札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『女子旅』タグの付いた投稿

こんなタイ知らなかった!!【サコンナコン県&ナコンパノム県を訪ねるメディアツアー】その8

こちらからの続きです(まだ続いてます・・・^0^;)

ランチの後向かったのは、ジャコウネコのコーヒーファーム!

コーヒーファーム2

コーヒーファーム1

コーヒーファーム自体、なかなか見る機会がないので、興味津々です!

P1410181 P1410183

コーヒー以外にも、気になるものだらけ^^

ちなみに左側は、バナナの花(だったはず)

P1410191

コーヒーの実はまだこの段階

でも、いっぱいなっていました!!

P1410193

そしてこちらに横たわっているのが、ジャコウネコ

ネコと言うよりは、イタチっぽいんですね~

P1410198

このファームはコーヒー園だけでなく、一大レジャー施設的な感じになっておりまして、様々な動物がいるんです!

P1410195

手ノリブタ???

P1410194 P1410197

ほんの一部です。ちなみにライオンもいましたよ!!

と、ここではコーヒーが出ず仕舞いで、ちょっぴりがっかりしていたのですが、少し離れた場所に、こちらのコーヒーを飲めるステキなカフェがあるのです!

P1410200

P1410208

メコン川を眺めながら、ジャコウネコのコーヒーが飲めます(≧▽≦)

P1410204P1410216

暑いのですが、やっぱり癒されます~

P1410218

なぜかスイカが。。

農園で種無しスイカも栽培しているようです

P1410220

そのスイカをスムージーにした“スイカコーヒー”があるんです!

え?スイカにコーヒーってどういうこと??と、最初はまったく興味がなかったのですが、これが記憶に残るオイシサだったのです!!

これ、札幌でも出してほしい!!!!!

P1410207 P1410211 P1410206

それにしても広いカフェでした^0^;
(閑散としているように見えますが、私たちが到着するとき、ちょうど団体様が出たところだったのでした)

 

その後、17:00発のメコン川クルーズの予定だったのですが、時間的にはかなりギリギリ(;’∀’)

P1410222

間に合った~~!と思ったら、通訳の方やスタッフがバタバタしております

詳しい理由はよく分かりませんが、急きょディナークルーズに変更になったようで、それまでの時間に、人気ホテルの見学へ

 

ホテル見学2

なんだかこじゃれたホテルです!

ホテル見学7ホテル見学1

ホテル見学6

ん??よく見るといたるところにカメラが・・・

ホテル見学13 ホテル見学4

こちらは【R-Photo hotel】と言いまして、オーナーがカメラ好きで、カメラをインテリアのモチーフにしているそうです

しかもこのカメラ、固定されていないんです

持っていかれないのだろうか・・・と、変に心配になる^^;

ホテル見学16ホテル見学

特別室を見せていただくことに

ホテル見学8

ステキ過ぎます!!

ホテル見学17 ホテル見学18

ちなみにスタンダードルームは見学できないのでしょうか?

なんと、満室!(ちなみ1室3000円くらい)

なので、ワタシたちも今回は別のホテルに宿泊

ホテル2ホテル見学14

でも、私たちが宿泊したホテルもとてもキレイで快適した!

廊下が外なので、ドアを出るとものすごく暑かったけど^^;

ホテル見学5ホテル

ホテル名が“The River” と言うだけありまして、メコン川のほとりに建っているので、窓の外は川!

メコン川クルーズ3

夜には月見も楽しめました^^

 

さて、仕切り直しのメコン川クルーズ!しかもディナー付き♪

メコン川クルーズ11

さすがに、先ほどよりも豪華です!

メコン川クルーズ7

ディナークルーズって、名前だけで料理は大したことないんじゃ・・・なんて失礼なことを思っていたのですが、これがまた素晴らしく美味しかった!!

P1410224P1410231

すっかり氷を入れて飲むことがスタンダードに^^

そして、ビールが何本でも飲めそうなおつまみオードブル!

P1410232P1410234

この、ちょっと塩辛いソーセージなんか、ずるい系です!!

P1410228

 

P1410242P1410236

トムヤムクン系のスープは、今回の旅で何度も食べましたが、それぞれ味が違うので、飽きずに楽しめました^^

P1410246

これはなんとも不思議な魚料理でした^0^;

P1410238

向こう岸のラオスの山々もくっきり!

メコン川クルーズ10

出発したころはこれくらいの明るさでしたが、いつの間にやら月も輝き始めました!

メコン川クルーズ12

P1410244

メコン川クルーズ9

ナコンパノムのメインストリートにある、モニュメントもゴージャスに輝いています!!

ビックリしたのは、それまでカラオケで大いににぎわっていたお客様たち全員が、このモニュメントの前に来るとお祈りを始めたこと(船上の放送でもお祈りの言葉が流れる感じ)

P1410258

〆にフルーツをただく頃には、飲んだビールが全部汗として吹き出し、全身湿っぽい^0^;

虫にだけは刺されるまいと、虫除けを何度も塗る・・・

ナイトマーケット3

船を降りた後は、ナイトマーケットを散策

3連休の真ん中ということで、なかなかのにぎわいでした^^

P1410280

お腹はいっぱいですが、気になるものだらけ!

P1410272 P1410270 P1410274

P1410269 P1410275 P1410261

P1410266P1410265

ん?寿司?? この暑さの中で???

と、さすがにどうなの~~って思ってしまいましたが、地元民には人気のようでした^^

P1410279

 

P1410285

雑貨や洋服などもわんさか販売しておりましたが、値段・質ともにピンキリ!

そんな中、ものすごくセンスが良くてリーズナブルなお店を発見!!

日本同様、いいお店にはステキなスタッフがいるということを認識した瞬間です^0^

 

さて、最終日も朝から予定モリモリです!!   ・・・つづく

 

 

こんなタイ知らなかった!!【サコンナコン県&ナコンパノム県を訪ねるメディアツアー】その7

またまた時間が空いてしまいましたが、こちらからの続きで、タイ取材4日目・5月19日(日)の備忘録

01cd1633d25e7a6a66d91141c2bd46a89cbaca8647

今回の行程は、朝食が全て外のお店だったので、唯一ホテルでの朝食(ブッフェ形式)

バタフライピーを添えるだけでタイな朝ごはん♪

P1410043

ホテルの向かいに市場があったので、フラリと見学

 

P1410051

ソムタムがすぐ作れる~

P1410052

P1410050

P1410041

相変わらずカラフルなスイーツたち

P1410046 P1410045 P1410040

何かはよく分からないのですが、ちょっと食べてみたくなる。。

試食に頂いた、揚げパン?が美味しかった^^

P1410056P1410055

プラニン(テラピア)がビチビチ飛び跳ねてました^0^;

P1410048

ベトナム文化が根付いているので、ベトナムコーヒーも売っていました。

そこから車で移動し、向かった先は サコンナコンのターレー地区

P1410063

何やら素敵なチャペルが見えます!

P1410065

タイはほとんどの方が仏教徒ではありますが、ベトナムやラオスに近いこの場所は、タイ最大のカトリック信徒の町なんだそうです

P1410069P1410070

この日は日曜日ということもあり、たくさんの方が祈りを捧げていました

P1410066

こちらのチャペルは何度か建て替えられてるそうなんですが、この形は移民する際に使用した船をモチーフにしているそうです。

P1410075

チャペルを出て町をぶらり

P1410073

タイだけど、タイじゃない風景

P1410076

P1410078

この建物は、その昔ベトナムを追われてタイにたどり着いた軍人さんの家(現在は使用していません)

P1410080

あまりに映える建物なので、モデルになりきって撮影を楽しみました(笑)

018220cbd5eb57a36bfafd10fd00b902b1d5cf46e5

それにしても思わずシャッターを押したくなる風景ばかりです^^

01cbe580a352d87a86eb61d2586ec78f74c4ae71f1

 

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

次に向かったのが、蓮の公園

 

P1410099

 

P1410092

なんだかすごい数に圧倒されっぱなし^0^;

P1410096

P1410088

癒される風景なのですが、何せ暑い・・・^0^;

さて、車はサコンナコンをでて、ナコンパノムへ向かいます。

睡蓮2

それにしても、iPhoneがストレスなく使えるって、すごく便利で不思議な感じ!

向かったのは、プラタート・パノム寺院

P1410107

これはまた、ド派手な寺院!!

ちなみにタイの寺院は、世界遺産登録はあえてしないそうです。

と言うのも、自由に修復しながら、いつまでも美しく輝かせたいというのが理由だそうで・・・

妙に納得した瞬間(笑)

P1410105P1410106

ちなみに入口には狛犬ならぬ、タイガー!!

P1410110P1410109

中にはぐるりと十二支の像があったので、自分の干支を探す

あれ?イノシシがいない!

そういえばアジア圏ではイノシシではなくブタなんですよね

P1410103P1410104

この寺院がある場所はメコン川のほとり

地元民が多く訪れるいわば、観光地的な場所

P1410101

寺院の周辺には、屋台もたくさんでていました

P1410113 P1410100 P1410112

ん?? この暑い場所で、観賞用の魚が売られている!!

なんでも闘魚とのことで、1匹ずつ袋に入れて売っているんだそうです

 

P1410132

ちなみにもう一つ行った寺院は、ラブリーなピンク!

生まれた曜日のカラーを意識している国なので、県内にはそれぞれのカラーの寺院があるそうです

 

その途中で立ち寄った、キャラメルのお店

P1410114

 

P1410122P1410123

笹の葉に包まれた、べっこう飴のようなスイーツ

食感はモチモチ、そして黒糖のような程良い甘さ、素朴で懐かしい味わいは、暑さで疲れている身体に染み渡ります~

10個以上入って300円くらいだったかな?

あと、一袋200円弱のココナッツキャラメルも購入

小学生の息子の野球チームの男子たちに大好評でした^^

 

P1410136

それから、寺院の近くにあった“OTOP”という、地元の特産品などを売るお店へ

ここは布製品が特産品のようで、お手頃なポーチをまとめ買い♪

素材も価格もピンからキリまであるので、しっかり品定めして、掘り出し物を見つけるのも大事です^^

 

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

さて、そろそろランチの時間です

ランチ2ランチ

遠くからでも目を引くこちらのお店が本日のランチ会場♪ やはりベトナム料理でした^^

P1410169

1Fは地元のお客さんでびっちり!

私たちは、宴会場のような2階の席へ

P1410148

こちらでいただいたのは、自分でまいて食べる、生春巻き!

P1410155 P1410158

レクチャーを受けてから、好みの具材を入れて巻き巻き♪

P1410153

この中に青いバナナがありまして、ちょっと渋かったりするところも、アジアっぽい~

P1410167

この葉は、ベトナムのローカルハーブpew

P1410161P1410154

ホントの生春巻きの他、揚げ春巻きまで!!

P1410165

相変わらずのボリューム^0^;

でも、野菜が多めなので、罪悪感なくたっぷり食べられました^0^

P1410173P1410171

帰りに人気のドリンクをテイクアウト

タピオカならぬ、カメゼリー的なものがたっぷり入ったココナッツミルク

クセになります!!

そしてここで、ガイドさんから日傘のプレゼントが~~!!

このあと、かなり使わせていただきました^0^/

 

ということで、午後もモリモリ予定が詰まっておりますので、続きは改めて・・・つづく

 

 

 

こんなタイ知らなかった!!【サコンナコン県&ナコンパノム県を訪ねるメディアツアー】その4

5月18日(土)タイ・イサーン地方取材3日目・前半

本日は、ヴィサカブーチャ(仏誕節)~陰暦6月の満月の日で、お釈迦様の誕生日です

仏誕節2

ということで、この日も深くて長い一日でした(笑)

 

ホテルロビー集合は7:30

朝食1

そこから向かった先は、【ローロットカイクラタ】

日本語でいうと“最高の味”とのことで、地元の人にも大人気のお店!

朝食4

P1400629朝食6

朝から超暑いけど、お茶。器がカワイイ♪

こちらで人気の麺料理とホットドック的なパンをオーダー

P1400637

ベトナムのフォーと似ているのですが、麺が稲庭うどんのような、少しコシのある細麺

ものすごくのど越しが良い!!

そして出汁がたまらなくオイシイ!!!!

スープを飲むたびに汗が噴き出るのですが、そんなことはどうでもよくなるくらい、止められない~~

P1400628P1400639

テーブルに合った調味料で味をカスタムすることも出来るので、ちょいと辛みを足したら、さらに汗が~~(笑)

すっかり湯上り状態に^0^;

P1400635P1400643

コーヒーもベトナム風

パンが美味しいのも、ベトナムと似ているかも^^

P1400654

その後、小一時間車に揺られ、“タンパーダン寺院”へ

寺院は山の上にあるのですが、そこまではこちらで行きます!

P1400651

結構スリリングでした(笑)

P1400698

 

P1400656

すごく緑が多い場所

P1400657

5月は雨季の前の暑季

赤土の大地は、乾季の時は緑も少ないそうです

P1400662P1400663

しかし、スゴイ形の木材です

P1400669

この中にある、椅子も凄かった

P1400670

こちらには石材の仏像がありまして、曜日ごとの仏様が描かれています。

あれ?数が合わない・・・水曜日は午前と午後で違うそうです

P1400668

一応、自分の生まれ曜日の仏像の前でお参り

P1400674

それにしても色々迫力あるなぁ・・・

寺院見学10

カメラに収まりきらない(笑)

P1400678

寺院と言うより、アミューズメントパーク的な雰囲気に圧倒されっぱなし^0^;

P1400684

 

P1400677P1400679

20バーツでチャレンジできる運試しな壺がありまして、もちろんやります(笑)

寺院見学5

金運・恋愛運・仕事運・健康運、そして願いが叶う壺(正式名称失念^^;)

みんな真剣です(笑)

寺院見学3 寺院見学4

見事、全ての壺に入れることに成功!!

残りの取材も安心して挑めます(笑)

P1400691P1400693

ここで、タイ式トイレ、初体験!!

サンダルに履き替える理由がよく分かりました^0^;

行と同じ送迎車に乗り込み下山(帰りはもっとスリリング・・・^0^;)

 

次に向かったのは、プーパーン市にあるkramusakon

P1400700

なんだかすごく、洗練された感じの雰囲気(寺院からのギャップがすごい^^;)

P1400704

森の中にクラーム染めと言われる、藍染めの作品が出現!!

P1400702

なんかもう、見るものすべてがステキ過ぎて一気に心奪われました><

P1400705

P1400716

 

 

P1400710

奥では、クラーム染めの作業中

P1400714

そしてこちらでティータイム♪

P1400709

 

P1400718

なんと!お茶までブルー!!

バタフライティーと言う。マメ科の植物のお茶

P1400726

美しいものは美味しい・・・

 

P1400728

寺院でお参りした時以上に心が浄化されて、暑さも吹っ飛びました!!

 

そしてこのあと、さらに心が浄化されたランチタイムへ♪    ・・・つづく

 

 

こんなタイ知らなかった!!【サコンナコン県&ナコンパノム県を訪ねるメディアツアー】その3

5月17日(金)の午後の部

舞踊2

この日は本当に頑張りました^0^;

イサーン地方にはプータイ族が多く住んでいるそうなのですが、そのプータイ族の伝統舞踊を正装を着て体験!

まずは、衣装を借りにお店へ

P1400547

所狭しと伝統舞踊の衣装や小物が並んでおります(店内がものすごく暑いです・・・^0^;)

P1400550

そこで、いきなりの着替え

特に更衣室もないので、皆さんそれぞれ場所を確保してって感じです(笑)

とにかくものすごく暑いので、汗が滝のように流れてきて、着替えどころではありません^0^;

舞踊17 舞踊5

取材なので、それでも着替えなくてはなりません

汗拭きシートをバンバン使い、ようやく着替えたのち、ピーターのようなメイクさんに髪を結ってもらいます

どんなに短くても、アップにお団子です(笑)

さらに、少し重みのある白い紐のようなものを巻くので、若干顔が傾いています(笑)

舞踊4舞踊11

全員着替え終わったところで、おもむろに舞踊のレッスンが始まりました

大先生の動きを見ながら見様見真似で踊ろうとするも、暑さのせいなのか年のせいなのか、全然頭に入ってきません^0^;

本レッスン(?!)は後ほど行うので、とりあえずワット・プラタート トーンチェムという寺院へ行き、記念撮影

018d018c1558ef94582e05d80e04b0a0f626e37417舞踊15

が、これがまた大変な修行でして・・・

舞踊16

基本、寺院の敷地には靴を脱いで上がるのですが、昼下がりの一番太陽がじりじりしている時の床って、想像を絶する暑さなのですっっ

なぜみんな、平然と歩けるの??????

写真を撮っている時も、とにかく早く終わって~~と言った心境^0^;

と、撮影が終わったのち、本日宿泊するマジェスティックホテルへ行き、プータイ族舞踊の本格的指導がスタート

舞踊12

この舞踊は、激しい動きはないのですが、とにかく手先の細かな動きが重要でして、しかも足でリズムをとりながらとなると、そりゃぁもう、頭の中がパニック^0^;

舞踊7

それでも何とか指の装飾を付けるお許しを、大先生から頂きまして、早速ステージに上がって実践

舞踊20

装飾を付けると、指先の動きが重要ということがよく分かります!

でもって、さらに難しい~
(何度か飛んでいきました^0^;)

あまりに出来ない自分に、悲しくなってきました・・・

ちなみにプータイ族の舞踊を大先生から習った日本人は、私たちが初めてだったようで、こんな貴重な体験をさせていただけたことに感謝ですm(__)m

 

この後が分刻みスケジュールでして、 まるで売れっ子アイドルグループ並みの動きで部屋に戻りシャワーを浴びる

なんと、ドライヤーがない!!

全員洗いざらしの髪でロビーに集合^0^;

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

ハスキー1

向かったのはこちら、Sonata’s sberian Cafe

ハスキー2 ハスキー4

なんでも、シベリアンハスキーと触れ合えるカフェなのですが、その時間が決まっているため、バタバタしちゃったわけです^^;

P1400563

店内は普通にキュートなカフェと言った感じで、女子が好きそうなパフェとか、お食事系のメニューもありました

P1400564

その奥に行きますと、ドッグランスペースがあります

ハスキー10 ハスキー12

で、時間になると20匹くらいのシベリアンハスキーが一斉に部屋から出てくるわけです

ハスキー7 ハスキー5

こんな間近で触れ合えます

がしかし、ワタシはなぜかいきなりマーキング(しかも2回も!!)されてしまい、テンションダダ下がり^^;

ハスキー8

↑冷風機の前で涼むハスキーたち

そもそもなんで、暑いタイでシベリアンハスキー??と思ったのですが、オーナーが大のシベリアンハスキー好きで、大会などでも優勝しているくらいの優秀なハスキーを50匹ほど飼っているそうです

最初は、お店ではなかったのですが、見学に来る人が多すぎて困ってしまい、逆に時間制で触れ合えるようにしたのだそう

P1400569 P1400571

ワタシは動物アレルギーが少々あるのであんまり触れ合えなかったけど、このドリンクがすごく美味しかった!!

あ、けっしてウィスキーではありません(笑)

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

そして今宵のディナーへ

015ec5569f9aad95332c3b6cd2ecfb524cc22a6701

0124fd915fd9d9180d397d6640bfb66f69a1e8db06

この看板を見ると、熟成肉ということなのかな?

P1400583P1400590

テーブルにつくと、お肉が入った薄い重箱のようなものがやってきまして、広げてみると、いろんな部位のお肉が!

今日はタイの焼肉です~

P1400592

なんと、牛脂のほかにバターを塗ります!

P1400594

真ん中にスープが入っていて、こちらの野菜を入れてスープ的な感じでいただきます

P1400582P1400599

これがまた、美味しくて止まりません!故障をかけるとより美味しいという城野さんアドバイスに従い、全員こちらのコショウを少々(みんな従順・笑)

P1400580 P1400578

そうそう、サコンナコンにもキャンギャルがおりまして、もちろんビールをオーダーしました(笑)

 

出来る限り残さないように食べてホテルへ戻ったのですが、なんとここからまだ食事が・・・^0^;

メディアナイト5

この日はバンコクなどからメディアを呼んでの、“Cool Isan Night”が開かれておりまして、こちらにも参加する事になったのです

メディアナイト1

 

P1400605

ここで、イサーン地方の伝統料理が入った籠が!!

絶対食べられないと思ったのですが、みんなが美味しいっていうものですから、つい一口・・・

P1400607

スープを飲んだら一気に胃袋が動き出しまして・・・

P1400610

結局あれやこれやと一口ずつ食べちゃいました(笑)

P1400616

そうそう、この見た目はちょっとアレなココナッツミルクのデザートが美味しいんです!!

P1400615

そしてステージでは、先ほど熱心に指導してくれた大先生のところのメンバーがプータイ族の舞踊を披露

当たり前だけど、美しい(笑)

メディアナイト8 メディアナイト12

現地の方と同じように、腕に紐を巻いてもらったり

メディアナイト9

抽選会なんかもあって、日本同様盛り上がりました。

と、なぜか私の名前が呼ばれて、トートバッグもらいっちゃいました(笑)

01594fc4e48c89e5f983fb5d471ff6cb225c931180

 

部屋に戻る前に、ホテル向かいのナイトマーケットへ(そこにセブンイレブンもある)

P1400619

P1400621

お腹ははちきれそうだけど、パッタイなら食べられそうと思っている自分が怖い^0^;

P1400620

あ!さっきの怪しいけどおいしいデザートだ!

ちなみにこのグリーンは、天然由来だそうです

 

さて、明日は7:00集合です・・・       つづく

 

 

 

 

 

こんなタイ知らなかった!!【サコンナコン県&ナコンパノム県を訪ねるメディアツアー】その2

2日目・5月17日(金)はいよいよ、タイ東北部・サコンナコン県へ向かうべく、ホテルを4:00(!)に出発し、国内線の主要空港・ドムンアン空港へ向かいました

ちなみに、20数年前にタイに行ったときはこの空港が入口でした

0185e082664808ef74a2e68aa1cf49a877dba800c8

こちら、バンコク~サコンナコン間で利用したノックエアーの飛行機

013e31b29b9f1fe8684aa94fba4f3128a4551669c2

なんだか、ものすごくカワイイ!

018dd5f5b59d8549d3d7566ea6df0b614c1ce4fc01

そして色んなデザインがありました!

01e6a5eed3c1731755f4b21ea2bd1d99afb203beb3 019b4add7b24eb030c406d2a7d59529f70c5be280d

それにしても、朝5:00前なのに、人が多い(;’∀’)

そうそう、こちらの空港は、カウンターで荷物を預ける前の検査がないので、搭乗手続きが終わったあと、すぐに保安検査口までいかず、このモニターで自分の荷物をcheckしてもらったのを確認してから、向かう形なのです。

今回同行していたサロンさんが、バッテーリーを入れていたことをすっかり忘れていたようで、ここでひっかかって、少々焦っておりました^0^;

その場でスーツケースを開けられます。。

01f0ca32fbcb0ab6903c2111be68770e67d6d269cd

中に入ると、5:00前なのにもうお店が開いている!!

012706d02b2b71cf9f64055b53440c9135338d3a76

一瞬、時間の感覚を失います^0^;

もちろんまだ朝食は食べていないので、つい何かしら買いたくなってしまいますが、サコンナコンに到着したら朝ご飯が待っているので、ここはガマン

01899bd7596227d21fe7eefa1d40c73e0fc56fe9a0 013c822ad35780712fd21ddcc651c20317170c4d42

ここの商品が、リーズナブルなのに物がしっかりしていていいのよ!と、Sabbai Sabbai! Thailandの城野さんに言われ、一同お店へ(笑)

ホントにリーズナブルで可愛くて、丈夫で機能性がしっかりしているものばかり!

お土産に購入したファスナーポケット付きのティッシュケースなんて80バーツ!

早速タイに魅了されておりました(笑)

01d95dcb771c32a5cddacd7200d7dc7303bc38483b01383cbb27f0f8862bd2f92197b0c2b0ee2831f8ba

機内誌をチラリとめくってみる

当然ですが、読めません(笑)

そして機内で配られた水がカワイイ♪手のひらサイズなので、中身入れ替えて数日タイで持ち歩いてました^^

0147931ef4772f4621939e4c810d1c7df38880d6160113ff39d56ec88fa8d641061ab050396774c7b7a5

約1時間で、サコンナコン空港に到着

今回のツアーをコーディネートしてくれた現地スタッフの皆様がお出迎え

そうそう、タイのトイレは男女のカラー分けがされていないので、一瞬迷います^0^;

早速ワゴン車に乗り込み、朝食会場へ

P1400447

サコンナコンで一番大きなバスターミナル(バンコクからバスで着た場合もここに止まるそうです)の真向かいにある、【Green Cornet】

P1400448

 

P1400445

Aセット(150バーツ)に、コーンスープを追加した感じです

P1400439

イサーン地方では、朝によく卵料理を食べるそうです

ちなみにタイ語で卵は“カイ” 鍋は“ガタ” ということでこの1品は“カイガタ”

それにしてもこの“ガタ”すごくイイ!キャンプとかで使えそう!! どこかで入手できないだろうか・・・

と、海外に来るとすぐ買い物モードになってしまう^^;

P1400442

卵には、右側の玉子を美味しくする醤油?がオススメよ!と、城野さんがおっしゃるので、素直にかける

ホントだ、美味しい!!

どこかで買えたら買おう^0^

P1400430P1400437

こちらのホットドック的なパンにも、チリソースをかけてみる

すると、さらに美味しくなるのです^^

P1400443 P1400434

フルーツは、やっぱり甘さが違う!

と、朝から結構な量をいただいてしまいました^0^;

P1400449P1400450

朝食後、ワゴン車へ

すぐ近くにあった、サコンナコン県の門を見学

上の塔には、一番偉いお坊さんの像がいらっしゃるそうです

門よりも気になってしまったのが、ド派手は観光バス

そして向かいにあった、HONDAのバイクショップ・・・

 

P1400455P1400452

そして向かったのは、プーパーン博物館

まずはこちらで、サコンナコンについてのお勉強です!

P1400459

2016年に崩御されるまで70年間、国王だったラーマ9世

P1400457

お恥ずかしながら、前国王の功績などはほとんど知らず・・・

P1400460

いかに国民のためにご尽力されていたかが、この部屋全体から感じられます

といっても、もちろん読めるわけではないので、通訳できるガイドさんのお話を聞いて知ったのですが^^;

大麻を栽培して生計を立ててた農村には、ただ止めさせるのではなく、それに代わる産業を提案し、責任をもって軌道に乗せる活動とか、この年になると、そういうお話を聞いただけでウルッとしてしまう・・・

P1400462P1400461

そしてものすごく多彩な才能の持ち主だったようで、音楽もスポーツも万能だったそうです。
なんと、CDも出しているんです!

海外に行くときは、その国のことを少しでも知ってから行く方が、いい!

知らなければ、その国についてから、郷土資料館とか博物館に足を運ぶとイイ!!と、感じた瞬間
(ただ、日本語訳がほとんどないのが現状なので、最低でも英語が分からないと難しいですが^^;)

 

P1400468

↑今回、女子旅に同行してくれた、日本語がすごく達者なガイドさん

 

この博物館、思いのほか広くて、恐竜や遺跡のゾーンから、僧侶のゾーン、タイに住む多くの民族を紹介するゾーンなどなど、かなりの充実ぶり

P1400467

が、とにかくガイドさんがいないと全然分からないのが難点^^;

まだ、日本人はもとより、欧米人もがほとんど足を運んでいない地方なので仕方ないと言えばそうなのですが・・・

P1400475P1400478

国民の生活を豊かにするための、一村一品運動~OTOPというのがありまして、イサーン地方の様々な郷土品がありました

P140048401bb4ec200c7d9bd5f6475d5e6397815830d25cb0e

それにしても、ろう人形がリアルで売店はホンモノかと思ったほど^0^;

 

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

01c41ca523634b14c57d913b52565bc3bcd38b15bd 01d75007871119c400f094478d7bfdbb1fd358a86f

次に訪れたのは、藍染めのお店【Mann Craft

失礼ながら、サコンナコンは全体的に田舎町だと思い込んでいたので、入口からオシャレ感漂うショップにちょっとびっくり!

しかもFacebookページもあるし!!

P1400490

す、ステキ過ぎる!!

P1400488

P1400489P1400491

暑い場所で藍染め製品を見ると、体感温度が下がる気がします!

P1400494 P1400495

こちらは藍染の行程!そのセンス、好きです!!

P1400487

行程を考えると、藍染め製品ってお高くて当然だなと思うのですが、こちらのショップはかなりお手頃!!

男女兼用で使えそうなストールを購入し、ダンナへのお土産と言いつつ、ワタシが使おうかという魂胆で購入(笑)

P1400492

購入した商品を入れる袋も可愛すぎっ!!

と、早起きと暑さで少々疲れていた参加者一同の表情が心なしか明るくなっている

やっぱり女子ってshoppingが絡むと急に元気になるなぁ(笑)

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

さて、お次はランチタイム!

P1400498P1400502

ん?フラワーショップ??

【JAI SAI】という、ベジタリアンのお店で、フラワーショップでもあります

P1400518

ちなみにこちらが、ベジタリアンのお店にある印だそうです

P1400505

結構大きなフラワーショップで、見ごたえあります

P1400508

P1400506

思わず買って帰りたくなる

P1400516P1400514

飲食店と言うより、ショップという感じの雰囲気で、ちゃんとした食べ物が出てくるんだろうか・・・と一緒ん不安がよぎります

ちなみにこのシャンプー、かなりオススメだそうです(城野さん情報)

P1400522

ウェルカムドリンク的に、これからお店のウリにしたいというドリンクが

原料は、棗・オクラの実・マドゥー・木の幹?!

ちゃんと美味しいので、ご安心を(笑)

美容や目にもいいドリンクとのことで、女子(とくにアラフィフチーム)大喜び

P1400531

そして料理が素晴らしかった!!!

ベジタリアンということですが、そういわれなければ、そんな事ちっとも思わせない食べ応えと味付けで、これが全て野菜系なんて、最高!!と、またまた女子(特にアラフィフ)、大喜び!!

P1400523

P1400524

P1400529

P1400535

P1400532

ちなみに揚げ春巻きはメニューを見ると70バーツ

P1400536

こちらのサラダにかかっていたのは、お茶の葉のドレッシング

いやぁ、またまた自分の画像見て、お腹なっちゃいました(笑)

 

こんな感じで、午前中だけでネタ満載になってしまったので、さらに濃ゆいネタが満載の午後の部は、次へ続きます・・・

 

 

 

 

pageTop