札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『天ぷら』タグの付いた投稿

おひとり様でも行きやすい♪【天ぷら弥平】

大同生命ビル~miredo~については、先日こちらでも1軒紹介しましたが、もう1軒気になっていたのが、“天ぷら弥平

016f1ecd129cff325ee330d994a6d03fb44d101e2b

先日、ようやく足を運ぶことが出来ました!この時、ご一緒した方が先にいらっしゃっていたので、駅前通り側の入り口からしれっと入ったのですが、正解はビル内の入り口だったみたい・・・

01d83c4bf8c27953a0abee893a30f36b06cae17d68

一瞬、驚かれました^0^;

P1600219P1600223

喉がカラッカラだったので、芋ソーダ割りで乾杯

ご一緒した方は、クラフトビール(たぶんタップマルシェ)

最近よく見かける、引き出しにカトラリーや取り皿がセットされている感じのカウンター席

メニューを眺めて、初めてだったこともあり“椿コース”とアラカルトで楽しむことにしました

P1600221

こちらの前菜5種盛り合わせは、アラカルトでもコースでも同じものが出ます

飲まさる系の前菜を前に、のん兵衛のワタシはすでに単品が向いているなと思い始める^0^;

P1600225

さっそく天ぷらがやってきました。

最初に3種類

P1600227

P1600229 P1600230

 

ちなみに塩が2種類、天つゆもあります。

天ぷらを味わっていると、黒トリュフの茶碗蒸しが運ばれてきました。

濃厚です!飲まさります!! 

P1600235

天ぷら、続々やってきます

ちなみに7種類です!

P1600234 P1600251

芋ソーダもなくなり、次はどうしようかと考えていたら、シュワシュワ行きますか!ってことでまとまり、ボトルでオーダー

このスパークリング、お手頃(3,500円)なのに美味しいっ

しかも天ぷらに嬉しいくらいに合うんです^^

P1600237

コースの主菜のもう一品は、牛ヒレのポン酢おろし

P1600243

夏を感じる、稚鮎の天ぷら!

この苦みは、オトナ(特にのん兵衛・笑)じゃないと楽しめあいよなぁ~^0^

P1600239

こちらはアラカルトでオーダーした、またまた夏を感じるハモ!

だんだん日本酒も欲しくなってきましたが、今日のところはシュワシュワで(笑)

P1600246P1600248

そしてこちら、海苔の天ぷらは、いくらぶっかけ付き!!

うぅ、やっぱり日本酒オーダーするべきだったか(笑)

P1600253

そうこう考えているうちに、〆のご飯ものがやってきたので、こちらに集中!!

P1600256P1600259

鯛茶漬け、まずは味噌をたっぷりつけてそのままご飯を頂きます♪

そのあとはお茶漬けで^^

 P1600261

デザートは、姉妹店“カネマス弥平とうふ店”でも人気の、豆腐のマスカルポーネ

もう、満腹です(;’∀’)

P1600264

コースとアラカルトで堪能した結果、アラフィフのん兵衛は確実にアラカルトがオススメ

そして、初めてカウンターの天ぷら屋さんを体験する方や、がっつり食べたい人にはコースが安心でお得かと!

実際どちらの客層も来ていて、若いカップルもいれば、外食慣れした女性2人組、おひとり様の晩ご飯って感じのサラリーマンもいたり、とにかくひっきりなしにお客様が訪れていました!

 

 

5月30日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~ワインとお料理 Yonna-yonna

5月30日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、F-45ビル4Fにあります【ワインとお料理 Yonna-yonna

沖縄ツウの人はすぐ、方言(ゆっくり・ゆっくりの意味だそうです)と分かると思うので、沖縄料理のお店と思われてしまうかもしれませんが、メインは“天ぷら”

東京の老舗天ぷら店で修業していた川邊勇毅さんが昨年の8月にオープンさせたお店です。

P1230918P1230859

F-45ビルのエレベーターを降りると正面にいくつかのお店があるのですが、ふと横に目をやると、ものすごく控えめな感じで、店名の書かれた黒板が置かれています。

入ってすぐ、オープンキッチンを囲むように設置されたカウンター席

左奥にはソファ席もあります。

P1230857

その、ソファ席からカウンターを眺めた図

P1230853

天ぷら屋さんですから、揚げたてをスッと提供していただけるカウンター席がオススメ♪

P1230883

思わずじ~~っと見つめてしまいます^^

P1230864P1230865P1230862

と、カウンターの前には美味しそうな旬の野菜たち♪

やっぱりメニューより現物のほうが説得力あります^0^

P1230863

と、そこにこのようなコースのご案内があったので、メインはコースなのかと思いきや、単品で楽しむ方が圧倒的に多いそうです。

早速単品で、本日のおすすめを出していただきました^^

P1230882

昆布森産の生牡蠣は580円。 かなりのビッグサイズ!!

『生でも天ぷらでも楽しめますよ』と、川邊さん。

道産子なので、生ガキはよく食べるけど、天ぷらではあまり食べたことがない!!(カキフライが圧倒的)

P1230896

ということで、急遽天ぷらにしてもらいました^0^

カキの旨みが倍増した感じ♪♪♪

ジューシー&プリッ!!なんとも食べ応えのあるカキでした^0^

 

P1230887

白身魚の梅しそ(280円)

梅の甘酸っぱさが存分に楽しめますので、もちろんこのままで♪

これ好きだなぁ~。。。3つは食べられる!!(笑)

 

P1230890

そしてこちらはウニ!!!!

ウニもカキ同様、天ぷらで食べたほうが旨みが増す気がします^0^

この旨みは罪です・・・水やお茶では美味しさが半減してしまうのです><

 

と、体中からその思いがにじみ出ていたのか、ワインがやってきました^0^;

P1230893P1230877

ワインのメニューブックは奥様の手作りだそうで、すごくわかりやすいデス^^

グラスは580円~、 そしてボトルは3500円~揃っています^^

はぁ~~~

ウニの美味しさが、口の中いっぱいに心地良~く広がりました^0^

さて、ヨンナーヨンナの看板メニューでもあります、活あなごの天ぷらの時間がやってきました!!

築地から空輸で仕入れているそうです!

といっても、この店内に水槽らしきものはありませんが・・・

P1230901 P1230902

え?そこから出すんですか!!(笑)

川邊さんがしゃがんだと思ったら、ひょっこり現れたあなごちゃん

カウンターに座ると、そういう距離感が楽しめて好きです^^

P1230905P1230908

無駄のない動きで、あっという間に天ぷらに・・・

P1230914

骨まで美しく揚がっております^0^

さっそくいただいてみました。さっきのシュッとした風貌からは想像できないほどのふっくら感!!!!

このふっくら感は、活締めだからこそなんだそうです^^

天ぷらはいつも塩派ですが、(飲ん兵衛なので^0^;)あなごは天つゆかも・・・と思い、用意してくれた天つゆにつけてみました。

あ!甘くないっ!!

北海道は、そばつゆも天つゆも、少し甘めに感じるところが多いので、この味わいはかなりウレシイ♪

 

メニューを見ると、おつまみ系の前菜や〆のご飯ものなど色々あって、しかもノーチャージなので、一人でフラリと立ち寄れる天ぷら屋さんとして、重宝しそうです♪

ただし、基本は川邊さんお一人での営業なので、行く前に1本電話を入れて確認した方が確実です^^

 

それにしても、神奈川出身の川邊さんが、なぜ札幌でお店を出したのか気になって伺ってみたところ、(ちなみに奥さんが沖縄出身)やっはり北海道の食材の美味しさが決め手だったそうです。

ちなみに天ぷらの衣は道産小麦100%、そして油は深川の米油とのこと。
(なので、衣の食感がカリッとしているけどもっちり感も楽しめます^^)

やっぱり本州からいらっしゃる方は、探求心が素晴らしいと思いました♪

 

 

5月2日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~醸造酒と天ぷらのお店 plur(プラー)

5月2日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”でご紹介したのは、住宅街の仲通にひっそりと行燈が灯る、【醸造酒と天ぷらのお店 plur

P1210693

カウンター7席と、4名掛けのテーブル席が一つ、ただしオーナーシェフの吉田さんがほぼ一人で営業しているので、テーブル席はほぼ使用していないそうです。

実はかなり前から気になっていて、一度紹介したいと思ってはいたのですが、あまり忙しくなってしまうとかえってお客様に迷惑が掛かってしまうかもしれないので・・・と、遠慮されていたのですが、このたび、お手伝いしてくださる方が入られたようで、今回の掲載となりました^^

 

その名の通り、日本酒やワインなどの醸造酒と、天ぷらをはじめとしたおつまみが気軽に(ちなみにノーチャージ)楽しめるお店です

P1210697

日本酒は基本、ワイングラスでの提供。そしてワインは日本ワインのみ

P1210698

 

とにかく飲ん兵衛大歓迎のお店でして、1500円以上飲む方は、料理を“会員価格”で味わえます!

P1210680

 

P1210688

そしてアルコールは、飲みたい量が選べます

P1210700

こんな風に飲み比べしてみたり、気になっていた銘柄などを、色々試してみることもできます^^

日本酒のほとんどが四合瓶で、入れ替わる頻度も早いので、まめにplurのSNSをチェックすると良いかもです^^

P1210703

P1210708

 

天ぷらの提供にはどうしても時間がかかってしまうので、その前にアルコールと一緒に楽しめるおつまみもあります^^

image1

 

こちらは人気の野菜の天ぷらの盛り合わせ

image2

4種類の塩があるので、お好みで♪

P1210722

 

と、メニューを眺めていたら、気になるものが・・・ P1210685

 

P1210713

ほたるイカの天ぷらって初めて見ました!!

揚げるとき、油跳ねないんですか??って聞いたら、『先日、お客様にも同じこと聞かれました』って、吉田さんが笑ってました^0^;

それにしても、このほたるイカの天ぷら、ずるいほど日本酒が飲みたくなる味!!

P1210717

そして2Lのアスパラ!!

アスパラって、揚げた方が甘みとみずみずしさが増すと思うんです^^

そしてこれは、白ワインが欲しくなる~~~~

 

と、この日はアルコールはお預けだったので、近日中にアルコールを堪能しながら、再度天ぷらを味わいたいと思ってます!!

 

 

 

image3

ちなみに月・水・木の12:00~14:00は、ランチ営業もしています

こちらはとある日の天丼♪

 

住宅街なので、遅い時間はそんなにお客様が来ないのでは?と、勝手に思っていたら、逆に遅い時間が混んだりすることが多いようです。

どちらにしてもカウンター7席のお店なので、事前に電話を入れてから行くのが確実です!

 

 

 

 

北海道だからこその取り組みを味わう~沼田を“食べ”“呑み”“買う”会

12063535_953175024772884_252702796318165823_n P1640667

先日、琴似の大和家で行われた、【沼田を“食べ”“呑み”“買う”会】に参加してきました^^

P1640665総勢、52名の出席者の中、ワタシのお向かいには沼田町長が^0^;

若干の緊張感はありましたが、おかげで知らなかった沼田町の取り組みやお国自慢などを知ることが出来て、とても有意義な時間を過ごすことが出来ました^^

沼田町と言えば、まず思い浮かぶのは“ホタル”かな?

後は、NHK朝ドラ“すずらん” と言っても、私自身は観ていないのですが^^;

個人的に道北方面に親戚がいるので、よく通る場所ではあったのですが、沼田町に立ち寄ったことは、正直に申し上げますと、ないのです^^;

 

 

と、沼田町は豪雪地帯。その雪を活用した、雪山プロジェクトという、雪を使ってのCO2削減で環境にやさしいまちづくりn取り組んでいるのです。

 

まずは、雪を利用した特産品の取り組み

P1640639  P1640640

P1640645 P1640647

沼田はトマト栽培、そして加工も盛んです。

P1640641  P1640642

P1640644 P1640648

玄米とまとソースは最近完成したばかりの商品とのことで、ワタシも購入してみました!

まだ味わっていないので、感想はまた改めて、新商品ピックアップブログでアップしようかと思います^^

P1640650そして日本酒!

左の“雪なごり”は、雪中蔵に貯蔵してゆっくり熟成させた、食用米で作ったお酒なんですが、とってもまろやかで、食用米と言うことを感じさせない味わいでした^^(醸造は高砂酒造)

ちなみに右側の“琴似”は以前、こちらでもアップしたことがありますが、田植えから関わっている、琴似限定の日本酒(醸造は日本清酒)。

こちらも雪中蔵に貯蔵しているので、以前呑んだ時より、よりまろやかになっていて美味しかったです^0^

今年も田植えに参加出来たら・・・と、思ってます^^

 

 

P1640655  P1640656

そしてお食事は、沼田町の米やじゃがいもなどを使用した、いつもの大和家とは少しだけ違う内容で提供されました。

特にお寿司の米は、以前も書きましたが、普段は大和家用に特別にブレンドされたモノを使用しているのですが、今回は雪中米を使用。個人的にはお寿司でも美味しくいただける食感だったかなと思います^^

そしてじゃがいも!しっかりとした食べ応えと、寝かせたことによる程よい甘みを実感しました~~

 

と大皿にレタスがてんこ盛り状態で、テーブルに置かれています。

P1640659 P1640660

P1640662 P1640663

沼田には、栃木の会社が手掛ける、無菌状態で栽培しているレタス工場があるそうで、水洗いしなくてもそのまま味わえるレタスなんだそうです!沼田の小学校の給食は全て、こちらのレタスを使用しているようですよ!

4種類ほどのレタスをそのままでモシャモシャ味わいましたが、ちゃんとレタスの青々しさを楽しめました^^

残念ながら、今のところ札幌では販売していないようですが。。

添えられているポテサラはもちろん、ポテトフライと同じ、雪中貯蔵のじゃがいも使用♪

P1640671  P1640672

途中で、夜高あんどん祭りの映像も上映

北海道で唯一の喧嘩あんどん祭り。その存在は知ってましたが、2日間のおまつりで、一日目に壊したあんどんを、次の日に修理して使用しているのは初めて知りました^0^;

今年は記念すべき40回目ということで、今回のイベントを主催した“琴似ぶうむ会”の小嶋さん(NPO法人雪氷環境プロジェクト理事)、原みちるさん(ことに大和家女将)が、日帰りバスツアーを現在、企画中とのことで、詳細が決まったらまた、みなさんにもお知らせしようと思います!

その前に沼田町を一度、取材しに行かねば!!

P1640653 P1640658

 

BLACK NIKKA フリージング ハイボールBARからの大門横丁ハシゴ!

函館バル街のチケットを使い終わっても外はまだ明るく、ようやくエンジンがかかってきた(?)私たちは、とりあえず座って飲みたい!と言うことで、期間限定で営業中の、BLACK NICCA フリージングハイボールBARへ!

P1630541 P1630569

立ち飲みテーブルの他に、ハイスツールのイス席もあるのです^^

P1630565  P1630555

 

小休憩でも、アルコールは飲む!!そんな時はやっぱりハイボール♪

P1630556  P1630543

冷え冷えのフリージングハイボールは、氷なしをセレクトすることが出来るのも嬉しい♪そのためのサイズのグラスも作ったのですね~、さすがです。。

P1630546グラスと同じ素材で出来た、専用コースター(ほ、ほしい。。)

グラスにくっつきやすいので要注意(笑)

 

 

 

 

 

 

 

P1630554 P1630560

サスガ、函館!イカ飯もあります!!

P1630564店長オススメと言うことでイカのバターソテーもオーダーで、イカづくしです(笑)

おつまみ的なものもあるので、1軒目使いも2軒目使いも出来そうです^^

 

 

 

P1630552 P1630550

P1630558  P1630561

ブラックニッカ、クリア&リッチブレンド&ディープブレンドの飲み比べセットなんかもありました^^ ガラナハイボールがあったのも函館ならでは!って感じです

すっかりテンションが上がってきたところで、お隣りの大門横丁へ!初潜入♪

P1630570  P1630573

金曜の夜と言うことで、結構な賑わいでした。ぐるりと回って、ピンと来たという友人の言葉に従って、ひとくち天ぷら 柏や

P1630574 IMG_3939

 

P1630576  P1630585

今一度、ハイボール!確か竹鶴♪ 友人、何かしらのサワー(笑)

P1630577 P1630579

そして、目についたもの、色々オーダー!!どれも美味しい~~~!!

特にタコの天ぷら、鮮度が良いのがよく分かります!!これは大当たりでした^0^

P1630581   P1630583

IMG_3941なんと、天ぷらを揚げているのが女性で、しかもオーナーとのこと!

函館に住んでたら間違いなく通うなぁ~

ご馳走様でしたっ

 

 

 

 

 

IMG_3943  IMG_3944

お腹はいっぱいですが、せっかくの横丁なのでハシゴです!!次は韓国料理 金家

やっぱりマッコリは外せません^0^ お通しの韓国のりの天ぷらが美味しすぎて、またまたテンションUP

IMG_3945  IMG_3949

キムチも本格的で美味しい~~~!!ここもまたまたアタリでした^0^

 

IMG_39512軒ともアタリだったので、すっかり気分が良くなって、さらにもう一軒!おでんと一品料理 かねなか

おでんと、なぜかメンチカツ(笑)

ハイ、ただの酔っ払いです。。。でも、楽しかったことだけは覚えております(笑)

 

 

 

 

IMG_3953   IMG_3956

 

IMG_3957満腹中枢がすっかりやられておりまして、函館に来たらラーメンでしょう!!ということ(になったのか?)〆はラーメンたつみ!!

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3958  IMG_3960

見事に透き通った、函館塩ラーメンは〆に相応しい味!!(だったはず。。。すみません、あんまり記憶有りません^0^;)

 

この後、あまりにお腹がいっぱいで、このままでは眠れないということで、近場のカラオケパブに行き、地元の若者とGLAYを歌って盛り上がったのでありました。。。(笑)

やっぱり函館は、年に一度は行きたい場所だなぁ~^^

 

 

 

pageTop