札幌100マイル

札幌100マイル編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『すすきの』タグの付いた投稿

12月13日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~Meat Stamp KENT,S

12月13日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、11月16日(木)にオープンした、Meat Stamp KENT,S です

P1150615

こちらの場所、以前一度ブログで紹介しておりますが、トワ エ モアというお店でした。

とても良いお店だっただけに、その後どんな雰囲気になったのかって、結構気になりますよね

P1150578

赤いチェアーは健在!

そして全体的にスッキリした感が!!

P1150610

以前の雰囲気を生かしつつ、とても居心地の良い空間になっていて、個人的に嬉しい気持ちになりました^^

P1150579

黒板メニューを見ますと、バラエティに富んだおつまみが記載されておりますが、店名からして、ウリは“肉”ということで、まずはイチ押しのメニューを用意してもらいました^^

 

P1150588

ケントスサラダ~厚切り自家製ベーコン 1580円

メニュー名を見るとサラダなんですが、思いっきりベーコンを楽しむ1皿です!ワタシ的にはちょっとパンチあるかも・・・と、まずは焼き立てのベーコンを頂いてみることに。

カトラリーがラギオールなので、すごく切れ味が良くて嬉しくなる^^

おっ!!かなり厚切りのベーコンなのに全然重くない!!そして塩加減が優しい!!

彩りも美しい野菜たちとのバランスもすごくイイッ

と、脂っこいお肉がだんだん食べられなくなっている年頃のワタシでもハマる味わいに、素直にビックリ

P1150616 P1150603

そしてもう一品のオススメ・しっとり鶏ハム700円

鶏ハムが美味しいのはもちろんなんですが、ニンジンのラぺが絶品!

もともとお肉はダイスキだけど、添えられているちょっとしたサイドディッシュが美味しいと、より満足度が高くなりますよね^^

と、お店に入って壁面を見た時からずっと気になっていたのですが、盛られている木皿がなんともフォトジェニック!!

実はこちら、オーナーの山口賢人さんの手作りだそうです!!

と、山口さんはこちらのお店には基本おりません。

タヌキスクエアに9月にオープンした、“Tanuki Grillee KENT,S”にいらっしゃいます。

Meat Stamp KENT,Sで腕を振るっているのは、店長・井川直人さん。

お二人は同級生とのことで、必然と言ってもいいような再会を果たし、こちらのお店が誕生することになったそうですよ!!

取材をしてそのお店の誕生秘話などを聞くと、いつもタイミングなんだなぁって思うのです^^

そしてもう一つ驚いたのは、井川さんがフルールド オリーブで4年ほどお世話になっていたということ!

なので、この時もいらっしゃったそうです~

なるほど!だから全体的に優しい味なんだなぁって、納得したのでした^^

 

P1150596

こちらは人数に合わせてボリュームを選べる、骨付き子羊の優しい火入れ 1580円~

ふと、どうしてお肉に特化することになったのですか?と聞いてみたら、“お肉が大好きだからです”と即答(笑)

好きなモノだからこそ、扱いも上手!そんな気がしました^^

 

P1150620

井川さんは甘い物もお好きだそうで、こんなものまで作っていました!

その名も〆パフェならぬ、“升パフェ”

手に取ると、どっしり重く、2,3人前はあるそうです!!

この時は試作段階とのことでしたが、Meat Stamp KENT,SのFacebookページを拝見すると、無事に本採用されたようですね^^

ワタシは上の酒かすアイスをいただいてみましたが、酒好きにはたまらないアイスクリームでした♪

ほかに、日本酒シャーベットやトマトシャーベットなども300円で提供しているようですよ^^

 

P1150581P1150580

まだオープンして1ヶ月に満たないお店なのでドリンク含め、メニューはどんどん進化するかもしれませんが、居心地の良さは既に根付いている感を受けました^^

P1150582

ちなみにノーチャージで深夜2:00(ラストオーダーは翌1:00)まで営業中なので、タクシー難民になったときも、フラリと立ち寄れてしまうお店です♪

年内は無休、1月1日のみお休みとのことで、年越し肉祭も可能とのことでした(笑)

 

 

 

ゆめぴりかの握り~すし屋の根がみ

先日アップした、ゆめぴりかコンテスト2017の前日、【すし屋の根がみ】で懇親会が行われました。

P1150316

以前、取材でお邪魔させていただいた以来かも。。。

P1150317P1150319

10名越えだったので、個室でいただきました。

P1150322P1150325

初対面の方々ばかりなのに、最初の一杯から酒をオーダーしてしまい、ある意味インパクトを与えてしまいました^^;

が、やはり寿司には日本酒がイイ。

もちろん、道産酒(国稀)を選びました

菜の花のお浸しにツブ貝

P1150324

そしてお刺身盛り合わせ!

見るからに美味しそう~~

懇親会ってどうしても、一番最初に箸をつけることをためらいがちですが、こんなに美味しそうなお刺身を、乾燥してから食べるわけにいかない!!と、真っ先に箸をつけました^^;

いやぁ、サバ、とろける美味しさだったなぁ。。

北寄も今まで食べた中で一番美味しく感じました。何が違うと言われると説明できないのですが^^;

P1150327

あん肝にタチ!!

P1150330

日本酒を飲む仲間も増えて、十一州や二世古などをいただきました^^

P1150331

ここでクジラベーコンですか!

やっぱりもう、日本酒以外考えられませんっ^0^

皆さん酔いも回り始め、かなりの盛り上がりに・・・

P1150335

と、ここで握りの登場です!

何とししゃももあります~~

P1150338

お刺身同様、鮨も握りたてを食べなくては大将に失礼!と、他のメンバーにも声をかけ、盛り上がっている中でも箸を止めずにいただきました^^

 

P1150341P1150339

今回の会場がなぜ、すし屋の根がみさんだったのかと言いますと、シャリにゆめぴりかを使用しているお店だからなのです!

ゆめぴりかを寿司飯にするなんて、普通の人は多分あまりやらないんではないかと思います。

根上さん曰く、最初から使えないと思ってしまったらそれまで。どうしたら使えるかを試してみたら、美味しく出来たんです、とのこと。

確かに、ゆめぴりかの特徴であるモッチリ感が前面に出ず、パラッした食感が楽しめる握りでした!!

根上さんの北海道愛と探求心に、すっかり心奪われてしまいました

♪今度はゆっくり、カウンターでいただきたいな^^

 

 

 

まるそう札幌部屋のちゃんこ鍋が美味しすぎて、あっという間に完食!

昨晩、大ちゃんの力士居酒屋まるそう札幌部屋で行われた、【アンジェラ佐藤 ちゃんこ鍋30分1本勝負

P1150113

まるそう札幌部屋のちゃんこ鍋は、3人前で具材2キロ・スープ1キロの計3キロ
※アンジェラさんはいつも総重量でボリュームを確認するため、お店で計ってもらいました

お鍋ということで、やけど防止のためスープは残してOKというルールを設定
(出来立ては熱すぎるので、先に仕込んでおいて、少々冷ます)

控室がメチャメチャいい香りに包まれまして、アンジェラさんも待ちきれない様子!

そして私のお腹も大合唱(笑)

 

P1150121

早速、参加者の皆様とアンジェラさんと言えばの“メガハイボール”でカンパ~イ!!

しばし、食事とドリンクを楽しんでいただいたのち、先ほど仕込んでおいたちゃんこ鍋をセット

P1150130

今回は、店いちおしの塩ちゃんこ鍋と、激辛ちゃんこ鍋の2種類を用意

見て下さい、アンジェラさんのこの嬉しそうな顔!!

早く食べたくてウズウズしている感がにじみ出ています~~

S__23314460 S__23314459 P1150134

『それでは30分1本勝負、スタート!!』

掛け声とともに、早速口に運ぶアンジェラさん

『いや~ん、美味しい~~~っ!!もう止まりませ~~ん!!』

すごい勢いで鍋の中身がなくなっていきます・・・

10分経過した時点で、激辛の方はほとんどない状態^0^;

急きょ、雑炊を作ってもらうことにしました~~

その間も塩ちゃんこなべを食べ続け、結局味わいながら、かなりゆっくり目に食べていたのに、5分強残して完食!!

そして塩ちゃんこ鍋のスープでは、ちゃんぽん麺を用意

P1150142

かなり食べ応えのありそうな麺です!

アンジェラさんも、10人前でやってきた麺のボリュームに驚きを隠せない様子(当たり前ですよね^0^;)

でも、モッチモチの麺にかなりハマっており、汗だくになりながら、その手を止めることはなく・・・

P1150145

こちらの雑炊は、3人前600g

見るからに美味しそう~~

麺よりも食べやすかったのか、本当に“アッ”という間に鍋が空っぽになっておりました・・・^0^;

 

P1150148

途中、店長の大ちゃんが、ちゃんこ鍋の説明や力士時代のお話をしてくださったのですが、その間も麺をすするアンジェラさん

さすがに、10人前をすべて食べると、アンジェラさんのMAX総重量(8kg)を超えてしまうので、参加者の皆様にもお裾分けしたそうです~

P1150157S__23314461

結局スープも入れて、7キロ越え・・・

ちなみに途中で、参加者の方のコース料理で出てきた手羽先などをおすそ分けしてもらってたのを、私は見逃しませんでしたよ(笑)

『久し振りに、背中まで膨れてます~~』と、アンジェラさん。。

がしかし、さらにこの後が…

 

P1150163

まだ、まるそう札幌部屋のちゃんこ鍋を味わったことのなかったワタシ、イベント終了後に頂くことが出来ました^^

これは・・・丁寧に取ったスープの味わいと、トロットロの白菜、そしてなんといってもつくねが美味しいっ!!

煮込んでもレア感のある、柔らかくて肉々しいつくねにすっかりハマってしまい…

『すみませ~ん、私もつくね、食べてもイイですか?』

え?アンジェラさん、まだ食べられるの???????????

その場にいた関係者、絶句・・・

でもって、つくねを追加オーダー^^;

P1150161P1150178

ちなみにまるそう札幌部屋の冷酒は、キンキンに冷えた竹に入ってきます♪

中身は何種類かあった中から、MIYASAKAをいただきました^^

ちゃんこ鍋が美味しいのはもちろんなんですが、驚いたのが一品料理のクオリティがかなり高かったこと!!

このもろきゅうの味噌なんて、酒がいくらあっても足りないほど飲まさります!!

 

P1150165

あおさの香りがたまらない、美しい竹輪の磯部揚げ

そしてさきイカの天ぷら!!

P1150167

焼き鳥など、まだまだ食べてみたいメニューが山ほどあったのですが、すでにいい時間でしたのでこの日は、この辺りで打ち止め(冷酒のあとに、燗酒を軽く2合空けてしまいましたが^^;)

メニューに“女将の弟の牧場のアイス”という、気になるものを見つけてついオーダー

『3種類をアンジェラさん仕様でお持ちしました~』と女将

P1150174P1150172

普段はこんな形では出てきませんが、今夜だけの特別バージョン

『スイーツは別腹ですから♪』

って、アンジェラさん、あなたの場合、その言葉を使うのはどうなんだろう^0^;

とにかく、何を食べてもハズレがなかったなぁ~

 

 

P1150110

ちなみに、まるそう札幌部屋は今回使用した20名までOKの部屋から、人数に合わせた色々なタイプの個室があります。

これからのシーズンは混み合ってくると思いますので、ご予約はお早めに♪

 

 

 

 

 

 

11月1日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~憩いの酒 蔵美庭gravity

11月1日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、今年の6月にオープンした、【憩いの酒 蔵美庭gravity

P1140466P1140467

すすきのど真ん中・南興ビル9階の奥という、決してフラリと立ち寄るような場所ではなく、そして入口から見えるカウンターだけのこの雰囲気、初見だとちょっと入りにくい・・・というのが取材前の印象でした。

P1140459

カウンターに座り、オーナーの黒島さんとご挨拶

(失礼ながら)ちょっとコワモテな風貌。でも、お話しし始めると何ともフレンドリー!!

取材なのに、一気に緊張感が溶けまして、お客さんモードに(笑)

入口の酒林や一升瓶から、日本酒押しなことは伝わりましたが、『まずはビールを飲んでいただきたいんです』と、意外な一言

P1140487P1140481

丁寧注ぐ姿、そしてこのうすはりグラス!!

この時もこのグラスに魅了されましたが、1杯目にビールを飲んでもらいたい!という本気度が、しっかり伝わりました^^

メニューを見ると、のん兵衛なら一目で“飲まさるヤツ!”と分かるラインナップ

旬の食材や、その日入荷した食材でメニューが確定するそうですが、この日は“アジのなめろう”と、“生春菊とお揚げのごまあえ”を用意していただきました。

これは・・・やっぱり日本酒が欲しい!!(笑)

P1140478

その思いはしっかり伝わっていたようで、サッと素敵な日本酒が登場!

なんともインパクトのある、yellow carp

キケンなほどスルスルと喉を通っていきます(笑)

 

P1140490

個人的には春菊は生で食べるのが一番美味しいと思っているのですが、その理想の料理がこの一皿でした・・・

何度も言いますが、“飲まさります”

P1140470P1140496

実はお店に入ったとき、真っ先に目に入った“かんすけ”

これがあるということは、燗酒にも力を入れているということですよね!!

『基本、どのお酒も燗につけます。私が一番美味しいと思う温度でお出ししますが、常連のお客様はこの前に座って、自分の好きな温度につける方もいますよ』

燗酒好きとしては理想のカウンター!!(笑)

『将来的には3台くらいカウンターに置いて、お客様に自由に楽しんでいただけたらと思っているんです』と黒川さん

期待してます^0^

P1140512

ちなみに日本酒はスッキリ・キレイ系が多いとのことで、常時15~20種類(450円~650円くらいそろえているそうです。

 

そしていよいよ、看板メニューのお蕎麦の登場です!!

P1140503

鹿追町産の牡丹蕎麦を使用した、手打ちそば

実は黒川さん、30歳までは飲食に全く関係のない仕事をしていたそうです。

その頃から蕎麦が大好きで、蕎麦職人の道へ。。。

東京の有名店で修業しているときに、日本酒の美味しさにも目覚め、利酒師の資格も取得したそうです^^

 

と、そのこだわりの蕎麦の味ですが、新そばの季節ということもあって、目の前に置かれた瞬間に美味しいそばの香りに包まれましたっ

まずは何もつけず、そのままいただきます。

甘い!!!

蕎麦そのものの甘さが口の中に広がって、しばし目を閉じて堪能~~~

これは、塩で食べて日本酒のアテにしても楽しめる蕎麦です!ちなみにそばがきもあります♪

その後、そばつゆにもつけていただきましたが、甘すぎないそばつゆもワタシ好み^^

お蕎麦は一日15枚程度しか用意できないそうなので、確実に食べたいときは、事前に予約しておくことをお勧めします。

P1140510

ただし蔵美庭は、蕎麦屋ではないので蕎麦のみのオーダーはNG

まずはお酒を堪能したのち、締めに食べるのが正しい使い方なのです^^

 

ちなみに店名の蔵美庭=gravityは、ワインを作るときの“グラビティフロー製法”から引用したそうで、重力に逆らわず自然に・・・という、結構まじめな意味合いがあるようですよ!

 

 

 

 

 

 

新規開拓は日本酒攻め~【中華&日本酒バル ぼぶ】そして【手打ち蕎麦と料理 耳】

もともと日本酒好きではありますが、秋になると急激に飲む機会が増える燗酒

冷えた身体を温めてくれて、疲れた心を癒してくれて、次の日のダメージも少ない

オトナ女子の強~い味方(笑)

ここ最近、いい塩梅で燗酒を出してくれるお店が増えてくれて、個人的にもかなり嬉しい今日この頃♪

 

まずは、【中華&日本酒バル ぼぶ

01ebbffa793239d2ebf1284ba4a45cd8bf4405155e019b071661a3e915275582f5aa3b515d2334801471

この日は月曜日

行こうと思っていたお店がことごとくお休みで、客人と一緒に行くのに自分も初めて行くお店はどうかと思ったけど、評判は聞いていたので、思い切って電話

「ちょうど今、2席空きましたよ!」と、絶妙のタイミングでギリギリ入店することが出来たのです(これも縁ですよね~)

久し振りの36号線越え(最近、南3条付近で済ましてしまうことが多く・・・^^;)

ビルの4階でこの入口。絶対フラリとは入れない空気感^0^;

でも店に入ると、なんともリラックス出来るにぎやかな雰囲気

写真は自分たちが帰る頃に撮った一枚ですが、入った瞬間はまさに今空いたと思われる2席しか空いていなかったし、もともと10席ちょっとなので、その後も数組あきらめて帰って行かれました。。

本当にジャストタイミングだったようです^^

01e263e09557e422211e60aa4224a28a78a7eb593d

メニューを見ると、日本酒(しかも結構素敵なラインナップ)が3時間飲み放題で2500円という驚きの価格でしたが、この日は2軒目だったのと、客人をもう1軒くらいお連れしたいと思っていたので、単品で。

お任せで燗酒をオーダー

初めての酒。するすると喉を通る、適温の燗酒♪

朱色の箸もすごくイイ

0157bbff0c6662956532dc2a863ac6c179c38147ff01eacba88c7a6113fa386d0c22cf7ddf5c5788fb85

あっという間に2種類目

そしてお店のいちおしメニューらしき餃子をオーダー

先に、自家製の食べるラー油がやってきたのでこれをつまみに飲む=呑まさる!

お隣のお客様がオーダーしたチャーシューがあまりに美味しそうでオーダー

山わさびがイイ感じ♪ 呑まさる!!

013dfb782fe17d004cf24765e77ef868bded5cd0df  019d23aab1ad05843ea9b517603f270e3adbf0285a

あっという間に3種類目

あっ!っこで二世古の秋あがり♪ひいき目なしで一番美味しかった~~~

そして餃子!!

何もつけなくても十分オイシイ^0^

実はこの前の店でも餃子を食べてきたのにもかかわらずオーダーしたのですが、大当たり♪

しかもこれで400円くらいだったはず!

01f86b5f33be1bc4c2f2ed93c35479c8d753e52c5a

あまりに気分が良くなってしまって、〆の1本

これで一人2,000円くらいだったはず!

次は絶対、3時間2500円コースで攻めたい(笑)

 

別の日、この日もたまたま月曜日

ご縁があって初めて訪れた【手打ち蕎麦と料理 耳

P1130444

お店の名前は知っていたけど、耳って名前も雰囲気も、ちょっと入りにくいと言えば入りにくいお店^^;

なので、何度か行ったことのある面々とご一緒出来てホント良かった!

こちらも広いとは言えないお店なので、事前に電話を入れた方が無難かも

入ってみたら全然居心地よくって、この日は奥のテーブル席だったけど、カウンターにも座ってみたと思う^^

P1130432 P1130433

オーダーはご一緒したプロ?におまかせ。もちろんお燗で♪

醸し人九平次の火と月の間に(雄町)って、初めて見たかも!九平次は冷で飲む印象が強かったので、ちょっと意外~

個人的には少し甘かったかな?

で、次は早瀬浦

こりゃまた、とめどなく飲める(笑)

P1130438

2軒目だったので、おつまみを適当に・・・って、こりゃまた、呑まさるアテばっかり(笑)

呑まない人にはある意味ツライ^0^;

P1130440P1130441

アピオス!! ここで出会えるとは嬉しい♪

しかし、すごいペースで空になっていくなぁ(笑)

P1130442

おっと!こちらでも二世古~♪

ホントに美味しくなったなぁ~と、最後はしみじみ味わった夜なのでした^^

あまりにお腹がいっぱいで、評判の蕎麦までたどり着けなかったので、次回のお楽しみにしておきます!

 

 

 

 

pageTop