札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『モエレ沼公園』タグの付いた投稿

やっぱりモエレ沼公園は素晴らしい!!

先日こちらでも、SIAF=札幌国際芸術祭2017の記事をアップしましたが、その前にモエレ沼公園会場にも足を運んでおりました。

P1110219

まだ夏休み真っただ中だった、晴天の平日に小学生の息子と来園

 

P1110220

まずはガラスのピラミッドへ

無造作に並ぶ、古いレコードプレーヤー

P1110222

時々、ノイズ音が鳴ります

いつ鳴るか、どうして鳴るのか、息子はさっそく興味津々

P1110269

ガラスのピラミッドの骨組みと、支柱に設置された中古プレーヤーのコントラストも素敵

P1110224 P1110225

2階からは有料エリア(中学生以下無料)。モエレ会場だけなら500円、他の会場でも使用できるパスポートは市民&道民だと1800円

P1110226 P1110227

中古プレーヤーはこちらにも。全部で100台くらいあるそうです

P1110228

そして、1階会場から視界に入っていたこの、黄色いバルーン

P1110230

まるでピラミッドに住み着いた謎の生物のようにウネウネと展示されています

このバルーン、中にも入れるんです!P1110242

おぉぉぉ!

これは大人もテンションが上がっちゃいます!

P1110243

まさに宇宙空間!!

P1110244

少しすると、何だか不思議な気持ちになってきました・・・

P1110255

何かを見つけたようです。

ちなみにこちらは土足厳禁

 

P1110247

あ!こんなところにもレコードプレーヤー!

P1110258

触っちゃ、ダメですよ!!

 

P1110245

ん?これはなんだ??

P1110253

昭和生まれの私には、見覚えのある、懐かしいモノばかり

平成生まれの息子には、どう映っているのかなぁ

 

2階・3階にはこのほか、展示室があります

P1110237

この2階の展示室がシュール!

狸の剝製がルンバに載ってる!?

P1110233P1110236

ルンバが自宅にないので、その動きが気になってしょうがない息子

P1110235

実はかなりシュールなコンセプトがあるこの空間

気になった方は、ぜひパンフレットや現地で、自分の目で確かめて下さい^^

 

P1110256

この写真、妙に気になる!

 

P1110257

 

 

せっかくなので、屋上に出ました

P1110261

モエレビーチもにぎわっているみたいです^^

と、自転車がまるで、地中から湧き出ているように展示されています!

P1110263

モエレ山にも自転車??

P1110266

とりあえず、近くに行ってみよう!

P1110285

この自転車たちも、モエレ山を目指しているのかな?

 

P1110288

と、息子は持ってきたフリスビーで遊びたくて仕方ない様子^^;

P1110289

時々相手をする

ちょうど、海の噴水の時間だったので、ちらりと見学

P1110275

P1110273

何度見てもすごい迫力

P1110277

 

相変わらずフリスビーをやり続ける息子とともに、モエレ山を目指す

P1110293

思っていた以上にたくさんの自転車!!

P1110295

しっかりと固定はされていますが、またぐのは禁止ですよ!!

P1110299

P1110302

少し息を上げながら登っていくと、自転車からも荒い呼吸が聞こえてきそう。。。

P1110309

“置いていかないでよぅ” 息子だけでなく自転車もそう言っているような錯覚

P1110311

やったぁ!地上についた!!

元気なのはやっぱりちびっこ

 

P1110315

地図にハマっている息子は、東西南北を確かめる

P1110318

あっちが海?

あ、野球場もあるね!!

P1110326

東区唯一の山(人口の山ですが)から眺める札幌の景色

相変わらず風が強かったけど、何度登っても気持ちが良いです^^

 

しばし景色を堪能して、下山

P1110327

振り返ると、なんだかとってもフォトジェニック!!

P1110328

 

P1110329

みんな楽しそう!!

P1110330

転ぶなよぉ~

 

P1110331

逆光で撮る自転車がまた、アート

P1110333

すべて廃棄された自転車とのことなんですが、まだまだ十分使えそうなものもあったり。。

じ~っと見つめていると、登っているようにみえて、地に落ちていくようにも見えたり。。。

やっぱりこちらもすごくシュール!!

アートって、ホントに受け止める側の重い一つで見え方が変わります。

 

 

『お母さん見て~~!!』

P1110334

『手で触らなくても落ちないよ!すごいでしょ!!』

人がアートに浸ってる時に、のんきだねぇ。

その吞気さに救われるわ。。。

P1110336

モエレ沼公園は、ゴミ処理場だった場所を、イサム・ノグチが公園の基本設計を手掛けた、最大で最後の作品。

その地でこの作品たちを展示した意味、

今回の札幌国際芸術祭2017のサブテーマ、『ガラクタの星座たち』

それがものすごく腑に落ちるた印象でした

 

ゴミ処理場だって、こんな素晴らしい公園になる

ガラクタだって、手を加えれば立派な作品になる

モエレ沼公園って、足を運べば運ぶほど素晴らしい空間です!!札幌の自慢の一つです!!

 

 

 

まだまだ日差しの強かった、夏の夕方

P1110346

気が付けば夏休みも終わって、秋の気配・・・

P1110349

そして秋は芸術の秋!!

P1110354

他の会場もこれから色々、観てみよ~っ^^

P1110357

 

そうそう、9月9日(土)にはモエレ沼芸術花火も開催予定です!!

次の日の、世界一たのしいゴミ拾いも含めて、今年も楽しむ予定^^

※昨年の様子はこちら

 

今年のモエレ沼芸術花火は9月9日(土)!!翌日の世界一たのしいゴミ拾いも是非♪

突然ですが、こう見えて結構打ち上げ花火好きです。

どちらかというとマニアよりでして、実際に会場には行ったことはないのですが、大曲の鑑評会なんかも、じっくりテレビで見てしまうタイプです。

そんな私が、涙をこらえきれずに鑑賞した花火が、今年6回目を迎えるモエレ沼芸術花火

018ecba2f8178c6cf896fc6493ac1af3b69d7eefbf

2014年と昨年の2回、足を運ばせていただきましたが、回を重ねるごとに感動度合いが増していると思います!!

そのモエレ沼芸術花火2017の記者発表が先日行われまして、私も足を運びました。

 

P1070224

登壇者は左から NPO法人モエレ沼芸術花火 事務局長 山口さん

モエレ沼芸術花火2017学生部 共同代表 本間さん

そして右が、NPO法人モエレ沼芸術花火 理事長であり、モエレ沼芸術花火2017実行委員会 実行委員長の糸川さん

ちなみに真ん中の本間さんが手に持っているのが、モエレ沼芸術花火の目玉でもあります、1尺玉の模型。その横が、4号玉で、札幌の一般的な花火大会でよく使用されている大きさなんです。

1尺玉は、170mの上空で、直径320mに開く花火なので、広い敷地を確保出来ないと打ち上げられません。

その1尺玉が昨年のモエレ沼芸術花火では40発も打ちあがりました^^

 

P1070219

記者発表の中で、昨年の様子をまとめたVTRが流れたのですが、私はこれを見ただけでウルウルしていたのでした^^;

公式サイトでも拝聴できますのでぜひ!!(アキオカマサコさんの歌もいいんですよ~~っ)

P1070222

今年の最大の見どころは、フィレンツェ近郊で1869年から続いている老舗の花火メーカーで、ヨーロッパ最高峰と言われている、イタリアSoldi社が、完全オリジナルプログラムで参戦すること!!

しかも日本初の試みです!!

以前、日本の花火職人と会議の花火職人の対決番組をテレビで見たことがありますが、海外の花火は円筒形といって、筒形の形状なので、日本の花火とは全然違う形や色で楽しむことが出来るのです。

どちらかというと派手めな感じで、華やかです。

日本の優美な花火とイタリアの花火の共演を、イサムノグチの遺作である、世界に誇るモエレ沼で見られるなんて、結構スゴいことだと思うのです!!

P1420172

 

P1680036

Soldi社の方は、昨年モエレ沼芸術花火を鑑賞済みで、後援の形状を生かした“芸術”花火にとても感動してくださったようで、参加できることをとても楽しみにしているようですよ^^

そうなんです。

参加されたことがある方はお分かりかとは思いますが、モエレ沼公園でしかできない、モエレ沼公園だからこそできる構成で、色々な花火大会を見たことがある方はなおさら、他で見るのとは違う感動を覚えてくれるはずなんです。

P1680026

実行委員長の糸川さん曰く、この花火大会は、モエレ沼公園で実施することに意味があり、花火大会とは違う、“芸術花火”という新しい世界を感じてもらいたいとのこと。

よく、何万発打ちあがるのがフューチャーされがちですが、“感動日本一”の花火を目指しているそうです。

※そうはいっても18000発くらいは打ちあがっているので、かなりの規模ではありますが。。

01d5217c0b1b3641bd96b3c6195657e6e98a284628

P1680025

ちなみに今年は、大型花火が打ちあがる時間が昨年より30分早まるそうなので、帰宅時間が以前に比べて少し早くなります!

そう、確かに9月は暗くなるのも夏より早いし、もう少し早めに上がればいいのになぁって思っていたのですが、近くに丘珠空港がある影響で、最終発着が完全に終わって、安全を確保してからでないと大型花火を打ち上げることが出来ないんだそうです。

その辺りの条件をクリアできて、打ち上げ時間を少し早めることが出来るようになり、小さなお子様や高齢の方にもより楽しんでいただけるよう、進化したのです^^

駐車場やシャトルバスなども、出来る範囲でより改善しているとのことですので、まだ足を運んだことのない方は今年こそ、足を運んでみて欲しいです^^

P1680054

1尺玉は、市内中心部からでも望むことは出来ますが、会場にいないと体感できないのが“音楽との共演”

ヒット曲から名曲まで、様々なジャンルの曲と合わせて打ちあがる花火・・・ちなみに昨年はミスチルの“HANABI”で、涙してしまった口です。。。

 

と、花火の打ち上げは19:25からですが、会場は16:00で、ステージイベントなども楽しめます^^

P1680014 016bca05d523fd74fc2e1e59ac6263f93600befb22

不思議なキャラクターが、会場を徘徊していたり。。。

01b411285f02678ad2315cd6666c78d49bfb33023d

暮れ行く景色に感動したり・・・

ちなみに9月なので、日が暮れるとかなり寒いです。。

浴衣で来ている女性も結構いましたが、個人的にはおしゃれより防寒を優先することをオススメします。

昨年は打ち上げ終了と同時に雨脚が強くなり、ずぶ濡れ状態の方も多かったので。。。^^;

 

そしてですね、花火終了の翌日に、もう一つ感動できることがあるのです!

01b1c70ef3665f63747c9ef10695b1d43a906e7c61

その名も、“世界一たのしいゴミ拾い”

打ち上げで必ず散乱してしまう、花火の燃えかすの“ガラ”

これをみんなで楽しく拾って、打ち上げ前よりも公園をきれいにしようという試み。

なんでも、花火を鑑賞していなくとも、ゴミ拾に参加する方もいらっしゃるそうですよ!

P1680097 ゴミ拾いたすく10

ゴミ袋やトング、軍手などは用意もあるので、手ぶらでもOKですが、ご自身で用意されている方も多かったです。お水やお茶の差し入れもあり(子どもにはジュースまで!)

012ede37b4121de5d4c014a06569ca103f1ddc4d17

宝探しゲームやクイズ大会なんかも用意されているので、ファミリーで楽しんでいる方も多かったです^^

P1680101

大好きなモエレ沼公園をきれいに出来るということで、気持ちも晴れやかだし、黙々と集中する行為が意外と楽しくて、おまけにものすごい晴天だったので、いい汗をかくことができて幸せでした!!

0141b2ceca5d569ad33461a499bbd0890f89abb4d5

0190f1efa497ee7a617c61a50edcea7f9e6252b364

何よりうれしいのは、参加者には次の年の入場券をプレゼントしていただけること!!

ということで、今年も9月9日(土)&10日(日)は、モエレ沼で感動を一杯もらってくる予定です^0^

すでに、プレミアムチケットの販売がスタートしておりますので、詳しくはこちらをご覧ください!

 

 

P1420153

P1420173

 

個人的に、このピンボケの花火の写真が好きだったりします^^

01ad2175d38034bf1d4602c205f99c4db023409bc3

P1420121

やっぱり、花火は芸術ですね^^

 

 

やっぱり美しい、モエレ沼公園の海の噴水・夜バージョン

今年はかなりPMFづいてます^^
というのも、中学生の姪っ子が部活でトランペットをやっているので、
それならプロの生音聴かせてあげないと!と思い、連れまわしてます

で、本日モエレ沼公園のガラスのピラミッドでPMFチェンバー・プレイヤーズによる
無料演奏会があるとのことで行ってきました^^

日中の暑さの影響でピラミッドの中はサウナ状態~~
暑さにやられないよう、5ヶ月の息子を扇子で扇ぎまくってました^^;

おかげで本日も最後までぐずることなく、近くにいたオバサマにも
大人しく聴いてたわね~と、お褒めの言葉をいただけました^^



終了したのが18:30過ぎだったので、少し待って海の噴水を観て行くことに


20110729-00.jpg
かなり久しぶりに見たけど、やっぱり美しい!!
と、その感想をフェイスブックにアップしたら、
意外とこの存在を知らない人がいて、それはもったいないと、こちらにもアップしました^-^

20110729-01.jpg    20110729-02.jpg
この季節は、夜の部のスタートが19:15  まだ若干明るいところから始まります


20110729-03.jpg
水が激しく暴れだし、何もなかった場所に水がたまっていきます


                       20110729-04.jpg
                       その後、一気に水が引き、一瞬静寂に包まれます



20110729-05.jpg


                       20110729-06.jpg
それから光のミストシャワーが始まり…


20110729-07.jpg
最後は高さ10メートル越えの噴水が暗闇の中、天に放たれます



                       20110729-08.jpg
                       そしてまた、静寂の闇に向かっていくのです  



お昼に見るのとは全然違う幻想的な演出に、中学生の姪っ子たちも大喜び♪
と、夜の鑑賞の際は必ず虫よけスプレー等を持参することをお勧め致します・・・
すっかり忘れて、数か所刺されてしまいました^^;


それにしてもこんなに素晴らしいものが駐車料金すら全くかからず
無料で鑑賞できるなんて、ホントにありがたいです
モエレ沼公園は世代を超えて楽しめる、世界に誇れる素晴らしい公園です



海の噴水のスケジュールはこちらでご確認を~



20110729-09.jpg会場には小さな子どもたちもたくさんいました^^
とっても人懐っこい、2歳のハーフの女の子が
息子に興味津々

それに応えるように息子も手足をバタバタ

子どもって、たとえ言葉が通じなくても
すぐにコミュニケーションをとれるからスゴイよなぁ~

クリスマス・イヴはモエレ沼公園・ガラスのピラミッドへ

23日~25日までモエレ沼公園・ガラスのピラミッド内で
モエレのホワイトクリスマスというイベントが開催されています

今年でもう、8回目の開催とのこと

大荒れになるという予報だったので、
行くかどうか迷っていたのですが、
札幌は思ったほど荒れずに済んだので、
急きょ行くことに!


   
久し振りの夜のガラスのピラミッド。相変わらず幻想的で美しい・・・
(コンパクトデジカメでの撮影には限界がありますが…)


遠くには中心部の夜景も望めます


   
今宵は、【イブ・ジャズ・ボーカル・ナイト】と題しまして
聞き覚えのあるクリスマスソングや、
スタンダードナンバーが演奏されました

今回、30・40・50・60代と年代別のヴォーカル4名が
順番に歌ったのですが、
それぞれの味があって飽きることなく楽しめたし、
年齢を感じさせない若々しい歌声にビックリ


演奏されていた方々も、決して若くはなかったのですが、さすがベテラン!と言った演奏
何より皆さん、元気で楽しそう!やっぱり打ちこめることがある人って生き生きしてますよね^-^




ピラミッドの天井を見上げた図

前にも一度、ブログでかいたことがあるけど、このピラミッドの中ってホントに居心地が良いんです
【ピラミッドパワー】というやつなのか、ホントに癒されます

音も幻想的に反響するので、通常のライブとはまた違った楽しみ方が出来ます

300円という入場料だったので、正直あまり期待せずに行ったけど、
自分の好きな場所で、好きな音楽を聴くって、イイものだなぁ~と、
ものすごく得した気分で帰宅しました^-^


本日のプログラムは今回だけですが、明日25日も昼の部と夜の部それぞれで
違う音楽が楽しめるようですよ!

個人的には断然、幻想的な夜の部をお勧めしますけどね^-^


帰りがけ・・・
暗闇に佇むモエレ山のシルエットに心奪われる
このカメラじゃ限界だって分かっていても、ついパシャリ

この後空を見上げると、オリオン座と
少し欠けた月

どちらも中心部で見るよりすごく美しかった

改めて、モエレ沼公園って札幌の自慢の公園だなぁって思う







こんな詩人?な気分になったのには
ぴったりイブの本日に届いた、
Sさんのクリスマスプレゼントの
影響もあったのかも

毎年、送る相手の事を
ちゃんと思って用意してくれているのが分かる
心のこもったプレゼント

今また、しみじみと幸せに浸っております



ということで、皆様の元にもシアワセサンタが訪れますように!!

             ☆メリークリスマス☆

SNOWSCAPE MOERE Ⅳ

今年で4回目の開催となる、SNOWSCAPE MOERE
毎年気にはなっていたけど、なかなかタイミングが合わなくて、行ったことがなかったのです

今年こそ、ちょっとのぞいてみたいと思って本日の昼間に行ってみました

20090130-09.JPG
が、とにかく雪が少ないことに驚きました。。。
この季節に道が見えている東区なんて、今までの経験じゃなかったと思う…

なので、このテントも本来イメージしていたのとは違うようです



20090131-04.JPG
本日の道新の朝刊の21面には綺麗な写真が掲載されてましたが、
本来はここにつららの作品がある予定ですが・・・

20090131-05.JPG
このように、気温が高いため、
本日の夜から作品を作りなおす予定
との張り紙…

なんだかあまりの暖冬に
ちょっと不安を感じずには
いられなくなってしまいます…

20090131-00.JPG 20090131-01.JPG
20090131-02.JPG 20090131-03.JPG
テントビレッジのうちの一つはカフェになっています
ピンク色のテントなので、中はドピンク(笑)

コーヒーはクッキー付きで400円

雪の上に毛皮を敷いたベンチまでありました





20090130-10.JPG
これはピラミッドの中からテントビレッジを見た様子

実はテントビレッジは日没に行くのが一番見応えがあります
なぜなら、このテントに映像を映しだし、幻想的な作品となるわけです
(それも道新21面に掲載されてました)


20090130-11.JPG
それから明日の19時からココ、アトリウム2で
サウンドアートを楽しめるイベントがあるようです

ちょうどその準備をしていました
ちなみに当日券で1200円

私、個人的にこの空間が大好きで
前にRAM RIDERのLIVEを見た時は
本当に吸い込まれました!!


20090131-07.JPG
それから31日の11:00~13:00と、14:00~16:00に馬橇のイベントもあるそうです
これは模型ですけどね^^;

20090131-06.JPG
そして最終日の2月1日の18:00からはこのモエレ山がスクリーンとなって、
プロスキーヤー・児玉毅氏のシュプールと
小池晋氏の映像のコラボレーションが楽しめるそうです!

う~、行きたかったけど既に予定があるんだよなぁ…
※実はグランドホテルで盛大に行われるBARやまざきの山崎さんのパーティに参加します!!



全然関係ないけど、このモエレ山の画像、真中に変な黒点があります
実はちょっと前からカメラの調子がおもわしくなくて、そろそろ買い換えないと…
と思って物色していたところ、急に調子が良くなったので、
愛着もあるし、もうちょっと使ってあげようかと思っていたのですが、
この黒点はもう末期かもね・・・とダンナにも言われまして…

週末買い換えることにいたします(涙)


pageTop