札幌100マイル

札幌100マイル編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『北海道新聞』タグの付いた投稿

3月29日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~Bar Vespa SAPPORO

3月29日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”で紹介したのは、 Bar Vespa SAPPORO(バーベスパ サッポロ)

P1050517 P1040763

バーとしては珍しく、全国にお店があるんです。

もともと、40年ほど前に熊本でスタートし、その後福岡の中洲・東京の銀座・京都の祇園にお店が出来、1年8ヶ月前に札幌すすきのに5店舗目がオープンしたかたちです。

P1050480

カウンターに立つ、神吉英典(かんきえいすけ)さんは福岡出身。

師匠が始めたBar Vespa福岡店でバーテンダーとして働いたのち、熊本以外のお店の経営を引き継ぎ、各お店を定期的に回っているそうです。

神吉さんがいないときは、各店舗のバーテンダーが入れ替わる形でこの場に立ちます。

そんなしくみなので、出張などでベスパのある場所に訪れた際、安心して立ち寄れるというわけです^^

銀座や祇園なんかは初見では入りにくい雰囲気もあるので、1軒でも知っているお店があるとほっと出来ると思うのです!

それから各地方の情報が聞けたりするのが魅力的!!

福岡や京都などに旅行に行く前にベスパで情報収集すれば、いつも以上にディープに楽しめそう♪

 

とさっそく、ベスパに来たらぜひ飲んでもらいたいというカクテルを2つほど作っていただきました。

P1050487

ショートカクテルといえばやはり、マティーニは外せませんよね^^

神吉さんがマティーニを作る姿を見ていて改めて思いましたが、作っている姿からして作品ですよね。。

動作の一つ一つに魂がこもっているのが伝わってきました!!

そうしてグラスピッタリに注がれたマティーニ あまりの美しさに、いろんな角度から撮影してしまいました・・・

 

そしてもう一つが、アイリッシュコーヒー

P1050493

神吉さん曰く、誰よりも“極めた”1杯とのこと

というのも、バーテンダーはカクテルについては専門家ではあるけど、コーヒーについてはプロフェショナルではない。 それならコーヒーを極めれば、究極の1杯が作れるのではないか・・・と、銀座のカフェ・ド・ランブルで研究したそうです。

ちなみにこの赤いポットはランブルと同じだそうですよ^^

P1050502

アイリッシュコーヒーは数回飲んだことはありますが、どれもカップでの提供だったので、こんなグラスで出てくることにまず、ビックリ!

そして、炎が上がったことにもビックリ!!

またまた作る工程を、じ~っと見つめてしまいました

P1050504 P1050514

生クリームの真ん中にはオレンジピール

このオレンジピールの香りが期待値を上げてくれるのです^^

最初はクリームとコーヒー、そしてそのあとにウィスキーがス~ッと喉を通り、最後にザラメの甘みが・・・ 間違いなく、今まで飲んだアイリッシュコーヒーとは違うものでした。。。

“極めた”という神吉さんの言葉、その通りだと思います!

こちら1杯2000円と、決してお安くはない価格ですが、1杯に込められたこだわり、そして味わい・・・飲んでいただければ間違いなく納得のいくお値段かと思います。

と、ベスパはメインのカウンター7席(&テーブル4席)のほかに、隠し部屋のような個室のカウンター(5席)があるのですが、こちらがまた、モルト好きにたまらない光景なんです!!

P1040767

P1040766 P1040794

せっかくなら、メインのカウンター席の棚と違うラインナップにしようと考え、モルトを並べることにしたそうですが、モルト好きなワタシとしては、この棚を眺めながらモルトをいただくのは本当に至福の時♪

メインのカウンターで飲むのとはまた、違った雰囲気で楽しむことができます^^

P1040790 P1040796

フードはおつまみはじめ、パスタやドライカレーなんかもありました^^

P1040793

こちらはチョコレート盛り合わせ モルトを飲むと、美味しいチョコレートがチョコっと欲しくなるのです^0^

メニューをながめていると、“ドライ明太子”という文字を見つけました!!

もしやあの、1月に大丸札幌店の催事で、初めて食べてドはまりしたドライ明太子??

まさかBARのメニューにオンリストされているとは、さすが福岡にお店があるだけあります!!

そしてもう一つ、馬舌の燻製!! 次回行くときは絶対、食べてみたいっ

 

Bar Vespaは17:00~19:00まではノーチャージ(以降、1000円)

個室カウンターは予約も可能だそうです^^

 

そうそう、神吉さんに最初にお会いしたとき、口数の少なそうな硬派なバーテンダーさんなのかな~って勝手に思っていたのですが、お話しすると九州弁なこともあって、すごく肩の力を抜いて話せるんです♪

そんなところが“ホッ”と一息つけるBARだなぁって思ったのでした^^

 

3月1日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~Fujiwara

3月1日(水)、北海道新聞夕刊・ほっと一息のコーナーで紹介したのは、カナリヤ裏の仲通りにあります、“Fujiwara

CoffeeとWineが愉しめる大人の隠れ家として、2015年9月にオープンしたそうです。

P1040960

仲通りではありますが結構目立つ外観なので、気になっていた方も多いのでは??

お店はこの階段を下りた、地下にあります。

P1040959  P1040946

とっても落ち着きのある空間です^^

P1040934

カウンター5席、4人掛けのテーブル席が4つ。個人的にこのくらいのスペースの飲食店、スキなんです^^

P1040940

今のところ30、40代の女性のお客様が多いようですが、それも納得のいく雰囲気

P1040952

カウンターでしっぽりとおひとり様飲みするの方も多いようですが、女子会利用もかなり多いそうです!

というのも、前菜・サラダ・メイン料理の“晩ご飯セット”に、ボトルワインも含む、店内すべてのドリンクが2時間飲み放題で3500円(税抜)という、予約なしでも利用可能なお得セットがあるのです!

飲み放題は個人的にあまり好きではないのですが、店内にあるボトルワインも含むとなると、のん兵衛のワタシはたまらないシステムです!

ちなみに晩ご飯セットのみだと1700円(税別)

そして、ご飯よりおつまみ派という、のん兵衛の皆様には、“おつまみ盛り合わせ”というのも、同額で用意されております^0^

ワインはグラスで6~8種ほど用意されていて、690円~

 

P1040937

Fujiwaraは、こちらに来る前は西線6条の方で、コーヒーとスイーツのお店として営業していたそうですが、オーナーシェフの富士原さんが、ワイン好きということで、ワインそしてワインに合うお料理もしっかり楽しめるお店として営業しているそうです^^

 

17035237_1314530275261665_432758555_n   15380316_1223388754375818_1131578003753660213_n

フレンチ出身の富士原さん

肩ひじ張らず、気軽にそしてお手頃価格でワインを楽しんでほしいとのことで、お料理のネーミングも『とにかくむっちゃ柔らかい砂肝』など、メニューを見ただけでどんな料理か想像できるように心がけているようですよ^^

フードメニューは、仕入れ状況によって変わるので、シェフにお任せいただければ、その日一番美味しく味わえる料理を用意してくれるそうです♪

 

15823256_1249824988398861_8702965289613676889_n

ちなみにこちらは超レアチーズケーキ

そして、キャラメルフレンチトースト

16996990_1314530345261658_1037184595_n

どちらも、ワインのアテにもなるスイーツ♪

もちろん、コーヒーもしっかり提供していますよ!

P1040938

 

P1040956

スペシャリテコーヒーのほか、ブレンド550円~

ハンドドリップなので、お客様の好みに合わせて淹れてくれます^^

〆の1杯を飲みに立ち寄る方も結構いらっしゃるそうです(ノンアルコールの場合はノーチャージ)

 

ちなみに土日祝日のみ、ランチ(11:30~15:00)も営業中!!

 

 

 

2月15日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~奥芝ール

2月15日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”で紹介したのは、1月25日にグランドオープンした、【奥芝ール

P1040323

元・クワトロノーヴェだった場所で、奥芝商店社長とクワトロノーヴェのグループ店・オリゾンテの社長が、二人でお酒を飲んでいた時に、 バル料理とワインを楽しんだ後、〆カリーを楽しむ空間があったら喜んでくれるんじゃないか・・・とひらめき、こちらの店舗が誕生したそうです^^

P1040324

店内は、以前のバルの雰囲気はそのままに、だけど店内にはかなりの燻香が・・・

P1040325

 

奥芝ールで食べられるスープカリーは【海老スモークのもくおくスープ】の1本勝負!

コチラのスープをベースに、昼は8種類・夜は3種類の具違いのスープカリーが楽しめます^^

P1040358

写真は骨付き鶏と、とくせん野菜カリーの宴

燻製香が食欲をそそり、そしてアルコールを欲します(笑)

P1040327

基本はバルなので、昼でもアルコールを楽しむことは可能^^

 

とワタシは今回、ワイン好きの知人たちと夜にお邪魔したので、カレーにたどり着く前におつまみもいただきました^^

P1040344 P1040348

ワインはグラス他、ボトルもお手頃価格のモノから色々揃っております^^

他に、幕末偉人伝ビールという気になるクラフトビールもありました!

P1040329

飲まなかったけど、こんなメニューも!

 

と、こちらは前菜を盛り合わせで^^

P1040334

たまごは燻製、そして鹿肉のサラミ~  飲まさります~~~^0^

P1040343

自家製ベーコンのグリルだって燻製です!たっぷりのパクチーがウレシイ♪

 

P1040346

試作品ということで出していただいた、燻製ロールキャベツ!

これも飲まさる味でした!

もしかしたらもう、メニューに載っているかも^^

 

P1040353

海老好き必食!海老パウダーたっぷりの海老とキノコのアヒージョ!!

P1040351 P1040355

アヒージョと一緒にオーダーしたい、ザッポリーニ!!

あぁ、ワインがどんどん空きます(笑)

 

P1040356

そして、クワトロノーヴェからの人気メニュー【フリコ】チーズせんべい^0^

いつ食べても、どうやったら焦げずに焼けるんだろうと、気になるメニューです。。。

 

P1040360

そうしてようやく、スープカリーにたどり着いたのでした^0^;

それにしても、燻製の香りって癒されます。。

P1040362

そしてちゃんと、燻製香に合う赤もやってきました^0^

 

P1040337

ちなみに奥にテーブル席もありますので、15名くらいまでの団体様や、ランチ時のお子様連れの方も安心^^

 

〆カレー、一度ハマるとキケンかもです^0^;

 

 

 

2月1日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~BAKED MUFF(ベイクド マフ)

2月1日(水)北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したお店は、白石区菊水の南郷通と南7条米里線の交差点にあります、BAKED MUFF

アメリカンサイズなケーキやマフィン、焼き菓子などを販売している2016年4月にオープンしたスイーツ店です^^

なぜこちらのお店を知ることになったかと言いますと、先日、時々お邪魔しているワインバーに行った時、ワインにもピッタリなものすごく美味しいブラウニーを出していただきまして、そのブラウニーを作っているお店がこちらだったのです。

アルコールがお好きな方が作っていると聞いて、いてもたってもいられなくなり、取材させてもらいました^0^

P1030202

 

オープンしたのは10ヶ月前ですが、建物自体はかなり年期が入っております!

P1030226 P1030229

近くまで行かないとわからない小さな看板、そして何より、営業日が月の半分以下ということで、営業していることを知らない方もまだまだ多いかもしれません^^;

P1030233 P1030221

内側のドアもかなり昭和感が漂っております。。

そのドアを開けると店内は、なんとも温かみのある雰囲気!!

P1030224 P1030225

うわぁ!こんなストーブ、まだ現役で使えるんですね!!と、思わず声を上げてしまいました!

他にも気になるものだらけで、思わずバシャバシャ写真を撮ってしまいました^0^;

こちらの店舗、オーナーパティシエ北島亜佐美さんの旦那様が手掛けたそうですよ!!ちなみに旦那様は会社勤めのサラリーマンでして、あくまで趣味の域なんだそうです。

もともと集めていた流木も生かすことが出来てご満悦だったようですよ(笑)

P1030235 P1030222

入ってすぐのショーケースの中にあるのは、かなり食べごたえのありそうな“ニューヨークチーズケーキ”、そしてクリームチーズのフロスティングがのった、“キャロットケーキ”

P1030208

こちらは定番の商品で、人気の商品でもあるということで、持ち帰りまして自宅で食してみました!

ちなみに店内にベンチシートはありますが、ドリンクなどの提供は行っていないので、基本はテイクアウトになります

 

P1030238

さて、ニューヨークチーズケーキ、本当に食べごたえのあるサイズなんですが、甘さがかなり控えめで、程よい酸味があるのであっという間に完食してしまいました!!

名前はニューヨークですが、素材は北海道産♪

さすが、北海道の乳製品は素晴らしい!!と、思わせてくれるチーズケーキ♪

 

P1030239 P1030242

そしてこちらが有機のニンジンをたっぷり使用したキャロットケーキ

パッと見は全然ニンジンを使用しているようには見えませんが、割って見ると薄っすらオレンジ色で、食べると千切りのニンジンの食感も感じます!

ナッツも入っていて、こちらも食べ応えがあり、そして程よい甘さ^^

だけどニンジン臭さは全然ないので、ニンジンが苦手なお子様に、試しに食べさせてみて欲しいかも!!

朝食で食べたいケーキ♪

P1030211

その奥にはマフィンや焼き菓子が並びます

季節によって種類は変わりますが、だいたい20種類くらいのスイーツが揃うそうです^^

P1030212 P1030216

見た目はとってもシンプルで、決して派手さはないのに、見た目だけで美味しのが伝わってくるんです^^

マフィンはどうしても食べてみてもらいたいということで、サツマイモのマフィンと焼きりんごのマフィンをいただいてみました

P1030256

P1030264  P1030262

なんと!焼きリンゴもさつまいもも存在感アリアリな状態で入っているではありませんか!!

しかも焼きリンゴもさつまいもも、ものすご~く、美味しい~~~~^0^

実は今まで、マフィンというものにそれほど感動したことがなく、あまり自分から選ばないモノだったのですが、BAKED MUFFのマフィンを食べて、その考えが変わりました!!

そんな考えだった方に、是非とも味わってみて欲しいっ!

P1030215

ちなみにケーキは事前予約でホールでの注文も可能だそうです^^ また、お一人で営業されているので、作れる数に限りがあるため、完売の場合は早めにクローズすることも。。。

確実に購入したい場合は事前に連絡するのが良いかもです!

2月の営業日は 4(土)、5(日)、 7(火)、11(土)、12(日)、 14(火)、16(木)、18(土)、詳しくはFBページをチェックしてみて下さい^^

コンセプトは“毎日食べたいケーキ”

でも、毎日営業していないのが悩ましい。。。(笑)

 

10月19 日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~パティスリー ブリスブリス

10月19日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、南区川沿にある、パティスリー ブリスブリス

P1000759

先日、大丸札幌店のクリスマスケーキ発表会に行った時、一目惚れならぬ、“一口惚れ”をして、その一口がすごくほっとできる味わいだったので、改めてお店に取材に行くことにしたのです^^

P1000775

古い一軒家を改装した、五輪通り沿いにあるお店。向かいにえびすやがあります。

P1000758

中はとても明るくて、清潔感のある雰囲気^^

お店は昨年の11月にオープンしたので、もうすぐ1年になります。

オーナーパティシエの中本さんは、夕張出身ですが、15年間神戸の有名洋菓子店にいらっしゃったそうです。

P1000766 P1000787

入口側には焼き菓子やクッキーが並びます。

P1000770 P1000769 P1000774

ちょうど焼き立てのマドレーヌがあって試食用にいただいたので、帰りの車中で食したところ、車内が一瞬にして美味しい香りい包まれまして、なんともシアワセな気分で運転しておりました^^

パンもそうですが、美味しいものは香りから美味しいですよね!

ブリスブリスさんは、“ギフトとしてのスイーツ”をしっかり意識されているので、パッケージデザインがとても洗練されています。

P1000767

これって、結構重要なポイントなんですよね!!特にスイーツは見た目ってすっごく大事。(もちろん、味が第一ですが)

中本さんは神戸時代に、ブライダルギフトなども担当されていたので、その辺りのセンスもしっかりお持ちのようです。

P1000779

うん、ケーキもやはり、美しい!! ホントにケーキのショーケースって、眺めているだけでシアワセな気持ちになります^^ ケーキは受持20種類ほどあって、冬はもう少し種類が増えるようです。

 

P1000792 P1000781

自宅に持ち帰り、早速いくつか味わってみました。こちらは余市の果樹園の旬のフルーツを使用しているタルト。まさに今しか味わえない味。

先日の記憶が残っているので、最初から期待して食べましたが、期待以上の味わいに大満足!

フルーツがとにかくフレッシュで、その素材感を存分に生かしてくれている味わいです!!

P1000795 P1000796

栗とショコラのクリームパイと大豆のやさしい和風パフェ

どれを食べても、素材が生きているのが分かります^^ そして甘すぎないからいくつでも食べたくなってしまい、ある意味危険・・・^0^;

中本さんは、神戸時代も北海道の素材をたくさん使用していましたが、そのたびに、“素材はその土地で使用してこそ、活かされる”と思ったそうで、満を持しても札幌出店となったそうです。

なので、北海道で入らないもの以外はすべて道産。生産者との関わりも大切にし、果樹園などは自ら足を運んだそうです。そんな実直な思いが、地域の方にもジワジワと伝わっているようで、取材時も続々にお客様が。。。

地域的にご高齢の方も多いようですが、一度食べたらもう一度食べたくなる味のようでした^^

P1000762

その時いらしていたお客様や、電話注文で圧倒的に購入率が高かったのが、こちらの“KOBEメモリー”

オーダーを受けてからガナッシュをかけて完成させるので、1日限定20台。しかも本当に美味しく味わえるのは、2時間以内なんだそうです。

次回はKOBEメモリーにシフトを合わせて伺います!!

 

P1000791

こちらはケーキが入っていた箱

ちなみにBliss~ブリスとは、“至福、この上ない喜び”という意味なんだそうです。

その店名にふさわしいスイーツでした^^

それにしてもこの辺り、以前紹介したこちらも含めて、美味しいスイーツやベーカリーが集まる場所なんですね~

うらやましい!!

 

 

pageTop