札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『カウンター』タグの付いた投稿

おひとり様でも行きやすい♪【天ぷら弥平】

大同生命ビル~miredo~については、先日こちらでも1軒紹介しましたが、もう1軒気になっていたのが、“天ぷら弥平

016f1ecd129cff325ee330d994a6d03fb44d101e2b

先日、ようやく足を運ぶことが出来ました!この時、ご一緒した方が先にいらっしゃっていたので、駅前通り側の入り口からしれっと入ったのですが、正解はビル内の入り口だったみたい・・・

01d83c4bf8c27953a0abee893a30f36b06cae17d68

一瞬、驚かれました^0^;

P1600219P1600223

喉がカラッカラだったので、芋ソーダ割りで乾杯

ご一緒した方は、クラフトビール(たぶんタップマルシェ)

最近よく見かける、引き出しにカトラリーや取り皿がセットされている感じのカウンター席

メニューを眺めて、初めてだったこともあり“椿コース”とアラカルトで楽しむことにしました

P1600221

こちらの前菜5種盛り合わせは、アラカルトでもコースでも同じものが出ます

飲まさる系の前菜を前に、のん兵衛のワタシはすでに単品が向いているなと思い始める^0^;

P1600225

さっそく天ぷらがやってきました。

最初に3種類

P1600227

P1600229 P1600230

 

ちなみに塩が2種類、天つゆもあります。

天ぷらを味わっていると、黒トリュフの茶碗蒸しが運ばれてきました。

濃厚です!飲まさります!! 

P1600235

天ぷら、続々やってきます

ちなみに7種類です!

P1600234 P1600251

芋ソーダもなくなり、次はどうしようかと考えていたら、シュワシュワ行きますか!ってことでまとまり、ボトルでオーダー

このスパークリング、お手頃(3,500円)なのに美味しいっ

しかも天ぷらに嬉しいくらいに合うんです^^

P1600237

コースの主菜のもう一品は、牛ヒレのポン酢おろし

P1600243

夏を感じる、稚鮎の天ぷら!

この苦みは、オトナ(特にのん兵衛・笑)じゃないと楽しめあいよなぁ~^0^

P1600239

こちらはアラカルトでオーダーした、またまた夏を感じるハモ!

だんだん日本酒も欲しくなってきましたが、今日のところはシュワシュワで(笑)

P1600246P1600248

そしてこちら、海苔の天ぷらは、いくらぶっかけ付き!!

うぅ、やっぱり日本酒オーダーするべきだったか(笑)

P1600253

そうこう考えているうちに、〆のご飯ものがやってきたので、こちらに集中!!

P1600256P1600259

鯛茶漬け、まずは味噌をたっぷりつけてそのままご飯を頂きます♪

そのあとはお茶漬けで^^

 P1600261

デザートは、姉妹店“カネマス弥平とうふ店”でも人気の、豆腐のマスカルポーネ

もう、満腹です(;’∀’)

P1600264

コースとアラカルトで堪能した結果、アラフィフのん兵衛は確実にアラカルトがオススメ

そして、初めてカウンターの天ぷら屋さんを体験する方や、がっつり食べたい人にはコースが安心でお得かと!

実際どちらの客層も来ていて、若いカップルもいれば、外食慣れした女性2人組、おひとり様の晩ご飯って感じのサラリーマンもいたり、とにかくひっきりなしにお客様が訪れていました!

 

 

今だからこそ北海道名物を堪能!炭火焼ジンギスカン ポッケ

P1570747

普段は観光客でにぎわっているので、なかなか予約が取れなくって行けていなかったお店って、結構あると思うのです。

炭火焼ジンギスカン ポッケ】も、そのうちの一店

先日、お肉とドリンクが半額になるという情報を仕入れ、チラリと行ってきました!

015c94f2c9ceca0690b0981eccfa71179badd12577

場所は都ビルの3F

同じフロアにはしゃぶしゃぶのお店もあります^^

01cfd0d4fa79a4463b7fd119673dd0faf4440ec49e01b7577515d3cad144504a8f7c3be91914d7e0840e

こちらの場所、もともと2店舗だったところを繋げているので、入口が手前と奥の2ヶ所あり。

真ん中にコの字カウンターがあって、両端にテーブル席

013146665b32702656666e10fd224a0677c7c67b79

思っていた以上に広い!

P1570737P1570738

半額になるのは、肉メニュー全品と、★印以外のドリンク

P1570734 P1570740

まずはキンキンに冷えたビールでのどを潤します^^

お通し、ポテサラかと思いきや豆腐!

ジンギスカンの合間につまむと、口の中がさっぱりしていいんです^^

P1570743

まずはオーストラリア産生ラムを食します(画像で2人前)

P1570749

あまり焼き過ぎないのがオススメだそうです

元々レア好きなので、急いで口へ運びま~す^0^

柔らかい!!

そして脂身が美味しい~~~

聞くと、手切りでスジをしっかり落としているそうです^^

タレもあっさり目(公式サイトによると、最後にスープとして飲めるよう、化学調味料不使用とのこと)なので、何枚でもいきたくなるジンギスカン♪

P1570746

こちらは味噌漬けジンギスカン

漬けダレはもちろんお店オリジナルで、オーナー自ら漬け込んでいるそうです^^

P1570750

味噌漬けと聞くと、かなり濃いめなのかと思いきや、これまたいい塩梅の浸かり具合でして、ちょっと白米が欲しくなる感じの味わいです^^

まぁ、ワタシはアルコールが進むんですけどね(笑)

P1570745

そしてこちらがポッケの看板メニュー的存在、塩ジンギスカン♪

P1570752

あ~もう絶対、アルコールなしではダメなヤツですっ

食べらさる&飲まさる~~~(≧▽≦)

ジンギスカンが美味しかったのはしっかり伝わったのではないかと思いますが、ポッケに来たら絶対食べてみてもらいたいのがこちら!!

P1570754

知床産のエゾシカ!!

見るからに新鮮で柔らかそうっ

P1570756

もちろん、臭みなんて一つもありません~~

食べるたびに、身体にいいもの補給している感じがしました^0^

 

ジンギスカンは身体がポカポカになるし、お店は当然換気がしっかりしているので、この機会に少人数で(なんならお一人様でも!)味わってみてください~

ちなみに半額キャンペーンは2020年4月23日(木)までで、店内には特に記載がないので、ブログを見たと伝えてみてください^^
014d7312c2954143c7405b0a9a5730557ac4481b7e

そうそう、人気の塩ジンギスカンはお持ち帰り用もあるそうです♪

 

 

 

 

久し振りに行った【純や】でテンションが上がる

先日、南区方面にお住いの方々とご一緒した際、澄川駅近くのカウンター9席の純やというイタリアンを知ってる?という話をすると、その場にいた3名全員、初めて聞いた、行ってみたい!ということになり、女子会を開催♪

ちなみに過去のブログはこちら(最初のころの写真のクオリティが低すぎて恥ずかしい^0^;)

P1570460

ワタシも超が付くほど久し振りの訪問となりましたが、相変わらず暗闇にひっそりたたずんでおりました^0^;

P1570413

まずはこぼれシャンパンを、純哉さんに注いでいただきます^^

P1570415 P1570416

P1570417

受けの升まで、なんと美しい注ぎっぷり!

これだけで、女子会は盛り上がる(笑)

P1570421

こちらお通し。みるからに飲まさる系!

日本酒にも合いそう~~(ちなみに純やさんには日本酒もあります^^)

P1570459

どれも気になりすぎて、選ぶのが難しい・・・^^;

P1570425

牡蠣と雪の下キャベツのアーリオオーリオ

くぅぅぅ、また飲まさるやつです~~

P1570427

蝦夷鹿もも肉のボイルハム

P1570429

こぼれスパークリング飲み干す前に、赤オーダーしちゃいました^0^;

純やさんは、お料理に合わせてワインをグラスで提案してくれるのも、のん兵衛には嬉しいのです^^

P1570431 P1570435

ホタルイカとソラマメのサラダ仕立て

早速、白オーダー(笑)

P1570437

鯛のカルパッチョ 菜の花の苦みと熟成金柑の甘みのコラボが危険すぎてワインが止まりませんっ!!

P1570439

ここでオレンジワイン

もう、身をゆだねまくり・・・(笑)

P1570440

これが噂の純や特製キッシュ~

まるでババロアのようなトロットロのキッシュ・・・

一同、とろけました^0^;

P1570445

お肉は鴨!

添えられている筍がメインかというほどの存在感~~

至福のヒトトキ・・・

P1570448

そしたら赤!!(笑)

ここまで完璧なペアリングっ

P1570450

締め?のオニオングラタン

濃厚過ぎて、ワタシは〆らない・・・^^;

P1570455P1570458

一人が先に帰った後、つまみに黒豚の黒酢マリネをオーダー

そしたら、ワインも欲しくなるわけで、こぼれコップワインをオーダー

いやぁ、久し振りの純やさんに、すっかり心持っていかれました(≧▽≦)

 

ちなみにトロトロキッシュはじめ、お手頃なテイクアウトメニューも色々ありましたので、この機会にぜひ!

 

1月8日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息~焼鳥ひげぼうず

寒中お見舞い申し上げます。

1月がスタートしてすでに1週間以上たっておりますが、改めまして2020年もよろしくお願い致します。

ということで、2020年最初のブログは、1月8日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息に掲載いたしました、【焼鳥ひげぼうず】のご紹介です!

P1510625

名前もさることながら、行燈と暖簾のインパクトがすごい焼鳥屋です!

P1510626 P1510646

イラストはオーナーの村上さんの似顔絵です

うん、間違いない(笑)

P1510631

店内はコの字型のカウンター10席のみ

P1510634

メニューはこんな感じ

P1510636

手前のカウンター前には焼き鳥の入ったショーケースがあるのですが、最初に思ったことは“美しい!!”ということ

P1510638

焼鳥って串打ちが大事な仕事と前に聞いたことがありますが、その仕事をちゃんとしている感がショーケース越しにも伝わってきます!!

P1510639

早速焼いてもらうことにしたので、焼き場に近づいて撮影させていただきました。

P1510650

なんと!炭も美しい!!!

思わず見とれてしまいました・・・

P1510664

当たり前だけど、焼いても美しい

P1510655P1510656

この秘伝のタレらしき壺に串を入れる姿も、美味しさの演出と化しています!!

 

P1510658

持論ではありますが、美しいものは間違いなく美味しいのです

P1510672

P1510683

P1510684

こんなに美しい串打ちが出来て、美味しくて、その上希少部位まで仕入れできるとは、さぞかし業過が長いのかと思いきや、村上さんの前職は銀行員!!(ちなみに34歳)

いつしか焼鳥屋を開業することが目標となり、奥様以外ほぼ全員が反対する中、銀行を辞め、市内の焼鳥店などで修業

昨年の11月に、“焼鳥ひげぼうず”を開店する運びとなったそうです

ひげぼうずのステキなところは、焼き鳥がオイシイだけじゃなく、お通しや一品料理も完璧なこと♪

P1510667

完璧にのん兵衛仕様です!!

P1510677

P1510686

そしてコの字型のカウンター、座ると他のお客様と目線が合わないので、女性がおひとりさまで来ても、心地よく飲食できるような感じがしました^^

P1510641

ドリンクラインナップはこんな感じで、ワインなども揃っています。

個人的に黄金色のまんこいが目に留まりまして眺めていると、“うちのレモンサワーはこの焼酎で作るのですが、キケンなほど美味しくて、開店して3週間くらいですでに3本空になったんです”と、村上さん

P1510675

確かにレモンサワーは流行っているけど、そこまで言うならぜひ!と、味見させていただくことに。。。

あっという間に飲み干してしまいました^0^;

その危険なほど飲まさるレモンサワーの味を、ぜひ一度確かめてみてください^0^

 

ちなみに村上さん、YouTubeもやってるんです~

めちゃくちゃ忙しそうなのに・・・さすがは元銀行マン(笑)

あの“つっこ飯”をコース仕立てで楽しめる、アラフィフの理想形~【八饗】

P1460260

食の宝石~いくら

そのいくらを、(たぶん)世界一提供する【はちきょう】に、ワンランク上のカウンター店が出来ました!

その名も【八饗~ハチキョウ

P1460163P1460162

海味はちきょう いくら御殿の奥にひっそりと、天井の低い洞窟のような入口があります。

P1460165

01ed5b3879623380b1b7844c62aed2e30d1698a05a

入口左側には水槽

P1460166

そして店内はカウンター12席のみのフルオープンキッチン

P1460273

小菅シェフの姿が、どこに座っても眺められます^^

 

P1460174

八饗は12,000円おまかせコース1本のみ

そして座席には、お品書き

ん?よく見ると、お品書きではなく“素材書き?!”

八饗では料理名はあえて書かず、今日使用する素材のみを記載し、お客様にあれこれ想像してもらうところから楽しんでいただこうという、コンセプトなんです^^

P1460178P1460171

と、その前にドリンクをオーダー

ビール各メーカー、ワイン、焼酎、ウィスキー、北海道物を中心に、そして幅広い価格帯で揃っていました^^

ワタシはすっかり定番となりつつある、芋ソーダで乾杯

グラスが手馴染みがよくて、より美味しく感じる^^

P1460185

最初にお出しいただいたのは、活毛ガニ&ムラサキウニ&いくらの一口手巻き寿司

P1460180 P1460182

いきなり、贅沢食材3つまとめてきちゃうんですね!!

P1460190

ウニは大好きだけど、たくさん入らないワタシとしては、いきなり理想形な1品が出てきて、すっかり心奪われました><

P1460195

次に登場したのは、羅臼の時しらず、そして“ジャガイモ540”を使用した、椀物

ほんのりと生姜の香る餡が、胃に沁みます~

P1460197

そしてやっぱり、540の存在感が凄い!

じゃがいもなのに、美味しい鮭よりも目立つ!

目立つけど、全体のバランスは良い!!

ちなみに540は、提携している飲食店でした味わえませんので、かなりプレミアモノ!

P1460198

“普段はあまりお見せしないのですが、せっかくの機会なので、今日は好きな牡蠣を選んでください”と、立派な仙鳳趾の牡蠣が登場!

P1460199

選んだ牡蠣はこんな感じでやってきました^0^

半分はライムで。そして半分は土佐酢のジュレとともに味わいます!

P1460203

牡蠣のサイズが大きいだけに、味変で楽しめるのはすごくうれしい!!

P1460206

お刺身3点盛り

ヒラメ・ボタン海老、活ツブ、もちろんすべて道産!

ツブはホタテからの予定変更だったのですが、ホタテより良い状態だったので、変更したそうです^^

P1460209

醤油とポン酢、お好みで。当然ながらワサビもちゃんと美味しい^^

でも、それ以上に美味しかったのが、“レモン塩” ←これだけで飲める(笑)

 

P1460213

そしてこちらが、メヌキ。上にはウニ!!

メヌキに塗っている味噌にもウニを練り込んでいるとう、ちょっと贅沢な魚料理

そして手前のソースはにんにく醤油。すこしずつ、色んな味わい方ができるのがウレシイ^^

P1460218

来た~っ!活鮑!!

鮑の下にある大根が透き通ってる~~~~~

しばし、無言の時間

 

P1460226

ここで箸休め的なお口直しの1皿

P1460222

ファットリアビオのリコッタチーズに、新篠津のフルーツトマト

P1460223

添えられていた梅ソースがまた美味しくて、岩塩と共に、色んな組み合わせでそれぞれを楽しみました^^

P1460228

そして、メインディッシュの富良野産黒毛和牛~藻塩・塩昆布・山椒だれ・特製卵黄醤油

1切ずつ、4種の味で楽しませてくれるという、これまた理想形の食べ方が!!

P1460231

そう、お肉はこれくらいの方が最後まで美味しく味わえます^0^

P1460239P1460242

そして、〆のご飯もの

お米が見えないくらいのキノコたちの上には秋刀魚!

P1460250P1460254

混ぜると湯気と共に喉が生るほど美味しそうな香りが漂います~~

普段はお腹がいっぱいでご飯モノまでたどり着けないのですが、これは1口でも食べておかないと!!

P1460258

お、美味しいです><

がしかし、1口では終われないのです・・・

ここで“つっこ飯”が登場します!

P1460259P1460261

はちきょうと同じく、あの威勢の良い掛け声が!

3回かけ放題!ですが、食べきれないので2回でストップ^^;

P1460265

 

↓ ちなみにこちらは3回かけたもの

P1460271

いやぁ、やっぱりオイシイです><

そしてそして、最後は出汁をかけていただきます!!

P1460281

いくらにお戦い出汁をかけたら白く固まっちゃうんじゃないかと思ったのですが、さらに美味しく味わうことができました!!

そんなわけで、少なめに盛ってもらいつつ、3杯味わった方が良いです!!

P1460284

デザートはプルーンソースがけのバニラアイスと、完熟プルーン

プルーンは大好物だけど、白樺花粉症なので躊躇したのですが、完熟と聞いて食べてみたら大丈夫でした^0^←感動の美味しさ!

そしてソースがプルーン特有の苦みも少しだけ残るオトナの味わいで、甘いバニラアイスとピッタリ♪

 

 ★量は食べられないけど、本当に美味しいものを少しずつ味わいたい

 ★肩ひじを張らず、だけど居心地の良い空間で味わいたい

 ★道外の人を喜ばせたいけど、自分もしっかり楽しみたい

 ★料理の説明はしっかり聞きたい

そんな欲求が見事に叶えられた1店でした!!

北海道の美味しいものを食べたい・食べさせたい!という方に自信を持ってお勧めできるお店です^0^
※事前予約をお勧めします

 

 

pageTop