札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『道産酒』タグの付いた投稿

南十勝取材・帯広編~これからの酒蔵の在り方が学べる碧雲蔵

P1640755

帯広で立ち寄りたかったところの一つが、今年帯広畜産大学構内に新設された酒蔵【碧雲蔵

P1640759

上川大雪酒造の帯広支部的な存在

P1640762

まだ一般的には解放されていないので、入口も殺風景

P1640783

ショップになる予定のこのスペースも冷蔵庫も空っぽ

そのような状況ではありますが、上川大雪酒造の総杜氏である川端さんが、蔵を案内してくれました^^

ある意味、貴重なショットかも!!

P1640768

ちょうどスタッフさんが洗米を終えて、道具を洗浄しているところでした

あれ?女性ばっかり!

P1640764

昔は酒造りの場は“女人禁制”と言われていましたが、そもそも酒は女性が作っていたという歴史があるのです。

その辺りの話しは触れると長くなるのですが、 川端杜氏曰く、最近は昔のような重さの米俵もなく、女性の力でも作業が出来るようになってきたこともあり、蔵も女性の働き手を歓迎しているようです^^

P1640773

それにしても、スタイリッシュな蔵です!

いい意味で、酒蔵らしくない(笑)

P1640776

前出の黒いタンクは水を貯蔵するタンク、そしてこちらは酒を絞る“やぶた”

タンクは特注で黒いカバーを作ってもらい、やぶたは中古品を塗装し直して使用しているそうです。

それだけで、“魅せる”蔵になるのです!!

古い歴史ある酒蔵ももちろん魅力的ですが、働く側にとっては、働きやすい環境の方が嬉しいに決まってますし、特に女性は見た目が大事!

P1640774

中でもステキ過ぎる!!と思ったのが、仕込みタンクの作業場がバリアフリーになっていること!!

通常は狭くて急な階段を上り下りしなくては行けなくて、結構危険なんです。

そしてこのフラットになった理由が作業の効率化だけでなく、十勝の冬はものすごく凍れるので、地下に埋めることによって凍結防止にもなるのです!

ちなみに麹室のみ、2階にあるそうです

P1640780

こちらはプレートヒーター

最後の火入れ処理に使用するものですが、加熱殺菌処理が早くて品質の劣化が少ない酒が造れるそうです

 

必要な部分には惜しみなく設備投資し、より効率よく美味しくて売れる酒を造る

そのモデルが成功すれば様々な場所で酒蔵を新築することが可能になるということで、いわば実験的な要素もあり、そして実際に函館でも酒蔵を建築中なのです^^

123647873_189706332660126_6508268634549068715_o

こちらの画像は、碧雲蔵の公式Facebookページの画像をコピーさせていただきましたが、瓶詰めの作業がスタートし、11月13日(金)より、十勝管内で販売がスタートされるそうです!

まずは純米酒からとのことですが、川端杜氏曰く、十勝管内には農業などに関わる方が多いので、日常でグビグビ飲めるようなお酒も作っていきたいということで、本醸造も販売予定があるそうです!

P1640208

ちなみにこちらは、先日の【外で飲もうよ!道産日本酒日本酒プロフェクト】で出して頂いた、碧雲蔵仕込み第1号の日本酒

今回の取材で初めて知ったのですが、酒米自体は上川にある緑丘蔵で使用しているものと一緒で、仕込み水のみ違うそうです。

その仕込み水ですが、この辺りは中硬水なので、ミネラル感があり骨格がしっかりしているとのこと!

しまった~

飲んだはずなのに、アウトドア飲みでおだっていたので、記憶が曖昧だ~(;’∀’)

次に飲むときは、意識して飲んでみることにします^0^;

 

P1640781

それにしても、ますます目が離せない上川大雪酒造!

函館も取材に行かなくちゃ!!

 

「外で飲もうよ!道産日本酒プロジェクト」モニターツアー Vol.2

こちらからの続きです。

P1640197

今回のツアーは1泊2日

宿泊は新しのつにある“たっぷの湯

そして夕食会場はグランピング施設をお借りした特設会場!

P1640199

P1640198

そして料理は、以前こちらで紹介したすすきの隠れた名店“446”の浅井シェフのスペシャルメニューを堪能!!

P1640211

進行は親びんと、FMノースウェーブのDJハイジさん

GO GO RADIO内で、北海道産酒のコーナーを3回に分けて放送していて、今回のツアーも親びんが報告してます^^

01f54a68105985182d0ff501a836a651bfb54a17a3

まずはずらりと並んだ道産酒の記念撮影(笑)

現在、北海道には13の蔵がありますが、うち12蔵で北海道産の酒造好適米を使用して道産酒を醸造しています

P1640201

それにしても贅沢な風景!!

P1640210

当然、こんな写真が撮りたくなります(笑)

P1640233

011f3bbebae82895e849095faa2f08b646b119cb3a

準備していくうちに、どんどん日が暮れていきます

P1640235

ちなみに私はマイグラスを持参!

美味しいお酒をより美味しく楽しむのが、ポリシーなのです(笑)

P1640221

と、美しい景色も良いけど、お腹が空いてきました~

こちらは、新しのつの野菜を使用したサラダ

P1640224

てっきりBBQだと思いこんでいたので、野菜がたっぷりあるのはすごく嬉しい!!

P1640219

合鴨にはハスカップのジャム

P1640218

タチとコーンのアヒージョ

P1640240

バゲットにのせていただきました^0^

P1640237

ちゃんちゃん焼きはフレンチ風にアレンジ

どれも日本酒に合うようにと考えて作ってくれています^^

P1640213

どのお酒も合うけど、ヒトツメは食中酒として最高でした^0^

P1640216

それにしても、アウトドア料理にシェフがいるって最高!!

P1640242

ホイルの中には浅利と札幌黄!

P1640246

ここでとんでもなく豪華な日本酒のアテが登場!

自家製ベーコンのブルーチーズがけ

これは絶対、熱燗でしょう!!ということで、つけていただきました^^

個人的には男山の秋酒が、熱燗にピッタリでした♪

016630fd74298b39e2895e59bcbe95e0621d23f7b6

だんだんと夜の雰囲気になってきましたが、実はまだ18時前だったりして(笑)

P1640247

すでに2次会の雰囲気(笑)

ちなみにカップ酒があれば、網に直接載せて燗酒にすることも出来ます^0^

飲み干したらそこにまた酒を足して・・・

これがアウトドアで飲む、燗酒の楽しみ方!

各テーブルに炭台があるのを知っていたら用意していったのに~~(笑)

P1640250

それにしても飲まさるつまみセットだ。。。

これだけで四合瓶を空けられる自信があります(≧▽≦)

 

P1640253

〆かと思いきや、リコピンたっぷりのカレーが出てきたり・・・

P1640257

〆はなんと、ステーキでした(≧▽≦)

 

01f50ee65654a8b6bdabf5770df676804f0476ea32

あっという間に日も暮れて、さすがに冷え込んできたので、(本当の)2次会はホテルの部屋で行うことに(といっても19時過ぎ)

P1640263P1640258

いつの間にか、北の錦記念館で仕入れていたこちらの一升瓶が登場

もちろん、一次会の道産酒もまだまだタップリ(笑)

私は先日広尾町・岡嶋水産で購入した、ししゃもの乾きものを差し入れ。もちろん、炙る用のチャッカマン持参!(笑)

いやぁ、飲まさる!!

P1640261 P1640260 P1640259

他のおつまみも完璧でした~

というもの、事務局の方が銘酒の裕多加さんで仕入れてきたそうです!

7時間弱飲み続けておりましたが、私はしっかり和らぎ水をいただきつつ飲んでいたので、次の日はスッキリ!!

朝から飲めそうなほど元気でした♪

 

ということで、2日目の酒蔵見学は次のブログで♪  ・・つづく

『米どころ・酒どころ北海道』今こそ北海道産酒をオススメしたい!!

セゾンカードプレゼンツ】、北海道の魅力溢れる場所を紹介&入会特典プレゼント企画、第2弾は場所ではなくモノのご紹介

P1620430※撮影協力 【地酒ノ酒屋 愉酒屋

皆さんは、北海道産酒をよく飲まれますか?

そして北海道には現在、いくつ酒蔵があるかご存知でしょうか?

オサナイは日本酒を、かなり飲む方ではありますが、実は30代半ばくらいまでは北海道のお酒をあまり飲んでいませんでした・・・

正直、それほど好みの味わいではなかったからです。

それがここ10年くらいで、驚くほど各蔵の個性を感じることができる美味しい日本酒になったと心から思えるようになり、道外からくるお客様にも、自信をもってお薦めすることが増えました^^

P1620500

今回なぜ北海道産酒のことを、セゾンカードプレゼンツの企画で紹介することになったのかといいますと・・・

北海道の酒といえばの、親びんこと鎌田孝さん(北海道産酒BARかま田オーナー)から『北海道の酒を応援してあげてください!!』と、ご連絡をいただいたのです。

実は新型コロナウイルスの影響で飲食店での消費量が激減し、自宅飲みが増えていると言っても、北海道産酒の販売量が大幅にアップしているわけでもなく、各蔵元の仕込み用のタンクには未だたっぷりとお酒が入っている状況・・・

このままでは、来年分の仕込みが出来ない状況に陥ります

そうなると、これから収獲する酒米の行き場がなくなってしまうそうです

さらにそうなると、次年度以降の酒米の作付面積が減反されてしまう可能性も出てくるため、生産性が下がってしまうのです!!

これは、かなり危機感をもって行動しなくてはですよ!

 

8a50bcea45778ec76a47ebed8fb4f837-scaled

ちなみに現在、北海道には12蔵の酒蔵があります

(画像は北海道酒造組合より。ちょうど良いタイミングで9月26日から上記のイベントがあるようです!)

+10月から稼働することが発表されている、帯広畜産大学×上川大雪酒造の新しい酒蔵【碧雲蔵】も加えると13蔵

さらに、すでにマスコミで発表されている、岐阜から東川町に移転してくる【三千櫻酒造

2021年から稼働を予定してる、七飯町の箱館酒造

他にも、北見と函館の米どころ亀尾地区に蔵が完成する予定と、鎌田さんが教えてくれました

ただ、以前は十勝地方だけで15蔵あったと碧雲蔵のサイトに記載されているように、北海道内にはまだまだ酒蔵があったわけです

 

0100d7ae3fe2f32e04a9f4ee6697030c6d4696555c

こちら、オサナイが2018年に参加した『にいがた酒の陣』

01bf9f61850ac25e8f659416d47986ab608930e184

新潟県内の酒が試飲できるイベントなのですが、その種類が半端なく・・・

新潟は230万の人口に対して89蔵

北海道は530万の人口に対して2020年10月の段階で13蔵・・・

鎌田さん曰く、近年の日本の気候による高温障害や災害の増加で、北海道という土地のポテンシャルに注目している全国の蔵元も多いそうです。

 

P1620504

彗星・きたしずくは酒造好適米(酒米)の品種名

このほか、吟風と北海道には3種類の酒造好適米があり、美味しい水と広い土地がある

一度は衰退してしまった酒造りを、今こそ北海道から盛り上げていくべきなのではないかと、のん兵衛のオサナイは鎌田さんのお話を聞いて、強く思うのです!

P1620503

ちなみにこちらの看板は【海空のハル】 という、居酒屋の個室名

0164c879606f24f10766144e41b941aa6331469337

“チセ”と呼ばれるアイヌの伝統的住居作りの個室があり、道産酒はもちろん、アイヌ民族が食していたお料理や飲んでいた酒を再現したものを味わうこともできるお店です^^

P1620509

 

ということで、ぜひとも改めて北海道の皆さんに、北海道産酒を味わっていただきたい!!と、声を大にして言わせていただきました^0^

飲食店では、道産酒BARかま田さんに行けば道内全蔵揃っていますし、もちろん他にも様々な飲食店で扱っているので、日本酒のメニューを見た際はまず、北海道という文字を探してください^^

購入して自宅でゆっくり飲みたいと言う事であれば、最初の写真の撮影に協力いただいた、【地酒ノ酒屋 愉酒屋】さんがオススメ

P1620445

清田区真栄の住宅街と、若干不便な場所ではありますが、わざわざ行くだけの価値はあります^^

新千歳空港への帰り道ということもあり、レンタカーで観光されたお客様が立ち寄ることも良くあるそうですよ~

P1620434

 

P1620437P1620443

何を買ったら良いかと迷ったときは、若女将の知世さんがアドバイスしてくれます^^

 

今回はセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード入会の特典として、道産酒飲み比べセットをはじめとした、10,000円相当のプレゼントがもらえちゃいます!!(飲めない方には、別商品もあり。)

Sapporo100miles_750_300_2


詳しくはこちらのページで!

 

 

P1620433

そうそう、アルコールがNGという方には、こんなキュートな甘酒もあるんですよ!

オサナイ、つい取材中に購入してしまいました^0^;

いつか道内全蔵の甘酒飲み比べが出来たらいいなぁ^^

 

 

オホーツクのアルコールと美味しい食べ物たち

ありがたいことではありますが、10月は色んなお仕事が重なりまして、中々ブログを更新できないまま気が付けば11月(;’∀’)

えぇぇぇ、2019年もあと2ヶ月しかないのか・・・

今さらながら焦ってきました。。。

そんなわけで、皆様にお伝えしたかったのにアップできていなかった情報を、今さらながらなものもあるかもしれませんが、綴ります!!

 

P1490733P1490734

こちらは10月30日(水)にホテルオークラ札幌で行われた、【オホーツクの夕べ】の備忘録

11月はホテル内のレストランで【オホーツクフェア】を開催中ですが、その前段の一夜限りのイベントとして行われました^^

P1490728

ウェルカムドリンクは、“菩提樹のミード

はちみつのお酒なので甘くて飲みやすい、ウェルカムドリンクにピッタリの1杯

P1490737

テーブルには、網走ビール流氷ドラフト桜桃の雫

美しい色のビール!そしてカラーのイメージのそのものな味わいで、流氷ドラフトは爽やか系・桜桃の雫はほんのり甘い系

P1490730 P1490729

そして焼酎たち!

じゃがいも焼酎は知っていたけど、韃靼そば焼酎とまつたけ焼酎は初めて知りました!

P1490731

何となく、お湯割りの方がより味の特徴が分かるかなと思い、まず韃靼そば焼酎からオーダー

ん??どう飲んでもそば焼酎っぽくない。どちらかというと、まつたけ焼酎のような・・・

なので、飲み終わる前にまつたけ焼酎をオーダー

やっぱり!さっきのは間違いだったのか!

P1490746

結果、ものすごい酒豪のような絵になってしまいました(実際、酒豪でしょ!というツッコミが聞こえそうだけど・・・)

と、それくらいまつたけ焼酎はインパクトあります!

分かりやすく言うと、松茸のお吸い物的な味わい

韃靼そば焼酎は、普通のそば焼酎より茎っぽい味がしました~

お湯割りで、すっかりポカポカ♪ これからの季節にオススメです^^

そして、オホーツクの特産品をホテルオークラ札幌のシェフがアレンジした、今夜限りのメニューたち

P1490739

美幌とまポン酢入り秋鮭の南蛮漬け

冷蔵庫に常備しておきたい一品

P1490740P1490742

帆立貝とマッシュルームの香草バター焼き

今や世界に名をはせている、“北海道のホタテ”

そんな話を聞いたばかりだったので、改めて味わうとやっぱり美味しいと思う

P1490743

大豆ミートと玉ねぎの麻婆あんかけ

肉に見えるけど、大豆!

でも、普通に肉っぽい!!

そして、北見と言えばの玉ねぎ! こうして食べると甘さが直に伝わります^^

P1490745

これは色んな意味で印象に残る一皿でした^0^

P1490748

白身魚のソテー チコリソース

ほんのり苦みが残るチコリのソース、ちょっとクセになる味わい!

P1490750

かにしゅうまい キノコあんかけ

メチャメチャ食べ応えのあるかにしゅうまい。本来はそのままでも十分な味わいなのでしょうが、こうして味わうとよりリッチな気分(笑)

P1490752

たまコロのチリソース仕立て 昆布酢入り

こちらもまさに、コロッケだけでも十分美味しいのですが、シェフの手によってホテル仕様に!

たまコロは全国的にも有名ですが、玉ねぎたっぷりで甘みしっかり♪

ついもう一つ・・・と手が伸びる味わい^^

P1490754

サロマ黒牛のロースト 和風ソースと山わさび バターライス添え

P1490756

普段は牛肉にあまり重きを置かない方なのですが、サロマ黒牛、美味しい!!

でもって、山わさびが合う!!

さらに個人的感想ですが、添えられていたバターライスのジャガイモも全部好きっ^0^

P1490758

おからクランブルチーズタルト 秋のフルーツとバニラアイス添え

結構なボリュームだったので、おからのデザートは嬉しい!

こんな感じで、オホーツクの様々な企業の商品を、オークラアレンジのアイデア料理で楽しんだ夜でした^^

 

 

今回はいただきませんでしたが、ラウンジプレシャスで販売中のコチラが、気になって仕方ありません~

201910_19

 

 

RIEDELで日本酒を楽しむ By海空のハル

先日ご縁があって、RIEDELの大吟醸&純米酒専用グラスで道産酒を飲む会に参加させていただきました♪

P1320018

 

お店は北海道産の酒やアテそして、アイヌ料理やチセ(アイヌの伝統的家屋)もある【海空のハル

01bfd96ca7cda4eae4e0a08bdd881cd6420e24947a0123d666360d8c4e958a1994ca936b86f5cf5aa608_00001

今回はチセではなく、個室を利用したのですが、どの個室にも、北海道の地酒の名前がついており、部屋の中もその蔵の前掛けやのぼりなどで装飾されております^^

014b9d81d3471c2bfd8692b1325086c1fd6a3885d2_00001013661154a2032c31435283e613575dc83b3331283_00001

利用した部屋は“国稀”でした!

 

P1320023

RIEDEL~リーデル

ワイン好きな方なら一度はこのグラスで飲んだことがあると思いますが、260年以上続くオーストリアのグラスメーカー

ワイン葡萄の品種に合わせてグラスを造っています

その昔、まだ20代前半だったワタシに、ワインに詳しい友人がプレゼントしてくれたのがRIEDELでした

そして、このイベントの際にいただいたリーデル・オーは、今や出張や旅のお供に忘れてはならない存在になっています^^

そのワイングラスのメーカーが、大吟醸グラスを造ったのが2000年

そして今年、純米酒専用のグラスが発売になったのです

日本酒はワインよりも複雑で、グラスの形状を決めるまでにはものすごく時間がかかったそうですよ

※詳しいエピソードはこちら

P1320020

※こちらは大吟醸グラス

まずは、いつもの冷酒グラスで大吟醸をいただいてみます

ちなみに銘柄は小樽・田中酒造の寶川(この日本酒を飲食店で扱っているところもかなり希少!)

そして大吟醸グラスに写して口元に近づけると、グラスの口に鼻が入り込むので、ふくよかな香りがより伝わるんです^^

でもそれが、ふくよかな香りが特徴の純米酒には逆に不向きだったので、口径が広いグラスが誕生したわけです

 

グラスくらいでそんなに変わるの?と思っている方は多いと思いますが、ホントに変わります!!

だけど正直、どんなグラスで飲んでも美味しいよ!という声も正しい意見

だけどだけど、せっかくならこうして飲み比べて違いを体感するのも面白いと思うのです^^

そんなイベントを、今回の会でご一緒した銘酒の裕多加の理恵さんと一緒に、これから考えてみようと思います!

 

今回、海空のハルでいただいたお料理

P1320027P1320025

さすが、飲み放題に道産酒もラインナップしているだけありまして、酒のアテが充実(笑)

P1320036

ちびりちびりと舐めながら・・・状態(笑)

 

P1320029

 

P1320031

 

P1320033

P1320042

さすがにご飯は完食できませんでしたが、あら汁はしっかりいただきました(笑)

P1320045

アイスクリームでサッパリとリセットしたところで完了!

012fef4c751b8ff3c65f480ac26e7b4bca1ee448b4_00001

次は、チセを利用してみたいかも^^

 

pageTop