札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『蕎麦』タグの付いた投稿

「外で飲もうよ!道産日本酒プロジェクト」モニターツアー Vol.1

01f54a68105985182d0ff501a836a651bfb54a17a3↑グランピング施設にて、ずらりと並んだ道産酒。もちろん写すだけじゃなく飲みました(笑)

先日、米どころ・酒どころ北海道振興事業 道産日本酒販売拡大業務の一環で、“キャンプで楽しむ道産日本酒と酒蔵巡りモニターツアー”に参加

1泊2日で4つの蔵を巡り、昼も夜も道産酒漬け!!

新たな学びもたくさんあり、ますます北海道の日本酒のファンになりました(≧▽≦)

その行程を、2回に分けてご紹介します^0^

 

【1日目】

P1640103

朝9:00過ぎに札幌駅北口に集合し、(新幹線に向けてのホーム拡張工事のため、いつのまにか鐘の広場が使えなくなっていてビックリ)バスで日本清酒(株)・千歳鶴酒ミュージアムへ

P1640106

P1640107

新型コロナウイルスの影響で、仕込み水そして日本酒の試飲コーナーが無くなっていたのは残念でしたが、昔のポスターなんかもあって、楽しめる場所です

P1640109

もちろん、限定酒なんかも変えます^^

P1640114

道内でただ一人の女性杜氏でいらっしゃる市澤さん

仕込み前のバタバタな時期だったのでご挨拶だけでしたが、10月12日(月)から仕込みが始まると言っていたので、これからしばらくはお忙しいと思います

美味しい日本酒を世に送り届けるために頑張ってくださいね!!

そしてお隣は、道産酒と言えばの鎌田孝さん(通称・親びん)

今回のツアーの仕掛け人でもあります^^

P1640137

今回は酒ミュージアムではなく、日本酒を作っているこちらの棟の見学がメインです!

P1640119

こちらは事前予約のみ見学ができるのですが、仕込み時期に入ると見学はしばらくお休みということで、ギリギリのタイミングで見学することが出来ました^^

ところでこの場所(中央区南3東5)で、明治5年から日本酒を醸造していることを、札幌在住の方でもまだ知らない方も多いかもしれませんね。

P1640120

それにしても、重厚感のある建物です

P1640121

酒造りは、上の階からスタートして、下の階へ行くほどに完成していくようになっています

3階と言っても天井が高いので、その分階段の傾斜もキツイですが、当然階段で上に向かいます^^;

P1640122

こちらは精米機。千歳鶴ともなると、規模が大きい!

P1640123

ただ、特別なお酒はこちらの樽を使用して、手作業で行うそうです

P1640128

蒸したお米はこちらの“麹室”で米麹にするのですが、この作業が日本酒造の要であり、温度や湿度管理を夜通し行ったりするのです

P1640133

それにしても、一つ一つの規模が大きいです!!

P1640136

そうそう、よくよく見ると天井に小さな穴が開いているのですが、上で作った日本酒はここにホースを繋げてタンクに注入されるわけです^^

P1640129

ちなみに特別なお酒はタンクの保管場所もやっぱり特別でした!

P1640131

 

あっという間に出発時間になりまして、ココでは試飲ができなかったので、若干心残りな状態で、次の目的地・栗山町の小林酒造へ!

P1640139

通常ですと酒蔵見学が先ですが、嬉しいことにまずはランチタイム!

P1640141

酒蔵の向かいにある、錦水庵へ

P1640144

さっき飲めなかった分、一升瓶で登場しました(笑)

P1640148

日本酒が出てきたので、つい塩をお願いして、田舎蕎麦は酒のアテとしていただきました(笑)

P1640161

心もお腹も満たされた後は、酒蔵見学

国の登録有形文化財にも指定されている小林酒造の建物は、日本酒に興味がなくても一度は見る価値のある建造物です

ちなみに小林酒造が日本酒を作り始めたのは栗山町ではなく、札幌だって知ってましたか?

明治11年に札幌市の中心部で酒造業を初めて、明治33年に栗山町に移転したそうです

 

P1640163

私のブログではもう何度も登場している、小林専務のアツいトークショーが始まりました!!

何度聞いても飽きることはないし、何回行っても新しいお話しが聞けるんです^^

明治から酒造りを営んでいる小林酒造の歴史は本当に深すぎて、ココですべてを書くことは不可能ですので、ぜひ一度足を運んで直接聞いてもらいたい!

P1640173

途中で南杜氏も顔を出してくれました

千歳鶴同様、これからが本番なので、最後の点検作業を行っていた感じです

P1640178

小林酒造はその昔、炭鉱夫のための普通酒を大量に作っていたので、酒造りの道具が半端なく多いのですが、今はすべて純米酒に切り替えたので、今は使用していない設備も多いそうです・・・

P1640165

それにしても、絵になる場所が多いなぁ

P1640168

古い建物を維持していくのは莫大な費用が掛かって大変なのですが、(しかも有形文化財なので勝手に改装とかできないのです)なんとか保存していってほしいものです・・・

P1640188

そうそう、こちらのお酒がフランスで開催されている日本酒の品評会【kura master】の純米大吟醸酒部門でプラチナ賞を獲得したんですよ!

試飲があったので、ありがたく頂戴いたしましたが、華やか過ぎず、食中酒としてもイケる味わいで、フランスでこの手の味わいが評価されるのが、ちょっと驚いたそうです。

P1640191

暖簾シリーズは、デザインの誕生から知っておりますので、親戚のおばちゃんの気分です^^

P1640195

まだまだゆっくりしていたいところでしたが、このあと今回のツアーのメインイベント・キャンプで日本酒を楽しむ会が待っておりますので、バスに乗り込み新しのつへ向かいます!! ・・・つづく

 

もしや3年越し?の蕎麦を堪能~手打ち蕎麦と料理 耳

01efa419f8a589cb24a19ac6b4c4373d2114147bf0

20年来の友人が、日曜の夜に蕎麦とか和食系のお店に行きたい、しかも狸小路界隈で。というオーダーが入る

日曜営業、その時点でハードルが上がる^^;

あ!そういえば行こう行こうと思ってちゃんと行けていなかったお店があった!!

ということで、たぶんこの日以来手打ち蕎麦と料理 耳さんへ
(もしかしたら酔っぱらって行っているとかも考えられるので、多分にしておく)

 

 

P1640003 P1630997

少し早めに到着したので、カブと茗荷をつまみながら先に始める

もちろん、燗酒でお願いしました^^

P1630998

こちらはお通しのしじみ汁

あ、ワタシったらお通しが来る前に飲んじゃっていたのですね(;’∀’)

でもってこのしじみ汁が全身に染み渡り、飲むモード全開(笑)

P1640004

馬すじの煮込み

またまた染み渡るだし汁!!

P1640006 P1640018

友人も無事に合流し、燗酒にお付き合いいただけたので、次から次へとお願いしました(笑)

P1640008

昔は練り物って全然興味がなかったけど、それは本当にオイシイものを食べていなかったからだよなぁと、この板わさを食べてしみじみ実感

P1640011

これはまた、出汁を堪能する卵焼き

飲まさる~(≧▽≦)

P1640015

すじこをオーダーして、大根おろしもお願いする九州男児の友人(笑)

P1640017

白魚のかき揚げも気になったけど、やっぱりここはゆり根で!!

くぅぅ~、美味しいっ

P1640020

そして念願のお蕎麦へ!!

出ましたっ、からすみ蕎麦(≧▽≦)

いやいや、これだと〆蕎麦にならないから(笑)

P1640022

でもって、もう1本燗つけてもらいました^0^;

 

P1640023

ということで、こちらが〆蕎麦

落葉たっぷり、秋全開のお蕎麦ですっ

念願のお蕎麦だったので、2つもオーダーしてしまいました(笑)

 

アラフィフは〆そば!~究極の塩だし そば助

先日のすすきのパトロールで訪れたのは、今年の6月にオープンした【究極の塩だし そば助

P1430586

もともと、東京や埼玉で展開しているそば助のフランチャイズ店とのこと

P1430554P1430560

まずはビールで喉を潤し、メニューを眺める

P1430555P1430556

何とも色気のないメニューだなぁ・・・しかも多すぎて選べない^0^;

P1430557

あ、蕎麦の他におつまみメニューもある!と、オーダーしたのが“温ラー豚湯豆腐”

P1430561

おっと、メニュー表のそっけなさからは想像できなかった感じのお料理

食べたらさらにビックリ

これ、すごくオイシイ!何より出汁がオイシイ!!

P1430563P1430568

ふわふわ玉子

グッツグツで登場!これまた、まったく想像していたのとは違う1皿~

P1430567

そしてザンギ

普段は自らオーダーすることはないのですが、店長がぜひ食べてみてほしいと、アツく推すので食してみると、これまた旨みがしっかりあって、優しい味わいなのにしっかりオイシイ

そしてお肉が非常に柔らかい!

ザンギ好きの方、要チェックです^0^

P1430571

そしてこちらが、数あるメニューの中で一番最初に記載されている、“究極の塩だし鳥つけそば”

まずは醤油は一切、使用していないという出汁を一口

なるほど!これは飲んだ後に欲しくなるヤツです!!!

P1430573

蕎麦粉は道産(この日は幌加内産)の十割そばがたっぷり150g

P1430580P1430577

テーブルにかつお塩があるのですが、それをそばに振りかけて食べると、これまた酒のアテになる!

さらに、胡麻唐辛子とニラ醤油をお好みで出汁へ投入

1度で4味楽しめました^0^

P1430558

究極の塩だしを存分に堪能できる、しゃぶしゃぶも気になる~~!!

 

P1430582P1430583

この日は飲まなかったけど、そば焼酎や泥亀もメニューにラインナップ!

そしてこちらの営業時間は、19:00~翌7:00!(日曜も営業、~翌5:00まで)

〆ラー、〆ジンギスカン、〆パフェに比べると、ヘルシーで体にも良い〆そば、イイかも!!

P1430585

ちなみに右が店長です^0^

 

 

飲まさる手作り酒肴がたまらない!!【SAKEのちサカナ時々そば しゅぼ】

『オサナイさんが好きな店だと思うんだよね』

その誘い文句、確実に落ちます(笑)

ということで先日お邪魔したのが、【SAKEのちサカナ時々そば しゅぼ

014f3897c079ffe4f033b832a0bf6af359ce1f91ab P1420141

場所はM’sスペース2階の一番奥(この場所と言うだけで期待値が上がる)

01660116f199917471cc2a7b45402c65b65e0cd991011deb539a7fe724eab93c1a0be7685d0ade6990dd

店内はカウンター席の他、テーブル席が4つ

狭いながらも、うまく配置されています

そしてこのスペースなのに、酒用の冷蔵庫が結構な存在感

その時点で、のん兵衛目線で合格(笑)

P1420078P1420149

さらにカウンターの奥には強炭酸ハイボールが飲めるタワー(ちなみにビールは神泡プレモル)

初めてなので、もちろんカウンターでお願いしました(宴の後の写真ですみません^^;)

P1420083

日本酒が色々あって選べないという方は、飲み比べセットがオススメ♪

P1420085

少量ずつ味見ができるので、気に入ったのをお替りしたり、こんな感じが好き!と言うと、次の日本酒をスタッフさんがセレクトしてくれます^^

P1420087

最初にオススメのお刺身を盛り合わせでいただきました

さすがオススメなだけあって、鮮度の良さは一目瞭然

そして、いろんな魚が少しずつというのもウレシイ♪

P1420076

店名にサカナとカタカナで書いているだけあって、魚も肴も充実♪

P1420095

合鴨ハツと枝豆のスモーク

これだけでグラス酒は空になります(笑)

P1420090

今日はシイタケがオススメなんですと言われて、素直にオーダー

でかっ!

P1420092

焼く前の大きさを見てさらにビックリ!!

大きいけど大味ではなく、すごく上品なんです^^

岩塩がまた、美味しさを際立たせてくれ、飲まさります(笑)

P1420097P1420101

これは結構なのん兵衛だと見抜かれたか、裏姿が登場^0^;

さらに、ちょっと作ってみたので食べてみてくださいと酒肴が・・・

これぞのん兵衛のハートをわしづかみされる、カウンターのやり取り♪

P1420104

メニューを見て気になった、おからでポテサラ風

『なんてことない、ポテサラですよ』と、かなり謙遜気味だったのですが、これが大ヒット!!

いくらでも食べらさりますっ!!!

P1420106

こちらもメニューのはないのですが、この日たまたまあったマグロの皮の和え物

たまりませ~~~~ん(≧▽≦)

P1420108P1420110

さらにたまらなかったのが、タコの皮の乾物

自然な塩味のみというつまみは、のん兵衛のために生まれた1品

しかも自家製です!

P1420113

ちなみにこちらは野菜

この辺りをみて、あれ?どこかのお店に似ている??と思った方は、かなりの常連様!

P1420121

↑山わさび巻き

実はこちらのお店、ススキノで22年営業を続けている北〇の教えを受け継ぐ兄弟店のような存在なのです!

※ちなみに北〇は6月15日(土)に銀座店もオープンしたそうです!!

 

北〇、久しく行っていなかったけど、道外からいらっしゃるお客様との宴席の店として、間違いないお店!

なので個室利用が多かったけど、カウンターはいつも常連様でいっぱいだったんですよね~

料理の美味しさ、こだわり、そして接客の距離感、どれをとっても安心感があるのは、そういうことなのか!!と、妙に納得^^

P1420116 P1420123

ということで、日本酒もどんどん進んじゃうし、つまみもどんどん食べらさる~

P1420119P1420114

タコの柔らか煮は何度か食べているけど、バルサミコ酢がけは珍しいかも!

でもって、美味しかった~~~><

さらにはプレミアムインカのポテトフライ

息子にも食べさせたいけど、出来れば教えたくない、大人のためのポテトフライ

P1420077

そして、店名にも記載されている蕎麦!

P1420127

もちろん十割!

はぁ。。。美味しい蕎麦はどんなに満腹でも入ります~

さらにつゆが好みの味わいで、至福のヒトトキでした^0^

蕎麦のための隙間は作っておきましたが、ほぼ満腹状態

ただ、出来れば甘味も味わってみてほしいとのこと

この手のお店で甘味押しなんて、逆に気になります!!

P1420131

もちろん全種類いただきました(笑)

和三盆のカタラーナ

和三盆って、どうしてこんなに包み込まれるような甘さなんでしょう・・・

これを知ってしまったら、後戻りできません

P1420134

そしてわらび餅

出来立てなので、ほんのり温かいのです!!

P1420136

さらに黒糖を使用した自家製アイスクリーム

蜜をかけると、さらに顔がとろけます~

これは全部食べてよかった!!

アイスクリームは季節に合わせて味を変えているそうです^^

P1420145

カウンターに並んでいた器とか、どれをとってもワタシ好み♪

ひとりでも行けるお店だけど、やっぱりいいお店は同じ呑兵衛と共有したい^^

 

これぞ(飲まさる)蕎麦のフルコース!~憩いの酒 蔵美庭~gravity

1年半前くらいにこちらで一度ご紹介した、【憩いの酒 蔵美庭

その時、“蕎麦屋ではないので、蕎麦だけのオーダーはNG”と記載したのですが、蕎麦屋じゃないのに石臼を導入したとのこと・・

P1380821

行くと、カウンターにど~んと存在感のある石臼が!!

と、いつも置きっぱなしにしているわけではなく、この日は蕎麦の実を挽くところを見せていただくのに、セットしてもらいました^^

P1380824P1380825

実の段階ですでに美味しそう・・・でも香りはまだありません

P1380826 P1380832

黒島さんが、軽々と石臼を回しているので、試しに回してみたら結構重かった^0^;

でも、コツをつかむとス~っと回るんです^^

そして、ほんのり蕎麦の香りが^^

P1380834 P1380836

挽きたての蕎麦粉、何枚も写真を撮りたくなる美しさにうっとり・・・

P1380837

こちらは“そばがき”で、いただくことに^^

一度しか挽いていないので、かなり粗目で、黒島さんもこの状態で作るることはあまりないそうで、カウンター越しから緊張感が伝わってきましたっ

と、本日はそばがきの他にも、色々な蕎麦料理を試してほしいとのことで、全てを託してカウンターに座ります

 

P1380838

こちらは。幌加内の“きたわせ”を使用した、蕎麦の刺身

まずはそのままでいただきます

噛むとジワ~ッと蕎麦本来の甘みが口の中に広がります!!

蕎麦ってどうしても、つゆと薬味の味の印象が残りがちですが、こうして味わうことで蕎麦ってこんな味だったよね!!と、記憶に残ります^^

P1380843 P1380845

日本酒のお店ではありますが、出すビールには絶対の自信を持つ、黒島さん

最近、ビールをじっくり楽しめるようになったので、改めてエビスをいただきます

クリーミーという言葉が相応しい泡

若干苦手なビール特有の先に来る苦みがなく、蕎麦の刺身と同じく、じわ~っと甘みが広がり、後からホップの香りが来ます!

なので、ものすごく蕎麦の刺身に合うのです^^

これはサーバーの洗浄はもちろん、松徳硝子のうすはりグラスのおかでもあるそうです

 

P1380846P1380850

お次は、“蕎麦のおひたし とろろ芋とともに”

同じ幌加内ですが、ほろみのりという蕎麦の実だそうです

オイシイ以外の感想が見つかりません^0^;

プチプチの食感と、とろろの食感、そして柑橘の効いた出汁!!

さすがにこれは、日本酒かなと思ったら、ちゃんと出てきました^0^

しかもペアリングが絶妙!

日本酒に酔いしれていると、蕎麦のいい香りが漂ってきました!

先ほどの蕎麦粉に水を入れて火にかけております^^

P1380854

ということで、そばがき(鹿追ぼたん)がやってきました!!

そばがきって、蕎麦粉に水を入れて練っているだけなのに粘り気が出るという、ホントに不思議な食べ物

P1380855

そめおろし(大根おろし)や塩、そばつゆなどの薬味がやってきましたが、こちらもまずはそのままいただきます

すご~く身体にいいものをいただいている感が全身に伝わるのか、顔がにやけっぱなし

う~ん、毎日そばがきでいいなぁ~^0^

P1380861

お口直し的に、“からいね大根のしらすおろし”を・・・

ホントに辛い! でもオイシイっ!!

 

P1380865

そこで、もりそばの登場

こちらは、千葉在来の蕎麦粉を使用

のど越しが良く、お腹は結構一杯なのに、スルスルと胃袋へ

蕎麦が美味しいのは当然なのですが、何せそばつゆが美味しいのです!

P1380873

そばつゆは、この鮭トバにも見える生鰹節に、ハチミツも入っているそうで、とにかく奥深い味わいなんです^0^

P1380866

もちろん蕎麦湯も最高!!

何度も言いますが、蕎麦専門店ではありません

が、このクオリティの高さ、蕎麦好きな方には一度試してもらいたい!

と、カウンターだけの小さなお店ですので、事前に予約をしてから行くのが正解です

P1380817

個人的には、黒島さんにおまかせするのが間違いないと思いますので、2時間飲み放題付きのお任せコースが良いかも^^

 

 

 

pageTop