札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『栗山町』タグの付いた投稿

「外で飲もうよ!道産日本酒プロジェクト」モニターツアー Vol.1

01f54a68105985182d0ff501a836a651bfb54a17a3↑グランピング施設にて、ずらりと並んだ道産酒。もちろん写すだけじゃなく飲みました(笑)

先日、米どころ・酒どころ北海道振興事業 道産日本酒販売拡大業務の一環で、“キャンプで楽しむ道産日本酒と酒蔵巡りモニターツアー”に参加

1泊2日で4つの蔵を巡り、昼も夜も道産酒漬け!!

新たな学びもたくさんあり、ますます北海道の日本酒のファンになりました(≧▽≦)

その行程を、2回に分けてご紹介します^0^

 

【1日目】

P1640103

朝9:00過ぎに札幌駅北口に集合し、(新幹線に向けてのホーム拡張工事のため、いつのまにか鐘の広場が使えなくなっていてビックリ)バスで日本清酒(株)・千歳鶴酒ミュージアムへ

P1640106

P1640107

新型コロナウイルスの影響で、仕込み水そして日本酒の試飲コーナーが無くなっていたのは残念でしたが、昔のポスターなんかもあって、楽しめる場所です

P1640109

もちろん、限定酒なんかも変えます^^

P1640114

道内でただ一人の女性杜氏でいらっしゃる市澤さん

仕込み前のバタバタな時期だったのでご挨拶だけでしたが、10月12日(月)から仕込みが始まると言っていたので、これからしばらくはお忙しいと思います

美味しい日本酒を世に送り届けるために頑張ってくださいね!!

そしてお隣は、道産酒と言えばの鎌田孝さん(通称・親びん)

今回のツアーの仕掛け人でもあります^^

P1640137

今回は酒ミュージアムではなく、日本酒を作っているこちらの棟の見学がメインです!

P1640119

こちらは事前予約のみ見学ができるのですが、仕込み時期に入ると見学はしばらくお休みということで、ギリギリのタイミングで見学することが出来ました^^

ところでこの場所(中央区南3東5)で、明治5年から日本酒を醸造していることを、札幌在住の方でもまだ知らない方も多いかもしれませんね。

P1640120

それにしても、重厚感のある建物です

P1640121

酒造りは、上の階からスタートして、下の階へ行くほどに完成していくようになっています

3階と言っても天井が高いので、その分階段の傾斜もキツイですが、当然階段で上に向かいます^^;

P1640122

こちらは精米機。千歳鶴ともなると、規模が大きい!

P1640123

ただ、特別なお酒はこちらの樽を使用して、手作業で行うそうです

P1640128

蒸したお米はこちらの“麹室”で米麹にするのですが、この作業が日本酒造の要であり、温度や湿度管理を夜通し行ったりするのです

P1640133

それにしても、一つ一つの規模が大きいです!!

P1640136

そうそう、よくよく見ると天井に小さな穴が開いているのですが、上で作った日本酒はここにホースを繋げてタンクに注入されるわけです^^

P1640129

ちなみに特別なお酒はタンクの保管場所もやっぱり特別でした!

P1640131

 

あっという間に出発時間になりまして、ココでは試飲ができなかったので、若干心残りな状態で、次の目的地・栗山町の小林酒造へ!

P1640139

通常ですと酒蔵見学が先ですが、嬉しいことにまずはランチタイム!

P1640141

酒蔵の向かいにある、錦水庵へ

P1640144

さっき飲めなかった分、一升瓶で登場しました(笑)

P1640148

日本酒が出てきたので、つい塩をお願いして、田舎蕎麦は酒のアテとしていただきました(笑)

P1640161

心もお腹も満たされた後は、酒蔵見学

国の登録有形文化財にも指定されている小林酒造の建物は、日本酒に興味がなくても一度は見る価値のある建造物です

ちなみに小林酒造が日本酒を作り始めたのは栗山町ではなく、札幌だって知ってましたか?

明治11年に札幌市の中心部で酒造業を初めて、明治33年に栗山町に移転したそうです

 

P1640163

私のブログではもう何度も登場している、小林専務のアツいトークショーが始まりました!!

何度聞いても飽きることはないし、何回行っても新しいお話しが聞けるんです^^

明治から酒造りを営んでいる小林酒造の歴史は本当に深すぎて、ココですべてを書くことは不可能ですので、ぜひ一度足を運んで直接聞いてもらいたい!

P1640173

途中で南杜氏も顔を出してくれました

千歳鶴同様、これからが本番なので、最後の点検作業を行っていた感じです

P1640178

小林酒造はその昔、炭鉱夫のための普通酒を大量に作っていたので、酒造りの道具が半端なく多いのですが、今はすべて純米酒に切り替えたので、今は使用していない設備も多いそうです・・・

P1640165

それにしても、絵になる場所が多いなぁ

P1640168

古い建物を維持していくのは莫大な費用が掛かって大変なのですが、(しかも有形文化財なので勝手に改装とかできないのです)なんとか保存していってほしいものです・・・

P1640188

そうそう、こちらのお酒がフランスで開催されている日本酒の品評会【kura master】の純米大吟醸酒部門でプラチナ賞を獲得したんですよ!

試飲があったので、ありがたく頂戴いたしましたが、華やか過ぎず、食中酒としてもイケる味わいで、フランスでこの手の味わいが評価されるのが、ちょっと驚いたそうです。

P1640191

暖簾シリーズは、デザインの誕生から知っておりますので、親戚のおばちゃんの気分です^^

P1640195

まだまだゆっくりしていたいところでしたが、このあと今回のツアーのメインイベント・キャンプで日本酒を楽しむ会が待っておりますので、バスに乗り込み新しのつへ向かいます!! ・・・つづく

 

第4回 日本全国 酒の肴選手権~小林酒造・造り酒屋をもっと知る会

月末の土曜日恒例、造り酒屋をもっと知る会

この時期はいろんな行事が重なるので
なかなか参加できないことが多いのですが、

お題が『日本全国 酒の肴選手権』と聞いて
何としても参加せねば!と予定を調整して参加^^





早速ですが、今回の選手の紹介
見た目がかなり地味なのですが、
飛鳥の蘇・若胡桃の味噌漬け・フグの卵巣の糠漬け&粕漬け
龍神味噌ゆべし・さばへしこ・塩昆布
おまけで精志さんお手製の田楽味噌も^^

  

この手の珍味は自分で集めて食べることも
そんな簡単ではないので、
こんな風に一気に食せるのはすごく勉強になるし、
ホントにありがたい^^

それにしても酒の肴って
まだまだ知らないものがありそうで
大変奥深く、興味のある世界です

そして今回、人気投票の結果、ふぐの卵巣の粕漬けが優勝!
粕漬けは糠漬けしたものをさらに粕に漬けたものらしいのですが、
格段に美味しさが増していてビックリ!
ちなみに私も粕漬けに1票投じました^^

 

今回の会のために、10年物の酒粕を使った料理を研究していた精志さん
実はお土産にいただいたので、これからオリジナルレシピを考案しなくてはいけません^^;


そうそう、お手製の肉味噌も登場
この会では、同じ米のご飯も
日本酒のつまみになるという教えですが、
この肉味噌があると、
より、お酒が進むつまみとなりました^^




   
今回のお酒のラインナップ  個人的には白ヘビの山廃純米が非常に好み^^
白ヘビってよく、神様の遣いと言われていますが、なんでも水の神様でもあるようです!



20130701-12.JPG   20130701-13.JPG
20130701-14.JPG今回は特別に、もう一つの酒の肴が・・・(笑)
キリガミスト千陽さんのパフォーマンス付きでした♪

即興で似顔絵を切り紙するパフォーマンスも^^



20130701-15.JPG    20130701-16.JPG
20130701-17.JPG息子もキリガミスト千陽さんの
音楽に合わせて踊りだす

その後、誰よりも前に行って凝視
カブトムシとアンパンマンをもらって
大喜び!

さすが、オトナ心も子ども心も
しっかり掴んでいた
キリガミスト千陽さん^^


20130701-23.JPG





20130701-18.JPG  20130701-19.JPG
もう少しご飯が食べたくて、レストラン蔵へ
今回はジンギスカン定食とコロッケを単品で^^
ジンギスカンは初めて食しましたが、予想以上に美味しくて大満足♪


20130701-20.JPG  20130701-21.JPG
テラス席からの新緑と夕張川が最高のおつまみ^^
短い時間でしたがすっかり癒されました~~

20130701-22.JPG
そうそう、今回テーブルの上に置いてあったのがこちら、
今年の精志さんのテーマなんだそうです

四十雀~しじゅうから~四十から・・・  相変わらずなセンスに脱帽!!
でも大賛成(笑)

今年のくりやま老舗まつりは極寒でした・・・

    
昨日の日曜日に行ってきました!2013年くりやま老舗まつり
が、おおよそ4月の中旬とは思えないほどの寒さ。。。
昨年が最高のお天気だっただけに、そのツラさが倍増・・・



    
屋根付き通路にレジャーシートを広げたものの、焼き立ての厚岸の牡蠣も
エーデルワイスファームのベーコンもキノコ汁も、あっという間に冷えていきます(涙)

ということで、今年は小一時間で撤収してしまいました><



20130415-07.JPGでも、大好きなスティックブランをゲットできたので
とりあえず、良しとします^^

この商品、栗山市内で購入すると250円なんですが、
市外は流通の関係上、360円するんです><

なので、栗山で見かけた際は
即、購入することをお勧めします!!




    20130415-05.JPG
20130415-06.JPG栗山駅までの道のり途中にあるので、
今年は谷田製菓さんにも立ち寄りまして、
きびだんごをしっかりいただきました^^









20130415-08.JPG
今年は初参加の友人が3人もいたのに全然堪能させてあげられずで、
このまま帰るのも寂しいし、友人たちにもお祭りの印象が悪くなってしまっては・・・と、
駅の中の食堂で、まつり会場で購入した1升瓶を開け、酒蔵まつり・サテライト会場状態に^^;
(お店の方にお断りしたら、今日は酒蔵まつりだからいいですよ!って、
笑顔で応対していただけました><  ありがとうございます!←お店のものも購入しましたっ)

おかげで先ほど購入したくりやまコロッケや酒まんじゅうも美味しくいただくことができました


やっぱり栗山町サイコ~です^0^















20130415-10.JPG2歳にして老舗まつりが3回目の息子
寒い中、付き合ってくれてありがとね!

飲めるようになるまで連れてくる予定なので
覚悟しておいてね~(笑)

究極の泡汁~造り酒屋をもっと知る会

  
アップが遅くなってしまいましたが、先月の23日に小林酒造で行われた
造り酒屋をもっと知る会・その135 【門外不出の蔵人料理 泡汁を体験】に参加

年に一度の泡汁!!久し振りの参戦です^^
この時期は天候が荒れることも多いのですが、この日はピーカン!!



まずはまさに仕込み真っ最中の蔵見学
この見学も、普通はなかなか見せていただけないものですが、
小林酒造さんは惜しみなく見せてくれるのです^^

   
南杜氏自ら説明してくれます。忙しいはずなのに、いつもありがとうございます!!
   
   
まだ米粒がしっかり見えているタンク、ぶくぶく活性真っ最中のタンク、しっとり落ち着いたタンク・・・
仕込みの進行がよく分かります^^

ちなみにこのタンクに落ちたら即死です・・・

   
さて、さっそくお目当ての泡汁に使う泡を汲み取ります
と、なんだかものすご~~く元気な泡です!!

通常泡汁に使う泡は、タンクのヘリにへばりついていたものを
ぬぐうようにして汲み取ったものなのですが、
今回は元気にぶくぶく活性している泡を使いました

小林酒造でも初めての試みとのことで、専務も撮影しまくり^^





  
会場に運ばれてきた泡!ものすごく元気です^^
早速、三平汁にのせます。のせるとプクプクとまた、元気になります

今まで食べた泡汁とは全然違う泡!!
これは凄いっと、参加した皆さん、あっという間にお替りへ^^

  
前日に愛別で講演をしていた専務が、愛別のキノコご飯を振る舞ってくれました
ひゃ~、シアワセ^Q^



  
ちなみに本日の日本酒のラインナップはこんな感じ^^
この彗星、美味しかったなぁ~

20130307-17.JPG  20130307-18.JPG
最近、山廃に取り組んでいる小林酒造の森糸さん
山廃って、勝手にキレイだけどどこかどっしりというか存在感があるって思っていたけど
小林酒造の山廃はちょっと違う。とってもキレイ 
山廃の定義がちょっと変わった一杯でした



20130307-19.JPGそして本日、新感覚の甘酒を試飲!
これ、絶対ヒットします!!

発売はこれからということですが、
皆様、要チェックです^0^




20130307-20.JPG   20130307-21.JPG
いつも何かしら面白いものを用意している専務
今回は板粕を日本地図の型で抜いた、スポロ・カス!!
ちょっと乾燥してしまっているけど、これはスゴイ^-^
っていうか、日本地図の型があることを初めて知りました(笑)




20130307-22.JPG   20130307-23.JPG
この会は、飲んで楽しんでいるばかりではないのですよ
ちゃ~んとお勉強もしています^^

と言ってもやっぱり楽しい会なので、お酒にちょっとでも興味を持ち始めた方は
一度、参加してみると世界観が変わりますよ!
ただ、人気のイベントなのですぐにいっぱいになってしまうことが多いので、
申し込みはお早めに~
※問い合わせはinfo@kitanonishiki.comまで^^
 小林酒造のサイトはこちら

プロの仕事に大人も感激!シ サワット

先日、息子の2歳の誕生会を栗山の温泉で行いました
なぜ栗山かというと、ワタシの中では毎月恒例の造り酒屋をもっと知る会に参加したかったので、
母親や妹も栗山まで来てもらうことに^^;

せっかく栗山に泊まるのであれば、お誕生日ケーキはシ サワットさんにお願いしよう!と、
3週間くらい前に、『プラレールが大好きな2歳の息子が喜ぶケーキをお願いします』とオーダー

商品を受け取りに行くと、16時なのにシャッターが閉まっていました
どうやらケーキが完売してしまったようです
もちろん、オーダーしていたケーキはちゃんとありました^^

『息子さん、きっと喜んでくれると思いますよ~』と、千葉さん
温泉のレストランの方にケーキの持ち込みをあらかじめ断っておき、
期待に胸を膨らませて、ケーキを運んできてもらいました



!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
あまりの完成度に、一瞬思考回路が止まってしまったほど驚きました
子どもたちはもちろん、大人も子供のように目がキラキラ



あまりに細かすぎて、どこが一番いい角度かわからず、何十カットも撮ってしまった^^;





そのまま部屋に戻り、今一度箱からケーキを出します
食い入るようにケーキを眺める息子

う~ん、これは食べるのもったいない!!
出来ればこのまま飾っておきたいっ

といってもケーキですから早めに食べないと^^;

と、食べ始めたらあっというまに電車たちは
なくなってしまいました・・・
それくらい美味しかったんです

土台や小さな木々はホワイトチョコレート
電車はたぶん、マジパンかな?
こんなにディテールが細かいのにちゃんと美味しいのがすごい




そして飾りの下に隠れていたのが
ベリーたっぷりのケーキ

スポンジフワフワ
ちょうどいい甘さの上質なクリーム

満腹でもペロリといっちゃえます





ちなみに今回予算は4000円でお願いしたんです
この完成度、この味・・・安すぎる思う><

『仕事が早いから、安くできるんだよ』
と、ウェディングケーキのオーダーのお話しをしてた時に千葉さんは言ってましたが、
早いと言っても、ものすご~く手をかけているし、
オーダーしたお客さんの想いをしっかり受け止めて、期待以上のものを作り上げていると思いました

これぞプロの仕事・・・
千葉さん、本当にありがとうございましたっ
出来れば毎年お願いしたいくらいですっ



【シ サワット】
栗山町朝日3丁目96−86
0123-72-3232
11:00~ケーキがなくなったら終了

pageTop