札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『おひとりさま』タグの付いた投稿

おひとり様でも行きやすい♪【天ぷら弥平】

大同生命ビル~miredo~については、先日こちらでも1軒紹介しましたが、もう1軒気になっていたのが、“天ぷら弥平

016f1ecd129cff325ee330d994a6d03fb44d101e2b

先日、ようやく足を運ぶことが出来ました!この時、ご一緒した方が先にいらっしゃっていたので、駅前通り側の入り口からしれっと入ったのですが、正解はビル内の入り口だったみたい・・・

01d83c4bf8c27953a0abee893a30f36b06cae17d68

一瞬、驚かれました^0^;

P1600219P1600223

喉がカラッカラだったので、芋ソーダ割りで乾杯

ご一緒した方は、クラフトビール(たぶんタップマルシェ)

最近よく見かける、引き出しにカトラリーや取り皿がセットされている感じのカウンター席

メニューを眺めて、初めてだったこともあり“椿コース”とアラカルトで楽しむことにしました

P1600221

こちらの前菜5種盛り合わせは、アラカルトでもコースでも同じものが出ます

飲まさる系の前菜を前に、のん兵衛のワタシはすでに単品が向いているなと思い始める^0^;

P1600225

さっそく天ぷらがやってきました。

最初に3種類

P1600227

P1600229 P1600230

 

ちなみに塩が2種類、天つゆもあります。

天ぷらを味わっていると、黒トリュフの茶碗蒸しが運ばれてきました。

濃厚です!飲まさります!! 

P1600235

天ぷら、続々やってきます

ちなみに7種類です!

P1600234 P1600251

芋ソーダもなくなり、次はどうしようかと考えていたら、シュワシュワ行きますか!ってことでまとまり、ボトルでオーダー

このスパークリング、お手頃(3,500円)なのに美味しいっ

しかも天ぷらに嬉しいくらいに合うんです^^

P1600237

コースの主菜のもう一品は、牛ヒレのポン酢おろし

P1600243

夏を感じる、稚鮎の天ぷら!

この苦みは、オトナ(特にのん兵衛・笑)じゃないと楽しめあいよなぁ~^0^

P1600239

こちらはアラカルトでオーダーした、またまた夏を感じるハモ!

だんだん日本酒も欲しくなってきましたが、今日のところはシュワシュワで(笑)

P1600246P1600248

そしてこちら、海苔の天ぷらは、いくらぶっかけ付き!!

うぅ、やっぱり日本酒オーダーするべきだったか(笑)

P1600253

そうこう考えているうちに、〆のご飯ものがやってきたので、こちらに集中!!

P1600256P1600259

鯛茶漬け、まずは味噌をたっぷりつけてそのままご飯を頂きます♪

そのあとはお茶漬けで^^

 P1600261

デザートは、姉妹店“カネマス弥平とうふ店”でも人気の、豆腐のマスカルポーネ

もう、満腹です(;’∀’)

P1600264

コースとアラカルトで堪能した結果、アラフィフのん兵衛は確実にアラカルトがオススメ

そして、初めてカウンターの天ぷら屋さんを体験する方や、がっつり食べたい人にはコースが安心でお得かと!

実際どちらの客層も来ていて、若いカップルもいれば、外食慣れした女性2人組、おひとり様の晩ご飯って感じのサラリーマンもいたり、とにかくひっきりなしにお客様が訪れていました!

 

 

1月8日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息~焼鳥ひげぼうず

寒中お見舞い申し上げます。

1月がスタートしてすでに1週間以上たっておりますが、改めまして2020年もよろしくお願い致します。

ということで、2020年最初のブログは、1月8日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息に掲載いたしました、【焼鳥ひげぼうず】のご紹介です!

P1510625

名前もさることながら、行燈と暖簾のインパクトがすごい焼鳥屋です!

P1510626 P1510646

イラストはオーナーの村上さんの似顔絵です

うん、間違いない(笑)

P1510631

店内はコの字型のカウンター10席のみ

P1510634

メニューはこんな感じ

P1510636

手前のカウンター前には焼き鳥の入ったショーケースがあるのですが、最初に思ったことは“美しい!!”ということ

P1510638

焼鳥って串打ちが大事な仕事と前に聞いたことがありますが、その仕事をちゃんとしている感がショーケース越しにも伝わってきます!!

P1510639

早速焼いてもらうことにしたので、焼き場に近づいて撮影させていただきました。

P1510650

なんと!炭も美しい!!!

思わず見とれてしまいました・・・

P1510664

当たり前だけど、焼いても美しい

P1510655P1510656

この秘伝のタレらしき壺に串を入れる姿も、美味しさの演出と化しています!!

 

P1510658

持論ではありますが、美しいものは間違いなく美味しいのです

P1510672

P1510683

P1510684

こんなに美しい串打ちが出来て、美味しくて、その上希少部位まで仕入れできるとは、さぞかし業過が長いのかと思いきや、村上さんの前職は銀行員!!(ちなみに34歳)

いつしか焼鳥屋を開業することが目標となり、奥様以外ほぼ全員が反対する中、銀行を辞め、市内の焼鳥店などで修業

昨年の11月に、“焼鳥ひげぼうず”を開店する運びとなったそうです

ひげぼうずのステキなところは、焼き鳥がオイシイだけじゃなく、お通しや一品料理も完璧なこと♪

P1510667

完璧にのん兵衛仕様です!!

P1510677

P1510686

そしてコの字型のカウンター、座ると他のお客様と目線が合わないので、女性がおひとりさまで来ても、心地よく飲食できるような感じがしました^^

P1510641

ドリンクラインナップはこんな感じで、ワインなども揃っています。

個人的に黄金色のまんこいが目に留まりまして眺めていると、“うちのレモンサワーはこの焼酎で作るのですが、キケンなほど美味しくて、開店して3週間くらいですでに3本空になったんです”と、村上さん

P1510675

確かにレモンサワーは流行っているけど、そこまで言うならぜひ!と、味見させていただくことに。。。

あっという間に飲み干してしまいました^0^;

その危険なほど飲まさるレモンサワーの味を、ぜひ一度確かめてみてください^0^

 

ちなみに村上さん、YouTubeもやってるんです~

めちゃくちゃ忙しそうなのに・・・さすがは元銀行マン(笑)

冬はやっぱり、ビルDEハシゴ酒~チェントロ・チッタ~スギモト酒店

ヤンボウの後に向かったのが、先日プレイタウンふじ井ビル9Fにオープンしたばかりの【チェントロ・チッタ

P1500842

P1500833

以前のお店をご存知の方も多いかと思いますが、入口の壁がなくなり、前より少しオープンな感じ

P1500835P1500836

まずは黒胡椒のカクテルで一休み(笑)

飲むときはむせないよう、注意が必要なお年頃・・・^0^;

P1500840 P1500837

今のところをはBAR営業ということですが、料理の提供も予定しているそうです^^

コースター替わりのトランプ2枚が、バブル時代のBARみたいでステキ(笑)

P1500838P1500841

 

その後、もう一軒行きましょうということになり、向かったのは同じビルの4Fにある【スギモト酒店

P1500845 P1500850

最初に頼んだ、くらむぼんロゼがお通しにピッタリで、あっという間に飲み干す(笑)

P1500846P1500855

これを飲むなら、この料理が合いそう!そしたらこのワインもいいんじゃない?

P1500856 P1500863

あ!ワインの味が変わる!!てな感じで、キケンなループの始まりです^0^;

P1500852P1500858

こちらに移転オープンしたばかりの時に、料理をやりたいからこの場所に移ったんです。と、杉本さんがおっしゃっていましたが、

確かに料理があることによって、ワインが飲まさるって実感(笑)

P1500861  P1500866

それにしても、プレイタウンふじ井ビルのお店のバランスってイイ感じです^^

ちなみにワタシが過去に行ってアップしたブログも下記にリンクしておきます(しかし古いブログは恥ずかしい・・・笑)

      

ブログに履歴がないけど、市場とAサインバーも行ってるな

出来るだけ外に出たくない北海道の冬にピッタリ!!

 

新店探訪でヤンボウへ!

11月27日(水)に、狸小路7丁目に移転オープンした【羊と中華 ヤンボウ

019ac5d28b5aa07304c63b1d411d684563bfaf9e54_00001

場所は先日惜しまれつつ閉店した、“コピティアム”のあと!

有名店の後って、結構プレッシャーがかかるんじゃないかと思うのですが、サスガOGAグループという感じで、すでにいい雰囲気が漂ってます!!

P1500824

すでにお客様が入っていたので、店内は撮影していませんが、テーブル席の他、カウンター席もありました^^
そして、天井の雰囲気がイイ感じ!

P1500825

厨房の雰囲気もイイ感じ♪

あれ?冷蔵庫の扉が客席側に向いている

だけどそれすら店の雰囲気になじんでいるのが、また素晴らしい

P1500823

最近、すっかり焼酎ソーダ割派ですが、今日は久しぶりにカリー春雨をソーダ割にしてみました^^

焼酎や泡盛は量り売りシステム

ソーダも瓶に詰めてきてくれたのですが、何だかすっごくオシャレなんですけど!!

そしてのん兵衛のワタシにとっては、自分のペースで飲めるのって、精神的に楽(笑)

P1500826

ゴーヤと塩卵を花椒油で和えたもの

飲まさるやつ

P1500828

羊の串は盛り合わせでオーダー

モモ・ショルダー・バラ肉・舌

P1500830

羊のすね肉の玉子焼き

徹底的に羊です!

もちろん焼売や餃子も羊縛り♪

今回はサクッと〆ましたが、他にも気になるメニューてんこ盛りだし、量り売りシステムはグビグビ飲まさるし、コピティアムとは全然雰囲気違うけど、どこか懐かしさがあって落ち着くし、何と言ってもランチもやっているとのことで、近日中に再訪したい♪♪

 

 

11月20日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息~ニシジルシ

11月20日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、ものすご~く目立たない場所に9月にオープンしたばかりの【ニシジルシ

P1500149

石山通を一本、中に入った通りで、完全なる住宅街

P1500151

暗くなって照明が灯ったら逆に目立つかもしれませんが、正直『よくこんなところに飲食店を出したなぁ』と、思ってしまうレベル^0^;

P1500129

でも窓に、“鶏煮込カレー” “クラフトビール” “樽生コーヒー”と描かれているので、何屋さんかは一発で分かります^^

P1500109

店内は、テーブル6席&カウンター4席

P1500116

カウンターの上の黒板に、メニューが記載されています。

P1500115

カレーは1種で、トッピングが色々ある感じ

P1500117

後は、クラフトビール、ハードサイダー、焼酎や自家製サワー、そして樽生コーヒーもあり、カフェ感覚でBAR感覚でと、時間帯によって使い分けできる感じ。

 

P1500133

 

まずは早速、看板メニューの“鶏煮込カレー”をいただいてみることに

P1500135

パッと見カレーと言うより、洋風茶漬けもしくはスープリゾット

これは・・・食べる前から気になりすぎる形状!!

P1500139

添えられている漬物を、思い切り混ぜて食べるのがオススメとのことで、思い切って混ぜる!

P1500141

見た目がすでに、カレーじゃありません(笑)

でもしっかりスパイスが効いているので、食べたらカレーなんです!!

そしてそして、1口食べるごとにハマっていくこの感覚!!

全体的にはスープだけど、漬物の食感が生かされてちゃんと食べている感があるし、ライスもななつぼし・発芽玄米・ジャスミンライスの3種類をブレンドしているので、プチプチ感と旨みの融合と言うか、とにかく色んな味わいが次から次へと押し寄せてくるんです!!

これは・・・究極の“カレーは飲み物です”系カレーかもっ

P1500146

こんなすごいカレーを作るんだから、相当カレー店とかで修業したのかと思いきや、『このスペース&場所で、僕一人で営業するとなると、居酒屋は厳しいし・・・』と、出来ることを考えた時にカレーと言う選択枠になったそうで、それからオリジナルレシピで鶏煮込カレーを考案したそうで・・・

西脇さん!ある意味天才ですっ!!

P1500143

と、この日は車だったので、残念ながらクラフトビールと合わせることが出来なかったのですが、『樽生コーヒーとも合うんですよ』と、一口味見させていただきました。

いやいや、そうでもないでしょ、きっと。と、疑い半分で飲んだら、樽生コーヒーのクリーミーさがものすごくしっくりきて、なんだか西脇さんの手中にハマってしまった感な取材でした(笑)

P1500142

ちょうど、仕込み中のカレーも見せていただいたのですが、ものすごいコラーゲンで、プルップルでした!!

ということで、こんなに汁なのに、テイクアウトも出来るそうですよ~

 

P1500113

ただし歩道が狭いので、テイクアウトの際はくれぐれもお気を付けくださいとの表記が・・・

色んな意味で味のある店ですっ(≧▽≦)

 

 

pageTop