札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『ニューオープン』タグの付いた投稿

もしやアラフィフだからこそ⁉熟成肉の魅力にハマった、La Boucherie29~ラ ブーシュリー ヴァンヌフ

本日、2月9日(土)ニクの日にオープンした、【La Boucherie 29】~ラ ブーシュリー ヴァンヌフ

P1350960

北海道産厳選肉の熟成肉(40-50日熟成・90日熟成)などが、リーズナブルに楽しめるお店

P1350981

場所は、中)南1西1 南一条通り沿い、ローソンのお隣りです

 

P1350972

以前のお店を知っているワタシとしては、全く違う雰囲気に驚く

P1350943P1350944

まずは泡をいただきます^^

お通しは、ケークサレ。酒飲みに嬉しい塩味♪

P1350935 P1350938

レセプションではありましたが、メニューから好きなものを選んでくださいとのことで、アラフィフ女子3名、真剣に悩む(笑)

P1350939 P1350940

P1350946

お肉のお店ということで、やっぱり押さえておきたい、道産鶏白レバーとフォアグラのムース&自家製パテ・ド・カンパーニュ

P1350948

どちらもくどすぎない味!! 一同、大絶賛♪

P1350949

熟成肉と北あかりのアシ パルマンティエ

中にはひき肉タップリ♪

P1350951

旬野菜の取り合わせ グリーンアイオリソース

野菜もどれも美味しくて、さらに盛り上がる^^

P1350956

お肉は看板メニューの熟成肉と、本日限定特選肉をお願いしたところ、ワンプレートに美しく盛られての登場

その辺りも女子的には盛り上がる^^

P1350962

特選肉は、たとえて言うなら大トロ

一切れで口の中を支配する味わい

そして、看板メニューの道産熟成肉!これが個人的にドハマり!

普段はどちらかというと牛より羊(鹿肉とかジビエ系)派なので、美味しいとは思うけど、感動はあまりないのです。。

が、この熟成肉は完全に好みの味でしたっ(≧▽≦)

何より驚いたのが、冷めても美味しいコト♪

久し振りに牛肉にテンションが上がりました^0^

 

P1350964 P1350966

女子3人なので、デザートはもちろん3種!!(笑)

P1350968

いやぁ、肉だけでなくスイーツも美味しい!!!!!

つい、赤ワインをお替りし続けてしまいました(笑)

 

ちなみにメニューは税込価格

お肉の美味しさを考えたら、かなりリーズナブルなんじゃないかと思います^0^

 

春くらいには、ランチも始める予定とのことで、これからが楽しみです♪

 

P1350984

サツエキ北口の新しいスポット・Source72

先日、こちらで紹介したJR-EAST HOTEL METS SAPPOROの1Fに、ホテルと同じく2月1日(金)にオープンする【Source72

P1350513

大通のSourceに続く、2号店目になります

先日、メディア関係者向けのレセプションがあり、参加してきました。

P1350511

(当たり前ですが)朝食ビュッフェの時とは全く違う雰囲気!!

P1350465

P1350468

P1350469P1350472

P1350471

P1350470

P1350473

レセプションということで、この日はパーティメニューでしたが、通常時は、アラカルトメニューからコース料理まで楽しめるそうです^^

P1350485 P1350486

 

 

↓ こちらは撮影用に用意されていた、通常メニューの中の一部

P1350475

 

P1350474

 

P1350477

 

P1350479

 

P1350499

どこの席も、今までサツエキ北口になかった雰囲気で、お店のコンセプト【都心にある、デキる大人のオアシス】が、ピッタリハマりました^^

この日は、Source72に携わった方々のご紹介があったのですが、そのメンバーがまたステキな方々ばかりでした^^

P1350497P1350495

こちらは1月25日(金)に発売となった、余市町にあるキャメルファームのレンベルガースパークリング

その造り手であるスタッフのお二人が笑顔で挨拶^^

P1350492

真ん中の和装の女性は、Source72のロゴを描いた書家の久保奈月さん

そしてメガネを直しているのは、札幌で今を時めくオシャレなお店を手掛けている倉内法生さん

 

P1350503

VIPルームに飾る絵画の作者・松浦章博氏

P1350510

この日はまだ飾られていなかったので、2つの絵が飾られたらまた行ってみたいなぁ^^

そして今全国で一番有名なチーズ工房と言っても過言ではない、せたな町・村上牧場レプレラのチーズもメニューで提供するそうですよ!

 

近日中にランチタイムもチェックしにいかないとです^^

 

 

おまけ

 

P1350514

そうそう、こちらのポスターの男性と女性が、プロのモデルでないということを聞いてびっくり!

 

P1350524

こちらは店長の齋藤さん

前日の朝食ビュッフェの際にお会いした時とあまりに雰囲気が違って、一人驚いていたのでした(笑)

1月30日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~レストランとと

1月30日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、昨年12月に円山の住宅街にオープンしたばかりの、【レストランとと】

とと外観

“とと”になる前は、一般のお宅だったというから、本物の古民家です!

P1350080 P1350075

それにしても、お店に入る前から色々可愛すぎる!!

ちなみに“とと”は幼児言葉で“魚”を意味するといわれていて、ロゴにも魚のイラストが入っています^^

そしてなぜ魚かと言いますと、レストランととは、横浜にある“カネ保水産”というイタリアンレストランの姉妹店でして、こちらのオーナーの奥様のお父様が、三崎でマグロの仲買人をされているということから、マグロをはじめとする魚介がウリのイタリアンとのことで、この名称に^^

と、説明が長くなってしまいましたが、それではオーナーは本州の出身なのかと思いきや、札幌!

しかも今回札幌にお店を出すにあたり、高校時代の同級生3人で共同経営するという、一風変わったスタイル!何でも、20年越しの夢がかなったそうで、ちょっとうらやましくもあり、そして感心をしてしまったのでした^0^

 

と、肝心のお店のご紹介に戻ります

P1350082

玄関の扉を開けると、まるでおばあちゃんの家に来たような感覚になり靴を脱ぎたくなりますが、土足のまま上がります

左手にテーブル席

P1350086 P1350087

右手にはカウンター席と、窓際にもテーブル席がありました^^

ココが床の間だったのかなぁとか、昔の家の造りを思い出しつつ、想像してしまいます

P1350123

さらに奥にもテーブル席があり、思っていた以上に広いです。

今はまだ、物置状態とおっしゃっていましたが、これから2階にも席を設けるそうです。

そして雪が解け、庭の桜の木が満開になるころには、庭にもテーブル席を置く予定なんだそうです^^

 

P1350103

早速、オススメのパスタをいただいてみました♪

【タラバとズワイのトマトクリームタリアテッレ】

麺は100gと言っていましたが、それ以上に感じるほど食べ応えがありました!

P1350095 P1350113

パスタはランチでもディナーでも同じメニューを味わえますが、ランチでいただくと同じ価格(1280円)で前菜とドリンクが付いてくるのです^^

P1350099 P1350098

この前菜が、飲みたくなる系!(笑)

夜のメニューの前菜を盛り合わせにしているということは、飲みたくなって当然か(笑)

P1350120

ワインはイタリアを中心に、お手頃価格からしっかり系までナインナップ

P1350093

個人的に、グラスワインのメニューが分かりやすくて好き(笑)

ピッツア2

今回はいただきませんでしたが、ピッツアもオススメとのこと。

そしてもちろん、マグロメニューも見逃せません~

マグロサラダまぐろ

 

オープンして1ヶ月半くらいなので、まだまだこれからかもしれませんが、居心地が抜群に良いので、とことんトークをしたい女子会向きであることは間違いありません^0^

ちなみに店内にはピアノも置いていありまして、LIVEなんかも大歓迎とのこと!

P1350102P1350125

あ、ギターもある!

と、この“便”という文字の入った扉は、もともとあったものだそうです!

逆にオシャレすぎる!!

 

P1350101

 

とりあえず、今後は夜の部でお邪魔したいっ!!

 

【レストランとと】

札幌市中央区南4条22丁目2-2

011‐312-0425

11:00~15:00 / 18:00~22:00 ※L.O.各30分前

火休

全席禁煙

 

 

 

 

 

札幌駅北口にオープンする【JR-EAST HOTEL METS SAPPORO】がステキでしたっ!

2月1日(金)にグランドオープンする、【JR-EAST HOTEL METS SAPPORO】の内覧会に先日行ってきました!

P1350456

個人的によく通る場所のため、建てているときから気になっていましたので、かなりワクワクした気持ちで挑みました♪

P1350398P1350301

フロントは2階なので、まずはエレベーターに乗ります

結構な高さを感じます

P1350393P1350379

正面に、セルフチェックインカウンター

P1350387

そしてロビー

広さとしては小さめなのかもしれませんが、天井が高いこともあり、すごく開放感あります!

何より、使用しているファニチャーがステキすぎっ!!

P1350391

このチェアーなんて座り心地良すぎて、取材中なのに独り占めしそうになりました^^;

P1350390 P1350389

一番奥にはこちらのソファ席とコーヒーメーカーがありました^^

 

さっそく2階に2つあります“スーペリアロフト”のお部屋を見学

P1350318P1350307

天井の高さをフルに生かした作りです!

こじんまりはしておりますが、圧迫感はなく、ベッドの上でも女性なら立ち上がれます!

P1350315P1350311

使用している家具の雰囲気のおかげか、すごく落ち着く~

このソファベッドも、ちゃんと座り心地が良いんです^^

P1350308 P1350309

ちなみにホテルメッツ札幌は、全てのお部屋が浴槽付きのセパレートタイプ!

なので、フロント横に置いてあるアメニティの入浴剤も充実しています♪

P1350303P1350384

P1350383P1350385

 

同じく2階にあります、スーペリアルーム(フローリングタイプ)

P1350321P1350320

P1350322 P1350325

こちらはロフトがない分、天井の高さをフルに感じることができて、かなり贅沢感があります~

P1350324

それにしても北欧調のインテリアが可愛すぎますっ

※ちなみにこの赤い椅子はイタリア製←かなり座りやすい!!

 

 

そして全206室のうち、1部屋のみの“プレミアムデラックスツインルーム”

P1350326

P1350331 P1350335

うわぁ~

なんかすごくイイっ!!

少しの間、ここで暮らしてみたい~~

P1350344

 

P1350337P1350340

ちなみにこちら、スピーカーなんです!!

Bluetoothで繋いで使用できるそうで・・・いやぁ、今どきのスピーカーってホントにすごいっ

でもって、この照明をファインダー越しに見て思わず“スーパームーンみたい”って呟いたら、ちょっとウケてしまったことはココだけの話(笑)

またまた座り心地によかったソファは、こんな感じでベッドになりまして、定員は4名

P1350338

靴を脱いで上がるタイプだし、お子様連れにもってこいのお部屋です♪

 

12階へ上がりまして、60室あるスーペリアツインを見学

P1350346

これまた、個人的にも大好きな色合い!

ぐっすり眠れそう~

P1350349

ちなみにこちらの枕、よくよく見ると、上下で色がうっすら違います。

西川リビング社と共同開発したという、快適な睡眠のための温度を保つ仕組みになっているそうです!

最近のホテルは特に“安眠”に力を入れていますよね^^

 

外には出られませんが、バルコニーがついていて、カーテンを開けると少し空間が広がる感がある、プレミアムツイン

P1350353

P1350354 P1350361

入るとすぐ、洗面台が見え、その奥にバルコニーのついている窓が望めるので、広く感じます。

洗面台のブラインドは閉めることも可能(しかも自動)

 

P1350359

やっぱり気持ちよく眠れそう!!

P1350356P1350358

カーテンが、“北欧の風”を感じるようなグラデーションになっていて、閉めても圧迫感がないんです^^

P1350375 P1350376

ちなみに部屋のカーペットは雪の結晶

廊下のカーペットは糸紬をイメージしているそうです^^

P1350378

さらに、エレベーターホールの壁面は白樺をイメージ

北欧には行ったことがないので説得力はないけど、まさに北欧調!

 

最後に朝食会場にもなる、1Fのsource72

P1350399P1350400

P1350402P1350425

いわゆるホテルの朝食ブッフェスタイルですが、連泊しても飽きの来ないよう、北海道ご当地グルメなどは少しずつメニューを入れ替えたりするそうです。

P1350423

P1350414P1350412

お米は北海道・富良野産ななつぼし

ちなみに黒いのはカレー!

P1350409P1350407

小樽にあるsourceのグループ店で人気の、海鮮ひつまぶしもありました^^

 

P1350447

色々ちょっとずつ試食

朝食ということで薄味にしているそうですが、翌日夜のメニューを試食し、同じお店なのに、こんなに変えているんだとものすごく納得!※その詳細も後ほどブログアップ予定

P1350443 P1350441

北見塩焼きそばや、いももちなんかもあります。黒いカレーは、ホントにカレーでした(笑)

P1350438P1350450

海鮮ひつまぶしの出汁がとっても美味しくて、また食べに来たくなる。。。

 

間違いない、たれ漬けジンギスカン!~虹色ジンギスカン

こちら、昨年12月にオープンした【虹色ジンギスカン

P1330485P1330484

昨年はジンギスカンブーム到来か?と思うほど新しいジンギスカン店が増えたし、よく行きました^^

ジンギスカンって普通に大好きだけど、友人同士では『今日、ジンギスカン行く?』って感じにはあまりならないので、誘ってくれたり、本州から友人が来たとき行きたいリクエストがあると、逆に嬉しかったりします(笑)

 

さて、虹色ジンギスカンはどんな感じのお店かな?

P1330487

入口すぐに、カウンター席

おひとり様ジンギスカンも出来そうです^^

あ、タップマルシェの機械がある!

タップマルシェのシェア率もかなり増えた気がします^^

 

P1330489

奥はテーブル席

P1330533

さらに奥には個室もありました^^

 

P1330497

まずは乾杯!

いつもハイボール派のワタシですが、メニューに“五加皮酒ハイボール”という見慣れないものを見つけ、スタッフに伺うと薬膳酒的なものということで、迷わずオーダー

飲むくせに、なんとなく身体によさげなものをオーダーしがちなアラフィフ(笑)

P1330510

さっそくメインのジンギスカンを、いただきま~す。

P1330506P1330507

虹色ジンギスカンは、生とたれ漬け、そしてラムとマトンどちらも楽しめます♪

マトンロール以外はすべて生肉(オーストラリア産)

P1330519P1330516

せっかくなので、色んなタイプを食べ比べ!

昭和生まれにはやっぱり、マトンロールは落ち着く(笑)

P1330513

食べ応え満点のフレンチラックも^0^

P1330522

P1330532P1330529

のん兵衛に嬉しい、燻製ジンギスカンというのもありました!

これはビールより日本酒が欲しくなる~~

と、一通りオススメをいただきまして、個人的に虹色ジンギスカンに来たら普段は塩ORたれ後付け派の方も、絶対食べてみてもらいたいのが、たれ漬けジンギスカン!

P1330528

個人的には間違いなく塩派なのですが、ここのたれ漬けのジンギスカンは確実に生ラムよりイイっ!!

お腹がいっぱいでも止まらなくなるオイシサ♪

ご飯も3杯くらいお替りできそうな味わい!(ワタシは食べていませんがライスの用意はもちろんあり)

なんでも、虹色ジンギスカンのオーナーは、もともとキリンビール園に長年お勤めだったらしく、その時のレシピを引き継いでいるそうです!

それは納得のおいしさですよね♪

改めてメニューを見ると、“たまご”だたれ漬けジンギスカンに合うみたいで、次回は試してみたいっ!!

 

P1330500 P1330502

そうそう、椅子の下にはでコンセント口があるので、携帯の充電もOK♪

そしてカウンター席のカバン入れの造りがすごく工夫されていて、思わずパシャリ♪

 

 

pageTop