札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『大通』タグの付いた投稿

おおば比呂司先生が繋げた、岩手と札幌のコラボレーション【南部えびせん】

P1480089

この画像でどこのお店か分かった方は、かなりのえび天好き!

 

P1480106P1480104

正解は、大通にあります【蛯天分店

昭和38年から営業を続ける老舗の天ぷら店

このえび天の味わいが、岩手のソウルフード『南部せんべい』として9月1日に発売になったのはご存知でしょうか?

1011-2

小松製菓の公式サイトより

岩手では数量制限がかかるほど売れているそうです!

と、なぜ岩手の南部せんべいと札幌の蛯天分店がコラボすることになったのかと言いますと・・・

P1480096

蝦天分店と巖手屋~小松製菓のイラストを手掛けていた、札幌出身の【おおば比呂司】さん繋がりなんです!

おおばさんは、色々な企業の商品イラストを手掛けていますが、なかでも小松製菓さんは一番多く使用しているそうです。

P1480078

ちなみにこちらは、小松製菓の創業者である小松シキさんがモデルです^^

 

P1480074

先日、蝦天分店で今回の商品の記者発表がありまして、私も足を運びましてその経緯を知ることとなりました^^

ちなみに真ん中は、おおば比呂司さんのご子息であります、大場伸之氏

と、おおばさんはすでに他界されているのに、なぜ今回のパッケージデザインが出来たのか?って疑問に思いますよね?

P1480071

おおばさんは帰札するたびに、必ずと言っていいほど蝦天分店に立ち寄り、えび天を味わっていたそうです^^

そして年賀状のやり取りもされていて、その中にあったえびのイラストや、色々な文字を組み合わせて今回のパッケージデザインが完成したそうです!

さすが、最近の技術ってすごい!!

と、蝦天分店の現在の代表であります八木さんいわく、『今まであまり表に出ることはなく、このようなコラボ企画もまったくやる気はなかったのですが、おおば比呂司さん繋がりということと、私が南部せんべい好きということもあり、今回のお話をお受けすることにしました』とのこと。

P1480093

今回誕生したとなった“南部えびせん”は、硬すぎない、ちょうどよい歯ざわりと、蝦天分店の甘だれの風味がしっかり活きていて、八木さんも大満足の仕上がりとのこと!

ワタシも早速頂きましたが、ホントにさっくりした食感がちょうどよく、しかもこちらのサイズ、通常の南部せんべいの際ぞより2㎝ほど小さい8㎝の中型なので、女性にもちょうどよい^^

あおさと宮古の塩もいい塩梅^^

ちなみにせんべいの中に見える“エビ”は手作業でいれているそうです!

袋にはジッパーも付いているが便利とのことでしたが、一枚食べたらもう一枚・・・という危険なオイシサなので、ジッパーを使用せずに完食してしまう可能性大(笑)

食べた瞬間、マヨネーズをちょっとつけて食べてもイイかも!と話したら、のん兵衛の方はみな、同じことを考えていました(笑)

P1480081

オンラインショップでも購入可能ですが、札幌では蝦天分店他、三越店でも購入可能です!

エビ好きな方は必食ですよ^0^

 

 

P1480102

それにしても蝦天分店は歴史を感じるお店でした!

このビルには何度も来たことがありますが、よくよく考えたら、分店には初めて入ったかもしれません^^;

P1480097

小上がりはちょっとしたギャラリーでしたよ!

 

P1480089P1480090

改めて食べたえび天は、本当に美味しかったなぁ

完食しても全然、胃もたれしないし!!

個人的に、おしんこに醤油がちょろっとかかっているところに昭和を感じました^^

 

 

7月10日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息~ミライスト CAFE×SWEETS×BAR

7月10日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、6月末にススキノから大通に移転リニューアルオープンした、【ミライスト CAFE×SWEETS×BAR

店名の通り、カフェであり、スイーツも楽しめ、BARとしても使えるというスタイルで、道産食材と旬のフルーツに特化したメニューを取り揃えたそうです^^

P1430208

場所は、敷島北一条ビルの地下

P1430241P1430217

最初に敷島という名前を聞いた時は、チカホと繋がっていると思い込んでしまっていたのですが、それはもう少し北にある敷島ビルでした^^;

こちらは一度地上に上がってから、地下に降りてください~!(9番出口が近いです)

P1430220

ソファ席の他、手前と奥にターコイズブルーの壁面が美しい、コンセント完備のカウンター席があります!

P1430210

もちろん、フリーWi-Fiです!

11:30~23:00(金土は24:00)まで、クローズタイムなしで営業しているので、仕事の打ち合わせ場所にもちょうどよいかも!

ちなみに日曜日も21:00まで営業しています^^

 

ミライストと言えば、やっぱり〆パフェ!(平日は14:30~提供)

P1430229 P1430231

こちらは定番の【2種のオレンジとチョコレートのパフェ】1200円

側面に見える黒い部分が、自家製のチョコレートブラウニーなのですが、これが思いのほか食べ応えがあるのです!

そして、全体的に甘ったるくない!!

生のオレンジと、オレンジソルベの酸味のおかげもあるのですが、基本のソフトクリームのバランスが良いのです!

P1430238標茶産プレミアムソフトクリーム

こちらのソフトクリームは、標茶町・北川牧場のブラウンスイス牛の生乳を使用していて、しっかり濃厚な牛乳のうま味は感じるけど味わいは重くないという、今まであまり食べたことのないタイプのソフトクリーム!

これがパフェにものすごく向いていると思うのです^^

そしてこちらのソフトクリームは単品(400円)でもオーダー可能なのですが、個人的に興味津々なのが、追加料金(100円~)でリキュールをかけていただく、“大人ソフトクリーム”

P1430222

これは美味しいに決まってます!!(笑)

今回は試せなかったので、近日中に確認しに行かなくてはっ!

ということで、アルコール含むドリンクメニューも充実しているので、BARとしての利用も可能!

P1430225 P1430226

ちゃんと、道産ワインなんかもありました^^

ちなみに生ビールは、サッポロクラシック(500円)

5_dairuiri_640

さすが、カクテルも映えな1杯!

menu-food-03

個人的に気になっているのが、“アペロセット”

しょっぱい系と甘い系があるのですが、どちらもアルコールが1杯ついてきます♪

menu-sweets-04

まぁ、ワタシの場合は1杯じゃ終わらないと思いますが^0^;

 

そして平日の11:30~14:30まではランチメニューがあります!

本日のパスタ(バジルとモッツアレラのトマトパスタ) 本日のパスタ 本日のサンドイッチ(パストラミサンド)

本日のごはんやパスタ、サンドイッチなど、全てドリンク&プチデザート付きで700円~900円、しかも大盛り無料!!

また、週末はランチタイムがない代わりに、オープンからスイーツメニューが楽しめるそうです^^

 

事前に相談すれば、貸切での利用も可能で、不定期で音楽イベントなども開催しているので、公式サイトをチェックしてみてください^^

 

昼飲み推奨店がまた1軒♪【大衆酒場 富士山】

少し前のことになりますが、以前ブログで紹介したことのある、“ミートボールファクトリー”が、【大衆酒場 富士山(FUJIYAMA)】に業態変更したとのことで、メディア向けの試食会が開かれました。

P1400052P1400002

以前の雰囲気を知っているだけに、若干の違和感を感じつつ入店

P1400001

あ、なんだかイイ感じで富士山がハマっている!!

P1400014

椅子を替えると、大衆酒場な感じになるものですねぇ

P1400016

P1400011

やっぱり、大衆酒場にはこの手のポスターが必須アイテム

P1400015

なるほど、チンチロもやっているのですね

P1400019

まずは、ランチタイムのメニューの試食

P1400018

寿司ランチ(756円)※ネタは日替わり

ランチタイムだけあって、シャリ大き目で女性としてはかなり食べ応えあります!

もう少し、ボリューム少な目でお手頃な価格帯のメニューがあると嬉しいなぁと思っていたら、最近はバラチラシランチ500円)や、日替わりランチ(648円)なども数量限定で登場したようです!詳しくはこちらにて

 

そして夜の部のメニューも試食

P1400030P1400032

大衆酒場の定番、ハムカツにもつ煮込み

P1400024

お店で一本一本串打ちしているという焼き鳥は、継ぎ足しで使用しているタレ押し

P1400028

漁師さんとのルートを持っているということで、刺身の鮮度は期待以上に良い!

この日は特にホタテが素晴らしかった

P1400036

おでんは、カツオ出汁がしっかり沁み込んでる系

もうですね、どれをとってもウーロン茶じゃ収まりきらないのん兵衛の味付けなんですっっ

なので思わず『今日の試食会は、料理だけでしょうか?』って聞いてしまいました^0^;

P1400037

なかば強引(?)にお出しいただいた、金黒タンサン

うん!やっぱり飲んだ方が、料理がより美味しい(笑)というか、芋焼酎との相性がイイ料理ばっかり!!

でもって、キケンなほど飲まさる~

大衆酒場だから、やっぱり金額を気にせず飲みたい人が多いんじゃ・・・この時の時点では飲み放題はやっていないとのことだったのですが、オープン記念で飲み放題プランやっているそうです♪

と、気になるドリンク発見!

P1400041 P1400042

コダマバイスサワー

北海道で言うところの鍛高譚的な味わいですが、程良く甘酸っぱくてハマります♪

P1400047 P1400045

こちらも良かったらどうぞと言われましたが、さすがにこの後の仕事に影響を及ぼしそうだったので、撮影のみ

この出し方は、映えるし、何を飲んでいるのか覚えられるし、すごくイイ!

12:00からアイドルタイムなしで23:00まで営業(ランチセットは14:30まで)とのことで、昼から居酒屋使いも出来るそうです^0^

そんなわけで、帰る頃にはすっかり、冨士山の雰囲気になじんでおりまして、次はしっかり飲める時に来ようと思ったのでした^0^

 

4月24日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~Apple Works

4月24日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、大通ビッセ1F・ビッセスイーツに昨年12月にオープンした、【Appele  Works~アップルワークス

P1390217

新さっぽろサンピアザ店そして、4月26日(金)に桑園イオンに2店舗目のオープンを予定している八百屋・大地ノ青果店プロデュースの、アップルパイとパフェのお店です^^

P1390215

アップルパイは、お店の裏で焼いているので、いつでも焼きたてが並びます^^

P1390216

こちらのアップルパイの特徴は、4種類のりんごを使用していること。

P1390212

道産(主に余市)を中心に、青森などのりんご(ふじ・王林・ジョナゴールド・ひめかみ)をブレンドしたジャムを作り、パイ生地の端までぎっしり詰め込んで焼き上げます。

ジャムと言っても、りんごそのものの食感を楽しめるよう、かたまりを残しています

そして、素材の味を楽しんでいただきたいとのことで、砂糖の使用量は最小限

また、シナモンも使用していないのが特徴

確かに酸味を感じるところ・甘みを感じるところ、食べる場所によってそれぞれのりんごの味わいを感じることができます!

仕上げに発酵バターを使用しているので、サクサク感もたっぷり♪

P1390213

一個350円ですが、3個買うと1個当たり300円、4個以上は1個当たり280円(各、税込)になるので、手土産にもピッタリ♪

 

ビッセスイーツには、イートインコーナーもありますので、ぜひとも焼きたてのアップルパイをその場で食べてもらいたい^^

ということで、さらに美味しく味わえるメニューもご紹介♪

pai &

こちらは、アップルパイとミルクソフト

アップルパイの美味しさを引き立てるべく、ソフトクリームはサッパリ系

アツアツのアップルパイと、少しずつ溶けていくソフトクリームとの組み合わせがたまりません~

 

そしてもう一つの人気メニューが、パフェ!

パフェ1

八百屋プロデュースということで、フルーツもたっぷり取り扱っております!

P1390225

ショーケースに並んでいる、季節のフルーツやあんこ、白玉などのトッピングから3種類選びまして、ソフトクリームをのせて完成する【八百屋のフルーツパフェ】は486円!(←さすが、八百屋プロデュース価格)

季節によっては、国産のブラッドオレンジやメロン、そしてイチゴも!!

P1390226

常時、10~12種ほど用意しているので、逆に3種選ぶのが難しいかもです^0^;

パフェ

そしてそして、+108円でハーフサイズのアップルパイをトッピングすることができちゃうんです!!

コレは、どっちも食べてみたい方にピッタリ^0^

 

そして新商品情報!

P1390230

先ほど、シナモンは使用していないと記載いたしましたが、やっぱりアップルパイにはシナモン!というオトナな甘党の皆様の要望にお応えして、シナモン味のアップルパイも登場するそうです!

どちらも食べたワタシとしては、どっちも好き~~~~っ

 

 

 

3月27日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~ビーストキッチン

3月27日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、昼から心置きなく飲める(笑)【ビーストキッチン

P1380104

もちろん、飲まずに定食屋さんとして利用しても構わないのですが、何せ“一汁多菜プレート1500円(税込)”の4種の小鉢(日替わり)が、飲まずにいられない味付けなんですっ

P1380108P1380107

取材した日の小鉢は

小笠原農園 百合根のペペロンチーノ
比布町 遠藤農産 なめこ
レンコンと小坂農園のニラのナムル
十勝・井上さんの1年熟成メークイン

P1380110P1380109

どれを食べても、日本酒の冷蔵庫に目がいってしまうほど、飲みたくなる味わい♪

P1380105

メインは肉・魚から選べるのですが、これがまた、ここまでするの?とうなるほどの1皿

ハンバーグは、せたな町・若松ポーク使用(最近個人的に気に入ってる道産豚のひとつ)

 

P1380101

魚はホッケだったのですが、これもまた昼からこんなに大きなホッケをいただいていいの??と驚くサイズ

P1380112

スープも具沢山だし、ご飯(小坂農園のななつぼつし使用)も美味しくて、お替り(無料!)する方も多いという話しにも納得♪

ホントに贅沢な定食です^^

P1380117

そしてもう一つ!春を感じるステキな丼が!!

ニシン丼です~~

これで900円とは贅沢感極まりないっ

P1380089

他にも、マグロユッケ風丼、ネギトロだるま芋丼などなど、ホントにどれも気になるメニューばかりでした^0^

 

と、実はのん兵衛の皆様に超が付くほどウレシイセットもあるのです^^

P1380125P1380094

昼飲み推進委員会(自称)としては、たまらないセットです(笑)

 

P1380129

左が、お料理担当の佐藤さん

ジュニア野菜ソムリエの資格も持っていて、若いのに将来有望な雰囲気が醸し出ております!!

 

P1380084

11:30~21:00の通し営業!

しかも無休!!

P1380131

道産食材をたっぷり使用しているので、観光で札幌に来ている方にも自信を持ってお勧めできます^0^

 

pageTop