札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『焼鳥』タグの付いた投稿

器も楽しめる、カウンターだけのオトナの焼き鳥屋~焼鳥そると

焼き鳥が嫌いな人は、あまりいないのではないかと思う

小さなお子様からおじいちゃん、おばあちゃんまで、三世代で楽しめる食べ物だとも思う

でも、先日行った【焼鳥そると】は、違いの分かる美味しいモノ好きな人と、じっくり楽しみたい焼き鳥店でした!

01539ea07a8109f27b78eb11b97c3c616bf2cb61a6 P1610417

場所は中)南1西13

お隣には天ぷら たけうちがあったり、向かいには八仙があったりと、イイ感じの飲食店が集まる場所です^^
(というかその昔、八仙だった場所です!)

ちょくちょく通る場所なのですが、いつの間にこんな素敵な構えのお店が??

店内はL型のカウンターのみで、予約必須!

P1610393

最近のとりあえずは、芋ソーダ

撮影する前に、我慢しきれずゴクリ

ちなみに芋焼酎だけで4種、他に麦とダバダ火振も!!

お通しの鶏ささみのキムチが好きすぎて、さっそく飲まさる

P1610394

水茄子ときゅうりのヌカ漬け

漬かり具合が絶妙で、また飲まさる=お替り

P1610396

鶏わさの上にタップリかかったすり立ての山わさびで、また飲まさる

P1610401

ヤングコーンの塩の結晶が美しく、それがとてもいい塩梅に付き、飲まさる

P1610399P1610397

だだちゃ豆が美味しいのはもちろんなのですが、殻入れの器までステキ過ぎてテンションが上がり、また飲まさる=お替り

 

でもって串のメニューに、べらとかおびとか気になる名称が並んでいて、それだけで飲まさります(≧▽≦)

P1610405

砂肝

P1610407

背ぎも

P1610409

レバー

P1610411

だきみ

P1610416

心残り

で、画像と品名、たぶんあっていると思いますが、どれも口にするたび“う~っ”って目をつむって唸ってしまいました^0^;

P1610414

こちらは長芋!

ほっこりサクサク、自然な甘み

まるで〆のデザートのようでした^^

一つ一つお皿も違って、それもお料理の演出となって楽しめて大満足!!

この日は道産子には酷な湿度の高い夜だったので、結局焼酎ソーダ割りばかり飲んでいましたが、日本酒やワインもイイ感じの品揃えでしたよ!

 

本当はキーマカレーとか蕎麦とか雑炊とか、〆飯も行きたかったのですが、そこまでの胃袋が用意されておらず・・・

今回は断念したので、また行かなくちゃ!!

 

 

やぱっり焼鳥にはビール!~三船&澄川麦酒蒸留所

P1580141

先日の晩ご飯、三船の焼鳥と澄川麦酒蒸留所~ビアパブ・ひららのビール♪

 

01b27f2d705a568bf4e5330d18943538cd57a1c77dP1580132

澄川麦酒醸造所、最近タップのビールをテイクアウト出来ることになったと聞きつけて、ベルガモットセゾンを購入

そして瓶ビールも^^

 

01094864ea63a84d3ec2df5b1a1231a9f1ee918397

その足で、南平岸にある三船へ、事前に予約しておいたもつ串を受け取りにいきました^^

01967f302dc30d10f9f9ef6196bc808ab98acc32cd 016224dc07c6ecc39f08293afdb446818dd4297d7e

2000円以上の購入で、唐揚げサービスもやってました^^

P1580146

P1580138

もつ串以外も購入したので、数本余してしまったのですが・・・

01626782bbe18ce91929289d496487cae1422d2af1

次の日のお昼に、もつ蕎麦にして堪能しました!!

もつ串も蕎麦も、小4男子も大いに喜んでくれて、楽しい食事となりました^0^

それにしても澄川麦酒醸造所のベルガモットセゾン、香り良すぎ!!

美味しすぎて、あっという間になくなってしまいました(≧▽≦)

 

1月8日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息~焼鳥ひげぼうず

寒中お見舞い申し上げます。

1月がスタートしてすでに1週間以上たっておりますが、改めまして2020年もよろしくお願い致します。

ということで、2020年最初のブログは、1月8日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息に掲載いたしました、【焼鳥ひげぼうず】のご紹介です!

P1510625

名前もさることながら、行燈と暖簾のインパクトがすごい焼鳥屋です!

P1510626 P1510646

イラストはオーナーの村上さんの似顔絵です

うん、間違いない(笑)

P1510631

店内はコの字型のカウンター10席のみ

P1510634

メニューはこんな感じ

P1510636

手前のカウンター前には焼き鳥の入ったショーケースがあるのですが、最初に思ったことは“美しい!!”ということ

P1510638

焼鳥って串打ちが大事な仕事と前に聞いたことがありますが、その仕事をちゃんとしている感がショーケース越しにも伝わってきます!!

P1510639

早速焼いてもらうことにしたので、焼き場に近づいて撮影させていただきました。

P1510650

なんと!炭も美しい!!!

思わず見とれてしまいました・・・

P1510664

当たり前だけど、焼いても美しい

P1510655P1510656

この秘伝のタレらしき壺に串を入れる姿も、美味しさの演出と化しています!!

 

P1510658

持論ではありますが、美しいものは間違いなく美味しいのです

P1510672

P1510683

P1510684

こんなに美しい串打ちが出来て、美味しくて、その上希少部位まで仕入れできるとは、さぞかし業過が長いのかと思いきや、村上さんの前職は銀行員!!(ちなみに34歳)

いつしか焼鳥屋を開業することが目標となり、奥様以外ほぼ全員が反対する中、銀行を辞め、市内の焼鳥店などで修業

昨年の11月に、“焼鳥ひげぼうず”を開店する運びとなったそうです

ひげぼうずのステキなところは、焼き鳥がオイシイだけじゃなく、お通しや一品料理も完璧なこと♪

P1510667

完璧にのん兵衛仕様です!!

P1510677

P1510686

そしてコの字型のカウンター、座ると他のお客様と目線が合わないので、女性がおひとりさまで来ても、心地よく飲食できるような感じがしました^^

P1510641

ドリンクラインナップはこんな感じで、ワインなども揃っています。

個人的に黄金色のまんこいが目に留まりまして眺めていると、“うちのレモンサワーはこの焼酎で作るのですが、キケンなほど美味しくて、開店して3週間くらいですでに3本空になったんです”と、村上さん

P1510675

確かにレモンサワーは流行っているけど、そこまで言うならぜひ!と、味見させていただくことに。。。

あっという間に飲み干してしまいました^0^;

その危険なほど飲まさるレモンサワーの味を、ぜひ一度確かめてみてください^0^

 

ちなみに村上さん、YouTubeもやってるんです~

めちゃくちゃ忙しそうなのに・・・さすがは元銀行マン(笑)

この冬一番のズルイ鍋!!~175°DENO担担麺×いただきコッコちゃん

ハッキリ言いますが、175°DENO担担麺中毒です(笑)

がしかし、ラーメンばかり食べるとアラフィフの身体には危険すぎるものですから、かなり我慢しております。。

そんな時このリリースが目に留まりまして、これはもうワタシのような人のために出来た鍋ではないですかっ!!と、いつ食べに行けるか、ず~っとウズウズしておりましたが、先日念願かなって北8条店へ行ってきました~~^0^

 

P1500200

【旨辛担担鍋~~!!】

P1500193

まず、のん兵衛にとっては小鍋ってところがイイ!

P1500191

鍋と言うより、つまみ感覚で味わえるわけです^^

そして、“シビレ”を別盛で持ってきていただくことによって、自分好みのシビレで楽しめます^^

 

P1500195P1500196

他にも旨辛なおつまみもありまして、これだけでハイボール4杯はイケます(笑)

P1500198

ただ、鍋の後にご飯や麺を追加したくなるので、そこを我慢できるかどうかで、明日以降の体重&体型が変わってきます(笑)

 

あぁ、すでにまた食べたくなってきた・・・><

01429ec1792afddea01e82c04a6f9150f04450ccc8

 

 

 

9月11日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息~炭焼 逢叶(あいと)

9月11日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、今年4月にオープンした、【炭焼 逢叶

aito

雰囲気は小料理屋風

ですが、炭で焼く焼鳥が味わえるお店です^^

広めのカウンター席、そして4名掛けのBOX席

半個室風のテーブル席が1つ

P1450362P1460160

そしてこちらのお店、女性二人で営業しているのです^^

P1450384

P1450386

なのでなおさら、焼き鳥のお店に見えません

実は女将のあゆみさんと焼き手の香菜さんは、誰もが知っている焼鳥店で一緒に働いていました

今回ご縁があって独立し、2人でお店をはじめることになったそうです^^

P1450370

ビールは450円、焼酎やハイボールは380円。ちなみに税込!

P1450373

飲まさるお通しは350円で、2品登場

P1450376P1450377

焼鳥は150円~、個人的に気に入ったのがカブの豚巻き!!

いろんな豚巻きは食べてきたけど、カブはなかったかも~~

 

P1450374

お料理は焼鳥だけではありません!

“逢叶の気まぐれMENU”たるものがありまして、これがまた外せないメニューばかりなのです!

ちなみに写真は“ちょっとおしゃれなあさりの酒蒸し”

酒蒸しにトマトとは、今まで考えたこともなかったのですが、これがまた美味しいのです!!

オリーブオイルがポイントなんだそうです^^

P1450364

気まぐれMENUはその日の食材で変わるのですが、こちらは人気メニューとのことで、しばらくは定番で置くそうです♪

P1450378

鳥もも麹漬けに豚の塩麹串

醤油麹と塩麹はトモエのもの^^

どっちも飲まさる~^0^

P1450379

 

ところで店名の“逢叶”には、このお店に来れば出会いたい人に出会えるお店にしたいという思いがあったそうです。

といっても、出会い系ではないですよ(笑)

どちらかというとお仕事系の繋がりです。

ワタシもいつも、人と人を繋げたいと思って活動しているので、この気持ちがよく分かります!

まだ30代の若いお二人なのですが、どこか安心感があるというか、すごく信頼できるオーラをはなっているんです!

だからこそ、このお店に来ているお客様も、きっと信頼のおける方々ばかりなんだろうなと思いました^^

 

 

 

pageTop