札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『中華そば』タグの付いた投稿

7月11日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~広東厨房 結杏~yuan~

7月11日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、今年の3月にオープンした【広東厨房 結杏~yuan~

P1250721

円山のフードセンター、ブルクベーカリー向いの建物の2階です。

大阪・札幌のホテルで22年間、広東料理を作っていた市川シェフが、ほぼお一人でやられているお店。

P1250679

テーブル全12席、カウンターは5席ありますが、お一人ということで3席くらいゆったり使用してもらっているそうです。

ランチは、980円の定食や、麺・ご飯もの800円~、そしてコースは2000円

ディナーは当初、お一人ということも踏まえてコースのみで営業していたそうですが、やはりフラリと立ち寄って軽くつまんで飲みたいという要望も多かったらしく、アラカルトも始めたそうです。

結杏に来たら、これは食べてほしい!というものを作っていただけますか?とお願いしたところ、こちらの器が運ばれてきました、

P1250712

はっきり言って、地味です(笑)

P1250711

開けてもやっぱり地味です^0^;

がしかし、一口いただいてビックリ仰天!!

今まであまり味わったことのないタイプの旨みが・・・

P1250714

こちら、蒸しスープ(1カップ1000円)というお料理でして、塩などの調味料を一切使用しておらず、素材の味を引き出しただけのスープなんだそうです。

だけといっても、調理時間を恐ろしくかけていて、6時間くらい蒸すそうです!!

カップに入ってる素材を見ると、その味が一つ一つ浮き上がってくるというか・・・

とにかくじわ~~っと体に染み渡る感じ!!

中華のスープって、いつも見た目以上に美味しいものが多いけど、このスープは今までで一番といっても過言ではないほど、見た目とのギャップがすごかった~

 

P1250705

そしてこちらはおなじみ、麻婆豆腐

といっても、結杏は広東ベースなので、良く味わう四川の麻婆とはまた、違うのです。

辛さはあるけど柔らかく、そしてやっぱりジワ~ッと広がる深みのある味わい・・・

アラフィフともなると、同じ中華でも広東料理が響くんだなぁと、実感。。

実際、40歳以上のご夫婦や女性グループのお客様が多いそうです^^

 

嬉しいのは、一皿のボリュームが少なめなこと。

一人だけど美味しい中華料理を楽しみたい!というときにもピッタリ♪

P1250700

カウンターで、市川さんの調理する姿を眺めつつ、一人じっくり広東料理を堪能・・・これまで美味しいものをちゃんと楽しんできたオトナだからこそ出来るお一人様中華♪

ちなみにディナータイムのコースは3000円~

例えば、のん兵衛用のコースにして!と、お願いすれば、御飯ものやデザートを抜いて、その分おつまみ系中華を増やしてくれたりすることも可能とのこと^^

P1250703

紹興酒も色々揃っていて、つい全種類飲んでしまいそう(笑)

 

そうそう、ぜひとも食べていただきたいものがもう1品!

P1250716

チャーシュー汁そばです!

週に2,3回食べにくる常連様もいらっしゃるそうです。

それはちょっと言いずぎなんじゃ・・・と思ったけど、食べたら納得!

先ほどの蒸しスープも美味しかったけど、こちらのスープも一度味わったらまた食べたくなる味!!
(特に飲み過ぎた次の日に欲しくなる味^0^;)

そしてこの、細切りのチャーシュー

実は最初に、このお店で食べてほしい料理は何ですか?の質問の時に、開口一番に出てきたのは“チャーシュー”(単品500円)だったのですが、その時は試食が出てこなかったので、一瞬忘れていたのです。

01a6cc97907b6464a3b61f78f7a76ab2cf9f359985

麺と一緒にこの細切りチャーシューを食べた時、最初はなんて美味しい金華ハム!と思ったら、こちらがチャーシューでした^0^;

ほんのり甘みを感じる“蜜汁チャーシュー”

確かに・・・これだけで飲める!!!

 

ランチでもディナーでも800円味わえて、ディナーではハーフサイズ(500円)でも提供可能だそうです♪

 

 

 

 

 

pageTop