札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『すすきの』タグの付いた投稿

名店探訪~寿し ひでたか

今年はご縁が重なって、お寿司屋さんに行く機会に恵まれました^^

前々から評判を聞いて気になっていた、【寿し ひでたか

P1330303P1330305

カウンター8席。なかなか予約が取れないのです。。

P1330365

 

ちなみに右隣りの【天ぷら あら木】も予約の取れない名店です!

 

P1330307P1330309

まずは日本酒を。。

いきなりこういう日本酒で攻めてきました!これは、好みが合いそうです(笑)

P1330311P1330312

見た目以上に手をかけたつまみが続きます。

アワビのうろなんて、のん兵衛のハートわしづかみ系!!

P1330313P1330315

どのつまみも酒飲みの心をつかんで離しません!

P1330318P1330320

枝幸産3年物のホタテを磯辺焼き風に♪ これは飲まさる!!

P1330322P1330324

いやいや、あいかわらず攻める日本酒(笑)

P1330325P1330327P1330329

エビの味噌も、そこまでしちゃうんだ!という濃厚さ。。。

釣りキンキのノリノリ脂に、超が付くほど柔らかいタコ

ちなみに北海道産の素材が多めです♪

P1330332P1330334

握りのサイズ感、ガリものん兵衛好み♪

P1330339P1330341P1330344

P1330349P1330350P1330352

P1330354P1330358

どうしても穴子が食べてみたくて、追加オーダー

ちょっと珍しいタイプ

P1330359P1330363

最近、必ずと言っていいほどオーダーするかんぴょう巻き

美味しいお店のかんぴょう巻きは間違いないのです^^

それにしても大将の山田さんとのトークが楽しかった!(やっぱり酒の好みが似ているらしい^^)

宮川さんもそうでしたが、行く前までは勝手に寡黙で近寄りがたい存在なのかなと思っていることが多く、人気のお店はやはり人柄なんだなぁと実感した夜。。

 

北雪牛をとことん味わう~和牛料理 壹頭 (いっとう)

苫小牧・植苗の和牛を北海道で唯一食べさせてくれるお店があると教えられ、先日お邪魔した【和牛料理 壹頭

P1320882

入口に大きく“北雪牛”という暖簾が飾られていて、「あれ?北海道じゃなくて佐渡なの??」と、つい酒蔵を思い浮かべてしまうのん兵衛です^^;

P1320897

場所はF-45ビルの9階

P1320863P1320855

本日のおしながき

P1320862

おつまみ的にシャルキュトリー

P1320859

金目鯛の生姜煮・タチポン・イチボ葱塩串

かなり肉々しい内容と思いきや、アラフィフに嬉しい前菜でほっと一息(笑)

P1320861P1320860

刺身の盛り合わせも

P1320866

このあたりは当然のように日本酒をいただきました^^

 

P1320872

カブリの朴葉味噌焼き

こりゃまた、日本酒が進む味わい~

P1320871

でも、焼く前の本日の北雪牛を見せられたら、赤ワインしかありません(笑)

P1320877

P1320882

ランプ・ウワミスジ・ハラミ

何とも贅沢なワンプレート!!

正直、普段はホルモン系とか羊肉が多いので、こんな風に牛肉を堪能するのはいつ以来だろう~^0^;

P1320879P1320885

でも、野菜もけっこう多めなので、罪悪感が薄れます~

お食事はガーリックライスか蕎麦

もちろん、そばをセレクト!

 

P1320889

デザートが結構、ホンキな盛りっぷりでビックリ(;’∀’)

 

P1320896P1320892

今回はカウンターでいただきましたが、奥には個室もあります^^

 

と、次の日の朝、寝汗をかくほど燃焼していたことにビックリ^0^;

 

あのカフェが居酒屋にリニューアル!~煮焚き屋 魚吉

生まれも育ちも札幌のワタシとしては、“ヘンディッスクズアートカフェ”にはいろんなシーンでお世話になりました。。

その場所がいつの間にか、魚吉になっていました!

P1320126

しかもこちらは、【煮焚き屋 魚吉

魚吉は札幌市内で5店舗目ですが、それぞれコンセプトが違うようで、こちらは出汁がウリなんだそうです^^

P1320127

昔の雰囲気もどこかしら残っているかな(ここ数年は行ってなかったので、うろ覚えですが^^;)

P1320130

カウンターの奥にはずらりと並ぶ一升瓶

P1320133

あ!泥亀がある!!しかもピンクも!!

札幌では珍しいかも

 

P1320134

ちなみにドリンクメニューはこんな感じ

日本酒が好みのラインナップかも^^

P1320156 P1320140

まずは、ビールとハイボールで乾杯♪

P1320131

この時期になると、急におでんが恋しくなります(昔は全然好きじゃなかったのに・・・)

P1320144

見ているだけで癒される・・・そして優しいだしの香りにも癒される

P1320146

トマトのおでんは別盛で♪

 

P1320135

煮焚き屋ですから、煮焚きメニューもいただきましょう!

P1320158

この日は2名だったので、キンキはさすがに躊躇してしまった^0^;

でも、真カスベ美味しいっ~~(ネギに隠れて、ちょっとしか見えてないけど・・・)

ショウガも効いているし、想わず出汁を飲み欲したくなるっ

これはアラフィフの大好物(笑)

P1320151

この雰囲気だけど、おでんに煮物に刺身・・・

P1320159

そしていくらのっけ寿司や、ウニぎりもあり!

P1320154

店内ミュージックはもちろん、昭和(笑)

P1320164

気がついたら燗酒をオーダーして、しっぽりしてしまった

客層もどこか昭和な雰囲気だったのは、たまたまなのか、やはり何かしらの匂いを嗅ぎつけているのか・・・(笑)

 

 

RIEDELで日本酒を楽しむ By海空のハル

先日ご縁があって、RIEDELの大吟醸&純米酒専用グラスで道産酒を飲む会に参加させていただきました♪

P1320018

 

お店は北海道産の酒やアテそして、アイヌ料理やチセ(アイヌの伝統的家屋)もある【海空のハル

01bfd96ca7cda4eae4e0a08bdd881cd6420e24947a0123d666360d8c4e958a1994ca936b86f5cf5aa608_00001

今回はチセではなく、個室を利用したのですが、どの個室にも、北海道の地酒の名前がついており、部屋の中もその蔵の前掛けやのぼりなどで装飾されております^^

014b9d81d3471c2bfd8692b1325086c1fd6a3885d2_00001013661154a2032c31435283e613575dc83b3331283_00001

利用した部屋は“国稀”でした!

 

P1320023

RIEDEL~リーデル

ワイン好きな方なら一度はこのグラスで飲んだことがあると思いますが、260年以上続くオーストリアのグラスメーカー

ワイン葡萄の品種に合わせてグラスを造っています

その昔、まだ20代前半だったワタシに、ワインに詳しい友人がプレゼントしてくれたのがRIEDELでした

そして、このイベントの際にいただいたリーデル・オーは、今や出張や旅のお供に忘れてはならない存在になっています^^

そのワイングラスのメーカーが、大吟醸グラスを造ったのが2000年

そして今年、純米酒専用のグラスが発売になったのです

日本酒はワインよりも複雑で、グラスの形状を決めるまでにはものすごく時間がかかったそうですよ

※詳しいエピソードはこちら

P1320020

※こちらは大吟醸グラス

まずは、いつもの冷酒グラスで大吟醸をいただいてみます

ちなみに銘柄は小樽・田中酒造の寶川(この日本酒を飲食店で扱っているところもかなり希少!)

そして大吟醸グラスに写して口元に近づけると、グラスの口に鼻が入り込むので、ふくよかな香りがより伝わるんです^^

でもそれが、ふくよかな香りが特徴の純米酒には逆に不向きだったので、口径が広いグラスが誕生したわけです

 

グラスくらいでそんなに変わるの?と思っている方は多いと思いますが、ホントに変わります!!

だけど正直、どんなグラスで飲んでも美味しいよ!という声も正しい意見

だけどだけど、せっかくならこうして飲み比べて違いを体感するのも面白いと思うのです^^

そんなイベントを、今回の会でご一緒した銘酒の裕多加の理恵さんと一緒に、これから考えてみようと思います!

 

今回、海空のハルでいただいたお料理

P1320027P1320025

さすが、飲み放題に道産酒もラインナップしているだけありまして、酒のアテが充実(笑)

P1320036

ちびりちびりと舐めながら・・・状態(笑)

 

P1320029

 

P1320031

 

P1320033

P1320042

さすがにご飯は完食できませんでしたが、あら汁はしっかりいただきました(笑)

P1320045

アイスクリームでサッパリとリセットしたところで完了!

012fef4c751b8ff3c65f480ac26e7b4bca1ee448b4_00001

次は、チセを利用してみたいかも^^

 

初登山で無事、登頂!【肉山札幌】

飲み仲間から、予約が取れたので一緒に行きませんか?とお誘いを受けたのが1ヶ月前

友人知人のSNSでその店名はチェックしていたので、一度は体験しておかないと!ということで、先日ウワサの肉山札幌に初登山してきました!

5000円コースのみの1本勝負!

しかも、肉・肉・肉!!!

アラフィフオサナイ、最後まで行けるのか??

 

今回は5人だったので、テーブル席へ

P1310451

食べることに集中するなら、そんなに飲めないんじゃないかと単品にするつもりだったのに、ドリンクメニューを見ると3000円飲み放題の内容がかなり良い

のん兵衛の集まりなので、それでは飲み放題にして、まずはシュワシュワ1本オーダーしちゃいましょうということに

いきなりインパクトのあるグラスが(笑)

P1310455P1310475

どうしても“肉”にピントが合ってしまう^0^;

ちなみに“29”もあります( ̄▽ ̄)

ワインは“いろはワイン”さんのもので、肉山オリジナルボトル!

力あるなぁ~

P1310458

1人1列!

いきなりこのボリュームだったので、ちょっとおじけづく・・・

P1310460 P1310461

ただ、テーブルにセットされている、肉山特製の3種の薬味(大粒チリマスタード、生柚子胡椒、特製辛味噌)のチリマスタードをつけると味変で飽きずに食べられました^^

他に、ミニトマトとキムチがあって、廃車す目にピッタリ♪

P1310462

P1310463

ソーセージとエリンギ

P1310465

なんとこの、白いソーセージのようなものはエリンギの茎なんです!

こんな立派なエリンギ、初めて見たかも・・・

P1310467

こちらは確か、低温調理した当別スマイルポーク

やっぱりボリュームにおじけづく・・・^^;

P1310469

もう、どこの肉のどおこの部位だったか、完全にうろ覚え・・・^0^;

P1310471

ここでモロキュー、かなり嬉しい!

そして味噌が美味しい~

P1310472

さっきとは違う肉だな、うん

でもって、案外食べられるかも・・・

 

P1310477

ここで先ほどのスマイルポークのとんかつが!

なるほど!とんかつになるとまた、ペロリとイケちゃうものなんだ(笑)

P1310479

そして、見るからにおいしそうなジャガイモ

P1310483

なんと、ラムレック!!

一度胃袋がリセットされたかのように完食(笑)

P1310487

そしてお肉の〆はこちら・・・

あれ?お腹は間違いなく一杯なのに、スルスルと胃袋に収まっていくのはなぜ??

きっと、山葵のおかげだね!!

確かにそれもあったけど、当然お肉自体が美味しいからです・・・

 

でもって本当の〆は、卵かけご飯orカレー

P1310492

これは、甲乙つけがたいオイシサ・・・

P1310490

カレーには、ホルモン系のお肉がタップリ入っていました♪

 

ということで、無事に登頂することができました~~~~!!

お肉のおいしさや出す順番なんかももちろんですが、ワタシの場合、アルコールのおかげだったのかも^0^;

P1310485P1310500

シュワシュワの後、白ワインも飲みましたが、なんといってもラフロイグのソーダ割が良かった!

しかも、クラフトジンの六まで飲み放題~~

P1310480

90分とか120分でラストオーダーという感じでもなかったので、食べ終わるまではゆっくり楽しめたのも高評価

完全予約制で敷居が高いのかと思いきや、スタッフさん含めてかなりカジュアルで、いろんな意味で創造とは違うお店でした^^

P1310495P1310496

最後にはこんなお土産が^^

昭和生まれはとりあえず、オデコにつけるよね(笑)

 

 

 

 

pageTop