札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『ニューオープン』タグの付いた投稿

鉄砲汁から生まれた、本当に美味しい“カニ味ラーメン”~CRAB GANG(クラブギャング)

あの【はちきょう】がプロデュースしたラーメン店がオープンしたという情報を入手いたしまして、先日行ってきました !

P1300500 P1300499

場所は、まさに“はちきょう”のお隣のビルの地下、お店の名前は【CRAB GANG~クラブギャング

こんな看板が出ています^^

P1300502

あれ?この場所って・・・

そうなんです、“はちきょう別亭あねご”があった場所なんです

P1300513P1300514

まずは券売機でチケットを購入

2人で行ったので、かに味噌ラーメンとかに塩ラーメンのノーマルタイプをセレクト

 

ちなみに店内はこんな感じ

P1300507P1300508

女性一人でも行けるラーメン店^^

ところでカニのラーメンと聞くとまず、“観光客向けでしょ~”と思うのが地元民かと思まいます

現にワタシも「かに味噌かぁ」と、失礼ながらあまり乗り気じゃない状況でした^^;

でも、自分の印象で物事を決めてはいけない!ということをここ最近、身をもって感じておりましたので、挑みました!

P1300524

こちらが、かに味噌ラーメン

画像だと、平たいお皿に見えますが、こちら、横から撮るとこんな感じ

P1300523 P1300522

完全特注のラーメンどんぶり!

P1300510

上げ底ならぬ、下げ底的に、見た目以上にタップリ入ってます

018fe35433ebcb77341653d0a3f4ab23566824dc1eP1300525

まずはスープを一口

むむっ!かなりカニの味が楽しめます!

でもってレンゲにのっかってる、こちらのカニのむき身

こちら、ちゃんと炙ってるんです!!

P1300519

なので、良い香りが調理中から漂ってきます^0^

カニがど~んとのったラーメンとは全く違う、カニラーメン!!

そして、かに味噌以上にドハマリしたのが、かに塩ラーメンです!!

P1300527

こちらはお麩と海藻がのっています^^

P130052901723431a29f267d454ed12b55141320867cb03987

麺は味噌と同じと聞きましたが、見た目も食感もこちらの方がツルッとした印象

もともと塩が好きということもありますが、塩ラーメンの方が、甲殻類の出汁を存分に楽しめる感じです!!

ホントにちゃんとカニの出汁を取っているということが伝わる味わい!!

この価格でホントにいいんですか??と、質問してしまったほど、満足度の高い味でした^0^

 

P1300503

店名のクラブギャングって“鉄砲汁”から来ているそうです!!

CLUB=カニ ギャング=鉄砲!

はちきょうの鉄砲汁から誕生したラーメン!

観光のお客様にはもちろんですが、地元民でもまた行きたくなるラーメンですっ!!

 

ちなみにハズレなしのガチャガチャもあります^^

P1300511P1300517

コアップガラナやリボンナポリンもあります^^

ちなみに瓶ビールはサッポロラガー

 

しばらくはランチから通し営業で、深夜1時くらいまで営業するそうです!

 

 

10月3日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~おばんざい ゆうちゃん

10月3日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、7月22日(日)にススキノ、Nグランデビルの地下にオープンした、【おばんざい ゆうちゃん】

P1290287P1290289

P1290261

カウンター7席、テーブル12席のお店ですが、天井が高いのですごく広く感じます!

ちなみに貸切は、10名以上~OKとのこと。

P1290271

カウンターにはその日のおばんざいが、ご飯ものなど入れて10種類ほど並びます

 

P1290270

どれも美味しそう~~

迷ってしまうタイプの方は、おまかせ盛り合わせがオススメ♪

P1290267

P1290279

5品盛りならこんな感じで出してくれます♪

もちろん、自分でセレクトすることも可能。ご飯と汁物もあるので、定食風にいただくことも出来ます^-^

P1260956P1290285

もちろん、ワタシはアルコールと共にいただきます(笑)

P1290282

どれもホントに美味しい・・・

味付けが濃すぎず、ジワ~ッと美味しさが広がる感じで、ホッとします^^

P1290283

どのお料理も、一度は食べたことのある家庭料理なのですが、自分で作るのとはどこか違うんです

P1290275

おばんざいを毎日用意している柳萬さん。接客担当の優さんのお母様です^^

美味しいです!とお声がけすると、『私が作るのは家庭料理ばかりだけど、出来るだけ添加物は使わず、塩分も控えめに、そして仕込みはしっかりやっています』と答えてくれました。

おばんざいは作り置きするものも多いので、時間が経っても味が落ちないように工夫したり、前日から下味をつけて見た目以上に丁寧に作っていることを聞いて、ワタシが作るものと違うわけだ!と、強く納得したわけです^^;

忙しい時は、ゆうちゃんにタッパを持参して、次の日の朝ごはんにしたいくらいです~~

 

P1260952P1260953

ちなみに今金町の小川さんちの美味しいお豆腐も味わえます!

すごいボリュームですが、薬味が3種ついていて“味変”で楽しめるので、あっという間に完食でした^0^

 

【おばんざい ゆうちゃん】

札幌市中央区南5西3 NグランデビルB1F

011-596-0110

17:00~23:00(22:30ラストオーダー)

日祝休

 

 

 

相変わらず、さすがのセンス!!~せいすスタンド

 

観光客が激減して、ちょっと狸小路辺りは全然人が歩いていない札幌です・・・

19時過ぎの地下鉄も、いつもに比べると空いていたなぁ・・・

さすがに月火は、飲食店もガラガラだったようですが、水曜辺りから徐々に地元客は戻りつつあるようです^^

でもって、ワタシも少しでも札幌を盛り上げるべく、すすきのパトロール!

P1280739

こちらで紹介しておりますが、狸小路の“せいす”は相変わらずの人気店でして、そのせいすの立ち飲み屋がオープンするということで、私の周りはかなりザワついていました(笑)

その名も【せいすスタンド

こちらも狸小路に負けず、存在感あります!!

P1280742 P1280744

お店に入る前から、いちいち気になる(笑)

店内はMAXで30人ということですが、この日もぎゅうぎゅう!

2軒目でお邪魔したのですが、最初は満席と言われ、1軒目で時間調整。そろそろ行けるか?と、向かいましたら、タイミングよく空きまして、入れたという感じです。

荷物をカウンターの下の棚に押し込みまして、おしぼりをいただいたのち、コースターを渡されました

P1280745

いやぁ、またまた心をくすぐるデザインですっ!

迷わず、“浮腫みレディもスタンディング”をセレクト(笑)

P1280768

さて、何から行きましょうか・・・

う~ん、良いところ押さえてるなぁと、妙に感心する(笑)

P1280770

ウリはダシ割燗と聞きまして、素直にオーダー

お隣はスーパードライ。このサイズ、イイかも!!

P1280749P1280748

と、ダシ割燗がキケンなほど飲まさる!!!

に炭りっちで飲んだ、昆布日本酒に匹敵するやめられない・とまらない系^0^;

ダシ割燗は、1/3くらい飲んだら、一味を入れるのがオススメと言われまして、素直に従う

P1280762

ますます止まらない(笑)

P1280752

と、ダシはこちらのおでんのダシ!

ということでおでん盛り合わせもオーダー

主張しすぎないこの味、スキです・・・

P1280757

それにしても、アテも気になるものばっかり!!

P1280751

まずはサバサラ

今流行りのさばの水煮缶!!自分でも作れるけど、こういうところで食べるのがまた、良いんですよね^0^

P1280760

生ノドグロの炙り!!

ノドグロをオンリストしている立ち飲み屋って、かなりのセンス!(笑)

 

2軒目だったので、オーダー控えめでしたが、1軒目だったら全部制覇したいところでした(笑)

P1280754P1280776

でもって、ぜひ食べてほしい!と強くお勧めされたのが、大学イモ白玉あいす

正直、お腹がいっぱいだったのですが、食べ始めたら止まらなかった・・・^0^;

アイスも生クリームもちゃんと美味しくて、下に隠れている大学イモはまだ温かい!!

溶けかかったアイスと一緒に食べるとまた美味^0^

何よりこの、「枡サイズ」なところがイイっ

お値段含め、これぞ理想の“〆パフェ”です~

P1280771

ちなみに大学イモ白玉あいすには、ジャックダニエルのハイボールがよく合います!!(←あくまで個人的感想)

 

何かとお疲れのお年頃なワタシにとっては、立ち飲みのお店はどうしても嫌煙しがちなのですが、立っていることを忘れるくらい居心地よかったなぁ~

男女の比率や年齢層、そして賑やかすぎず静かすぎないザワザワ感、まさに求めていた雰囲気!!

P1280766P1280765P1280764

何より、いちいちツボを突いてくる遊び心の“センス”がたまりません(笑)

 

 

羊肉の域を超えた、完全予約制ジンギスカン店~群(GUN)

010024dba71d02586eb8cd69a3c4cd30407eaa310d011d875219bac78af41f745398614553f056170eb6

THE BaKE SHOPの2階にひっそりとオープンしていた【群~GUN

P1250901P1250899

完全予約制の、北海道産羊肉を味わえるジンギスカン店です。

P1250898

先日、試食会がありまして、お邪魔させていただきました。

本日は12,000円のコース
ちなみに、道産羊肉だけではなく、ミックスで楽しめろという5000円のコースや、単品メニューもあります

P1250908P1250911

まずは軽く、瓶ビールをいただく

蒸し暑い日だったので、すごい勢いでスル~ッと喉を通っていきました^0^

先付けは羊のレバーとアスパラ2種&チーズ

濃厚なチーズの旨みとよく合います!レバー好きとして最高に嬉しい先付けでした^^

P1250914

北海道産羊肉のユッケ

レバーからのユッケ・・・この上ないシアワセな気持ちです・・・

まだ、メインの肉も来ていないのに、すっかり満足してしまっていました^0^;

P1250920

そして、焼き野菜と羊肉の盛り合わせがやってきました

P1250922

すみません、どこの部位だったか、すっかり覚えておりません・・・

が、一つ一つちゃんと説明してくれます!

薬味はお好みで

P1250924P1250926

でも、鮮度の良い美味しいお肉は、やっぱり塩に限ります!ちなみに塩は岩塩

鮮度の良い、良い北海道産の羊肉なので、火の入れ過ぎはNG

P1250927 P1250928

なので、ちょいと忙しい^^;

でも、ひとつひとつ部位の違いがちゃんと判る味!!

これは、羊肉好きにはたまりません~><

そして、羊肉の美味しさ以上に感動したのが、野菜の甘さ!!

どれを食べても、とにかく甘いっ!

ジンギスカンだとよく、野菜を焦がしてしまいがちですが、これは焦がしてはならぬ~~って感じでした^0^

P1250930

これで終わりかな~と思ったら、なんともう1皿!!!

こちらは、それぞれの部位、山わさびや山葵をお好みでお使いくださいとのことで、山わさびたっぷり目でいただきましたところ、少しだけ胃袋の限界に近付いてきたはずなのに、食べられちゃうんです!!

P1250939 P1250940 P1250946

珍しい、羊のホルモンも♪

アラフィフにはちょいとボリューミーでつらかったけど、美味しいものなら不思議と入ってしまうんですよねぇ

P1250935P1250943

それがこちらの、窯炊きご飯

昆布だしとソラマメで炊いてあって、これがまた素晴らしく胃袋に優しい!!

と、思わず炭水化物を摂取してしまいました~

P1250948P1250949

さらには羊肉のダシをかけていただく、お茶漬け・・・

もう、こんな風に鉄瓶で出してくれちゃったら、食べたくなるに決まってる。。。反則技過ぎっ!!

ということで、途中からグラスワインもたっぷりいただきまして、3時間近くかけて楽しんでしまいました^0^;

あ、そういえばデザート食べるの忘れてました!

のん兵衛なので良いんですけどね(笑)

 

がしかし、下のTHE BaKE SHOPのカップケーキをお土産にいただきました♪

P1250951

どれも美味しそうでしたが、チョコレート好きの息子にと、チョコ系のをいただきました♪

0112380af0dc859e8b0b30d5502554223157bd887f

チョコレート濃厚!!

息子に上げようと思っていたけど、ちょっと試食したら、止まらなくて私の方が食べていた・・・(笑)

ワインやウィスキーにも合いそう♪

テイクアウト用の箱がカワイイ!ちゃんと個数に合わせて用意されているんですよ^^

ホームパーティの手土産にもピッタリな感じです^^

P1250904

ちなみに1階奥でこんな感じ販売しています~

P1250902

 

P1250906

P1250903

 

 

 

6月27日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~トリヤコット

6月27日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、東札幌にあるトリヤコット

P1240843 P1230078

一度見たら忘れられないインパクト!

P1240841

こちらのお店、トマト麺で有名な『Vegie』のお隣にあるのですが、トリヤコットの店主・宮下さんはもともとvegieの店主でした。

焼き鳥が好きすぎて、vegieでも提供していたことがあったのですが、vegieを継承してくれる方が現れたので、このたび本腰を入れて焼き鳥のお店を出すことにしたそうです。

と言っても、ロゴをよく見ると、“とり焼き”になっています。

焼き鳥ではなく、とり焼き?

っていうか、とり焼きって何??

 

P1240787

料理の前に店内をご紹介

おおよそ焼き鳥(正しくはとり焼きですが)の雰囲気とはかけ離れた、パンケーキが出てきそうなカフェ風
※でもよく見ると、カセットコンロがセットされている

P1240793

カウンターのほか、テーブル席が2つと、10人ちょっとでいっぱいの小さなお店

こちらを宮下さんがお一人で切り盛りしているので、焼き鳥やさんにしてしまうと、色々と時間を取られることが多く、大好きな接客に時間をかけられなくなると悩んでいたところ、お客様に美味しい鶏肉を焼いてもらうシステムにしよう!!ということで、“とり焼き”のお店になったそうです^^

P1240796

そして美味しい鶏肉をより、美味しく味わってもらうために、桜島の溶岩石でできたプレートで焼いてもらうことに♪

 

P1230093

こちらが溶岩石のプレート

一度、厨房でしっかり火を入れたあと、カセットコンロの上に載せます

P1240817

そして、こんな風に鶏肉や野菜を載せて焼きます。

遠赤外線効果でじっくり火が通るので、外はパリッと焼き上がりつつも、柔らかくてジューシーな状態で味わうことが出来ます♪♪

 

P1240805

ちなみにこちらは、初めての方にもおすすめの“一通りセット”

鶏肉のいろんな部位と野菜、鶏ハムのせナムル+〆のつけそば

P1240831P1240824

タレはこのほかに、〆のつけそばにも使う鶏だしもあり、お好みで♪

辛みそが鶏肉に合いすぎる!

P1240828P1240820

ジュージュー焼けてくるうちに、これは水じゃぁもったいない・・・と思っていたら、『うち、神泡なんですよ!』ってものすごく美味しそうなビールが目の前に現れました!!

なんという、絶妙なタイミング~

さすが、接客がお好きなだけあります(笑)

 

そしてこちらが、〆のつけそば

P1240835

道産のそば粉と道産小麦の全粒粉をブレンドして作ってもらった特注麺!

と、思っていた以上にボリュームあります!

1800円セットは女性なら2名くらいで味わっても十分な量かも~

P1240840

ココにちょこんと載っているのは鰹節ではなく“鶏節”

要所要所に、こだわりが感じられました^^

特注麺はのど越しが良くて、肉を食べた後の〆にピッタリ!

鶏の油がいい塩梅でエッセンスになった、つけ出汁との相性も抜群!

 

ちなみにランチタイムは、こちらも鶏の出汁を生かした、お茶漬けを提供中

P1240799

こちらは宮下さんの奥様が、かっぽう着姿で一人で切り盛りしていて、ほっこりさせてくれる時間です^^

P1240798

仕組みはこんな感じ^^

P1240801

なんとも胃に染み渡る優しい鶏ダシ~~~~

思ったより、色々な干し野菜も入っていて、身体に優しいもの食べてる~~って感じます^0^

飲み過ぎた次の日のランチに最高です!!(笑)

 

お二人とも、自然に心地よい空間を作ってくれる雰囲気があって、ご近所だったらフラリと立ち寄りたいところ。

お子様が成長して、お二人でお店に立つことになったら、その時はさらに良いお店になるんだろうなぁ~と、長~く愛されるお店になることを確信しました^0^

 

pageTop