札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『円山』タグの付いた投稿

1月30日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~レストランとと

1月30日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、昨年12月に円山の住宅街にオープンしたばかりの、【レストランとと】

とと外観

“とと”になる前は、一般のお宅だったというから、本物の古民家です!

P1350080 P1350075

それにしても、お店に入る前から色々可愛すぎる!!

ちなみに“とと”は幼児言葉で“魚”を意味するといわれていて、ロゴにも魚のイラストが入っています^^

そしてなぜ魚かと言いますと、レストランととは、横浜にある“カネ保水産”というイタリアンレストランの姉妹店でして、こちらのオーナーの奥様のお父様が、三崎でマグロの仲買人をされているということから、マグロをはじめとする魚介がウリのイタリアンとのことで、この名称に^^

と、説明が長くなってしまいましたが、それではオーナーは本州の出身なのかと思いきや、札幌!

しかも今回札幌にお店を出すにあたり、高校時代の同級生3人で共同経営するという、一風変わったスタイル!何でも、20年越しの夢がかなったそうで、ちょっとうらやましくもあり、そして感心をしてしまったのでした^0^

 

と、肝心のお店のご紹介に戻ります

P1350082

玄関の扉を開けると、まるでおばあちゃんの家に来たような感覚になり靴を脱ぎたくなりますが、土足のまま上がります

左手にテーブル席

P1350086 P1350087

右手にはカウンター席と、窓際にもテーブル席がありました^^

ココが床の間だったのかなぁとか、昔の家の造りを思い出しつつ、想像してしまいます

P1350123

さらに奥にもテーブル席があり、思っていた以上に広いです。

今はまだ、物置状態とおっしゃっていましたが、これから2階にも席を設けるそうです。

そして雪が解け、庭の桜の木が満開になるころには、庭にもテーブル席を置く予定なんだそうです^^

 

P1350103

早速、オススメのパスタをいただいてみました♪

【タラバとズワイのトマトクリームタリアテッレ】

麺は100gと言っていましたが、それ以上に感じるほど食べ応えがありました!

P1350095 P1350113

パスタはランチでもディナーでも同じメニューを味わえますが、ランチでいただくと同じ価格(1280円)で前菜とドリンクが付いてくるのです^^

P1350099 P1350098

この前菜が、飲みたくなる系!(笑)

夜のメニューの前菜を盛り合わせにしているということは、飲みたくなって当然か(笑)

P1350120

ワインはイタリアを中心に、お手頃価格からしっかり系までナインナップ

P1350093

個人的に、グラスワインのメニューが分かりやすくて好き(笑)

ピッツア2

今回はいただきませんでしたが、ピッツアもオススメとのこと。

そしてもちろん、マグロメニューも見逃せません~

マグロサラダまぐろ

 

オープンして1ヶ月半くらいなので、まだまだこれからかもしれませんが、居心地が抜群に良いので、とことんトークをしたい女子会向きであることは間違いありません^0^

ちなみに店内にはピアノも置いていありまして、LIVEなんかも大歓迎とのこと!

P1350102P1350125

あ、ギターもある!

と、この“便”という文字の入った扉は、もともとあったものだそうです!

逆にオシャレすぎる!!

 

P1350101

 

とりあえず、今後は夜の部でお邪魔したいっ!!

 

【レストランとと】

札幌市中央区南4条22丁目2-2

011‐312-0425

11:00~15:00 / 18:00~22:00 ※L.O.各30分前

火休

全席禁煙

 

 

 

 

 

器と人柄に一目惚れ・・・すし宮川

先月、ご縁があって初めて伺うことのできた、【すし宮川

P1320451

各方面から噂は耳に届いてはおりましたが、カウンター8席ということで、中々予約が取れないことでも有名

この日も2回転目での入店(もちろん満席)

P1320453 P1320457

シャンパンをハーフボトルでいただき、スタート

P1320461

おつまみが美味しいのはもちろんですが、最初から器にやられてしまいました・・・

P1320462

 

P1320467

こちらはアワビなどをいただいたのち、このだし汁の中に握りを投入

P1320473P1320470

あまりの美味しさに、勢い余って完食しちゃっても、ちゃんと追い出汁をかけてくれます^^

シャンパンもあっという間になくなりまして、やはり日本酒をいただきたくなってしまいました

P1320475

おちょこは自分でセレクトできる仕組み

P1320481P1320479

これは・・・飲まさる一皿ですっ><

P1320482

 

P1320484

毎回、ゆっくり味わいたい気持ちと、早く口に入れたい気持ちが戦います^^;

 

P1320490P1320492

つまみが美味しいと日本酒も進んでしまうのです^0^;

おちょこも変えてくれましたので、次はコチラにしてみました^^

 

さて、握りがスタートしました

P1320494P1320497P1320499

P1320502P1320508P1320510

P1320514P1320517P1320526

特別な言葉はありません。ただただ美味しいの一言

美味しいので、その間に日本酒も次々に・・・^^;

P1320506 P1320519

日本酒のラインナップがまた、自分好みというところもある意味危険・・・

 

P1320521

あぁ、全身の力が抜けていく。。

P1320529

椀物も体の芯まで染み渡るオイシサ・・・

 

P1320537

やっぱりかんぴょう、頼んでよかった><

P1320531P1320542

最後まで期待を裏切らなかったなぁ

 

この構えで、予約も取りにくくてとなると、すごく緊張感のあるお店なのかと思いきや、宮川さんのほっこりというか、初めてでも肩の力を抜いてくれる接客と空気感が、たまらなく心地よかったです^^

そして割と若めのお客様もいらっしゃっていたことにも驚きました~

P1320458

このカウンターのカエデが、すごく素敵でした^^

P1320449

お子様が書いたという看板のロゴからも、優しさがにじみ出ておりました^^

 

また来れるよう頑張ります。。。

 

 

11月14日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~caffè&trattoria ORZO

本日の北海道新聞夕刊・ほっと一息のコーナーでご紹介したのは、今年9月にオープンした、【caffè&trattoria ORZO~オルゾ

P1310224

入口からして、ほんわかした空気が漂っている感じ♪

P1310193

店内に入ると、さらにホッコリした気分になれる空間!

全17席と、決して広いとは言えないお店ですが、どこに座っても収まりがいいというか、1名できても2名できても、グループできても、ちょうどいい場所がある感じです^^

P1310189

奥のテーブル席は、半個室風

 

P1310199

ちなみに奥から入口を写すとこんな感じ

P1310196

ORZOの一番の売りは、3種の道産小麦を独自にブレンドして作った、手打ちパスタ

パスタ

『春よ恋』 『ゆめちから』 『ルルロッソ』をブレンドしているそうです。

全粒粉も使用しているので、ちょっと茶色に仕上がっております^^

P1310213

さっそく、シラスと檸檬のパスタをいただいてみることに

パッと見はさっぱり系のパスタかと思いきや、ピリッとスパイスも効いているんです!

こ、これは・・・確実にワインが欲しくなるやつ!!(笑)

P1310211 P1310203

ちなみにワインはボトルもグラスも、お手頃な価格帯のものを用意しているとのこと^^

そしてパスタは通常サイズのほかに、ハーフサイズの用意もあるので、夜はあまり炭水化物に走りたくないけど、やっぱり少し食べたい・・・という、ワタシのようなのん兵衛はかなり嬉しい!!

 

P1310214

もう一つ、ぜひとも味わっていただきたいお料理があるのでぜひに!と、オーナーシェフの町屋さんにお勧めされていただいたのが、道産牛ホホ肉の赤ワイン煮 かわいファームのビーツ

 

P1310217

じっくり時間をかけて火を入れた牛肉がホロッホロで美味しかったのは言うまでもないのですが、牛肉以上に感動したのが、ビーツ!

こんなに甘くてホクホクのビーツ、初めて食べたかもっ!!

ちなみにかわいファームは西区小別沢にあるそうです

P1310207

町屋さんはORZOをオープンする前は、『ブラッスリーコロン』で働いていたのですが、ブラッスリーコロンと同じく、生産者との繋がりを大切にしたお店にしていきたいとのこと。

北海道はこれからしばし、野菜が採れない季節にはなってきますが、来年には軒先マルシェなんかも出来たら・・・と思っているようです^^

そうそう、ORZOは店名に“caffè”と記載されているように、ランチタイム(14:30まで)終了後は、カフェとしても営業中♪

545A2434

ドリンクはもちろん、自家製のドルチェも楽しめますよ!

 

P1310202

個人的に一番食いついたのが、ランチセット(パスタセットorグラタンセット・各1500円)のドリンクで、タップマルシェのクラフトビールがセレクトできるところ!!

これは、お得すぎですっ^0^

 

初・【鮨しののめ】のステキ過ぎた夜

お寿司屋さんほど、初見で入りずらいお店はないと思う。。

なので、ほぼ知人の紹介で知ることが多い。

P1300171P1300172

鮨しののめ】はご存じでですか?と信頼のおける方からお誘いを受けまして、先日行ってきました。

場所は円山のビルの2階

ココは確実に、教えていただかないとたどり着けないかも^^;

店内はカウンター8席のみ。

日曜日でしたが、予約でいっぱいでした!

P1300173P1300175

日本酒のラインナップがワタシ好みでいきなりテンションが上がる

しかもメニュー以外にも用意があるとのこと♪

P1300177

味はもちろんだけど、見た目で楽しませてくれる和食には、癒しの効果もあるなぁと思う

 

P1300179

究極の“旨み”を感じた1品

思わず、目をつむって噛みしめる。。。

 

P1300182

くうぅぅ

日本酒が進みます~~~~><

 

P1300186

しばし、会話すら止まってしまう

 

P1300189

秋刀魚をこんな風に味わうなんて・・・自分では絶対やりません。。だから嬉しい

 

P1300192P1300199

2種類目の日本酒はお任せでお願いしました。やっぱり好み!!

握りも絶品!

このシャリ、好みかもっ

サイトをよくよく読みますと、東川町のお米&お水なんですね!

P1300190P1300196P1300202

 

ココで反則な1皿

P1300209

漬けのTKG!

なにこれ~~~!!

どんぶりで食べたくなるヤツじゃないですかっ~

 

そしてココから手渡しタイム

P1300204

P1300210

ウニの上に昆布パウダーって・・・美味しいにきまってる

P1300213 P1300216

海苔の美味しさにも癒されましたっ

 

P1300217

お椀でほっこりしたのち、〆の玉子とデザート

P1300220P1300224

どれも味はしっかり際立っているけど優しくて、たくさん食べたはずなのに身体がすごく楽!

そしてあっという間に3時間以上経っていたのに、それを感じさせないリラックスした空気感

食を楽しむというのに相応しい空間でした!!

P1300203

中原さん、素敵なヒトトキをありがとうございました!

 

夏こそカレー!そして昼飲みでしょ!!~円山教授

Tap Marché】企画で、またまたステキなお店に行ってきました!!

P1260465

店名は【円山教授】 ルーカレー専門店です!

場所は中)南4西21の住宅街

P1260433

外観もステキでしたが、内観はもっと素敵!

P1260434

どこに座ろうか、真剣に悩みました^^;

P1260437

ピークタイムは超えていたので、一度テーブルに座りましたが、その後お客様が数名入っていらっしゃったので、カウンターへ移動

P1260464P1260449P1260450

色んなものが可愛すぎて、写真撮りまくり(笑)

このメニュー立て、センスいい!!

P1260435 P1260436

テーブルによっては、こんな風にウォーターサーバーが設置されていて、すごく美味しそう~

あ、でも今日は、【タップ・マルシェ】のビールをいただきます!!

P1260439

本日飲めるのは、『496』のみだったので、そちらをいただきました^^

そしてカレーはと言いますと・・・

P1260448P1260446P1260445

う~ん、魅力的で見やすいメニューの説明書きを読むと、どれも美味しそう!!

これは悩みます~~

P1260444P1260447

でも、初めての来訪ということで、人気No.1の『浜カレー』を辛口でいただきました!

P1260443P1260442

ご飯は一番小さいサイズで。

P1260452

一番最初はこのカレーしかなかったそうで、まさに円山教授の原点カレー

P1260453

思った以上に、魚介がたっぷり入っていました!!

P1260455

野菜は素揚げしてあって、サク甘♪

P1260462

さっそく、『496』を一口

こちらに、特徴が詳しく記載されていますが、まさに個性があるのにゴクゴク飲めてしまう不思議なバランス

そしてカレーを食べた後にもう一口いただくと、味の変化が楽しめます!!

というのも、野菜や魚介のだしの旨みがシッカリ効いた、コクのある程よい甘さのルーカレーと、スパイシーなビールの味がすごくいい感じで絡むというか・・・

少しカレー多めにして、カレーそのものの味を楽しんだり、ビールだけで楽しんだり、エビとか具だけとビールを合わせたりと、個人的には、ライス全くなしで、ガーリックトースト数枚付けてもらって、ビールのお供カレーにしてもらいたいほど、よく合いました^0^

 

他のカレーも気になるし、たぶん、常陸野だいだいエールとかも合う気がするので、ゼヒ置いてください!!と、アツくお願いしておきました^0^

 

それにしても昼のビールって、なんて幸せな気持ちにしてくれるんでしょうねぇ(笑)

北海道の短い夏を楽しむには、それくらいしても罰はあたりませんよ^0^

(多分・・・)

 

pageTop