札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『日本ワイン』タグの付いた投稿

酒屋並みの冷蔵庫に見惚れる~市民酒場 月輪

ツキノワ料理店から市民酒場 月輪にリニューアルしてから、ようやく行くことが出来ました!

P1280281

入る前からワクワクしてしまう外観♪

ちなみに16:00から営業してます!

P1280282

店内は長いテーブルと丸椅子というシンプルな造りなのですが、壁一面の酒専用の冷蔵庫がすごい存在感!!

P1280285 P1280306

まさに、酒屋の角打ち的な雰囲気!

日本酒・ワイン・ウィスキー・・・アルコールのボトルを眺めながら飲むのが大好きなワタシにとって、この光景すら酒のつまみになります(笑)

P1280284

その冷蔵庫の上にずらりと貼られたメニュー

う~ん、どれもこれも頼みたくなるっ!!

特別珍しいメニューがあるわけではないのに、あ、これが食べたかった!という料理が多いのです^^

その辺りがまさに、市民酒場なんですね~

 

P1280292

そして月輪には【タップ・マルシェ】がありまして、乾杯は東京ホワイトで♪

思えばオガグループは、クラフトビールが流行る前から扱っていました。

日本ワインもかなり早くから扱っていたし、ホントにいつも先見の目があるなぁと感心しております。。

 

P1280293

と、こちらお通し

カワキモノだけど、こうして提供してくれるとすごくオシャレな食べ物になる^^

わさび豆、久しぶりに食べたけど、なんかイイ!!(笑)

P1280295

いかパクチー

すっごくシンプルなんだけど、すっごくバランスが良くてちょうどいい味!!

パクパク食べられるパクチー(笑)

どんぶりで食べたい~~

と、このくらいの小鉢サイズが、のん兵衛には嬉しいんです^^

 

P1280297

ヤングとんがりコーン

ヤングコーンがこの状態で出てくるのはある意味、新鮮!
(けっこう、皮&ひげ付きのまま出てくることが多いので)

でもって、これがまた飲まさる~

P1280301

ツキノワ料理店時代からジビエ串がありましたが、月輪でも健在

今宵はうずらにしてみました

ちょっとリアルですが、このしっかりした味わいはアルコールに合うんです^^

時間が許せば閉店まで居座っていられる、ワタシにとってはパーフェクトなラインナップでしたので、次は同じくらい飲める人と一緒に行ってみます(笑)

P1280303

お水のグラスが月輪ロゴ入り♪

 

 

スギモト酒店でビールって新鮮♪

先日アップした、【Sapporo Cheese House Mero.】の後、実はもう一軒お邪魔してました^^

P1270271P1270270

ワタシのブログでは何度かご紹介している、スギモト酒店さん

スギモト酒店といえば日本ワインという印象ですが、いつの間にかカウンターの端っこにタップ・マルシェのディスペンサーが!

P1270255

ということで、杉本さんにクラフトビールを注いでもらう図

なんかすごく新鮮!!(笑)

P1270260

ワイングラスかと思いきや、うすはりグラスでした^^

ビールを飲むと、つまみも欲しくなります

P1270265

羅臼産 蛸と茗荷の梅こんぶ風味

これは間違いなく、ビールに合う!!

ワインも飲みたいけど、やっぱりビールで始めたい&締めたいっていう人が周りに多いので、これは朗報かも♪

 

P1270269

と、リフレッシュしたい方にはこんな炭酸水もありました!

瓶代がかなりかかってそうなオシャレボトル炭酸水^0^

 

コチラのページで【タップ・マルシェ】が楽しめるお店をご紹介中

 

5月2日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~醸造酒と天ぷらのお店 plur(プラー)

5月2日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”でご紹介したのは、住宅街の仲通にひっそりと行燈が灯る、【醸造酒と天ぷらのお店 plur

P1210693

カウンター7席と、4名掛けのテーブル席が一つ、ただしオーナーシェフの吉田さんがほぼ一人で営業しているので、テーブル席はほぼ使用していないそうです。

実はかなり前から気になっていて、一度紹介したいと思ってはいたのですが、あまり忙しくなってしまうとかえってお客様に迷惑が掛かってしまうかもしれないので・・・と、遠慮されていたのですが、このたび、お手伝いしてくださる方が入られたようで、今回の掲載となりました^^

 

その名の通り、日本酒やワインなどの醸造酒と、天ぷらをはじめとしたおつまみが気軽に(ちなみにノーチャージ)楽しめるお店です

P1210697

日本酒は基本、ワイングラスでの提供。そしてワインは日本ワインのみ

P1210698

 

とにかく飲ん兵衛大歓迎のお店でして、1500円以上飲む方は、料理を“会員価格”で味わえます!

P1210680

 

P1210688

そしてアルコールは、飲みたい量が選べます

P1210700

こんな風に飲み比べしてみたり、気になっていた銘柄などを、色々試してみることもできます^^

日本酒のほとんどが四合瓶で、入れ替わる頻度も早いので、まめにplurのSNSをチェックすると良いかもです^^

P1210703

P1210708

 

天ぷらの提供にはどうしても時間がかかってしまうので、その前にアルコールと一緒に楽しめるおつまみもあります^^

image1

 

こちらは人気の野菜の天ぷらの盛り合わせ

image2

4種類の塩があるので、お好みで♪

P1210722

 

と、メニューを眺めていたら、気になるものが・・・ P1210685

 

P1210713

ほたるイカの天ぷらって初めて見ました!!

揚げるとき、油跳ねないんですか??って聞いたら、『先日、お客様にも同じこと聞かれました』って、吉田さんが笑ってました^0^;

それにしても、このほたるイカの天ぷら、ずるいほど日本酒が飲みたくなる味!!

P1210717

そして2Lのアスパラ!!

アスパラって、揚げた方が甘みとみずみずしさが増すと思うんです^^

そしてこれは、白ワインが欲しくなる~~~~

 

と、この日はアルコールはお預けだったので、近日中にアルコールを堪能しながら、再度天ぷらを味わいたいと思ってます!!

 

 

 

image3

ちなみに月・水・木の12:00~14:00は、ランチ営業もしています

こちらはとある日の天丼♪

 

住宅街なので、遅い時間はそんなにお客様が来ないのでは?と、勝手に思っていたら、逆に遅い時間が混んだりすることが多いようです。

どちらにしてもカウンター7席のお店なので、事前に電話を入れてから行くのが確実です!

 

 

 

 

自然派ワインと日本ワイン stemからのスギモト酒店 

先日、初めて訪れた【stem

P1180997P1180995

噂には聞いていましたが、期待以上の居心地の良さで、初めてにして常連気分で楽しんでしまいました^0^

P1180982P1180985

まずは、最近すっかりメジャーになった、オレンジワインを。。

右はお通し。飲まさる系でウレシイ^^

P1180987

梅酒で煮た鶏白レバー

これは・・・また飲まさる系!!

ということで、ワインのお替わりを・・・

グラスワインが自然派にしてはお安くて、そして美味しい!

どんなワインを出しているのか気になって伺いましたところ・・・

P1180990

キュートな箱がやってきました!!

バックインボックスタイプのワインだったのです~

この見た目にもすっかり魅了されてしまい、これを手に提げてピクニックに行く妄想が頭の中に浮かんでおりました(笑)

 

P1180988

お料理はどれを食べても外れなし!!

P1180994

 

ふと見渡すと、おひとり様の女性も多かったです^^

 

もう少し飲むことになり、向かった先は、日本ワイン専門店・スギモト酒店

P1190003P1190006

こちらもオレンジワインから

P1190008

いつ行っても、前回とは違うワインに遭遇する、まさに一期一会なワインバー

P1190010

気になるものがあり過ぎて、つい飲まさってしまうお店なのです^^;

P1190001

 

と今回も、あくまで自分の意志ではないことを強調した、はしご酒でした^0^;

 

 

 

11月2 日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~日本のワインとおそうざい スギモト酒店

P1010367

11月2日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、10月12日(水)にオープンした、日本のワインとおそうざい スギモト酒店

看板だけ見ると、まるで酒屋さんのようですがBARです。

P1010362

この入り口と店内の写真を見て、あれ?見覚えがある・・・と、思った方もいらっしゃるかもしれませんが、今年の夏まで「ズッケロ」として営業していた、奥にメイド喫茶のある狸小路2丁目のあのビルの地下なんです!

個人的にこの空間が、〆の1軒にピッタリで、まさに「ほっ」と出来るお店だったので、同じような形態での再開が、かなりうれしかったりします!

P1010364 P1010374

変わったのは、扱っているワインが日本のワインになったこと。そしてカウンターに立つオーナーが、シニアソムリエの資格を持つ杉本さんになったこと。

カウンターに立つ方が変われば、お店の雰囲気もガラッと変わりがちですが、以前のオーナーと交流がある杉本さん自身が、この場所の雰囲気をわかっていらっしゃったので、良いところをそのまま引き継いでいる印象です^^

P1010370

それにしても、ここまで日本のワインが揃うBARは、札幌ではあまり見かけないかも。。ストックは40種類以上あるようで、入手困難な珍しい銘柄も取り扱っているようです。

毎日8~10種類ほどのワインを抜栓し、グラスで楽しめるようになっていて、お値段はモノによりますが、600~1500円、平均すると900円前後でとのこと。

1種類に付き、2~3本しか入荷しないので、1本空けば次の銘柄・・・と、どんどん抜栓していくので、すでに週に何度か通う方もいらっしゃるようですよ。

ノーチャージなので、気になっていたけど1本買うのをためらっている方には、試飲するのにもピッタリなBARかもです^^

杉本さんおひとりでやられているので、おつまみは簡単にできるものだけにして、出来るだけ、お客様との会話を大事にしていきたいとのことですが、よく見ると、赤いきつねとか、気になるメニューもあるんです^^

もちろん、カップ麺ではないですよ(笑)

そして時々、ご実家の羅臼から送られてきた新鮮が魚介を使用したおつまみも登場するそうですよ^^

P1010304 P1010306

ちなみにワタシが先日お邪魔した時に飲んだ2杯

白はだし醤油のような雰囲気で、まさに和食と合わせて飲んでみたい日本ワイン!

そして赤。今まで飲んだベーリーAとは全然違う重厚感にホンキで驚きまして、その反応を見て杉本さんも「ですよね!」と、喜んでいた夜でした^^

 

 

pageTop