札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『すすきの』タグの付いた投稿

『米どころ・酒どころ北海道』今こそ北海道産酒をオススメしたい!!

セゾンカードプレゼンツ】、北海道の魅力溢れる場所を紹介&入会特典プレゼント企画、第2弾は場所ではなくモノのご紹介

P1620430※撮影協力 【地酒ノ酒屋 愉酒屋

皆さんは、北海道産酒をよく飲まれますか?

そして北海道には現在、いくつ酒蔵があるかご存知でしょうか?

オサナイは日本酒を、かなり飲む方ではありますが、実は30代半ばくらいまでは北海道のお酒をあまり飲んでいませんでした・・・

正直、それほど好みの味わいではなかったからです。

それがここ10年くらいで、驚くほど各蔵の個性を感じることができる美味しい日本酒になったと心から思えるようになり、道外からくるお客様にも、自信をもってお薦めすることが増えました^^

P1620500

今回なぜ北海道産酒のことを、セゾンカードプレゼンツの企画で紹介することになったのかといいますと・・・

北海道の酒といえばの、親びんこと鎌田孝さん(北海道産酒BARかま田オーナー)から『北海道の酒を応援してあげてください!!』と、ご連絡をいただいたのです。

実は新型コロナウイルスの影響で飲食店での消費量が激減し、自宅飲みが増えていると言っても、北海道産酒の販売量が大幅にアップしているわけでもなく、各蔵元の仕込み用のタンクには未だたっぷりとお酒が入っている状況・・・

このままでは、来年分の仕込みが出来ない状況に陥ります

そうなると、これから収獲する酒米の行き場がなくなってしまうそうです

さらにそうなると、次年度以降の酒米の作付面積が減反されてしまう可能性も出てくるため、生産性が下がってしまうのです!!

これは、かなり危機感をもって行動しなくてはですよ!

 

8a50bcea45778ec76a47ebed8fb4f837-scaled

ちなみに現在、北海道には12蔵の酒蔵があります

(画像は北海道酒造組合より。ちょうど良いタイミングで9月26日から上記のイベントがあるようです!)

+10月から稼働することが発表されている、帯広畜産大学×上川大雪酒造の新しい酒蔵【碧雲蔵】も加えると13蔵

さらに、すでにマスコミで発表されている、岐阜から東川町に移転してくる【三千櫻酒造

2021年から稼働を予定してる、七飯町の箱館酒造

他にも、北見と函館の米どころ亀尾地区に蔵が完成する予定と、鎌田さんが教えてくれました

ただ、以前は十勝地方だけで15蔵あったと碧雲蔵のサイトに記載されているように、北海道内にはまだまだ酒蔵があったわけです

 

0100d7ae3fe2f32e04a9f4ee6697030c6d4696555c

こちら、オサナイが2018年に参加した『にいがた酒の陣』

01bf9f61850ac25e8f659416d47986ab608930e184

新潟県内の酒が試飲できるイベントなのですが、その種類が半端なく・・・

新潟は230万の人口に対して89蔵

北海道は530万の人口に対して2020年10月の段階で13蔵・・・

鎌田さん曰く、近年の日本の気候による高温障害や災害の増加で、北海道という土地のポテンシャルに注目している全国の蔵元も多いそうです。

 

P1620504

彗星・きたしずくは酒造好適米(酒米)の品種名

このほか、吟風と北海道には3種類の酒造好適米があり、美味しい水と広い土地がある

一度は衰退してしまった酒造りを、今こそ北海道から盛り上げていくべきなのではないかと、のん兵衛のオサナイは鎌田さんのお話を聞いて、強く思うのです!

P1620503

ちなみにこちらの看板は【海空のハル】 という、居酒屋の個室名

0164c879606f24f10766144e41b941aa6331469337

“チセ”と呼ばれるアイヌの伝統的住居作りの個室があり、道産酒はもちろん、アイヌ民族が食していたお料理や飲んでいた酒を再現したものを味わうこともできるお店です^^

P1620509

 

ということで、ぜひとも改めて北海道の皆さんに、北海道産酒を味わっていただきたい!!と、声を大にして言わせていただきました^0^

飲食店では、道産酒BARかま田さんに行けば道内全蔵揃っていますし、もちろん他にも様々な飲食店で扱っているので、日本酒のメニューを見た際はまず、北海道という文字を探してください^^

購入して自宅でゆっくり飲みたいと言う事であれば、最初の写真の撮影に協力いただいた、【地酒ノ酒屋 愉酒屋】さんがオススメ

P1620445

清田区真栄の住宅街と、若干不便な場所ではありますが、わざわざ行くだけの価値はあります^^

新千歳空港への帰り道ということもあり、レンタカーで観光されたお客様が立ち寄ることも良くあるそうですよ~

P1620434

 

P1620437P1620443

何を買ったら良いかと迷ったときは、若女将の知世さんがアドバイスしてくれます^^

 

今回はセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード入会の特典として、道産酒飲み比べセットをはじめとした、10,000円相当のプレゼントがもらえちゃいます!!(飲めない方には、別商品もあり。)

Sapporo100miles_750_300_2


詳しくはこちらのページで!

 

 

P1620433

そうそう、アルコールがNGという方には、こんなキュートな甘酒もあるんですよ!

オサナイ、つい取材中に購入してしまいました^0^;

いつか道内全蔵の甘酒飲み比べが出来たらいいなぁ^^

 

 

やっぱり夏は外飲みでジンギスカンに限りますっ!!

 

こちらのブログでも書いておりますが、夏が短い北海道、お天気が良いときは、なんとしても外飲みがしたいのです(笑)

P1600266

こちらは先日訪れた、ノルベサ屋上のビアガーデン・【ノルベサ  THE TERRACE GARDEN Hawaiian grill aloha amigo

01a853f6c47f5634ff0f2873b28ee85c12ab45d014 01a7082c957850865490ab4154ab26387100153eaa

ノルベサ7Fの南側にあります^^

ちなみに昨年は、北側のTHE CAMPに行きました♪(その時のブログはこちら

01dfc742dcc3481ac660fa5d31255eaf24ec9ec105

金曜の夜だったこともあり。ほぼ満席状態でした~

しかも平均年齢が若い!(気がする^0^;)

P1600270

ハワイ的なお料理も楽しめるのですが、ジンギスカン食べ放題もあります!

(なんとなく、こっちのほうが落ち着くのはなぜだろう…笑)

やっぱりジンギスカンは、屋外で焼くのが一番美味しい^0^

 

外飲みジンギスカンと言えば、絶対外せないのが【ツキサップじんぎすかクラブ

014a531e81b977a06298fcae6eda0d6b5a0a9a85e0

 

 

017ed1ea49296a87115047f78bf280215fe1681db7

店内席もありますが、この季節は少し待ってでもテラスで味わいたいのです^^

P1600588

絶対撮りたくなる構図(笑)

ちなみにこちらは、ハーフ&ハーフの小サイズ

P1600589

何度食べても飽きることのない、生マトン!

お肉の追加は必須(笑)

P1600602

↑ジンギスカンが美味しすぎて、おだつ小4男子

そしてワインがお好きな方なら、ボトルでオーダーすることも必須(笑)

外飲みジンギスカンなのに、グラスはリーデル!

景色を眺めながら、まったり・のんびり、美味しいジンギスカンを味わう贅沢な時間^^

 

ちなみにこの日は、絶対飲みたかったので車は置いていきました(笑)

011173e23e39c2632511a7a042f11f439aaae4ca4201429a5dde7798ba7526bb7fcdb9b8b234542ebfa8

地下鉄駅からタクシーに乗っても全然構わないのですが、時間もあったしお天気も良かったので、福住駅から八紘学園内の林道を抜けて徒歩で向かいました

その途中の景色がまた、最高に気持ち良いのです!!

札幌にいることを忘れてしまうほど・・・

もちろん、帰りも歩きました!

01a49ccef5b1d4b3a1713fb0b8bb6b3764ad81bc68

 

0182c7e6fef525d69208c922d83e4de1258ce0cc7e

何度も足を止めてシャッターを切ってしまうほど、美しい光景に出会えました^^

やっぱり札幌って最高だ!!

 

 

 

オークラビル3Fに期間限定オープン中の【THE TERRACE】で、バブル時代の思い出に浸る

 

 

016a918d8a53e28c5edfa16b8e399093cb9ab6870a

 

さっぽろテレビ塔下でイイ感じになった後に向かったのは、9月26日(土)までの期間限定でオープンした、【THE TERRACE

01a486222cf5b24e4217ee4daeb5a1beb13c5ef4da

『The Sakura Buffet』の店内を通ってテラスに出ます

P1600447

すると、まるでバブル時代を思わせるステキ空間が!!

世代なので、この雰囲気だけでテンションが上がります(笑)

01a18ba55fd8bc4d2b91c7d9371d3ad4c39374e530P1600407

平日でも満席!

もちろん事前に予約済みでしたので、こちらの席に無事チェックイン♪

こちらのQRコードに携帯をかざすとオーダーできる仕組み

雰囲気はバブルでも、オーダー方法は今風^0^;

P1600416 P1600413

まずはやっぱり、シャンパンですよね~♪

6Fにある『SPECIAL CLUB』も提携しているので、スタッフさんも映えます(笑)

P1600440

外飲みならではの、お約束の写真を1枚

すすきののビル街の景色すら美しく感じる・・・(≧▽≦)

 

P1600436

さすが、野菜スティックも豪華!

そしてちゃんと美味しい~♪

すでにお腹は満たされていたので、おつまみしたオーダーしませんでしたが、メニューを見るとお料理もさすがのラインナップです!

P1600433

そして公式メニューには載っていないのですが、このイチゴチョコレートが味わえるのです!

以前、こちらでも紹介済みですが。北海道産の原料を使った商品でして、一つ食べるとクセになるんです^^

もちろん、アルコールにもピッタリ♪

P1600455P1600456

何度も言いますが、この日は本当に外飲み日和過ぎて、誰一人飲むことを止めない状況でしたので、もう一本!(笑)

なんと、ジョージアのオレンジワインまであったのです^^

こちらの銘柄は残りわずかと言っていたので、もうないかもしれませんが、また違うジョージア入荷予定とのこと

 

P1600446

聞いたところによるとノーチャージとのことなので、外飲みしたくなった時にフラリと立ち寄るのもアリかも!(ただし、時間帯によっては満席のこともあります)

しかも平日15:00~、土日祝日は12:00からのオープンだそうです!!

 

『定額制』って言葉がスキ!のん兵衛にありがたい【燦醸小町 蔵米】

改めて宣言しなくても伝わっているとは思いますが、ワタクシはのん兵衛です。

のん兵衛のくせに、昔から飲み放題プランが苦手です。

なぜかというと、飲み放題プランにラインナップされているアルコールは、自分の好きなモノが少ないからです。

飲みたいけど、何でもいいわけじゃないという、超めんどくさいアラフィフです^0^;

P1600161

そんな思いが通じたのか、7月15日(水)にリニューアルオープンした【燦醸小町 蔵米】は、“定額制”でこだわりのアルコールが楽しめる、1杯のつもりがついつい・・・というのん兵衛が『こんな所を求めていたんだよ!』というお店になりました♪

P1600191 P1600190

パッと見は“燦醸小町”のまんまですが、入口に“蔵米”の行燈を発見

P1600189

 

P1600141 P1600139

このご時世ですので、少人数で利用できる個室が増えました。

P1600143P1600145

まずは乾いたのどを潤しま~す♪

最近はもっぱら芋ソーダ割り^^

芋焼酎3種類あって選べるのも嬉しい♪

そしてお通し!

P1600146

個人的には、お通しに力を入れているお店にハズレはないと思っておりますが、このこだわりをしっかりアピールするところが素晴らしい~

しかし美味しい味噌だったなぁ

これだけで日本酒1合、軽く空きます(笑)

P1600157

定額制コースは1500円と2000円の2種類ありまして、当然のように2000円コースをセレクト(笑)

どちらも制限時間は120分(ラストオーダー90分)

この日は3名で利用したのですが、色んな日本酒があって悩んでいたところ、一度に3種類飲み比べられるセットがあったので、そちらをお願いして、銘柄はお店にお任せしました。

最初の一杯から食中酒にぴったりのものまで、秀逸なラインナップ♪

P1600148

定番メニューの他に、本日のおすすめメニューがあります。

お店のコンセプトは“魚介と野菜”

漁港直送の鮮魚、自社農園などの朝採れ野菜、美味しいものは北海道に限ら、ず全国から吟味して仕入れるそうです^^

以前から何を食べてもハズレはないお店なので、どれもこれも気になって大変です^^;

P1600160

夏!って感じの水ナスは、わさびと梅肉、2種類で楽しめるようになっていました^^

P1600150

なめろうが美しい~~♪♪

P1600166

刺身も美しい!!!!!

P1600172

こちらも、わさびの他に肝しょう油で楽しめるようになっていました^^

P1600165

いやぁ、トウモロコシのかき揚げが食べられる季節なんですねぇ(しみじみ)

それにしても甘かった~

P1600152

ワタシの中では今宵のメインディッシュ的存在・カキのウィスキーがけ

P1600155

ちなみにウィスキーはボウモア♪

生ガキにかけるのも良いけど、軽く炙っているほうが実はスキだったりして♪

P1600175

普段はほとんどご飯ものをオーダーしないワタシが、これは外せないでしょ!と、お願いした“とうもろこしの釜飯トリュフ塩とバター”

P1600178P1600180

運ばれてきた時から美味しい香りが個室内に充満しましたが、バターを入れてかき混ぜた時はクラっと来ちゃいました!

P1600185P1600184

最初はそのまま、そしてあとからトリュフ塩をパラり

これは〆ではあるけれど、飲めるご飯だ(笑)

ということで、最後に少し余っていたボウモアを水のグラスに入れて飲んだのは、ここだけの話・・・(笑)

 

普段はカウンター派ですが、この日はアラフィフ女子トークが盛り上がり過ぎたので、個室で良かったかも!

というか、個室だから盛り上がったのか!(笑)

7月16日(木)オープン!食べらさる&飲まさる【亜細亜飯ボルタ】は、まねき猫が目印♪

P1600128

札幌肉酒場ボルタクラフトビア食堂ボルタに続く3軒目のボルタは、“亜細亜飯

P160012401679b7d022080c50812520749c41d3570a38a37ff

こちらの看板を見ると、タイ・インド・カンボジア・ベトナム・シンガポールと書かれているように、アジア諸国の色んなお料理が味わえるお店です^^

7月16日(木)オープンですが、先日関係者向けのレセプションがありまして、ワタシも足を運んできました♪

P1600129

場所は、東急イン1F東側

外からも東急イン側からも、入ることが可能

P1600125

とりあえず、まねき猫が目に留まります(笑)

019920816482806b14d5ae5afc0d41b111fb03ff7b

この席に座ると、ずっとまねき猫の後姿を眺めながら、飲むことになります(笑)

P1600091

と、まねき猫の話しが長くなってしまいましたが、この日のメニューはこんな感じ

P1600087P1600089

お料理はまだまだ増えるとのことでしたが、これだけでも十分魅力的♪

ちょっとムシムシしていた日だったので、常陸野ネストのゆずラガーをオーダー

P1600097

このサイズ感、色々飲みたいワタシにとってはすごくうれしい!

P1600100

あ!昨年タイ取材に行ったときに食べた生ソーセージがある!

どのお料理も味付けがアジアで、ビールが進む~~~(ゆずラガー大正解♪)

P1600102

青パパイヤは外せません!

この食感は、他の野菜では代用できないんですよね~

P1600105

もう一つ外せないのは、空心菜!

最近は道産の空心菜もあるのでよく見かけるようになりましたが、昔はあまり見かけなかったので、あると必ず頼んでたなぁ

そしてこのピリ辛&コク旨な味付けは、またまたビールが進んでしまう味!

P1600104

ということで、銀河高原ビール・小麦のビールをオーダー

P1600109

そしたらまたまたビールにピッタリな、ガパオ餃子がちょうど運ばれてきました^0^

P1600111

渡蟹のプーパッポンカリーも、合ったら確実に頼みます。

今回はバゲット添えだったけど、ライスにかけて、バクッとかき込みたい美味しさ♪

P1600113

生春巻きは2種類あって選びきれなかったので、2つともお願いする(笑)

P1600117

野菜たっぷりだから、罪悪感なし!!

P1600122

海老がプリップリな、エビチリージョ

この旨辛さもズルイっ

P1600120

でもってもう一杯、泥亀(芋)のソーダ割りをお替りしちゃいました^0^;

トムヤムヌードルにたどり着けなかったので、ちょっと蒸し暑い日に再訪したいっ

 

 

 

pageTop