札幌100マイル

RSS Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

by Sapporo100miles編集長 オサナイミカ

Sapporo100miles編集長 オサナイミカ
プロフィール

札幌生まれ・札幌育ち。Sapporo100milesスタート時より編集長して綴らせていただいた、オサナイミカの記録。お酒を愛してやまない性格ゆえ、飲食に関する情報は酒が中心(笑)
2011年2月にアラフォーで長男を出産。その後一度100マイルを離れ、フリーランスで育児の傍らアドバイザーやコメンテーター等のお仕事をさせていただいておりました。

2014年、サイトリニューアルに伴い、編集長として復帰。

これからも、大好きな札幌と北海道の食と観光の話題を中心に、自分が感じたままの言葉で綴らせていただきたいと思いますので、引き続きよろしくお願い致します!!

取材依頼等のご相談は、info@100miles.jpまで、お気軽にお問い合わせください。


投稿したブログ数:3588件

魍魎の匣

12月22日からシネマフロンティア他で公開になる、京極夏彦原作の映画
魍魎の匣』の取材&試写会に本日行ってきました

いつもなら、試写を見てからの取材となるので、積極的に質問もできるのですが、
今回は先に見ることが出来ず、他の皆さんの質問の受け答えを聞く側に徹しました^^;



堤真一さんは、『この作品に出演出来たことがすごく幸せ。
自分の出ている映画だけど、出来上がりを見てびっくり!!
本当にすばらしい作品だと思う』と、心からこの映画を絶賛していました

また、さんの妹役の田中麗奈さんは、
『ものすごい役者さんたちに囲まれて仕事が出来たことに、本当に感謝している』
と、二人ともこの作品にかかわれた事に幸せを感じていたようです

というのも、原田監督の指示や空気の読み方が、とても的確だったようで
場の雰囲気もすごく良かったみたいですよ!


正直に申し上げますと私、前作の『姑獲鳥の夏』を見ておりません
小説も難しすぎて、途中で断念してしまった状況…

ただ、今回の作品は監督が違うんですよね
で、さんもおっしゃってましたけど、
前作の京極堂は機械的だったけど、今回は人間味のある京極堂なので、
前作のベースはあるけれど、また違ったものを感じられるとのこと

田中麗奈さんも、
『話は難しいけど、エンターテイメント的な部分も多いので、すごく観やすいと思います』
と、言ってました

で、試写を見てその辺が納得できました!

やはり、難しい言葉や背景は出てくるには出てくるのだけど、
所々で場内から笑いが漏れ聞こえるくらい、絶妙なトークの掛け合いシーンがあったり、
ハラハラドキドキなシーンもあったりと、展開が速くて、見逃せない部分が多いのです

その理由のひとつというのが、堤さん・阿部寛さん、椎名桔平さんが
実は同い年(43)で、本当に息のあった演技を見せてくれているからなんです

アドリブのシーンも結構あるようで、
本当に自然な感じで演技ができたそうですよ!
(そのシーンは、ホントに台本なしなの??って感じでしたもん)

『それぞれが頑張ってきた、実力のある役者さんですから、
20代のころに出会っていたらぶつかっていたかもしれないけど、
この歳なってお互い良い味が出て、うまく絡めたのではないか』
と、さんが話していたけど、
その雰囲気はスクリーンを通してでも伝わってきました


実物のさんを拝見出来たからというのもあるかも知れませんが、
大人の男性の色気を感じられるこの映画、
私くらいの世代の女性にはかなりヒットする作品かと思われます…(笑)



それにしても俳優さんというのは、前回のめがねの取材の時もそうでしたけど
なにか一般人とは違うオーラを発しています


ま、まぶしいですっ

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • スパム・迷惑コメント投稿防止のため、メールアドレスの入力が必須ですが、公開はされません。何卒ご協力のほどお願いいたします。
  • 投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。
pageTop