札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『蕎麦』タグの付いた投稿

移転後の蔵美庭でコースランチを堪能♪

01fda69065a614a3f3c184575c294bcb5f6493b629

こちらのブログで紹介した時は、すすきのど真ん中で営業していた【蕎麦に銘酒 蔵美庭~gravity~】おりましたが、現在は大通西14丁目のビルの1階路面店!

そんなわけで、ランチタイムからお蕎麦だけでもオーダーできるお店になりました^^

01ec8f2a7226b1b6bd37ec0988d185a47462de9ba0 01d773b7d83ba947e7c3b69de37d663393351ff55a

入口には本日のお蕎麦が記載されています

入ってすぐの場所には石臼が!

0100edfaf685d6d25504c3e57d77064f79145af1b6

それにしても、明るい店内!

010c39fd7a3368879bb0a78d6b63b4d1dbebac65c8

まるでカフェのような雰囲気で、個人的には前のお店からのギャップが・・・(笑)

と、この日はもうほとんどのメニューを食べ尽くしたという常連の方のお誘いでお邪魔したので、オーナーおまかせのコース仕立てで味わうことに^^

P1760153

まずは冷たいお蕎麦

浅利の出汁が濃厚で、一気に持っていかれました!!

残暑にピッタリの冷たいけど、味わい深いお蕎麦

P1760155

たぬき豆腐

またまた残暑のランチタイム(&アラフィフ)にピッタリな1皿

癒されます~~~

P1760157

前のお店と同じく、素敵な小皿でチョコチョコ出てきます^^

P1760162

熊本地鶏・天草大王のタタキ!!

熊本に行ったときに知った幻の地鶏を、札幌でお目にかかれるとはっ(≧▽≦)

P1760175

揚げブルーチーズ蜂蜜掛けも健在でしたっ(≧▽≦)

P1760177

この日は埼玉の夏の新蕎麦とのことでしたが、とにかく甘い!!

何もつけずとも味わえる甘さでした^^

P1760170

初めて明るい日差しのもとで黒島さんを見たかも(笑)

以前の店舗で小料理屋さんもオープンしたのですが、新型コロナの影響で休業中なのです・・・

無事再開したら、そちらにも行ってみたいな^^

 

じき南2条店の昼飲み企画がすごい

01434d32399880183bf19ae23a3c6a65e4e1faf438

ちょうど1年ちょっと前にこちらのブログで紹介した、【じき南2条店】の昼の部

先日、1周年を記念して黒田店長が自ら集めたという“不老泉の会”が行われまして足を運びました^^

じっくり、だけどサクッと立ち寄ろうと一人で行ったのに、カウンターに座ってみれば日本酒好きな知り合いばかり(笑)

P1700265 P1700268

あまりに種類があるので、何から飲んで良いのか全く分からず焦りましたが、とりあえず“うすにごり”で喉を潤します

昼酒にピッタリ~~

不老泉の酒粕で漬けたクリームチーズがまた、飲まさります(≧▽≦)

P1700269

大好物のホタルイカの沖漬け

これはやっぱり、燗でしょう!!

P1700270 P1700275

燗に特にオススメの酒をオススメの温度でつけてもらう

ちなみにこの日は、特別営業だったので、自らお燗番をされている方が、ほとんど(笑)

P1700271

焼き銀杏も、低温調理の鶏レバーも最強のアテで、ますます飲まさる(≧▽≦)

P1700274

P1700280 P1700303

ちょっとずつ、色んなのを出していただきました^^

と、昼の部の看板メニューは、産地を変えて出しているお蕎麦

この日はなんと、4種類もあるとのこと!

そんなこと言われたら、全種類食べてみたくなるじゃないですか~~

でもってつい、ちょっとずつ全種類味わってみたい!!と、ワガママを言ってしまいました^0^;

P1700283

 

P1700285

 

P1700294

 

P1700296

ちなみに品種は以下の通り

●岩手県 にじゆたか

●福井県 大野在来種(晩生)

●鹿児島県 鹿屋在来種

●群馬県 常陸秋蕎麦

だいぶ飲んでいたので、画像と品種にずれがあるかもですが、味の違いはしっかり伝わりました!

個人的に、蕎麦と言えば北海道や寒い地域が主流と思っておりましたので、鹿児島の蕎麦は色んな意味でインパクトありました!

それにしても食べ比べは楽しい~~(≧▽≦)

ちなみに通常時は、もりは全国各地から吟味した産地と品種の蕎麦で990円

吟醸は、もりよりも香り、味ともに良好な蕎麦を都度使い分けて打ち、1100円で提供しているそうです。

そして二色はその両方を楽しめて1210円だそうです!(すべて税込)

P1700306 P1700287

そばを食べてからは、また冷に戻っていた・・・(自覚があまりないのですが、証拠写真が残っているのが怖い)

と、不老泉がここまで揃ったのは1周年記念の特別バージョンではありますが、通常時も日本酒は色々揃っていて、軽く食べてつまんで昼飲みされたい方には超が付くほどオススメなんです^^

そして黒田店長からステキなご提案をいただきました!

4月中の日曜日ランチ 日本酒飲み比べ90分1500円

【オサナイミカのつぶやき】を見た方限定とのことですので、日本酒とお蕎麦が好きな方、ぜひ問い合わせてみてください^^

 

P1700307

こちら、常連のお客様に記念に作ってもらったそうですが、黒田店長の特徴をよくとらえてソックリなんです!!

愛を感じます~^^

「外で飲もうよ!道産日本酒プロジェクト」モニターツアー Vol.1

01f54a68105985182d0ff501a836a651bfb54a17a3↑グランピング施設にて、ずらりと並んだ道産酒。もちろん写すだけじゃなく飲みました(笑)

先日、米どころ・酒どころ北海道振興事業 道産日本酒販売拡大業務の一環で、“キャンプで楽しむ道産日本酒と酒蔵巡りモニターツアー”に参加

1泊2日で4つの蔵を巡り、昼も夜も道産酒漬け!!

新たな学びもたくさんあり、ますます北海道の日本酒のファンになりました(≧▽≦)

その行程を、2回に分けてご紹介します^0^

 

【1日目】

P1640103

朝9:00過ぎに札幌駅北口に集合し、(新幹線に向けてのホーム拡張工事のため、いつのまにか鐘の広場が使えなくなっていてビックリ)バスで日本清酒(株)・千歳鶴酒ミュージアムへ

P1640106

P1640107

新型コロナウイルスの影響で、仕込み水そして日本酒の試飲コーナーが無くなっていたのは残念でしたが、昔のポスターなんかもあって、楽しめる場所です

P1640109

もちろん、限定酒なんかも変えます^^

P1640114

道内でただ一人の女性杜氏でいらっしゃる市澤さん

仕込み前のバタバタな時期だったのでご挨拶だけでしたが、10月12日(月)から仕込みが始まると言っていたので、これからしばらくはお忙しいと思います

美味しい日本酒を世に送り届けるために頑張ってくださいね!!

そしてお隣は、道産酒と言えばの鎌田孝さん(通称・親びん)

今回のツアーの仕掛け人でもあります^^

P1640137

今回は酒ミュージアムではなく、日本酒を作っているこちらの棟の見学がメインです!

P1640119

こちらは事前予約のみ見学ができるのですが、仕込み時期に入ると見学はしばらくお休みということで、ギリギリのタイミングで見学することが出来ました^^

ところでこの場所(中央区南3東5)で、明治5年から日本酒を醸造していることを、札幌在住の方でもまだ知らない方も多いかもしれませんね。

P1640120

それにしても、重厚感のある建物です

P1640121

酒造りは、上の階からスタートして、下の階へ行くほどに完成していくようになっています

3階と言っても天井が高いので、その分階段の傾斜もキツイですが、当然階段で上に向かいます^^;

P1640122

こちらは精米機。千歳鶴ともなると、規模が大きい!

P1640123

ただ、特別なお酒はこちらの樽を使用して、手作業で行うそうです

P1640128

蒸したお米はこちらの“麹室”で米麹にするのですが、この作業が日本酒造の要であり、温度や湿度管理を夜通し行ったりするのです

P1640133

それにしても、一つ一つの規模が大きいです!!

P1640136

そうそう、よくよく見ると天井に小さな穴が開いているのですが、上で作った日本酒はここにホースを繋げてタンクに注入されるわけです^^

P1640129

ちなみに特別なお酒はタンクの保管場所もやっぱり特別でした!

P1640131

 

あっという間に出発時間になりまして、ココでは試飲ができなかったので、若干心残りな状態で、次の目的地・栗山町の小林酒造へ!

P1640139

通常ですと酒蔵見学が先ですが、嬉しいことにまずはランチタイム!

P1640141

酒蔵の向かいにある、錦水庵へ

P1640144

さっき飲めなかった分、一升瓶で登場しました(笑)

P1640148

日本酒が出てきたので、つい塩をお願いして、田舎蕎麦は酒のアテとしていただきました(笑)

P1640161

心もお腹も満たされた後は、酒蔵見学

国の登録有形文化財にも指定されている小林酒造の建物は、日本酒に興味がなくても一度は見る価値のある建造物です

ちなみに小林酒造が日本酒を作り始めたのは栗山町ではなく、札幌だって知ってましたか?

明治11年に札幌市の中心部で酒造業を初めて、明治33年に栗山町に移転したそうです

 

P1640163

私のブログではもう何度も登場している、小林専務のアツいトークショーが始まりました!!

何度聞いても飽きることはないし、何回行っても新しいお話しが聞けるんです^^

明治から酒造りを営んでいる小林酒造の歴史は本当に深すぎて、ココですべてを書くことは不可能ですので、ぜひ一度足を運んで直接聞いてもらいたい!

P1640173

途中で南杜氏も顔を出してくれました

千歳鶴同様、これからが本番なので、最後の点検作業を行っていた感じです

P1640178

小林酒造はその昔、炭鉱夫のための普通酒を大量に作っていたので、酒造りの道具が半端なく多いのですが、今はすべて純米酒に切り替えたので、今は使用していない設備も多いそうです・・・

P1640165

それにしても、絵になる場所が多いなぁ

P1640168

古い建物を維持していくのは莫大な費用が掛かって大変なのですが、(しかも有形文化財なので勝手に改装とかできないのです)なんとか保存していってほしいものです・・・

P1640188

そうそう、こちらのお酒がフランスで開催されている日本酒の品評会【kura master】の純米大吟醸酒部門でプラチナ賞を獲得したんですよ!

試飲があったので、ありがたく頂戴いたしましたが、華やか過ぎず、食中酒としてもイケる味わいで、フランスでこの手の味わいが評価されるのが、ちょっと驚いたそうです。

P1640191

暖簾シリーズは、デザインの誕生から知っておりますので、親戚のおばちゃんの気分です^^

P1640195

まだまだゆっくりしていたいところでしたが、このあと今回のツアーのメインイベント・キャンプで日本酒を楽しむ会が待っておりますので、バスに乗り込み新しのつへ向かいます!! ・・・つづく

 

もしや3年越し?の蕎麦を堪能~手打ち蕎麦と料理 耳

01efa419f8a589cb24a19ac6b4c4373d2114147bf0

20年来の友人が、日曜の夜に蕎麦とか和食系のお店に行きたい、しかも狸小路界隈で。というオーダーが入る

日曜営業、その時点でハードルが上がる^^;

あ!そういえば行こう行こうと思ってちゃんと行けていなかったお店があった!!

ということで、たぶんこの日以来手打ち蕎麦と料理 耳さんへ
(もしかしたら酔っぱらって行っているとかも考えられるので、多分にしておく)

 

 

P1640003 P1630997

少し早めに到着したので、カブと茗荷をつまみながら先に始める

もちろん、燗酒でお願いしました^^

P1630998

こちらはお通しのしじみ汁

あ、ワタシったらお通しが来る前に飲んじゃっていたのですね(;’∀’)

でもってこのしじみ汁が全身に染み渡り、飲むモード全開(笑)

P1640004

馬すじの煮込み

またまた染み渡るだし汁!!

P1640006 P1640018

友人も無事に合流し、燗酒にお付き合いいただけたので、次から次へとお願いしました(笑)

P1640008

昔は練り物って全然興味がなかったけど、それは本当にオイシイものを食べていなかったからだよなぁと、この板わさを食べてしみじみ実感

P1640011

これはまた、出汁を堪能する卵焼き

飲まさる~(≧▽≦)

P1640015

すじこをオーダーして、大根おろしもお願いする九州男児の友人(笑)

P1640017

白魚のかき揚げも気になったけど、やっぱりここはゆり根で!!

くぅぅ~、美味しいっ

P1640020

そして念願のお蕎麦へ!!

出ましたっ、からすみ蕎麦(≧▽≦)

いやいや、これだと〆蕎麦にならないから(笑)

P1640022

でもって、もう1本燗つけてもらいました^0^;

 

P1640023

ということで、こちらが〆蕎麦

落葉たっぷり、秋全開のお蕎麦ですっ

念願のお蕎麦だったので、2つもオーダーしてしまいました(笑)

 

アラフィフは〆そば!~究極の塩だし そば助

先日のすすきのパトロールで訪れたのは、今年の6月にオープンした【究極の塩だし そば助

P1430586

もともと、東京や埼玉で展開しているそば助のフランチャイズ店とのこと

P1430554P1430560

まずはビールで喉を潤し、メニューを眺める

P1430555P1430556

何とも色気のないメニューだなぁ・・・しかも多すぎて選べない^0^;

P1430557

あ、蕎麦の他におつまみメニューもある!と、オーダーしたのが“温ラー豚湯豆腐”

P1430561

おっと、メニュー表のそっけなさからは想像できなかった感じのお料理

食べたらさらにビックリ

これ、すごくオイシイ!何より出汁がオイシイ!!

P1430563P1430568

ふわふわ玉子

グッツグツで登場!これまた、まったく想像していたのとは違う1皿~

P1430567

そしてザンギ

普段は自らオーダーすることはないのですが、店長がぜひ食べてみてほしいと、アツく推すので食してみると、これまた旨みがしっかりあって、優しい味わいなのにしっかりオイシイ

そしてお肉が非常に柔らかい!

ザンギ好きの方、要チェックです^0^

P1430571

そしてこちらが、数あるメニューの中で一番最初に記載されている、“究極の塩だし鳥つけそば”

まずは醤油は一切、使用していないという出汁を一口

なるほど!これは飲んだ後に欲しくなるヤツです!!!

P1430573

蕎麦粉は道産(この日は幌加内産)の十割そばがたっぷり150g

P1430580P1430577

テーブルにかつお塩があるのですが、それをそばに振りかけて食べると、これまた酒のアテになる!

さらに、胡麻唐辛子とニラ醤油をお好みで出汁へ投入

1度で4味楽しめました^0^

P1430558

究極の塩だしを存分に堪能できる、しゃぶしゃぶも気になる~~!!

 

P1430582P1430583

この日は飲まなかったけど、そば焼酎や泥亀もメニューにラインナップ!

そしてこちらの営業時間は、19:00~翌7:00!(日曜も営業、~翌5:00まで)

〆ラー、〆ジンギスカン、〆パフェに比べると、ヘルシーで体にも良い〆そば、イイかも!!

P1430585

ちなみに右が店長です^0^

 

 

pageTop