札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『ニューオープン』タグの付いた投稿

江別が変わる~江別蔦屋書店11月21日(水)グランドオープン! その1

P1320167

11月21日(水)にグランドオープンする、江別蔦屋書店

本日メディア向けのお披露目会そして、午後からは近隣住民に向けたプレオープンということで、朝から足を運んできました!

雨で濡れたピカピカの駐車場に、太陽の光が反射してキラキラ!!

そしてその奥に煌々とそびえたつ、江別蔦屋書店

左奥から、【食】 【知】 【暮らし】 というコンセプト棟になっております。

P1320211

真ん中の【知】の棟、入口を抜ければ圧巻の書籍!!

これは、本がそれほど好きでなくても、目を奪われます!

P1320220

奥の階段を上がった2階から、入口を見た図

まるで美術館のようです

P1320218P1320222

いろんなところに座るスペースがありまして、自由に本を閲覧していいそうです

P1320224

 

P1320227

コンセント付きのカウンター席もありました!

P1320207

【知】の棟の1F奥には江別発のスターバックス

P1320214P1320217

購入前の書籍も持ち込み可能!

逆に購入したコーヒーを、好きなスペースに持って行って飲みながら本を読むことも可能!!

P1320209

暖炉まで設置されていました!

 

向かって右側【暮らし】の棟

P1320177

一番奥にはボーネルンド

その奥には、絵本や児童書コーナー

P1320180P1320181

棚は子供目線の高さに設置され、迷路のような配置になっています^^

P1320182

これから外遊びができなくなる北海道に嬉しい、キッズパーク

P1320184

ふと、外の貨物車らしきものが気になる

どうやら冬の間はカバーがかかるようですが、この“四季のみち”に常設されているようです、

と、何でここに?と、気になって、ググってみたらすごく細かく解説してくれているサイトに出会いました!

なんと、昔あった火力発電所専用の線路がここにあったんですね!!

さらには近くに競馬場もあったなんて!!

あ、ちょっと話がそれましたが、やはり町の歴史って面白い^0^

 

さて、【暮らし】の棟の紹介に戻ります^^;

P1320193

メトロクロス札幌

P1320191

P1320188

暮らしの雑貨コーナーには、とみおかクリーニングの商品も!

 

P1320187

う~ん、わくわくしてきました^0^

 

P1320196

iGATE IKEUCHI EXIT

販売だけじゃなく、アウトドア用品のレンタルも行っているそうです!

P1320195

 

P1320200

Flower Spase Gravel / caffe vanilla

グリーンとスムージーなどのドリンクを販売

P1320199

 

P1320204

ちょっと個性的なグリーンが多くて、パイナップルもなってました(笑)

 

江別蔦屋書店は、全国で20店舗目の蔦屋書店

その場所に合った上質な時間空間をオーダーメイドするのが、蔦屋書店のコンセプトで、オープン前は必ず事前に住民アンケートを取るそうです。

P1320175

その結果、【食】【知】【暮】というコンセプトになったそうです。

それからすごく興味深かったのは、江別市長のあいさつ

江別には大学が4つもあるのに、大型書店がないということで、誘致をお願いされていたこと。

江別蔦屋書店の裏にある四季のみちは、住民の憩いの場所であること。

新しいモノを作るときは、その街に溶け込み、昔からそこにあったかのような心地の良い空間にしなくてはならないと、個人的には思います。

そのうえで、今回のアンケート結果からのコンセプトはすごく納得がいくものでした!

 

と、(個人的に)一番内容の濃い【食】は、次のブログに続けるとします!!

 

11月14日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~caffè&trattoria ORZO

本日の北海道新聞夕刊・ほっと一息のコーナーでご紹介したのは、今年9月にオープンした、【caffè&trattoria ORZO~オルゾ

P1310224

入口からして、ほんわかした空気が漂っている感じ♪

P1310193

店内に入ると、さらにホッコリした気分になれる空間!

全17席と、決して広いとは言えないお店ですが、どこに座っても収まりがいいというか、1名できても2名できても、グループできても、ちょうどいい場所がある感じです^^

P1310189

奥のテーブル席は、半個室風

 

P1310199

ちなみに奥から入口を写すとこんな感じ

P1310196

ORZOの一番の売りは、3種の道産小麦を独自にブレンドして作った、手打ちパスタ

パスタ

『春よ恋』 『ゆめちから』 『ルルロッソ』をブレンドしているそうです。

全粒粉も使用しているので、ちょっと茶色に仕上がっております^^

P1310213

さっそく、シラスと檸檬のパスタをいただいてみることに

パッと見はさっぱり系のパスタかと思いきや、ピリッとスパイスも効いているんです!

こ、これは・・・確実にワインが欲しくなるやつ!!(笑)

P1310211 P1310203

ちなみにワインはボトルもグラスも、お手頃な価格帯のものを用意しているとのこと^^

そしてパスタは通常サイズのほかに、ハーフサイズの用意もあるので、夜はあまり炭水化物に走りたくないけど、やっぱり少し食べたい・・・という、ワタシのようなのん兵衛はかなり嬉しい!!

 

P1310214

もう一つ、ぜひとも味わっていただきたいお料理があるのでぜひに!と、オーナーシェフの町屋さんにお勧めされていただいたのが、道産牛ホホ肉の赤ワイン煮 かわいファームのビーツ

 

P1310217

じっくり時間をかけて火を入れた牛肉がホロッホロで美味しかったのは言うまでもないのですが、牛肉以上に感動したのが、ビーツ!

こんなに甘くてホクホクのビーツ、初めて食べたかもっ!!

ちなみにかわいファームは西区小別沢にあるそうです

P1310207

町屋さんはORZOをオープンする前は、『ブラッスリーコロン』で働いていたのですが、ブラッスリーコロンと同じく、生産者との繋がりを大切にしたお店にしていきたいとのこと。

北海道はこれからしばし、野菜が採れない季節にはなってきますが、来年には軒先マルシェなんかも出来たら・・・と思っているようです^^

そうそう、ORZOは店名に“caffè”と記載されているように、ランチタイム(14:30まで)終了後は、カフェとしても営業中♪

545A2434

ドリンクはもちろん、自家製のドルチェも楽しめますよ!

 

P1310202

個人的に一番食いついたのが、ランチセット(パスタセットorグラタンセット・各1500円)のドリンクで、タップマルシェのクラフトビールがセレクトできるところ!!

これは、お得すぎですっ^0^

 

肉と日本酒のお好きな皆様にオススメしたい、【肉と炉ばた さんど。】

10月26日(金)にグランドオープンする【肉と炉ばた さんど。】のレセプションに行ってきました~

P1300909

場所は、ミスドの入る第3グリーンビル5階

エレベーターを降りて左に曲がると、目の前に第3グリーンビルの中らしからぬ暖簾が見えてきました!

廊下の幅の関係で、真正面から撮ると提灯が見切れます^0^;

P1300912P1300911

なので再度、こちら側から撮影してみる(笑)

暖簾に隠れたちょっとおしゃれなドアの取っ手をスライドさせると、オープンキッチンを取り囲むカウンター席

P1300915

炉ばたということで、カウンターが特等席になりますが、左右の奥にはテーブル席&個室もあります

P1300957P1300959

P1300961

個室は仕切りを外すことで人数調整出来る感じです

地酒がウリではありますが、のどがカラカラだったので、まずはシュワシュワ系を

P1300925

ビールはクラシックと琥珀エビスの2種類あり

P1300922

まずはこちらの肉巻きが桶で運ばれてきます

1本160円~で、1本でもオーダー可能

P1300927P1300920

ちなみにお通しもお肉

低温調理がウリのようです

肉をたくさん食べることになりそうなので、まずはサラダ(笑)

P1300928

茄子とキノコとミモレットの焼きサラダ

これは日本酒が欲しくなるサラダ!

P1300934P1300931

ということで、ハイボールはチェイサーにして、さっそく日本酒を・・・^^;

ちなみにグラスはお試しサイズもあるので、ちょっとずつ色々味見してみたい!という方にはピッタリ

と、肉巻きがやってきました

あれ?レタスってこんなに小さくなるんですね!!

そして、ある意味衝撃だったのが、柿チーズ巻串

食べても柿って一瞬分からないのです!!これはぜひとも試してみてほしい~

 

P1300935

こちらは豊西牛のハツ かんずり醤油

ピリッと来る味付けがまた、日本酒を進ませます~~

 

P1300939

う~に~く~!

勝手にご飯が入っているのを想像していたので、肉々しさにちょっと驚く

でもって、またまた日本酒を

P1300941P1300944

酒を頼むと、つまみが欲しくなるんです^^;

P1300945P1300947

酒粕イチジクバター!価格で想像していたの以上のモリモリぷりに、またお替り・・・

はっ!ループにハマってしまっていました^0^;

 

P1300950

大いに話が盛り上がっていたところに、さんどの牛カツサンドが登場!

お腹は結構いっぱいだったのですが、ちょうどいい味付けと柔らかお肉にすっかりハマってしまい、ペロリ!

ちなみにこちらは、テイクアウトも出来るそうです^^

P1300953P1300955

牛カツさんど食べてたら、もう1杯だけ飲みたくなって燗酒をお替り

(あまりに居心地よくて、遠慮もなく飲んでしまった・・・)

 

〆にはお寿司屋さんのように味噌汁が出てきて、ホッと出来ます^^

 

2名で行くと、肉盛りとかまでたどり着けないので、一度目は3,4人で行った方がより楽しめるかも!

何度か行くと、カウンターで一人、肉巻きと酒のアテをつまみつつ、日本酒を堪能するのもオススメ♪

ちなみに店名の“さんど。”は、月に3度行きたくなるお店という意味合いがあるそうで、今、こうしてブログを書いて納得したのでした!

 

肉と炉ばた さんど。 は、10月26日(金)17:30開店です!!

 

 

鉄砲汁から生まれた、本当に美味しい“カニ味ラーメン”~CRAB GANG(クラブギャング)

あの【はちきょう】がプロデュースしたラーメン店がオープンしたという情報を入手いたしまして、先日行ってきました !

P1300500 P1300499

場所は、まさに“はちきょう”のお隣のビルの地下、お店の名前は【CRAB GANG~クラブギャング

こんな看板が出ています^^

P1300502

あれ?この場所って・・・

そうなんです、“はちきょう別亭あねご”があった場所なんです

P1300513P1300514

まずは券売機でチケットを購入

2人で行ったので、かに味噌ラーメンとかに塩ラーメンのノーマルタイプをセレクト

 

ちなみに店内はこんな感じ

P1300507P1300508

女性一人でも行けるラーメン店^^

ところでカニのラーメンと聞くとまず、“観光客向けでしょ~”と思うのが地元民かと思まいます

現にワタシも「かに味噌かぁ」と、失礼ながらあまり乗り気じゃない状況でした^^;

でも、自分の印象で物事を決めてはいけない!ということをここ最近、身をもって感じておりましたので、挑みました!

P1300524

こちらが、かに味噌ラーメン

画像だと、平たいお皿に見えますが、こちら、横から撮るとこんな感じ

P1300523 P1300522

完全特注のラーメンどんぶり!

P1300510

上げ底ならぬ、下げ底的に、見た目以上にタップリ入ってます

018fe35433ebcb77341653d0a3f4ab23566824dc1eP1300525

まずはスープを一口

むむっ!かなりカニの味が楽しめます!

でもってレンゲにのっかってる、こちらのカニのむき身

こちら、ちゃんと炙ってるんです!!

P1300519

なので、良い香りが調理中から漂ってきます^0^

カニがど~んとのったラーメンとは全く違う、カニラーメン!!

そして、かに味噌以上にドハマリしたのが、かに塩ラーメンです!!

P1300527

こちらはお麩と海藻がのっています^^

P130052901723431a29f267d454ed12b55141320867cb03987

麺は味噌と同じと聞きましたが、見た目も食感もこちらの方がツルッとした印象

もともと塩が好きということもありますが、塩ラーメンの方が、甲殻類の出汁を存分に楽しめる感じです!!

ホントにちゃんとカニの出汁を取っているということが伝わる味わい!!

この価格でホントにいいんですか??と、質問してしまったほど、満足度の高い味でした^0^

 

P1300503

店名のクラブギャングって“鉄砲汁”から来ているそうです!!

CLUB=カニ ギャング=鉄砲!

はちきょうの鉄砲汁から誕生したラーメン!

観光のお客様にはもちろんですが、地元民でもまた行きたくなるラーメンですっ!!

 

ちなみにハズレなしのガチャガチャもあります^^

P1300511P1300517

コアップガラナやリボンナポリンもあります^^

ちなみに瓶ビールはサッポロラガー

 

しばらくはランチから通し営業で、深夜1時くらいまで営業するそうです!

 

 

10月3日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~おばんざい ゆうちゃん

10月3日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、7月22日(日)にススキノ、Nグランデビルの地下にオープンした、【おばんざい ゆうちゃん】

P1290287P1290289

P1290261

カウンター7席、テーブル12席のお店ですが、天井が高いのですごく広く感じます!

ちなみに貸切は、10名以上~OKとのこと。

P1290271

カウンターにはその日のおばんざいが、ご飯ものなど入れて10種類ほど並びます

 

P1290270

どれも美味しそう~~

迷ってしまうタイプの方は、おまかせ盛り合わせがオススメ♪

P1290267

P1290279

5品盛りならこんな感じで出してくれます♪

もちろん、自分でセレクトすることも可能。ご飯と汁物もあるので、定食風にいただくことも出来ます^-^

P1260956P1290285

もちろん、ワタシはアルコールと共にいただきます(笑)

P1290282

どれもホントに美味しい・・・

味付けが濃すぎず、ジワ~ッと美味しさが広がる感じで、ホッとします^^

P1290283

どのお料理も、一度は食べたことのある家庭料理なのですが、自分で作るのとはどこか違うんです

P1290275

おばんざいを毎日用意している柳萬さん。接客担当の優さんのお母様です^^

美味しいです!とお声がけすると、『私が作るのは家庭料理ばかりだけど、出来るだけ添加物は使わず、塩分も控えめに、そして仕込みはしっかりやっています』と答えてくれました。

おばんざいは作り置きするものも多いので、時間が経っても味が落ちないように工夫したり、前日から下味をつけて見た目以上に丁寧に作っていることを聞いて、ワタシが作るものと違うわけだ!と、強く納得したわけです^^;

忙しい時は、ゆうちゃんにタッパを持参して、次の日の朝ごはんにしたいくらいです~~

 

P1260952P1260953

ちなみに今金町の小川さんちの美味しいお豆腐も味わえます!

すごいボリュームですが、薬味が3種ついていて“味変”で楽しめるので、あっという間に完食でした^0^

 

【おばんざい ゆうちゃん】

札幌市中央区南5西3 NグランデビルB1F

011-596-0110

17:00~23:00(22:30ラストオーダー)

日祝休

 

 

 

pageTop