場!

なんと、これでろ過してます!!

「お金がないから、いかにお金をかけず、そして身近にあるものをどう使うかがポイントなんですよ」

いやぁ、、、感心しきり

 

P1320755 P1320736

ろ過した後、ビールの“苦み”の元、ホップを投入します

アメリカ・ドイツ・イギリス・チェコなどのホップを組み合わせているそうです

P1320762P1320764

だんだんビールらしくなってきました^^

この辺りで、ガサガサとビニール袋を出し始める齋藤さん

P1320765 P1320708

「ビールは漬物袋に入れて、この冷蔵庫で発酵させるんですよ」

え?また、漬物用品??

しかも、このホームセンターに売っていそうな置き型冷蔵庫が醸造タンクになるんですか???

P1320767P1320770P1320771

頭の中がクエスチョンマークだらけになり始めたころ、酵母を漬物袋の中に投入。ここで雑菌が入ってしまうと酵母が死んでしまうこともあるので、特に慎重に行っていました

 

その後、もう1種類の香りの高いホップを投入し、今回はゆずの皮と果汁も投入

P1320774 P1320776

P1320778P1320780

いやぁ、香りだけで癒されます~~

このぐつぐつ煮立った100℃近い液体を、少し冷ましてから漬物袋に入れるわけですが、手作りのホースがまた、すごかった!

P1320783

P1320743P1320779

ホースの中にはエアコンなどに使用されている銅管が入っていて、ここにビールを流し、ホースに流すわけです

P1320785P1320781

水はビールの熱を取ってお湯になるわけですが、これを洗いものに使用するという、無駄のない設計!!

P1320787 P1320789

ちなみにこの鉄板は寸胴の底に敷いているものですが、もちろん手作りです~

P1320791

こうして発酵タンクならぬ、漬物袋をセットした冷蔵庫にビールを入れていきます

P1320795  P1320796

齋藤さん曰く、この揉みこみも大事な作業なんだとか。。

しかし、どう見てもビールの仕込みに見えません(笑)

P1320748 P1320746

ちなみに冷蔵庫の中には、冷たくなり過ぎないようヒーターが付いています

これが、“亀ヒーター”とのこと!

液体にも強いし、よくぞ思いついたものです!!

こうして醸造タンクならぬ漬物袋+冷蔵庫にビールを貯蔵し、出来上がったものは銅管に医療用ポンプを繋げてくみ上げ、樽へ

業務用冷蔵庫に穴をあけ、壁の向こう側のタップにつながっているわけです^^

P1320742

実はこちらの設備、お手本になった醸造所があるのだそうです

島根にある石見麦酒

齋藤さんが師匠と慕っている石見麦酒の山口夫妻に出会い、これなら自分でもビールが造れるかも!と、想ったそうです^^

 

P1320714

2017年4月に醸造を始めて、11月30日の時点でNo,76 にまでなった澄川麦酒

大きな失敗は特になく、少量だからこそ様々な味わいにチャレンジしているそうで、本当に楽しんで取り組んでいるんだなと思いました^^

P1320804

ちなみにこちらは、専用グラス(450ml)

販売もしていますよ!

P1310631

個人的にはSサイズを一度にオーダーして、飲み比べるのがオススメ♪

これだと味の違いがよくわかるし、自分の好みの味が明確になります!

P1310626

ちなみに料理メニューは日替わりで、サクッとつまめるものから、お腹を満たしてくれるものまで揃っているので、いろんな使い方ができます^^(最後の1時間はビールだけの提供となります)

 

P1310634

女性一人でも気軽に入れるところもイイ感じ♪(深海晶になった気分で飲めます・笑)

 

P1320753

とりあえず試してみたい!という方にお勧めな、ハッピーアワーや、月一お客様感謝デーなんかもやってます^^

個人的には、中心部にサテライト店ができてくれることを期待しています!

 

 

佐藤洋菓子店のスイーツが、札幌競馬のUMAJO SPOTに登場します♪

気が付けば来週はお盆なんですね・・・

あまりにも夏が過ぎ去っていくのが早い気が・・・(汗)

そして札幌競馬も3週目のど真ん中!

この週末(8月11・12日)、UMAJO SPOTで限定販売されるのは、札幌市南区澄川の住宅街にあります【佐藤洋菓子店

P1270568

お子様が描いたイラストが目印、一つ一つ丁寧に焼き上げるクッキーで人気の佐藤洋菓子店が、UMAJOの為に特別に焼き上げてくれた、アイシングクッキー(400円)は80枚限定!
(さすがの可愛さ♪)

他、人気のバウムクーヘン(300円)や、さっとんべーる(200円)、マドレーヌ(200円)、リーフパイ(200円)など、すべて数量限定での販売なので、気になった方はお早めに♪

※UMAJO SPOTは、女性限定のエリアです

 

P1270584

実はワタシ、佐藤洋菓子店さんの存在は催事出店で知ったものですから、実店舗に行ったことがなかったのです^^;

まさに住宅街、知る人ぞ知るといった雰囲気

P1270570

店内もお世辞にも広いとは言えないスペース

P1270580

でも、気になるキュートなお菓子が色々揃っていました^^

P1270573

レモンチョコ味の黄柳ピエール・イチゴチョコ味の桃柳さん、ホワイトチョコレート味の白柳さん、キャラメル味の茶柳ブラウンJr.

ネーミングがすでに、気になり過ぎる(笑)

P1270578

コチラは店頭で販売していてた、アイシングクッキー

P1270579

 

気になったものをいくつか購入し、早速実食!

P1270590

夏のオススメ、レモンタルト

爽やかで優しい甘さ♪湿度の高い今日の気候にピッタリ!

じっくり味わう間もなく、あっという間に食べてしまった^0^;

 

P1270592

リーフパイとサブレ

コチラもペロリと。。。

この食べ進む感、余計なものを使っていないのが分かります!

 

この場所で11年続けていることは、たくさんの方に愛されているんだなぁと感じました^^

P1270585P1270587

それにしてもお嬢様の書いたイラスト、キュートすぎます^^

 

澄川までは行けないという方、11日(土)・12日(日)は札幌競馬場で、競馬を楽しんで佐藤洋菓子店のスイーツをGETしちゃってください^0^

 

 

4月26 日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~カフェ&スタジオ sun place(サン プレイス)

4月26日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、澄川駅から徒歩3分ほど、西岡方面に向かう坂のカーブ沿いに建つビルの1階奥にある、【カフェ&スタジオ sun place

P1070042  P1070044

1段下がったところの奥なので、近くまで行かないとお店の存在に気が付かないかも。。

(手前は不動産会社のエイブル)

P1070046

店内はすべてソファ席で、窓側の座席は一人掛け、奥にはカップルシートなど、その時のシーンに合わせられるようになっています。

P1070047

グリーンも多く、まさに“ホッ”としたい時に、ふらりと立ち寄りたい雰囲気です^-^

P1070055 P1070053

P1070054

 

15:00まではランチタイムということで、パスタや石焼きおじやなどが味わえるのですが・・・

P1070058

一番人気の“名物!!石焼ナポリタン”が、なんとワインコイン(500円)なんです!

P1070069

P1070079

アッツアツで甘く香ばしい、食欲をそそる香りが漂います^0^

ナポリタン、一時は全く食べなかったのに、このところスキ度が増している気がします!

一口食べたら止まらなくなる味だ~~~^0^;

それにしても500円とは思えない食べ応えです!

P1070097

+250円で、サラダとスープそしてドリンクを付けることも可能です^^

ちなみに普通のナポリタンは480円なんですよ^0^

 

P1070086

こちらはお店のオススメ、“石焼きおじや” サラダ・スープ・ドリンク付きで850円

味は2種類ありまして、今回はクリームチーズ明太

P1070090

1回目はスタッフさんが手早くかき混ぜてくれまして、まずはここで一口

軽く焼けた明太子とクリームチーズ・・・美味しいに決まってます!!

少し食べた後、セットのスープを入れまして、またまたかき混ぜます

P1070093 P1070095

グツグツグツ♪

見るからに美味しそうです^0^

色んない味を食べたい女子としては“味変”はものすごくポイント高いです!!

 

そしてもう一つ、地名の“澄川”が付いている、“澄川ミートカルボ” (セットで900円)

P1070104

クリームソ-スがすごい勢いでグツグツしてます!!

P1070105 P1070108

とミートソースとクリームソース、そして卵黄がいい具合に混ざったところでパクリ!

見た目より優しい味わいで、小学生くらいのお子様にも喜ばれそう^^

と、3つを1人で完食したわけではないのですが、3つとも味見させていただいちゃいました^0^

 

ランチタイムのメニューも安すぎると思うほどの満足感だったのですが、実はケーキセットがさらにお得すぎて驚きます!

P1070115

手作りのケーキは、江別にある町村農場の乳製品を使用しておりまして、かなり濃厚なんです~~^0^

P1070117  P1070120

そのケーキに、徳光珈琲にブレンドしてもらっているサンプレイスオリジナルブレンドのコーヒー(しかも量多め!)がついて、またまたワンコイン(500円)!!

間違いなく値付け間違ってると思います!!って、ホンキで言っちゃいましたよ^0^;

P1070125  P1070118

ケーキは日替わりですが、フロマージュはあったら絶対、オーダーした方がイイ1皿です♪

ちなみにコーヒーだけだと300円。Lサイズ(1.5倍)でも400円なんですよ!

ゆっくり読書やたっぷり女子トークしたい時にピッタリかも^-^

 

と、同じビルの2階と3階にはレンタルスペースがありまして、コチラで茶話会なんかも可能なんだそうです。

P1070060

P1070063 P1070066

それぞれ雰囲気が違います

P1070057

 

そして現在はラストオーダーが18:00となっておりますが、夏前には夜カフェの営業も予定しているそうですよ!

澄川駅周辺には飲み屋さんは多いけど、ノンアルコールでゆっくりできるお店が少ないので、アルコールを出さずにコーヒーやハーブティを飲みつつ、ゆっくりできる空間を提供したいという思いがあるそうです^^

P1070056

澄川の東側を盛り上げようと、こんなマップも配布中なので、お店に行ったらチェックしてみて下さいね^^

 

 

やっぱり澄川はレベルが高い!! 食べ呑み処こうせつ~ちゃんとダイニングひろ

IMG_3709

先日、久し振りに澄川ハシゴ酒

1軒目は何度かお邪魔している、【食べ呑み処 こうせつ】へ

 

 

 

 

 

 

P1630350 P1630354

いろいろちょこちょこカワイくて癒される^^

P1630349

こうせつでは、ワタシはいつも日本酒なので気が付かなかったけど、ハイボールもカワイイ^^

 

 

 

 

 

 

 

P1630356 P1630357

本州からのお客様もいたので、刺し身をお任せでオーダー。どれも見るからにオイシソウ。。あ!ホタルイカ!^0^

そして、ちょっと甘めの醤油が燗酒にも合うんですよね^^

P1630360 P1630364

最近、こうせつで人気の餃子もオーダー。皮が薄めでジューシー♪ これも飲まさる1皿。のん兵衛が集まる店なだけあります。(枝豆もそうなんです^^)

 

P1630367どれも美味しいのは知っているので、ホントは黒板に記載されていた料理をあれもこれも食べたかったのですが、(特に隣りの方がオーダーした、ジャンボしいたけ肉詰め天ぷらを見た瞬間、かなり心が揺らぐ。。。)今回はハシゴと言うことで、ココでストップ

 

 

それにしても、平日のしかも悪天候だったこの日も満席でございました。

6月には斜め向かいにオープンする、路地裏の別邸 寿山も楽しみです!!

 

2軒目に行ったのは、ちゃんとダイニングひろ

大丸札幌店の催事でザンギを食べてから、ずっと気になっていてたのですが、ようやく行けました!

P1630395 P1630371

と、ザンギのイメージからは想像つかなかった落ち着きのある店内!カウンター他、掘りごたつの小上がりがあります。

P1630372 P1630375

店主が利き酒師とのことで、壁に貼られた日本酒の種類も豊富!ちなみにこちらは店主おまかせ利き酒セット。ステキなナインナップです^^

 

P1630377 P1630378

といいつつ、ワタシは燗酒をオーダー。燗酒のお酒もステキ♪ そしてそして、お通しが呑兵衛の心をくすぐる3点盛り!!

これだけで2合は飲める!

P1630380 P1630382

玉手箱サラダにレンコンチップス。おつまみ系も300円くらいからあるので、チョイ飲みにもイイ感じ^^

P1630389 P1630390

ボタンエビのから揚げは、新鮮なものを揚げている感が伝わってきます!!

やっぱりザンギは外せない!ということで、塩ザンギとお店でしか味わえないスパイシーザンギもオーダー。脂っこくないから、2軒目でも軽~く食べられちゃうんです^^

 

P1630392酒が美味しいと料理も進む

そして料理が美味しいと酒も進む・・・

澄川エリア、そんなお店が多い気がします!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10/23の北海道新聞・夕刊 こたえて!リクエストは「地下鉄南北線沿線のバル」

    
一軒目は麻生駅から徒歩1分、バス停の目の前にある麻生バルuno
今年の6月にオープンしたお店
入ってすぐの立ち飲みスペースはノーチャージ、
カウンターとテーブル席は@300円

席があるなら座る方が多いかと思いきや、
意外にも立ち飲みスペースが一杯になることも有るそうです
バスが来るのを待って、ギリギリで飲んでいく人もいるそう(笑)



    
フードはタパスが305円~で
写真のキャベツと自家製パンチェッタの蒸し焼きは725円
南瓜とクリームチーズのサラダは410円
道産チーズも有りました^^

そしてワインは毎日約10種類のグラスワインがあり、
お値段は410円~
ボトルは3150円~、世界各国のリーズナブルで
美味しいワインを取り揃えているそうです^^






   
2軒目は北24条駅から徒歩2分くらいのところにあります、
北二十四条バル La Pace
11月で1周年を迎えるお店です
こちらのお店は手前にテーブル席、奥が8席のカウンターで
チャージは350円。2,3品のお通しが付くので
それだけでも1杯飲めちゃう感じです




20131024-12.JPG   20131024-13.JPG
カウンターに座ると、本日の前菜が並んでおります。どれも酒が進みそうです(笑)
おつまみは450円~

   
ちなみにワインはもちろんですが、日本酒や焼酎も並んでいます
しかも日本酒は道内13蔵すべて網羅。焼酎もすべて北海道産!
グラスワインは500~800円、ボトル2400円~10500円
日本酒は450円~700円とのこと

他にもグラッパやサングリア、梅酒などなど、酒飲みに嬉しいラインナップでしたよ



基本、その日入荷した北海道の旬のものを使った料理を日替わりで用意しているようです
 
こちらは小泉農場産黒豚の自家製サルシッチャ1100円
200グラムもあるのでシェアして食べるのがイイかもです^^





20131024-14.JPG   20131024-15.JPG
3軒目はこちらでも紹介済みの立喰酒場Choi澄川店

澄川駅からダッシュで30秒の立地です(笑)
16時から無休やっているところもステキです!
ノーチャージってところもイイ感じです!!




それにしてもバルという言葉がすっかり定着しましたね
サクッと気軽に飲める場所が増えることは良いことです^-^

pageTop