札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『ワインバー』タグの付いた投稿

やっぱり小樽飲みがスキッ!!~Taru Lab(タルラボ)&キャプテンズ・バー&BAR BOTA

以前こちらで紹介したことのある【タルラボ】が、お店を構えたと聞き、先日行ってきました♪

01c977644f1ee0716b358db9e7c83e739e85ec6227

場所は色内1丁目

017096d2fb603eab7307e5799eb094336d9fde24f8011e0d00bf8e8626637fb36b2d3013879c773074d7

手宮線跡地を抜けて運河方面に曲がると、黒板が見えてきます^^

01a5892f0ac288cf2c3dfabb2cb80f742b8de86f14

シンプルで落ち着きのある空間^^

P1620531

ライトの雰囲気、好きだなぁ

P1620513

駅から歩いていたので、喉を潤すのにピッタリなこちらをいただきました^^

グレープジュースを添加しているとのことで、フレッシュ感があるんですと説明してくれました

P1620523P1620521

まだオープンしたばかりなので、これから変わるとは思いますが、今現在のメニューはこんな感じ

P1620516

おすすめのおつまみを、盛り合わせで出して頂きました

『私たちが美味しいと思うものを提供しようと思っています』とのことでしたが、このハムがまたスライスの厚み含めて個人的にパーフェクト♪

P1620519

相変わらず美味しいサルディーニャのオリーブ

オリーブは特段大好きというわけではないのですが、こちらのオリーブは1粒食べたらとまらなくなっちゃうんです^^

P1620534

そして今回初体験の“パン”

一見、クラッカー的なのですがサルディーニャ地方のパンなのだそう

塩味控えめなので、ハムやチーズにもピッタリ♪

P1620533

おつまみが美味しいのであっという間に1杯目を飲み干してしまい。おすすめの白をいただきました。

これがまたまた、驚くほど好みの味わいでして・・・(≧▽≦)

P1620541

ワインのことはお二人に聞けば特徴やその土地のことなど、丁寧に教えてくださいます^^

0132957bf6202ecf41ae444dbf8752e3c810043d15

ちなみにワインショップも併設していまして、こちらの蔵にワインが陳列されています。

0181dd65161db4e591133fd297356e387e0a504895

オーナーのマノロ氏が、この蔵に一目ぼれしてこの物件に決めたそうですよ^^

P1620537

イタリア・サルディーニャ島で作られている、こだわりのワインやリキュールそして食品など、どれも自分たちが惚れ込んで輸入しているとのことで、愛を感じます^^

P1620535

これから焼き菓子なども販売したいという構想もあるようで、今後も楽しみなお店です^^

オサワイナリーもすぐ近くにあるので、週末の小樽さんぽがますます楽しくなりました♪

 

小樽に行ったら、一軒で終わることはワタシの中ではあり得ません(笑)

01b5195cc3e68d5ccdddd414aabac6a05295b223b0

タルラボさんからもすぐの場所にあります、『オーセントホテル

その2階にあります、メインバー【キャプテンズ・バー

もしや、この日以来かな(;’∀’)

P1620547P1620549

まずはジントニックでリセット

ちなみにこちらは、KWVクラックスランド ドライ・ジン

なんと、南アフリカのクラフトジンです!

最近ジントニックを自宅で飲むこともあるけど、やっぱりバーテンダー(しかも野田さんに)作ってもらうと全然味が違う・・・

やっぱりステキなBARだなぁなんて心地よ~くなっていたら・・・

P1620553 P1620555

なんとロゼシャンパンと一緒にバラの花びらが!!

ご一緒した方が明日がワタシの誕生日とお伝えしてくださっていたようです^^

素敵な前夜祭となりました^^

 

そしてそして、ある意味今宵のメインディッシュ?

P1620589

BAR BOTA】に初来店!

0125d737cddbbf533de2d3ad64fc643cd6cc048f90

入った瞬間から好きっ!!って思いました(≧▽≦)

P1620558

いきなり、こんな樽からウィスキーが出てくるし(しかも自分で注ぐ・笑)

P1620563 P1620566

明らかに色が付いているし、香りも高い!!

た、楽しすぎる(≧▽≦)

P1620573 P1620574

お安めのウィスキーに、ミズナラのスティックを入れたものを飲ませてくれたり・・・

もう、変態じゃないですか!!

(注・変態は誉め言葉)

P1620557

カウンターにはずらりとベン・ネヴィスが・・・

P1620576

どうしよう・・・

楽しすぎておだってしまう~~

P1620583 P1620581

すごいBARがあると言われていたので、きたしてお邪魔したのですが、期待以上に凄かったです!!!

P1620590

何より、マスターの生き様が気になって仕方ありません!!

今度はもっとゆっくりお話し聞かせてください(笑)

 

やっぱり小樽には、定期的に飲みに行かないとだな

とある日のワインハシゴ~【ティルブション⇒ミク—】

先日、お初の相手とのさし飲み会がありまして、お店選びを任されました。

実はこれって、かなり緊張します^0^;

相手の好みとか感覚をいかに聞き出して、気に入っていただけるお店をセレクトできるか・・・

失敗したら、盛り下がること確実・・・^0^;

 

P1480417

今回のリクエストは、センスの良い造りで、落ち着いて話が出来て、可能であれば個室が理想

話しに集中したいので、軽めの食事が良い

そんな希望を引きだし、いくつかのお店を提案

実はワタシ、カウンター好きなので個室のお店情報に疎い・・・

でも、【ティルブション】には、個室&個室風のテーブル席があったはず!!

P1480416

ということで、一番奥のテーブル席を予約

P1480401

お料理は、おつまみ系でお任せします!と、丸投げ(笑)

まずは軽く泡を1杯

P1480410

お仕事の話しもあったので、たぶん1本をゆっくり飲むほうが良いかなと思い、オレンジワインを1本オーダー

P1480408

それに合わせてやってきたおつまみが、見た目も味も秀逸でした~

P1480403

思わず真上から撮りたくなる・・・

P1480414

どれも期待以上!

そして何より、お料理を運んでくれるペースと、ワインを注いでくれるタイミングが絶妙!!

P1480419

やっぱり森君の接客のセンスって素晴らしいっ

ご一緒したKさんも大満足だった様子^^

 

そんなわけで、もう少し飲みましょうかと言う流れになり、向かったのは【ミク—

P1480421 P1480426

初めてテーブル席に座りましたが、これがまた居心地がよく、ワインが進み、話も盛り上がる^^

P1480422

店舗デザインというお仕事をされているKさんが、どちらのお店も『さすがはオサナイさん、いいお店を教えてくれてありがとう』とおっしゃってくれたことに、かなりテンションが上がりました♪

 

 

 

4月10日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~wineman

4月10日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、【wineman

P1380882

初めて店内に足を踏み入れた時、真っ先にこちらの風景写真に心を奪われました・・・

 

場所は、すすきの都通りにある第5グリーンビル

P1380931P1370910

ココって住所で言うと南4条になるから一瞬迷ってしまうんですよね^^;

築年数を感じさせるビルの入り口&エレベーター

そのエレベーターが5階に到着して扉が開くと、目の前に飛び込んでくるのがこちらの看板

なんだか、すごくギャップが・・・(笑)

P1380879

ものすごく落ち着いたトーンの、カウンターのみのお店

P1380884

と思いきや、奥はテーブルが動くようになっていて、パネルを出すと個室になるような造りになっていました^^

さらに個室用の入口もあるので、カウンターを通らずに出入りすることができるそうです!

“お忍びにも使えるんですね!”と、つい、口に出してしまいました(笑)

P1380892

winemanは、aki nagaoの系列店

aki nagaoの世界観をそのままに、だけどaki nagaoよりは気軽に使ってもらえるような、そんなお店を目指して昨年の9月にオープンさせたそうです

aki nagaoでは使用できなかった食材の一部なども無駄にせずwinemanでしたり(なので、いい食材を少しリーズナブルに味わえるそうです^^)、店を作る際の資材も、札幌軟石や廃材などを再利用したり、いわゆる“サスティナブル”がコンセプト

そういわれると、妙にしっくりくるのはその思いを身体で感じ取っていたからなのかと思ってしまいました^^

 

P1380900

お料理は、仕事帰りにふらりとおひとりさまで来ても、美味しいものがちゃんと味わえるようにという思いを込めて用意しているそうです。

写真は、前菜を盛り合わせにしたもの

ピーク時はできないこともありますが、少しずつ色々つまみたいというワガママにも対応してくれるそうです^^

P1380922

ワインも料理に合わせて提案できるよう、グラスワイン(800円~)が豊富とのこと

P1380913

エゾ鹿のロースのカツレツ、カシスマスタードのソース

お料理は2人分のボリュームがあるのですが、ハーフサイズにも対応してくれるそうです

そしてコース料理(5200円~)もおひとりさまから対応してくれるとのこと!(コースは前日までに要予約)

P1380917P1380920

『お店に色がない分、お料理で彩りを添えるようにしています』という説明に、大きくうなずく

それにしても、器も素晴らしい・・・

P1380886

遅い時間はBAR感覚で気軽に利用するのも全然OKとのこと^^

そしてゲリラ的に、aki nagaoの長尾シェフが店に立つこともあるそうですよ!!

 

 

P1380887

どこを写しても美しいので、つい趣味に走る^^;

P1370914 P1370913

グラスの影まで美しい・・・

P1380927

このさりげない、“open” “clause”のお知らせも、いちいちステキ・・・

 

 

NYの老舗ワイナリー【LENZ】を味わう

2019年がスタートして、はやくも4日が経ちました。

札幌は穏やかな三が日

元日には北海道神宮へ初詣に行きましたが、とても心地の良い空気が流れていました(おみくじは中吉でしたが^^;)

 

さて、2019年最初の投稿は・・・やはりアルコールで(笑)

皆さん、NYのワインは飲んだことがあるでしょうか?

アメリカのワインと言えば、カリフォルニアが有名ですが、地理的な要素からも、アメリカ東海岸のワインはなかなか日本に入ってこないそうなのです。

そのNYで一番売れているという【LENZ

P1330389 P1330410

このワインに一目(一飲)惚れして日本に初上陸させた方がいらっしゃいまして、現在はNIKI Hillsヴィレッジで取り扱いをしているのですが、良いワインは良いグラスにプロに注いで飲みたい。。。と思いまして、こちらのお店で数量限定で取り扱ってもらうことに!

P1340103

中央区南3条西3丁目TMビルB1Fにありあす、ワインバー モン・レーヴ

P1340106 P1340117

オーナーソムリエの小林さんからも、とても美味しいとお墨付きをいただきましての取り扱いとなりました!

今回LENZは、白(ゲヴュルツトラミネール)と赤(カベルネ・ソーヴィニヨン)があるのですが、小林さん曰く、このワインは赤から飲んでもいいかも・・・とのこと。

それならば、素直に赤から頂きます!

P1340109

以前飲んだ時より、明らかに香りが高い

そしてスルスルと飲み干せてしまうほど、身体になじみます^^

アメリカ=カリフォルニア=太陽サンサン系な味わいという認識があったのですが、それとは全然違う果実味があります

 

P1340122

その後、白(ゲヴュルツトラミネール)をいただく

あ、ホントだ・・・

赤を飲んだ後でも、しっかりとゲヴュルツの特徴を感じる味わいが楽しめます!ちょっと驚き!!

 

ということで、こちらのLENZ・白&赤の2種類が、1杯1000円(ボトル9000円)で、楽しむことができます♪

数量限定ですので、気になる方はお早めに!

 

【モン・レーヴ】

札幌市中央区南3条西3丁目TMビルB1F

011-802-8057(事前にお電話で確認するとよいかもです)

19:00~翌3:00 日休 ノーチャージ

スギモト酒店でビールって新鮮♪

先日アップした、【Sapporo Cheese House Mero.】の後、実はもう一軒お邪魔してました^^

P1270271P1270270

ワタシのブログでは何度かご紹介している、スギモト酒店さん

スギモト酒店といえば日本ワインという印象ですが、いつの間にかカウンターの端っこにタップ・マルシェのディスペンサーが!

P1270255

ということで、杉本さんにクラフトビールを注いでもらう図

なんかすごく新鮮!!(笑)

P1270260

ワイングラスかと思いきや、うすはりグラスでした^^

ビールを飲むと、つまみも欲しくなります

P1270265

羅臼産 蛸と茗荷の梅こんぶ風味

これは間違いなく、ビールに合う!!

ワインも飲みたいけど、やっぱりビールで始めたい&締めたいっていう人が周りに多いので、これは朗報かも♪

 

P1270269

と、リフレッシュしたい方にはこんな炭酸水もありました!

瓶代がかなりかかってそうなオシャレボトル炭酸水^0^

 

コチラのページで【タップ・マルシェ】が楽しめるお店をご紹介中

 

pageTop