札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『そば』タグの付いた投稿

北海道の道の駅がますます充実!! 【あいろーど厚田】

本日、4月27日(金)にオープンした、【あいろーど厚田

P1220092

海岸線を札幌から北上していくと必ず目に留まることになるであろう、存在感のある建物です!

P1210998

道の駅には珍しい、3階建て!

 

1階の売店はあとでゆっくり見るとして、まずは2階へ

P1220031

 

エスカレーターを降りると、3店舗の飲食店が並んでいました。

P1220033

ジェラート屋さんにピッツア&ベーカリーそして、ニシンバッテラを販売する、石狩二三一

この日は事前に募集していた、石狩市内在住のモニターの皆さまが大勢来ていたので、すでにニシンバッテラは完売^^;

P1220065

ピッツアP1220060

ピッツアは厚田のタコを使用したものも^^

 

P1220034

イートインスペースからは、日本海を一望できます^^

P1220035

P1220049

ちなみに3階は席はそれほどありませんが、眺望は抜群に良いです!

P1220057

 

P1220050

お天気の良い日はテラスに出て、海を眺めながらジェラートなどを味わうことも出来ます^^

P1220053

この日は少しどんよりしたお天気でしたが、それでもしばし言葉を忘れて見入ってしまう景色です^^

P1220055

ここからそのまま恋人の聖地に登録されている展望台まで行くことも可能です

 

と、飲食店は1階にもう一つあります

P1220068

お蕎麦屋さんです♪

P1220070

このこだわりと、オープン記念でざるそばが500円ということもあり、この日のランチはココに決定!

P1220071

ホントはおにぎりも食べたかったけど、食後にジェラートを食べる気満々だったので、ガマン^^;

P1220074

それほど待つことなく出てきました^^

まずは麺のみを・・・さすが十割!風味がしっかり感じられました^^

なんといってもつゆが美味しい!!

甘すぎず、かつおだしの香りもしっかりして、個人的に理想のつゆ!

 

と、ご一緒した方がににしんそばをオーダーしていたので、撮影させてもらいました^0^

P1220076

この甘露煮、日本酒欲しくなる^~~^

甘露煮は売店でも販売しているそうです

と、ものすごく美味しい蕎麦湯もゴクゴクと飲みほした後、もう1度2階へ

 

P1220061P1220078

せっかくのなの、アイロード厚田限定フレーバー・ハマナスとカルピスをセレクト

ハマナスオイシイ!!ちなみに!ハマナスの色は天然だそうです!

カルピスは当たり前だけどカルピスの味がちゃんとする(笑)

そうそう、1階のお蕎麦屋さんと2階のカウンター席、カバンがかけられるような作りなっているんでよ!

P1220081 P1220077

と、石狩市の職員の方がちょっと得意げに教えてくれました^0^

 

ちなみに1階の売店の横にコーヒーマシンがあるのですが、豆は徳光珈琲なんですよ^^

P1220089P1220088

これ、お得かも!

そして豆も販売していました^^

P1220027

売店はそれほど広くはないのですが、所狭しと石狩の名品が並んでいました!

P1210999P1220003

入り口には、名物のジャンボおやきと中華まんじゅうが!!

それにしても、気になるものがたくさん!!

P1220006P1220007P1220010

P1220020P1220017P1220018

P1220019P1220084P1220012

P1220013

ちなみに連休中は、普段は冷凍で販売して売る豚まんをふかして販売するそうです♪

 

と、2階には石狩・厚田にまつわるものや、歴史が分かるパネルなどが展示されています。

P1220037

 

そこで見つけた北前船の模型がすごかった!!

P1220045

とにかく細かい!!

P1220039

ニシンや反物まで一つ一つ作ってます!!

P1220041

P1220043

P1220040P1220044

どれくらい時間かけて作ったんだろう・・・

ただただ、尊敬のまなざし・・・

 

しばらくは渋滞しそうですが、落ち着いたころにもう一度おそばを食べに行きたい!

P1220095

そして次に行くときは、夕日が沈む瞬間を楽しみたいなぁ^^

 

 

 

紫外線対策を兼ねた白肌美人ランチは、想像以上にボリューム満点~葉実皮 羊ケ丘通店

取材で千歳に行った帰り道、ふと美人ランチ取材で食べられなかった“さくら美人蕎麦”のことを思い出し、急きょ立ち寄ることにした、【葉実皮 羊ケ丘通店】

P1080633

ランチタイムはとっくに過ぎていたのですが、通し営業なので助かりました~

かなり広めの店内で、奥の小上がりが禁煙、手前のテーブル席が喫煙可能な席のようです。小上がりでは小さなお子様連れのファミリーが、ゆっくりランチを堪能しておりました^^

 

さっそくお目当ての“白肌美人ランチ”をオーダー

P1080620

想像以上にボリューミーで焦る^0^;

P1080622

そしてこちらが、オリゴノールを配合したことによって、ほんのりピンク色に染まった、“さくら美人蕎麦”

P1080626

三元豚ロース肉がたっぷり(本当にたっぷり^0^;)入った、豚セイロとともに味わいます^^

のど越しも良く、オリゴノールの渋みも感じることなく、普通に美味しいおそばです

P1080625

こちらはヘルシーDo-Fuとアボカドが入ったサラダも嬉しい~

P1080632

何と最後に、そばチップ添えのアイスクリームも!

今日は小豆のアイスクリームでしたが、独特のねっとり感がクセになる美味しさでした^-^

ゴマ団子も付いているのので、ダブル甘味です!!

さらにドリンクバーも付いているので、コーヒーとともにゆっくり楽しめました♪

と、食べ終わった辺りからジワジワと発汗作用が・・・

どうやらオリゴノールに反応しやすい体質のようです^^;

白肌美人ランチは6月30日(金)までの期間限定ですが、個人的にはさくら美人蕎麦のみのメニューを継続で味わえるようにしていただけること願っております!!

 

ふと目にとまったメニュー

P1080627

気になるモノが多すぎる!!

 

 

5/8のこたえて!リクエストは「そばと酒を楽しめる店」~蕎麦居酒屋 じん

20130508-15.JPG   20130508-16.JPG
20130508-17.JPG3軒目は円山・北1条通りの
鳥居の近くにあります、
蕎麦居酒屋じん

教師生活38年間の佐藤さんが
退職後に始めたお店
赴任先の清里町で
美味しいお蕎麦に出会ったのがきっかけ

もともとは居酒屋をやる予定だった
とのことで、酒も一品料理も豊富!

テーブル16席と、
こじんまりとしたお店ですが
それがホッとできる空間でもあります





20130508-18.JPG     20130508-19.JPG
日本酒はじんスペシャル(大信州純米大吟醸)850円をはじめ、1杯500円~
佐藤黒は1200円/200ml、浪漫倶楽部2300円/720mlなど
店主こだわりの銘柄が並びます
20130508-20.JPG     20130508-21.JPG






20130508-22.jpg   20130508-23.jpg
20130508-24.jpg酒が進むおつまみは350円~
もつ煮込み550円、揚げ出し豆腐500円
函館直送、一夜干し焼きイカは550円
羅臼直送、本物の味!特大ラウスほっけは1500円

ついつい酒をお替りしてしまい、そばにたどり着くまでに
出来上がってしまうかも・・・(笑)





20130508-25.jpgそば粉は日本一の蕎麦産地である幌加内産を使用
毎日手打ちしています

田舎蕎麦のような蕎麦本来の風味を活かし、
それでいて食べやすい・・・という理想を追いかけ
約10年、そばを打ち続けている佐藤さん

その思いが伝わる味わいです
(もりそば650円)



通常は幌加内そばですが、時々清里の牡丹が入荷するそうです
希少なものなので、出会えたあなたはラッキー♪
その辺の情報は店主のブログをチェックしてみて下さいね^^




現在、夜の営業をメインで行っていますので、昼の営業はお電話で確認してみて下さい

5/8のこたえて!リクエストは「そばと酒を楽しめる店」~蕎麦とお料理 ごん

20130508-09.JPG2軒目はこちらでも紹介済みの、
まさに隠れ家、蕎麦とお料理 ごん

こちら、夜からの営業ということで、
まさに酒飲みのための蕎麦屋!





20130508-10.JPG
店内はオープンキッチンのカウンターとテーブルの全22席
1杯ではなく、2杯、3杯と飲んでしまいそうな雰囲気^^;
20130508-11.JPG




20130508-12.JPG季節に合わせた日本酒は
550円~

焼酎やワイン、カクテルなど、
全てのアルコールが揃っています

ちなみにこちらんい来店されるお客様は
“今夜は飲むぞ!”という意気込みの方が
多いんだとか。。。(笑)



20130508-13.JPG    20130508-14.JPG
旬を大切にした一品料理は、酒のアテというよりしっかり食べる系のものが多く、
なかでも鴨のもも焼き1200円や、熊本産の馬刺し1300円などが人気です

こちらを見ていただくと一目瞭然ですが、個人的に、天ぷら500円~がオススメ♪
これからは露地物のアスパラなんか、外せないですよね^^

ちなみにそばは厳選された摩周のもの
特にお勧めなのが2通りの食べ方ができる塩そば
塩すだち900円  10年ほど漬けた梅を使用した塩梅は1100円
飲んだ後に、たまりません!!

5/8のこたえて!リクエストは「そばと酒を楽しめる店」~手打ちそば お酒 季のした

個人的にも蕎麦屋で日本酒を堪能するのが好きなのですが、
最近、お酒にも力を入れている蕎麦屋さんが増えている気がします

そんな訳で、5月8日の北海道新聞・夕刊こたえて!リクエストは
『そばと酒を楽しめる店』

一軒目は南郷7丁目駅から徒歩1分、水源地通り沿いに建つ、
手打ちそば 酒 季のした さんです

開店して5月でちょうど2年になるそうです




    
テーブル席のみのこじんまりとした店内。奥のテーブルは、カウンター風になっています


    
お酒は季節によって変わるものと、十一州、国稀などの定番モノまで500円~、取り揃えています

ちなみに焼酎もお得で、佐藤600円/1杯、魔王4000円/1本



    
酒の肴もその日の黒板メニューから定番メニューまで250円~、各種ご用意
大人気のそば屋の厚焼き玉子は600円



20130508-07.JPG    20130508-08.JPG
そばは道産の石臼挽きのそば粉を使った二八の手打ちそば
〆の一杯として人気なのが、すずしろせいろ800円
大根・大葉・みょうががたっぷり入っていて、胃もたれ防止にピッタリ♪
他、つけ鴨せいろ1200円、せいろは650円


ランチは日替わり&週替わりで用意していて、お値段は750円~

日の高いうちから飲める蕎麦屋を目指しているとのことで、もちろんランチ飲みも大歓迎♪
今はクローズタイムがありますが、近いうちに昼から通し営業するのが現在の目標だそうです^^

また、『蕎麦屋で乾杯!』というイベントもツキイチで開催しているとのことで、
詳しくは店主のブログをチェックしてみて下さいね^^

pageTop